スタンリー の お 弁当 箱。 スタンリーのお弁当箱のレビュー・感想・評価

『スタンリーのお弁当箱』

スタンリー の お 弁当 箱

『 スタンリーのお弁当箱』(スタンリーのおべんとうばこ、 Stanley Ka Dabba)は、のの。 本作に俳優として出演もしている ()の監督デビュー作であり、主演の ()はグプテ監督の息子である。 スタンリーのお弁当箱 Stanley Ka Dabba 監督 () 脚本 アモール・グプテ 製作 アモール・グプテ 出演者 () () アモール・グプテ 音楽 ヒテーシュ・ソニック 撮影 アモール・ゴーレ 編集 () 製作会社 配給 フォックス・スター・スタジオ 公開 2011年5月13日 2013年6月29日 上映時間 96分 製作国 言語 英語 本作は、1年半にわたって演技経験のない子供たちを毎週土曜日に学校に集め、映画のとして製作された作品であり、子供たちは最後まで映画撮影と知らず、また子供たちにカメラの存在を気付かれないようにすることで自然な表情を引き出している。 ストーリー の系の学校に通う4年生のスタンリーは明るい性格でクラスの人気者だが、家庭の事情で弁当を持ってくることができないため、昼食の時間はクラスメートに隠れて水道水で空腹を紛らわせていた。 そんなスタンリーを見かねたクラスメートたちは自分たちの弁当を少しずつスタンリーに分けてあげようとするが、何かにつけてスタンリーを目の敵にしている中年国語教師ヴァルマーに横取りされてしまう。 実はヴァルマーは自身も弁当を持って来ておらず、いつも同僚や生徒たちに集っており、特に金持ちの息子であるアマン・メヘラの豪華な弁当を狙っていたのだが、その企みを見透かした生徒たちに出し抜かれたことから激怒、スタンリーに「弁当を持って来ない生徒は学校に来る資格などない」と叱りつけてしまう。 ショックを受けたスタンリーは翌日から学校を休むようになる。 しかし、クラスメートたちの支えもあり、スタンリーは「ある方法」で用意した自分の弁当を持って登校すると、ヴァルマーに弁当を見せて学校に来て良いか尋ねる。 既に自分の大人げない行為を深く恥じていたヴァルマーは、スタンリーに謝罪の手紙を残して学校を辞める。 スタンリーはクラスメートたちに両親が仕事でに行っているために弁当が用意できないのだと言っていたのだが、実は両親は交通事故で亡くなっており、意地悪な叔父の経営する食堂で下働きをさせられていた。 その食堂の料理人が店の残り物でスタンリーの弁当を用意してくれたのである。 スタンリーは豪華な弁当を「お母さんが早起きして作ってくれた」と言って嬉々として教師やクラスメートたちにも分ける。

次の

『スタンリーのお弁当箱』

スタンリー の お 弁当 箱

「スタンリーのお弁当箱」(原題:Stanley Ka Dabba)は、2011年公開のインドのコメディ映画です。 アモール・グプテ監督、パルソー主演で、家庭の事情で学校に弁当を持ってくることができない少年と教師、クラスメート達の交流を描いています。 「スタンリーのお弁当箱」() で観る 目次• スタッフ・キャスト 監督:アモール・グプテ 脚本:アモール・グプテ 出演:パルソー(スタンリー: 4年生、クラスの人気者) ディヴィヤ・ダッタ(ロー: 英語教師、スタンリーの理解者) ナート・ズーチー(ズーチー : 新しく赴任して来た歴史教師) ディヴィヤ・ジャグダレ(アイヤル:科学教師、熱心だが厳しい) ラフール・シン(校長) アモール・グプテ(ヴァルマー:意地悪で食い意地の張った中年の国語教師) ほか あらすじ• ムンバイの系の学校に通う4年生のスタンリー(パルソー)は明るい性格で、いつも楽しい物語を創作してクラスメートを笑わるクラスの人気者です。 ある朝、頬にあざを作って登校してきたスタンリーに、英語教師のロー(ディヴィヤ・ダッタ)がその理由を尋ねると、街で喧嘩に巻き込まれたのだとクラス中を楽しませます。 スタンリーは、家庭の事情で弁当を持ってくることができないため、昼食の時間はクラスメートに隠れて水を飲み、空腹を紛らわせていました。 昼食時間になるといつもいなくなるスタンリーを見かねたクラスメートたちは自分たちの弁当を少しずつスタンリーに分けてあげようとしますが、スタンリーを目の敵にしている中年の国語教師ヴァルマー(アモール・グプテ)に横取りされてしまいます。 実はヴァルマーは自身も弁当を持って来ておらず、いつも同僚や生徒たちにたかっており、特に金持ちの息子であるアマン・メヘラの豪華な弁当を狙っていました。 ヴァルマーは、企みを見透かした生徒たちに出し抜かれたことから激怒、スタンリーを「弁当を持って来ない生徒は学校に来る資格などない」と叱りつけ、ショックを受けたスタンリーは翌日から学校を休むようになります・・・。 レビュー・解説 パルソーの演じるスタンリーの明るく健気な姿と、それを助けるクラスメイトたち、そして背景となるインドの子供達が置かれている状況が印象的な、生き生きとした子供達の描き方がすばらしいコメディ映画です。 子供を中心に据えた映画ですが、描かれた子供達の明るく純粋な姿は、クオリティの高い演出と相まって、大人も十分に楽しめる映画です。 アモール・グプテ監督は以前より児童映画制作に従事しており、インドの政府系組織である「子ども映画協会」の会長を務めるなど、児童映画に造詣が深く、本作でも監督自身が演じる悪役に対して、明るく健気なスランリーとクラスメートたちが助け合う姿を見事に描いています。 素晴しい出来なのですが、実はこの映画はユニークな方法で制作されています。 アモール・グプテ監督は、毎週土曜日に子供達を学校に集めて、映画を見たり、発声練習や演劇、短編映画を撮影したりするワークショップを開催しており、この映画のアイディアはそこから生まれました。 「スタンリーのお弁当箱」の出演者は、映画の舞台となる系の学校・ファミリー校で行われたワークショップに来た子供たちです。 ワークショップは自発的にやって来た子どもたちのクラブ活動のようなもので、映画を撮るというプレッシャーがありません。 授業は、先生の後に入ってくるカメラマンがキャノンの小さなカメラで撮っており、撮影用の照明も使っていません。 一応、「スタンリーと仲間たち」という脚本があり、ストーリーと俳優たちの動きも書かれているのですが、セリフは書かれていません。 監督は撮影現場でそのシーンを説明し、俳優である彼らに自分のやり方で実演してもらい、彼らのリアクションがセリフになるという即興的な演出です。 先生と子供たちのやりとりはアドリブで、同じシーンでもそのたびに子供たち、俳優たちから出てくるセリフが異なり、それぞれ6〜7エピソードある中から選んで、映画に採用しています。 悪役の教師役で出演もするアモール・グプテは、本作が監督デビュー作、主演のパルソーは監督の実の息子ですが、子供たちの生き生きとした出色の表情は、児童映画や子供達に深い造詣を持つアモール・グプテ監督の類い稀なる演出によるものです。 なお、オープニングにちょっと長めのアニメーションが流れますが、これもなかなか良い出来で楽しめます。 ちなみに、インドの就労児童は1200万人、家事労働を含める5000万人以上と言われています。 また、非就学児童は、2500万人とも6500万人とも言われ、家族の生活を支えるために子供たちが働かざるをえない厳しい状況が伺われます。 こうした状況を短期的に解決するのは難しいかもしれませんが、この映画からは、少なくとも彼らを仲間はずれにするのではなく、ともに分け合っていくことの大切さが伝わって来ます。 パルソー(スタンリー) ディヴィヤ・ダッタ(ロー) ディヴィヤ・ジャグダレ(アイヤル) アモール・グプテ(ヴァルマー) 子供達の生き生きした表情が印象的 「スタンリーのお弁当箱」や「めぐり逢わせのお弁当」に登場するのインド式弁当箱 Seagull フードキャリア 3段式 12cm() 撮影地(グーグルマップ)• 「スタンリーのお弁当箱」() 関連作品 料理や調理シーンを描いた映画 おすすめインド映画のDVD() 「」(1995年) 「その名にちなんで」(2006年) 「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」(2007年) 「きっと、うまくいく」(2009年) 「マイネーム・イズ・ハーン」(2010年) 「」(2010年) 「ロボット」(2010年) 「神様がくれた娘」(2011年) 「スタンリーのお弁当箱」(2011年) 「女神は二度微笑む」(2012年 ) 「バルフィ!人生に唄えば」(2012年) 「命ある限り」(2012年) 「マッキー」(2012年) 「めぐり逢わせのお弁当」(2013年) 「PK ピーケイ(2014年) 「」(2015年) 「バジュランギおじさんと、小さな迷子」(2015年) 「ダンガル きっと、つよくなる」(2016年) 「」(2017年) 関連記事.

次の

「スタンリーのお弁当箱」にみるインドの弁当

スタンリー の お 弁当 箱

スタンリーのお弁当箱のネタバレあらすじ:承・食いしん坊の先生 ヴェルマー先生は人一倍食いしん坊で、自分のお弁当箱を持て来ずに、昼時になると他の先生や生徒たちから少しずつお弁当を分けてもらっていた。 その中でもいつも大きなお弁当箱を持ってくるスタンリーのクラスメイトのアマンの大きなお弁当を狙っていた。 お昼時になるとスタンリーの教室にやって来ては、アマンのお弁当箱からたくさんの食べ物を取って言っていた。 スタンリーのクラスメイトは、昼時になるとスタンリーがいなくなるのをおかしく思い、探しに行った。 家に食べに帰ると言っていたスタンリーは町で時間が経つのをただ待っていた。 スタンリーのお弁当箱のネタバレあらすじ:転・みんなで食べるおひるごはん スタンリーに事情を聞くと、父親が仕事でデリーに行き母親がそれについていってしまい、今はスタンリーにお弁当を作ってくれる人がいないと言うことが分かった。 それを知ると、クラスメイト達はヴェルマー先生に見つからないように毎日場所を変えながら、皆で少しずつスタンリーに自分のお弁当を分けて一緒にお昼ご飯を食べることにした。 アマンの豪華なお弁当を狙っているヴェルマー先生は、毎日彼らを探しようやく見つけると、スタンリーがみんなにお弁当を分けてもらっているのを見て、お弁当も持ってこれない子は学校へ来るなと叱責した。 その日以来スタンリーは学校を休み、生徒や他の先生は彼を心配した。 スタンリーのお弁当箱の結末:スタンリーのかかえる現実 学校では、協賛団体でコンサートが行われることになり、各学校から合唱やダンスのできる子を募集していた。 友人たちは先生たちに一度校内オーディションをされるが、一番得意なのはスタンリーだと知っていた。 そして学校に来るに来れないスタンリーを見つけ出し、学校を通さずに直接練習場へ行くようにアドバイスした。 そこでスタンリーはコンサートのメンバーに見事採用された。 学校ではスタンリーの友人たちがヴェルマー先生に、どうして先生にはお弁当を分けているのに、スタンリーに分けるのがいけないのか問い詰め、他の先生も、スタンリーが学校へ出てこないのはヴェルマーの叱責が原因だとまだ校長まで話を挙げないまでも怒っていた。 コンサートの前日、スタンリーはアマンの豪華なお弁当ほどの大きなお弁当箱に、お弁当を詰めて登校し、ヴェルマーの所へ行くと、お弁当を持ってこれるから学校へ通うと言った。 その時、ヴェルマーはすでに辞表を出していた。 スタンリーはお弁当を、友人たちや、自分に字を使ってくれた先生に少しずつ分けた。 そして、大成功を収めたコンサートの後、スタンリーは校長先生に家まで送ってもらった。 そこは料理屋で、スタンリーのおじさんは日曜日のかきいれ時にスタンリーが手伝いいなかったという事で彼を叩いた。 スタンリーの両親は仕事の都合でデリーに行ったのではなく、他界しており、彼は今親戚の下で働きながら学校に通っていた。 お弁当は調理場で働いている仲間があまりものをこっそり詰めてくれているものだった。 そしてスタンリーは朝になると大きなお弁当箱を持って、学校へゆく。 以上、映画スタンリーのお弁当箱のあらすじと結末でした。 スタンリーのお弁当箱のレビュー・考察:インドの就学問題 作品の最後に、インドの労働をしている子供の数、また、就学しながら過程で労働を行っている数が提示される。 この作品の入り口はお弁当だが、就学児童たちの労働問題まで掘り下げられる。 作中、スタンリーが親戚のレストランで働いている場面が映されるのはほんの少しだけれど、お弁当がない(両親の死亡)状態になってから彼がずっとこの就業と学業を両立させていたと言う事は容易に想像できる。 しかしスタンリーはクラスメイトにも先生にも、自分が働いている事や両親が他界していることは話さない(おそらく知っているのは校長先生のみ)。 それは、明るいムードメーカーのスタンリーとしての彼のプライドを自分自身で守っているからかもしれないと、最後の数分で思い知る。

次の