病院 夏のボーナス。 【2020年】夏のボーナスは減少!新型コロナウイルスで賞与壊滅

基本給から分かるボーナスの平均額【大企業・中小企業編】

病院 夏のボーナス

新型コロナウイルスで、医療や介護の働き手の待遇が悪化している。 感染対策のコストがかさみ、患者や利用者が減って、経営が揺らいでいるためだ。 給料やボーナス、カットが続出 一時金をカットせざるを得ない病院や施設も相次ぐ。 国は医療・介護従事者へ最大20万円を配る予定だが、減収分を補うのは難しい。 一部では雇い止めや、休みを指示する一時帰休などもみられ、雇用をどう守るかも課題だ。 医療機関のコンサルティングを手がけるメディヴァによると、一般の患者が感染を恐れて受診を控える動きがめだつ。 同社が全国約100の医療機関に感染拡大の前後で患者数の変化を聞いたところ、外来患者は2割強、入院患者は1~2割減った。 首都圏では外来は4割、入院は2割減。 とくにオフィス街の診療所では、在宅勤務の定着で会社員らの患者が落ち込む。 メディヴァの小松大介取締役は、医療機関の経営が苦しくなると、医師や看護師らに影響が及ぶと指摘。 「非常勤医師の雇い止めも出ている。 夏のボーナス支給見送りを検討している施設も散見される」と話す。 実際、看護師らの給料や一時金が下がるケースが続出している。 日本医療労働組合連合会(医労連)が28日にまとめた調査では、愛知県の病院が医師を除く職員の夏の一時金を、前年実績の2カ月分から半減させることを検討。 神奈川県の病院では夏の一時金カットに加え、定期昇給の見送りや来年3月までの役職手当の2割カットなどを検討しているという。 医労連の森田進書記長は「職員の一時金1カ月分(月例給)はだいたい30万円。 コロナ患者を受け入れている医療機関の勤務者には最大20万円が支給されることになったが、賃下げ幅が上回る可能性がある」と話す。 職員の夏の一時金を、当初想定していた額の3分の1に引き下げる病院もある。 埼玉県済生会栗橋病院(同県久喜市、329床)は、新型コロナの入院患者も受け入れている。 短時間で結果がわかる検査方法も採り入れ、積極的に治療にあたっている。 新型コロナの対応に集中するため、良性の腫瘍(しゅよう)の手術など急を要しない治療を延期している。 1日あたり約600人だった外来患者は520人ほどまで減った。 院長は経営環境について「つぶれるんですか、というレベルだ」と打ち明ける。 看護師や臨床検査技師ら職員の夏のボーナスについて、感染拡大前に想定した額の3分の1にまで減らさざるを得ないという。 コロナと向き合う職員らからは「泣いちゃいそうです」という声も上がっている。 院長は「命を張って業務にあたってくれているのに申し訳ない。 辞める人も出てくるかもしれない」と話す。 7月からは祝日にも病院を開け、手術や検査などを増やそうとしている。 だが、患者がどこまで戻るかは見通せない。 全国医師ユニオンが都内で16日に開いたシンポジウムでも、懸念の声があがった。 千葉県内の民間病院に勤める研修医は「給料が下がる不安が大きい。 現場でのストレスが強くなるなかで給料まで下がったら、もうやっていられないという人も出てくる」と訴えた。 大病院のなかには、業務が減っ….

次の

医師らのストにエール 「コロナ減収でボーナスカット」に「国は支援を」: J

病院 夏のボーナス

【2020年夏季賞与】 既に夏季賞与を受け取っている人もいますが、公務員などは振り込まれるのが7月です。 なので実績としてのデータは出ていません。 4月に発表された日本総研の「夏季賞与の見通し」を参考にさせていただきます。 「リーマン・ショック以来のマイナス」 日本総研の見通しによると、民間企業の一人当たり支給額は 前年比マイナス6. 4%で、これはリーマン・ショック以来のマイナスです。 出典:日本総研 既に受け取った人たち、どうでしたか? 「ボーナスを支給する義務はない!?」 仕組みというか、何を基準に賞与額を決めているのかを知っておきましょう。 原則として、 雇用側へ「従業員にボーナスを給付しなさいよ」という義務を定める法律はありません。 なので、ボーナスがないからと言って文句を言えないのです。 しかし、労働契約や就業規則などに賞与を支払うことが明記されている場合は、賞与は賃金とみなされるので使用者へ支給する義務が発生します。 中小企業の多くは「業績次第で賞与は支給しない」と明記されているところが多いでしょう。 会社に入社していきなり「はい、ボーナスあげる!」という会社はないと思います。 たとえば年に2回賞与が支給される会社は、 半年分の成果を基準に賞与の支給や金額を決定するはずです。 つまり、 2020年夏季賞与の基準となるのは2019年下期(2019年10月〜2020年3月)であることが多いです。 「2020年夏季賞与が少ない理由」 コロナの影響かと思われがちですが、それが全てではありません。 そもそも2019年後半は減益傾向だったことが背景にあります。 出典:日本総研 つまり 1:そもそも製造業を中心に調子よくなかった 2:コロナウイルスの感染拡大 この2つの要因が2020年夏季賞与に影響しています。 労働組合が毎年頑張っていることが報道される春闘も、ちょうどコロナウイルス感染拡大初期と重なっていたので「あたかもコロナのせいでベアがなかった」と思われがちですが、 理由はコロナだけではありません。 そもそも2019年下半期の業績が芳しくなかったことも、多くの企業でベアなしに終わった理由と言えます。 【なぜ医療従事者のボーナスが減るの?】 大きな病院に勤めている知人から衝撃の言葉が! 「ボーナス減るらしい!」 コロナで大変だったので、むしろ増えてもいいはず。 減るっておかしくないですか? この知人曰く、 実際には夏季賞与は前年と大差なく、減るのは冬季賞与とのことです。 原因はやはり新型コロナウイルスが関係しています。 すると、コロナに感染した患者の人数が少なくても専用のエリアに他の患者を収容するわけにはいきません。 稼働していないベッドが増えるということは病院の収益が減るということです。 事実、こうした理由から収益が悪化しているという報道も見かけます。 病院の収益が減れば、そこに勤める医療従事者の賞与にも影響が出るのは当然の流れです。 最前線で命がけで頑張っている人たちの給料が減り、 対して給料が減らない国会議員、給料のことには触れない野党、皆さんはどう思いますか? 国が医療従事者に特別手当を出すようなことを検討しているそうですが、どうなるのでしょうか。 【まとめ】 多くの企業の2020年夏季賞与は、2019年下半期の業績や人事評価が反映されます。 新型コロナウイルスで緊急事態宣言が発令されたのは4月5月です。 このあたりの影響が出てくるのは2020年冬季賞与です。 そもそも賞与を生活費のアテにするのはオススメしません。 賞与の正しい使い方やタブーについては別の記事で書きます。 LINE公式アカウント友達追加で 2大特典プレゼント! 虎の巻其の壱「クレジットカード」 年間37万マイル貯める男が使うクレジットカード1枚を大公開! 虎の巻其の弐「ふるさと納税の極意」 ふるさと納税の自己負担が実質0円!?知らなきゃ損の裏ワザ! その他、セミナー情報をはじめ世界情勢や旬な情報をお届けしています! YouTubeもやっています!•

次の

東京女子医大病院で看護師400人が退職希望「減給にボーナス0…悔しい」

病院 夏のボーナス

コロナでボーナスはどうなる!?リーマンショック時に匹敵する大幅減額か 新型コロナウイルス感染拡大の影響によって、2020年夏のボーナスは大幅減少になる見通しです。 前年比でー7. 内訳としては、製造業:493,650円 -4. 一方、 国家公務員の2020年夏のボーナスは、687,600円と前年比1. ただし、こちらは昨年から夏よりも多かった冬のボーナスを均等に支給しようとした結果増えたにすぎず、実際には伸びは鈍化しているといいます。 関連記事 中小・零細企業でより業績悪化の影響を強く受けるか 特にコロナウイルスの影響によるボーナス減少の影響が大きいのが中小企業です。 大手企業と比べて、直近の業績がボーナスに反映されやすい中小企業では、足元のコロナウイルスの影響を強く受けて、ボーナスの支給打ち止めや大幅減額を行うところも多いことが予想されています。 ボーナスだけではなく、残業代等の減少も悪化 また、ボーナスだけにとどまらず残業代なども大幅減少の可能性が高いと見られています。 コロナが拡大しはじめた3月以降、営業時間短縮や工場の停止といった動きがみられ、さらに緊急事態の発令によってこのような動きは一段と加速していく見通しです。 景気の急激な悪化に伴い、所定外給与の減少や失業率の上昇なども見込まれています。 もし給料が減っても、将来のためにどうにか貯蓄はしたい コロナが終息して、すぐに景気が回復してくれればいいですが、この先の経済状況がどうなっていくかは、不安は続きますよね。 もし景気がさらに悪化すらば、直近のボーナスだけでなく、その先のボーナスや月収も下がる可能性はあります。 そんな最悪な状況に備えて、今のうちに貯蓄は増やしておきたいという方も多いと思います。 自分の収入や年齢、家族構成を考えて、どのくらい貯金をしていけばいいか分からない方は、一度 お金のプロであるファイナンシャル・プランナーに無料相談してみるのもおすすめです。 ファイナンシャルプランナーの無料相談サービスでは、• いまの年齢・家族構成でどのくらい貯蓄が必要なのか?• 今の収入のうち、貯金にいくら回すのがいいのか?• そもそも無駄な出費や、過度な保険プランに入っていないか? など、お金に関する悩みをファイナンシャルプランナーが無料で相談にのってくれます。 税金、貯金、保険などお金に関する専門知識を持ったプロからのアドバイスは、今のような先行きが不透明な経済状況下では、とくに役立つと思います。 おすすめは、株式会社リクルートが運営しているです。 日本全国で対応していて、厳選されたファイナンシャルプランナーがあなたの貯金計画をサポートしてくれます。 何度相談しても費用は一切かかりませんので今後の貯蓄計画に不安な方や、一度プロのアドバイスをもらいたい方は、一度相談してみることをおすすめします。

次の