マツコ会議 石原プロデューサー。 栗原憲也(マツコ会議ディレクター)の経歴や学歴は?結婚や年収情報も!

石原由季子(マツコ会議プロデューサー)の体重や年齢は?大学や年収も!

マツコ会議 石原プロデューサー

所在地:東京都中央区銀座8丁目12-15 全国燃料会館6F 電話:03-5550-7877 HP: 代表取締役:小山 伸一 今回、広報委員、私、岩立がお訪ねした会社は、銀座の一等地のビルに会社を構える株式会社ZION(ザイオン)さん。 このビル名がおもしろいということで、同社が携わっている番組の「月曜から夜ふかし」のマツコ・デラックスさんがそのビル名をいじってきたというほど。 いじってきたといえば、ZION所属のディレクター、中西Dも「月曜から夜ふかし」の名物ディレクターで、マツコさんからよくいじられているとか。 きっかけは出演者であるマツコさんと、関ジャニの村上さんにカンペを出すのが遅くて、本番中にツッコまれたりして。 以来、中西Dはボケのポジション決定。 マツコさんからかわいがられているとか。 インタビュアー : 広報委員 (有)オフィスぼくら 岩立 良作/写真撮影 : 広報委員 WACホールディング(株) 岡村 宇之 (2017年2月取材) ZIONが関わっている番組は、特に日テレに多く、日テレのヴァラエティ番組の月から日までの、ほぼ全曜日で関わっています。 今現在の社員総数は、100名程。 フリーランスを入れると150名程にもなるようです。 まずは「株式会社ZION(ザイオン)」の概要を紹介 設立 従業員数 業務内容 最近の主な制作番組 1993年10月 社員 83名(2017年2月現在) テレビ番組企画制作、映像コンテンツ企画制作、MV・PV企画制作、スタッフ派遣 月曜から夜ふかし、しゃべくり007、マツコ会議、天才!志村どうぶつ園 、ぐるぐるナインティナイン(全て日本テレビ/制作協力) 小山社長は現在58才。 2年ほど前から、現場を退いたそう。 会社のフロントマンはプロデューサー(P)なので、プロデューサーを前面に立てて、社長の自分はPの背後にいようと決めたそうです。 40台前半ぐらいの自分がPの現役の時、5本くらいのレギュラー番組を持っていて、完全に物理的に限界になった。 このままだと自分がつぶれるだけで、後がないなと。 そこからプロデューサー育成に力を入れ始めたという。 プロデューサーを育てていくことで会社が伸びる。 ということにようやく気付いた。 気付かせてくれたのは、当時、日本テレビの制作局局長だった桜田さんのひと言だった。 「Pのお前に仕事を振っているんじゃないんだヨ。 経営者のお前に仕事を振っているんだヨ!!」 「そうか。 ぼくは一 いち プロデューサーとしていつまでもやっているのではなく、社長としてプロデューサーを育てることが仕事なんだ。 」 と気づかせてくれたそうです。 では、ここで小山伸一社長のここまでの歩みを記していきましょう。 小山伸一社長は、長野県長野市出身。 大学きっかけで上京し、卒業後はライター志望だったため出版社に入社。 27、28才の頃だったか、映像に興味を持つようになり制作会社の 株 ナインティーン企画に転職しています。 この会社は元阪神のプロ野球投手、故小林繁さんが社長を勤めていた会社。 このナインティーン企画でDとPの道へ。 当時、担当していた主な番組は「お笑いウルトラクイズ」等。 やがてナインティーン企画の制作部門はたたむことになり、当時のメンバーたちは3つの会社に分散することとなった。 つまり、小山社長率いるZION、そしてD:COMPLEXとうっちゃり倶楽部、という3つ。 さて、制作会社の社長となった小山氏、9名のスタッフを最初の1年はほとんど派遣でやりくりしていたが、制作会社として大きく前進できるようになったのは「お笑いウルトラクイズ」以来お世話になっていた、日本テレビ、桜田和之さんとの出会いが大きかったという。 ZIONは設立から24年目。 今いるおよそ100名の社員たちは、AD経験あり、D経験ありの主に経験者を自然に加えてやってきたのですが、この春から初めて新卒の初心者を入れる事にしたそうです。 J・VIGにこのほど加入したのも、そういったリクルーティングが主な目的だそうです。 ちなみにZIONの紹介者は、(株)創輝の和田社長だそう。 和田社長、ご苦労さまです!! さて、ここで小山伸一社長の人となりを社員を代表してお二方に語って頂きましょう。 まずはZIONの古株。 入社21年目の女性プロデューサー、石原P。 ZIONがまだ設立当初の頃、麻布十番の公園の近くの事務所で8名ほどの社員しかいない頃からのメンバー。 AD、D、Pと「ぐるナイ」でずっと育ち、現在は「しゃべくり007」でもP業務をしているそうです。 石原さんに社長の印象、人となりを伺うと、 よいところは全部まかしてくれるところ。 相談するとすぐ返ってくるところ。 他に、いい意味で面倒くさいところがある、とも。 例えば、何か社内で軽い事件があった時など、報告すると細かいところ含めてその経緯を全て聞きたがるところ。 (ま、これはホントにいい意味だと思います) 余談ですが、小山社長のオシャレについて… 会社の社長室にいろんな柄のパンツ(ズボン)がいっぱい山積みでよく置いてある、という話。 それらは全て丈詰めのためらしいのですが… とにかくパンツのこだわりが強いらしい。 ある時、番組の打合せでマツコ・デラックスさんと社長が会うことになった時、気合いを入れた小山社長、派手なチェック柄のパンツを履いて登場。 というのを目撃した、とは石原さんの弁。 次いで、ZIONの同じく古株、入社18年目の中西ディレクターにも社長の人となりを伺いました。 中西ディレクターが入社した時のZIONは、当時の日本テレビの近くの麹町にありました。 携わった番組はやはり日テレが多く、「伊東家の食卓」「深イイ話」そして「月曜から夜ふかし」等々…「夜ふかし」でマツコさんからいじられているのは冒頭で書いたとおり。 Dもタレントからいじられるくらいの人が向いているのでいいことです。 小山社長の人となりを聞くと、仕事は厳しい。 が、プライベートはゆるい。 との答え。 いわゆる厳しいところとユルいところがバランスのいい人らしい。 あと、おもしろエピソードがひとつ。 中西ディレクターにお子さんが産まれお父さんになった時、出産祝いで6畳間が埋まるほどの量の紙オムツが小山社長から届いたとか。 「赤ちゃんのオムツがとれるまで3年ほどかかるので3年分だ」とは社長の弁。 「人を祝うことが、シャイな人なんだなァ」と中西Dは思ったという。

次の

マツコ会議

マツコ会議 石原プロデューサー

過激な性行為などを描いたマンガやアニメの18歳未満への販売を規制する東京都の「青少年健全育成条例」をめぐり、コメンテーターのマツコ・デラックスさんが石原慎太郎都知事に向かって吠えた。 石原都知事の同性愛者に対する発言に「狂ってる!」と怒り、条例にも反発。 ネットでは「よくぞ言ってくれた」と話題になっている。 都の青少年健全育成条例は13日に総務委員会で可決。 15日の都議会本会議でも可決されて成立する見通しだ。 「たまたま矛先がアニメとマンガに向かっている」 このニュースは13日放送の情報番組「5時に夢中!」(東京MX)でも取り上げられた。 司会の逸見太郎さんがスポーツ新聞の切り抜き記事を紹介。 条例に反発して角川書店などの大手出版社が東京アニメフェアへの出展を取りやめたという記事で、マツコさんにコメントを求めた。 マツコさんは、PTAなどから教育上有害とされているものは本来マンガとアニメだけではないとし、「何でマンガとアニメに限定するのか。 6月に通らなかった法案を通りやすいように変えて、たまたまその矛先がマンガとアニメに焦点が当たっているだけな気がする」と指摘した。 11月末に出された今回の修正案では、6月の都議会で否決された際に「表現が曖昧」などと指摘を受けた「非実在青少年」の言葉を削除。 さらに対象を「漫画、アニメーションその他の画像(実写を除く)」とより明確にしている。 「これを規制したいというPTAの訴えはわかる。 でも、本当に青少年を守ろうとする気持ちを持った人じゃないところが乗っかっているから、こういう動きになっている」と語った。 普段見せない真剣な表情で激怒 マツコさんの念頭にあるのがこの条例成立を進めている石原都知事だ。 石原都知事は12月にPTA団体から性描写のあるマンガの規制を陳情された際「テレビなんかでも同性愛者の連中が出てきて平気でやるでしょ」と発言。 その後も「(同性愛者は)どこか足りない感じがする。 遺伝とかのせいでしょう」などと同性愛者べっ視と取れる発言を繰り返した。 マツコさんは、「同じ土俵に立ちたくないので言うつもりはなかった」といいながら、石原都知事のこれらの発言を紹介し、普段見せない真剣な表情で「言ってみれば狂ってるよ、この発言は」。 同性愛者や女装に全ての人が好意的でないことは分かっているし、そうした意見も個人の感想としてあってしかるべきだと思っている。 しかし、公人としてそうした発言をする石原都知事が性描写規制を進めているということについて、「全て信憑性なくなるよね。 あの発言は狂ってますよ」と切り捨てた。 ネットでも話題になっており、ユーチューブにはマツコさん発言部分の動画がアップされた。 1日で約1万5000回以上再生されており、「よく言った!マツコさんに同意!」「こういうコメントをする人が民放にいないんだよね」といったものや、「東京都のローカルであるMXテレビで言ってるのがすごい」といった反応が多数寄せられている。

次の

マツコ会議

マツコ会議 石原プロデューサー

マツコ・デラックス タレントのマツコ・デラックスが逆風にさらされている。 マツコは、自身がレギュラー出演するTOKYO MXの情報番組『5時に夢中!』に元SMAPの稲垣吾郎がキャスティングされそうになった際、共演を拒否したと「週刊文春」(文藝春秋)で報じられた。 同誌の直撃取材に対してマツコは、「あの三人はSMAPにいたからこそチヤホヤされていた」や「稲垣が『5時に夢中!』に入って楽しいと思う? いち視聴者として冷静に見れば、旬かどうかわかるでしょう。 あの三人は木村拓哉や中居正広とはマンパワーが違うのよ」などと辛らつにコメント。 これに対して、インターネット上では「マツコは間違いなく権力側の人間」「以前は好きだったけど、最近はとても残念」など、厳しい批判が吹き上がった。 また、先月29日放送の同番組では、参院選の結果を巡り、「NHKから国民を守る党(N国党)」に関して「ふざけて(票を)入れている人も相当数いるんだろうな」「これから何をしてくれるか判断しないと。 今のままじゃ、ただ気持ち悪い人たち」などと発言し、同党の立花孝志党首が激怒する騒動も起きている。 「マツコさんといえば雑誌編集者やコラムニストとして活躍し、消しゴム版画家でコラムニストとして名をはせたナンシー関さんの後釜的なポジションといったイメージが強かったのですが、折からのおネエブームの追い風に乗って、一気にメジャーシーンでブレークしました。 ただ、そのヴィジュアル的なインパクトに助けられている部分は大きく、元々ナンシーさんほど鋭い切り口があったかというと微妙なところ。 どちらかと言うと、きちんと空気を読んで毒舌を吐くタイプだったわけですが……。 大手芸能事務所に所属し、芸能活動を活性化させて、大手クライアントのCMなどに出演するようになったあたりから、自分が発信するというよりも、共演者や街ロケでの一般人など周囲をイジるといった、より安全なスタンスを強めていった印象です」 さらにこう続ける。 大手クライアントとCM契約や地上波のレギュラー番組を抱えている以上、無難なテレビタレント化してしまうのは仕方がないところでしょうけど、さすがに最近は寄らば大樹の陰といったスタンスがあからさまで、毒舌キャラのメッキがはがれたと言われても仕方がないですよね」 もっとも、業界内からは「マツコは以前から権力志向が強かった」という意見も。 「マツコさんといえば、自身が所属する芸能事務所は大手グループの傘下で、その重鎮とも気さくに話せる仲とのことですし、村上さんとの共演をキッカケにジャニーズ事務所の幹部とも良好な関係を築いています。 さらに、その人脈は芸能界にとどまらず、日本財団の笹川陽平会長やトヨタの豊田章男社長といった政財界の重鎮とも親交がありますからね。 権力志向が強くなければ、一介のテレビタレントがわざわざそうした人脈を築こうとは思わないでしょう」(大手芸能事務所マネジャー) 空気の読める毒舌キャラで一時代を築いたマツコだが、この窮地を乗り越えることはできるのだろうか?.

次の