シンガポール ライス 炊飯 器。 炊飯器で簡単!とうもろこしごはんのシンガポールライス

炊飯器だけでできる【海南鶏飯】シンガポールチキンライスが美味しかったので作り方

シンガポール ライス 炊飯 器

海南鶏飯とカオマンガイって同じもの? 『海南鶏飯』の読み方ってわかりますか? そのまま読めば 「かいなんけいはん」 中国語読みを英語表記にするとHainan「はいなんじーふぁん」 なので 「ハイナンけいはん」とか「ハイナンチキンライス」とか呼ばれてたり、 『シンガポールチキンライス』という名称が 日本ではメジャーかもしれません Wikipedia によると 海南鶏飯(ハイナンジーファン、かいなんけいはん)は、茹で鶏と、 その茹で汁で調理した米飯を共に皿へ盛り付けた マレーシアやシンガポール、タイなどの東南アジア周辺地域で一般的な料理。 ニワトリの脂で炒めた白米を、ニワトリを茹でてとったスープで調理した、 雞油飯と呼ばれるご飯に、茹でたとり肉のぶつ切りが添えられ、 多くの場合上記のスープと共に供される。 鶏肉の旨味がご飯につけられ、あっさりとした上品なうま味が特徴である。 鶏肉の脂分がゼラチン状に固まった食感を楽しむ料理なので、 調理後に冷ました鶏肉を使用する。 そして、同じような手法で作られるのがタイの 『カオマンガイ』 カオマンガイもその名の通り タイ語でカオ=「米」ガイ=「鶏」のことで 鶏肉ご飯、タイのチキンライス。 カオマンガイも海南鶏飯(シンガポールチキンライス)と同様 鶏のあぶらで炒めた白米を鶏スープで炊き込んで 炊いたご飯の上に茹でた鶏肉を乗せて、甘辛いタレとスープとともに提供される 付け合わせにキュウリがのっているこんなプレートをみたことがあると思う シンガポールの海南鶏飯もカオマンガイも基本的には同じですね 厳密に言えば、タイのカオマンガイはタイ米(ジャスミンライス)を使うとか 細かくは別ものという人もいるとは思いますが・・・ ま、一つ言えるのは 日本のチキンライスはオムライスとかの卵焼きの中に入ってるのは ケチャップライスで 海南鶏飯(ハイナンチキンライス)とは 全然別物ですね! なのでチキンライスってイメージでこれが出てくると 面食らう人もいるかもしれません。 東南アジア系の料理が好きな方なら 「カオマンガイ大好き!」 「シンガポールチキンライスうまいよね!」 って方も多いと思う、私もその一人なんですが これって、簡単そうに見えて意外と手間がかかりそう。。。 って 自分で作るのは めんどくさそうって思ってません? まあ、私はそう思っていたんですが・・・・ 超手抜きで作ろうと思えばできるんですね。 スポンサーリンク 炊飯器だけで簡単に海南チキンライスの作り方 準備したもの ・カルディの海南チキンライスの素 ・特売の鶏もも肉 300g ・米2合 『海南鶏飯』の中に入ってるのは、この3種のタレだけ。 キュウリは忘れてました・・・ あとは かけダレが2種類あるので お好みのタレをかけて食べると まさに海南鶏飯!カオマンガイ!! 黒は醤油ベースのソース 赤は生姜の効いたシンガポールチリソース 私は赤のかけダレの方が好みでした。 付け合わせにインスタントのスープでもつけたら アジア屋台の味が再現できます。 なぜ炊飯器だけでこんなに美味しいカオマンガイが? 味付けも調味料も何にもする必要がない手軽さ、 簡単でおいしいにこしたことはありません。 手抜き万歳。 なんせ、 ご飯を炊くときに鶏肉と炊き込みタレを入れただけ。 鶏肉から出る脂で炊いたチキンライスが 美味しいのは当然なんですが 下ごしらえで材料を切る必要もなく、 買ってきた、 そのままの鶏肉を入れただけ 味付けも調味料の分量すら測る必要もなく 唯一測ったとすれば、米2合の分量くらいか。 私のような適当めんどくさがり人間に ぴったりのアイテムでございました。

次の

炊飯器で簡単!とうもろこしごはんのシンガポールライス

シンガポール ライス 炊飯 器

ときどき無性に食べたくなるエスニック料理。 なかでもカオマンガイは、辛い物があまり得意でない方からも人気のひと皿です。 基本の作り方は、香味野菜と一緒に茹でた鶏肉に、鶏のゆで汁で炊いたご飯をお皿に盛り付ければできあがり!鶏肉はモモ肉、ムネ肉どちらを使ってもOKです。 また、タイ料理の「カオマンガイ」と同じような料理に、シンガポール料理の「シンガポールチキンライス」があります。 どちらも作り方は一緒ですが、食べるときに使うタレ(ソース)が違うのです。 今回は、そんなシンガポールチキンライスも併せてご紹介します。 炊飯器で簡単に作れるレシピと、無水鍋やスキレットを使ったレシピに分け、それぞれのタレの違いにも焦点を当ててまとめてみましたので、ぜひ参考になさってくださいね。 東南アジアの料理「カオマンガイ」を、ご存知の方も、そうでない方も少しおさらいをしてみましょう!カオマンガイは、タイ語でご飯を意味する「カオ」と鶏肉を意味する「ガイ」に由来します。 作り方は、ゆでた鶏肉とその茹で汁を使って炊いたライスをワンプレートに盛り付けたチキンライスのようなものをいいます。 一方「シンガポールチキンライス」はというと、鶏の脂で炒めたお米と茹でた鶏肉の煮汁で炊く料理で、カオマンガイと作り方はほとんど同じです。 ではこの2つの料理、何が違うのかと言うとタレ(ソース)にあるようです。 カオマンガイのタレは、タイの液状の味噌「タオチオ」をベースとし、にんにくをたっぷりときかせたもの。 シンガポールのシンガポールチキンライス(海南鶏飯)は、ダークソイソース、チリソース、生姜&レモンダレの3種類が基本で、それぞれの味を楽しむのもいいですし、3つのソースを少しずつ混ぜ合わせて味の変化を楽しむこともできます。

次の

【ヒルナンデス】炊飯器シンガポールチキンライスの作り方、簡単に出来るレシピ!300円以下で【6月11日】

シンガポール ライス 炊飯 器

海南鶏飯とカオマンガイって同じもの? 『海南鶏飯』の読み方ってわかりますか? そのまま読めば 「かいなんけいはん」 中国語読みを英語表記にするとHainan「はいなんじーふぁん」 なので 「ハイナンけいはん」とか「ハイナンチキンライス」とか呼ばれてたり、 『シンガポールチキンライス』という名称が 日本ではメジャーかもしれません Wikipedia によると 海南鶏飯(ハイナンジーファン、かいなんけいはん)は、茹で鶏と、 その茹で汁で調理した米飯を共に皿へ盛り付けた マレーシアやシンガポール、タイなどの東南アジア周辺地域で一般的な料理。 ニワトリの脂で炒めた白米を、ニワトリを茹でてとったスープで調理した、 雞油飯と呼ばれるご飯に、茹でたとり肉のぶつ切りが添えられ、 多くの場合上記のスープと共に供される。 鶏肉の旨味がご飯につけられ、あっさりとした上品なうま味が特徴である。 鶏肉の脂分がゼラチン状に固まった食感を楽しむ料理なので、 調理後に冷ました鶏肉を使用する。 そして、同じような手法で作られるのがタイの 『カオマンガイ』 カオマンガイもその名の通り タイ語でカオ=「米」ガイ=「鶏」のことで 鶏肉ご飯、タイのチキンライス。 カオマンガイも海南鶏飯(シンガポールチキンライス)と同様 鶏のあぶらで炒めた白米を鶏スープで炊き込んで 炊いたご飯の上に茹でた鶏肉を乗せて、甘辛いタレとスープとともに提供される 付け合わせにキュウリがのっているこんなプレートをみたことがあると思う シンガポールの海南鶏飯もカオマンガイも基本的には同じですね 厳密に言えば、タイのカオマンガイはタイ米(ジャスミンライス)を使うとか 細かくは別ものという人もいるとは思いますが・・・ ま、一つ言えるのは 日本のチキンライスはオムライスとかの卵焼きの中に入ってるのは ケチャップライスで 海南鶏飯(ハイナンチキンライス)とは 全然別物ですね! なのでチキンライスってイメージでこれが出てくると 面食らう人もいるかもしれません。 東南アジア系の料理が好きな方なら 「カオマンガイ大好き!」 「シンガポールチキンライスうまいよね!」 って方も多いと思う、私もその一人なんですが これって、簡単そうに見えて意外と手間がかかりそう。。。 って 自分で作るのは めんどくさそうって思ってません? まあ、私はそう思っていたんですが・・・・ 超手抜きで作ろうと思えばできるんですね。 スポンサーリンク 炊飯器だけで簡単に海南チキンライスの作り方 準備したもの ・カルディの海南チキンライスの素 ・特売の鶏もも肉 300g ・米2合 『海南鶏飯』の中に入ってるのは、この3種のタレだけ。 キュウリは忘れてました・・・ あとは かけダレが2種類あるので お好みのタレをかけて食べると まさに海南鶏飯!カオマンガイ!! 黒は醤油ベースのソース 赤は生姜の効いたシンガポールチリソース 私は赤のかけダレの方が好みでした。 付け合わせにインスタントのスープでもつけたら アジア屋台の味が再現できます。 なぜ炊飯器だけでこんなに美味しいカオマンガイが? 味付けも調味料も何にもする必要がない手軽さ、 簡単でおいしいにこしたことはありません。 手抜き万歳。 なんせ、 ご飯を炊くときに鶏肉と炊き込みタレを入れただけ。 鶏肉から出る脂で炊いたチキンライスが 美味しいのは当然なんですが 下ごしらえで材料を切る必要もなく、 買ってきた、 そのままの鶏肉を入れただけ 味付けも調味料の分量すら測る必要もなく 唯一測ったとすれば、米2合の分量くらいか。 私のような適当めんどくさがり人間に ぴったりのアイテムでございました。

次の