関東 梅雨 明け 2019 予想。 梅雨明け時期2019予想!関東甲信越は早いか!?

梅雨入りと梅雨明け 2020(速報値)

関東 梅雨 明け 2019 予想

2020 関東の梅雨入り時期の予想は? 冒頭でも軽く触れましたが、気象庁も梅雨入り・梅雨明けの予想を「平年」という日付で発表しています。 この「平年」というのは 過去30年間の平均日付のことで、あくまでも目安程度にしかなりません。 ちなみに、関東甲信地方の梅雨入りの平年は 梅雨入りが6月8日ごろ、明けが7月21日ごろです。 天気予報などで「今年は早いね!」「遅くない?」と評価されているのは、これを基準としていることが多いです。 今回 2020年の関東地方の梅雨入りを予想するにあたって、私が参考にしたのは、気象庁が発表しているこの統計データです。 関東甲信地方の梅雨入りと梅雨明け(確定値)• 3月の平均気温(東京)• 桜の開花日(東京) 梅雨時期を予想するとき、その年の 春の気温が関係しているのではと個人的に考えています。 そのため、3月の平均気温と、季節の変わり目の目安になりやすい桜の開花日を今回の指標にしました。 これらのデータを全て併せて、表にしたのがこちら! こうして比較してみると、3月の平均気温が高い年には、梅雨入りが平年より少し早まる傾向があるように思えます。 この傾向で、 2020年の関東地方の梅雨入り時期を予想すると… 5月29日~6月7日ごろに梅雨入り、という可能性が高そうです。 平年(過去30年の平均日付)は6月8日ごろが梅雨入りなので、少し早まるかも知れませんね。 関東の梅雨入りで最も早かった日、遅かった日は? ここで梅雨入り時期に関する、ちょっとした豆知識を。 気象庁が発表している関東甲信地方の梅雨入り時期で、 最速だったのは1963年の5月6日ごろでした。 ちなみに1963年の梅雨明けは7月24日ごろなので、最速で梅雨入りしたものの、平年(7月21日ごろ)よりも少し遅い梅雨明けとなっています。 梅雨入りが早いからといって、単純に梅雨明けも早くなるとは限らないんですね。 フシギなものです。 スポンサードリンク 今年はいつ?2020年関東の梅雨明け時期 それでは次に、 関東地方の梅雨明け時期について。 梅雨明けの時期も各年でかなりばらつきがありますが、ここ数年の傾向では梅雨の期間は一ヵ月~一ヶ月半ほど。 関東甲信地方の平年の梅雨明けは7月21日ごろですが、個人的には梅雨入りの時期と同じく、 少し早まりそうな気がしています。 予想としては、 2020年の関東地方の梅雨明け時期は 7月6日~7月14日ごろあたりになるんじゃないでしょうか。 ちなみに、2019年6~7月の関東地方は気温が低い日が多く、7月に入っても東京で最高気温23度の日もありました。 最高気温が平年より低い日が続いた影響もあってか、関東甲信地方の2019年の梅雨明けは7月29日。 記録的な早さで梅雨明けした 昨年と比べてぴったり1ヶ月遅く、平年よりも8日ほど遅い梅雨明けとなりました。 今年は一体どうなるのか…?発表が出次第、追って追記しますね! 関東の梅雨明けで最も早かったのはいつ? それでは梅雨明けに関しても、ちょっとした豆知識をお話しましょう。 関東甲信地方で 過去最も早い梅雨明けとして少し前まで記録されていたのは、気象庁によると2001年の7月1日ごろ。 ちなみに、2001年の梅雨入りは6月 5日ごろだったので、梅雨期間は一ヵ月を切ってしまっています。 それが水不足に繋がり、取水制限が行われたのもこの年でした。 反対に、 過去最も遅い梅雨明けの日を迎えたのは1982年の8月4日。 もうすぐお盆だなあ、という時期まで梅雨が続いていたということですね~。 既にご存知の方もいるかも知れませんが、この梅雨明け時期の催促記録は 2018年に更新されています! それまでの記録だった2001年の7月1日ごろから、2018年の6月29日ごろへ大幅な更新となりました。 もしかすると今後も、もっと早い梅雨明けを記録する年が出てくるかもしれません…! 関東(東京)の梅雨の気温は? 関東地方の 梅雨時期の天候ですが、比較的安定しているので豪雨が続くといった日はあまりありません。 6月の平均気温は、 6月の半ばまでは25度前後、6月下旬から7月にかけて25度~30度前後と、少しずつ上がっていく傾向があります。 気温はそこまで高くなりませんが、梅雨に入るとどうしても湿度が高くなってしまうため、不快度指数は上がりがちです。 更に梅雨の時期は、梅雨前線や低気圧の影響から 頭痛を訴える人も、他の季節に比べて増える傾向があります。 頭の痛みを感じたら、頭痛薬を飲む以外にも、こんな方法を試して痛みを和らげるのもよさそうです。 気象庁が梅雨入り・明け宣言を止めた理由とは ここまでで紹介してきた気象庁発表の日付ですが、 「〇日ごろ」とぼやかした言い回しだったって気付きましたか? 断言することを明らかに避けているようなのですが、なぜこんな回りくどい言い回しをしているのでしょうか。 この疑問については、気象庁がホームページでこう回答しています。 気象庁では梅雨を「晩春から夏にかけて雨や曇りの日が多く現れる期間」と定義しており、季節が移り変わる中で現れる季節現象の一つとして捉えております。 「今日から梅雨」、「今日から梅雨明け」などとある1日を特定することは難しく、平均5日間程度の移り変わりの期間があることから、梅雨入り・梅雨明け日の末尾に「・・ごろ」と付けています。 実は、過去には気象庁もしっかりとした「梅雨入り・梅雨明け宣言」を行っていました。 しかし、梅雨の時期の天候は移り変わりが激しいため、その宣言が外れてしまうこともよくありました。 (宣言をやめたのは2年間でしたが、この頃は「上旬のはじめ」「下旬の半ば」といった表現で発表していました) ですが、「ちょっとこれでは分かりにくい」という声が相次いだため、現在のような「〇日ごろに梅雨入りしたと思われます」といった表現になったんですね。 2020年関東地方の梅雨予想まとめ それでは最後に、今年の梅雨時期についてまとめます。

次の

2020関東の梅雨入り明け予想!今年はいつからいつまで?

関東 梅雨 明け 2019 予想

今年は、何故か週末になると雨模様といった感じで、 お出かけが雨だとうんざりしますね。 さっさとジメジメした季節を乗り越えて、楽しい夏を迎えたいです。 さて、2020年の関東・甲信地方の梅雨入り、 梅雨明け時期はどうなっているのでしょう? 今回は気象庁が公開している過去69年分のデータを紐解きながら、 今年、2020年の関東・甲信地方の梅雨入り、梅雨明け時期の 予想を紹介していきたいと思います。 ちなみに関東地方・甲信地方とは、一般的には 関東地方:茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県 甲信地方:山梨県、長野県 を指します。 昨年、2019年の梅雨時期の雨量は、平年の7割ほどでした。 今年の梅雨はいかに…!? 梅雨入り、梅雨明けをどのように決めているの? 実は気象庁が公開している過去のデータにも「頃」と書かれている通り、 梅雨入り・梅雨明けの日付は確定日ではありません。 比較的天気の良い日が続いてから、比較的雨が多く、 日照時間が少ない時期に突入するまで 移り変わりの時期が5日間程度あります。 5日間のうちのその真ん中の日を、梅雨入り日としているようです。 梅雨入りも梅雨明けも、各地方にある気象台が観測している結果と、 1週間後までの中期予報を組み合わせて決めています。 晴れが続いている日(初夏)から、 今後数日間は天気が悪く雨模様だろうと予想 中期予報 を出し、 実際に雨が降りだした日を梅雨入りとします。 雨の日が続いている状態で、中期予報で晴れが続くと予報をし、 最初に晴れ始めた日を梅雨明けというわけです。 確定値は9月に結果を再検討し、修正された後に決まります。 2020年 令和2年 の関東の梅雨入り時期を予想! それはで、過去69年分のデータを紐解いて 関東地方の梅雨入り時期を予想していきたいと思います。 気象庁の1951年から2019年までの 関東地方の梅雨入り時期のデータを見ると 最も早い梅雨入りは、1963年の5月6日頃で、 最も遅い梅雨入りは、1967年と2007年の6月22日頃でした。 何と一ヶ月半のもの開きがあります! 1951年から2019年までの69年間の梅雨入りの平均値が、6月8日頃。 平均値を表す黒い線が右下がりになっていることから 若干ですが関東の梅雨入り時期は 早くなっている傾向が見て取れますね。 そして、そして、直近2年間のデータを見てみると 一昨年 2018年 は6月6日、 昨年 2019年 は6月7日が梅雨入りということでした。 これらのデータから予想すると 2020年の関東の梅雨入り時期は 6月1日頃から6月16日頃の間くらいになりそうですね。 2020年 令和2年 の関東の梅雨明け時期を予想! 一方、関東の梅雨明け時期ですが、 梅雨入りと同様に過去のデータをみてみますと、 最も早い梅雨明けは昨年2018年の6月29日頃で、 最も遅い梅雨明けは、1982年の8月4日頃でした。 1951年から2019年までの69年間の 関東の梅雨明け時期の平均値を見てみると おおよそ7月18日頃となっています。 また、平均値を表す黒い線が右下がりになっているため 関東の梅雨明け時期は早くなっている傾向が見て取れますね。 梅雨入り、梅雨明けともに早まっているので 関東の梅雨は早くはじまり、早く終る傾向があるといえるでしょう。 さらに、 一昨年 2018年 は6月29日、 昨年 2019年 は7月24日が梅雨明けということなので、 これらのデータから予想すると 2020年の関東の梅雨明け時期は 7月10日頃から7月24日頃の間位になりそうですね。 関東の梅雨の特徴は? 関東の梅雨の特徴といえば ジメジメと降り続く一般的な雨模様です。 過去の例を見ても、 関東では九州の梅雨のように大きな洪水などは起こっておらず、 天気は比較的安定的で、降水量も全国平均であることが多いです。 しかし、梅雨時期は、 朝から雨だとその日一日はずっと雨であることが多く、 降ったり止んだりと言うよりはあまりないようです。 カラッと晴れた暑い夏が待ち遠しいですね!.

次の

今週天気 関東以西 いよいよ梅雨明けか?(日直予報士 2019年07月21日)

関東 梅雨 明け 2019 予想

2020 関東の梅雨入り時期の予想は? 冒頭でも軽く触れましたが、気象庁も梅雨入り・梅雨明けの予想を「平年」という日付で発表しています。 この「平年」というのは 過去30年間の平均日付のことで、あくまでも目安程度にしかなりません。 ちなみに、関東甲信地方の梅雨入りの平年は 梅雨入りが6月8日ごろ、明けが7月21日ごろです。 天気予報などで「今年は早いね!」「遅くない?」と評価されているのは、これを基準としていることが多いです。 今回 2020年の関東地方の梅雨入りを予想するにあたって、私が参考にしたのは、気象庁が発表しているこの統計データです。 関東甲信地方の梅雨入りと梅雨明け(確定値)• 3月の平均気温(東京)• 桜の開花日(東京) 梅雨時期を予想するとき、その年の 春の気温が関係しているのではと個人的に考えています。 そのため、3月の平均気温と、季節の変わり目の目安になりやすい桜の開花日を今回の指標にしました。 これらのデータを全て併せて、表にしたのがこちら! こうして比較してみると、3月の平均気温が高い年には、梅雨入りが平年より少し早まる傾向があるように思えます。 この傾向で、 2020年の関東地方の梅雨入り時期を予想すると… 5月29日~6月7日ごろに梅雨入り、という可能性が高そうです。 平年(過去30年の平均日付)は6月8日ごろが梅雨入りなので、少し早まるかも知れませんね。 関東の梅雨入りで最も早かった日、遅かった日は? ここで梅雨入り時期に関する、ちょっとした豆知識を。 気象庁が発表している関東甲信地方の梅雨入り時期で、 最速だったのは1963年の5月6日ごろでした。 ちなみに1963年の梅雨明けは7月24日ごろなので、最速で梅雨入りしたものの、平年(7月21日ごろ)よりも少し遅い梅雨明けとなっています。 梅雨入りが早いからといって、単純に梅雨明けも早くなるとは限らないんですね。 フシギなものです。 スポンサードリンク 今年はいつ?2020年関東の梅雨明け時期 それでは次に、 関東地方の梅雨明け時期について。 梅雨明けの時期も各年でかなりばらつきがありますが、ここ数年の傾向では梅雨の期間は一ヵ月~一ヶ月半ほど。 関東甲信地方の平年の梅雨明けは7月21日ごろですが、個人的には梅雨入りの時期と同じく、 少し早まりそうな気がしています。 予想としては、 2020年の関東地方の梅雨明け時期は 7月6日~7月14日ごろあたりになるんじゃないでしょうか。 ちなみに、2019年6~7月の関東地方は気温が低い日が多く、7月に入っても東京で最高気温23度の日もありました。 最高気温が平年より低い日が続いた影響もあってか、関東甲信地方の2019年の梅雨明けは7月29日。 記録的な早さで梅雨明けした 昨年と比べてぴったり1ヶ月遅く、平年よりも8日ほど遅い梅雨明けとなりました。 今年は一体どうなるのか…?発表が出次第、追って追記しますね! 関東の梅雨明けで最も早かったのはいつ? それでは梅雨明けに関しても、ちょっとした豆知識をお話しましょう。 関東甲信地方で 過去最も早い梅雨明けとして少し前まで記録されていたのは、気象庁によると2001年の7月1日ごろ。 ちなみに、2001年の梅雨入りは6月 5日ごろだったので、梅雨期間は一ヵ月を切ってしまっています。 それが水不足に繋がり、取水制限が行われたのもこの年でした。 反対に、 過去最も遅い梅雨明けの日を迎えたのは1982年の8月4日。 もうすぐお盆だなあ、という時期まで梅雨が続いていたということですね~。 既にご存知の方もいるかも知れませんが、この梅雨明け時期の催促記録は 2018年に更新されています! それまでの記録だった2001年の7月1日ごろから、2018年の6月29日ごろへ大幅な更新となりました。 もしかすると今後も、もっと早い梅雨明けを記録する年が出てくるかもしれません…! 関東(東京)の梅雨の気温は? 関東地方の 梅雨時期の天候ですが、比較的安定しているので豪雨が続くといった日はあまりありません。 6月の平均気温は、 6月の半ばまでは25度前後、6月下旬から7月にかけて25度~30度前後と、少しずつ上がっていく傾向があります。 気温はそこまで高くなりませんが、梅雨に入るとどうしても湿度が高くなってしまうため、不快度指数は上がりがちです。 更に梅雨の時期は、梅雨前線や低気圧の影響から 頭痛を訴える人も、他の季節に比べて増える傾向があります。 頭の痛みを感じたら、頭痛薬を飲む以外にも、こんな方法を試して痛みを和らげるのもよさそうです。 気象庁が梅雨入り・明け宣言を止めた理由とは ここまでで紹介してきた気象庁発表の日付ですが、 「〇日ごろ」とぼやかした言い回しだったって気付きましたか? 断言することを明らかに避けているようなのですが、なぜこんな回りくどい言い回しをしているのでしょうか。 この疑問については、気象庁がホームページでこう回答しています。 気象庁では梅雨を「晩春から夏にかけて雨や曇りの日が多く現れる期間」と定義しており、季節が移り変わる中で現れる季節現象の一つとして捉えております。 「今日から梅雨」、「今日から梅雨明け」などとある1日を特定することは難しく、平均5日間程度の移り変わりの期間があることから、梅雨入り・梅雨明け日の末尾に「・・ごろ」と付けています。 実は、過去には気象庁もしっかりとした「梅雨入り・梅雨明け宣言」を行っていました。 しかし、梅雨の時期の天候は移り変わりが激しいため、その宣言が外れてしまうこともよくありました。 (宣言をやめたのは2年間でしたが、この頃は「上旬のはじめ」「下旬の半ば」といった表現で発表していました) ですが、「ちょっとこれでは分かりにくい」という声が相次いだため、現在のような「〇日ごろに梅雨入りしたと思われます」といった表現になったんですね。 2020年関東地方の梅雨予想まとめ それでは最後に、今年の梅雨時期についてまとめます。

次の