電気 毛布 洗い 方。 洗濯機で洗える?NGな行為は?電気毛布の手入れ方法・洗い方を解説

電気毛布の正しい洗い方!お手入れ方法と注意点

電気 毛布 洗い 方

毛布を洗濯したあとはしっかり乾かせば完了です。 ただ、少し生地が厚く乾きにくいため、ちょっとした工夫が必要。 毛布は物干し竿2本にまたがるように 「M字」に干すと、風が当たる面が増えて乾きが早くなります。 途中で裏返すとさらに早く乾きますよ。 干し始める前にブラッシングや手で毛並みをそろえれば、さらにキレイになるので試してみてください。 毛布を洗い方で便利になる洗濯グッズは? 毛布を洗う時は専用のネットがあると便利。 普段使っている洋服用のネットだと大きさが足りずに入り切らない可能性があるので、円筒系のネットを用意しましょう。 『寝具用洗濯ネット』(ダイヤコーポレーション) 毛布や布団を入れられる巾着型の洗濯ネットです。 丸めて入れ、ひもを引っ張ってまとめれば円筒状にまとまります。 取っ手がついているので持ち運びも簡単です。

次の

洗濯機から手洗いまで!自宅で毛布を洗う方法と正しい保存方法

電気 毛布 洗い 方

電気毛布の洗い方! 洗濯機に入れられる? 実は電気毛布には 洗える毛布と洗うことのできない毛布の2種類があるんです。 最近の奴であれば大体洗えるタイプになっているとは思いますが、多少古いタイプであれば洗えないものが多いですね。 洗える毛布には製品タグに 「洗濯機」「丸洗い」などの記載があり、洗濯機で丸洗いできるものもあります。 また、洗濯機での洗濯不可ですが、水洗いが可能というものもあります。 それには 「手洗い毛布」などの記載で、基本的な洗濯方法は毛布やセーターのようにデリケートな繊維製品を洗う場合と同じです。 そして表示がついていないものは基本的に洗濯ができない電気毛布と思っていいでしょう。 洗える電気毛布を洗濯機で洗う方法 1. まずはコネクタをさす部分を毛布の内側に丸めます。 洗うことのできる電気毛布はコネクタ部分は防水構造になっていて、ねじをはずす必用もなく、毛布の内側にまるめるだけでオーケーです。 洗濯槽の深さに合わせてたたみ、ぐるぐると丸めて毛布用の洗濯ネットに入れます。 コースの設定は洗濯機によって毛布コースやソフトコース、ドライなど機能に合わせた弱水流にします。 洗剤は中性洗剤がおすすめです。 素材がアクリルやルールなら専用洗剤を使います。 柔軟剤を使うことで静電気の防止にもなり風合いも違ってきます。 手洗いのみの電気毛布を手洗いで洗濯する方法 1. 電気毛布を手洗いする場合、浴槽を使って洗濯します。 浴槽にぬるま湯を張り、洗剤をいれて押し洗いをします。 押し洗いのほかに優しく踏み洗いでもいいですね。 汚れがひどい場合には、30分程度付け洗いしておくのもいいでしょう。 押し洗いが完了したら浴槽のふちにかけてシャワーで洗いながします。 柔軟剤を浸透させる場合は再度お湯をため、柔軟剤をとかし中まで浸透させます。 (毛布が水分で重たくなっていますので、取り扱いは無理せずに行いましょう) 3. 水を切るには、浴槽の水を抜いたところで、押しながら絞って水を切っていきます。 水分で重たくなっていますので、しばらく浴槽のふちにかけておくとけっこう水が切れます。 洗濯機に入るのであれば4つ折りにしてネットに入れて脱水してもかまいません。 注意することは「ねじり絞り」しないようにしてください。 中に電熱線が通っていることもあって断線してしまうことがあります。 乾かし方は天気のよい日を選んで選択し、風通しのよい日陰で陰干してください。 裏表や干す方向を変えてみると早く乾く工夫にもなります。 また、竿を2本使ってM字干しにするとけっこう乾きやすいです。 自宅に乾燥機があれば30分くらい回してから外に干すことがおすすめです。 乾燥機の使用についてもタグや説明書で確認してください。 中には乾燥機厳禁のものもあります。 電気式の毛布はできればじゃぶじゃぶと洗って使いたいところです。 丸ごと洗うことで汚れやダニがきちんと落とせますし、気持ちよく使用できます。 電気毛布でも洗えるものと洗えないものとがあって、メーカーや商品によっても注意点が異なります。 必ず説明書を読んでから使用するようにしましょう。 洗える電気毛布の場合には、洗ったあとにコードの接続部分をよく拭いて乾燥させてから使うようにしてくださいね。 洗える電気毛布ではない場合はどうする? 丸洗いできない電気毛布の場合、ドライクリーニングでも洗濯できないものが多いです。 ですので、基本的には かたく絞ったタオルで水拭きするか、掃除機をかける、ブラッシングする、抗菌防臭剤をスプレーするなどの手入れ方法をがあります。 また、通常の布団同様にまめに日光に干したりする方法も気持ちいいかもしれません。 このように完璧に洗濯、洗浄することが出来ないので、洗濯できない電気毛布を使用する際は電気毛布に カバーやシーツをつけると衛生的ですね。 カバーやシーツであれば定期的に洗濯、交換できるのでおすすめです。 電気毛布の保管方法 電気毛布を保管する場合には、本体を広げて光にすかし、 ヒーターのよじれがないことを確認します。 よじれがない場合は、もとの箱やほかの収納できる箱で湿気のない場所に保管しましょう。 注意するのは ナフタリンなどの防虫剤を使用しないことです。 防虫剤を入れるとコントローラーを痛め故障の原因になってしまいます。 そして次のシーズンに使用する場合は同様にヒーターのよじれなどがないか確認します。 ダニ対策をかねて掃除機をかけてかえら使用すると気持ちよく使用できますね。 また、臭いが気になる場合、抗菌・防臭スプレーなどを使用するのもいいでしょう。

次の

SANYOの洗える電気毛布の洗い方について

電気 毛布 洗い 方

手洗いの方法 サイズが大きすぎて洗濯機に入れられない毛布は、手洗いをして綺麗にしましょう。 手洗いを始める前に準備したいのは、十分に汚れを落とせるスペースと干す場所です。 厚手の毛布であれば乾燥まで時間がかかりますので、干すことになる期間の天気予報も確認しておくと安心できるでしょう。 浴槽を使う 家庭用の洗濯機では、大きい布団を洗うのにはサイズが足りない場合が多いです。 そんな時には浴槽でもみ洗いをするようにしましょう。 毛布を手洗いする際に活用したいのは浴槽です。 浴槽は十分水を溜めることができますので、丸洗いしたい時に便利です。 洗濯を始める前に前段階として布団を外で叩き、埃や手で落とせる汚れを取り除いておきます。 浴槽に水と洗剤を入れる また浴槽に毛布が浸かるくらいの水を溜めて洗剤を入れます。 手洗い用に洗剤を購入する際は、必ず毛布についているタグを確認しましょう。 中には漂白剤が入っている洗剤に弱い毛布もありますので、使用可能なものを購入する必要があります。 洗剤が浴槽に満遍なく広がるように混ぜたら、毛布を畳んで中に浸します。 腕よりも足の方が負担なく踏み洗いできますので、大型毛布を洗う際は足で綺麗にしましょう。 水を入れ替えて繰り返す 浴槽の水が黒くにごったり気になる汚れが落ちたのを確認したりした後は、水を抜いて入れ替えます。 また水を入れてすすぎのために三回ほど同じ踏み洗いを繰り返しましょう。 洗剤が残っていないか気になる場合は、最後に全体にシャワーをかけて洗い流します。 外に干して乾燥させる前に浴槽の淵に掛けておくとある程度脱水できますので、一時間ほど放置しておきましょう。 洗濯機に入れるときの注意点 毛布を洗濯機で洗う際は、まず持っている毛布がどのような方法で洗濯できるのかタグを確認します。 毛布に応じて最適な液温や耐えられる水流の強弱が異なるのです。 また、洗濯機は種類に応じて洗えるものの容量が異なりますので、自宅の洗濯機が洗いたい毛布の重さに対応しているのかチェックすることが大切でしょう。 洗濯機と毛布を傷めず洗うために事前に用意しておきたいのはネットです。 毛布を素のまま洗濯槽に入れると引っかかってしまいますから、用意が欠かせません。 また円筒状に丸めて入れることで洗濯機の中で広がるのを防げます。 毛布を収めた後に洗剤を入れると洗濯桶全体に広がりませんから、先に桶に水を入れて洗剤を溶かしておくと良いでしょう。 電気毛布は洗える? また、電気毛布は洗うことができるのかと心配に思われる方もいるかもしれませんが、「丸洗い」や「洗濯機」のタグがあるものであれば洗うことができます。 通常の毛布と同じく、取り扱い説明書と洗濯表示をしっかりと確認してから洗うようにしましょう。 表示がない場合は、洗濯機はもちろん水洗いも避け、こまめにホコリを払うなどのケアをしましょう。 カバーを使うのもおすすめです。 正しい干し方 時間 自宅で毛布を干す際にまず考えたいのが時間です。 厚手の毛布は効率的に日が当たるように干さないと乾くまで時間がかかってしまいます。 できるだけ毛布に日が当たる面積を増やしたい場合、柵に掛けるのではなくまずM字型に干す準備をしましょう。 物干し竿を二本並べることによって毛布をM字に掛けられます。 湿気の多い季節には天気にも特に注意しましょう。 布団を洗って干そうと思ったら、あらかじめ天気予報を確認しておくことをオススメします。 できるだけ晴れの日を選ぶようにした方が、確実です。 素材に注意 注意したいのは毛布の素材です。 ウールやナイロンのように日差しに弱い毛布は日に当てることで変色してしまいますから、日陰に干すようにしましょう。 こうした毛布は太陽の力を使うよりも風に当てることで乾燥させるようにします。 またアクリル素材は乾きやすいですから、物干し竿を二本並べるスペースがない時はピンチハンガーやベランダの柵に掛けても良いでしょう。 定期的に裏表を変えれば、満遍なく日や風を当てられますので乾く時間が早まります。 保管方法 袋に収納 洗濯を終えて埃も取り除いた毛布は、保管前に袋に収納します。 虫を防ぐだけでなく、押入れやクローゼットの中で汚れが付着するのを防ぐためにも保管袋は欠かせません。 害虫被害を万全に防ぎたい場合、袋の中に防虫剤を入れておくと良いでしょう。 カビに注意 また、気をつけたいのがカビです。 カビは湿度の高い場所に生えますから、保管場所を選ぶ際は必ず湿気がなく通気性の良い場所を選びます。 収納スペースの湿度が気になる場合は除湿材を設置しておきましょう。 毛布を収納するために作られた専用の袋の中には防カビ効果があるものも販売されていますので、収納スペースのカビが気になる場合は活用します。 コインランドリーで洗う方法 次にコインランドリーで布団を洗う方法を紹介します。 最初に布団を数周巻いて小さくまとめます。 最後に紐で成形しておくと型崩れもなく洗うことができます。 洗濯機は大きさに余裕のあるものを選ぶようにしましょう。 自動で洗剤が出てこないタイプの場合は、できるだけ布団へのダメージの少ない洗剤を用意しましょう。 洗い終わったら次は乾燥です。 乾燥機を選ぶ際、小さかったり、窮屈なものを選んでしまうと乾燥が十分に行われない場合があるので、注意してくださいね。 生乾きはカビの繁殖や臭いの原因にもなってしまいます。 温度設定ができるタイプの場合は高温を設定し、1時間は時間を取りましょう。 全体をしっかり乾かすことが大切です。 コインランドリーで洗う際の注意点 コインランドリーは自宅では洗えない布団を洗う最適な手段ですが、中には洗えないものもあります。 一つ目は和布団(綿)です。 コインランドリーで洗うと中の綿が固まってしまうので洗えません。 二つ目は羽毛布団。 こちらもコインランドリーで洗うと綿が固まってしまうので避けましょう。 宅配クリーニングで洗う方法 サイズや種類の問題で自宅の洗濯機では毛布が洗えない場合、宅配クリーニングを利用しましょう。 こうしたサービスであれば洗濯機の使用を禁止するタグがついている毛布も綺麗にしてもらえます。 毛布を持ってお店まで行くのが難しい時は、宅配収集を受け付けているお店を利用すれば運搬の必要がなくなります。 また、宅配クリーンニング業者では保管サービスを用意している場所もありますので、自宅に大型毛布を置ける場所がない方はクリーニングにあわせて利用すると便利です。 布団クリーニングならカジタクがオススメ! カジタクでは布団クリーニングを行っています。 カジタクのオススメポイント!• 安心の イオングループが運営。 持ち運ぶ必要なし!家まで預かりにお伺い!• たった1,000 円で最長9ヶ月保管!家の収納スペースがスッキリ!•

次の