赤ちゃん くしゃみ 多い。 子育て健康情報|子育てQ&A|相談する|子育てネッ!とやま

新生児の赤ちゃんはくしゃみが多い!寒いの?対策法は?

赤ちゃん くしゃみ 多い

赤ちゃん 新生児)にとって、鼻水は健康状態を表すバロメーターのひとつです。 さまざまな原因で鼻水がでますが、赤ちゃんはそもそも鼻水が出やすいため、気づくともう垂れているということも多いでしょう。 鼻水を放置していると、肌荒れを引き起こすことにも繋がりますし、鼻が詰まって呼吸がしづらくなったりすることもあります。 また、ただの鼻水だからと油断していると、風邪など病気にかかっていたということもあるので注意が必要です。 しかし、育児初挑戦のお母さんにとって、どのような鼻水が正常なのか、病気なのか判断しづらい部分があるでしょう。 また、嫌がる赤ちゃんをどうあやして鼻水を処理すればいいのか、戸惑うお母さんも多いと思います。 そこで、赤ちゃんの鼻水に関する知識を幅広くご紹介していきましょう。 赤ちゃんの鼻水タイプや原因 赤ちゃんは、もともと鼻水が出やすい体質にあります。 鼻水が出るのは、気温を調整したり、細菌を体外へ出したりする働きがあります。 鼻水が出ることによって、病気にかからないよう身体が自然に作用しているのです。 しかし、気づくといつも鼻水を垂らしていて、幾ら拭いても流れが止まらないと大変ですよね。 また、周りの人から赤ちゃんが鼻水を垂らしていると指摘されると、きちんとケアすることができていない母親のように感じてしまいます。 赤ちゃんの鼻水は、何が原因で発生してしまうのか、ひとつずつ解き明かし対処方法を実践していきましょう。 鼻水色が透明の場合 赤ちゃんが鼻水を出すのは、大きく分けると2つ原因があります。 ひとつは、気温差による鼻水です。 寒い季節に特に多くみられ、寒い外から自宅に帰ると気温差で鼻水が出てきます。 さらさらした無色透明の鼻水で、あっという間に口元まで流れてしまうこともあるでしょう。 口のあたりに流れてしまうと、よだれと区別がつかないくらいです。 そのまま鼻水を放置してしまうと、鼻や口の周りが反応して肌荒れを起こしてしまうことがありますので、速やかに拭き取ってあげましょう。 鼻水色が黄色の場合 赤ちゃんが鼻水を出す原因として、次に多くみられるのがウィルスによる感染です。 ウィルスに感染した鼻水は、どうやって見分ければいいのでしょうか。 気温差などで鼻水が出る場合、無職透明でサラサラしていますが、ウィルスに感染した鼻水は、粘度が高くドロっとしていて、黄色や緑っぽい色をしているのが特徴的です。 ウィルスに感染した鼻水は、粘度が高いので鼻づまりを起こしやすくなりますので、固まる前に取り除いてあげるようにしましょう。 鼻づまりしやすい形になっている 赤ちゃんの体のパーツは小さいので、粘膜が外部に触れている部分は雑菌やホコリなどが侵入しやすくなります。 鼻も例外ではなく、鼻の穴が小さくて鼻腔が狭く鼻自体も短いため雑菌が侵入しやすくなるのですが、それに対処するため赤ちゃんは鼻水が多く出ます。 ただその鼻水の量が多すぎて、狭い鼻の穴が詰まって鼻づまりを起こしてしまう事がよくあります。 赤ちゃんは鼻呼吸がメインなので、その状態を放っておくとミルクが飲めなくなったり眠れずぐずつく時間が長くなるなど、どんどん鼻づまりに付随する症状が増えてきます。 鼻水や鼻づまりになってしまったら、早めの処置を行いましょう。 赤ちゃんの鼻水の取り方 方法 赤ちゃんが鼻水を出していたら、気温差にしろ、ウィルスにしろ、早めに取り除いてあげることが大切です。 一番スピーディーに対応できるものとして、お父さんやお母さんが口で鼻を吸引してあげる方法がありますが、ウィルス性の鼻水の場合、処置をした人が感染する可能性が高いですし、強く吸引すると鼻や耳を傷つけてしまう可能性があります。 鼻水を吸引するグッズがあるので、それなら感染の恐れもありませんし、安全に鼻水を取り除くことができるでしょう。 鼻水を吸引するグッズとしては、スポイトタイプのものや、ストロータイプのもの、電動タイプのものがあります。 それぞれ使うコツがあるので、詳しくお伝えしておきましょう。 スポイトタイプ 赤ちゃんの鼻水を吸引するグッズとして、スポイトタイプのものがあります。 サイズも小さく、気づいた時にすぐに行えるのでとっても便利ですが、サイズが小さいので大量の鼻水を取り除くのは難しいでしょう。 ただ、強い吸引力がかからないので、鼻水を拭かれるのがイヤな赤ちゃんは、隙を見て少しずつトライすることができます。 赤ちゃんとの相性を見ながら、試してみると良いでしょう。 ストロータイプ 赤ちゃんの鼻水を吸引するグッズとして、定番になっているのがストロータイプのものです。 ストロータイプの吸引グッズなら、赤ちゃんの様子を見ながら優しく、少しずつたくさんの鼻水を取ることができるでしょう。 旧タイプのものだと、強く吸い込むと感染してしまう恐れがありましたが、最新のものでは直接吸いとった鼻水が口に入らないよう、逆止弁が間に入っているので、安心して吸いとることができます。 電動タイプ 赤ちゃんの鼻水を吸引するグッズとして、電動タイプのものがあります。 電動タイプのものだと、吸引力が強いので粘度の高い鼻水でも簡単に吸いとることができるでしょう。 最近は、コンパクトなハンディサイズのグッズが出てきているので、自宅だけでなく携帯して外出先でも使うことができます。 いつでもさっと鼻水を吸引することができるので、とっても便利です。 ただ、吸引力が強いですし、機械音が苦手な赤ちゃんもいますから様子を見ながら使ってみるようにしましょう。 生理食塩水で鼻水を薄め吸い取る 赤ちゃんの鼻水を吸引グッズで取り除こうとしても、鼻水の粘度が強く、なかなか取り除けないことがあります。 そんな時は、赤ちゃんの鼻水を緩くさせてみましょう。 鼻水を緩くさせるには、お水500mlを用意し、そこに食塩5gと重曹2. 5gを溶かした液を作ります。 しっかりと食塩と重層を溶かしたら、赤ちゃんの鼻に数滴たらして鼻水を柔らかくさせていきましょう。 粘度が和らいでから、吸引グッズで取り除くと赤ちゃんにとっても負担が少なくなります。 鼻水の粘度が高い場合は試してみるのも一つの方法です。 綿棒で取り除く 赤ちゃんの鼻水を取り除いてあげたいけれど、吸引グッズは苦手という場合もあるでしょう。 そんな時は、綿棒で優しく取り除いてあげるのがオススメです。 ウィルス性の鼻水の場合、粘度があるのでティッシュではなかなか取り除きにくい部分があります。 そんな時は、綿棒に鼻水をしみこませ、クルクルと鼻水を引っ張り出すようにすると取れやすくなります。 鼻の奥に綿棒を突っ込んだり、内側をグリグリ擦ったりしてしまうと、鼻の粘膜が傷ついてしまう恐れがありますし、場合によっては出血してしまう恐れもあります。 また、突然のくしゃみで綿棒が奥に入ってしまう可能性もあるので、充分注意するようにしましょう。 ティッシュは注意が必要 赤ちゃんの鼻水を取り除くアイテムとして、すぐにティッシュに手が伸びがちですが、あまりティッシュでごしごし鼻水を取ってしまうと、肌荒れを引き起こすことがあります。 ティッシュは赤ちゃんの肌には強いものになるので、ガーゼやウエットティッシュなど柔らかく優しい肌あたりの物にすると良いでしょう。 ただ、柔らかい素材の物でも、鼻をつまんで鼻水を押し出そうとすると痛がって泣き出してしまうこともありますので、流れてきた鼻水を拭き取るくらいで抑えるようにしましょう。 ティッシュを使った便利な方法 赤ちゃんの鼻水を取り除くアイテムとして、ティッシュは刺激が強く肌荒れする赤ちゃんも多いとご紹介しました。 しかし、使い方によってはティッシュでキレイに鼻水を取り除くことも可能ですので、詳しくご説明しておきましょう。 まず、ティッシュを1枚取り、更に薄い1枚ずつに分けます。 その薄い1枚を細長く折り、先端を人差し指にくるりと巻きましょう。 その巻いた部分を赤ちゃんの鼻水にあててティッシュに鼻水をしみ込ませます。 そして人差し指はそのままにし、もう片方の指先で鼻水が染み込んだティッシュの先を持ち、手前にスーッと引いていきます。 すると鼻水が引っ張られ、ベルトコンベアのようにティッシュに乗っかりスルスルと出てくるでしょう。 それを何度か繰り返すと、奥にたまった鼻水まで取り除くことができます。 この方法なら、鼻をつまむこともないので痛がったり泣いたりすることもありません。 また、少しの力で鼻水を取り除くことができるので、赤ちゃんの負担も軽減されます。 お医者さんで吸引 赤ちゃんの鼻水を吸引するためのグッズはたくさんありますが、赤ちゃんが苦手にしていたり、鼻水をうまく取れなかったりすることもあります。 そんな時は、お医者さんで吸引してもらうのもひとつの方法です。 病院なら、奥の方にたまった鼻水もしっかり取り除いてくれるので、すぐに呼吸が楽になるでしょう。 鼻づまりは母乳点鼻で 鼻づまり対策として小児科の先生も勧める方が多いのが、この母乳点鼻という方法です。 その名のとおり母乳を鼻にスポイトなどで少々たらし、それから吸引器で鼻水を取り除くという方法で、即効性があるのがポイントです。 母乳には赤ちゃんに必要な栄養だけでなく免疫物質もふんだんに含まれているので、鼻腔内の炎症を抑えて硬くなってしまった鼻水も綺麗に取れるようになります。 何より母乳なので、副作用の心配がないというのが大きなメリット。 母乳ではなくミルクをあげている方は、母乳の代わりに上記で記した生理食塩水でも代用できます。 生理食塩水は蒸留水があれば簡単に家で作れ、またミルク作りにも使えるので常備しておいてはいかがでしょうか。 鼻づまりで寝られない場合 ウィルスに感染した鼻水は、粘度が高くすぐに鼻を詰まらせてしまいます。 鼻づまりで寝つきが悪くなったり、寝られないでぐずったりする赤ちゃんもいるでしょう。 仰向けで寝ると、鼻づまりがひどくなり鼻呼吸もふさがりやすくなるので、横向きに寝かせてあげると少しは楽になります。 まだ首がすわっていない赤ちゃんは、首の角度に少し傾斜をつけてあげると良いでしょう。 また、縦の位置で抱っこしてあげると重力で鼻水が外に出やすくなるので、鼻づまりでぐずるときは縦抱きであやしてあげると、呼吸が楽になります。 鼻水で肌荒れに注意 赤ちゃんは、とにかく鼻水が出やすいものです。 気を付けてケアしていても鼻水やティッシュなどで肌荒れをしてしまうこともあるでしょう。 肌が荒れてしまった時は、ベビーオイルやベビー用の保湿クリーム、ワセリンなどで保護してあげると悪化を防ぐことができます。 鼻水を拭いた後は、こまめに塗りなおしてあげることで鼻水が刺激になるのを防ぐことができるでしょう。 中耳炎に注意 赤ちゃんの鼻水は、放置しておくと肌荒れを引き起こしたり、鼻づまりを起こしたりするなどやっかいです。 しかし、もうひとつやっかいなのが、中耳炎を引き起こしてしまうことがあるということ。 鼻水を放置しておくと、重い中耳炎になる可能性もあるので、早めに病院で診てもらい、適切に対処するようにしましょう。 病気鼻水か、気温差鼻水か 赤ちゃんの鼻水は、基本的に無色透明でさらさらしているなら、病気である可能性は低いと言えます。 しかし、赤ちゃんが発熱していたり、食欲が落ちていたりするようなら、何かの病気が隠されている可能性があるので、一度診てもらうようにしましょう。 鼻水の判断は難しく、病気か気温差かは判断しにくいこともあります。 無色透明だから絶対に病気ではないとは言い切れませんので、具合が悪そうなときはすぐに病院で診てもらうようにしましょう。 花粉症かも 赤ちゃんの鼻水は、無色透明でさらさら流れていれば、基本的にウィルス性の病気ではないことがほとんどです。 しかし、寒い外から家に入った時だけでなく、温かい季節に外出したときに同じような無色透明のさらさらした鼻水が止まらないようなら、花粉症を疑った方が良いかもしれません。 まだ赤ちゃんなのに、花粉症などありえない!と思うかも知れませんが、1歳の赤ちゃんでも花粉症を発症することが最近の研究では解明されています。 病院を受診して、どんな花粉にアレルギーを持っているのか、調べてもらうようにしましょう。 部屋の保温はしっかり対策を 赤ちゃんの鼻は敏感なので、大人ではあまり気づかないちょっとした事でも過敏に反応する事があります。 暖房をかけすぎて湿度が下がると赤ちゃんの鼻腔内の粘膜が乾燥してしまい、それを補うために鼻にある血管から粘液をどんどん排出し鼻腔内の湿度を自ら上げてほこりや花粉・雑菌などの侵入を防ぎます。 冬になると大人でも鼻水が出る事がありますが、それはこの働きによるものです。 暖房だけでなく冷房でも湿度は下がるので、エアコンやストーブをつける際には必ずぬれたタオルを赤ちゃんの周りにかけておくか、加湿器をつけるようにしましょう。 赤ちゃんにとって最適な湿度は40%~60%と言われているので、この数字を目安に対策してください。 病院の種類 小児科か耳鼻科か? 赤ちゃんの鼻水が気になるとき、病院へ行って小児科に行くべきか、耳鼻科に行くべきか、迷うことってありますよね。 どちらを受診しても適切に対処してもらうことができますが、熱が出ている場合は小児科に、鼻水だけの問題なら耳鼻科というように分けてみるのも良いでしょう。 ウィルス性の鼻水の場合、小児科で風邪として処置してもらうことができます。 耳鼻科では細菌系の鼻水にアプローチすることになるので、微妙に処置方法が異なるのです。 近所の小児科や耳鼻科をチェックし、相性の良い先生を選ぶというのも大切なポイントのひとつと言えるでしょう。 まとめ 赤ちゃんと鼻水についてさまざまな情報を詳しくご紹介しました。 鼻水の色や粘度により、健康な鼻水か、ウィルス性の鼻水かを判断することができます。 ただ、花粉症を発症している可能性もあるので、無色透明でも鼻水が止まらない時は、一度受診して確認するようにしましょう。 また、さまざまな鼻水を除去する方法もご紹介しました。 便利なグッズや、綿棒、ティッシュを使った方法など、いろんな取り除き方があるので、赤ちゃんとの相性や、お母さんがしやすい方法を探ってみてください。 鼻づまりがひどいと、赤ちゃんはたちまち呼吸が苦しそうになります。 そんな時、負担が少なく確実に鼻水を取り除くことができれば、少しでも苦しさを和らげてあげることができるでしょう。 そのためにも、ご紹介したさまざまな方法を試し、我が子にとって鼻水を取り除くのには何が一番なのかを見つけ出してください。

次の

胎児のしゃっくりは元気な証拠? 長い・止まらない・多いしゃっくりのワケ

赤ちゃん くしゃみ 多い

目やには、結膜や角膜から分泌される粘液に老廃物やごみなどが付着して固まったものです。 目やには健康な人でも、起床時などに目頭や目じりに溜まっていることがあります。 通常は軽く 拭 ぬぐ えば取れる程度の量であり、色は白~薄い黄色です。 目やには赤ちゃんにもよく見られる症状ですが、中には何らかの異常によって引き起こされていることがあります。 緑色や 膿 うみ が混ざったような目やにが大量に出る• 目やにとともに、結膜の充血や発熱などの症状を伴う• 絶えず涙や目やにが出ている これらの症状が見られる場合、原因としてどのようなものが考えられるでしょうか。 目やにが出る赤ちゃんの病気 健康な赤ちゃんにも目やにはよく見られるものですが、中には以下のような病気が原因で目やにが出ていることがあります。 結膜炎 結膜に細菌やウイルスなどが感染して炎症を生じる病気です。 新生児では産道を通るときに母体から感染するや 淋菌 りんきん 、生後1か月以降の赤ちゃんは菌が原因になることが多いとされています。 目の充血とともに黄色の目やにが増えることが特徴です。 一方、ウイルス性はアデノウイルスやエンテロウイルスが原因になることが多く、症状は細菌によるより強いことが特徴です。 目の充血や大量の目やにのほかに、涙が止まらない、目の痛みなどの症状を伴い、発熱・喉の痛み・下痢など全身にさまざまな症状が現れることもあります。 先天性鼻涙管閉塞症 涙は 瞼 まぶた にある涙腺でつくられて目の表面に排出され、余分な涙は目頭の涙点から鼻涙管を通って鼻の奥に流れ込みます。 このうち鼻涙管が生まれつき詰まっている病気を先天性症といいます。 目から涙の排出が妨げられることで、常に涙が目に溜まって流れる状態となりますが、細菌感染を起こすと充血や目やにが見られます。 眼瞼内反症 がんけんないはんしょう いわゆる逆さまつ毛で、下眼瞼(したまぶた)のまつ毛が眼球に向かって生えているため、眼球が傷ついて充血や流涙、目やになどの症状が見られます。 成長するにしたがって自然と治ることがほとんどですが、中には手術が必要になるケースもあります。 受診の目安とポイント 赤ちゃんの目やにはよく見られる症状のため、少量でほかの症状がない場合は問題ないことがほとんどです。 しかし、中には何らかの病気が原因になっている場合もあります。 放置すると角膜を傷つけて視力が低下したり、全身状態が悪化したりすることもあるため注意が必要です。 目やにが大量に出る、いつもと違った色の目やにが出る、充血や流涙などの目の症状がある、発熱や鼻汁など目以外の症状がある場合には、病院を受診することを検討しましょう。 受診する診療科は眼科がよいですが、まずはかかりつけの小児科で相談することもよいでしょう。 また、目の症状以外のものがみられる場合は、それぞれの症状に合わせて小児科や耳鼻科を受診するようにしましょう。 受診の際には、目やにがいつから出ているのか、目やにの性状や色、いつもと違った様子、目やに以外の症状などを詳しく医師に伝えるようにしましょう。 また、家族にアデノウイルスなど目やにを起こしやすい感染症の感染者がいる場合は、事前に伝えておくと診療がスムーズに進みます。 日常生活上の原因と対処法 赤ちゃんの目やには病気だけでなく、乾燥やほこりなどが原因になっていることがあります。 主な原因とそれぞれの対処法は以下の通りです。 乾燥 空気の乾燥などによって目が乾くと涙が多く分泌されるようになります。 また、目にが生じる場合もあり、無意識に目を強く擦って傷ができたり、細菌感染を起こしたりすることも少なくありません。 このような場合に目やにが出やすくなることがあります。 目の乾燥を防ぐには 赤ちゃんは不快な症状を言葉で表現することができないため、目が乾いてや痛みが生じていたとしても見過ごされることが多々あります。 赤ちゃんの目の乾燥を防ぐには、室内を適度な湿度に保ち、空気が乾きやすい冬は長時間の外出を控えるようにしましょう。 よくならないときには 日常生活上の対処法を実践しても症状が改善しない場合は、思いもよらない病気が潜んでいることがあります。 放置すると将来的な視力に影響するケースもあるため、それぞれの症状に合わせた診療科を受診するようにしましょう。

次の

妊娠中にくしゃみが出るときに知っておきたいこと

赤ちゃん くしゃみ 多い

看護師・助産師を免許を取得後、未熟児病棟、脳神経外科病棟、産科病棟で医療業務に従事。 その後、医療現場での経験を活かして、青年海外協力隊の看護職としてアフリカに2年間駐在し、現地の医療技術向上に貢献。 新生児の赤ちゃんがしゃっくりをする姿はよくみますが、あまりにも頻繁に、長い時間しゃっくりをしていると、赤ちゃんが苦しかったり、吐いてしまったりするのではないかと心配になりますよね。 そこで今回は、新生児の赤ちゃんのしゃっくりについて、止まらないときはどうすればいいのか、多いときの止め方などをまとめました。 そもそもしゃっくりがでる仕組みとは? しゃっくりとは、お腹のなかにある「横隔膜」と呼ばれる薄い膜のような筋肉が、けいれんを起こしている状態のことです。 大人の場合、食べ過ぎたときや早食いをしたときに、横隔膜が急激に収縮して声帯が閉じてしまい、空気が遮断されたときに「ヒクッ」という音を発することがあります。 新生児や赤ちゃんも基本的には同じ原理でしゃっくりをしますが、体と脳の繋がりがまだ未発達な部分もあり、大人に比べてしゃっくりを起こしやすくなっています。 新生児や赤ちゃんにしゃっくりがでる原因は?多いのはなぜ? 赤ちゃんがしゃっくりをする原因は様々ですが、一番の原因は、おっぱいを飲んでいるときに空気を一緒に吸い込んでしまうことです。 また、授乳直後で大きく膨らんだ赤ちゃんの胃が横隔膜を圧迫して、しゃっくりが起こることもあります。 特に新生児~生後6ヶ月頃までの赤ちゃんは横隔膜が未熟なので、ちょっとした刺激でもしゃっくりを起こすことがあります。 しゃっくりがしばらく続いたとしても、何か悪影響が出るわけではないので、「この時期の赤ちゃんはしゃっくりが多いものだ」と考えて、慌てず対処してあげてください。 関連記事 新生児や赤ちゃんのしゃっくりが止まらないのは病気の可能性もある? 新生児や赤ちゃんのしゃっくりが続くときは、肺炎やお腹の炎症で横隔膜に膿がたまっている可能性もあります。 しゃっくりがあまりに頻繁で止まらず、「ぐったりして元気がない」「おっぱいやミルクを飲まない・飲む量が減ってきた」などの症状があれば、一度小児科を受診してみましょう。 また、稀に、食べ物のアレルギー症状としてしゃっくりが出ていることもあります。 小麦やピーナッツなど、アレルギー症状を引き起こす食べ物は様々なので、離乳食期の赤ちゃんは注意してください。 しゃっくりの他に、湿疹、くしゃみ、鼻水、目の充血などのアレルギー症状が出ていないか、合わせて確認しましょう。 ただし、病気や食物アレルギーが原因でしゃっくりを起こしているというケースは極めて稀なので、しゃっくりが頻繁でも、元気そうなら病院にいく必要はありませんよ。

次の