男 の 厄年 2020。 2020年の厄年本厄は1984年・1988年・2002年生まれ 厄除けするなら「節分」がポイント!

2020年(令和2年)の厄年について(女性男性早見表・年齢・いつ・過ごし方など)|厄年・厄除け厄祓いドットコム

男 の 厄年 2020

恋愛・結婚・妊娠・出産・育児・仕事・お金……。 日々の生活の中で何かイマイチなことがあると、「これって厄年のせい!?」と感じてしまう人、少なくないのではないでしょうか。 ただし、厄年って何歳のことか、すぐに出てきますか? 何歳が厄年なのか、意外とスッと出てこない人が多いのではないでしょうか。 そこで今回は、2020年(令和2年)の厄年について、• 2020年(令和2年)厄年の男性・女性の年齢• 2020年(令和2年)厄年の場合どう過ごすか• 2020年(令和2年)厄年だと運勢はどうなのか について見ていきます。 数字的にも、4年に一度の世界的ビッグイベントが東京で開催されるという状況的にも、色々と節目を迎えそうな2020年(令和2年)という年。 自分や気になるあの人が厄年なのか、厄年だとしたらどうすればいいのか、この機会にチェックしてみましょう! 前提の話:厄年って何? 厄年とは 厄災(やくさい)が多く降りかかりやすいとされる年齢のことです。 厄災というと、どんなイメージを持つでしょう? 文字の雰囲気からすると、良い事というよりは悪い事が起こりそうな印象を持ちやすいかもしれませんね。 厄年とは何歳のこと? 数え年で計算する点に注意を! 厄年は何歳の時にやってくるのかという点については、男性・女性によって年齢が変わります。 男性の厄年:25歳・42歳・61歳(すべて数え年)• 女性の厄年:19歳・33歳・37歳(すべて数え年) まずは、この3つの年齢を覚えておきましょう。 しかし、注意をしなければいけないのは、それぞれの年齢だけではありません。 上記に示した年齢は、いわゆる 本厄と言われるもので、前後の年齢(前厄、後厄)も気にしなければなりません。 つまり、1回の厄年につき3年(3歳)分は注意が必要なのです。 また、厄年を確認するときには、表記が 数え年になっているという点に注意が必要です。 数え年というものは、私たちが普段使っている年齢ではなく、正月を迎える時に歳をとるという考えのものです。 そう! 数え年には0歳という考えがないわけです。 基本的には、自分が普段使っている年齢にプラス1歳をすれば、数え年の年齢になると考えて大丈夫です。 2020年(令和2年)厄年の男性・女性:年齢&干支 2020年(令和2年)に厄年となる男性・女性の年齢について、干支と合わせて具体的にお教えします。 下の表でチェックしてみてください。 2020年(令和2年)厄年の女性:年齢&干支 前厄 本厄 後厄 18歳 2003年(平成15年)生まれ 未年(ひつじどし) 19歳 2002年(平成14年)生まれ 午年(うまどし) 20歳 2001年(平成13年)生まれ 巳年(へびどし) 32歳 1989年(平成元年・昭和64年)生まれ 巳年(へびどし) 33歳 1988年(昭和63年)生まれ 辰年(たつどし) 34歳 1987年(昭和62年)生まれ 卯年(うさぎどし) 36歳 1985年(昭和60年)生まれ 丑年(うしどし) 37歳 1984年(昭和59年)生まれ 子年(ねずみどし) 38歳 1983年(昭和58年)生まれ 亥年(いのししどし) 60歳 1961年(昭和36年)生まれ 丑年(うしどし) 61歳 1960年(昭和35年)生まれ 子年(ねずみどし) 62歳 1959年(昭和34年)生まれ 亥年(いのししどし) 女性における本厄(19歳、33歳、37歳、61歳)のうち、1988年(昭和63年)生まれの33歳は 大厄となります。 大厄(数え年42歳の男性と数え年33歳の女性)には何が起きる? もともと、厄年にあたる年齢は、現代において人生の転換点を迎えやすい年齢であり、肉体的・精神的に何かしら調子を崩しやすいものです。 数え年42歳(男性の場合)と、数え年33歳(女性の場合)がなぜ大厄にあたるかというと、諸説あるなかの1つには 散々(33歳)、死に(42歳)とリンクしているからというものがありますが、「そんなの迷信だよね」だなんて思わずに、他の厄年のタイミング以上に、体調の変化に気を付けたほうがよいでしょう。 厄年っていつ始まる?<2020年(令和2年)版> 様々な説がありますが、一般的には 厄年は立春から始まって節分に終わるとされています。 ですから、2020年(令和2年)の厄年の場合は、2020年2月4日に始って2021年2月2日に終了です。 ……ここで「ん?」と違和感を覚えた人! 素晴らしい! 節分って毎年2月3日のイメージがあるかもしれませんが、 2021年は2月2日が節分で、2021年2月3日が立春です。 いつもと異なりますので注意してくだいね。 厄年なら何をすればいい?<2020年(令和2年)版> 昔からの風習通り 厄年には厄払いをすることが、一般的で安心できるのではないでしょうか。 2020年(令和2年)厄払い:行くならいつ? 場所は? お布施はいくら支払う? 地域や風習によって、厄払いに行くタイミングも回数も異なります。 基本的には、1年のうち行ける時に厄払いに行けば構いませんが、大晦日・新年・初詣・土日祝日といった休暇だったら生きやすいのではないでしょうか。 ただ、気分的には、厄年の始まる前日である節分までには、厄払いに行っておきたいですよね。 厄払いを受ける場所はどこがいい? 厄払いを受ける人が住んでいる地域の神社・お寺でも構いませんし、行ってみたいと思った神社・お寺でも構いません。 厄払いのお布施にはいくら必要? 厄払いに必要な費用(お布施)については、厄払いに行こうと考えている神社・お寺のホームページを見て確認しましょう。 もし、ホームページを見ても現地に行っても分からない場合には、受付の場所で聞いてみてください。 だいたい教えてくれるはずです。 万一分からないという場合には、一般的な厄払いのお布施金額として3000円~1万円程度を念頭に置言えておけばよいでしょう。 2020年(令和2年)厄年の人の運勢とは? 厄年になっている時には人生の転換点……例えば恋愛・結婚・妊娠・出産・転職といったイベント……を避けたほうがいいと考えている人、いることでしょう。 しかし、厄年の年齢って、どうしても人生の転機を迎えやすいタイミングでもあります。 2020年(令和2年)がどのような年になるのか……気になる人はバナーのタップして無料占いを体験してみてください!.

次の

2020年(令和2年)の厄年について(女性男性早見表・年齢・いつ・過ごし方など)|厄年・厄除け厄祓いドットコム

男 の 厄年 2020

スポンサードリンク 厄年は「厄」・災厄にとても逢いやすいとされている時期や年齢をいい、 厄祓い・厄除けとは、厄を払い吉に転ずるための神社やお寺でおこなわれるお祓いのことです。 平安時代の頃にはすでにそのような風習はあったようですが、はっきりとした根拠などは不明とされています。 厄の負のエネルギーはとても強いので、 神様のような人智を超えた存在から厄災を守っていただくしかありません。 厄祓い・厄除けの年にあたる方は、お近くの氏神様や崇敬神社にてお祓いされてください。 災厄にとても逢いやすいとされている厄年を知ることで、厄を少しでも軽くできることができたらいいですね。 2020年1月1日から厄年に当たる全ての女性・男性は厄年に入ります。 そして2020年2月3日の節分の日までに厄払いを済ませるという習慣になっています。 ただし、この時期を過ぎてもどこの神社やお寺でも厄除けの祈祷を受けることはできますので、なるべく早めに厄払い・厄除けにおでかけください。 厄祓い・厄除けについては以下の記事も参考にしてください。 ・ ・ ・ まとめ 自分の厄年がわかったらさっそくお祓いに行きましょう。 私の経験や周りを見渡しても、厄の前後や本厄には大きなアクシデントがあった人が多いです。 2020年元旦1月1日〜2月3日の節分までに行くという習慣が一般的になりますが、いつでもお祓いは受け付けてもらえます。 厄除けはお寺で、厄払いは神社でといわれていますが、どちらでも特別に大きな違いはありません。 3年間は毎年行ったほうがより安心でしょう。 ご訪問ありがとうございます。 美味しいもの、きれいなもの大好きなシニア主婦です。 働き者の夫と出戻り息子の3人暮らし。 世の中の気になったことや疑問に思ったこと、話題になったことなどを備忘録も兼ねて書いています。 出身地:長崎 現在地:大阪のはずれの田舎町 趣味:投資信託 500円玉貯金 即捨離 映画鑑賞 最近の投稿• よく読まれている記事• アーカイブ アーカイブ 最近のコメント• に kanauyo より• に 茶沢山 より• に kanauyo より• に Mayu miya より• に kanauyo より カテゴリー• 264• 406• 231• 30 メタ情報• Copyright C All Rights Reserved.

次の

2020年の厄年(令和2年)男女別早見表で『厄年』を分かりやすく解説!

男 の 厄年 2020

方位除けについて 方位除けには大きく分けて2つの種類があります。 1つは「年回り」による方位除けで、人が生まれながらに持っている本命星が、その年に方位盤のどの方向に位置しているかで吉凶を占います。 上の表は、この「年回り」により、特に注意しなければならないとされる年齢を一覧表にしたものです。 そして、もう一つが転居や旅行など、文字通り行く先の「方角・方位」による災いを防ぐための方位除けです。 同じ家族でも、生まれ年によって良い方角・悪い方角は異なるため、なかなか家族全員の吉方位が揃うことはありません。 そのような場合に方位除けのお祓いを受けて、大難を小難に、小難を無難に収めます。 この場合の方位除けは、神社によっては「八方除」「方災除」などと言う場合もあります。 厄除けについて 厄年とは、災難や障りが身にふりかかりやすい年のことです。 厄年を迎えると、神様のご加護をいただいて災難が身にふりかからないよう、神社にお参りして厄除けをします。 上に示した厄年早見表の中でも、男性の42歳は「死に」、女性の33歳は「散々」に通じるという語呂合わせから、大厄といわれています。 また、古くから42歳、61歳という年齢は、社会における重要な年回りとされ、地域の氏神さまの神事においても大切な役割を務めることが多かったのです。 そのため厄年の「やく」とは、神祭りを行う神役の「役」のことでもあるといわれています。 その役を務めるにあたって神様に失礼のないように、行動を慎み心身を清浄にするためにお祓いを受けたのが厄除けの始まりであるとも考えられています。 ご自身の運気は、ご自身で切り開いてみませんか? 厄除け、方位除けの年にあたられます方は、先にも書きましたように、まずは間々田八幡宮をはじめ、お近くの氏神様や崇敬神社にてお祓いをお受けください。 それでも何となく気になるようでしたら、ぜひ盛り塩・持ち塩をお試しください。 正しい方法で盛り塩・持ち塩を行えば、たとえ運気の悪い年回りでも、災難を退け心穏やかに暮らすことができるといわれています。 そして何よりも、真っ白で清浄な塩を盛り塩にして置くだけで、周囲を掃除せずにはいられなくなります。 これだけでも、家の中の気の流れがぐっと良くなりますよ。 盛り塩・持ち塩の詳細な方法や、盛り塩用の塩、関連用具のお求めは、当神社の直営ショップ「盛り塩・持ち塩 神社の塩」をぜひご利用ください。

次の