宮沢 りえ 写真 集。 Santa Fe

宮沢りえ

宮沢 りえ 写真 集

宮沢りえさんと言えば11歳に芸能界デビューしてから一気に人気アイドルまで駆け上がった方です。 子供のころから大人びた雰囲気があり、テレビ、CM,ドラマに引っ張りだこでした。 そんな宮沢りえさんが1991年の18才の頃に急にヌード写真集を発売しました。 ちょうどアイドルとして人気絶頂だった頃だったのでまさに衝撃的な出来事でした。 この写真集「サンタフェ」はなんと150万部以上も売れ、写真集の売り上げ数としては今でも日本の最高記録となっています。 撮影したのは篠山紀信さんです。 1冊4500円だったので、単純計算でも67億円となります。 すごい金額ですよね。 ちなみにこの写真集で宮沢りえさんが得たギャラは7億円だそうです。 写真集の雰囲気としては全体的に「大人の宮沢りえ」という印象に仕上がっています。 真剣な表情や、大人の色気が存分に発揮されています。 撮影場所はアメリカ合衆国ニューメキシコ州のサンタフェ市です。 だから写真集の名前も「サンタフェ」なんですね。 サンタフェは芸術の街として知られています。 そのため背景にも注目です。 日本とはまた違う雰囲気を楽しむことができます。 あとはヘアヌード写真集ということで服を着ていない写真が多いですが、服を着ている写真ももちろんあります。 ワンピースをさらっと着こなしている写真が多い印象です。 種類も多く、こちらも楽しめること間違いなしでしょう。

次の

宮沢りえ、世間に衝撃を与えた写真集の「舞台裏」と当時の「時代背景」

宮沢 りえ 写真 集

ふんどし姿や「サンタフェ」でのフルヌード、その後何やかやあって今は映画や舞台で活躍する本格派女優となった彼女。 これはまだそうした波乱万丈な人生を送ることになるとは思いもしなかった時期の作品である。 ・・・ところで小生にとって「宮沢りえ」とは、「オンナ」そして「性」を最初に目覚めさせた女神、ミューズであった。 少年時代、TVCMを見て「こんな美少女がこの世にいるのか」と刮目、以来女を異性として意識するようになった。 次いで別のCMで見せた水着姿、その胸元から覗く深く切り立ったバストの谷間に目が釘付けになり、この時記憶が正しければ初めて性器が勃起したように思う。 後に小学校の水泳の授業中、同級生の女子の水着から見えた胸の膨らみを見て先述のCMが脳裏をよぎり、海水パンツの下で男根がモッコリ直立してしまい、焦ったなんてこともあった。 そして話題になったふんどしカレンダー。 小生が見たのは現物ではなく雑誌のグラビアに転載されたものだったが、蔦の絡み付いた体に豊かな巨乳を黄色の布で包み隠し、そして桃のようなお尻に白い布が食い込んでいるのが異様にエロチック、扇情的で、この時生まれて初めて家人の留守中にこっそり、熱くなった股間を扱いてxxxx 後の「サンタフェ」での全国紙を飾ったヌード広告。 ・・・そんな個人的な思い出、ヰタ・セクスアリスはともかくとしても、ここでの彼女は本当に美しく魅力的。 「美少女」という言葉はこの時期の宮沢りえにしか使ってはならないのでは、とさえ思う。

次の

宮沢りえ、伝説的元祖ヘアヌード写真集サンタフェの裏側の真相!!!

宮沢 りえ 写真 集

来歴 11歳の頃にとしてデビューし 、程なくして雑誌 『』(当時)の表紙モデルとなった。 同時期から活躍していたとは、同学年ということもあって仲が良く、また良きライバル関係でもあった。 後藤とは11歳の頃、キットカットのCMで共演歴がある。 10代の頃には、17歳の時に『』や、18歳の時には『』などの奇抜な話題作り、そしてを務めていた母親(通称・りえママ)の存在とで注目された。 や婚約解消、また男性との交際、さらにの噂など、芸能マスコミからの報道が相次ぎ、へのを発表するなど、一時期は芸能活動休止状態となった。 激痩せから回復して来たと見られる頃から、徐々に芸能活動を再開し、(14年)の『』で落ち着いた演技を見せ、映画の成功以降は、女優としての活動の幅が広がり、本格派女優としての評価が定着しつつある。 尊敬するが書き綴った「生きること、死ぬこと」「夫婦愛」などの詩を朗読する活動も行っている。 柔らかなの持ち主で、業も多く務めている。 年譜 伝記の記載を年譜形式のみとすることは。 人物の伝記は流れのあるまとまった文章で記述し、年譜は補助的な使用にとどめてください。 ( 2015年2月)• 、小学6年生の時に、「」のCMで芸能活動をスタート。 、初代を務める。 、『』の主演で女優デビューを果たし、新人賞を受賞。 4月、系『』で連続ドラマ初主演。 同年9月には楽曲提供による『』でデビューし、『』の最終回にランクインした(出演はなし)。 また、では大胆なルックが話題を呼ぶ。 、セカンドシングル『』がオリコン最高1位を獲得。 同年『』に初出場し、「NHKホール外で自由に歌いたい」との本人の希望により、紅白初の中継出演となった。 芝浦の倉庫屋上でバスタブに浸かりながら『Game』を歌った姿が話題を呼んだ。 また同年代に活躍していた、宮沢、、の頭文字「M」から「3M」と呼ばれる。 発売の写真集『』(撮影)は人気絶頂時の集で大ヒットし、150万部のベストセラーとなる。 などでは、も出回った。 、(当時関脇、現在の貴乃花親方)との婚約を発表。 しかし、、「人生最高のパートナーになれなかった」とコメントを発表し、わずか2か月間で婚約解消を発表。 、映画『』の出演が決まっていたがクランクイン直前に突如降板騒動を起こす。 、映画『華の愛〜遊園驚夢』で第23回・主演女優賞受賞。 、『』で・最優秀主演女優賞を受賞。 、『』で第47回・主演女優賞受賞。 2月、妊娠6か月であることを発表。 同年5月、第一子となる女児を出産。 同年8月に復帰。 5月6日、が舞台『おのれナポレオン』終了後、軽度のと診断され、1週間から10日の安静治療を要するとしてそのまま入院したため、アルヴィーヌ役に起用される。 宮沢は、この突然の代役要望を快諾したという。 わずか2日間の稽古期間を置いたのち、2時間20分、台詞回しの多いアルヴィーヌ役を見事に演じきった。 、『MIWA』の演技に対して、第39回・演劇賞を受賞。 2014年、キャリア初となる番組の司会を担当する、との共演番組『』が10月からスタート。 2014年、『』で7年ぶりに映画主演し、・最優秀女優賞を受賞。 日本人女優では11年ぶりの快挙となった。 私生活 2009年2月14日、妊娠6か月であることを所属事務所からのFAXで発表。 後日の2月20日の報道で、相手は40歳代のハワイ在住、日本人実業家で元プロサーファーであることが明らかになった。 同年4月上旬に婚姻届を提出。 同月6日に東京都内で挙式した。 同年5月20日に女児を出産した。 2012年5月8日、一部のメディアにより離婚することが報じられ 、同日に所属事務所からのFAXで離婚協議中であることを認めた。 2016年3月18日に正式に離婚を発表した。 2018年3月16日、・と結婚。 これを報告する封書が、V6のファンクラブ会員に送付された。 交友関係 この節のが望まれています。 前述のように幼少時代からともにモデルとして活動していたとは一緒に旅行に行く計画を立てるなど非常に仲が良く、2015年の宮沢の舞台公演にて後藤久美子が公演を観覧し楽屋にも行ってハグをしている。 また、大河ドラマで共演した女優のとはお互いを名前で呼ぶ仲で、妹のように可愛がっている。 母・光子と非常に仲の良かった女優のも宮沢がブレイクする前から頻繁に宮沢宅に来て食事をしたり宮沢宅で朝までお酒を飲みそのまま仕事に行くなどしており、桃井自身もりえを可愛がっていた。 その他には、、、、などとも仲が良く、自身の母親からの影響か政財界から芸能界の大物まで幅広い人脈を持っている。 中でもからは妹のようにかわいがられており、婚約破棄も宮沢の母の依頼を受けた美川憲一が説得したことによる。 美川は当時ロサンゼルスに滞在していた宮沢に対して「あんたは背負ってるものが重すぎる。 あんたも母一人子一人。 おかみさんになったら、お母さんどうするの? 」と説得しつつ、破局会見当夜、宮沢の母、宮沢の相談相手だったと共に自宅で宮沢と深夜まで過ごし、励ましていた。 出演 映画• (1988年) - 主演・中山ひとみ 役• (1989年、東宝) - 波子・パンプキン 役• (1992年、) - 主演・豪姫 役• エロティックな関係(1992年) -RIE 役• (1994年)• (1994年) -ヒロイン・かる 役• (1995年) - 亀姫 役• The Cabbie(2000年台湾映画) - 主演・ジンウェン 役• (2001年) - 木戸梢 役• (2002年) - 主演・小原幾子 役• (2002年) - 主演・飯沼朋江 役• (2004年) - 主演・福吉美津江 役• (2005年) - 主演・A子(小沼英子)、B子(斉藤久子)の2役• (2005年) - 主演・つばき役• (2006年) - 主演・おさえ 役• (2007年) - 主演・豊田トヨ 役• (2008年) - 中埜潤子 役• ゼラチンシルバーLOVE(2009年)• (2010年) - 居酒屋の女将 役• (2014年3月1日) - コキリ 役• (2014年11月15日) - 主演・梅澤梨花 役• (2015年6月6日)- 橋本敬子 役• (2016年6月25日) - 手塚ひろ美 役• (2016年10月29日) - 主演・双葉 役• (2019年9月13日) - 役 テレビドラマ• 『』(1989年) - (常高院の少女期) 役• 『』(1991年) - 藤夜叉 役• 『』(1999年) - 役• 『』(2003年) - お篠 役• 『』 (2011年) - 役• (1989年、・フジテレビ系) - 主演・葉月ミカ 役• 悪魔をやっつけろ! (1990年、TBS系) - 主演・星川真希 役• (1990年、フジテレビ系) - 主演・桜井理子 役• (1990年、フジテレビ系) - 主演・山ノ内理子 役• オンナって不思議 第1話「ロストバージン」(1991年、系) - 主演・南ちひろ 役• バレンタインに何かが起こる 第1話「先生が好きなんです! 」(1991年、TBS系)• 聖夜に抱きしめて(1991年、フジテレビ系)• (1992年、系) - 主演・沢木つかさ 役• (1993年、系) - 主演・ 役• 青春(1993年、) - お露 役• 1994年 - 1996年、関西テレビ - 正美 役• '95 秘密(1995年、フジテレビ系) - 小沼シュウ 役• 北の国から'98 時代(1998年)• 北の国から2002 遺言(2002年)• 夏の一族(1995年、NHK) - 藤田奈美 役• 第3話「東京的聖誕節」(1995年12月23日、フジテレビ)• (1996年、TBS系) - 榊花 役• (1998年2月21日、系) - 片山晴美 役• 第4話(1998年、TBS系) - 沢村駒子 役• (1998年、フジテレビ系) - 瀧村リサ 役• (1999年、日本テレビ系) - 主演・倉沢みづき 役• (2000年、日本テレビ系) - 宮園冴香 役• (2000年、NHK、脚本) - 主演・楠本イネ 役• さらば 風立ちぬ(2001年、TBS系) - 川西はつ江 役• (2001年、テレビ朝日系) - お雪 役• 碧空のタンゴ〜東京下町、ある職人一家の終戦〜(2001年、NHK) - 山中絹子 役• 青き復讐の花(2002年、NHK) - 青山沙希 役• (2002年8月27日、TBS系) - 吉永文代• 血脈(2003年9月8日、) - 横山シナ 役• 生誕百周年記念番組 (2003年12月8日、TBS系) - 主演・お民 役• (2003年、フジテレビ系) - 役• (2004年、日本テレビ系) - 中町東子 役• 夏目家の食卓(2005年1月5日、TBS系) - 役• ぶるうかなりや(2005年5月22日、) - 大場リツ 役• (2005年11月24日、フジテレビ系) - 主演・ 役• 第1夜(2012年4月5日、TBS系) - 白濱久子 役• (2013年3月、) - 主演・野島葉子 役• (2014年3月22日・23日、TBS系) - 東山雪乃 役• (2014年、WOWOW) - 主演・小島麻子 役• (2016年、WOWOW) - 主演・小島麻子 役• (2016年12月10日、NHK BSプレミアム) - 役• (2020年1月1日、テレビ東京) - 三谷まみ 役 ドキュメンタリー• (2004年10月 - 2007年9月、) - ナレーション• 日本遺産物語〜の伝承を解明〜(2010年4月18日 - 、) - ナレーション• 青の宇宙史〜からへ〜(2013年2月1日、BS朝日) - ナレーション 舞台• ジプシー(1991年)• (1994年)• (1994年、1996年)• (1994年)• (1998年)• (2000年) - 千里万里子 役• (2000年) - 紫の上 役• 透明人間の蒸気(2004年、作・演出)• ロープ(2006年 - 2007年、野田秀樹作・演出)• ドラクル-God Fearing Dracul(2007年、作・演出)• (2008年、作)• パイパー(2009年、野田秀樹作)• ザ・キャラクター(2010年、野田秀樹作)• 万年町物語(2012年、演出)• CBGK Premium Stage リーディングドラマ『Re:』(2012年、演出)• THE BEE -日本語版-(2012年、作)• 今ひとたびの修羅 (2013年、演出)• MIWA(2013年) - MIWA 役• 火のようにさみしい姉がいて(2014年、作、演出) - 妻 役• (2014年~2015年、作、フランク・ギャラティ上演台本、蜷川幸雄演出) - 佐伯・少女 役• (2015年、作、上演台本・演出) - 次女マーシャ 役• 元禄港歌〜千年の恋の森〜(2016年) - 初音 役• ビニールの城(2016年) - モモ 役• (2017年、アントン・チェーホフ作、ケラリーノ・サンドロヴィッチ上演台本・演出) - エレーナ 役 劇場アニメ• (2019年12月13日公開、・) - 中山ひとみ 役 吹き替え• (2002年) - マデリン 役• (2005年) - の郎女 役• (2009年フランス映画、2010年1月22日日本公開) - 吹き替え版ナレーション• (2016年アメリカ映画) - ラクシャ 役• (2018年10月12日) - フローレンス・ツィマーマン() 役 テレビ番組• (フジテレビ)回答者として、複数回出演。• (1989年 - 1991年、日本テレビ) - チャリティーパーソナリティー• 戦争童話集 忘れてはイケナイ物語り「年老いた雌狼と女の子の話」(1995年 - 1999年、) - 語り(声の出演)• あの空の下で:リーディングドラマ、著者・。 (1・2月、国際線の機内番組で放送)• 真夏の夜のスペシャル(2013年8月21日、NHK)• (2014年10月 - 2015年9月、フジテレビ) - 司会• (2019年1月1日、/1月2日、NHK BSプレミアム) CM• 『』(1985年)• 『』(1985年 - 1988年)• (1985年 - 1987年)• 『』(1986年)• (1986年、1988年、1991年、1992年、1994年、1996年 - 1997年、2004年 - )• 『三井のリハウス』初代(1987年)• (1987年)• (1988年 - 1989年)• 『』( - )• アメリカ屋靴店(1989年)• (1989年 - 1992年)• 『』(1989年 - 1990年)• 『0088』(1990年)• 『セルフィー』(1991年)• 『ポテトチップス』(1991年)• (1991年 - 1992年)• 『』(1992年)• (1992年)• 『』(1992年)• ボーデンジャパン(1993年)• 『タカラ缶チューハイ』 「すったもんだがありました 篇」(1994年 - 1995年)• (2000年)• (2001年 - 2002年)• (2003年)• 『』(2005年 - )• 「雨の昼下がり 篇」(2005年)• 「パンプキン 篇」(2005年)• 「パーティー 篇」(2005年)• 「風に吹かれて 篇」(2006年)• 「Day Tripper 篇」(2006年)• (2004年 - )• 『』(2004年 - )• 『特茶』(2014年)• 『ほんだし』 小春 役(2005年 - 2008年)• 開店告知(2005年)• (2006年 - )• 『バンホーテン ディアカカオ』「本気のコラボ 篇」• 『バンホーテン ディアカカオ』「オランダ探訪 篇」• 『アーモンド プレミオ/ディアカカオ』「再会篇」• 『アーモンド プレミオ/ディアカカオ』「テスト篇」• 『アーモンド プレミオ/ディアカカオ』「兄妹の今篇」• 『アーモンド プレミオ』「新しい夢篇」• 『アーモンド プレミオ』「なつかしい友篇」• 『アーモンド プレミオ』「実写キティちゃん」• 『オトナグリコ』「」• 『オトナグリコ』「アーモンドピーク 大人女子会篇」• 『』(2007年 - 2009年)• 「楽しいぶんだけ 篇」• 「優しくなりたいから 篇」• 「弾んでる 篇」• 「近づきたい 篇」• 「カラダが知ってる 篇」• 環境キャンペーン(2008年6月17日 - )• パールのヘッドスパ(2012年 - 2013年)• JINSCLASSIC (2013年 - )• 『私は、TSUTAYA。 』(2013年 - )• 「アプリ 篇」(2013年)• 「死んじゃう 篇」(2013年)• 「奪われたくない 篇」(2013年)• 「探しに出かける旅 篇」(2013年)• でのが参加している。 8cmCD 08EH-3666 2 秘密がいっぱい 1990年2月15日 8cmCD CSSL-3054 1 川村真澄 小室哲哉 プロデュースは小室哲哉。 自身が主演したフジテレビ系ドラマ「」主題歌。 2 SHOOTING STAR 佐藤準 1990年10月1日 8cmCD CSDL-3172 1 C. Alomar I. Toi John Lennon David Bowie C. Alomar Bobby Watson 「」のカバー。 自身が主演したフジテレビ系ドラマ「」主題歌。 2 Sunshine Boy Julia 1991年11月21日 8cmCD SRDL-3404 1 Sweet X'mas Kiss F. Bernard R. Smith 糸井重里 F. Bernard R. Smith 2 クリスマスイブは嫌い 糸井重里 難波正司 1992年2月14日 8cmCD SRDL-3434 1 心から好き 山田直毅 難波正司 自身が主演したTBS系ドラマ「」主題歌。 でが参加。 2 TSUKASA'S DREAM 難波正司 1993年5月21日 8cmCD SRDL-3658 1 赤い花 2 My Kick Heart 小室哲哉 1993年10月1日 8cmCD SRDL-3737 1 ボーイフレンド が演奏で参加。 2 恋が命中 アルバム 発売日 レーベル 規格 規格品番 アルバム 1989年11月22日 CBS・ソニー CD CSCL-1046 1990年10月21日 CBS・ソニー CD CSCL-1523 1991年4月1日 Sony Music CD SRCL-1782 1993年6月21日 Sony Music CD SRCL-2668 ROSEE 1993年12月1日 Sony Music CD SRCL-2806 20ans. Pour Amitie(1989年)• Quelle Surprise(1989年)• Rie Miyazawa(FRAGILE)(1990年)• (1991年)• Santa Fe New Edition(1999年)• 1988年度• スポニチグランプリ 新人賞(『』)• 新人俳優賞(『ぼくらの七日間戦争』)• 第3回 ベストアイドル賞(『ぼくらの七日間戦争』)• 1989年度• 第2回 新人賞(『』)• 2001年度• 第23回 主演女優賞(『華の愛〜〜』)• 2002年度• 第27回 主演女優賞(『』)• 第15回日刊スポーツ映画大賞 助演女優賞(『たそがれ清兵衛』)• 主演女優賞(『たそがれ清兵衛』『』)• 助演女優賞(『たそがれ清兵衛』)• 女優助演賞(『たそがれ清兵衛』『うつつ』)• 主演女優賞(『たそがれ清兵衛』)• 最優秀主演女優賞(『たそがれ清兵衛』)• 主演女優賞• 2004年度• 女優賞(『』)• 主演女優賞(『父と暮せば』)• 主演女優賞(『父と暮せば』)• 2006年度• 主演女優賞ノミネート(『』)• 2007年度• 優秀主演女優賞(『』)• 2014年度• 最優秀女優賞(『』)• 女優賞(『紙の月』)• 第39回報知映画賞 主演女優賞(『紙の月』)• 第27回日刊スポーツ映画大賞 主演女優賞(『紙の月』)• 第36回 主演女優賞(『紙の月』)• 主演女優賞(『紙の月』)• 最優秀主演女優賞(『紙の月』)• 主演女優賞ノミネート(『紙の月』)• 2016年度• 第41回 主演女優賞(『』)• 第29回 主演女優賞(『湯を沸かすほどの熱い愛』)• 第31回 最優秀主演女優賞(『湯を沸かすほどの熱い愛』)• 主演女優賞(『湯を沸かすほどの熱い愛』)• 主演女優賞(『湯を沸かすほどの熱い愛』)• 最優秀主演女優賞(『湯を沸かすほどの熱い愛』)• 主演女優賞(『湯を沸かすほどの熱い愛』)• 2019年度• 優秀主演女優賞(『』) テレビドラマ• 2003年度• 第12回(『』)• 2014年度• 演技賞(『』) 舞台• 2004年度• 第12回 最優秀女優賞(『透明人間の蒸気』)• 2006年度• 第41回 個人賞(『ロープ』)• 2008年度• 第16回読売演劇大賞 最優秀女優賞(『』)• 2013年度• 第39回 演劇賞(『MIWA』)• 2017年度• 第45回CMフェスティバル CM演技賞( とフィーノCM)• 2004年度 文部科学大臣賞• 2004年第21回DTCダイヤモンド・パーソナリティ賞• 2010年東スポ創刊50周年特別賞• 第43回 芸能部門 関連項目• 出典 []• 118. 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年1月19日閲覧。 KINENOTE. キネマ旬報社. 2017年1月19日閲覧。 2009年2月13日. 2006年11月14日. 2009年2月13日. の2009年2月14日時点におけるアーカイブ。 2009年2月13日. の2009年3月10日時点におけるアーカイブ。 2009年2月20日. の2009年2月22日時点におけるアーカイブ。 2009年8月29日. 2009年9月5日. シアターガイド. 2014年4月4日. シアターガイド• - サンケイスポーツ 2009年2月14日• - サンケイスポーツ 2009年2月20日• - サンケイスポーツ 2009年4月15日• - サンケイスポーツ 2009年5月23日• SANSPO. COM 産経新聞社. 2012年5月8日. の2012年5月10日時点におけるアーカイブ。 2012年5月8日. の2012年5月10日時点におけるアーカイブ。 - 東スポWeb 2016年3月18日• Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2018年3月16日. 2018年3月16日閲覧。 Daily Sports Online 2014年10月6日• スポーツ報知 2015年9月24日. 2015年9月24日閲覧。 SANSPO. COM 2015年6月10日. 2015年6月10日閲覧。 2014年10月17日閲覧。 ザテレビジョン 2019年12月22日. 2019年12月29日閲覧。 デイリースポーツ online 株式会社デイリースポーツ. 2016年1月6日. 2016年1月6日閲覧。 ステージナタリー. 2016年5月16日. 2016年5月23日閲覧。 まんたんウェブ. 2019年9月30日. 2019年9月30日閲覧。 com. 2016年6月8日閲覧。 映画ナタリー. 2018年9月24日. 2018年9月25日閲覧。 マイナビニュース エンタメ マイナビ. 2018年10月30日. 2019年1月13日閲覧。 東スポWeb. 2014年9月26日. 2018年2月17日閲覧。 東スポWeb. 2015年1月20日. 2018年2月17日閲覧。 スポーツ報知. 2016年11月29日. 2016年11月29日閲覧。 日刊スポーツ. 2016年12月6日. 2016年12月6日閲覧。 映画ナタリー. 2017年1月10日. 2017年1月10日閲覧。 東スポWeb. 2017年2月27日. 2018年2月17日閲覧。 2017年3月3日閲覧。 2018年2月7日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2020年1月15日. 2020年1月15日閲覧。 東スポWeb 2015年6月10日. 2015年6月11日閲覧。 YOMIURI ONLINE 読売新聞. 2018年2月3日. 2018年2月3日閲覧。 2014年11月28日. 2014年11月28日閲覧。 外部リンク• - (英語)•

次の