キムチ チャーハン の 作り方。 キムチチャーハン! レシピ・作り方 by 菌活女子|楽天レシピ

チャーハンをパラパラにする方法!冷やご飯などで作れる4つのレシピ [毎日のお助けレシピ] All About

キムチ チャーハン の 作り方

所要時間: 10分 カテゴリー:、 チャーハンをパラパラにする方法……一番効果があったレシピは? チャーハンをパラパラにする方法で、よく言われているのは、で、これは確かにパラパラになります。 それでは 「1. 卵」「2. マヨネーズ」「3. バター」「4. 油」を先にご飯と混ぜた場合、どれが最もパラパラになるか色々と試してみました。 チャーハンに使うご飯は、かためで、適度に水分が抜けた温かいものがいいです。 例えば、炊飯ジャーに保温してある前の日のご飯がぴったりです。 冷やご飯や冷凍ご飯は電子レンジで温めて軽くほぐしてから使いましょう。 冷たいご飯を固まったまま鍋に放り込んで、ヘラやお玉でつついてほぐすのはよくないやり方です。 それでは、具材と作り方をほぼ同じにして作って比較します。 パラパラチャーハンの材料( 1人分) 最もパラパラになったのは 卵混ぜチャーハンで、次がマヨネーズ混ぜチャーハン。 一番風味良く美味しく感じたのは、 バター混ぜチャーハン。 ココナッツオイルを混ぜたものは、独特な香りと味がするので、好き嫌いが分かれそう。 油とココナッツオイルは、混ぜなくても、それで炒めたら同じかも。 ただし、少し作り方を変えて、油を混ぜたご飯を、最初にしっかりと焼いて、うっすら焦げ目をつけて炒めると香ばしくて美味。 全てのチャーハン作りでそうしたように、酒をふりかけて炒めると、パラパラになる。 ガイドのワンポイントアドバイス チャーハンはパラパラが好きって人もいれば、そうではなくて、ほっこりふっくらのチャーハンが好きって人もいます。 くっつき癖の無いフライパンや中華鍋を使って、温かいかためのご飯で作れば、誰にでも美味しいチャーハンが作れます。 何が何でもパラパラにしたいのなら、タイ米を使うのも一案です。 あと、2度炒めすると 冷めたらもう一度炒めるということ パラパラになりますが、水分を補ってあげないとパサパサになります。

次の

絶対失敗しないパラパラチャーハンを作るコツ。初心者でもプロ並みのできに!

キムチ チャーハン の 作り方

なんと!ハーブの家で キムチ教室を開いてくださることに。 そのあたりも伺いながら、ワイワイ楽しくキムチを仕込んできました!(キムチの地元話?も~) ということで、 キムチ作りの工程はざっくり言うとこんな感じ!なんとなくイメージしてから次へ進んでくださいね。 白菜キムチの工程• 白菜を塩漬けにする• 白菜の塩漬けを洗って水を切る(ここまでを前日に済ませる)• ヤンニョン(ヤンニョム)を作る• 白菜にヤンニョンを挟みながら漬け込む• きゅうりを洗う• きゅうりをカットする(切り方2種類)• きゅうりを塩漬けにする• ヤンニョン(ヤンニョム)を作って漬け込む• これらの絶妙なハーモニーが 深い発酵を促し、 食材の旨みが引き出してくれるんですね! 基本材料(野菜&ヤンニョン)• 白菜:ひと玉(2kgほどの白菜が美味しい)• 塩漬け用の天日塩:200g&水:1L• にんにく:6~8個(50g)• 生姜:少々• 塩:少々• 砂糖:大さじ1• もち米の粉:大さじ2(水100gにスプーン2杯のもち米粉を溶いて糊状に作ったもの)• 唐辛子の粉:100g• 唐辛子の種(あれば):適量(分解力が強くて炭酸がでる&後味がスッキリする) 副材料• 出汁(昆布・干し椎茸・野菜など)• リンゴ• で、それぞれを適量に~(笑) 野菜• 細ねぎ:4~5cm• 大根:4~5cm(千切りに) 実はキムチに欠かせない 唐辛子は、朝鮮時代のちょっと前に 日本から入ってきたんですって!それまではキムチって辛くなかったそうです。 驚きですよね。 本格派キムチの作り方 まずは下準備として、前日に 白菜の塩漬けをしておきます。 通常のキムチ教室は、 すでに塩漬けした白菜を準備してそこからスタートする場合が多いそうです。 でもそれだと、肝心の 白菜の塩漬け方法が よくわからないまま終わってしまう…。 白菜を切ります。 ただしちょっとした切り方のコツが! まず、白菜の芯に切れ込みをいれます。 そこを 手で裂くように割ります。 上から下まで包丁で切ってしまうと、細かな切れっ葉が出てしまいますよね。 それを防ぐ画期的な切り方に、参加者全員で感動~!• 水 1Lに対して 天日塩 200gを用意し塩水を作る、白菜全体をつけます。 さらに白菜の茎部分にもまんべんなく塩を振っていきます。 6~7時間漬けておきます。 (春は8時間、冬は10時間)• 2~3時間ごとにひっくり返します。 茎の部分を折り曲げた時、 ポキっと折れずしんなりするほど柔らかくなったら、塩漬け完了!• 水をためて、中の方まで水につけ 1~2回振り洗いをします。 塩漬け白菜をザルに上げて、水気をじゅうぶん取れたら準備OK!(時々ひっくり返しながら) 日本の白菜は、韓国ものより水分が多いらしく・・・ 「白菜を半分に切ってあらかじめ干すという方法は、韓国ではあり得ない」とのこと。 材料一覧のにんにくから唐辛子まで(あれば副材料も)、すべてボウルかタライなど大きめの容器に入れます。 こちらは成先生が仕込んで来てくださったヤンニョン。 野菜類(細ねぎ・大根)を入れて混ぜ合わせます。 ご家庭で作る時は、きゅうり 10本くらいが仕込みやすそうですね。 オイソバギ・オイキムチの作り方• きゅうりをきれいに洗います。 (白菜は先に塩漬けするが、きゅうりは先に洗う)• きゅうりを半量に分け、それぞれカットします。 オイソバギは、輪切りにして 十文字を入れます。 下まで刃を入れすぎないよう注意! オイキムチは、 短冊切りに。 それぞれカットしたきゅうり全体に、 塩をまぶして塩漬けにします。 時々返しながら 40分ほど置きます。 白菜を漬けた後に残ったヤンニョンを利用し、そこへニラを追加してよく混ぜ合わせます。 今回は、小口切りにしたネギも追加!• 40分経った塩漬けしたきゅうりをヤンニョンに入れ、オイソバギは十字の中に詰めていきます。 オイキムチは混ぜるだけ。 オイソバギとオイキムチをジップロック袋に入れた後に残ったエキス。 無駄なくランチで利用されていました~。 (放牧豚のお肉を醸して…) 醤油麹、納豆ディップなど、 発酵タレいろいろ。 素材のお味が引き立っていました。 そ、次はやっぱり地元の旬のお野菜でキムチを漬けたいわぁ~。 それでは最後に、今回の内容をサラッと振り返っておきますね! まとめ• 本場韓国釜山式の白菜キムチの作り方• 白菜の塩漬けのコツ• ヤンニョン(ヤンニョム)の作り方• きゅうりのキムチ2種(オイソバギとオイキムチ)の作り方• 発酵料理と韓国料理のコラボ!ポッサムパーティーの様子 ちなみに韓国では、 茹でたさつま芋を 酸っぱいキムチにくるんでよく食べるそうです。 あまりの美味しさに終わりなき食の旅を続ける参加者さん達。 5歳の次女も、他谷さんのシュウマイをお腹いっぱい食べて大満足!(めっちゃ肉食やん! というわけで、今回が私の初体験だった 本場韓国釜山式のキムチ作り教室。 ホントに楽しくて美味しくてタメになる1日。 機会があれば、何度でも参加したいっす! (え?ポッサムパーティー目当てじゃないのかって?いえいえ、決してそんなことは…ゴニョゴニョ…(笑)).

次の

食欲そそる!キムチ炒飯の作り方【ワンパン・チャーハン】

キムチ チャーハン の 作り方

たまごはご飯と混ぜておく? チャーハンを作るとき、生の溶きたまごをご飯と絡めてから入れるという方法があります。 これはご飯をたまごでコーティングすることで、ご飯をくっつきにくくするため。 ですが、こうするとたまごの水分をご飯が吸ってしまったり、たまごが具材としての存在感を失ったりしてしまいます。 生のたまごはご飯と絡めず、一度先に焼いて後から混ぜ合わせるのがおすすめです。 チャーハンを作るときフライパンを振るのはなぜ? お店のチャーハンは、作るときに大きな中華鍋を振っているイメージがありますよね。 ただ、それをイメージしておうちで作ると、ご飯がこぼれてしまったり、うまく振れなくて失敗してしまうことも。 実はお店の火力は家庭の何倍も強くて焦げやすいため、フライパンを振る必要があるのです。 家庭で作るときは火力がお店よりも弱くなるので、振らなくても大丈夫!そうは言えども、ご飯がべちゃっと仕上がったり、たまごが固くなってしまったり、失敗しやすい点が多いチャーハンの作り方。 コツ[1] たまごは先に焼いて取り出す たまごは生の状態でご飯と絡めるのではなく、先に炒めておきましょう。 ただしたまごを炒めたところにご飯を加えると、たまごが固くなってしまう場合があります。 ふわふわのたまごに仕上げるには、一度取り出すのが失敗しないポイントです。 またご飯を焦らずにしっかり炒められるので、パラパラに仕上がります。 コツ[2] 熱々のご飯は使わない 冷やご飯または粗熱の取れたご飯を使いましょう。 熱々だとべちゃっとした仕上がりになってしまいます。 コツ[3] フライパンは振らない ご飯は中火でじっくり炒めましょう。 コツ[4] 具材の大きさは細かく揃えて 具材の大きさが違うと、火の通り加減が変わってきます。 細かく揃えると手早く炒めやすいですよ。 これできっとパラパラチャーハンの達人に。 ぜひチャレンジしてみてくださいね。

次の