面接 お礼 メール。 面接のお礼メールは必要か? すぐに使える例文付|パソナキャリア

面接のお礼メールの書き方|志望度や熱意を伝える効果的な文面【例文あり】

面接 お礼 メール

書類選考を通過し、いざ面接となった場合、面接の日程調整はどうしたらよいの?応募先企業から面接日程を打診するメールが来たけど、どう返信すればよい?と、迷う方も多いのではないでしょうか。 ここでは、面接の日程調整メールのポイントと、例文を交えて書き方や返信方法について、わかりやすく解説していきます。 面接の日程調整のメールの返信は、早めに返信 面接では複数の候補者がいることも多く、日程調整に時間がかかるとその間に他の応募者に内定が出てしまう、といったケースもあります。 また、在職中などで、やっと現職との調整がついたとしても、調整した日程がすでに埋まっている可能性もあります。 そのため、応募先企業の採用担当者から日程調整のメールを受け取ったら、自身の調整がつく範囲で、できる限り早めに対応するようにしましょう。 応募企業の日程調整に、すぐに回答できない場合は、「大変申し訳ございません。 希望の日程を自分で決められる場合は、複数候補を設定 応募先企業から面接の候補日の指定がなく、応募者が設定する場合は、可能な限り多くの候補日を設定することをおすすめします。 応募企業の採用担当者は、通常の業務を行いながら面接の時間を調整しています。 このような採用担当者の状況を考慮し、応募者側から面接希望日を伝える場合はできる限り多い日程を設定しましょう。 同じ日でも、違う時間帯(例えば、10時~11時と17時~18時など)がある場合は、その旨を伝えたほうが親切です。 提示された日程で調整できない場合は、希望日を打診 応募先企業から面接の候補日を調整されたけれど、どうしてもその日は時間の調整ができない…という場合も考えられます。 その場合は、調整できず申し訳ないという気持ちを表した上で、応募先企業から提示された日とできる限り近い日程、あるいは最短の日程を提示し、改めて調整をお願いしましょう。 この際、採用担当者に理解してもらえるよう、「諸事情により」などのあいまいな理由ではなく、調整できなかったやむを得ない理由を簡単に添えておくとよいでしょう。 日程調整のメールの例文 日程調整のメールの例文を紹介します。 ここでは、「自分から面接候補日を提示する場合」 「企業から候補日をもらって返信する場合」「調整済の日程を変更したい場合」の例文を記載しています。 ぜひ参考にしてください。 面接日程のご連絡をいただき、誠にありがとうございました。 希望日程を下記に記載いたします。 日程のご調整の程、何卒よろしくお願いいたします。 ご確認・ご検討いただけますと幸いです。 ご多忙の折、大変恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます。 例えば、「13時~16時」とした場合、16時は面接の開始時間なのか、面接の終了希望時間なのかが分かりにくいからです。 また、「13時~」とする場合、「13時からが希望なのか」「13時以降であれば、いつでもよいのか」が分かりにくいため、状況を加えておくほうが親切です。 この度は面接日程のご連絡をいただき、誠にありがとうございました。 ご指定の書類を持参の上、下記日時におうかがいさせていただきます。 貴重なお時間を頂戴することとなりますが、何卒よろしくお願い申し上げます。 面接担当者も選びやすくするためです。 採用担当者との認識のずれがないようにするためです。 この度は、面接日程のご連絡をいただき、誠にありがとうございました。 たいへん恐縮なのですが、ご提示いただきました日程では出張の予定が入っており、 貴社におうかがいすることが難しい状況です。 私の都合でたいへん恐縮です。 以下の日程であれば、おうかがいすることが可能です。 この際、できる限り最短の日程を複数提示することをおすすめします。 これにより、採用担当者側に面接希望の意欲を伝えることができるでしょう。 日程調整でお手数をお掛けしたにも関わらず、たいへん申し訳ございません。 誠に勝手なお願いで恐縮なのですが、可能であれば、以下の日程で再度ご調整を検討いただけませんでしょうか。 この際、できる限り最短の日程を複数提示することをおすすめします。 これにより、採用担当者側に面接希望の意欲を伝えることができるでしょう。 面接をキャンセルしたい場合 選考の過程で入社意欲が下がってしまった、並行して受けていた別の企業に採用が決まったなどの理由から面接を辞退したい。 または、体調を崩した、怪我をした、身内に不幸があったといった事情で、設定されている面接日程をキャンセルせざるを得ない場合については、下記の記事を参考にしてください。 メール連絡の気を付けたいマナー 在職中の場合、会社のメールは使用しない 応募先企業の営業時間内にメールを送信しようと、現職の社用メールから送信することは避けましょう。 メールを送信する際は、プライベートで使用しているメールを使用するのが無難です。 自分からメールを作成する場合、件名はわかりやすく。 メールを開かなくても、要件・誰からのメールかが分かるように 採用担当者の業務内容によっては、日々、多数のメールを処理している可能性があります。 また、採用の時期は通常の業務のメールに加え、他の応募者からのメールも受信・送信していることが考えられます。 場合によっては、メールを見逃してしまうかもしれません。 こうした状況を考慮し、件名は、わかりやすくシンプルにし、自分の名前を入れましょう。 「面接日程のご調整につきまして(陸栄治)」といったようにし、メールを確認しなくても内容がわかるように工夫することをおすすめします。 また、採用担当者からのメールに返信する際は、件名を変えず返信し、「Re:」は付けたままにしておくことをおすすめします。 件名を変えると、どんな用件でのメールのやりとりかが分からなくなってしまうからです。 同じ用件でのメール連絡が増え、「Re:」が続いてしまった場合も一目で件名が分からなくなってしまうため、「Re:」を1~2つ残し、件名は削除・変更しないようにするとよいでしょう。 返信するメールは本文を残す メールを返信する際、本文は削除せず、そのまま残しておくことをおすすめします。 採用担当者も自分も、どのような連絡をしていたのかが1通のメールで確認できるようにするためです。 宛名は、会社名+部署+フルネームの順に正式名称で メールの宛名は、会社名・部署・フルネームを記載しましょう。 ていねいな印象を与えるため、会社名の法人格や部署名を略したり、名前を苗字のみにするのは避けましょう。 会社名や部署名が長くとも、2行以内におさめるのが一般的です。 メールにはお礼の文面を入れる 応募先企業の採用担当者にメールを送信する際は、好印象を持ってもらえるよう、お礼の文面を入れましょう。 「面接の日程調整ありがとうございます」「ご返信いただき、誠にありがとうございます」と言った文面を加えることをおすすめします。 こうすることで人柄や、ビジネスマナーがある人だ、というアピールにもなるでしょう。 署名を忘れずに入れよう 応募先企業にメールを送る際には、署名を入れることをおすすめします。 署名がないと誰からのメールかが分からず、採用担当者を困らせてしまう可能性もあるからです。 また、署名があることで「メールの内容はここで終了」という意味にもなります。 署名には、名前、メールアドレス、携帯電話番号を記載し、間違いがないか念入りにチェックしましょう。 署名に使用する罫線などは、ビジネスシーンに合うシンプルなものをおすすめします。 あまりにも装飾が多く派手な罫線は、ビジネス向きでありません。 また、入れ忘れがないよう、メールソフトで自動挿入にしておくことをおすすめします。

次の

【新卒向け】面接後に送るべき「お礼メール」の書き方|例文有り

面接 お礼 メール

就活におけるお礼メールとは お礼メールとは、 説明会や面接などが終わった後、企業に感謝を伝えるメールのことです。 また、選考通過のお知らせの際にもお礼メールを送ることがあります。 就活で面接後にお礼メールは必要か 結論からいうと、 お礼メールはその人の気持ち次第で送れば良いものだと思います。 説明会や選考に時間を割いてもらったため、感謝の気持ちを伝えておこうとおもった場合には、お礼メールを送ると良いでしょう。 お礼メールは送らなくてはならないというルールはありません。 企業もお礼メールを期待して選考活動をしているわけではないので、個人の自由であるといえます。 お礼メールの選考に対する影響 「お礼メールを送ったほうが選考通過率が高まるよ」などといううわさを聞いたことがある人もいるかもしれません。 しかし、採用担当経験のある筆者の意見としては、 お礼メールは選考とは全く関係ありません。 もちろん、学生から送られたメールには全て目を通すので、感謝のメールが届けば嬉しい気持ちにはなります。 また、丁寧な学生という印象を持つでしょう。 しかし、私の経験では、お礼メールだけで選考が有利になることはないといえます。 採用の際には、学生と企業がどの程度マッチングしているかなどをみています。 そのため、選考に対して影響を及ぼさないといえるでしょう。 また、大企業になればなるほど学生の母数が大きいため、お礼メールが送られてくる数も多くなります。 そのため、誰がどんなお礼メールを送ってくれたのかを把握するのは難しいと言えます。 この点からもお礼メールは選考には関係しないといえます。 お礼メールの書き方 選考に関係なく、感謝の気持ちを伝えたいとお礼メールを書くときには、ビジネスマナーに従って書くとよいでしょう。 ここでは、メールの一例とポイントを4点紹介します。 お礼メールの例文 ーーーーーーーーー ポイント1 件名は内容と氏名を入れる 友人などとメールをする際には氏名を入れないことも多いかもしれませんが、 企業へ連絡する際は必ず件名を入れましょう。 件名には、用件を簡潔に入れたあと、大学名と氏名を入れると良いでしょう。 採用担当者は、一日に何通ものメールをやりとりするため、名前を入れたほうが丁寧です。 ポイント2 相手の会社名・部署名・氏名をミスなく入れる メールには、会社名と氏名は正確に入力しましょう。 もしも部署名がわからない場合には、記入はしなくてもよいでしょう。 万が一担当の方の名前がわからない場合には、採用ご担当者様などとすると確実です。 部署に対してメールを送りたい場合には、広報部御中という形にしましょう。 ポイント3 長文になりすぎないようにする 感謝の気持ちを書こうとすると長文になってしまう場合もあると思いますが、なるべくそれは避けましょう。 長文を書いてしまうと、最後まで読まれなくなる可能性が高くなってしまいます。 ポイント4 最後に署名を入れる 本文の後には必ず署名を入れましょう。 署名には、名前と大学名、メールアドレス、携帯電話番号の4点は必ず入れるようにしましょう。 住所については、企業と郵送でやりとりがある可能性がある場合には入れたほうが丁寧です。 ただし、住所を入れないからといってマナー違反にはならないので、それぞれの判断で良いでしょう。 お礼メールは気持ちを表したいときに送るべき 今回は、就活でお礼メールを送るべきかどうかと、メールを送る際のポイントを紹介しました。 お礼メールが選考の評価に繋がることはまれですが、感謝の気持ちを伝えたい場合には積極的に送ると良いでしょう。 その際には、今回紹介したポイントを踏まえて送るようにしましょう。

次の

面接のお礼メールは必要か? すぐに使える例文付|パソナキャリア

面接 お礼 メール

面接関連メールを送るときに気を付けるべきマナー 企業へ返信するメールで、もっとも重要なことは 基本的なマナーが守られているかどうかです。 学生なら多少は目をつぶってもらえる可能性がありますが、社会人経験のある応募者から送られてきたメールでマナーが守られていない場合、「この人は大丈夫かな」と不安に思われてしまう可能性が高いでしょう。 そのため、まずは 以下5点のマナーに関して再確認しましょう。 1、結論から先に伝える 何よりも大切なのは、用件を簡潔に伝えること。 書類選考が通過し、喜びたい気持ちや感謝の念を企業にたくさん伝えたいのはわかります。 ですが、長い前置きや回りくどい表現などは厳禁。 メールを返信する目的は「面接の日程を決めること」であることを忘れずに。 結論から先に伝えるよう意識してください。 2、件名はそのままでOK 企業から届いたメールに返信する場合、件名は変更しなくてOK。 3、本文も残しておくのがベスト 返信メールを作成する際、多くの場合、企業から受信したメールの文面が引用されます。 その引用された内容は消さず、そのままの状態で返信しましょう。 これまでのやりとりの内容をお互いに一目で確認するのに役立ちます。 4、メールの最後には署名を メールの最後には必ず署名を入れるのがルール。 署名は、差出人である自分の情報を相手に明示すると共に、「ここで文章は終わりです」ということを伝える役目も担います。 基本的には、名前(読みにくい姓名の場合は読み仮名もセットで)、郵便番号・住所、電話番号、メールアドレスを明記。 5、返信はなるべく早く ビジネスにおけるメールは、24時間以内に返信するのが基本のマナー。 企業から面接の日程調整に関するメールが届いたら、できるだけ早く返信するようにしましょう。 ただし、深夜・早朝などは可能な限り避けてください。 「どんな生活をしているのだろう…」と、企業側に変な心配をかけてしまう可能性があるためです。 理想的な返信時間帯とされているのは、午前9時~午後10時。 その時間帯の返信が難しい方は、メールの自動送信予約機能を活用すると良いでしょう。 面接関連のメールの種類と例文 転職活動中は必然的に採用担当者とメールでのやり取りをすることになります。 やりとりの内容は大きく分けて 「面接の日程調整・キャンセル」「面接後のお礼」「履歴書提出」「選考辞退」「内定承諾」の 5種類です。 そこで、面接関連のメールの例文を内容ごとに用意しました。 ぜひご参考ください。 面接の日程調整・変更 以下は企業からの面接日程打診メールに対する返信のイメージです。 企業から面接日程の選択肢を送ってもらい、それに返信する。 自分から面接日程を提示する場合• 一度決まった面接日の変更 以上の三種類のイメージをご紹介します。 企業から面接日程の選択肢を送ってもらい、それに返信する。 まずは、企業から提示された面接候補日の中から、希望日時を選ぶ場合のメール文面を見てみましょう。 転職 大辞郎と申します。 書類選考通過と面接のご連絡ありがとうございました。 ぜひ、次の面接に参加させていただきたく思っています。 ご提示いただきました日程のうち、下記にてお伺いします。 当日は、どうぞよろしくお願いいたします。 もし問題がある場合は、別日程の調整を依頼することになるので遅くとも1日以内に返信することが望ましいでしょう。 また、採用担当者に面接のスケジュールを調整してくれたことへの感謝も合わせて伝えましょう。 自分から面接日程を提示する場合 企業からあなた自身の都合がよい面接日程を挙げるよう依頼された場合。 面接担当者が選べるよう、できるだけ幅広い日程を提示して返信しましょう。 転職 大辞郎と申します。 このたびは、書類選考通過のご連絡をくださり、ありがとうございます。 以下、私の面接希望日時を記載させていただきます。 ・10月17日(火) 15:00以降 ・10月18日(水) 10:00~12:00 ・10月19日(木) 終日 ・10月20日(金) 14:00~18:00 上記の中からご調整いただくことは可能でしょうか。 もしご調整が難しい場合は、 再度日程を提示いたしますのでお申し付けください。 お忙しい中と存じますが、どうぞよろしくお願いいたします。 一度決まった面接日の変更 在職中の仕事状況や、家庭の事情など、どうしても外せない事情が発生してしまった場合は、いち早く面接日変更の願い出をしましょう。 大変恐縮ですが、調整していただいた面接日程を諸事情により 変更したくご連絡いたしました。 以下の日程で再度調整していただくことは可能でしょうか。 ・10月17日(火) 15:00以降 ・10月18日(水) 10:00~12:00 ・10月19日(木) 終日 ・10月20日(金) 14:00~18:00 調整が難しい場合は、 再度日程を提示いたしますのでお申し付けください。 お手数をお掛けして大変申し訳ございません。 お忙しい中と存じますが、どうぞよろしくお願いいたします。 そのため、担当者にお詫びの一言を入れると良いでしょう。 面接当日の遅刻・キャンセル 基本的に面接当日の遅刻やキャンセルは電話で行うほうが良いでしょう。 しかし、仕方なくメールで連絡するといった方法しかないことも。 以下に 面接当日の遅刻をする際のメールと、 面接当日のキャンセルをする際のメールのテンプレートをご用意しました。 大変恐れ入りますが、このまま貴社にお伺いして面接をしていただく、 もしくは面接日程の変更をしていただくことは可能でしょうか。 せっかく面接日程等を調整していただいたのに関わらず、 このようなことになってしまい大変申し訳ございません。 また、メールでのご連絡となってしまい心よりお詫び申し上げます。 ご検討のほど、よろしくお願いいたします。 大変お手数をお掛けしますが、 面接日程の変更をしていただくことは可能でしょうか。 せっかく面接日程等を調整していただいたのに関わらず、 このようなことになってしまい大変申し訳ございません。 また、メールでのご連絡となってしまい心よりお詫び申し上げます。 ご検討のほど、よろしくお願いいたします。 加えて 「このまま面接に向かうべきなのか」「面接日の再設定などは可能か」など、次に何をするべきなのか、指示も仰ぎましょう。 面接後のお礼 面接後のメールは、面接官に時間を割いていただいたお礼と志望度の高さを表す内容が良いでしょう。 必ずしも面接後にメールを送る必要はありませんが、面接で伝えることができなかったことがある場合は合わせて送るとよいでしょう。 本日はご多忙の中、 面接の機会をいただきまして誠にありがとうございました。 末筆ながら、面接のお礼を申し上げますとともに、 貴社のますますのご発展と社員皆様のご多幸をお祈り申し上げます。 定型の文章のようなメ-ルを面接の度に送るのはかえって迷惑となり、印象を悪くしてしまう可能性もあります。 最低限のマナーを押さえた上で自分の言葉で綴ったメールが良いでしょう。 履歴書提出 件名は「履歴書の送付について」などの採用担当者にわかりやすいメール本文にしましょう。 また、本文の内容も簡潔に「履歴書が添付してある」という旨を伝えましょう。 本日は以前にご指示いただきました履歴書を提出させていただきたく、 ご連絡いたしました。 こちらのメールにPDF形式にて履歴書を送付させていただきます。 お忙しいところ大変恐縮ではございますが、 ご確認いただけますと幸いです。 ご査収のほど、よろしくお願いいたします。 PDF変換がされていない場合、パソコンやソフトの種類によって見え方が変わってしまう場合があります。 そして、送信ボタンを押す前に一呼吸。 最後に書類がしっかり添付されているか、メール内容に問題がないかチェックすることを忘れずに。 チェック後に、メールを送信しましょう。 選考辞退 「他社から内定をもらった」「転職することを辞めた」など様々な理由があって選考辞退をすることがあるかもしれません。 そこで重要なのは、企業に辞退の旨をしっかり伝えること。 自分のために時間を割いてくれた方へのを必ず伝えるようにしましょう。 本日は選考辞退の旨をお伝えしたくご連絡いたしました。 誠に勝手ではございますが諸般の事情により、 貴社の選考を辞退させていただきます。 お手間やお時間をおかけしたのにも関わらず、 このようなお返事となってしまい大変申し訳ございません。 末筆ではございますが、 今後の貴社の益々のご発展とご活躍を心よりお祈り申し上げます。 その為、辞退理由を回りくどく書く必要はありません。 最低限のマナーを守って簡潔に伝えましょう。 内定承諾 内定承諾のメールは長々と書いてしまいがちですが、意志を簡潔に伝えましょう。 加えて今後の抱負や入社に向けた意欲を伝えることができると好印象です。 もちろん、誤字脱字がないかチェックも欠かさないようにしましょう。 先日、面接をしていただきました転職 大辞郎と申します。 この度は内定のご連絡をいただきまして誠にありがとうございます。 ぜひとも承諾させていただきたいと存じます。 皆様と共に働けることを心より楽しみにしております。 1日も早く貴社の戦力としてとなれるよう邁進して参ります。 今後の入社までの手続きについてご指示などがございましたら、 ご指示をいただけると幸いです。 今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 加えて内定をもらったところ以外に選考を受けている会社がある場合には、それぞれにしっかりと辞退の連絡をするようにしましょう。 気を付けたいよくある減点ポイント 敬語が間違っている どんなに内容がしっかりしていて体裁が整っているメールでも、間違えた敬語を使ってしまうと「この人大丈夫かな?」と採用担当者に思われてしまうことも。 ここでは間違えやすい敬語をチェックしておきましょう。 しかし、メールに不必要な装飾を使いすぎるとかえってメールを見た採用担当者にとっては見にくいものになることも。 特別なルールはありませんが、状況に応じた適度な装飾を心がけましょう。 改行などが無く見えづらい メールを読む相手にとって、読みやすい見た目にするというのも大切なことです。 その上で改行は非常に重要なものになってきます。 ポイントとしては、意味のまとまりごとに改行をすること。 また、30文字を過ぎたら改行をするとメールの受け手にとっても読みやすい見た目に仕上がります。 改行が苦手な方は、まずは意図的に改行を増やすということから始めることをオススメします。 下にメールの例を二つ用意しました。 上は改行がないもの、下は改行を加えたものです。 下の改行を加えたメールのほうが読みやすいのではないでしょうか。 【改行なし】 お世話になっております。 転職 大辞郎と申します。 このたびは、面接の候補日時のご連絡、ありがとうございました。 ぜひ、次回の選考に参加させていただきたいと思っています。 会社のメールアドレスを使用している 本来会社のメールアドレスは、取引先や社内でのコミュニケーションのために使われるもの。 転職活動に勤務先のメールアドレスを使ってしまうと採用担当者に「この人は公私混同してしまう人だな」「もし入社しても会社のアドレスを本来の用途以外に使う人なのだな」というマイナスの印象を与えてしまいます。 加えて、勤務先のアドレスを使用すると社内のシステム部門や上司からメール内容を見られてしまう可能性もあります。 ヤフーメールやGメールなどのフリーアドレスを転職活動用に新しく作成すると良いでしょう。 メール送信前のセルフチェック項目 メール送信前のセルフチェック項目|こんな返信メールはNG 宛先に間違いはないか 宛先のメールアドレスに間違いがあれば、当然ながら相手にメールは届きません。 送信エラーに気づくこともできなければ、迅速に面接日程の調整ができず、せっかくの縁が無駄になる可能性すらあります。 最悪なのが、別の人にメールが届いてしまうケース。 本来返信したかった相手の署名などが残っている状態で別の人に送信してしまえば、立派な情報漏えいにあたります。 また、相手の名前や役職などの間違いも厳禁です。 本文全体のレイアウトは見やすいか たとえば、いくつもの文章が流し込みでずっと続いていると、読み手は読みづらさを感じます。 読みやすい部分で改行する、1ブロックは2~3行ほどにまとめる、文字の大きさやフォントは揃えるといった点に注意してみましょう。 1文1文は読みやすいか 1文が長すぎたり、誤字脱字が多かったり…という文章も、読み手にストレスを与えます。 送信前に再度全体を読み直し、読みづらさを感じるところはないか客観的にチェックしてください。 また、「です」が続くなど、稚拙な言葉遣いになっていないかも確認することをオススメします。 「丁寧に書こう」と思うあまり、二重敬語になってしまっているメールもNGです。 面接希望日時にミスはないか メール文面とスケジュール帳とを照らし合わせ、希望日程に間違いがないか最終確認をしましょう。 特に注意すべきは、日にちと曜日のずれ。 メールを受け取った採用担当者は正しく面接希望日を把握することができず、再度やりとりが必要になってしまいます。 パソコンの日時設定は合っているか 自分のパソコンの設定がずれていると、送信メールの日時もずれてしまう可能性があります。 せっかく時間帯を気にして送信しても、極端な時間帯に返信したことになってしまうことも。 また、送信予約機能も正しく機能せず、適切なタイミングで相手にメールをチェックしてもらうことができません。 言葉使いや面接後のお礼メールに困ったらコチラ! 選考中の連絡に関するお役立ちリンク集 これまで、面接日程メールへの返信のポイントをお伝えしました。 そのほか、面接のお礼メールの作り方や言葉遣い、選考中の企業への連絡の仕方など、お困りごとがあれば下記をぜひ参考にしてみてください。

次の