カメレオン ライム ウーピーパイ。 Eggs × CINRA presents「exPoP!!!!! volume106」 イベントの詳細

カメレオン・ライム・ウーピーパイ

カメレオン ライム ウーピーパイ

登録されたダンス動画はAIが解析し、3Dのモーションデータとしてサーバーに保管されます。 これにより、アップロードされた動画はダンスコンテンツへと変換され、ダンスがより客観的かつ明確なデジタルコンテンツとなります。 結果としてクライアントは多様なニーズに合わせて、ダンスコンテンツを利用(使途や実績ベースでの支払い)できるようになります。 AI解析のイメージ 背景: ダンサーは「動き」のクリエイターであり、アーティストです。 しかし、多くの場合収入元がライブイベントやレッスンに偏りがちとなり、怪我や体力の低下などが原因で引退を迫られるケースも散見されます。 イベントの実施状況でも大きく左右され、現にCOVID-19(新型コロナウィルス感染症)によって大きな影響がでています。 一方で、YoutubeやTiktokといった動画プラットフォームの浸透、そしてCGアニメーションやVtuberといった概念によって、ダンスのコンテンツとしての可能性は世代や国境を越えて、非常に速いスピードで広がっています。 GESRECはこのような状況においてダンサーとクライアントの架け橋となり、ダンサーが継続的にダンスコンテンツから収入を得られるような世界を実現したいと考えています。 結果として、ダンサーがこれまで以上にクリエイティブな活動に集中できるようになり、より新しいコンテンツへの挑戦がしやすい環境をつくりだします。 また言葉を必要としないダンスには国境がなく、習得するために機材などが必要ないことから、環境を選ばずに誰でも体一つで世界にクリエイターとして羽ばたくことができるようになります。 GESRECはこのような状況に対し、下記のような活動を通して価値を提供していきます。 「観せる音楽」の推進• ダンスコンテンツを活用できる事業の創出、及び連携• 企業に対するダンスの価値をふまえた企画提案 「観せる音楽」の推進: グローバルな流れとして、音楽とダンスにおける相乗効果を活用した事例がこれまでよりも更に増加しています。 GESRECでは、このような流れをサポートすることによってダンサーが価値を提供する場を増やすことができると考えています。 一方で、日本ではダンサーが公認で踊ることのできる楽曲が限られており、撮影して公開してもプラットフォームで消されてしまう、楽曲側からどうやって承認を得ればよいのかわからないといった声が多く聞かれました。 楽曲協力について: 上記のような状況を打開するため、GESRECは音楽レーベルや企業との交渉を進めることにより、音楽とダンスの協業を加速させるという方向性にご賛同いただいた下記アーティストから、プロダンサーによる二次利用(主にSNSでのダンスコンテンツとしての共有を目的)において楽曲利用の許可をいただきました。 今後も随時ご賛同いただけるアーティスト、レーベルや企業を募集していきます。 BIG UP! :(配信代行サービス)• カメレオン・ライム・ウーピーパイ• FKD• Frasco• okkaaa• Toki• YOTOWN• origami PRODUCTIONS:(1枚の紙でなんでもできるオリガミのように、楽器1つでどんな音でも奏でることができるミュージシャンが集うクリエイターチーム、レーベル)• Hiro-a-key• Kan Sano• mabanua• Michael Kaneko• Nenashi• Shingo Suzuki• Chocoholic• CIRRRCLE ダンスコンテンツを活用できる事業の創出、及び連携: GESRECはダンス、そして動きの可能性を全速力で追求していきます。 そのためには、ダンスコンテンツのマーケットプレイスというプラットフォームとしてだけではなく、時に相乗効果のある関連事業を運営したり、既存の事業とタイアップしていくことを想定しており、既に数社との協議を開始しています。 現時点では下記の分野を予定しています。 ・フィットネス ・ダンスレッスン ・ゲーム ・映画(映像) ・広告 ・イベント サービス発表時から今日までに頂いたご質問に対して: Q. そのため、現時点では下記にような運営方針としています。 ・コンテンツの登録は楽曲に紐づいたものとして、一つ一つの動作ではないものとさせていただきます。 ・登録される全てのコンテンツはオリジナルであるとさせていただきます。 ダンサーは、過去も含め常に他のダンサーからインスピレーションをお互いに受けているという認識でいます。 また、プロのダンサーで悪意を持って全く同じものを登録することはないだろうというご意見が多かったためです。 AIによって無数の振り付けを著作権として登録し、多方面に対して訴訟を行うような可能性はありますか? A. あくまでもダンサーの創作活動をサポートすることが事業の目的となり、そのようなことは考えておりません。 今まで何人に無理だと言われただろうか…今まで何人が挑んでは打ちのめされただろうか…今、世界中のダンスの歴史にまた新たな1ページが刻まれていくんだと覚信しているし、ここからまた新たな挑戦が始まるんだ。 」 ダンサーや振付師の方へ: GESRECのサービスにご賛同のうえ、ご興味をお持ちいただけましたら、下記ウェブサイトよりご登録をお願いいたします。 ご質問などもサイト上のお問い合わせ方法から、お気軽にご連絡いただければ幸いです。 GESREC: 企業の方へ: 楽曲提供やコラボレーションのご相談など、サイト上のお問い合わせ方法からお気軽にご連絡いただければ幸いです。

次の

カメレオン・ライム・ウーピーパイ、新曲「Dislike」をリリース|E

カメレオン ライム ウーピーパイ

青い髪で清志郎を歌ったシンガー、カメレオン・ライム・ウーピーパイ 2月22日、音楽アプリ「Eggs」とCINRAの共同主催による無料音楽イベント『exPoP!!!! 』が、TSUTAYA O-nestにて開催された。 この日のトップバッターは、カメレオン・ライム・ウーピーパイ。 2017年2月に上京したばかり、弱冠20歳の女性ソロシンガー、Chi-によるソロユニットだ。 カメレオン・ライム・ウーピーパイ エレクトロニックなR&B調のトラックをバックに流しながら、ギターを抱えて歌う姿にはまだ初々しさが残る。 だが、手拍子やシンガロングを自ら先導し、フロアを自分の色に染め上げようとする様子からは、なんとしても聴き手を自分の世界に巻き込まんとする、シンガーとしての野性を感じさせた。 そのダイレクトな響きが、とても印象的だった。 ギターノイズでリアルな心模様を描き出す、若きシューゲイザーLuby Sparks 続いて登場したのは現役大学生によるロックバンド、Luby Sparks。 既にイギリスで開催されるフェス『Indietracks Festival 2017』に出演、さらに国内でもYuckやThe Pains of Being Pure at Heartなどの海外勢と共演している5人組だ。 Luby Sparks Natsuki(Ba,Vo) Sunao(Gt) 演奏が始まるやいなや、音が発光しているかのような眩いばかりのメロディーとノイズがフロア全体を覆った。 Luby Sparksが奏でるノイズロックには、痛み、孤独、蒼さ……そういった、大きなものに掻き消されてしまいそうな個人の、小さくて、でも豊かな心の在り様を、そっとすくい上げるような穏やかさがある。 Tamio(Gt) Emily(Vo)。 『exPoP!!!!! Vol. Yasei CollectiveとCICADAのリズム隊を迎えた、showmoreの艶やかなポップス 3番手にステージに上がったのは、新世代ポップユニットshowmore。 この日は、メンバーの根津まなみ(Vo)と井上惇志(Key)に加えて、サポートには、ベースに中西道彦(Yasei Collective)、ドラムに櫃田良輔(CICADA)を迎えたバンドセットで登場。 さらにshowmoreは、根津の描く、心象描写を綴った叙情的な歌詞も味わい深い。 この日、敏腕なリズム隊を迎えたことで生まれる、より太くドープな音像のうえで、根津の艶やかな言葉と歌は、一層、その力強さと波及力を増したように思えた。 volume107』 2018年3月29日(木) 会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest 出演: AAAMYYY カネコアヤノ(バンドセット) uri gagarn Opus Inn 料金:無料(2ドリンク別)• プロフィール カメレオン・ライム・ウーピーパイ Chi-によるソロユニット。 幼少期にジェームス・ブラウン、マイケル・ジャクソンなどのモータウン・サウンドに触れ音楽に目覚める。 ナチュラルで"枯れた"歌声から卓越したキャリアを感じさせるが、弱冠20歳。 Luby Sparks(るびー すぱーくす) Natsuki(Ba,Vo)、Erika(Vo)、Sunao(Gt)、Tamio(Gt)、Shin(Dr)、現役大学生の5名によって、2016年3月結成。 7月、結成から3回目のライヴでThe Bilinda Butchers(US)、Manic Sheep(台湾)のダブル来日公演にDYGLと共に出演。 同月、1stカセットシングル『Pop. 1979』(Miles Apart Records)をリリースし即完売。 9月には、Yuck(UK)の広島での公演、12月、Ice Choir(US,ex. The Pains Of Being Pure At Heart)、その後も多くの海外バンドの来日公演に出演。 2月、7インチシングル『Hateful Summer』(Sailyard,Fastcut)をリリース。 7月、UK・ダービーシャーでのフェス『Indietracks Festival 2017』に日本のバンドとして唯一出演。 2018年1月21日、The Pains Of Being Pure At HeartのWWW X公演にサポート・アクトとして出演。 Max Bloom(Yuck,ex. Cajun Dance Party)とロンドンで制作したデビューアルバム『Luby Sparks』が2018年1月24日に発売。 2018年2月末で初代ヴォーカリストEmilyが脱退、新たにErikaが加入した新体制となっている。 その音楽性はジャズやヒップホップを下敷きに多彩な表情を持ち、キャッチーな歌詞と旋律で切なくアダルトな世界観をビビッドに描き出す。 「正しい事ばかり言わないで。 人は寂しい生き物でしょ」• TENDRE(てんだー) 河原太朗のソロ・プロジェクト。 自身のバンド、ampelでの活動を中心に、ベース、ギター、鍵盤やサックスなども演奏するマルチプレイヤーとしてYogee New WavesやKANDYTOWNを始め様々なバンドやアーティストのレコーディングやライブに参加する他、呂布の最新作『Blur』では共同プロデュースを担当。 2017年12月にTENDREとしてのデビューEP『Red Focus』をリリース。 Alaska Jam(あらすか じゃむ) ロックとヒップホップが真正面からぶつかり合うfunkyな男4人達による音楽。 骨の髄まで揺さぶるグルーヴを体感せよ。

次の

ダンス x AIで新しいマーケットプレイスを構築。GESREC(ジェスレック)がβ版サービスを日米同時にリリース。|マイクロエンタテインメント株式会社のプレスリリース

カメレオン ライム ウーピーパイ

カメレオン・ライム・ウーピーパイ• 1997年5月15日• 2017年2月に上京すると共にストリート・ライヴ開始。 最初はほぼ毎日渋谷でしていたが、ライヴをやりすぎて、おまわり様に結構本気で怒られ、渋谷出禁を言い渡される。 現在は都内を中心に毎週土曜にストリート・ライヴを行っている。 「15センチ」• 初めまして。 カメレオン・ライム・ウーピーパイです。 覚えにくい名前ですが、10回くらい声に出して読んだら私でも覚えられました。 ぜひ街中で大声で叫んでみてください。 カッコ良くて面白い曲を歌っていくのでチェックしてみてください。

次の