クラムチャウダー英語。 クラムとは?

クラムチャウダー|レシピ|ゆとりの空間

クラムチャウダー英語

チャウダーの意味とは? それではさっそく「チャウダー」について解説していきます。 アメリカでチャウダー(chowder)といえば、 スープ料理の一種となっています。 スープの中で も具沢山で食べ応えのあるスープとなっており、 ベーコンなどの肉類、魚介類、じゃがいもなどたくさんの食材が使われます。 そのため、チャウダーといっても地方によっては使われる食材や味付けが異なり、様々な種類のチャウダーが存在しています。 白身魚が入ったものは「 フィッシュチャウダー」、とうもろこしが入ったものは「 コーンチャウダー」、豆類がが入ったものは「 ビーンズチャウダー」と呼ばれていますね。 また、アメリカは多民族国家であることから、地域によってベースとなるスープの味付けも全く異なります。 例えば、イギリスからの移民が多い地域では、日本でも食べられているクリームを使った「ニューイングランド風」のチャウダーが主流となっています。 また、 イタリアからの移民が多いマンハッタンでは、 トマトをベースにした「マンハッタン風」のチャウダーが主流となっています。 クラムチャウダーってどんな料理? それでは、日本で主に食べられている「クラムチャウダー」とはどのようなスープ料理を指すのでしょうか? クラムチャウダーは生クリームが使われることから、 「クリーム=クラム」を使ったチャウダーだと勘違いしている方が意外と多いようです。 クラムチャウダーはアメリカでもクリームを使ったスープをベースとしているため、ニューイングランド風のチャウダーの一種になります。 チャウダーの語源 続いて「チャウダー」という料理名の語源について解説していきます。 「チャウダー」は古くから存在する料理であり、語源は諸説ありますが、 フランス語が語源となっている説が通説のようです。 チャウダーとシチューの違い 最後にチャウダーとシチューの違いについて解説していきます。 日本ではチャウダーとシチューのどちらにもクリームが使われるのが主流のため、 よく似た料理となっていますよね。 味の違い まずは「味の違い」ですが、チャウダーには二枚貝などの魚介が使われることが多いため、 海鮮系スープの味がします。 一方でシチューは 肉類や野菜類などの食材を中心に作られるため、根本的にチャウダーとは味が異なります。 調理工程の違い チャウダーは 食材を細かく刻むことから煮込み時間が短いのが特徴です。 シチューは食材を大きめに刻むことから、煮込み時間も長く、食材がごろごろ入っているのが特徴です。 ポジションの違い チャウダーは「スープ」として食べられますが、 シチューは「メイン料理」として食べられています。 先ほども解説しましたが、チャウダーの方が食材が細かく刻まれていますが、シチューはごろごろと食材が入っているため、より食べ応えがあるのです。 以上が「チャウダーの意味とは?」についてでした。

次の

クラムチャウダー FF14 ERIONES

クラムチャウダー英語

お買いもの• キッチン用品・調理道具• お弁当・水筒• お箸・カトラリー• キッチン雑貨• エプロン• ファッション• ファッション雑貨• 生活雑貨• テレビで使用したアイテム• 作り方• 1 ベーコンは5mm角に切る。 2 にんじんは皮をむき、5mm角に切る。 3 玉ねぎは5mm角に切る。 4 セロリは筋を取り、5mm角に切る。 5 じゃがいもは皮をむき、5mm角に切る。 水にさらして水気をよくきる。 6 マッシュルームは水気をよくきり、5mm角に切る。 7 あさりは殻をこすり合わせてよく洗い、ざるに上げ水気をよくきる。 8 鍋にあさりを入れて火にかけ、鍋が熱くなったら白ワインを加える。 煮立ってあさりの殻が開いてきたら鍋を揺り動かしなら全体を混ぜ、ほぼ全部の殻が開いたら火を止める。 そのままおいて粗熱を取る。 9 あさりをざるに上げ、あさりの身と蒸し汁に分ける。 10 鍋に半量のバターを熱し、中火でベーコンを炒める。 [2]~[6]を順に入れ、途中で残りのバターを加えて約3分炒める。 11 薄力粉をふり入れ、粉っぽさがなくなるまで炒める。 12 スープとあさりの蒸し汁を加えて混ぜ、煮立ってアクが出たら取る。 蓋をして野菜がやわらかくなるまでときどき混ぜながら弱火で約8分煮る。 13 あさりを入れ、牛乳、生クリームを加え少し煮、味をみて塩、こしょうで調える。 器に盛り、好みでクラッカーを添える。

次の

あさりとたっぷり野菜のクラムチャウダーのレシピ:白ごはん.com

クラムチャウダー英語

はてなブログの記事で何をテーマに書こうかなと考えていたら、はてなブログのがわたしと英語でした。 英語を使うのは好きなので、ずっとなんやかんやで勉強したり、英語の文書を読んだりしています。 以前は仕事で少し必要だったのですが、今はそれほど必要でないので、Pythonのチュートリアルとか仕様書を読むのがメインです。 最近、Duoringoにはまっているのでクロスワードパズルのようなゲーム感覚で英語を使ってます。 モントレーベイ水族館の思い出 サンフランシスコに行ったとき、レンタカーを借りて友達数人でモントレーベイ水族館に行ってきました。 モントレーベイ水族館は屋内型水族館のお手本になった水族館で、海遊館の雰囲気ととても似ている印象でした。 正確には海遊館がモントレーベイ水族館に似ているんですけどね。 笑 写真もいっぱいとって残っているので、後で見つけてブログに追記してみようかな。 水族館に入ってすぐ、天井から吊り下げられた大きなシャチがとても印象に残ってます。 モントレーベイ水族館の屋内水槽は、日本の技術が支えています。 何トンという水圧に耐えることができ、かつ、水槽の中の視界がクリアにできる技術が生かされていました。 屋内であるのですが、自然な雰囲気の水槽の中で魚が泳いでいたり、クラゲがいたり、イワシが群れで泳いでいたり、見ていて時間を忘れる水族館でした。 水辺の生き物と触れ合える展示もあって、子どもも大人も楽しめます。 もちろん、アナウンスや、説明は英語なのですが、多言語対応もしていた気がします。 館内を案内するガイドの人たちもいたのですがその時は見て回るだけでしたね。 モントレーベイ水族館の場所 サンフランシスコからルート1を車でかなり南下しました。 私は、国際免許を取っていったのですが、アメリカでの車の運転に慣れていなかったのでちょこっとしか運転しませんでしたけどね。 休憩しながらゆっくりと楽しいドライブでした。 ピア39で有名なお店で食べたのですが、この時までクラムチャウダーが有名って知らなかったんですよね。 でも、なんかとても美味しかったので缶詰を買って帰りました。 クラムチャウダーを食べたピア39の場所 ピア39は電車でも行けるのですが、私たちはレンタカーを駐車場にとめてピアの周りを歩いて散策しました。 少し歩くと公園もあってケーブルカーに乗りました。 ケーブルカーではすれ違う時に、ハイタッチしたのがとても楽しかったですね。 サンフランシスコなどの西海岸は、人種のるつぼ的な感じで、つたない英語でも意外と聞いてくれます。 だって、サンフランシスコは観光地なのでメキシコ系や、韓国系、中国系、インド系など、明らかにアジア系の雰囲気の人も結構いてました。 ご飯食べるにしてもモントレーでチケットを買うにしても英語が必要ですが、決まり文句があるのでそれさえ知っていれば観光は何とかなりました。 今や、第二外国語で英語を話す人が多いので我々もどんどん英語を使って行動範囲を広げる時代がやってきたという感じですかね。

次の