タイピング 手 の 位置。 タイピングで指が動かない時の原因と対策

タイピングの基本姿勢(指と手首) inごんタイピング

タイピング 手 の 位置

タイピング時の姿勢で手首の位置や肘の位置は? みなさんは長時間でなくても 集中してキーボードに向かっていて、 無意識にため息をしていることがありますか? みなさんがふとした拍子に とってしまうその行動、 実はすでにかなり体へ疲労が たまっている状態なんです。 それが無意識に出るのは 体が休息を求めている証拠 になります。 そんな無意識のため息が 出てしまう前に、いま一度 タイピングをするときの正しい 設置位置や姿勢を確認しましょう。 ではまずタイピング時の 正しい姿勢から。 座椅子やこたつ、テーブル といった場所で作業をする 人は少なくありません。 ですが正しい姿勢に必要なのは 「机」と「イス」です。 パソコンやタブレットを 机の上に設置したら、 肘の角度を確認しましょう。 肘は90度以上開いた状態で キーボードに指を置けるよう 机やイスの高さを調整します。 高さの調整が終わったら 背もたれにしっかりと背中が あたるくらい深く座り、 前かがみにならないように 少し体重を預けましょう。 最後に両足を床にきちんと ついた状態にします。 イスが高さを調整できず、 足が床に届かない場合は 箱などを設置して必ず接して いる状態にすること。 足を組んだりあぐらをかく といった姿勢は体に良くない姿勢なので、 休憩以外では やらないよう注意してください。 これで姿勢は完璧です。 次に、 パソコンの画面を 目から40cm以上は離し、 画面に向ける目線はやや下に なるよう調節します。 わざわざメジャーなどを使って 距離を測る必要はありません。 自分の腕を使って簡単に だいたいの距離がわかりますよ。 人によって長さは変わりますが 肘から指先までが目と画面の あいだに余裕を持って入る 距離があれば40cm以上です。 画面と目の距離が近いと 目の疲れが起きやすくなり、 目の疲れは肩こりや頭痛を 発生させてしまいます。 これは姿勢よりもはるかに重要で、 姿勢を直しても体が疲れる場合は ぜひ画面との距離を見直してみてくださいね、 姿勢や高さを調整しても やはりこれだけですべてが改善できる、 とは言えません。 人間ですから、1ミリの 疲れも見せずに作業をする のは不可能な話です。 ですから次は、 ちょっと試すだけで体の疲れをほぐす方法も 合わせてご紹介します。 スポンサーリンク 気軽に出来る体の疲れをほぐす方法 まずパソコンやタブレット、 スマホの影響を1番に受けやすい目。 目のほぐし方 やり方は両手の親指もしくは 人差し指を立てます。 その指を目頭から少し上に置き、 鼻の骨が目の骨のくぼみと 交わるあたりにそっとあてます。 あとはゆっくりと優しく 上に向かって少しだけ力を入れましょう。 ほんの少しの力でOKですよ。 筆者は、余分な力が入りやすい人差し指より 優しく押せる親指で押すようにしています。 この場所は ツボの「晴明」と呼ばれていて、 マッサージ師が手軽にできる ツボ押しとして教えてくれる場所です。 間違っても強く押せばもっと利くものだ、 と強引に力を入れたりしないように 注意してください。 指を当てて押す時間は 20秒~30秒ほど。 目が疲れてきたなと感じたら すぐにできるのでお手軽です。 目の疲れをほぐしたら 次は肩や首ですね。 肩や首のほぐし方 せっかくイスに座った状態で キーボードに向かっているので、 イスを使ったストレッチをやりましょう。 ご紹介するのは2つ、 ・首を前に倒すストレッチ ・肩を回すストレッチ になります。 首を前に倒すストレッチ イスに座った状態で首を 前に倒します。 ガクンと下げるのではなく、 痛くない位置までゆっくりと した動きで大丈夫です。 2回ほどその体制で深呼吸を したら首を元の位置に戻し、 後頭部で両手を組みます。 そして先ほどと同じように 首を倒すのですが、今度は 両手の力も少しだけ借りて 先ほどより多めに倒しましょう。 倒した状態で5つ数えたら 息を吐きながらゆっくりと 体を反り気味に戻します。 首だけと両手を使う動きを 1セットとして3回行います。 首を回すストレッチ 手のひらを自分に向けてから 羽交い締めのようなポーズで 肩に両手の指を置きます。 (それぞれ指を置く場所は 右手は右肩へ、左手は左肩です) その体制をくずさずに両肘は 顔の前で触るくらい近づけ、 背中の筋肉の広がりを意識して 肩を大きくうしろに回します。 これも早く動かす必要はなく、 後ろ向きに10回動かしたら 次は前回りで肩を動かします。 回数は同じく10回です。 2つのストレッチだけでも たまってしまった体の疲れを かなりほぐしてくれるので、 ぜひ体がだるくなりはじめる前に アラームなどをかけて 定期的に行ってあげて下さいね。 まとめ 学生の頃からデスクワーク 漬けのような生活をしていると、 社会人になっても当時やっていた癖が抜けず、 年を重ねてさらに悪化する人も多いのです。 今のうちからどれだけ集中していても、 体の息抜きを忘れないことを心がけて 長時間の作業に備えましょう。 また、長時間イスに座っての 作業は腰にも負担が大きいので 腰痛になってしまう可能性が とても高いです。 そうならないためにも ストレッチだけでなく、 立ち上がってみたり 5分だけ横になったりと 重力を感じる体の向きを 変えてみてくださいね。

次の

タッチタイピングの姿勢と手の置き方でタイピングが速くなる!?

タイピング 手 の 位置

手首は浮かせるのか、固定するのか 無責任にとられるかもしれないが、手首は、浮かしても浮かさなくても どちらでも良い。 手首を浮かせる方法、手首を固定させる方法、それぞれにメリットとデメリットがあるからだ。 手首を固定するメリット・デメリット 手首を 固定すると、 窮屈な状態でタイピングしなければならなくなり、動きに 制限がある。 しかし、 疲れにくく安定したタイピングが可能になる。 手首を浮かせるメリット・デメリット 手首を 浮かせると、指がバタバタした 不安定なタイピングになりがちで 疲れやすい。 しかし、自由に指を動かせるので、動きに 制限がなく、遠い位置にあるキーもスムーズに打てる。 状況によって使い分けられると良い 手首固定派、手首流動派、どちらの方法でも速い人は速いので、これは 好みの問題であると言える。 用途によって使い分けよう。 個人的には、(パームレスト、アームレストともいう)を用意し、リストレストに手首を置いた状態でタイピングをするのが、一番楽で打ちやすいと思う。 次のページでは、手元を見なくても正確にタイピングできる原理を学ぼう。

次の

タイピングは指の位置を正しく置かないといけないんでしょうか? ...

タイピング 手 の 位置

私はキーボードの前にパームレスト(手首置き)を置いて、高さ調節して、浮かしていません。 タイピングのスピードは、タイプウェル基本常用語で、49秒台です。 人に寄って、手を浮かしたほうが速く入力できるという人もいます。 でも個人的な意見ですが、手を浮かせて入力すると、二の腕が疲れます。 長時間タイピングすると、だるくなってきます。 なので、肘置きがある椅子で、パームレストを使って、動かすのは、手首から先だけにして疲れにくくしています。 机置きの場合に、気をつけて欲しいのは、キーボードの段差が高いと、手首を上に上げたような状態で入力することになるので、手首を痛めやすくなってしまいます。 人それぞれなので、こういう人もいるという参考にしてください。 純粋にスピードを追求するなら、手首を浮かすほうが、稼動範囲が大きくなるので、可能性があるようにも思います。 A ベストアンサー トレモロはなかなかツブが揃わないですね。 各指を独立させる非常に効果的な練習方法を紹介いたします。 運動生理学専門の医者であり、ピアニストでもある叔父に教わった方法です。 まず、人間の手は、「親指・人差指・その他の指」の3本だというのです。 大昔から人間の日常は、粗野な仕事も細かい仕事もその3本の連携で作業をしてきたので、「その他の3本」の指が独立して動かすことはなかった。 またその必要もなかったというのです。 その結果、その他の3本の指を動かす筋肉は、腱鞘という筋肉を包むさやに入れられ前腕にまとめられてしまったというのです。 そのため、指を独立して動かす場合は、楽器の練習の前にそれらの筋肉の分離独立を促すストレッチをすれば効果が高いということです。 具体的な方法は簡単です。 2種類あります。 1.右腕を、床に対して水平に前方に出します。 手のひらは天井に向けます。 2.そのまま右手首の力を抜きダラリとさせます。 3.左手全体で、右手の薬指1本だけを握ります。 薬指の関節が曲がらないように棒のような状態にしてしっかり握ります。 ゆっくり棒状の薬指をそらしてストレッチします。 4.薬指をストレッチしたまま、他の指をゆっくり曲げて、無理やり握りこぶしを作ります。 このとき前腕の筋肉が痛くなります。 痛い場所が引っ張られている腱鞘です。 ようはこれを分離するストレッチ体操です。 5.ゆっくり握りこぶしを締めたり緩めたりを10回くらい繰り返します。 これがAという柔軟体操。 もう一つは、説明が簡単です。 「Aの逆」です。 と言えば分かると思います。 Aの練習とは逆に、人差指・中指・小指をまとめて、左手で棒状につかんでそらせます。 ゆっくりと薬指と親指で握りこぶしを作るのです。 これがBという柔軟体操です。 次に、中指を対象にして同じことをやります。 これも10回くらい。 この両方を練習前にやればウソのように手が独立して動きます。 応用練習 このAとBを左右のすべての指(親指以外)で行ないます。 毎日やれば、ゆびがバラバラになったのかと思うほどに独立して動くようになります。 左手小指のトリルのときなども自分でも驚くほど速く動きます。 あと効果的なのは、右手の薬指と中指で、ピアノのトリルのような交互打鍵動作で机の上をカタカタカタカタと叩きます。 出来るだけ速く、自分の限界でやります。 10秒くらい続けて5秒のインターバルです。 これをヒマさえあれば実行します。 電車の中でも、仕事中でも、運転中でも、テレビを見ながら、読書しながら、彼女と映画を見ながら、とにかく目立たないように自分の体の一部をコトコトコトコト叩くのです。 (変なヤツと軽蔑されないように他人に見られないように気をつけてやって下さい。 ) 以上お試しください。 ただし、ストレッチは急にムチャクチャすると当然指が壊れます。 軽く少しずつ続けてください。 これと並行に、他の人の回答にあるような基本練習もしっかりやればスグにうまくなります。 トレモロはなかなかツブが揃わないですね。 各指を独立させる非常に効果的な練習方法を紹介いたします。 運動生理学専門の医者であり、ピアニストでもある叔父に教わった方法です。 まず、人間の手は、「親指・人差指・その他の指」の3本だというのです。 大昔から人間の日常は、粗野な仕事も細かい仕事もその3本の連携で作業をしてきたので、「その他の3本」の指が独立して動かすことはなかった。 またその必要もなかったというのです。 その結果、その他の3本の指を動かす筋肉は、腱鞘という筋肉を包むさやに入... A ベストアンサー ご存知と思いますが、現在の日本語変換ソフトでは、複文節変換法 別名一括変換法 と単文節変換法 文節単位で変換 があります。 タッチタイピングが出来るのであれば、単文節変換法をお勧めします。 ただ、ここで云う単文節とは、文法上の文節ではなく、「助詞」や「句読点」を含めた文節と云うことになります。 なお、単文節変換の操作例を挙げておきます。 毎日一回の文章入力だけでは、それほど早い上達も見込めないでしょう。 結局タイピングがうまくなりたいなら、反復練習しかないです。 まずは、良く使うキーをある程度正確に打てるようになることを目指しましょう。 ひたすら、あいうえおあいうえおあいうえお... と打つ。 次は、かきくけこかきくけこかきくけこ... さしすせそさしすせそさしすせそ... こうやって、キーの場所とホームポジションからの距離感を、身体に覚え込ませるのです。 このタイプ練習を行った後、ゆっくりで良いので今もやっている文章入力をセットで行ってみてください。 時間は気にせず正確に打つことだけを意識したり、逆に多少間違ってもいいから速度を上げてみたり、いろいろ試してみると良いでしょう。 一度正確に打ったあと、二回目に速度を上げて打ってみるなど、複数回行うとより良いです。 そのうち「どのくらい間違ってもいいから、このくらいの速度で打った方が、最終的には早くなる」というラインが見えてくると思います。 良く使われるキーを間違えてしまうという段階では、文章のタイムアタックをするには、時期が早いように感じます。 毎日一回の文章入力だけでは、それほど早い上達も見込めないでしょう。 結局タイピングがうまくなりたいなら、反復練習しかないです。 まずは、良く使うキーをある程度正確に打てるようになることを目指しましょう。 ひたすら、あいうえおあいうえおあいうえお... と打つ。 次は、かきくけこかきくけこかきくけこ... さしすせそさしすせそさしすせそ... こうやって、キーの場所とホームポジション... A ベストアンサー 普通に使えます。 手元に無いのであれば、近場で安いのを買ってくればいいでしょうし キータッチにこだわるのもいいでしょう。 ネット通販などを使うのであれば トラックポイント付きキーボードなんかはどうでしょう。 amazon. wikipedia. もともと、マウスが必要になりだした時代に ノートPCにマウス代わりの装備を用意したタッチパッドと違い トラックポイントは、事務処理の効率化のために開発され 以前は事務向けの据え置きPCでも標準装備されたものもありました。 現在では、10キー無しのUSB接続のものが販売されていて 先だって、高価ながらBluetooth版も発売されています。 もっとも、ノートPCではBluetoothキーボードはいろいろ制限が生じるので難点があります。 USB接続のものも、BIOS設定メニューを呼び出せないなどの不具合が生じる場合もあります。 普通に使えます。 手元に無いのであれば、近場で安いのを買ってくればいいでしょうし キータッチにこだわるのもいいでしょう。 ネット通販などを使うのであれば トラックポイント付きキーボードなんかはどうでしょう。 amazon. wikipedia. A ベストアンサー <表示されてしまった場合> これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。 特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。 1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。 2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。 などの方法があります。

次の