新型 ハリアー 情報。 【2020年6月17日】トヨタ新型ハリアー フルモデルチェンジ最新情報まとめ!発売日や価格は?次期デザインは?【SAC】

フルモデルチェンジ版・トヨタ新型「ハリアー」の最新値引き・割引き情報をまとめてみた!最も多いところでは42万円も値引きされているようだ

新型 ハリアー 情報

ハリアー フルモデルチェンジの魅力一覧|買いとなるポイント 新型ハリアー カッコいい高級感あふれるデザインを継続採用 新型ハリアーのエクステリアに関しては、 エレガントな雰囲気を持つの都市型クロスオーバーという 改良前のイメージを引き続き採用したキープコンセプトとなっています。 改良後は クーペスタイルが強くなった所がポイントで、カムリのSUVバージョンにも見えるスタイルに。 ちなみにフルモデルチェンジ前は、サイドウインドウのメッキモールはウインドウ下部のみにしか装備されていませんでしたが、新型ハリアーのメッキモールは レクサスのSUVのようにウインドウを一周させるデザインへと変更されています。 まるでレクサス!?新型ハリアーのリアテールライトは一直線のデザインに 新型ハリアーのリアのテールランプのデザインに関しては、 横一直線のスタイルとになっている所も大きな魅力の一つ。 同じく一直線のテールライトを採用するレクサスUXを彷彿させるデザインなだけに、新型ハリアーはレクサス並みのSUVと感じさせられるポイント。 新型ハリアー TNGA-Kプラットフォーム採用でCセグからDセグへ格上げ 新型ハリアーには、カムリやRAV4に採用されているDセグメント向けの トヨタ新世代プラットフォームのGA-Kプラットフォーム活用されています。 これは、改良前の CセグメントからDセグメント車へ格上げされたと言えます。 新型ハリアー 12. 3インチの大型モニター採用!内装デザインもRAV4より豪華 新型ハリアーの最上級グレードに関しては大型ディスプレイとなる 12. 3インチのSDナビモニターが設定される所がポイントです。 インテリアデザインもRAV4と差別化されており、質感が高く、 馬の鞍をイメージされた幅広く堂々としたセンターコンソールや、それを挟み込むインストルメントパネルとの組み合わせが迫力を感じさせます。 目新しい装備が2つ|録画のできるミラーと調公式ムーンルーフ 新型ハリアーの注目装備としては、 録画機能付きの電子ミラー(デジタルインナーミラー)がトヨタで初採用されるということ。 走行中の前後方向の映像を録画することが可能となっています。 また、 最上級グレードにはオプションで調光式のムーンルーフ「電動シェード付パノラマルーフ」が採用される所もポイントです。 新型ハリアー ハイブリッドの4WDシステムE-Fourを設定 新型ハリアーには、トヨタのハイブリッド用4WDシステム 「E-Four」が採用される所は数ある魅力の一つ。 特に雪国に住む人にとっては買いとなるポイントと言えるでしょう。 LTA搭載で高速道路の運転負担が大幅軽減 新型ハリアーの先進装備には第2世代トヨタセーフティセンスが搭載されますが、その中で 注目の機能がLTA(レーントレーシングアシスト)。 これは、車線の中央を維持してくれる機能であり、ACCと組み合わせて使用することで高速道路等での運転が楽になります。 ハリアー フルモデルチェンジで微妙なポイント 新型ハリアーはボディサイズがややデカい 新型ハリアーのボディサイズは、 全長4,740mm、全幅1,855mm、全高1,660mm、ホイールベース2,690mm。 1,850mmを超えたことでマンション等で駐車場の車幅制限にひっかかる可能性があるため、後5㎜小さければと思うユーザーも少なくないでしょう。 新型ハリアーに3列シート7人乗りモデルはなし 新型ハリアーには3列シート7人乗りモデルが設定されていません。 ハリアーの兄貴分となるレクサスRXも3列シートを追加したり、 ミニバンユーザーの受け皿となったマツダの3列シートSUV CX-8がヒットしているだけに、新型ハリアーに7人乗り3列シートモデルがないのは惜しい所。 これはミニバンを廃止したマツダと違い、トヨタとしてはハリアーと価格帯も近いミニバンのアルファードと競合させないためなのかもしれませんね。 新型ハリアーにターボ搭載なし|NAガソリンとハイブリッドの2本立て 改良前のハリアーには2. 0L 8AR-FTS ターボエンジンが搭載されていますが、 新型ハリアーにはターボモデルが設定されません。 発売時は、 2. 0L NAモデルとハイブリッドモデルの2本立てとなります。 ターボ搭載を期待していたユーザーにとってはがっかりしたポイントとなります。 開閉しないルーフと限定される調光式のオプション 魅力の一つでもある「電動シェード付パノラマルーフ」ですが、最上級グレードにしかオプション設定されないという所が惜しいポイント。 革新で魅力的な装備なだけに出来れば全グレードでオプション設定可能にしてほしかった所。 また、開閉式ルーフを希望するユーザーのためにも、従来の開閉式ルーフのオプション設定もあれば良かったのになと筆者は思います。 新型ハリアーにはこれらの機能が搭載されると発表されていないことを考えると、採用が見送られていると思われます。 充分な先進装備を備える新型ハリアーですが、実用間近の進化したトヨタセーフティセンスが発表されているだけに、それを搭載というサプライズが欲しかった所。 新型ハリアー フルモデルチェンジで買いか 以上、新型ハリアーの魅力的なポイントと微妙と思えるポイントを解説しました。 筆者として新型ハリアーが買いかどうかというと、 現行型ハリアーが好きだった方には買いだと思います。 デザインはキープコンセプトでかつ、最新のプラットフォームや機能が盛り込まれており、相当充実した進化と言えます。 ただ、 2021年あたりにハリアーのライバル車種となる新型SUV(日産エクストレイル、アリア、スバル アウトバック等)登場の可能性も高まっていることから、今すぐ車を買わないといけないということでないならば少し様子見をするのもありかと。 新しい情報が入れば、この記事にて更新致します。

次の

新型ハリアーの魅力|フルモデルチェンジの良い所と微妙な所を一覧で解説

新型 ハリアー 情報

トヨタ新型RAV4は2019年に復活販売されて以降、一躍売れ筋人気ヒット商品になりました。 先代RAV4は手頃なSUVだったものの、一度は不人気でフェードアウト。 そこで心機一転、新型RAV4は高価格路線で商品力を高めたことで結果的に成功を収めました。 そのためトヨタ新型RAV4の価格帯は意外と割高。 一方、トヨタの高級SUVブランドといえば「ハリアー」。 このハリアーはとして広く購入されて人気。 ただし、RAV4と価格差が少ないこともあって、直近のハリアーの販売台数は低下傾向にあります。 ちなみにハリアーとRAV4の比較記事も参照。 そこで今回カーギークでは「 トヨタ新型ハリアーのフルモデルチェンジ最新情報」をまとめてみました。 発売日は2020年6月17日? まずは「発売時期」の最新情報。 2013年12月に発売した現行ハリアーはいつ頃フルモデルチェンジするのか? トヨタ新型ハリアーの発売日は「2020年6月17日」になりそう。 予約注文が正式に可能となるのは5月15日とのこと。 既に新型ハリアーは4月13日に正式発表済み。 当初予想より5日ほど遅れたことからも分かるように、実際のフルモデルチェンジももう少し遅れる可能性がありそう。 トヨタも某ウイルスについて言及済み。 ただ今後の先行きは見えない部分が多いものの、それでも予定通り2020年6月にはフルモデルチェンジすると予想。 ちなみに、次期ハリアーと同じく2020年には三菱新型アウトランダーPHEVや日産次期エクストレイルのフルモデルチェンジが予定されてます。 一方、は当初の2020年から少し遅れそう。 別記事もご参照ください。 次期ハリアーは海外でも発売へ! 初代ハリアーは「レクサス・RX」の兄弟車として発売されてました。 その後、2013年の現行3代目ハリアーにフルモデルチェンジする際、レクサス・RXから独立して国内専売車として発売されてる。 要するに海外でハリアーは発売されてなかった。 でも、トヨタとマツダがアメリカ・アラバマ州に合弁の組み立て工場(MTMUS)を新たに設立し、ここで「新型ハリアー(海外名はヴェンザ)」を2021年以降に製造することが決まってます。 そのため現行ハリアーは国内専売車でしたが、次期ハリアーは海外展開が視野に入ってる。 RAV4の発売が日本国内だけ遅れたように、今度は新型ハリアーがアメリカ国内だけ発売が遅れるカタチ。 実際、ヴェンザは10年程前からアメリカで発売されてたものの、2018年頃に一度販売終了してる。 さながらRAV4の日米逆バージョンといったところ。 ただし、アメリカ国内も某ウイルスの感染拡大が止まっておらず、海外でも新型ハリアーのフルモデルチェンジが順調に行われるかは不透明。 新型ハリアーのデザインはキープコンセプト? 続いては「外観デザイン」の最新情報。 新型ハリアーは2020年のフルモデルチェンジで大胆に見た目が変わるのか?はたまたキープコンセプトしちゃうのか? (トヨタ新型ハリアー 内装ダッシュボード周り) ちなみに、前述の鷹のエンブレムはダッシュボード周りに移植されてます。 「意味ねーだろ」というツッコミもあったとかなかったとか。 どうせならクラウンのようにハンドル部分に刻印すれば良かったのに。 TNGA-Kプラットフォームの採用で車体サイズも拡大か? 続いては「シャシー」の最新情報を解説。 新型ハリアーの目玉は 「TNGAプラットフォーム」の採用にあります。 TNGAプラットフォームは2015年にフルモデルチェンジしたプリウスに初めて採用されたシャシー。 車体の剛性感が高まるだけではなく、重心が低く設計されて走りがスポーティーに進化。 また室内空間が広がって居住性や実用性が増すメリットも。 新型ハリアーには「TNGA-Kプラットフォーム」が採用される。 これはトヨタ・カムリと同じシャシー。 だから現行ハリアーと比べると、フルモデルチェンジ後は一回り上のプラットフォームに進化。 そのためフルモデルチェンジ後の車体サイズが拡大される予定。 ホイールベースは2690mm。 全高は低く設計されるなど、新型ハリアーの「SAC化」の影響が主要諸元から見て取れます。 とはいえ数字だけ見ると、フルモデルチェンジ後のフォルム感はそこまで大きく変化はしてないのか。 フルモデルチェンジ後の搭載エンジンはどうなる? 続いては「搭載エンジン」の最新情報。 トヨタ新型ハリアーのエンジンラインナップはどうなるのか? 結論から書くと、新型ハリアーの搭載エンジンはRAV4と共通化されそう。 だから具体的には 「2. 0L直4ガソリンNAエンジン(M20A-FKS)」と「2. 5L直4ハイブリッドエンジン(A25A-FXS)」の二種類になります。 排気量だけで比べると、フルモデルチェンジ前後で大きく変化はありません。 一方、ガソリン車の変速機には「発進ギア付きのダイレクトCVT」が採用されそう。 他にも「8速AT(スーパインテリジェント8速オートマチック)」が採用されるという情報もありますが真偽は不明。 それぞれの搭載エンジンの詳細なスペックを見ておくと、 「2. 0L直4ガソリンエンジン(M20A-FKS)」は最高出力が126kW(171PS)/6600rpm、最大トルクが207Nm(21. 1kgm)/4800rpm。 また 「2. 5L直4ハイブリッドエンジン(A25A-FXS)」の最高出力は131kW(178PS)/5700rpm、最大トルクが221Nm(22. 電気モーターは前輪が88kw(120PS)/202Nm(20. 6kgm)、後輪が40kW(54PS)/121Nm(12. 3kgm)になります。 リアモーターを搭載する簡易的な4WDシステム。 それでも新型ハリアーはSUVですから、従来の電気モーターの出力が従来より強化される可能性も。 ただし、新型ハリアーにはでも評判が良かった 新型4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」は搭載されない見通し。 この4WDはトルクベクタリングを間に採用することで、全車輪に伝える駆動力の制御を最適化。 左右の両輪を独立して制御できるため、高い走破性やトラクションコントロール性能が確保。 また「ディスコネクト機構」では2WD走行時には細かく駆動力を停止し燃費向上も期待できる。 でも前述のようにRAV4と差別化が図られるため、オフロード性能を追求しない次期ハリアーには新型4WDを設定しないと判断したそう。 他にもオフロード優先のRAV4に対して、次期ハリアーは足回りも更に乗り心地優先の味付けが施されそう。 一方、現行ハリアーの後期モデルから投入された「2. 0L直4ガソリンターボエンジン」は引き続き搭載されるという情報もあります。 ハリアーの価格帯に幅を持たせる意味でも、やはり「中間グレード的な存在」として必要かも知れない。 また新型ハリアーの高級路線を強めるため、フルモデルチェンジ後は「3. 5L V6エンジン」の搭載も噂されてます。 この情報が事実であれば、 次期ハリアーの価格帯は最大で600万円を超えてくる可能性すらあります。 新型ハリアーもフルモデルチェンジで高価格路線必至? 続いては「価格や値段」の最新情報。 まず新型ハリアーのグレード展開を確認しておくと、安い順に「S」「G」「Z」の三種類になります。 現状だとまだ新型ハリアーの価格は公式発表されてませんが、それでもフルモデルチェンジ後の 価格帯は相当値上がりしそうです。 何故なら、新型ハリアーは2020年のフルモデルチェンジで「高級車路線」が更に強まるから。 SAC化(クーペフォルム化)もその一環。 例えば、ナビ周りもディスプレイオーディオが標準装備される予定。 他にもナビ周りは車載通信機(DCM)やTコネクトなども標準装備。 インフォテイメントシステムには「Entune 3. 0 Audio」も採用。 が標準装備されて安全装備も進化。 0ガソリンの値段• S…299万円• Gレザーパッケージ…341万円• Z…393万円• Zレザーパッケージ…423万円• 5ハイブリッドの値段• S…358万円• Gレザーパッケージ…430万円• Z…452万円• Zレザーパッケージ…482万円• ガソリン車とハイブリッド車の価格差は59万円。 新型ハリアーはターボモデルが消滅したこともあって、それなりに価格差は出たように見えるかもしれない。 新型ハリアーのガソリンモデルは、先代ハリアーのターボモデルと価格帯が似通ってる感じになります。 またハイブリッド車も同様にエントリーグレードは30万円ほど大幅に割安になってるものの、やはり売れ筋の中間グレード以上は数十万円ほどの割高になっております。 いわゆる客寄せパンダ的なグレードが新型ハリアーにも設定されてます。 新型ハリアーのおすすめはレザーパッケージだが… 続いては新型ハリアーの装備面の最新情報をチェック。 結論から書くと、新型ハリアーのおすすめグレードは「レザーパッケージ」。 これはかつての特別仕様車的なグレードになります。 ただし、助手席もパワーシートになるのはレザーパッケージのみ。 他にもシートヒーターもレザーパッケージのみに採用されそう。 これまでも先代ハスラーを見ても、シートヒーターは特別仕様車にしか設定されてこなかったので新型ハリアーでも同様の傾向。 だからレザーパッケージの装備はかなり充実してるものの、新型ハリアー全体で見るとそこまで装備のお得感はないのかも。 とはいえ中間グレードを選択すれば、ガソリン車で340万円、ハイブリッド車で430万円。 そこまで割高感はないか。 例えば、最上級グレードの「Z」の装備を見ても、19インチアルミホイールやカラーヘッドアップディスプレイ、ブラインドスポットモニター、ハンズフリーパワーバックドア、LEDハイマウントストップランプなどが標準装備されます。 他にもロゴ付きのドアミラー足元照明やイルミネーション付きスカッフプレート、12. 3インチTコネクトナビ(9スピーカー)なども標準装備されますが、どれもZグレードでしか装備できない。 つまり、他の下位グレードでは選択不可。 オプション装備に関しても、360度パノラミックビューモニターやでも話題になったガラスルーフも最上級グレードのZ専用オプションになります。 良くも悪くも、グレードによって差別化が図られてます。 逆に考えると、エントリーグレードの「S」の価格帯は非常に安かったと思いますが、装備面はかなり削られてることが予想できます。 そういう意味で新型ハリアーの価格帯はやっぱり割高感が強まったとは言えそう。

次の

フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ハリアーの最新納期情報(2020年6月末)!何と一部のグレードは納期が早まっている模様、但しあの装備を付けるとどうしても年内不可に…

新型 ハリアー 情報

新型は未来志向のデザインを採用!! ハリアーは6月17日にフルモデルチェンジし発表、発売することが確定した。 これまではトヨペット店の専売車種だったが、今年5月からは全国規模でトヨタブランド車は全系列店併売になるため、新型ハリアーはその第1弾となる。 現在、トヨペット店を中心に社内資料としてデジタルデータの第1弾車両情報が流され始めているところである。 申し訳ありませんでした) 新型ハリアーの予想CG。 プラットフォームは当然のことながら、次世代のトヨタのクルマ作りの考え方である「TNGA」を採用し仕立てる。 エクステリアデザインは販売店に提示されているサイトではカムフラージュされたスケッチのみで明らかになっていない。 ただ現行のオーソドックスなソフトなボディラインよりもやや直線を強めたワイルド感のあるSUVシェルを強調した仕立てを想わせる。 フロントマスクは横長のグリルと片側3連ヘッドランプをクリアガラスに埋め込んだ意匠はどことなく未来志向の新型ハリアーであることを感じさせる。 ホイールベースは2690mmで30mm延長、トレッドは前1605mm、後1625mmであるから、それぞれ45mm、55mm拡大しているので、走行安定性はかなり向上させたレイアウトであると予想できる。 最低地上高は195mmで現行モデルよりも5mm引き上げることでRAV4並みの悪路走破性を実現する。 最小回転半径は5. 5mで現行モデルよりも30~40mm短縮し全長を伸ばしながらフロントのオーバーハングを短縮することで取り回しのよさを実現している。 新型ハリアーは現行よりも前後のオーバーハングが切り詰められる。 これにより大型化されても最小回転半径は短くなり取り回し性も向上している 待望のFFのハイブリッドを新設定 パワーユニットは2L、NAガソリン、2. 5Lハイブリッドで、いずれも2WD(FF)、4WDとの組み合わせ。 従来モデルに比べると2Lターボを廃止し、2. 5Lハイブリッドはこれまで4WDのみだったのを2WDも加えることで、ハイブリッドモデルの販売構成比は従来の30%程度から半分以上と倍増することになる。 トランスミッションはRAV4同様にいずれもCVTとの組み合わせとなる。 2Lターボが廃止となるので6ATもなくなる。 新型ハリアーは、2Lガソリン、2. 5Lハイブリッドのそれぞれに対し2WD(FF)と4WDを設定。 現行モデルにないハイブリッド+FFを新設定するのがトピック 2LガソリンNAと2. 5Lハイブリッドのパワーユニットそのものはキャリーオーバーだから、基本的な性能数値は大きく変わらないが、新設のプラットフォームや足回りの強化、ボディ剛性の向上、軽量化などで大幅な走りのポテンシャルアップを図っているはずである。 グレード体系を刷新し安全装備を充実 グレード構成は従来のエレガンス、プレミアム、プログレスといった呼称は使わず、上級からZ、G、S(ベース車)の3タイプとし、Z、Gについては本革のレザーパッケージを設定している。 すべてのグレードに2つのパワーユニットとFFと4WDが用意され、充実したラインナップを形成している。 安全対策のトヨタセーフティセンスやその他の装備は現行クラウン、アルファード/ヴェルファイア並みに充実強化される。 先行車発進お知らせ機能は新型ヤリスなどコンパクトクラスに先行採用されているが、今回の新型ハリアーにも標準装備される。 衝突被害軽減ブレーキの自動ブレーキ作動は従来の40km/hから50km/hに引き上げられる。 障害物検知機能も歩行者はこれまで昼間のみだったのを夜間や自転車も加わる。 新型ハリアーで新しく追加される安全装備はデジタルインナーミラーでドライブレコーダーが前後方向で組み込まれるのが、他車に先駆けた装備となる。 新型ハリアーでは衝突被害軽減ブレーキは自転車検知機能も付加される 現行ハリアーは歩行者の検知に関しては昼間のみとなるが、新型では夜間も付加され進化 今や当たり前の装備となってきているACCは全車速域対応だ RAV4とはキャラクター、価格も差別化 これらクオリティアップ、走行性向上、新開発のプラットフォーム、安全利便性の向上によってかなりのコスト高になるため、車両価格は従来に比べて20万円以上のアップになる見込み。 現行RAV4は車両本体価格が265万~390万円であるが、新型ハリアーは320万~520万円程度と予想されるため、両車は55万~130万円もの価格差となる。 RAV4は優れたオフロード性能がセールスポイント。 最上級モデルのダイナミックトルクベクタリングAWDは新型ハリアーには搭載されないだろう RAV4がラフロードにも強い4WD中心のラインナップになっているのに対して新型ハリアーは2WD中心でシティ走行に向いたハイクオリティを志向したコンセプト分けで違いを強調する。 同じようなパワーユニットを搭載しながら、これだけ大きなコンセプト分けを図るのは珍しいケースである。 シティSUVとして確固たる地位を築いているハリアーは新型でもこのコンセプトを踏襲。 一番の売れ筋はハイブリッド+FFとなると予想(画像は現行ハリアー) 5月中旬から事前予約を開始!? 月販3000台あたりを当面の目標とする見込みだが、4系列店併売のセールスパワーであればRAV4並みの5000台も視野に入りそうだ。 現行モデルは4月5日まで受注を受け付ける。 ただ3月初旬の段階で2Lターボの生産はほぼ終了状態にある。 今購入すればナビ、ETC付きで35万円以上の値引きが可能な状況にある。 こちらの納期は5月となっている。 2017年のマイナーチェンジで2Lターボを追加したが、新型には2Lターボは設定されず。 2020年3月初旬の段階ですでに生産中止になっている可能性が高い 次期型の先行予約の開始はゴールデンウィーク明けの5月中旬あたりの開始になると思われる。 「収益性の高い人気モデルだから、新型車には大きな期待を寄せている」(首都圏トヨペット店営業担当者) というように、新型ハリアーは販社にとって重要なモデルと受け止め、期待を寄せている。 価格は現行より20万円以上高くなることが確実視されている新型ハリアーが 日本のSUVブームの火付け役 現行ハリアーを上回る人気になるかどうか注目だ.

次の