ご返事をいただけると幸いです。 「幸いです」の使い方について質問です。

I would appreciate if you could V.お願い編「〜していただければ幸いです」

ご返事をいただけると幸いです

「ご返信いただきましたら幸いです」は単純に間違るでしょう。 こういう解りにくい(混乱しやすい)敬語は、まずフツーの言葉に戻してみましょう。 「返事もらったら嬉しいの?あっそう。 」という返事が聞こえてきそうな文でしょう? それに対し、問題の「き」と「け」を入れ替えることで「可能」の意味に変わります。 「(もらえるかわからないけど)返事をもらえたら嬉しいです」という感じに変化します。 「いただく」はあくまでここでは「私」が主語なので「もらう」動作をするのは「私」です。 返信する人ではありません。 この考え方を他の表現でも応用してみてください。 お力になれたでしょうか… [補足への返信] そうですね。 普通の表現でも「そうしてもらえると助かる」とか言いますよね? 「あなたにそうしてもらえる」ということが「助かる」「嬉しい」という理由であって、相手の行為が関係します。 とってもやわらかく押し付けがましくなく「お願い」をしている、ということになるんです。 「もらう」という言葉は特に、他人が自分に対して好意的なことをするわけですから、「もらえる」と言うのと「もらう」というのでは、気持ちの上で違いますよね。 そして、「もらう」という行為を受けるかどうかは、相手次第なので、「もらうかどうか」より「もらえるかどうか」という方が正しい、という側面もあります。 「私はこうしてもらうと嬉しい」みたいな文だと、なんて言うか、「自分のことだけかい!」ってツッコミたくなる(笑) もっと言えば「私はそうしてもらうと嬉しい。 なんでしないの?それをして私を喜ばせなさい」みたいな。 どっかの将軍様もビックリ。 ちなみに私は国語学者でも日本語の権威者でもないので、反論者がいるかもしれません。 ただ、筋は通ってると思うので個人の見解、持論としてご説明差し上げた次第ですが、質問者様も客観的に判断してみてくださいね。

次の

「幸いです」は目上に失礼!?「ありがたい」「助かります」は…【今さら聞けない大人の敬語講座vol.6】

ご返事をいただけると幸いです

ビジネスメールでよく見かける「幸いです」という言葉。 便利な言葉ですが、その意味と正しい使い方を、あなたはご存じでしょうか。 目上の人に対して使ってもいい表現なのか、ほかにどんな言い方があるのか。 今回は、「幸いです」の正しい使い方や言い換えについて解説します。 ビジネスメールで多用される「幸いです」でも実は目上の人には失礼? つまり、「幸いです」という言葉には 「出来ればで構いませんので」というニュアンスが含まれているのです。 そのため、「必ず実行してもらいたい」場合に使うべき言葉ではありませんので、注意しましょう。 「幸いです」という言葉は、とても丁寧な表現のように思えますが、実は、目上の人に対して使うには、相応しくない表現とされています。 「幸いです」という言葉は、丁寧で柔かい表現ではあるものの、その言葉でもって締めくくられると、どこか一方的に要望を述べられて終わっている感があり、相手に失礼な印象を与えかねないからです。 また、目上の人に対して何かを依頼するならば、謙譲語を用いるべきです。 では、どんな表現が相応しいのでしょうか。 「幸甚」は、「この上なく幸せ」「非常にありがたく思う」という意味ですから、「幸いです」よりもさらにうれしいということを示す丁寧な表現と言えます。 同僚や対等な立場にある相手に対しては「幸いです」を、相手が目上の人の場合には「幸甚です」を用いると良いでしょう。 同僚や対等な立場にある相手に…… ・「本日中に提出していただけると幸いです」 目上の人に…… ・「明日までにお返事いただけると幸甚です」 「幸いに存じます」「幸甚に存じます」 「幸いです」よりも「幸甚です」の方がより丁寧な表現ですが、文章がとても硬い印象になってしまいます。 丁寧かつ柔らかい表現にしたいのであれば、「幸いに存じます」がおすすめです。 また、より強い敬意を表したいのであれば、「幸甚に存じます」とするのも良いでしょう。 ちなみに、「存じます」は「思います」の謙譲語ですから、どちらも目上の人に対して使うのに相応しい謙譲表現になります。 ・「プレゼンの資料を今一度ご確認していただけると幸いに存じます」 ・「なお、懇親会の席にもご出席いただけると幸いに存じます」 より強い敬意を表す場合…… ・「お時間の許す限り、ご高覧賜りましたら幸甚に存じます」 ・「新しいプランを作成して参りましたので、再度検討していただけると幸甚に存じます」 「助かります」「ありがたいです」 「幸いです」のよりくだけた表現に、「助かります」「ありがたいです」があります。 同僚や対等な関係にある相手に、メールや文書で依頼するのであれば「幸いです」を使うのが一般的ですが、電話や会話では「助かります」「ありがたいです」を用いても良いでしょう。 ただし、かなりくだけた表現になりますので、距離感の近い相手に限定して使うようにしましょう。 距離感の近い同僚や対等な立場にある相手に おもに口語 …… ・「この資料、明日までにまとめてもらえると助かります」 ・「明日の仕事、代わってもらえるとありがたいです」 今回は、「幸いです」の使い方と類語をご紹介しました。 「~してください」という断定的な言い方を避けた柔かい表現ではある反面、「してもしなくてもいい」という非常に曖昧な言葉でもあります。 また、目上の人に使う場合には注意が必要です。 そのことを理解した上で、正しく賢く使い分けするようにしましょう。

次の

「ご返信いただきましたら幸いです」と「ご返信いただけましたら幸いです」と...

ご返事をいただけると幸いです

"Please respond when you receive this email. " Please - politely requesting for a response. Respond - to reply when you receive - Asking that the person who receives the email replies when they get it. "The matter is urgent and a prompt reply would be appreciated. " Urgent - Serious or needing immediate action. Prompt - This is an adjective to describe that an action needs to be done quickly, without waiting. Reply - Response or answer. Appreciated - Thankful or grateful! "Please respond when you receive this email. " (このメールを受け取ったらお返事ください) Please - 返事を丁寧にお願いしています。 Respond - 返事をする when you receive - 受け取ったら 2. "The matter is urgent and a prompt reply would be appreciated. " (緊急の件なので早急にお返事いただければ幸いです) Urgent - 重要なこと、早急な対応が必要なこと Prompt - すぐに行う必要のあることを表す形容詞 Appreciated - 感謝すること Any one of these statements can be used to ask someone to reply your email as soon as possible:- 1. I look forward to your prompt response. The word "prompt" means something that is done immedialtey and without delay. Whenever we start a sentence with the words "I look forward to XX" it is a polite way of asking someone to do something. , in this case without delay. Please reply ASAP "ASAP" means As soon as possible. This simpy means that you are asking the person to respond immediately. Well, in the situation that someone is not responding to you, it depends rather on the context and your relationship with that person. It is extremely irritating to be ignored and a direct question as in the third example sentence may be the most effective in gaining a rapid response - or understanding why there is a delay.

次の