ポケモン 耐久型。 耐久ポケモン対策にオススメのポケモン・戦術まとめ

【ORAS】ブラッキー(物理受け型)についての育成論

ポケモン 耐久型

ブラッキーは、金銀で登場した 「あくタイプ」のポケモンです。 イーブイの進化形であることから可愛らしい見た目をしているので、好きなポケモンとして挙げる方も多いでしょう。 種族値を見てみると、 耐久が高く、火力・素早さが低いという分かりやすい数値になっています。 これを見ると、受けポケモンとして運用できそうですが、5世代においては、物理は格闘タイプ、ハッサム、砂パのドリュウズ、特殊では雨パのキングドラやラティオスなどが環境の中心であったため、これらのポケモンを後出しから倒すのが難しかったブラッキーはいまいち活躍することができていませんでした。 しかし、6世代に入ると5世代において猛威を振るっていたポケモンは数を減らし、メガガルーラ、ギルガルド、ゲッコウガなど、 ブラッキーが受けやすいポケモンが台頭してきたため、それに伴って評価が上昇しました。 また、あくタイプの技がはがねタイプに等倍になったということも大きく、ブラッキーにとって6世代は、これまでで最も活躍できる世代であると言えるでしょう。 ブラッキー:げっこうポケモン 努力値について 物理受けとしての運用なのでHBベースの配分とします。 H244、B252振り分けます。 残りはS12に振り分けます。 Hは252振りすると実数値202となりますが、定数ダメージや「 つきのひかり」の回復量の効率を考えると奇数の201の方が良いため、そこで留めます。 今回の技構成 タイプ 技名 威力 命中率 どく どくどく ー ー あく イカサマ 95 100 フェアリー つきのひかり ー ー ノーマル いやしのすず ー ー どくどく 耐久型ポケモンにおなじみのダメージソース。 多くのポケモンに通り、居座りにくくさせることができるので、非常に使い勝手が良い技です。 有利対面では、基本的にこの技を打つと良いでしょう。 イカサマ 汎用性の高い攻撃技。 ブラッキーは火力が低いポケモンですが、この技を使用する場合は自身の火力は関係ないため、物理ポケモンに対して大きなダメージを与えることが期待できます。 あくタイプの技であるため、タイプ一致補正がかかるという点も魅力的です。 つきのひかり 耐久型ポケモンに必須とも言える回復技。 「ねむる」のように行動できなくなるデメリットはないので、使い勝手が良いです。 「どくどく」を打ったあとにこの技を連打するだけで、相手を消耗させることができるといった場面もあります。 ただし、PPが少ない点、天候によっては回復量が下がってしまう点には注意が必要です。 いやしのすず 耐久型ポケモンが苦手とする状態異常を治すことができる技。 状態異常技を受けた場合には、特性「シンクロ」とこの技によって、相手だけ一方的に状態異常にすることができるので非常に強力です。 また、こちらの控えのポケモンの状態異常も治すことができるので、PT全体のサポートに繋げることもできます。 運用方法 高い物理耐久を活かし、物理ポケモンに後出ししていくのが主な役割となります。 メガガルーラ、ガブリアス、ファイアロー、霊獣ランドロス、マンムーといった多くのメジャーな物理ポケモンに役割を持たせることができ、 「ゴツゴツメット」の定数ダメージや「イカサマ」で削っていくことができます。 しかし、物理ポケモンと言ってもメガルカリオ、メガクチート、メガヘラクロス、バシャーモ、マリルリなど一致で 弱点を突いてくる相手は非常に苦手なので、それらに強いポケモンと組ませることは必須となります。 また役割対象であるポケモンに対しても、ガブリアスが鉢巻型であったり、ファイアローが「おにび」を覚えていたりすると受けきれない場合があるので、 特性「いかく」持ちのポケモンと組ませて相手のAを下げた状態で後出しすると安定します。 ブラッキーは物理受けでありながら特殊耐久も高く、特殊技で弱点を突かれにくい「あく」タイプなので、物理ポケモンに加えてギルガルド、ゲンガー、ゲッコウガなどの特殊ポケモンにも強いという点が魅力的です。 同じく物理受けとしてPTに採用されやすいクレセリアはこれらのポケモンを苦手としているので、差別化に繋がります。 ブラッキーは多くのポケモンを役割対象としていますが、1匹で全てのポケモンを対策しようとすると過労死してしまう場合があります。 したがって、PT全体で役割を分散したり、 特性「いかく」や壁など相手からの攻撃を軽減できる要素を加えておくと、立ち回りがしやすくなります。

次の

【ポケモン剣盾】耐久振り弱点保険ドラパルトの調整と対策【育成論】

ポケモン 耐久型

火力も受けポケモンの中では高い方なので、攻撃していけるのも優秀だ。 くろいきりで積み技をケア くろいきりを搭載すれば、相手の積みポケモンに起点にされずに立ち回れる。 こごえるかぜですばやさを下げた後にくろいきりを使うと、すばやさも元に戻ってしまうので注意しよう。 かえんだまで状態異常が効かない かえんだまが発動すれば状態異常が効かなくなる。 しかし、かえんだまが発動する前にどくどくを入れられると、ふしぎなうろこは発動するが毒で削り切られる可能性があるため注意。 サイクル戦だとドヒドイデの方が強い サイクル戦に関しては、同じ耐久ポケモンのドヒドイデの方が使いやすい。 さいせいりょくを持つため、HP管理もしやすいのが特徴。 ドヒドイデとの差別化としては、火力があるため自身でポケモンを倒しにいける点だ。 かえんだま型の対策 ポケモン 立ち回り ・水・氷技を半減で受けられる ・電気技で弱点を突ける ・ ミラーコートに注意 ・水・氷技を半減で受けられる ・電気技で弱点を突ける ・ ミラーコートに注意 ・ちょすいで水技が無効 ・電気技を習得する ・ ミラーコートに注意 ・水技を半減で受けれる ・パワーウィップを習得 ・ ねっとうのやけどに注意 ・氷わざが等倍で入ってしまう ・水技を半減で受けられる ・草技をタイプ一致で撃てる ・ ねっとうのやけどに注意 ミラーコートをケアする ミロカロスはミラーコートを持っていることがある。 特殊技で攻撃すると返り討ちにされるため、ミラーコートをケアしつつ戦うことが必要。 ボルトチェンジからあくタイプに繋げる ミラーコートはエスパー技なので、あくタイプで無効化できる。 立ち回りの一例として、 ボルトチェンジでダメージを入れつつ、あくタイプを出してミラーコートを無効化することも可能。 やけどにならない場合かちきを疑う 1ターン目終了時にやけどが発動しなかったら、かちきを疑って戦おう。 能力が下がると特攻が2段階上昇するため、いかくやダイマックス技などでミロカロスの能力を下げないように気をつけるのがコツだ。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

最大耐久指数計算機

ポケモン 耐久型

6月12日8時から15日22時まで『』の伝説レイドバトルに登場している「 ラティアス」の使い道を紹介します。 今回の記事では、ラティアスの使い道について紹介します。 ・覚える通常技• りゅうのいぶき(ドラゴン)• しねんのずつき(エスパー)• あまえる(フェアリー) ・覚えるゲージ技• げきりん(ドラゴン:2ゲージ)• サイコキネシス(エスパー:2ゲージ)• かみなり(でんき:1ゲージ) ラティアスの使い道は? ラティアスの使い道を紹介します 通常技のあまえるが非常に強力 ラティオスと大きく違う点として、通常技として「 あまえる」を習得可能。 「かくとう」「ドラゴン」「あく」のポケモンに対して非常に有利に立ち回ることが可能になりますし、 高威力を生かして通常技で押し切るという立ち回りも可能になるので、バトルの主導権を握ることも。 特に、ハイパーリーグやマスターリーグの常連ポケモンである ギラティナや、 はがねタイプ対策として選出されることの多いかくとうタイプポケモンに対して非常に強く出られるので、手持ちポケモンが少ないトレーナーさんにとっては、勝率アップの為の要にもなり得るポケモンかも(自身もドラゴンタイプやゴーストタイプの技で弱点を突かれてしまうので注意は必要)。 高威力のゲージ技をタイプ一致で使用可能 ラティオスはタイプ一致のゲージ技として「 げきりん」と「 サイコキネシス」を習得可能。 ジムバトルやレイドバトルで使用する場合、りゅうのいぶきやしねんのずつきで一気にゲージを溜めて、ゲージが溜まり次第ガンガン使用すればかなりのダメージを与えることが可能。 ドラゴンタイプの手持ちが少ないトレーナーさんにとっては、 お手軽高火力アタッカーとしての運用も可能です。 ラティオスは防御ステータスも高く、 長く場にとどまることで総ダメージ量も伸ばしやすいですよ。 GOバトルリーグやロケット団とのバトルで使用する場合、どちらも高威力ですがやや重めの技ではあるので、使うタイミングが少し難しいのがネック。 シールドを削り切った後半戦であれば確実に技をヒットさせることが可能(しかも防御力が高いのでゲージ使用前に倒されてしまうことが少ない)なので、ここぞというタイミングで使用してみましょう! 高い防御ステータスを持ってるのでトレーナーバトル向けの性能 上記でも触れましたが、ラティアスは 非常に防御ステータスの高いポケモン。 GOバトルリーグでは 攻撃力よりも耐久力が重視されるシーンも多く、ある程度ステータス厳選をした(ハイパーリーグでは攻撃ステータスが低く、防御とHPが高い個体が理想。 マスターリーグではとにかくステータス重視。 スーパーリーグではCPの関係で基本的には採用不可)個体であれば、バトルの主導権を握ることも可能。 上記でも紹介した通り、 げきりんやサイコキネシスなどの重い技がメインとなるので、シールドが無くなったタイミングを見計らって使用するのがコツかも(シールドを使わせる為に、あえてシールドがあるタイミングで使うという考え方もありますがケースバイケースですね)。

次の