俺 の 青春 ラブコメ は まちがっ て いる 14。 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。14(最新刊)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (14) (ガガガ文庫)

俺 の 青春 ラブコメ は まちがっ て いる 14

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 」は、渡航さんによるラブコメ作品。 ひとりボッチでいようとする高校生の主人公・比企谷八幡。 その性格を見かねた教師が「奉仕部」へ強制入部させる。 そこには唯一の部員・雪ノ下雪乃、そしてクラスメイトの由比ヶ浜結衣が相談しにきて…。 比企谷八幡、雪ノ下雪乃、由比ヶ浜結衣を中心とした青春群像劇。 同作はシリーズ累計800万部を超え、宝島社の「このライトノベルがすごい!2014-2016」にて3年連続で作品部門第1位に選出、唯一の殿堂入りも果たした。 さらに、「第1回SUGOI JAPAN Award 2015」ラノベ部門第1位も受賞。 2度のTVアニメ化に続き、ゲーム化もされた。 原作は 次巻14巻で物語が完結することが明言されており、いよいよクライマックスへ突入するが、アニメではどのような結末を迎えるのか…ぜひお楽しみに! さらに、2019年3月23日・24日に東京ビックサイトで開催される「AnimeJapan2019」に「俺ガイル」の参戦が決定した。 「マーベラスブース」(東7ホールM22)では「俺ガイル」の、キャストコメント、PVが公開されるのほか、原画展示コーナーや一色いろはすたんぷコーナーも設置される。 「NBCユニバーサルブース」(東4ホール J22)では「あにばーさる」フォロー&リツイートキャンペーンで「一色いろは」の祝・第3期ビジュアルのポスターが貰えるチャンスもあるので、足を運んでみてはいかがだろうか。 そして、本日3月19日(火)に発売となった小学館ガガガ文庫の新刊に入っている「ガ報」ではアニメ化発表を記念して、出演キャストの比企谷八幡役の江口拓也さん、雪ノ下雪乃役の早見沙織さん、由比ヶ浜結衣役の東山奈央さん、一色いろは役の佐倉綾音さんのコメントが掲載されている。 また、毎月一回、ガガガ文庫にまつわる情報をお届けする生放送の情報番組「月刊ガガガチャンネル」では「あの人」からコメント動画もあるということなので、忘れずにチェックしていただきたい。

次の

青春ラブコメの最高傑作“俺ガイル”ついに完結! 「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」最終14巻、本日発売!!

俺 の 青春 ラブコメ は まちがっ て いる 14

まちがい続ける青春模様、シリーズ完結。 季節はまた春を迎えようとしていた。 同じ日々を繰り返しても、常に今日は新しい。 言葉にしなければ伝わらないのに、言葉では足りなくて。 いつだって出した答えはまちがっていて、取り返しがつかないほど歪んでしまった関係は、どうしようもない偽物で。 過ぎ去った季節と、これから来る新しい季節。 まちがい続ける物語が終わり……そしてきっとまだ青春は続いていく。 シリーズ完結巻。 と思っていた時期が私にも昔ありました。 前巻でも書いたけれど、待たされすぎて醒めてしまった。 ほぼ想像あるいは期待に沿った 結末ではあったし、ゆきのんの気持ちも声に出して伝えられてヨカッタヨカッタだし、ラ ストも悪いとは思わない。 しかし一方で想定外のサプライズも無く、ひたすら待たされて 出てきたものは、あくまでプロム編の延長線上に過ぎない俺ガイルだった。 凡人ならとも かく、「俺ガイル」というたぶん名作 だった を立ち上げた著者が構想1年以上かけて満 を持して発売された作品なんだぜ? 2. 5cmを超える本の厚さに、待たせただけあるのか!と興奮もしたが、キャラ総出演な展 開でひたすら「~だろう」「~かも」なんて文章ばっかり並べられてもな・・・大雑把にいっ て300P以前の話は後に出るという短編集とかでやってくれ。 代わりにははのんと陽乃さん に一矢報いる話でも足してください。 今のままだとゆきのんの将来に関わりそうな問題は、 パートナーを得ただけで何一つ解決していない。 主要3人の話は決着していたが、それ以外の重要そうなキャラの掘り下げは省みられること もなく とくに陽乃・葉山な。 肉付けだけはやたら多かったのでストーリーに締まりが欠け ているように感じられた。 昔はここが肝!ってあたりで文章の雰囲気が独特のものに変わっ て、主人公が損な役回りを選ぶことで周りが上手く回る、ゆきのんや由比ヶ浜が嫌った、や るせない展開に進むのがいい味を出していたのだが。 思い起こせば、本物だの偽物だの概念 的でお高い思想に囚われてから筆も遅くなったし徐々につまらなくなってきた。 絶賛されておられる方が多々おられるので私の感性が歪んでいるのを認めるのはやぶさかで ない。 全体的かつ個人的にはさして面白いとは思えなかった。 あらすじ・結末はともかく、 皆ほんとうに、「俺ガイル」という一種のブランドを剥いでみても、この最終刊は面白いと 人に薦められるほどの作品だった? どうでもいいけど、Amazonって批判的なレビューは公開するの遅いのな。 2日後か…。 幾度も延期を重ねてやっと発売された14巻ですが、読み終わった後の印象としては「作者様は物語の収拾がつかなくなっていたのでは?」でした。 断片的にしか触れられていなかった雪乃と葉山の過去や葉山の好きな人Yなど、読者が気になっていたであろう謎が明かされることはなかったですし、主人公たちに問いかけをする役回りの陽乃に関してもあまり上手く使いこなせていなかったのか、妹にちょっかいをかける嫌な奴という単なるヘイト要員のまま終わってしまったように思えます。 私は本当にこの作品が好きで、尚且つ何度も延期があったためどんなラストを迎えるのかという期待も大きかったのですが、青春ラブコメの金字塔とも言える人気作品の締め方としては無難すぎるようにも感じました。 しかし、逆に言えばラノベにありがちな無駄に引き伸ばして最後に意味不明な終わり方をしたというわけではありませんし、文章としての完成度や面白さは健在だったので、読んでいて退屈に感じることはないと思います。 本筋のストーリーはこれで完結ですが、短編集などで俺ガイルは続いていくそうなので、そちらでは序盤のような魅力的なキャラクターたちの楽しいお話を期待したいです。 「めんどくさい」主人公こと八幡と雪乃と結衣のWヒロインによる学園ラブコメラノベ最終巻。 6巻で最高に盛り上がった後、少し中だるみ感があったり最終巻出る出る詐欺があったりしましたが無事完結です。 最後だけあってボリュームが凄いです。 530ページ!分厚い!読み終わるのに結構時間かかりました。 「このライトノベルが凄い!」を3連覇、殿堂入りしたり、アニメも2期放送されるなど注目されまくっただけあって 作者自身もどう締めるか苦労した感じはありました。 ですが同時に熱意も感じられました。 なあなあで終わって「???」となるラノベが多い中で良いエンドだったと僕は思います。 八幡が「けじめをつける」為に起こした行動が賛否両論ありそうだったり、全巻通して言えることですが 言い回しとかがくどいなーと思ったりはしましたが、その「めんどくささ」こそがこの作品であり、 主人公・八幡なのでそれを最後まで貫いたのは良かったです。 真っ直ぐストレートな八幡なんてもはや別人ですし。 ただ、読んでて「こいつらめんどくせーなーw」って思うのは最初から最後まで健在でした。 (笑) 八幡は最後までめんどくさかったし、雪乃は最後まで強く儚く美しくだったし、結衣は最後まで健気で天真爛漫 だったし、小町は最後まで最高に可愛い妹だったし、平塚先生は最後までかっこよかったし、戸塚は最後まで 天使だったし…キリがないので止めますが、全員が最後まで全員であり続けた作品でした。 個人的に一色はこの作品の救世主だと思います。 初期メンで回す作品全体がマンネリ化してきた頃にいい意味で 刺激を与えてくれ、最終的にはメイン人物の一人になってました。 マジあざといろはす。 途中で断念するラノベも多い中で最後で読破した貴重な作品です。 可愛い。 やだなにこの子、超可愛い」のシーン良かったね。 挿絵も含めてハッ!? って なったね。 そして2回ある「完全な不意打ち」ね。 素晴らしかったね。 エモかったね。 尊死したね。 あっ全然一言じゃなくなっちゃった。 あの頃から、全てを敵に回しても自分を守ってくれた八幡に、 淡い恋心を抱いていたのでしょうか。 文化祭のエピソード好きだったので感慨深い。 大筋では、「呪縛に囚われた姫(雪乃)」を 勇者(八幡)が助けるお話でした。 12巻ではっきりした、八幡の「ホンモノの感情」が、 (それを知った結衣は耐えて八幡を送り出した後、号泣でしたが) 13巻で拗らせて、どういう決着を迎えるのか。 生徒会選挙のようにバッドエンドなのか・・・。 ドキドキしながら読み進めました。 平塚先生が「いい先生」をしています。 間違いそうになった教え子に正しい選択をさせる、後押しをする。 おかげで、「専業主夫」とか言っていた八幡が、 社畜になる、と言うまでに社会性?を身に付けました。 八幡と雪乃を人間的に大きく成長させました。 「後悔しない青春」を選択させるきっかけをつくったと言えるでしょう。 この作品の魅力は多々ありますが、 一つには主人公:八幡の尖ったキャラ設定が秀逸だったことがあります。 これ極端すぎると普通は、 リアリティを欠いて感情移入し難いのですが、 そこの塩梅が絶妙でした。 話す言葉も自意識過剰から飾っている時は、 モノローグで「飾っている・恥ずかしい」と告白し、 ときには「ごめん、カッコつけてた」と言葉にする率直さは魅力的でした。 そもそも1巻で終わる予定の物を、 ここまで引っ張ったので少々薄味になった部分もあり、 そこに批判的な意見もありますが、 途中ダレ場があるのはどの作品も一緒でしょう。 数々の金字塔を打ち立てた作品らしく、 最後は綺麗にまとめてくれました。 【14巻について:ネタバレ有り】 本巻のメインパーソンは結衣でしょう。 結衣がサブレを抱きながら、涙を溢れさせるシーンには、 胸がグッと締め付けられました。 彼女は大切な友達が、自分の為に本心を誤魔化して偽物を選ぶのを 黙って見ていられなかったのですね。 彼女の前では、雪乃も八幡も嘘やごまかしは許されなかった。 その結果、「お前は待たなくていい」という言葉にどんなに傷ついたとしても。 いつも面倒事から逃げ回っていた八幡も苦しみながら、 何度も無様にやり直しながら、 自分を飾るための、気取った美辞麗句を洗い流し、 「お前は待たなくていい」という言葉を口にする。 雪乃も八幡も異口同音に「いつかきっと、もっとうまくやれるようになる」と心に思う。 ガハママに抱きしめられ涙を流す彼女に幸多からんことを。 完結ありがとうございました。 八幡雪乃結衣他沢山大好きなキャラを産み出してくれたことに感謝します。 そのうえで、私はもう俺ガイル系の商品を買うのはこれで最後にします。 またもう渡航先生の作品は一生購入しません。 アニメも見ません。 私はこれが成長物語と信じていましたが見事に裏切られました。 また作者様にも裏切られたと感じました。 八幡と雪乃は何を失ったんですか? 結衣の好意には疑心暗鬼だったのに、雪乃の好意はすんなり受け入れるのは何故ですか? 一人の少女をボロボロにして、フォローもせずに使い捨てる。 今までありがとうございました。 window. head e. getElementsByTagName "head" [0] e. createElement "script" ;d. onload ;c. insertBefore d,c. ssl-images-amazon. tags. indexOf "usesAppStartTime" b. transition. type?! transition. u :l ;a. previousSibling e. nodeName;1! getAttribute return a. getAttribute k? getAttribute k :f a. left 0,y:C. top 0,w:C. width 0,h:C. width 0,h:h. getAttribute y ,w:a. w,h:a. h,d:a. d, x:a. x,y:a. y,t:b,k:"ewi",cl:a. f e. x,g. y,g. w,g. h,g. getAttribute y ,w:a. w,h:a. h,d:a. d,x:a. x,y:a. getElementsByClassName b. c :b. getElementById b. id ]:h. querySelectorAll b. s ;b.

次の

TVアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」第3期制作決定! いろはのお祝いビジュアルも発表!!

俺 の 青春 ラブコメ は まちがっ て いる 14

祝完結! わたりんと言えば、人気作家ブロガーだったのに、押しも押されぬ大先生になるとは到底思わなかったぜ……。 まちがい続ける青春模様、シリーズ完結。 季節はまた春を迎えようとしていた。 同じ日々を繰り返しても、常に今日は新しい。 言葉にしなければ伝わらないのに、言葉では足りなくて。 いつだって出した答えはまちがっていて、取り返しがつかないほど歪んでしまった関係は、どうしようもない偽物で。 過ぎ去った季節と、これから来る新しい季節。 まちがい続ける物語が終わり……そしてきっとまだ青春は続いていく。 シリーズ完結巻。 思えば、1巻を買った時は高校生だったんだなぁと思うと歳を取るのはおっそろしく早いなと思う訳です。 いや、これは絶対に売れるとは思ったけど、まさか、ここまで人気が出るとは思わなかった。 やっぱりアニメの力って偉大だと思います。 話の展開としては概ねの予想通り、 雪ノ下ルートさんへ。 (ネタバレ防止のため反転しました? あんまり効果ない? これは気分でつけているのだ。 実際に効果を発揮しているかは知らん)だから詰まらないというわけではなく、如何にしてその結論に辿りつくか、がむしろ重要であって、極端な話、もう一人の方へ行ってもなんら構わないわけです。 俺としては、あと一人の方でも全然良かったんだけど、まあ、それはないとして。 いや、いいと思うんです。 実際問題。 いい子だしね。 さて、俺ガイルがまだまだ「はまち」という略称を名乗っていた時代は、かなりの割合としてがブログをやっていた時代なのであるけれど、正直、かなり面白かった。 まだまだ売れてはいたけど、爆発的な盛り上がりを見せていなかった時代、ガガガ大賞授賞式でを知っている人が大抵「ブログ見てます!」と挨拶していた時代である。 今はもう、ブログ自体は削除されていて、魚拓やら何やらで残されているものを見るしかないけれど「俺ガイル」しか知らない人はぜひとも探してみて欲しい。 めっちゃ面白いから。 ブログ面白い作家は、、がいるからあと一人、二人見つけてめっちゃ格好いい漢字を並べてほしい。 ちなみにも全然更新してない。 けど、からあの黎明期を支えた「生徒会探偵キリカ」の新作が出るのでそこはめっちゃ期待してくれ。 さて、賢明な読者ならおわかりだと思うが、この巻の内容には全く触れていない。 俺も人のことを言えないのだが、典型的なオタクに成り下がっている。 特に想い出話に浸っている時点で。 ドラマCDのオーディオドラマとかそういえば前のPCからサルベージしてないなとかね。 そもそも二人の関係性とか三人の関係性とか、そういうのは意識高い系の人に任せればいいのだ。 そういう人は腐るほどいるだろう。 妥当性はかけらもないが。 一個人としての意見としては、物語の終わりなんてものは往々にして、盛り下がる。 まして、これほどの長編になってしまうと、最大の盛り上がりどころは、当の昔に過ぎ去っているわけだ。 俺だって、この作品の一番面白かった巻を挙げるなら、この巻ではないことは明らかだ。 多分、6巻か9巻を挙げると思う。 酷い言い方をしてしまえば、俺にとってこの作品はそこで終わってしまったのだ。 それ以降も読んではいるけれど、記憶が朧気で、そういうところが何というか少し残念だなあと思ってしまうわけだ。 勢いよく激しく燃えた熱量は、きっと俺の中の燃料を燃やし尽くしてしまったかのようだ。 だから、こうして最終巻を読み終えた後、その期間は何もしていなかったのではなく、ひたすらに余韻を楽しんでいたのかもしれない。 映画を見た後のエンドロール、あるいは、すっかり弱まった焚火を見ているかのように。 俺は、一巻からずっとこの本を追い続けた人の一人で、きっと大勢とゴールテープを一緒に切ったと思う。 けれど、この世界には、アニメの三期をきっかけに読み始めて、遥かに速いペースでゴールテープを切る人がいるだろう。 その中には、きっと俺が感じた熱量をそのままに走りきる人もきっといるはずだ。 別段、俺の熱量が凄まじかった、という話ではない。 ただ、自分が感じた熱量を、自分より遥かに圧縮した期間で楽しむというのは、どういう気持ちなのだろう、と思った次第だ。 それだけはもう、俺が味わうことのできない楽しみ方だから。 ノシ mayakun.

次の