その他 の システム データ。 iPadのストレージを圧迫する「その他」を削除して空き容量を増やす方法!

iPhoneのその他が復元しても減らない時に試す5つの方法

その他 の システム データ

一時的に利用したキャッシュデータ• 過去の設定のログ• 使用していないその他のデータ iPhoneのストレージのその他は消しても大丈夫? その他のファイルはいらないデータの集まりなので、 iPhoneのストレージにある「その他」のデータは削除しても問題ありません。 「その他」がストレージ容量をかなり使っている場合は、 その他のデータを削除するだけでも、ストレージの空き容量をかなり増やすことができるはずです。 iPhoneのその他を削除する方法については、後ほど詳しくご紹介していきます。 iPhoneのストレージの内訳を確認する方法 iPhoneのストレージがどれぐらい使われているかは、iPhone・PCの両方から確認することが可能です。 iPhoneのストレージをiPhoneから確認する方法 自分の iPhoneのストレージにあるその他の容量は、iPhoneからでも確認することが可能です。 するとストレージに保存されているデータが項目毎に表示され、グレイ色の項目が「 その他」になります。 僕のiPhoneの場合は使用済み21. 4GBの内、半分近くが「 その他」のデータで占めているのが分かりますね。 iPhoneのストレージをPCから確認する方法 iPhoneからストレージの内訳を確認することができますが、同様にPCからでも確認することができます。 PCから確認するにはiTunesを開き、接続しているデバイスのページに表示される横グラフから確認できます。 iPhoneのストレージのその他を削除する方法 iPhoneのストレージのその他を削除するには、いくつかの方法があるので具体的なやり方をそれぞれご紹介したいと思います。 iPhoneの再起動でその他を削除する• アプリを削除・再インストールでその他を削除する• Safariのキャッシュを消してその他を削除する• アプリのキャッシュを消してその他を削除する• iPhoneを復元してその他を削除する では、それぞれの方法を詳しく解説していきましょう! iPhoneを再起動してその他を消す iPhoneのストレージにあるその他は、 再起動するだけでも一部のデータを削除することが可能です。 iPhoneを再起動するには「 スリープボタンを長押し」して、「 スライドで電源オフ」と書かれたバーをスライドするだけです。 再起動だけでも「その他」がかなり削除されることもあります。 一番簡単にできる方法なので、まずはiPhoneの再起動からはじめてみましょう。 容量の多いアプリを削除・再インストールする その他にはアプリで使われている不要なデータも保存されているので、使わないアプリを消すだけでもその他を削除することが可能です。 すると、iPhoneの中でどのアプリがストレージを使っているかが一目でわかるので、容量の多いアプリは削除か再インストールしてみるといいでしょう。 アプリを削除するには「 Appを取り除く」と「 Appを削除」の2通りの方法があります。 「 Appを取り除く」はアプリ自体は削除されますが、アプリに保存されているデータは削除されずに残ります。 「 Appを削除」はアプリもアプリ内のデータも全て削除されます。 今後も使わないアプリであれば「Appを削除」、 今後また使う可能性がありデータを保存しておきたいアプリは「Appを取り除く」など、用途に合わせて使い分けてみるといいでしょう。 Safariのキャッシュを削除する その他には昔のキャッシュ情報が保存されているので、 Safariのキャッシュを削除することでも「 その他」を減らすことができます。 実際に私のPhoneでが利用中の容量を確認してみると、かなりの容量を使っていることが分かりますね。 アプリのキャッシュを削除する iPhone内のストレージにある「その他」を削除するのに、 アプリのキャッシュを削除するのもとても効果的です。 アプリのキャッシュ削除の方法は、それぞれのアプリによって異なります。 ほとんどのアプリではそのアプリの設定画面から、キャッシュデータの削除が可能です。 ちなみに「 PhoneClean Pro」というPCソフト 有料 を使えば、アプリの不要なデータを一括で削除することも可能です。 無料の体験版でどれぐらい不要データがあるかを確認できるので、購入前に体験版を使って一度確認してみてもいいでしょう。 iPhoneを初期化して復元する iPhoneのストレージにあるその他を削除するのに最も効果的なのが、 iPhoneを一度初期化してから復元するといった方法です。 ただ初期化して復元となると結構面倒なので、上記で紹介した方法を試しても「その他」がたくさん残っているときの最終手段としましょう。 iPhoneを復元するにはiPhoneとPCをケーブルに繋いでiTunesを開き、「 iPhoneを復元」を選択します。 iPhoneを探すをオンにしている場合、以下のような確認が表示されます。 iPhoneを探すをオフにするには、設定アプリから自分の「 アカウントページ」を開き「 iCloud」を選択します。 「 iPhoneを探す」の項目があるので、「 オフ」にすれば完了です。 iTunesでの設定に戻ります。 iPhoneを探すをオフの状態で「復元」を選択すると、復元をする前にバックアップをしますかという確認が表示されるので、「 バックアップ」を選択してください。 バックアップが完了するとiPhoneの初期化が始まりますので、初期化が完了したら先程のバックアップからiPhoneを復元していきます。 先程のバックアップを選択した上で、「 iPhoneを復元」をクリックすれば完了です。 ちなみにPCを使わなくても、iCloudを使えばiPhone単体でバックアップから復元まで可能です。 詳しい手順はこちらの記事をご覧ください。 iPhoneのストレージを増やす方法まとめ 今回ご紹介したiPhone内に保存された「その他」を消す以外にも、 ストレージの空き容量を増やす方法はいくつも存在します。 iPhoneのストレージ容量を増やす方法については、下記の記事でこれでもかと紹介しているので是非参考にしてください。 ここからはストレージを増やす方法の中でも、より効果的なものをいくつかピックアップしてご紹介します。 写真の容量を圧縮する iPhoneのストレージを占める多くが写真といいう方は、 iPhoneに保存されている写真のサイズを圧縮することでストレージを増やすことが可能です。 iPhoneに保存あれた写真を圧縮するには、「 PhotoShrinker」というアプリが使いやすくてオススメです。 VCompressorの詳しい使い方についてはこちらの記事で解説しています。 いらない写真や動画は削除する 写真や動画についても同じような写真や失敗した写真など、探せばいらない写真はいくらでもあるはずです。 写真や動画は容量も大きくストレージをいっぱいにする原因ですので、 いらない写真はできるだけ削除していくといいでしょう。 iPhoneに保存した写真を削除するには、写真アプリを開いて右上の「 選択」をタップし、削除したいファイルを選択して右下にある「 削除」をタップすることで削除できます。 これだけだとファイルがゴミ箱フォルダに入っているため、iPhoneに保存されたままの状態でストレージが減っていません。 ゴミ箱の中のデータを削除するには、アルバムのタブの画面下にある「 最近削除した項目」から、完全に削除したい写真を選択して「 削除」をタップすれば完了です。 クラウドサービスを活用する 中には写真だけで何百枚、何千枚とiPhoneに保存されている人もいると思いますが、 写真や動画はクラウドサービスに保存するのもストレージを増やすのに効果的です。 Apple純正であればiCloudがありますし、無料でも大容量のストレージが使える「 Google Photo」や「 Dropbox」などのアプリもおすすめです。

次の

iPhone/iPadの空き容量が復活!ストレージ「その他」を消す方法

その他 の システム データ

iPhoneのその他が削除できない時に試す5つの方法 iPhoneの「その他」とは、内容不明のデータです。 iOSやアプリが一時的に使用したキャッシュファイルや 設定ファイル、そのほかのシステムデータなど、 ユーザーが使用していない不要データであることが ほとんどです。 「その他」がある場合は、 削除をすることで、空き容量を増やせる可能性があります。 キャッシュの削除 アプリごとのデータを消去することでも 余計なデータを削除できます。 【Safari】 例えば、Safariでは「設定」でWebサイトデータ(キャッシュ)を 削除することができます。 【ゲームアプリ】 起動すると「キャッシュ削除」と 表示されているものもあります。 (あんさんぶるスターズの場合は左上に 「キャッシュ削除」ボタン) 不要なアプリの削除 使用していないアプリを削除しましょう。 工場出荷状態に初期化 「その他」を削除する一番確実な方法は、 iPhoneを復元することです。 まず、バックアップを作成し、 復元を実行するという手順となります。 初期化したiPhoneの復元方法には、• バックアップからの復元• バックアップから戻さない復元 の2通りがあります。 「バックアップから復元」を選択した場合は 復元の際に不要なファイルまで元に戻ってしまうため、 その他も復活する可能性があります。 「バックアップから戻さない復元」を選択した場合は、 iPhoneを新規デバイスとして設定するため、 必要なデータを手動でiPhoneに移す必要があります。 どちらの場合も初期化の前に必ず 大事なデータのバックアップを忘れずに行いましょう。 iTunesに接続して再起動 iPhoneを初期化して復元を行うと 時間がかかるため、 再起動を行い、「その他」データの 内容が整理されることがあります。 端末を再起動する時は、 iTunesに接続した状態にします。 電源ボタンを長押しした後、 「スライドで電源オフ」をスライドします。 このまま再起動を行うと、 「その他」が削除されることがあります。 iPhoneのその他の正体と今後増やさない対策! 「その他」の正体は、キャッシュなどが ほとんどなので、Safariなどで検索した後は、 キャッシュクリアをまめにおこなったりするとよいでしょう! で、ご紹介している iPhoneの空き容量を確保する方法も アプリのキャッシュをクリアする方法なので、 合わせて行ってみてください。 主に、FacebookやTwitterなどのキャッシュが クリアできます。 まとめ いかがでしたでしょうか。 泣く泣く音楽や写真を削除しなくても、 「その他」のジャンクデータを削除することで iPhoneの空き容量を確保することが可能です。 ゲームアプリやSNSアプリ、 ブラウザアプリなどもキャッシュを こまめにクリアして、 「その他」を増やさないようにしましょう!.

次の

【iPad】ストレージを圧迫する「その他」の容量を削除する方法!

その他 の システム データ

その他:Siri の音声、フォント、辞書などの削除できないモバイルアセット、削除できないログやキャッシュ、Spotlight のインデックス、キーチェーンや CloudKit データベースなどのシステムデータ。 キャッシュ済みのファイルがシステムによって削除されることはありません。 特に、音楽やビデオ、写真などを再生したり、表示したりする場合に、キャッシュデータが作成されます。 そこで、アイフォンを長く使うと、ストレージ内にある「その他」データがだんだん溜まってストレージの容量を圧迫します。 Part 2: iPhoneの「その他」を確認するには それでは、アイフォンストレージの「その他」のデータ容量を確認したい場合に、どうすればよいのでしょうか?iPhone本体とパソコンの両方から確認することができます。 iPhone本体での確認手順 「設定」>「一般」>「iPhoneストレージ」の順でタップして、グレイ色の項目は「その他」です。 iOSデバイスを再起動してその他を削除することは確かに手軽に操作できますが、削除できないや削除してから急に増加することもありますから、その場合に、次の方法2を試してください。 方法2: 不要ファイルが溜まっているiPhoneアプリを整理してその他を削除する 「その他」にはインストールされているアプリ内のキャッシュデータや不要ファイルもたくさんありますから、その他を削除したいなら、iPhoneアプリの使用容量を確認して整理する必要があります。 「設定」>「一般」>「iPhoneストレージ」の順でタップします。 アプリの使用状況をクリックして確認します。 使っていないアプリなら、状況によって「Appを取り除く」や「Appを削除」をタップしてiPhoneから削除します。 不自然に容量の多いアプリなら、削除して再インストールしてみてください。 「Appを取り除く」をタップしたらアプリ本体だけを削除します。 「Appを削除」をタップしたらアプリ本体以外、書類とデータなどすべてのデータを削除します。 すると、iPhone内のアプリデータを整理していらないデータやゴミファイルを削除できます。 しかし、もしお使いのiPhoneでアプリがいっぱいで、1つずつで確認するのは面倒ですから、「その他」を一括に消したいなら、次の方法3を参考にしてください。 具体的な操作方法は、次の部分でご紹介します。 iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続します。 iTunesを起動してデバイスアイコンをクリックします。 「iPhoneのバックアップを暗号化」をクリックしてパスワードを設定します。 「今すぐバックアップ」をクリックしてiPhoneを完全にバックアップします。 iTunesでもう一度確認 そうすると、iPhoneストレージの「その他」の大部分を削除することができます。 しかし、iTunesでデータを完全復元する場合に、「その他」の一部も復元しますので、ここで、バックアップからデータを選択して復元すできる方法をご紹介します。 iTunesバックアップからデータを選択して復元する方法 バックアップからデータを選択して復元したいなら、iOSデバイス向け専用のデータ管理ソフト — を利用する必要がありますから、まず、このソフトを一緒に見てみましょう! AnyTrans for iOSは万能なワンストップコンテンツマネージャーで、。 それでは、早速、iPhoneを初期化してから、データを選択復元して「その他」を徹底的に削除しましょう!.

次の