旅行 節約 家族。 2018年の春休み!家族旅行はイベント満載の節約スポット6選へ

家族旅行費の節約術!貧乏旅行を卒業してワンランク上の旅をするコツ|きららぼし

旅行 節約 家族

スポンサードリンク 旅行の平均予算ってどれくらいですか? 我が子を連れた思い出作りの旅に行きませんか? だけど、1年に何度も行くとなると予算も考えてプランを立てますよね。 週末にはお出かけをしたり近所付き合いや実家へ帰ったりなどなど。 誕生日などお子さんが小さい頃は何かとイベントも多く少しでも費用を抑えたいところですよね。 いざ旅行に行くと交通費や食費、入園料やお土産代などを含めると大きな出費になっちゃいます。 年に1度、旅行に行くなら思い切って使おう! という方や年に数回行くなら毎回違う所に行こうとか、少しでも安く行けるようにしたいな〜などなど。 色々考えてプランを立てるのではないでしょうか。 私も家族で旅行に行くときは何が起きるかわからないので色々調べちゃいます! 季節によってプランを決めたり、子供が車酔いしたときや、ぐずった時の対策など事前に調べています。 私の経験とともに、これからの旅行に活かしてくださいね。 今回は!! 家族旅行に行く時の平均予算などをまとめました。 旅行先ではどれくらい使うの? 家族で旅行に行く時の平均予算は10万円以上〜15万円以上で考えているのが大半を占めている!? よしっ! 旅行に行こう! 私は思い立ったら行動するタイプなのですが、いざ旅行に行こうと計画を立てるとやっぱり予算は悩むところですよね。 私は旅行のことを考えると楽しみで楽しみで一生悩んじゃってます!! それは、旅行先で使う予算や何かあった時のための予算、現金とカードを持ち歩き、万全に対策することが必要ですね。 他にも、旅行へ行ったら選びきれないお土産代にも!! どれくらいお金を消費するかなど含めた上で予算を設定するといいです。 旅行に行ける秘密があります。 それを知るだけで!! これからの旅行に役立ち、考え方も少し変わります!! 遠出で一番費用のかかる交通費が無料になる!? 交通機関を使うなら、マイルを利用すると? このマイルとは!! 飛行機に乗るとポイントが貯まり、そのポイントで特典と交換することができるんです! 特に交通機関での費用は旅行に行く時に大きな出費になると思います。 旅行で飛行機に乗るとき、貯まったマイルを使うことで飛行機代が な! 家族で行くと交通費が一番かかる所でもあります。 マイルの貯め方によっては航空券を無料でゲットできちゃうかもしれませんよ。 宿泊場所はいつ頃決める? 旅行先で移動するならオススメはレンタカー!! ホテル、レンタカーを早期予約するとお得にできる決め手は? よし!! なので、事前に予定を決めることで旅の費用をお得に!! 1つ気をつけて頂きたいこととして、キャンセルすると別でキャンセル料がかかることがあります。 その点を十分確認して予約する必要があるので気をつけてくださいね。 実は私も経験があり、早くに予約したけど家族で都合が合わなくなって、なくなくキャンセルしてしまいました。 すご〜くもったいない出費なのでみなさんも私と同じような思いをしないように サイトの重要事項を必ず確認してきださいね!! ですが!! 事前に計画を立てて、家族の都合も合わせることができると普段の旅行より格段に!! 私も泊まる宿はこだわって決めることがほとんどです。 なのでこと情報を知ったことで旅行に行く時の考え方が劇的に!! 宿と航空券がセットのプランって何? 旅行先と行きたいレジャー施設がセットのプランもあるの!? 旅行には宿泊施設と航空券のセットプランがお得!? 朝から外で朝食を食べるには開店前のお店が多いので、ぜひ!ホテルの朝食を利用してくださいね。 このプランでは必要に応じて利用できますし、セットの中には素敵な宿泊施設も多くありますので一度利用してみてはいかがでしょうか? いつもは仕事が忙しくてお出かけができない、日常生活から離れて思いっきりリフレッシュしたい!! 人気のスポットに行くこともいいですが、穴場スポットへ行くという選択肢も考えて、最高の思い出作りをしてくださいね。 また、3歳の子供がいますが、入園料が必要になってくることが多くなって来るんですよね。 年齢をごまかしたいという悪魔のささやきが。。。 でも子供も見ているし、それはダメですよね。 なんとか安く購入したい。 そこで私が考えたのは割引クーポンです。 私が実際に使っているのはこれです。 『みんなの優待』 みんなの優待とは、全国130万件以上の割引サービスを使いたい放題で利用できる会員割引サービスです。 登録して会員になったら 3ヶ月目無料で、4ヶ月目から 月々490円かかってきます。 でも、私はあえて有料を選びました。 無料クーポンがたくさんある中、 なぜ有料を選んだかというと、• 入場料だけではなく、ご飯や映画といろんな割引特典が受けられる• 割引の種類が多い。 実は使えば使うほどお得なんです。 すぐに元は取れますし、3か月はタダ(無料)なんで気軽に使えます!! 実は「みんなの優待」は、 大手企業や公務員組合が利用する福利厚生サービス・ベネフィット・ステーションと提携しているから安いんです! つまり、今までは 大手企業や公務員として働いている人しか使えなかった福利厚生を、個人で利用できるということなんですよね! そしてもう一つ、『 みんなの優待』のいいところは、 今なら3ヶ月の無料期間があって、夏まで無料で使えるんです!さらに いつでも解約できるということです。 嫌ならすぐにやめることができるし、もちろん継続もできますので安心して登録できますね。 みんなの優待の登録方法(3つの流れ)• 会員登録のためメールアドレス・名前などを入力します。 (3分でできます)• 登録したメールアドレスに仮登録完了のメールが送られてきます。 メールアドレスに通知がきたら本登録完了。 ログインしてすぐに割引サービスが受けることができます。 すぐに 無料登録(5分もかからない)できて簡単に スマホで予約できます。 有料でも無料でもどこでもいいので、 クーポンは絶対にゲットしていってくださいね。 その割引の浮いたお金で子供に お土産を買ってあげることもできるし、 家族みんなでジュースだって飲めます。 クーポンゲットでお得に節約してくださいね。 子供と泊まる宿泊先はもう決まってる?? 動物園や水族館に近い宿泊場所を確保しておくと子供がぐずってもすぐに戻ることができます!また、子供のテンションもマックス状態で入場することができるので最初にいい写真が取れるんですよね。 どうしても、動物園や水族館まで行くのに時間がかかると、子供も文句いったりと色々着くまえにイライラしてしまったりして楽しさ半減なんですよねー。 せっかく楽しいはずのお出かけが台無しになることもあります。 私の場合は、初日にたっぷり遊んで温泉宿に泊まるのが定番です。 子供も一緒にクタクタになるまで遊んで、そのまま宿で温泉に入るっていうのが最高ですね。 宿を予約すれば遊んだ後の夜ご飯の心配もしなくていいし、お店で並ばなくてもいいんです。 また、朝も朝食付きにしておけば、 いつもと違って子供はたくさんご飯を食べてくれるし、私も大満足です。 たまの贅沢も子供との思い出を考えればありかなと思います。 子供は小さい時しか一緒にお出かけにいってくれませんから、今のうちにいっぱい思い出を作っておきたいですしね。 そんな子供の笑顔が見たい私がいつも愛用している予約サイトはです。 とにかく口コミが読みやすいです。 大体のホテルや宿はじゃらんで予約することができますし、価格帯も細かく選ぶことができます。 口コミの信用性もありますし、じゃらんポイントも貯まるので次の宿泊にも使うことができます。 じゃらんをおすすめする一番の理由は、何と言っても、• お風呂が良かったランキング• 接客ランキング など自分に合った目的で選べることがいいですね。 実は 元ホテルマンの私もかなり活用しています。 最後に元ホテルマンとして、こっそりといいこと教えます。 最近はじゃらんより宿の 公式サイトの方が安い場合があります。 意外にみなさん知りません。 なので、公式サイトの価格を確認して、値段が同じなら、をおすすめします。 超人気記事• 上野動物園は混雑するっていうイメージの方も多いですよね。 緊急事態宣言に伴い、開業が延期されていましたが、5月2... みなさん!香川県に訪れる目的は「讃岐うどん」「栗林公園」だけ... 新店オープンやニューオープンといわれると…なんだか無性に気に... 日本の動物園の中でも歴史がある多摩動物公園は1958年にオー... 皆さんは家族旅行に行かれた時、ランチってどうされてますか?家... 動物園よりも動物との距離が近い迫力のサファリパーク、行ってみ... 皆さん、お出かけの際の計画はどのようにされてますか?やはり最... パンダはお好きですか。 かわいくって抱きしめたい、出来ることな... 最近旅行に行きたくて仕方がない私です。 でも、お金を管理する主...

次の

家族旅行費の節約術!貧乏旅行を卒業してワンランク上の旅をするコツ|きららぼし

旅行 節約 家族

家族3人の節約ポイント 家族3人が節約生活を送るポイントは、食費と固定費の見直しです。 節約のコツを解説します。 食費の平均は月に約7万円 2017年の家計調査報告によると、2人以上の世帯の食費の平均金額は1カ月に7万2866円です。 また、家計の支出全体に占める食費の割合であるエンゲル係数は、同じく2人以上の世帯で25. 7%でした。 子育て世帯の場合には、食費は月々4万円~6万円ほどということが多いでしょう。 子供の年齢によっても食費は変わってきます。 子供が小学生頃までは、比較的安く抑えやすいですが、中高生の食べ盛りになると跳ね上がることが多いのです。 エンゲル係数を目安に エンゲル係数は支出に占める食費の割合のことです。 食費の目標数値として知っておきましょう。 食費の平均金額は調査した年によって変動がありますが、エンゲル係数は20%前後が理想です。 家庭の支出から理想のエンゲル係数になる食費が分かったら、次は理想に近づくように節約をしましょう。 下記の節約のポイントを参考に、取り組んでください。 1週間の予算と買い物回数を決めて買い物に行く• 買い物はスーパーの特売日に合わせて行く• 買い物メモを作って、他のものは買わない• ネットスーパーや宅配サービスを活用する• お買い得食材を使って手作りする 家賃など固定費の削減を考える 節約のためには固定費の削減を考えることも大切です。 固定費はうまく見直せると、大きな金額が節約できますし、1度見直すだけで長期間の節約になります。 固定費でまず節約を考えたいのは家賃です。 3人家族であれば、子供が小さなうちは1LDKでも十分暮らせます。 出産を機にマイホームを購入する人も多いですが、住宅ローンの負担は月々約10万円と大きなものです。 必要最低限の広さの部屋に住み、住居費をより安く抑えましょう。 次に節約するのはスマホ代です。 キャリアですと、1カ月に7000~1万円くらいかかります。 節約を考えるなら、格安SIMでスマホを使用するのがおすすめです。 同程度のプランが3000円ほどの費用で契約できます。 1人あたり約4000円の節約になり、夫婦2人分で1カ月に約8000円節約が可能です。

次の

節約しながら家族で旅行を楽しむ。無駄な出費を抑えるコツは?

旅行 節約 家族

クレカ付帯の海外旅行保険を家族に適用する方法• 家族カードを発行する方法• 家族特約を利用して補償対象に含める それぞれの方法には、メリット・デメリットがあります。 下記で説明していきますね。 家族カードを発行する方法 最もオーソドックスに「家族分の海外旅行保険代を安くする方法」といえるのが、 家族カードを発行する方法です。 家族会員の条件を満たしていれば基本的に簡単に発行され、利便性も高くおすすめです。 それぞれの家族会員が家族カードを所有することになるので、 保険面だけでなく、決済の面でも便利に使えることも特徴です。 家族カードを発行するメリット 家族カードを発行する方法のメリットは下記の通りです。 家族カードを発行するメリット• ほぼ確実に家族カードを発行できる• 補償内容が本会員と同じ• 家族カードを発行できるカードが多く存在している• 家族会員のみの海外旅行でも有効になる• 場合によっては利便性が高い それぞれのポイントについてみていきましょう。 ほぼ確実に家族カードを発行できる 家族カードは本会員の信用情報に基づき、同居の家族に対して発行されるクレジットカードです。 つまり、 条件を満たしてさえいれば無審査で発行されます。 そのため、何らかの事情で本会員としてクレジットカードを発行することが難しい方でも、簡単に発行できることがメリットといえます。 補償内容が本会員と同じ 基本的に家族会員の補償内容は本会員と同じです。 家族会員のみ 海外旅行保険に対する補償が少ないなどといったことがないので、安心して使えるでしょう。 発行できるカードが多い 家族カードは多くのクレジットカードが対応・発行しています。 そのため、 カードの選択肢が豊富にあり、条件に合うカードを選びやすくなっています。 補償が手厚いものを選べば、クレジットカードの付帯保険だけで必要な保険をまかなえるケースも多いです。 家族会員のみが参加する旅行でも有効になる 本会員自身が参加せず、 家族会員のみの海外旅行でも海外旅行傷害保険は有効になります。 条件を気にせず保険が適用されるのは、大きなメリットですよね。 家族会員のみで海外旅行に行く機会が多い場合は、自動付帯のクレジットカードを選んでおくと予期せぬトラブルを防ぐことができますよ。 場合によっては利便性が高い 保有しているクレジットカードが利用付帯の場合、 本会員が交通費やツアー代金を決済すれば、決済に使ったカードに紐づく家族会員にも補償が及ぶカードが多くなっています。 そのため、各自が利用付帯のクレジットカードを保有している場合に比べて、利便性が高いといえます。 保有しているカードが利用付帯の場合は、積極的に家族カードの恩恵を受けてくださいね。 家族カードを発行するデメリット• 17歳以下の子どもは対象にならない• 家族カード枚数分の年会費がかかる 17歳以下の子どもは対象にならない 家族カードの対象者は「18歳以上の同居家族」とされている場合がほとんどです。 そのため、17歳以下の家族に家族カードをもたせることはできず、この方法で海外旅行保険代を安くすることはできません。 17歳未満の家族と同伴で海外旅行へ行く場合、後述する「」を保持しておく方法がおすすめです。 家族カード枚数分の年会費がかかる 家族カードを発行すると、 発行した枚数分の年会費がかかるため注意が必要です。 なかには家族カードの年会費が完全無料のカードや、一定枚数まで無料のカードがあるので、節約したい場合はこのようなクレジットカードを使いましょう。 家族特約を利用する方法 クレジットカードの海外旅行傷害保険を家族に適用するもう1つの方法は、 クレジットカードの家族特約を利用する方法です。 こちらは本会員のクレジットカードに付帯している保険で、家族も補償対象になるというものです。 家族特約を利用するメリット 家族特約のメリットは下記のとおりです。 家族特約を利用するメリット• 17歳以下の子どもを保障対象に含められる• 家族分の年会費が不要 家族カードとはまた違ったメリットがありますので、ぜひ確認してみてくださいね。 17歳以下の子どもを保障対象に含められる では、17歳以下の家族には発行できないため、海外旅行傷害保険を適用できません。 しかし、家族特約の場合は家族カードを発行する必要がないため、 17歳以下の子どもでも保障対象に含められます。 小さなお子さん連れでの海外旅行では、大きなメリットとなります。 家族分の年会費が不要 本会員保有のクレジットカード付帯の海外旅行保険で家族分が補償されるため、 カードの年会費は本会員分のみしかかかりません。 そのため、クレジットカード維持コストを削減したい人にもピッタリです。 家族特約を利用するデメリット もちろん、家族特約にもデメリットがあります。 家族特約を利用するデメリット• 対象となる家族が限定されているカードがある• 補償内容が本会員と異なる場合がある• 特約がついているカードが少ない 特約の対象になる家族が限定されているものがある クレジットカードによっては「19歳未満の子供のみ」や「同居の扶養家族のみ」といった 、厳しい条件が付与されていることがあります。 家族特約で保険料を節約しようと考えている人は、家族特約の適用対象の範囲や条件をしっかり確認しておいてくださいね。 補償内容が本会員と異なる場合がある クレジットカードによっては、 補償内容が本会員に適用されるものと、家族特約が適用されるもので異なることがあります。 家族特約の対象者のみ補償金額が少なかったり、家族のみキャッシュレス診療が使えなかったりということもありますので、十分ご注意くださいね。 家族特約が付帯しているカードが少ない 家族カードを発行しているクレジットカードはたくさんありますが、 家族特約がついているクレジットカードは数少ないのが現状です。 クレジットカードの年会費と補償内容、その他カードの特典などを総合的に判断し、選ぶようにしましょう。 家族分の海外旅行保険を保障!おすすめのクレジットカード4枚 ここからは、 海外旅行におすすめのクレジットカード4枚• 家族カード発行におすすめのクレジットカード2枚• 家族特約付きのおすすめクレジットカード2枚 計4枚のおすすめクレジットカードを紹介していきますね。 これから海外旅行に向けてクレジットカードを発行されるという方は、ぜひご参考になさってください。 家族カード発行におすすめのクレジットカード2枚 まず、家族カードを発行できる海外旅行におすすめのクレジットカードを2枚ご紹介します。 同行する家族に家族カードを持たせたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。 コストを削減したい人におすすめです。 もちろん、家族会員に付帯している海外旅行保険は本会員と同等の保障が適用されるので安心ですよ。 年会費無料で、ある程度の海外旅行補償がほしい人におすすめです。 三井住友VISAクラシックカードA 発行会社 三井住友カード株式会社 年会費 1,620円 国際ブランド VISA 海外旅行傷害保険 傷害死亡 : 2,000万円 傷害治療 : 100万円 疾病治療 : 100万円 救援者費用 : 150万円 賠償責任 : 2,500万円 付帯 自動付帯 海外キャッシング 利用可 有名クレジットカード会社の三井住友カードが発行する「」は、銀行系クレジットカードを使いたい人におすすめです。 なお、年会費がやや安い「三井住友クラシックカード」というカードも発行されていますが、こちらは補償が少ないため、 海外旅行保険を重視する方には、こちらの「三井住友クラシックカードA」がおすすめです。 家族特約付きのおすすめクレジットカード2枚 続いて家族特約がついているカードの中からオススメのカードを紹介します。 17歳以下の子どもに保険をかけたい場合などは、ぜひ検討してみてください。 セゾン ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード 発行会社 株式会社クレディセゾン 年会費 10,800円 国際ブランド American Express 海外旅行傷害保険 傷害死亡 : 5,000万円 家族特約対象者は1,000万円 傷害治療 : 300万円 疾病治療 : 300万円 救援者費用 : 200万円 賠償責任 : 3,000万円 付帯 自動付帯 海外キャッシング 利用可 は、本家のアメックスより年会費が安いものの、海外旅行の補償内容が充実しているおすすめカードです。 年会費は10,800円と高額ですが、本家のアメックスゴールド 31,320円 より 大幅に安く、保障を手厚くしたい方にはとてもお得なクレジットカードです。 頻繁に海外へ行く方や、手厚い海外旅行保険の補償が必要な方におすすめです。 家族の保険をクレカで補填するおすすめの使い方 家族分の海外旅行傷害保険をクレジットカードで賄う場合、おすすめの使い方は次のとおりです。 基本的に家族カードを使う 家族特約よりも家族カードの方が補償が充実しています。 選べるクレジットカードの種類も豊富なので、 基本的には家族カードを使い、家族分の海外旅行保険をカバーするのがおすすめです。 年会費と補償内容をはじめ、その他の利便性を総合的に検討して最適なカードを選んでくださいね。 子どもの海外旅行保険は家族特約で備える 家族カードを発行できない17歳未満の子どもが海外旅行に同行する場合、子ども分の保険を家族特約で備えるのがおすすめです。 この場合、家族特約の補償内容が十分かどうかをしっかり検討しておくのがおすすめです。 もし、家族特約があっても保障が不十分だと感じる場合は、別途海外旅行傷害保険に加入するなどの対策も必要です。

次の