エクセル ブック の 共有。 【Excel】排他モード(共有解除)の意味・設定と、3つの注意点を解説

Office365のExcelで「ブックの共有」を設定する方法

エクセル ブック の 共有

Excel for Microsoft 365 Excel for Microsoft 365 for Mac Excel 2019 Excel 2016 Excel 2019 for Mac Excel 2013 Excel 2010 Excel 2007 Excel 2016 for Mac 最新バージョンの Excel を使用していて、 Microsoft 365 のサブスクライバーである場合は、[共有ブック] 機能に関連するボタンが [校閲] タブに表示されなくなることがあります。 ブックを共有するためのより簡単で便利な方法が用意されています。 また、を使用しています。 [共有ブック] ボタンが必要な場合は、引き続きアクセスすることができます。 たとえば、[共有ブック] 機能を無効にする必要がある場合や、この機能を使用している最中である場合です。 ボタンを再表示する最も簡単な方法は、クイック アクセス ツール バーにボタンを追加する方法です。 クイック アクセス ツールバーは、Excel ウィンドウの最上部、[保存] ボタンの右側にある小さなボタンのバーです。 クイックアクセスツールバーに共有ブックのボタンを追加する• [ ファイル]、[ オプション]、[ クイック アクセス ツール バー] の順にクリックします。 [ コマンドの選択] で一覧を開き、[ すべてのコマンド] を選択します。 [ ブックの共有 レガシー ] が表示されるまで、一覧を下にスクロールします。 項目を選択し、[ 追加] をクリックします。 [ 変更履歴の記録 レガシー ] が表示されるまで、一覧をスクロールします。 項目を選択し、[ 追加] をクリックします。 [ 共有の保護 レガシー ] が表示されるまで、一覧をスクロールします。 項目を選択し、[ 追加] をクリックします。 一覧をスクロールし、[ ブックの比較と反映] を表示します。 項目を選択し、[ 追加] をクリックします。 [ OK] をクリックします。 Excel のウィンドウの上部に 4 つの新しいボタンが表示されます。 それぞれのボタンの外観は次のとおりです。 [ブックの共有] ボタン:• [変更履歴の記録] ボタン:• [保護と共有] のボタン:• [ブックの比較と反映] ボタン: 場合によっては、これらのボタンが [校閲] タブに表示されている記事もあります。 ただし、上記の手順を実行した後は、代わりにボタンはクイック アクセス ツールバーに表示されます。

次の

Excelファイル共有(ブック共有)の設定方法と共有解除する方法【Excel2013】

エクセル ブック の 共有

不安な場合は、一度操作を中止してバックアップを作成してから操作すると良いでしょう。 これで、ブックをパスワードによって保護しながら、ブックの共有機能を設定することができました。 これなら、共有の設定がむやみに解除される心配はありません。 ブックの共有によって使用できなくなる機能 なお、ブックの共有が設定されると、Excelの一部の機能が使用できなくなります。 その中で、使用頻度が高い機能としては、「セルの結合」「セルの挿入」「シートの削除」「グラフの作成」「ピボットテーブルの作成」があります。 なお、行や列を挿入する操作は可能です。 ブックの共有を解除する前に、他の人の編集を確認する ブックを共有する必要がなくなったら、共有の設定を解除するわけですが、その前に行うべきことがあります。 実は、共有したブックに対するデータ入力は「変更履歴」という形で「仮保存」されています。 つまり、入力内容はブックに完全に反映されていません。 これは、「ひとつのセル」に対して「同時」にデータが入力されることを想定した機能で、これによって「データ編集のコンフリクト(衝突)」を回避することができるわけです。 この変更履歴の操作については別記事にて詳しく紹介しますが、注意すべきなのは、ブックの共有を解除すると、すべての変更履歴が消去されてしまうことです。 したがって、ブックの共有を解除する前に、すべての変更履歴について反映するかしないかを判断して処理しておきます。 これが、ブックの共有を解除する前に行うべきことです。 変更履歴をブックに反映させる ここでは、編集のコンフリクトが発生していないものとして、すべての変更履歴をブックに反映します。

次の

エクセル(Excel)「ブックの共有設定」の基本をマスター [エクセル(Excel)の使い方] All About

エクセル ブック の 共有

Excel for Microsoft 365 Excel for Microsoft 365 for Mac Excel 2019 Excel 2016 Excel 2019 for Mac Excel 2013 Excel 2010 Excel 2007 Excel 2016 for Mac 最新バージョンの Excel を使用していて、 Microsoft 365 のサブスクライバーである場合は、[共有ブック] 機能に関連するボタンが [校閲] タブに表示されなくなることがあります。 ブックを共有するためのより簡単で便利な方法が用意されています。 また、を使用しています。 [共有ブック] ボタンが必要な場合は、引き続きアクセスすることができます。 たとえば、[共有ブック] 機能を無効にする必要がある場合や、この機能を使用している最中である場合です。 ボタンを再表示する最も簡単な方法は、クイック アクセス ツール バーにボタンを追加する方法です。 クイック アクセス ツールバーは、Excel ウィンドウの最上部、[保存] ボタンの右側にある小さなボタンのバーです。 クイックアクセスツールバーに共有ブックのボタンを追加する• [ ファイル]、[ オプション]、[ クイック アクセス ツール バー] の順にクリックします。 [ コマンドの選択] で一覧を開き、[ すべてのコマンド] を選択します。 [ ブックの共有 レガシー ] が表示されるまで、一覧を下にスクロールします。 項目を選択し、[ 追加] をクリックします。 [ 変更履歴の記録 レガシー ] が表示されるまで、一覧をスクロールします。 項目を選択し、[ 追加] をクリックします。 [ 共有の保護 レガシー ] が表示されるまで、一覧をスクロールします。 項目を選択し、[ 追加] をクリックします。 一覧をスクロールし、[ ブックの比較と反映] を表示します。 項目を選択し、[ 追加] をクリックします。 [ OK] をクリックします。 Excel のウィンドウの上部に 4 つの新しいボタンが表示されます。 それぞれのボタンの外観は次のとおりです。 [ブックの共有] ボタン:• [変更履歴の記録] ボタン:• [保護と共有] のボタン:• [ブックの比較と反映] ボタン: 場合によっては、これらのボタンが [校閲] タブに表示されている記事もあります。 ただし、上記の手順を実行した後は、代わりにボタンはクイック アクセス ツールバーに表示されます。

次の