ネパール バッタ。 バッタ大量発生、ネパールが捕獲に報奨金 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News

大量発生のサバクトビバッタ、南米でも大群が発生。以前に大西洋を飛び越えた子孫たちか。インド襲来の一部はネパールにまで到達(RIEF)

ネパール バッタ

【AFP=時事】ネパールは、インドとパキスタンの農作物に壊滅的な被害をもたらしてきたサバクトビバッタの大群による被害を抑えるため、捕まえたバッタに報奨金を出している。 南アジアは、過去数十年で最悪のバッタの大発生に見舞われ、穀倉地帯が壊滅的な被害を受けており、バッタの群れは今やネパールに入っている。 農業・家畜開発省のカジェンドラ・プラサド・シャルマ(Khagendra Prasad Sharma)報道官は報奨金について、「環境に悪影響を及ぼす殺虫剤を使わず、人々にバッタの捕獲を促すことが狙いだ」と説明した。 今週バッタが進入した2州は農民をはじめとする地元民を対象に、バッタ1キロにつき最高25ネパール・ルピー(約22円)の報奨金を提示している。 州の当局者によると、南部の都市ブトワル(Butwal)では、この3日間で約10キロのバッタが集まった。 他の地域でもバッタを集めており、量によっては家禽(かきん)や家畜の飼料として利用できる可能性もあるという。 バッタの大群は今年、アフリカ東部やアラビア半島(Arabian Peninsula)一帯、インドの一部に被害をもたらしてきた。 専門家らは、今月から始まるの降雨によってバッタの数が爆発的に増える恐れがあると懸念している。 ネパール農業・家畜開発省によると、これまでのところバッタの群れは膨大な数とはなっておらず、農作物に大きな被害は出ていないという。 【翻訳編集】 AFPBB News• 432• 570• 227• 240• 323• 138•

次の

バーブラーム・バッタライ

ネパール バッタ

地球だより 新型コロナウイルス禍の中にあるネパールにも新たな招かれざる珍客が来襲した。 アフリカ発のワタリバッタの大群である。 トノサマバッタに似たバッタで、6月27日にインドを経てネパール南部に達したこのバッタは、翌28日には、カトマンズ南部まで到達し、7月に入るとカトマンズ中心部にまで進出してきた。 バッタの群れを追い払うため、市民の間にどこからともなく「皿を叩(たた)く音を鳴らせば寄せ付けない」との情報(?)が流れ、カトマンズ市内でも人々がこぞって外に出て皿を叩いている姿が散見されている。 その効果は疑問だが、日本においても鹿児島の太鼓踊りのように、太鼓を叩いて音を鳴らすことで疫病を退散させるという厄払いの踊りもある。 ワタリバッタを寄せ付けないために、皆で外に出て皿鳴らしをするネパール人の団結力に素朴な信仰心のようなものを感じる。 行政のワタリバッタ対策だが、捕獲作戦による掃討を企図している地域もある。 南西部に位置する第5州(ブッダが生まれたルンビニが属する州)では駆除対策として1キログラム当たり20ルピー(約20円)で引き取るなどの施策を打ち出した。 ネパールではコロナ感染者が7月1日で累計1万3000人を超える事態が続いているが、人と人とが濃厚接触する「密」を避けるなど感染対策をとってのバッタ相手なら、ステイホーム疲れのウサ晴らしにもなり一石二鳥かも知れない。 (T) (サムネイル画像:CSIRO, CC 表示 3. wikimedia. php?

次の

ネパールにもバッタ到来 捕獲した人には報奨金も

ネパール バッタ

昨年後半以来、東アフリカからインドにかけて猛威を奮っているサバクトビバッタの大群とは別の一群が、南米で発生している。 アルゼンチンの北東部では15㎢に及ぶ大群が発見された。 現在のところ大きな農業被害は出ていないが、各国は警戒を強めている。 一方、インドに展開しているアフリカ・アジアのバッタは、ネパールにまで進出、依然、拡大の勢いを止めていない。 南米では、一群のバッタがすでに5月後半にパラグアイからアルゼンチンに移動したことが確認されている。 アルゼンチンの農畜産衛生管理機構(SENASA)が6月23日が公表したレポートによると、約4000万匹のバッタがパラグアイから南へ移動し、パラナ川とウルグアイ川に面した同国北東部のエントレ・リオス州に侵入した。 アルゼンチンに飛来したバッタの群れ バッタの群れは、その後、フォルモサ、サンタフェを経て、コリエンテスへと南下を続け、ウルグアイ、ブエノスアイレス方向に向けて動いている。 SENASAは現時点では、穀物等に重大な影響は生じていないとしているが、隣接するブラジル等と共に、警戒態勢を取っている。 アルゼンチンでは昨年と2017年にも、同様にバッタの大群が発生している。 バッタの種類は、基本的にアフリカ、インド等で大量発生しているサバクトビバッタ(Schistocerca gregaria)と同一。 元々、大西洋を飛び越えて南米に渡ってきたされる。 サバクトビバッタは別名、「わたりバッタ」とも呼ばれる。 風に乗って、一日に150kmも異動することで知られる。 1987年から1989年にかけて、アフリカで大発生した際は、10日間をかけてアフリカから大西洋を飛び越えて、カリブ海にまで到達したことで知られる。 今回のパラグアイ、アルゼンチンでのバッタの群れは、今回のアフリカでの大発生で飛んできたものではなく、すでに土着したバッタが増殖したものとみられる。 広大なアルゼンチンの農地を飛ぶバッタたち アルゼンチンもブラジルも大穀物地帯を抱える。 SENASAの担当者によると、気象条件の変化で先週は南部から冷気が北上してきたため、バッタの群れはしばらく限定されるとしている。 しかし、警戒態勢は続いている。 一方、東アフリカから中東、パキスタン、インドへと拡大し続けているバッタの群れは引き続き、各地で勢力を保っている。 パキスタンではインドとの国境近くのシンド州南部のタルパーカー地区にあるナガーパーカー周辺で一群が産卵に入ったという。 別の群れは、インダス渓谷に入り、カイバル・パクトゥンクワ州で拡大を続けている。 ネパールに到達したバッタたち インドでは27日に吹いた強風に乗った群れが、北部のクシュナガールやネパールと国境を接するシッダールド・ナガト県等にも飛来した。 バッタの群れはそこで分散し、一部はネパール第5の都市であるブトワルに飛来した。 ネパール政府によると、サバクトビバッタが同国で確認されたのは20年以上前以来という。 今回の飛来は、風に乗って吹き寄せられた格好で、現時点では、従来ほどの攻撃力を持ってはいないとされる。 ただ、ネパールも新型コロナウイルス感染拡大の影響で経済社会的な活動が低下しているだけに、相次ぐ自然の災禍の到来に、人々は不安感を高めているという。

次の