ゆうちょダイレクト 利用停止解除。 通帳・カード・印鑑などを紛失した

照会・再発行・初期化の手続き(郵送による手続き)|ゆうちょダイレクト

ゆうちょダイレクト 利用停止解除

最近ではウェブ上の情報流出やアカウントの乗っ取りに不正アクセスなど、物騒な話題が多くなっています。 ついつい面倒になって複数のサイトで同じパスワードを使い回したりすれば、一つ漏れてしまうともう終わりなので気をつけなればなりません。 特に注意すべきは金融機関のアカウント。 もうほとんどの銀行では普通に口座を開設すると、同時にインターネットバンキングのサービスも利用する事(申し込み)が可能となり、ネット上でお金のやりとりができるようになります。 そんな状態でパスワードが盗まれたりすると最悪。 カードや通帳がなければ勝手に引き出したりはなかなか難しいですが、他の口座に知らない間に振り込みが行われたり(不正送金)などという事態が発生しかねません。 それを狙って正規の銀行のふりをした偽メールなどもちょくちょく送られてきたりします。 あまりネットバンクでの手続きを複雑にしてしまうと利便性が失われてしまいますし、かといって簡単すぎるとセキュリティ上問題がでてしまうという、金融機関側としてもなかなか頭の痛いところではないでしょうか。 ゆうちょダイレクトのトークンを入手 そんな状況の中、ゆうちょ銀行が提供しているネットバンキングサービスのゆうちょダイレクトより、セキュリティ強化の為にトークン(ワンタイムパスワード作成機)の無料配布が開始されました。 トークン配布の申し込みが開始されたのが6月の終わり頃でしたが、さっそく申し込んでみた、というのが以前に書いた記事。 トークン(ワンタイムパスワード作成機)は、A4一枚の説明書とともに封筒で届きます。 前回の記事からかなり間が開いていますが、やっと届いたとかそういう話ではなく、結構前に届いてはいたのもののちょっと面倒だったのと忙しかったので今まで放置していただけです。 トークン(ワンタイムパスワード作成機)の外観 トークンはこんな感じ。 かなり小さいです。 左上の「1」のボタンを押すとワンタイムパスワードが表示されます。 パスワードは1分間表示された後、消えます。 一番下の段「0」の左右のボタンはどちらもパスワードが表示されている最中に押すと電源が切れます。 そうするとそれ以外の数字のボタンは一体何に使用するのかという話ですが、それについては説明書のどこにも書いていません。 ウェブ上にもそれらしき説明はありませんでした。 単純にワンタイムパスワードを表示するだけならジャパンネット銀行のトークンのように余計なボタンはない方が使いやすいと思います。 あえて1~9までのボタンがあるという事は、何か特殊な状況において裏の使い方でもあるのでしょうか? 今のところ謎です。 ゆうちょダイレクトのトークンの利用登録 トークンの利用登録を行う為には、まずゆうちょダイレクトにログインしなければなりません。 続いて「トークンの利用登録」 裏面のシリアルコードとワンタイムパスワードを入力して「実行する」をクリック。 これでトークンの登録は完了。 ゆうちょダイレクトに登録してあるメールアドレス宛に登録確認のメールが届きます。 トークンを使う場面は ゆうちょダイレクトを利用するには、ログインに始まりいくつか複数の場面でパスワードや合い言葉の入力が必要になります。 その中でこのトークンはどの場面で使用されるのかというと• ゆうちょ銀行あて振替• 他の金融機関あて振り込み• WEB連動振替決済サービス• 税金・各種料金の払込み• トークン時刻の同期 以上の5種類のみ。 見てわかる通りほとんど振り込み手続き時です。 今まで利用していた「インターネット用暗証番号」の代わりと考えていいでしょう。 間違ってもゆうちょダイレクトのログイン時のパスワードなどには使用しませんので間違えないように。 トークンの故障は無料で再発行・紛失は有料で再発行 トークンは電池駆動ですが、こちら側で電池交換をする事ができません。 もし電池が切れた時は無料で再発行してくれるそうです。 それに加えて故障した場合も無料で再発行。 ただし、紛失した場合の再発行は料金(1080円)が必要になります。 自分で無くしただけでなく、盗難にあった場合も再発行には同じ料金が口座から引き落とされます。 このあたりは一般的な金融機関のキャッシュカードなんかの扱いと一緒ですね。 」という記述があります。 なお、以前は随時強制的に全部のダイレクト口座でトークンの使用を必須化するような話をしていたように思いますが、今回確認してみるとそうでもなさそうです。 ということは現段階ではトークンを使うか使わないかが選択できる状態ということになります。 一度利用登録するともうやめられないという事も頭の片隅に置いた上で、使うか使わないか考えるといいと思います。

次の

ゆうちょ銀行本人名義口座からの入金

ゆうちょダイレクト 利用停止解除

久しぶりに「ゆうちょ銀行」のゆうちょダイレクトを利用して、ヤフオクの落札代金を振替しようとしたら、以前はなかった「ワンタイムパスワード」を入力しろとのこと。 でも送付される登録メールアドレスは、5年も昔に使っていたソフトバンクのキャリアメールで現在は使っていないアドレスなんです。 それならばワンタイムパスワードが送られるように、アドレスを変更しようということで四苦八苦しましたが、結局、書面にて初期化手続きしないとダメだったんですよ。 いつの間にか、ゆうちょ銀行はセキュリティーを強化 ゆうちょ銀行の振込、振替で、「1回限り有効なパスワード」がメールに送られる・・ あれ いつからそうなったのって感じで調べたところ、2015年9月23日からセキュリティー強化が実施されたようで、コンピュータウイルス等を悪用した不正な送金被害を防止するために、ワンタイムパスワードの入力が強制になったようです。 じゃあ今まで強制じゃなかったという言い回しですが、ゆうちょ銀行では一昨年前からトークンという1分ごとに違うパスワードが生成される小さな電卓のようなものを希望者に配布しており、利用者はパスワードを入力していました。 私のように面倒くさがり屋や、預金が少額でセキュリティーもヘッタクレもない、これも私のことですが、そういう人はトークンを利用することもなく、パスワードの入力なしに今まで通り、振込、振替してたんですね、いよいよそれもダメになったようです。 ワンタイムパスワード的には、トークンはジャパンネット銀行で以前から、メールによるワンタイムパスワード送信は楽天銀行で以前から行なっていましたので、ようやく、ゆうちょ銀行も対応になったという感じですね。 セキュリティー強化前にアドレス変更したかった 登録メールアドレスにワンタイムパスワードが送信されるようになったということは、最近、ゆうちょ銀行でヤフオクの落札代金の振替時にパスワードを要求されて初めて知った次第。 きっとメインアドレスにお知らせは送られていたと思うのですが、そのアドレスが現在使用していないアドレスなので、お知らせも受けとることができませんでした。 ちなみに ゆうちょ銀行では、メインアドレスの他にも、サブアドレスも登録できます。 自分もサブとして別アドレスを1つ登録してあったのですが、そちらには「入出金」のみを お知らせ設定してあったので、「メールによるワンタイムパスワードの導入」の知らせはくるはずもなく・・ いや ミスりましたね。 知っていたらメインアドレスは直ぐに変更していたんですがね。 <スポンサードリンク> WEB上ではメールアドレスの変更はできない それでもメールアドレス変更なんてWEB上で簡単にできると思っていたので、「メールアドレス登録・変更・削除」のページから、新しい変更アドレスなど入力して進んでいったところ、結局最後には登録メールアドレスに送られる「ワンタイムパスワード」を入力しなければいけないということで変更はできず。 メールアドレス変更にもワンタイムパスワードが必要になるため、利用出来ないメールアドレスを登録してあるとどうしようもないんですね。 利用できるメルアドからの変更なら簡単なんですが、現在使っていないメルアドを変更するのは結局、WEB上では無理なようです。 時間空けて、ゆうちょ銀行にログインしたら、赤く「使用不可」になっていましたよ。 アドレスの変更は書面による手続きが必要 使っていないメールアドイレスは抹消、すなわち初期化し、新しいメールアドレスの登録をしなければいけません。 初期化は書面でしか手続きできず、のページから、用紙、封筒をダウンロードして必要事項を記入して申込みます。 封筒は切手を貼って投函 専用ページから用紙をダウンロードすると、 請求書、書き方見本、封筒に形成できる紙の3枚が出ます。 請求書には、住所、氏名、電話番号、口座番号、届け印 を明記しますが、住所変更や結婚での苗字変更などで登録事項に変更がある場合には、そちらを郵便局で変更してからでないと、このメールアドレスの変更は受け付けてはくれないので注意です。 ゆうちょ銀行といえども、流石に切手は貼らなければいけないようです。 82円分貼って投函しましょう。 実際には手紙が届いた前日にゆうちょ銀行にログインした時にはすでに、「メールアドレス登録」画面がもう表示されていました。 まずメールアドレスを登録しないと、他のサービスができないようです。 新しいメールアドレスを入力し、そのメールに送られるワンタイムパスワードを入力すれば、ここでようやく変更できます。 新しく登録したアドレスに6桁のワンタイムパスワードが届くので、入力して完了。 たかがメールアドレスの変更ですが、なかなか時間がかかりましたね。 これからは、ゆうちょ銀行あて振替(電信振替)や他金融機関あて振込等のたびに、ワンタイムパスワードによる追加認証をしなければいけません。 いずれはトークン(ワンタイムパスワード生成機)を持ってもいいかとも思いますが、当分はメールに送られてきるワンタイムパスワードで対応しましょう。 <スポンサードリンク>.

次の

ゆうちょダイレクトのメールアドレスを初期化する

ゆうちょダイレクト 利用停止解除

以下の各項目はSMBCダイレクト・グローバルサービス 以下、グローバルサービス のご利用にあたってご確認いただきたい主な項目です。 ご理解の上、ご利用くださいますようお願いします。 申込時の留意点• SMBCポイントパックを利用している場合は解約となり、ポイントが消滅します。 また、Web通帳をご利用のお客さまは、SMBCポイントパックの解約にともない紙通帳への切替となります。 過去の入出金明細が必要な場合は、切替前に印刷またはダウンロードにより保存するようにしてください。 クレジット一体型カード(SMBC CARDやOne's Card等)もSMBCポイントパックの解約にともない解約となりますので、店頭窓口での申込時にクレジットカードの解約または分離(単体のクレジットカードの発行)の手続を行い、ご出国前に新しいカードをお受け取りください。 「振込入金通知」、「口座引落・残高不足通知」、「キャッシュカード出金通知」 電子メールお知らせサービス を利用している場合は解約(利用停止)、ワンタイムパスワードサービスを利用している場合は、解約となります。 eレポートサービス、バンク&トレード、SMBCデビットを利用している場合は、グローバルサービスの申込までにご解約いただく必要があります。 国内振込の1日あたりの振込上限金額は、1,000万円を上限とします。 1,000万円を超過した契約がある場合は、グローバルサービスのお申し込みにより、1,000万円に引き下げられます。 パスワードカードをご利用の方が、ご出国後に喪失・PINロック等によりパスワードカードがご利用いただけない状態になった場合、パスワードカードの再発行手続はできず、パスワードカード(スマホアプリ版)方式または暗証カード方式への切替が必要になります。 書面(郵送)でのお手続を行ってください。 暗証カード方式への切替の場合、暗証カードの発行手数料はかかりません。 暗証カードの喪失や暗証ロック等の場合は、書面でのパスワードカード(スマホアプリ版)への切替手続もしくは暗証カードの再発行手続が必要となります(暗証カードの再発行時には、再発行手数料3,000円<消費税免税>がかかります)。 暗証カードの再発行をする場合は、海外のお届け住所あてに送付いたしますが、ご出国先の郵便事情によっては、暗証カードをお受け取りいただき、第二・三暗証が利用できるまでに相応の時間を要する場合があります。 グローバルサービスをお申し込みいただいた場合、ご出国後、ATMオートロックサービスのロックを解除することができなくなります。 一時帰国時等、引続きATMによるキャッシュカード出金等を利用する場合は、ご出国前にATMオートロックサービスの解約を行ってください。 キャッシュカードによる振込ならびにATM振替が利用できなくなります。 積立預金(りぼん等)の利用は可能ですが、ご出国後、積み立てた定期預金の解約をグローバルサービスで行うことはできません。 解約は、店頭窓口のみとなりますので、ご注意ください。 本サービスが法令や公序良俗に反する行為に利用され、またはそのおそれがあると認められるときは、当行は本サービスを停止・解約することがあります。 なお、当該事由が消滅した場合は、サービス停止を解除します。 SMBCダイレクト ライトは、お申込対象外です。 あらかじめ、パスワードカードを発行し、利用登録のお手続後にご出国してください。 国内振込および外国送金のお取引時のご留意点• お取引が外国為替及び外国貿易法や米国財務省外国資産管理室(OFAC)による規制等に抵触する等、法令・規制上実行不可能な場合等は、手続をお断りさせていただくことがあります。 当行は、お客さまのお取引が、外国為替及び外国貿易法第17条に基づき、「北朝鮮・イラン関連規制の対象取引ではないこと」、また米国法規制遵守の観点から「米国OFAC規制にかかる取引ではないこと」を確認しております。 つきましては、 本サービスでお取引をご依頼いただくにあたり、当該取引に該当しないことをご確認の上、お手続を行ってください。 また、マネー・ローンダリングおよびテロ資金供与対策のため、SMBCダイレクトでの特定の国・地域宛の送金については、特に取引背景・内容の詳細を確認したうえで、受け付けることとしています。 特定の国・地域への送金先登録依頼・送金依頼を頂いた場合、当行から追加の確認事項を聴取するためご連絡を行う場合がございます。 追加の聴取にご協力いただけない場合、ご依頼をお断りさせていただきます。 また、2019年7月22日より、既にご登録頂いている送金先のうち、当行がより慎重な判断が必要と判断した先については、SMBCダイレクトでの受け付けを停止し、店頭窓口での詳細な確認を行った上で送金を受け付けることといたします。 尚、店頭で確認した結果、手続きをお断りさせていただくこともありますので、あらかじめご了承ください。 送金金額の上限につきまして、弊行ホームページ等で「1日あたりの送金金額は300万円以内、1ヵ月あたりの送金金額は500万円以内」とご案内しておりますが、一部の国・地域につきましては、「1ヵ月あたりの送金金額が100万円以内かつ年間あたりの送金金額が300万円以内」の上限(「1ヵ月」は受付日から30日前以降のご送金、「年間」は受付日から365日前以降のご送金の合計金額です)となっておりますのでご了承ください。 尚、対象国・地域につきましては、申し訳ありませんが開示しかねます。 お取引時に、依頼内容を確認させていただくため、銀行からお手続時にご登録いただいた日中連絡先へのご照会、または連絡用メールアドレス宛てにお電話を頂きたい旨連絡させていただくことがあります。 連絡がつながらない等の理由から一定期間、ご照会事項等が解消されない場合は受付を取消させていただきますのでご了承ください。 お取引内容を確認させていただくため、本邦の派遣会社等、国内のご連絡先にお客さまの連絡先等を確認させていただく場合があります。 ご出国前に、本邦の派遣会社等や国内のご連絡先にあらかじめご説明いただきますようお願いします。 【外国為替及び外国貿易法による禁止取引】(2017年3月現在)• 【米国OFAC規制による禁止取引】(2019年4月現在)• お取引の関係当事者の所在地や、お取引の関係地等に、イラン・イスラム共和国(イラン)、キューバ共和国、北朝鮮、シリア・アラブ共和国(シリア)、ウクライナのクリミア地域が含まれている(但し、一部例外措置あり)。 お取引の関係当事者とは一般的に、輸入者・輸出者、お取引に関与する銀行・船会社、荷受人、輸送船、送金依頼人・受取人、保証の受益者等を指します。 また関係地とは一般的に、原産地、船積地、仕向地、船籍等を指します。 米国政府により、特定テロリスト、特定麻薬取引者、特定大量破壊兵器取引者および核拡散防止上問題のある法人・個人等として特定されている者が、お取引に関係している。 当行では、「租税条約等の実施に伴う所得税法、法人税法及び地方税法の特例等に関する法律」に基づき、お客さまの税務上の居住地国等について確認させていただいております。 ご協力いただけない場合は、お取引をお断りさせていただくこともありますのであらかじめご了承ください。 お届出の海外住所あてに、毎月お取引総合レポートを送付します。 郵便不着等の理由でお取引総合レポート等、当行からの送付物が返戻された場合は、国内振込および外国送金のお取引が利用できなくなります。 月額利用料の留意点• お引落日 毎月月初第一営業日に、SMBCダイレクトの申込代表口座よりお引き落としいたします。 お引落し明細 インターネットバンキングの残高・入出金明細等には「プレミアムサービス利用料」と表示されます。 お引き落としできなかった場合の取扱 残高不足等によりお引き落としできない場合、一部のサービス(振込・振替、振込先口座の変更・削除・新規登録、外国送金の依頼・送金先口座の事前登録)がご利用できなくなります。 その際、当月分の月額利用料をお引き落としいたします。

次の