アドミラル クズネツォフ。 ロシア空母アドミラル・クズネツォフで火災 負傷者も【動画】

アドミラル・クズネツォフ (空母)

アドミラル クズネツォフ

詳細は「」を参照 「アドミラル・クズネツォフ」は世界で初めてを用いてを運用する式航空母艦であり、こそ無いが、()以外の航空機を運用できる初の空母であった。 艦の構造は、「」を元にしているとされているが、全幅・全長ともに拡大され、全通甲板となっている。 重航空巡洋艦としてはとは異なり、対艦を搭載しているものの、これを除けば重武装でこそあるものの対空・対潜兵器しか搭載していない。 機関は4基(ボイラー8基)を用い、合計出力20万hpにより29ノットでの航行を可能としている。 搭載機 [ ] は、、(後にYak-141、VTOL)が、想定されていた。 しかし、MiG-29Kは開発中断(後に向けに完成)、YaK-141は開発中止となった。 これにより候補としてはSu-27K のみとなり、これが採用されていたが、現運用されているSu-33が運用期限が迫っており(後に2025年までの延命処理を行った)戦力維持のためのコスト負担軽減の為に2014年11月25日よりMiG-29KとMiG-29KUBの運用を開始された。 は計画通り系列の機体が搭載されている。 相違点 [ ] 詳細は「」を参照 「ヴァリャーグ」起工時点で「アドミラル・クズネツォフ」は既に進水しており、細かな変更が生じている。 魚雷防御の簡略化、電子機器の更新が主な内容である。 また、搭載機の計画数は67機とされている。 同型艦 [ ] 名称 起工 進水 就役 備考 1982年4月1日 1985年12月5日 1990年12月25日 1985年12月6日 1988年12月4日 - 1992年3月建造中止。 後にとなる。 出典 [ ]• FAS. 2012年10月18日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年10月13日閲覧。 GlobalSecurity. org. 2012年10月13日閲覧。 naval-technology. com. 2012年10月13日閲覧。 後にSU-33と改称。 2009年10月28日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年10月13日閲覧。 関連項目 [ ]• :中華人民共和国によりヴァリャーグの艦体を利用して完成された航空母艦。 :両艦の後に発展型の1143. 7設計として、装備で設計されたもの。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(・・)。

次の

ロシア唯一の空母「アドミラル・クズネツォフ」廃艦か 浮きドック沈没、改修できず

アドミラル クズネツォフ

「アドミラル・クズネツォフ」はちなみに、今でも実戦配備されている同リストで唯一の空母である。 実を言えば、この空母に対する厳しい意見はロシア国内における同空母に関する一部の否定的な記事の結果でもある。 ロシア語圏のインターネットでは、質の高いメディアや軍事技術を専門とするブログがいくつかある。 彼らがロシアの様々な軍事計画を批判することは珍しいことではない。 この批判は公平である時もあるが、「アドミラル・クズネツォフ」のケースのようにしばしば明らかに誇張されている。 事実のみを見れば、「アドミラル・クズネツォフ」を史上最悪の空母に並べる根拠はない。 この空母によりロシアは厳しい1990年代と2000年代初頭に甲板から離陸するパイロットの育成システムを自国で作ることができた、有益な艦船だ。 「アドミラル・クズネツォフ」の運用実績により、ロシアは空母用技術と装備を輸出できたため、経済的にもプラスとなっている。 2000年代と10年代初頭、ロシアはインド海軍のため、古いソ連製航空巡洋艦「アドミラル・ゴルシコフ」をベースに空母「ヴィクラマーディティヤ」へと改修した。 艦船だけでロシアは50億ドル以上を得た。 さらに、インドはロシアから艦載機「MiG-29K」「MiG-29KUB」や、インド国内でもう1隻の空母を建造するためのサービスと装備を購入した。 「アドミラル・クズネツォフ」は西側の空母に比べ、海外の介入には全く適していない。 なぜなら異なるコンセプトで建造されたからだ。 この空母の課題は原子力ミサイル潜水艦の巡回海域の防衛と、その潜水艦に対する先制攻撃を防ぐことにあった。 空母はつまり、ソ連海軍の核戦力の防御要素だったのだ。 「アドミラル・クズネツォフ」は艦上戦闘機「Su-33」を搭載可能で、強力なミサイル防衛(MD)システムを持ち、射程550キロの超音速対艦ミサイル「グラニート」12発を装備している。 こうした装備の空母が守る領域を突破することは、どんな相手でも難しくなる。 また、シリアでの作戦の実績が示したように、最新、改良型戦闘機を搭載した「アドミラル・クズネツォフ」は、西側で人気の「遠征」航行でも十分に利用可能である。 現在、「アドミラル・クズネツォフ」に搭載された艦載機は通常弾や誘導弾を用いて正確に攻撃を加えることができ、空母にある司令センターにより、高い水準で兵器の使用を調整することができる。 技術的問題によるシリアでの飛行機2機の損失は、明らかになっている限りでは、兵士の経験不足に関係しており、これはロシア1隻目の空母の最初の戦闘ミッションにとっては驚くことではない。 「アドミラル・クズネツォフ」を、タイの空母「チャクリ・ナルエベト」のように華々しい成果を持たない空母とともに史上最悪の空母のリストに入れることは奇妙なことだ。 また、技術的問題の数はフランスの空母「シャルル・ド・ゴール」のようにより高額な空母と似たようなものだ。 一定の設計上の欠陥はあるものの、「アドミラル・クズネツォフ」は戦闘の観点から有益で効果的な艦船であり、さらなる勤務と成功が運命づけられている。 ロシア海軍はこうした船や、1990年代の厳しい経済状況の中でこの空母を支えてきた人びとの英雄的な努力を十分に誇ってもよい。 関連ニュース•

次の

世界最悪の空母? ロシアのアドミラル・クズネツォフ

アドミラル クズネツォフ

、彼は北ドヴィナ小艦隊に入隊したが、あと2年経たなければ本来の彼の歳では入隊できないはずであった。 軍務記録には、生まれと記載されている。 からは、で勤務した。 、海軍軍人としての葬儀に参列した。 にはに入党している。 にフルンゼ高等海軍学校を卒業し、クズネツォフは「」に搭乗し、初めは当直士官、後に大尉に昇進した。 、彼はのヴォロシーロフ名称海軍アカデミー作戦部門(operations department)において、作戦及び戦術の研究を修了した。 卒業後、彼は参謀部勤務か、艦船の指揮官か、ふたつの選択肢を示された。 クズネツォフは、実戦を経験できるかもしれない機会を逃すのは賢明でないと考え、巡洋艦「」の副長に任命された。 そして、わずか1年で彼は昇進した。 、彼は再び「チェルヴォナ・ウクライナ」に戻ったが今度は艦長としてであった。 クズネツォフは規律を引き締めることで船を海軍の模範とし、若い艦長は有名になった。 からまで、クズネツォフは、ドン・ニコラスの偽名で、海軍駐在武官および海軍主席顧問としてに派遣され、このスペイン勤務の間に、彼はに対する嫌悪を抱いた。 8月に帰国し、副司令官に任命された。 、彼は2等旗艦司令官(、に相当) に昇進し、太平洋艦隊司令官に任ぜられた。 この地位にあるときに、彼はの赤軍に直面した。 クズネツォフ自身は決して巻き込まれなかったが、彼の指揮下の多くの将校が粛清された。 クズネツォフは至る所でこの粛清に抵抗し、彼の介入で多くのソビエト将校の命が助けられた。 、34歳で(海軍大臣)に任命され、その地位はを通して保持し続けられた。 第二次世界大戦 [ ] クズネツォフは戦争開始の時間帯に重要な役割を果たした。 開戦劈頭において彼が命令無視を決意した事では破滅を免れたのである。 までに、クズネツォフはナチス・ドイツとの戦争の必然性を確信していた。 とは、ソ連の指揮官が「ドイツの挑発」に応じるのを禁止する命令を発していたが、海軍は陸軍とは異なる省()であったため、クズネツォフは法的には彼らの直接の指揮命令系統の外にあった。 彼はこの事実を利用し、大胆に行動した。 の夜明け、クズネツォフは全ソビエト艦隊に戦闘準備を命じた。 同日朝の4時45分、はを開始した。 ソビエト海軍は、ドイツ軍の当初の進撃に対して戦闘準備ができていた唯一のであり、その攻撃に対して激しく抵抗し、一隻の船、一機の飛行機も失うことはなかった。 続く2年間、クズネツォフの主要な関心事は、ドイツの侵攻に対するの防衛にあった。 戦争を通じは、ソ連海軍の作戦における最大の舞台であった。 戦時中、クズネツォフはソ連の上陸戦法に磨きをかけた。 2月、彼は(初めは陸軍の4つ星の将官と同格として新設)の階級が与えられた。 同年クズネツォフはの称号を与えられた。 より、彼の階級は陸軍のの階級と同格となり、同種の記章が与えられた。 最初の失脚 [ ] からまで軍事次官および海軍総司令官を務めた。 しかし、1月、スターリンの命によりそのポストを外され、同年12月19日、他の提督たちと同じように、海軍軍法会議にかけられた。 クズネツォフは中将に降格され、他の提督達は様々な有期刑を受けた。 7月、スターリンはクズネツォフを復帰させ、再び彼を海軍の司令官に任命した(海軍相を兼務)が階級は中将のままで、元の階級に戻されたのはのスターリンの死後であった。 同年、ソ連国防第一次官にも任命されている。 クズネツォフは海軍総司令官となった。 彼の階級はと改名され、を授与された。 2度目の失脚と退役 [ ] クズネツォフの新たな名声は、ジューコフ元帥との直接衝突をもたらした。 戦時中もジューコフと衝突していたが、、戦艦「」の損失を口実に、ジューコフは彼をその職務から外した。 2月クズネツォフは再び中将の階級に降格させられ、退役し、「海軍と関係のある、ありとあらゆる仕事」を明確に禁じられた。 退役後に彼は、多数の試論や記事、さらに長い文章を執筆し、発表した。 その中には、大祖国戦争を取り扱った回想録や公式伝記『勝利への道』があった。 その回想録は、他の多くの著名な指導者たちのものとは異なり、彼自身によって書かれた。 クズネツォフはまた、戦争、スターリンの圧政、そして海軍に関するいくつかの本を著述し、それらは彼の死後に出版された。 その中で、彼は軍隊の国内問題に対する党の干渉に非常に批判的であり、そして「国家は法により統治されねばならない」と強調した。 名誉回復 [ ] クズネツォフを記念するメダル のジューコフ、およびのフルシチョフの引退後、退役軍人会はクズネツォフの階級を、その全ての恩給利益とともに回復させ、そして彼をの一人にしようとする運動を起こした。 これらの要求は常に、特に彼の後任提督によって無視され続けた。 これは彼の死後、にソ連最高会議幹部会がクズネツォフを元の階級であるに復帰させるまで実現しなかった。 クズネツォフは現在、ソビエト史及びソ連海軍史における最も有名な人物の一人として認められている。 著書 [ ]• 空母に彼の名前が付けられた。 引用 [ ]• 「私の人生はすべてソ連海軍であった。 若いころに決心して、一度も後悔したことはない」 外部リンク [ ]• (英語) 先代: - 次代: (軍事人民委員部に統合) 先代: ソ連海軍総司令官 - 次代: 先代: - 次代: (国防省に統合) 先代: (役職再創設) ソ連海軍総司令官 次代:.

次の