中学 受験 算数 勉強 法 サピックス。 【どうする?】サピックス保護者会で聞いた小5の勉強法/算数・国語・理科・社会

【中学受験】SAPIX(サピックス)の算数の勉強法(4年生、5年生)

中学 受験 算数 勉強 法 サピックス

SAPIX 5年生 SAPIXは他塾に比べて算数の進度が速く、算数の学習量が一気に増加します。 およそ2倍~2. 5倍になるため、相応の家庭学習時間が必要になります。 そのペースに慣れるためにも、算数Bを学習の主軸に据えた1週間のスケジュールを早期に確立したいところです。 その週のカリキュラム内容はその週のうちに理解・定着させるのが鉄則です。 5年生前期は数の性質、速さ、割合といった重要単元以外に、点の移動、量の変化といった複数の分野が融合した単元もあり、内容が難しく感じられるかもしれません。 ただ、JGを見据えた場合に、最も重要なのは夏休みからの比の学習です。 5年生後期には速さと比、平面図形と比といったJG頻出単元がカリキュラムに組み込まれているので、いつも以上に丁寧な学習を心掛けましょう。 算数の授業曜日が校舎や在籍クラスによってまちまちであるため、どの曜日に何をこなすべきかは各自異なりますが、学習スタイルにつき一つのモデルケースを示すと、以下のようになります。 絶対に軽視しないこと。 1週間同じ内容が続くので、1日目は時間無制限で正しい理解に努め、2日目以降は制限時間を設けて取り組む。 立体図形の鬱陶しい計算が絡む問題が収録されている回を除き、おおまかな目安10以内。 JG志望者にとって、スピード練習の素材としては最適。 どうしても時間が取れない場合は問題を解くのは翌日にして、『デイリーサポート』を見返して、授業で解説された内容を頭の中で反芻するだけでも良い。 理解が完全なものか確認する。 Eプリントの理解できない問題は無理に覚え込むことはせずに、5年生では一旦保留にする。 思考力問題は除外して構わない。 手こずるようであれば、『デイリーサポート』に戻って該当問題を解き直す。 5年生の土日を既習単元の復習時間として有効に活用すること。 SAPIX 6年生前半 5年生から6年生への移行時期には、難易度の上昇に戸惑う生徒が多いでしょう。 通塾曜日が変わり、取り扱う教材も増え、新たな1週間の学習スケジュールを構築する必要があります。 ただ、算数Bを学習の主軸に据える点に変わりはありません。 平常授業の学習内容を完全に理解し定着させることが最優先です。 追加すべき点として、以下の内容が挙げられます。 得意分野の演習を積み、より強固なものにするという捉え方をすべき。 全てに手をつける必要はなく、授業中に間違えた問題のみ、家庭で解き直しができれば十分。 ポイントを踏まえた正しい解説を受けた後に定期的に反復すれば、非常に効果的。 平面図形の演習量を確保できる。 ただし、あくまでも正しい解説を受けることが前提。 これを自力で使い回しても効果は薄いでしょう。 また、JG頻出の速さと比について一言。 『デイリーサポート』については「510-37ニュートン算」が5年生最後のテキストになりますが、かつてはその後に 「510-38速さに関する問題」というテキストが存在しました。 速さと比の基本問題としては使い勝手の良い内容のテキストです。 「510-22旅人算」から「61-06速さ(1)」まで間があき過ぎるので、新6年の平常授業が始まる前の入試休み期間中に、この「510-38速さに関する問題」に取り組ませることで上手くつなげることができます。 さらに、「61-06速さ(1)」を終えてからは、適宜問題演習を組み込んでいきます。 ゴールデンウィークのGS特訓については、質・量ともにハイレベルの演習に打ちのめされて帰宅するはずです。 校舎によっては桜女クラスという設定で、JG志望なのに演習の半分は桜蔭中の問題を解くケースもあり、なかなか大変な思いをします。 ただ、来年の2月1日にはこのレベルまで自分を引き上げなければならないという厳しさを実感することに意義がある講座ですから、悲観せずに、割り切って取り組みましょう。 授業中に間違えた問題のみ、とは言っても相当な数になるでしょうが、その日のうちに家庭で解き直しをして下さい。 志望校判定サピックスオープンは、JG志望者ならばAで120点または偏差値65を目標に臨みましょう。 Bはひどくない程度の得点で十分です。

次の

【どうする?】サピックス保護者会で聞いた小5の勉強法/算数・国語・理科・社会

中学 受験 算数 勉強 法 サピックス

SAPIX5年生の学習ポイント 5年生になると授業も週3日となり、1コマの授業時間も4年生時の60分から90分へと拡張します。 授業時間における集中力と程よい緊張感の持続が、より大切になります。 授業形式は、授業当日に配布される教材を授業中に演習し効率よく復習する、というパターンは基本的に変わりません。 したがって、 復習(家庭学習)のウエイトが必然的に高まります。 また、定期的に実施される 「マンスリー確認テスト」・ 「復習テスト」・「 組分けテスト」・ 「実力診断サピックスオープン」・ 「志望校診断サピックスオープン」を、 学習の成果を見極める機会として有効活用することが大切です。 そのために、実際の入試問題における頻出事項・分野を中心とした演習を行ないます。 そのような学習を反復して行なうことで、 4年生で培った「基礎学力」をさらに深め「確実な基礎力」としていきます。 5年生で身につけなければならない「基礎力」は、4年生で習得した「基礎力」とは根本的に異なります。 この「基礎力」とは、本格的な入試問題に取り組むための「基礎力」を指します。 したがって授業では、入試問題の頻出事項や分野を徹底して演習することにより、解法のスキルやテクニックのみならず、 問題を解くための「原理・原則」を根本から思考できる「頭」をトレーニングします。 学力状況に見合った問題を取捨選択する 5年生になると扱う問題の難易度は格段に上昇し、さらに問題数も飛躍的に増加します。 その全てをこなそうとすると、そのボリュームに圧倒され、こなし切れなかった挫折感によるモチベーションの低下、そしてこなすこと自体が目的の作業となってしまい、結果として、学力の向上にはつながっていきません。 したがって、現時点でこなすべき 「問題の取捨選択」が大切になります。 お子様の状況を客観的に捉え、 現時点でどこまでのことを理解している必要があるのか、与えられた課題の中で最低限どの問題までは完答できるようになるが望ましいのか、というように、お子様それぞれの状況に見合った取捨選択が重要となります。 教材を活用して論理的に考える力を習得する 5年生で使用する教材は、 「デイリーサピックス」、 「デイリーサポート」、 「基礎力トレーニング」そして 「基礎力定着テスト」です。 これらの教材を使用し、受験算数に必要なあらゆる分野の学習を行ないます。 扱う問題の難易度は上がり、ボリュームも増加します。 これらを通じてお子様に求めるものは 「論理的思考力の習得」です。 4年生までの問題は、リンゴやミカンといった具体的な「事象」をベースに問題が成り立っています。 したがって、お子様たちも具体的な事象を想像しながら、ときには自分の生活実感の中で問題を捉え、ある意味力ずくによる解法(事例を全て書き出してその中から正解を抽出する手法)でも十分正解できることもあります。 ところが、5年生になると、「ここに濃度の分からない食塩水があります」といった抽象的な「概念」となります。 よって正答にたどりつくためには、この抽象的概念をいかに的確にかつ迅速に把握できるかがポイントとなります。 つまり、合格のための受験算数においては、 具体的事象を記号化し抽象的・論理的に思考する「力」が求められるのです。 「割合(比)」と「規則性」や「グラフの読み取り」をマスターする それでは、この時期にしっかり押さえておきたい分野を具体的に見てみましょう。 受験算数で出題される問題内容の6~7割を占める 「割合(比)」は、最優先でマスターしておく必要があります。 特に、割合の概念を使って解く「速さ」の問題、相似比を使った面積・体積を求める問題にお子様が苦手意識をもたないように、5年生の1年間でしっかり仕上げることが重要です。 また、特に上位校において出題傾向が高まっている分野に、 「規則性」や 「グラフの読み取り」があります。 中学側がお子様(受験生)に求める能力の一つに 「情報の読み取り力」があります。 数列に代表されるような「規則性」の問題や、ダイヤグラムや仕切りのついた容器に水を入れたときの時間と水位の関係グラフなどは、与えられた情報(隠れた情報)を受験生が正確に読み取れるかどうかを見るためには最適な問題です。 「マンスリー確認テスト」を有効活用する 5年生にとってより重要な意味を持つのが、ほぼ毎月実施される 「マンスリー確認テスト」です。 お子様の日々の学習成果を把握する機会、そして、よ り上位のクラスを狙うための機会として「マンスリー確認テスト」を位置づけ、少しでも毎回のテストで良い結果を残せるように、日々継続して学習に励みましょう。 国語の勉強法 5年生は「客観的にとらえて、相手にわかるように書く力」を身につける 「自分ならこう考える」から「全体を俯瞰する」にシフトする 5年生の学習のポイントは、4年生で学習した内容をさらに深め 「客観的な視点での理解を得ること」にあります。 そのため、物語文中心であった4年生の国語教材は、5年生になると「説明文」・「論説文」・「随筆文」も扱うと同時に、物語文も大人向けの文章や大人の視点で描かれたものに変わっていきます。 4年生の学習ポイントは、「身近な事象を通じて自分の世界観を拡張し、自分の考えをいかにして論理的に組み立てていくか」という訓練でした。 しかし、そのままの学習姿勢で進めると、「自分ならこう考える」という主観的発想パターンに執着してしまい、全体を俯瞰した視点で課題文の内容を客観的に把握することが困難になっていきます。 したがって 5年生では、受験国語の文章を「客観的」に読むトレーニングが重要となります。 教材と授業を通して「精読する力」と「書く力」を学ぶ 4年生の国語学習のポイントが「事象の認識」に重点を置いていたのに対して、5年生のそれは 「客観的認識と説得力ある記述力」となります。 そしてそれらの力を養成出来る編成となっているのが5年生の国語教材です。 5年生では、毎回の授業で「正誤問題と文章展開を確認する問題」を取り上げ、「精読」の重要性を学んでいきます。 そして、精読の基礎となるのが 「文法や語句に関する体系的な知識学習」です。 また知識学習に加え、講師が授業内で行うお子様への「問いかけ(発問)」を通じ、柔軟な発想力を引き出し、難しいと感じる文章をスムースに楽しく「読み解くポイント」を身に付くような授業を展開します。 さらに、課題文の全体をふまえて要約するという難易度の高い記述問題も標準的課題として演習します。 講師は授業中にお子様の記述内容を添削し、的確なアドバイスを行います。 そのような演習と添削を繰り返すことで、 受験に必須である記述力を養成します。 模擬試験は最低でも3回復習する 5年生になると、自分の「志望校に対する合格判定の結果」に一喜一憂する生徒を目にすることが多くなります。 まず模試はあくまでも「模擬試験」であり、入試本番ではないという認識に立つことが大事です。 模試における「志望校合格判定」は、あくまで目安であり過去の受験生のデータに基づく判定であることはいうまでもありません。 この時期に大切なことは、 模擬試験の持つ「有用性」、つまり「現状の学力把握」と「弱点分野の把握」をふまえ学習計画をどのように効果的に修正出来るかです。 この修正が的確に行われないと、模試を受験した意味が薄くなってしまいます。 模試は、休日等などを活用し最低でも3回は復習しましょう。 「文章を見える化」して論理の流れを目で確認する 5年生の学習指導のポイントは、受験学年である6年生の事前準備ということではなく、4年生で学習した内容をいかに深め、 「論理的に文章を読み・書く」という点に主眼を置きます。 その延長線上で、「自分の頭で考え抜く」学力的な粘り強さと精神的な強靭さを身に付けていくこととなります。 5年生で扱う難解な説明文や論説文を読み解くための手法として、 「文章の見える化」が必要です。 お子様が課題文を読む場合、まずは本文を一読するはずです。 その後、設問を読み解答を考え、解答欄に自分の解答を記入するという手順になると思います。 その際、設問を読んで本文のどの個所にヒントがあるかを確認するために、再度本文を読み直すことになるでしょう。 この読み直しこそがポイントです。 再度本文を読む際に、どこに解答のヒント・糸口があるのかを限られた時間の中で速やかに掴む必要があります。 そのためには、課題文の論旨の流れ、筆者の主張のポイントを正確に把握しておかなければなりません。 もちろん、何も手立てを講じずに本文を一読しただけでは、 「論旨の流れ」や「主張のポイント」を掌握することができません。 この「手立て」こそが「文章の見える化」です。 具体的には、形式段落ごとの文頭に記載されている 「接続詞」に注目することです。 そのようなアプローチを可能にしてくれるのが、難解な文章を扱う5年生の授業や教材です。

次の

サピックス5年生へ「6年生になるまでにやるべきこと」

中学 受験 算数 勉強 法 サピックス

Contents• 多くのご家庭が勘違いしている「ダメな算数勉強法」• ただの計算練習に時間を取られたくない• とりあえず解法を暗記すればよい• とにかく難しい問題をたくさん解かせればよい 単純な計算練習に時間を割くのが勿体ないと思ってしまっていませんか?計算練習を普段やらないのに、テストのときだけ急に計算ができるようになるわけがありません。 実は 毎日の計算練習を地道に続けることが、苦手な算数を得意にしていくために必要不可欠な道です。 お子さんは解説の式をそのまま丸暗記して済ませようとしていませんか?そのようなお子さんの頭の中では、「さっき解説で読んだ問題と同じように、最初に出てくる数字と次に出てくる数字をたして、2で割ればいい」というような、問題文の意図をまるっきり無視した計算をしてしまいがちです。 面積の公式や単位については覚える必要がありますが、目の前に与えられている問題の条件を正しく読み取ることが、算数には欠かせない要素となります。 お子さまの現状を把握せずにひたすら問題を解かせようとしていませんか?塾でもらうテキストでも市販の教材でも、「今やるべき問題」と「今はできなくてもよい問題」があります。 出てくる問題を全部解くことができるのは、現状で算数の得意なお子さんだけです。 算数の苦手なお子さんに解けない問題を与え続けたところで、算数嫌いを増長するだけになります。 解けない問題を大量に与えるよりも、解ける問題の数値替えを解かせたほうが、算数を得意だと思えるようになっていきます。 必ず守るべき算数成績UPの5つのルール• 計算練習をしっかりさせる 1日5分~15分程度で終わる計算練習をルーチンワーク化しましょう。 毎日少しずつでも計算をしていくことにより、計算力は格段についてきます。 も参考にしてください。 1日当たりの分量を決めて、毎日決まった時間に取り組むようにしましょう。 1日に大量の計算問題を何時間もかけて解くより、ちょっとの時間でできる分量を毎日続けるのが大きなポイントです。 暗記するのではなくてしっかり考えさせる 例えば和差算の問題で、「兄と弟の持っているカードの枚数の合計は34枚で、兄は弟よりも6枚多くカードを持っています。 兄は何枚のカードを持っていますか?」という問題があったとします。 ここで例えば、「34+6は何を表しているの?」というような質問を投げかけてみてください。 お子さんがそれに対して、「弟の枚数を兄に合わせて増やした」というような返答や、線分図をかいて説明してくれたら大丈夫です。 「たして2で割ればいいって書いてあったから」というような返答をした場合には要注意です。 「どうしてたすのか」「どうして2で割るのか」をちゃんと納得して説明できるように考えてもらいましょう。 ただし、お子さんによっては、論理的に説明すること自体が難しいことも考えられます。 そのような場合には、同じような問題内容で文章の書き方が異なる類題を解かせてみましょう。 解いた問題は必ず復習させる 一度その問題を正解できたからと言って、次も必ず正解できるとは限りません。 また、「より速く正確に、正解にたどり着けるように」を心がけるためにも、同じ問題や数値替えの類題を繰り返し解く方法が有効です。 特に初めて扱う単元では、最初から自力で正解できた問題でも時間をおいてもう一度解き直すように心がけましょう。 正解した問題も、間違えた問題も、解説は必ず読みましょう。 解説を読んだ後は自力で、間違えた問題の解き直しをしてもらいましょう。 1回目の解き直しは解き終わったその日のうちに、2回目の解き直しは1週間後、3回目の解き直しは1か月後、と繰り返し同じ問題を解き直していくのが効果的です。 テスト直しは重要問題を見極めて取り組む 問題集を解いてみたりテストを受けたりしているうちに、「この問題、前にもやったことがあるな」という問題が出てきます。 よく見かける問題は、また出てくる可能性の高い重要問題ですので、そのような問題で間違えてしまっていた場合には、早いうちに解けるようにしておきましょう。 模試などでは大体、前半に重要問題が多く出てきます。 テストの種類にもよりますが、最後のほうの問題は差をつけるために難易度が高めの問題を持ってくることが多いです。 すでに算数が得意で、常に満点を目指したいのであれば別ですが、そうでない場合はそのような難易度の高い問題に時間をかけるよりも、重要問題を繰り返し解き直した方が得点力が上がります。 習うより慣れさせましょう 算数は実際に自分で手を動かし、自力で考えて解かないと、力になりません。 わからない問題があれば、もちろん学校や塾の先生に質問したり、問題集の解説を読んだりすることが必要ですが、それだけで満足してしまわないように気をつけましょう。 例えば、初めての場所に歩いて行くときは、知っている人に目印となる建物や道順を教えてもらったり、一緒に連れて行ってもらったりすると思いますが、何回もその道を通れば、もう慣れてしまって一人で行けるようになりますよね。 初めての料理を作るとき、最初は料理本などを見ながら作ったとしても、何回か作れば分量や手順なども覚えてしまいますよね。 これは、「暗記した」のではなく「慣れた」のです。 算数の解法も、その感覚に近いと考えてください。 教わるべきことを教わったのであれば、あとはなるべく自分で、何回も同じような問題を解いてもらいましょう。 多くの人が、自分でその道を通らなければ道順は覚えられないでしょう。 実際にその料理を作ってみなければ、次も作れるかどうかわからないでしょう。 それと同じように、算数は自分で解いてもらわなければ解けるようにはなりません。 周りが手を出しすぎることで、自分から考えることのできない受け身型の人間に育ってしまう場合もありますので、注意しましょう。 おすすめ参考書・問題集 算数を得意にしていきたいのであれば、自分に合ったレベルの問題を多く解くべきです。 レベル感が合わないと、時間を無駄に消費してしまうことになります。 簡単すぎてもダメ、難しすぎてもダメなのです。 「算数の基礎から確認したい!」という方はを参考にしてください。 基本ができるようになったらを参考にしてください。 上の記事でご紹介した他にも、各単元を総まとめ的に学習したい場合には下記の問題集が有効的です。 ただしこれらはあくまでも、「総まとめ」としての教材なので、典型題でも掲載されていない場合があります。 「これ1冊で中学受験は完璧!」といえるほどのものではありませんが、模試で大体平均程度取れるようであれば、これらの教材は復習用として取り組んでおくとよいでしょう。 (ライター:桂川) <関連記事>•

次の