ポケモンusumリザードン。 リザードン

【USUM】メガリザードンYの育成論!シングルレートの超高火力の特殊アタッカー【ポケモンウルトラサンムーン】

ポケモンusumリザードン

リザードン かえんポケモン ぜんこくNo. 006 高さ 1. 7m 重さ• 5kg• けたぐり威力80 タイプ• 英語名• Charizard タイプ相性による弱点• 25 進化の流れ• 16で『ヒトカゲ』から進化• 36で『リザード』から進化 共通の入手方法• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• なし 主な入手方法 USUM• なし 生息地 SM• なし 主な入手方法 SM• 5倍になる。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『フェアリー』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 連続で使うと失敗しやすくなる。 最大102。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 最大102。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 相手の『みがわり』状態を貫通する。 投げつけた道具はなくなる。 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『サウザンアロー』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けず、相手は行動できない。 『ひこう』タイプのポケモンはダメージを受けない。 相手が体重200kg以上の場合は失敗する。 通常攻撃。 『ほのお』タイプには無効。 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『サウザンアロー』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けない。 攻撃後、相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 相手が『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 USUM New! 相手の場の『しろいきり』『ひかりのかべ』『リフレクター』『しんぴのまもり』『オーロラベール』、両方の場の『まきびし』『どくびし』『ステルスロック』『ねばねばネット』の効果を解除する。 相手が『みがわり』状態の場合、回避率を下げる効果のみ失敗する。 また、威力が150になる。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 [Lv. 24 赤緑青ピ ,Lv. 『いかり』状態の間、相手の技のダメージを受ける度に『こうげき』ランクが1段階上がる。 別の技を使うと『いかり』状態が解除される 変化したランクはそのまま。 [基本 FL ,Lv. 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技がZワザの場合は失敗する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 攻撃が外れたり連続で使用しないと元に戻る。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手のレベルが自分より高いと失敗する。 『ひこう』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 第7世代でのタマゴ技と過去作だけで覚える技の両立はできないことを考慮して記載しています。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 自分が場を離れると効果は消える。

次の

リザードン|ポケモン図鑑ウルトラサンムーン|ポケモン徹底攻略

ポケモンusumリザードン

サンムーンで過去作ポケモンが解禁されて以来、長らくメガリザードンのXとYの比率はほぼ半々だったのですが、ここ最近はかなりXのほうが多くなってきています。 この記事を執筆時点(2017年6月)で大体X:Yが6:4ぐらいですので、Xのほうがかなり多いといえますね。 これは、シーズン3での 上位勢でリザードンを採用していた方のほとんどがXだったということもあって、環境におけるXがかなり数を増やしていますね。 シーズン2では逆にメガリザードンYが上位勢には多く使われていたので、こういったトレンドの移り変わりというのはポケモンのおもしろさではありますね。 そして、現在の流行は純粋なアタッカーとしてのリザードンよりも鬼火・羽休めを搭載した 鬼羽リザードンのようです。 というわけで今回は、現在環境に増えつつある鬼羽リザードンについてのお話です。 鬼羽リザードンの強み 一般的なアタッカーとしてのメガリザードンXは、基本的にASベースにすばやさを調整して残りを耐久に回すのが基本になります。 技構成としても、ほのお技(フレアドライブ)、ドラゴン技(げきりん、ドラゴンクローなど)、サブウェポン(じしん、かみなりパンチなど)、積み技(りゅうのまい、つるぎのまい、ニトロチャージなど)が基本の構成になります。 それに対して、鬼羽型はすばやさを抜きたい範囲に調整し、残りを耐久に回すのが基本の努力値調整になってきます。 HSベースやHBベースが基本ですね。 技構成としても、おにび・はねやすめが確定枠として残り2枠を攻撃技とします。 攻撃技の枠としても、ドラゴンクローやニトロチャージ、じしんなど火力をあまり重視しません。 鬼羽型の立回りは、おにびから入り後出しされやすい物理アタッカーをやけどにし機能停止させていくか、ニトロチャージですばやさを上昇させその後おにびを撒いていくかになります。 ニトロチャージですばやさを上げつつおにびで物理アタッカーを無力化し、はねやすめで居座ってやけどの蓄積ダメージで削っていくのが鬼羽型の戦法ですね。 通常のアタッカー型と思ってメガリザードンを止めにでてくる物理アタッカーや、物理受けに刺さりやすいのが鬼羽型の強みになりますね。 現在の環境においてでも、シーズン2の終盤頃から増え始めたコケコランドグラスのような構築にぶっ刺さるため、かなり環境的にも強い型といえますね。 ガブリアスでも止められない メガリザードンのストッパーとしてメジャーなのがガブリアスですね。 最近は使用率こそ下がっているものの、XでもYでもどちらにも対応できるリザードンストッパーとしてはガブリアスは非常に優秀ですね。 ただ、そんなガブリアスでも鬼羽型のメガリザードンXは止められなかったりします。 HBベースで努力値を大きく耐久に振れば、 特化ガブリアスのじしんどころかげきりんまで耐えられるようになるので、対面からでも一度攻撃を受けながら鬼火を入れて機能停止に追い込むことすらできます。 リザードンが増えてるのにガブリアスの使用率が一向に上がらないのはなぜ?っていう問いに対する答えが、この鬼羽型の流行にあると思うんですよね。 環境的に活躍できそうな要素もあるのに、それでも活躍できないあたりガブリアス受難の時代はまだまだ続きそうですね……。 鬼羽リザードンの対策は? 鬼羽型は従来のガブリアスやランドロスでリザードンを対処しようとする構築に対してはかなり刺さりやすい型になっています。 一方で、耐久に努力値を割くためアタッカーとしてのリザードンに比べるとかなり火力面では落ちるため、抜き性能や突破力という点ではかなり弱いといえます。 おにびで火力の落ちない、特殊アタッカーであればある程度安定して処理できるのではないかなと思います。 カプ・レヒレであればミストフィールドによってやけども無効にできますし、メインウエポンのほのお技とドラゴン技を両方共半減以下にできるため鬼羽型に限らず基本的にメガリザードンX対策としてはかなり強いといえますね。 ただし ソーラービームもちのメガリザードンYには強いと言えないので、選出段階ではどちらにメガシンカするかわからない中ではメガリザードン対策として安定するとは言い切れないんですけどね……。 このあたりの択を押し付けていく感じがリザードンの強さでもありますね。 二種類のメガシンカはちょっとずるい……。 XでもYでも対処できたガブリアスで対処しきれないのはきついですねぇ。 ウツロイドでも耐久に振られたら一撃で落とせないのでやっぱりきつい。 ステルスロックを撒いて確定数をずらしつつ処理していくのがやはり安定ですかね。 またステロ環境が加速するなぁ。 まぁそんな感じで。 メガリザードンの対処はきついですがなんとかしていくしかないですね。 それではまたー。 apokaru.

次の

リザードン|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモンusumリザードン

2017年11月17日にサン・ムーン完全版となる『ポケットモンスターウルトラサン・ウルトラムーン』がニンテンドー3DSにて発売。 USUMは前作サン・ムーンからストーリーが大幅に変更され、シナリオ総量はサブイベントを全て含めると約2倍に増えている。 USUMでは謎の組織ウルトラ調査隊が登場し、伝説ポケモン・ネクロズマの秘密に迫る物語が繰り広げられる。 新たなウルトラビーストとしてズガドーン、ツンデツンデ、ベベノム、アーゴヨンなどが登場する。 前作で登場したZクリスタルに加え、ジャラランガZ、ルガルガンZ、ミミッキュZなどの新たな専用Zワザ用のZクリスタルが登場する。 ウルトラスペースから繋がる様々な世界では、各種ウルトラビーストのほか、過去作品に登場した伝説ポケモンを捕まえることができる。 USUMの早期購入特典は配信イワンコ。 この特別なイワンコは通常プレイで入手できない「ルガルガン たそがれのすがた 」に進化する。 9月22日発売の3DSバーチャルコンソール『ポケットモンスター金銀』からポケモンバンク経由でポケモンを連れて来ることが可能。 名称 発売日 価格 ページ数 出版社 ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン 宇宙最速攻略ガイド 2017年11月17日 金 800円 税別 246P 小学館 ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン 公式ガイドブック 完全ストーリー攻略+アローラ図鑑 2017年12月6日 水 1,200円 税別 704P オーバーラップ ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン対応 公式ポケモンぜんこく図鑑 2018 2017年12月13日 水 2,000円 税別 912P 2分冊 オーバーラップ ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン対応 公式ポケモンぜんこく図鑑 2018 特別版 USUM設定資料集 収録 2017年12月13日 水 4,500円 税別 912P 2分冊 + 256P 資料集 オーバーラップ.

次の