インタヴュー ウィズ ヴァンパイア。 インタビュー・ウィズ・ヴァンパイアでレスタトはなぜクリスチャン...

楽天ブックス: インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア【Blu

インタヴュー ウィズ ヴァンパイア

エイリアン、怪獣、悪魔、天使、神まで、映画の中には様々な人ならざるものが登場します。 その中でもひと際僕を惹きつけるのがヴァンパイアです。 ヴァンパイアは人間のひとつの進化系の様な立ち位置にいます。 そして夜を生きる者であったり、血を食事としたりその生体性に闇の美しさを感じます。 そうヴァンパイアは美しいのです。 それが僕を惹きつけるのです。 ところが昨今の映画では同じ人間の延長線上にいるという事で、ゾンビとごちゃごちゃにされ、その境界線があやふやになっています。 インタビューに応じたその男の名はルイ(ブラッドピット) 職業はヴァンパイアだと言う。 にわかには信じられない話ではあるが、その男が見せた行動、話は疑いの予知をなくした。 この物語はルイがインタビューで語る200年にも及ぶヴァンパイアの壮絶な半生を映像化したものである。 夜よ負けんなよ朝に負けんなよ 何も答えが出てないじゃないか 大きく分類すると映画は2種類に分かれます。 登場人物の一時期の光あるいは闇を切り取って魅せるもの。 もう1つは登場人物を人生単位でじっくり魅せるもの。 ヴァンパイア映画はその強烈な個性、キャラクターから前者で描かれる事の方が圧倒的に多いです。 その強さや怖さを見せたいならその方が手っ取り早く面白い映画が創れるからです。 今作は後者で描かれています。 伝えたいのは、強さや怖さよりヴァンパイア特有のはかなさや哀しさだからです。 この映画は演者、映像だけでなくストーリーも美しい。 徹底的な美へのこだわり! 数多あるヴァンパイア映画の中でも TOP OF THE VAMPIRE MOVIE そう支持される方が多いのもそこが理由でしょう。 この壮大な物語を語り出すと何文字のブログになるのか分からないし、未見者はとりあえず観てって感じで鑑賞済みの方には語る必要はない。 だから今回はイラストと登場人物の魅力を伝えることに終始する事にします。 まずはトムクルーズ演じる レスタト様 なんだか不安なんだひどく淋しいんだ 闇は孤独を包む貝殻さ メインイラストに彼を起用したことでお察し頂けるかと思いますが、僕は強烈なレスタト様信者です。 あのビジュアルの美しさ、カリスマ性、決して捨てないヴァンパイアとしての誇りと美意識。 その魅力はあげるとキリがありません。 彼の力を持ってすれば、ヴァンパイア仲間、しもべを増やしこの世の帝王となる事も可能です。 JOJOのDIO様のように。 彼岸島の雅様のように。 しかしレスタト様はそんな事に興味はありません。 ヴァンパイアになるに足らない者を仲間にするぐらいなら孤独を選びます。 ヴァンパイアとしての誇りと節度があるのですよ。 人間など彼の目からすれば色欲と食欲の対象でしかないのです。 ならなぜルイをヴァンパイアにしたか? 愛ですよ 愛、それ以外何がありますか? クローディア? それもルイを傍にいさせ続ける為ですよ。 クローディアに父性を感じたのは結果論で全てはルイの為。 利己的な愛 ああ... なんと美しいのでしょう。 そのレスタト様を演じるトムクルーズの美しさったらもう... 原作者(アン・ライス)と原作ファンがレスタト役がトムクルーズ? 絶対反対!背が小さすぎる、声が高すぎる、ナシ!ナシ!とデモまで起こしたのに、映像を見るや否や撤回撤回トム様レスタト萌え~~となったのはあまりに有名な話ですね。 物語中最も切ない永遠の少女 クローディア ヴァンパイアウーマン 純粋な女 罠でも何でもはめておくれ ヴァンパイアはヴァンパイアになった段階から歳を取りません。 クローディアはあまりに幼い頃にヴァンパイアになったが故に永遠に子供のままです。 精神年齢は大人になっていくのに、見た目は少女のまま。 大人の女性に強く憧れます。 そりゃ悲しいですよね。 女として生まれてきたのに、見た目のせいで誰も女性として見てくれません。 あくまで子供。 これが18~30歳くらいの間にヴァンパイアにされてたなら レスタト、グッジョブ!サンクス! となったでしょうに... 愛するルイもクローディアを異性としては見てくれないのですからね、 クローディアがレスタトを殺害したのは成長を止めた恨みもありますが、きっと女性特有の愛する人を独占したいという欲の方が強かったんでしょうね。 なんと罪深き男、いやヴァンパイアよ。 ヴァンパイアたらしの ルイ あいつもこいつもあの席を ただ一つ狙っているんだよ このクラスで1番の美人の隣を レスタト、クローディア、そしてアントニオバンデラス演じるアーマンド みんなルイルイルイルイ、ルイを欲します。 こいつのせいで一体何人のヴァンパイアが命を落としたか。 その癖に、ああ... といつも嘆き苦しんでいます。 お前のせいやろがい! でもなぜルイは男からも女からも愛されるのでしょう? ブラピが演じるあの美しさのせい? ま、当然それは強い要素ですね。 でももっと強い愛され要素を彼は持っています。 それは10年経とうが100年経とうが200年経とうがルイが人間としての心を失くさぬヴァンパイアということ。 ヴァンパイアは人間を超越したことから、人を見下す様になります。 しかし見下しながらも太陽の元で生きる事、終わりがあるゆえに持つ命への心、等々、人に対する憧れもどこかに持っていたのでしょう。 その心を持ったまま、ヴァンパイアであり続けるルイ。 自分が失くした心を持ち続けるルイが愛しいとともに、純粋なその心を自分好みのヴァンパイア色に染めたいその欲求がルイを求めるのです。 たぶん、知らんけど。 インタビュアー ダニエル あ~ま~い~匂い~に~ 誘われたあたしはか〜ぶとむし〜 皆さんご存知のように本来ならばクリスチャンスレーターではなくリバーフェニックスが演じてたはずの役。 リバーフェニックスが演じてたなら、更に今作は美しくなったでしょうね。 亡くなった彼が無理なのは分かってますけど、せめて「マイプライベートアイダホ」で共演しヒケをとらぬ美しさを見せたキアヌリーブスをキャスティング出来なかったかなぁ... いや、クリスチャンスレーターは嫌いじゃないのよ。 でも美しいというよりワイルドって感じだからなぁ... しかし自らヴァンパイア化を望む彼、本来レスタトがヴァンパイア仲間にするのはおかしいですよね。 でも、これもルイへの愛でしょうね。 素直にまた一緒に生きようよとは、プライドの高いレスタト様は言えないですからね。 ダニエルはルイの為の餌でしょうね。 殺されようが、200年経とうが変わらぬ愛ってどうよ! 純愛通り越して狂愛でしょ! 肉体的な表現は一切されてないけど、こういう目には見えない精神的な繋がりを感じる映画にこそBL映画の美が詰まっている気がするのです。 この映画を観るたびに、 も、もしかして僕は... なんか新しい扉を開けたような錯覚に陥ります。 いやいやいや、 こんなの男も女もゲイもノンケも関係なしで 萌え~~でしょ? という感じで「インタヴュー・ウィズ・ヴァンパイア」を紹介してみましたが、僕個人の想いを書いただけで、これブログとして成立してんのかなぁ? ま、いっかいつもこんな感じだし。 分かんないですけど、この映画に対する愛情だけでもくみ取って貰えれば幸いです。 そして、僕は今作で120%満足してるので原作を読んでいません。 原作ファンの方、これは原作ではこう書かれてるのでこの解釈はおかしい!正しくはこう!とか責めるのやめてね。 僕はルイにもヒケをとらないほど繊細な心の持ち主なので。 追伸、今作の続編も映画として存在しているらしいです。 せっかく教えて貰ったのにタイトル忘れちゃいました。 ご存知の方、教えて下さい。 世界観壊されるの嫌だからスルーするかもですけど。

次の

ポンコツ映画愛護協会『インタヴュー・ウィズ・ヴァンパイア』

インタヴュー ウィズ ヴァンパイア

ポンコツ映画愛護協会『インタヴュー・ウィズ・ヴァンパイア』 『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』:1994、アメリカ サンフランシスコ。 FM番組のスタッフをしているダニエルは、路地で出会った男ルイに、彼の部屋で話を聞く。 まずダニエルが職業を尋ねると、ルイは自分がヴァンパイヤだと告げる。 もちろん最初はルイの言葉を信じようとはしなかったダニエルだが、彼が目に見えないほどのスピードで瞬時に移動したことに驚き、話を聞くことにする。 ルイは自分が闇の世界に誕生した時のことから話を始める。 それは1791年、アメリカ南部。 24歳のルイは、ニューオーリンズ近郊に農園を持っていた。 妻を難産で亡くした彼は自暴自棄となり、全てを失って妻の後を追いたいと考えていた。 そんな時、ルイはレスタトという名のヴァンパイアと出会う。 ルイはレスタトから、永遠に続く世界を与えようかと告げられる。 生まれ変わることを選んだルイは、レスタトの行った血の交換の儀式によってヴァンパイアとなった。 レスタトと違って、ルイは血を吸うために人を殺すことに拒否反応を示した。 だが、ついに耐え切れなくなったルイは、メイドのイヴェットに噛み付いてしまう。 彼女を死なせたルイは屋敷に火を付け、レスタトと共にニューオーリンズに向かった。 ニューオーリンズでも人間を殺すことにためらいを見せていたルイだが、母親を亡くした少女クローディアに噛み付いてしまう。 レスタトは彼女に儀式を行い、ヴァンパイアの仲間にした。 ルイとレスタトはクローディアに惜しみない愛情を注ぎ、彼女はヴァンパイヤとして何のためらいも無く人々に噛み付いて血を吸った。 だが、クローディアは30年が過ぎても大人にならない自分に、やがて苛立ちを感じるようになる。 ルイから自分がヴァンパイヤになった経緯を聞かされたクローディアは、アヘンを飲ませて死亡した少年の血を吸わせ、レスタトを殺害する。 ルイはレスタトの死体を捨て、クローディアと共にヨーロッパへ向かおうとする。 ルイ達が出掛けようとした時、まだ生きていたレスタトが襲い掛かってきた。 ルイはレスタトに火を付け、クローディアを連れて逃げるようにヨーロッパへと向かった。 旅を続けた2人は、やがてヴァンパイヤ劇場を主宰するアルマンと出会う…。 監督はニール・ジョーダン、原作&脚本はアン・ライス、製作はデヴィッド・ゲフィン&スティーヴン・ウーリー、共同製作はレドモンド・モリス、撮影はフィリップ・ルスロ、編集はミック・オーズリー&ヨーク・ヴァン・ウィーク、美術はダンテ・フェレッティ、衣装はサンディ・パウエル、ヴァンパイヤ・メイクアップ&効果はスタン・ウィンストン、音楽はエリオット・ゴールデンサール。 出演はトム・クルーズ、ブラッド・ピット、アントニオ・バンデラス、スティーヴン・レイ、クリスチャン・スレイター、キルスティン・ダンスト、ドミツィアーナ・ジョルダーノ、サンディ・ニュートン、インドラ・オーヴ、ローラ・マルサック、ヴァージニア・マッコラム、ジョン・マッコネル、マイク・シーリグ、ベリーナ・ローガン、ヘレン・マックローリー、ライラ・ヘイ・オーウェン他。 アン・ライスの『夜明けのヴァンパイア』を原作者自らの脚本で映画化した作品。 レスタトをトム・クルーズ、ルイをブラッド・ピット、アルマンをアントニオ・バンデラス、アルマンの仲間サンティアゴをスティーヴン・レイ、ダニエルをクリスチャン・スレイター、クローディアをキルスティン・ダンスト、イヴェットをサンディ・ニュートンが演じている。 ダニエルはインタヴューを終えた時、「それで終わりなのか」と告げ、物足りないといった態度を見せる。 彼の態度はとても正直で、共感できる。 実際、「それで終わりか」と思える程度の内容しか、ルイは語っていないのだ。 長い時間を割いているが、語られる内容は薄い。 容量の多い原作を、削ぎ落とし作業が不充分だったにも関わらず強引に詰め込もうとしたせいなのか、エピソードは多いが1つ1つの内容は淡白になっている。 しかし、この作品にとって重要なのは、ストーリーやエピソードではない。 ゴシックの雰囲気、耽美の雰囲気、トム・クルーズ(ブラッド・ピットではなくトム・クルーズの名前が先に来ていることがポイント)、豪華な衣装やセット、そういうものを見せられればいいのであって、物語の充実度、面白さなんてものは、どうだっていいのだ。 セットは豪華だ。 衣装もきらびやかだ。 それを生かすためなのか、ヴァンパイヤ劇場の芝居のシーンなどは、特に意味があるとも思えないのだが、かなり長めに時間を割いて見せている。 たぶんストーリーよりも、豪華な作りを見せたかったのだろう。 耽美の世界が存分に映し出されている。 その中心にいるのが、エキセントリック吸血鬼レスタトを演じたトム・クルーズだ。 多くの女性達が、「トム様ぁ〜」とウットリすることだろう。 トム・クルーズが綺麗であることが、この作品にとって最も重要なのだ。 彼の美しさ、存在感を際立たせるためなのか、他の男には全く精彩が無い。 スティーヴン・レイはマヌケっぽいだけだし、バンデラスは含蓄ある男のように出てきた割には、拍子抜けするような形でフェードアウトする。 本来は主役のはずのブラピでさえ、冴えない役回りを演じさせられている。 表情に乏しく、ウンザリするほど面白味に欠けるキャラクターで、レスタトどころか、クローディアにさえ存在感で圧倒的に負けているという始末。 しかし、例え精彩を欠いているとはいえ、やはり多くの女性達にとって、ブラピは「麗しのブラピ様」なのである。 「トム様」と「ブラピ様」が耽美の世界で共演しているのだから、やおい大好きの女性達にとっては、ヨダレがジュルジュルの作品だろう。 映画が終わった後、内容がすっかり飛んでしまい、「なんかゴシックの世界でトム・クルーズとブラッド・ピットがモーホーっぽい雰囲気になってたなあ」というボンヤリした感想しか浮かばなくても、ある意味、それは正しいのかもしれない。 第15回ゴールデン・ラズベリー賞 受賞 :最低スクリーンカップル賞[トム・クルーズ&ブラッド・ピット].

次の

映画『インタビューウィズヴァンパイア』ネタバレあらすじキャスト評価 名作

インタヴュー ウィズ ヴァンパイア

Return to the TOP If you click on the blog title above. その他読書やアニメーション作品・映画に関する感想などを書いています。 This is a personal blog that has commentary and play diary of TV game primarily. I am writing the impressions about animation, movies and reading other. すでに18年も前の映画だが、今改めて観ても全く色あせていなかった。 昨今は邦画同様ハリウッド映画に対してもずっと懐疑的になっているが、これはそんな中でも数少ない傑作の一つだと思った。 トム・クルーズやブラッド・ピットが昨今のどの映画よりも光っているように感じたのは気のせいだろうか(当時ブラピの演技は評価されなかったらしいが)。 好きな人はぜひ今一度とっくり鑑賞してみることをお勧めしたい。 (ちなみに個人的にはトムやブラピ、バンデラスよりもクリスチャン・スレーター好きなんだけど最近見ないよね) 監督のニール・ジョーダンはそこそこ有名ではあるようだが、この作品以外のタイトルは今ひとつパッとしない印象。 キャスティングの成功ももちろんあると思うが、原作者アン・ライス本人が脚本を手がけたことが、作品の質を高める大きな要因になったのかも知れない。 面白いことに、レスタト役のトム・クルーズのキャスティングに反対していたアン・ライスは、出来上がった作品を観て絶賛し、お詫び広告まで出したという。 今回は、昔TVで吹替え編集版しか観ていなかったものをちゃんと観直したかったということと、合わせてヴァンパイア少女・クローディアが子役時代のキルスティン・ダンストだったことを確かめたかったため。 目鼻立ちはよく見ると確かに現在の彼女の特徴を残しているが、それが子供らしいふっくらとした顔つきに収まっていると、普通に観ているだけだと結構分かりにくかった。 彼女も序盤のクローディアのように人形を伴侶にしており、著者のアイデアになんらかの影響を与えた可能性もある。 子供時代から永遠に成長できないヴァンパイアと言えばもう一つ、萩尾望都の「ポーの一族」なんていう古典的な名作漫画もあるわけだが、こっちは少年吸血鬼で、さらに先日の「バンパイヤ」もそうだし手塚治虫と言えばもっと直球の「ドン・ドラキュラ」もある。 いまだにハリウッドでも有名無名を問わずヴァンパイアを題材にした映画は意外と多い(「トワイライト・サーガ」はちょっとアレだけど…「30デイズ・ナイト」「デイブレイカー」「アンダーワールド」もそうだし…「ぼくのエリ 200歳の少女」「モールス」を忘れてた)。 というか本当に好きだよなあ皆んな古今東西吸血鬼ネタ。 個人的には、吸血鬼も狼男もやっぱり宗教的な善悪の価値観が生み出した妄想の産物だと思うので、神もあの世も信じない人間にとっては、幽霊同様に存在の必然性がないのでリアリティがない。 じゃあリアルな吸血鬼が生まれるとしたらどんなきっかけがあるだろうと考えて、面白いSFのアイデアを思いついた。 いやほんとアイデアだけは意外とポンポン出て来るのに、それを作品化する才能が無いしプロデュースできるようなバイタリティも無し…… というわけで、このまま忘れてしまうのはもったいないアイデアを曝しておこう。 できることならバンド・デシネで漫画化フランスで映画化されて大ヒットの後ハリウッドでリメイクみたいな流れが理想なんだけど 笑 んなわきゃない。 読みたい人は「続きを読む >>」をどうぞ。 〈シノプシス〉 ある遺伝子の研究機関が不老不死の研究をしている。 動物による遺伝子操作の実験の途中、偶然にも不老不死の生物が誕生するが、それはヴァンパイアの特性を備えていた。 つまり、人間および動物の血液以外では生存できず、太陽光線を浴びると灰になってしまう性質。 ここからは様々な脚色や展開が可能だと思う。 (映画「デイブレイカー」ではヴァンパイアたちが人類滅亡の前に人工血液を開発しようとする) ようするに、最初は発生原因不明だったゾンビというモンスターに、バイオハザードによるウイルス感染という科学的オチを後付けしたようなものだが、まだヴァンパイアでは誰もやっていないんじゃないかなあ。 遺伝子研究では現実に老化の原因を追求しているし、ちょっと非現実的ではあるが遺伝子操作によって無限の人体再生もすでにSFとしては成立すると思うのだが…… さらに突き詰めると、不老不死はやはり神の領域だから、不老不死の遺伝子=ヴァンパイアの遺伝子 存在してはいけない という考え方。 結局、最後は宗教的になってしまうか…• 128• 100• 帰らなきゃいけなかったのに、いつの間にか夏になった。 …お前らと一緒にいるのが、あんまり楽しくてさ。 帰らなきゃいけなかったのに、いつの間にか夏になった。 …お前らと一緒にいるのが、あんまり楽しくてさ。 「物語 フェイブル は、君を映す」鬼才ピーター・モリニューによる異色の英雄ファンタジー。 プレイヤーの自由度とドラマティックなストーリーが魅力のアクションRPGシリーズ第1作。 「物語 フェイブル は、君を映す」鬼才ピーター・モリニューによる異色の英雄ファンタジー。 プレイヤーの自由度とドラマティックなストーリーが魅力のアクションRPGシリーズ第1作。 「物語 フェイブル は、君を映す」鬼才ピーター・モリニューによる異色の英雄ファンタジー。 プレイヤーの自由度とドラマティックなストーリーが魅力のアクションRPGシリーズ第1作。 「物語 フェイブル は、君を映す」鬼才ピーター・モリニューによる異色の英雄ファンタジー。 プレイヤーの自由度とドラマティックなストーリーが魅力のアクションRPGシリーズ第1作。

次の