オレンジ。 BS

貸倉庫・貸工場はオレンジホームで物件探し!京都・大阪・兵庫の情報満載!

オレンジ

出典: (英語) オレンジ(甜橙、英名: orange、学名: Citrus sinensis)は、の常緑小高木、またはその( ())のこと。 aurantium 、に属する。 和名は アマダイダイ(甘橙、甘代々)。 オレンジ類はスイートオレンジ、サワーオレンジ、に大別される。 日本の日常生活において単にオレンジというと、非常に多く栽培、流通されているスイートオレンジのかを指すことが多い。 また、英語の orange という単語がよく「みかん」と日本語訳されることが多いが、日本で単に「みかん」というとマンダリンオレンジの近縁であるを指すことが多く、同じ柑橘属であるが別の種類である。 なお、オレンジの果実のようなを という(と区別されることもある)。 概要 [ ] 原産地はの。 日本に導入されたのは。 現在の主産地は、、、、など。 での栽培はネーブルオレンジを除いてそれほど多くなく、国内流通品の大部分はの産である。 ネーブルオレンジは、、などで年間6,000トン前後生産されている。 果皮、果肉共にオレンジ色()で多汁質。 適度な甘味・酸味をもち、香り高い。 生食用のほか、の原料として利用され、またなどの肉の料理にソースとして用いられる。 なお果皮はオレンジピール(オレンジの皮の砂糖漬け)やの原料としても使われる。 では、花弁を蒸留して得られる液体「()ウォーター」をやの香りづけに用いる。 果皮と袋(じょうのう)が密着して離れにくいのが特徴。 7-1. 遊離アミノ酸として、、、、、などを多く含む。 品種 [ ] スイートオレンジ [ ] スイートオレンジの品種群には、普通オレンジ common orange 、ネーブルオレンジ navel orange:臍柑=果実のお尻の部分にへそ〔くぼみ〕のあるオレンジを指す 、ブラッドオレンジ blood orange などがあり、普通オレンジとネーブルオレンジの栽培がもっとも多い。 ブラッドオレンジの原産地はイタリア。 主にジュースの原料となる。 その名の通り、真っ赤な色のジュースとなる。 普通オレンジ品種群• 早生種• ハムリン hamlin• パーソンブラウン parson brown• サルスチアーナ salustiana• 中生種• パインアップル pinnapple• シャムーティ shamouti• 晩生種• (valencia• ペラ pera など• ネーブルオレンジ品種群• ワシントン washington• トムソン tomson• ナベラーテ navelate• バイアニーニャ bihianinha• 福本 など• ブラッドオレンジ品種群• サンギネロ sanguinello• タロッコ tarocco• モロ moro• マルチーズブラッド maltese blood• サンギネリ sanguinelli• ドブレヒナ doblefina など ビターオレンジ [ ]• daidai• chinotto• bergamot• bigarade など ウィキメディア・コモンズには、 オレンジに関連する および があります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 流通 [ ] バナナやオレンジなどの輸入果実を卸売市場で取引するときの単位は「カートン」と言い、レモンは1カートン88個である。 脚注 [ ].

次の

ウルトラオレンジで染めよう!FLOWライブ音源配信に先駆け一夜限り“聴会議”開催決定!

オレンジ

littorea他)は日本中国などの海辺が原産の単子葉、常緑、多年生、草本です。 ハマカンゾウは主に種子、根茎で増えます。 ハマカンゾウの葉は、常緑の根生葉で少し厚みがあります。 ハマカンゾウの花はユリ科特有の花で花被片6枚です。 ハマカンゾウの雄蕊は6、雌蕊は1です。 ハマカンゾウの明るく華やか花は、夏らしい華やかな花です。 夏の浜辺を飾るハマカンゾウをハマカンゾウ花写真、ハマカンゾウ花観察地図、ハマカンゾウ花情報でお楽しみ下さい。 君子蘭 ヒガンバナ科クンシラン属クンシラン(君子蘭Bush lily Clivia miniata)は、南アフリカ、スワジランド原産の植物です。 クンシランは単子葉、多年生、草本の植物で、春から初夏に直線状の花茎を伸ばし、赤色、オレンジ色の豪華な花を茎の先端に7〜30程咲かせます。 クンシランの花はヒガンバナ科特有の花で、花漏斗状、花被片6、雌蕊1、雄蕊6です。 クンシランは花期後赤色の実(漿果)を付けます。 クンシラン花写真、クンシラン花観察地図、クンシラン花情報でお楽しみ下さい。 長実雛芥子 ケシ科ケシ属ナガミヒナゲシ(長実雛芥子long-headed poppy Papaver dubium 他)はヨーロッパからアメリカ大陸が原産の双子葉、1、2年生、草本です。 ナガミヒナゲシの花は赤色、オレンジ色、他で直径3cm〜4cm程の大きさでケシ科特有の花でがく片2、花弁4です。 ナガミヒナゲシの花の蕾は毛で覆われ垂れ下がっています。 ナガミヒナゲシの雌蕊は太く、多数の雄蕊が取り囲んでいます。 ナガミヒナゲシのオレンジ色の花は、春から初夏の道端や草原を飾ります。 ナガミヒナゲシをナガミヒナゲシ花写真、ナガミヒナゲシ花観察地図、ナガミヒナゲシ花情報でお楽しみ下さい。 非州菊 キク科ガーベラ属ガーベラ(非州菊Garbera Gerbera jamesonii 他)は、双子葉、多年生、草本で、原産は熱帯アフリカ、熱帯アジアです。 ガーベラはタンポポに似た形状で、短い根状茎から羽状の根生葉を伸ばしロゼット状に生育します。 ガーベラの花期は日本では初夏から秋で、短い根状茎から20〜30cm程の数本の花茎を伸ばし、頭状花序の直径10cm程の大きな花を付けます。 ガーベラの花はキク科特有の頭状花序で、周辺部に舌状花、中心部に管状花があります。 ガーベラは花期後多数の痩果を付けます。 ガーベラの花を写真、ガーベラ花観察地図、ガーベラの花情報でお楽しみ下さい。 花金鳳花 キンポウゲ科キンポウゲ属ラナンキュラス(花金鳳花Percian buttercup Ranunculus asiaticus)は地中海から西アジアが原産の双子葉、多年生、草本の植物です。 ラナンキュラスの花色は赤色、紫色、黄色、白色など様々です。 ラナンキュラスの花はキンポウゲ科特有の花で、雌しべ多数、雄しべ多数です。 ラナンキュラスの花は薄く繊細で、牡丹の様に美しい花です。 春に咲くラナンキュラスの美しく繊細な花は、春の花散歩の楽しみです。 ラナンキュラスをラナンキュラス花写真、ラナンキュラス花観察地図、ラナンキュラス花情報でお楽しみ下さい。 極楽鳥花 ゴクラクチョウカ科ゴクラクチョウカ属ゴクラクチョウカ(極楽鳥花Crane flower Strelitzia reginae 他)は南アフリカが原産の双子葉、多年生、常緑草本です。 ゴクラクチョウカは花茎を伸ばし花茎の先に舟形の苞を付け極楽鳥の頭に似た形状の花を次々に咲かせます。 ゴクラクチョウカの花はゴクラクチョウカ特有の聚傘花序の花で、がく片3(オレンジ色)、花弁3(青紫色)、雌蕊1(柱頭3裂、子房3室)、雄蕊5です。 ゴクラクチョウカは園芸、観賞用、観葉植物、切り花としても利用されます。 ゴクラクチョウカの美しくエキゾチックな花は、熱帯亜熱帯地方の花散歩の楽しみです。 有明葛 キョウチクトウ科アラマンダ属アリアケカズラ(有明葛Golden trumpet Allamanda cathartica 他)は熱帯ブラジルが原産の双子葉、常緑、つる性植物です。 蔓性のアラマンダは枝先に花茎を伸ばし黄金色(黄色)の花を次々に咲かせます。 アラマンダの花は直径10cm程で、キョウチクトウ科特有の筒状の合弁花で、回旋状で花弁は5裂しています。 アラマンダの花色は黄色、黄金色、他です。 アラマンダの花は雌蕊1、雄蕊は5です。 アラマンダの蔓性で豪華な花は、鉢植えや日除け、生垣としても人気があります。 アラマンダをアラマンダ花写真、アラマンダ花観察地図、アラマンダ花情報でお楽しみ下さい。 石蕗 キク科ツワブキ属ツワブキ(石蕗 Farfugium japonicum)は、日本の南部、朝鮮半島、中国、台湾の海岸や渓谷の岩場に自生する植物です。 ツワブキはフキ(蕗)に似ていて、葉が広く艶やかです。 秋から初冬に花茎を伸ばし、5cmほどの散房花序の黄色(オレンジ色)い花を咲かせます。 ツワブキは園芸用植物としても人気で、海外でも愛好者の多い植物です。 ツワブキ写真、ツワブキの花散歩地図、ツワブキの花情報でお楽しみ下さい。 凌霄花 日本で栽培されるノウゼンカズラの原産は中国です。 ノウゼンカズラは平安時代に渡来してきたといわれています。 鎌倉の古刹明本寺にもノウゼンカズラの古い株があり、夏の鎌倉を綺麗に彩ります。 ノウゼンカズラは双子葉植物で、つる性の植物です。 ノウゼンカズラの総状花序に垂れ下がった赤いトランペット状の花は鮮やかで夏空に映えます。 それではノウゼンカズラの花を楽しむ花散歩に出かけましょう。 ノウゼンカズラ属ノウゼンカズラの花写真、ノウゼンカズラ花散歩地図、ノウゼンカズラ花情報でお楽しみ下さい。 向日葵 キク科ヒマワリ属ヒマワリ(向日葵Sunflower Heliathus annuus)は、双子葉、1年生、草本で、原産は北アメリカです。 ヒマワリは成長すると1m〜3m程になります。 ヒマワリの葉は互生で大きく心状卵円形です。 ヒマワリの花はキク科特有の頭状花序で、周辺部に黄色い舌状花、中心部に赤茶色の管状花があります。 ヒマワリは花期後多数の痩果を付けます。 ヒマワリの花を写真、ヒマワリの花散歩地図、ヒマワリの花情報でお楽しみ下さい。 藪萱草 ユリ科ワスレグサ属ヤブカンゾウ(藪萱草Kwanzo Hemerocallis fulva ver. kwanso 他)は中国北部が原産の単子葉、多年生、草本です。 夏の草原や庭園、街路をオレンジ色の明るく華やかな花で飾るヤブカンゾウは世界中で愛されている花です。 ヤブカンゾウは主に匍匐茎(根茎、稀に鱗茎)で増えます。 ヤブカンゾウの葉は、根生葉で少し厚みがあります。 ヤブカンゾウの花はユリ科特有の花で本来は花被片6枚ですが、八重(重弁)咲です。 ヤブカンゾウの雄蕊は6、雌蕊は1です。 ヤブカンゾウは3倍体の為に結実することはほとんどありません。 ヤブカンゾウの明るく華やか花は、世界中で人気です。 扶桑花 アオイ科フヨウ属ブッソウゲ・ハイビスカス(扶桑花Chinese Hibiscus Hibiscus rosa-sinensis他)は東アジア原産の双子葉、熱帯性、常緑樹、低木です。 ハイビスカスの花はフヨウ属特有の筒状で、花弁が5裂しています。 ハイビスカスの花色は赤色、黄色、オレンジ色、ピンク、白色他でがく片5裂(苞葉あり)、花弁5裂です。 雌蕊は先端が5裂し、雄蕊多数が雌蕊に合着しています。 ハイビスカスは各地で品種改良され、世界中で人気のある花です。 鞘冠菊 キク科コレオステファス属ミコニス(鞘冠菊 Coleostephus myconis 他)は地中海沿岸が原産の双子葉、一年生、草本です。 ミコニスは一般的にはクリサンセマム・ムルチコーレとも呼ばれ春に咲く出す黄色(オレンジ色)い花が人気です。 1年草のミコニスは主に、種子で増えます。 ミコニスの黄色の明るい花は、春から初夏の庭園や窓辺を美しく飾ります。 ミコニスは比較的寒冷にも強く栽培も容易です。 ミコニスは横に広がる匍匐状の茎から互生の鋸歯のある少し厚みのある葉を付け、春にキクに似た黄色い花を咲かせます。 ミコニスの花はキク科特有の頭状花序の花で、管状花と舌状花でできています。 ミコニスの黄色く明るい花は、世界中で人気があります。 伽藍菜 ベンケイソウ科カランコエ属(伽藍菜 Kalanchoe integra他)は双子葉、多年生、草本の植物で、熱帯アジア、熱帯アフリカに約125種が知られています。 カランコエは多肉植物で乾燥に強く、比較的栽培が容易です。 カランコエの花期は冬から春で、花色は黄色、赤色、オレンジ色などです。 カランコエの花はベンケイソウ科特有の花で、がく片4、花弁4、雄蕊8、心皮4です。 熱帯原産のカランコエ属の明るい花を、写真と観察場所の地図で案内いたします。 法国万寿菊 キク科マンジュギク属マリーゴールド(法国万寿菊French marigold Tagetes patula)はメキシコの高地が原産の高さ30〜50cm程の双子葉、1年生、草本です。 マリーゴールドの葉は羽状複葉で、独特の香りがあり除虫作用があります。 マリーゴールドの花はキク科特有の頭状花で、舌状花と管状花で出来ていて、花色は黄色、赤色、白色などです。 マリーゴールドの管状花は花被片5、雌蕊1、雄蕊5です。 マリーゴールドの黄金色(オレンジ色)の明るい花は初夏から秋の庭園や道端を美しく飾ります。 万作 マンサク科マンサク属マンサク(万作 Witch-hazel Hamamelis japonica 他)は日本など北半球が原産の双子葉、落葉、小高木です。 早春の森林を飾るマンサクの花は春の花として人気があります。 マンサクは主に、種子、挿し木で増えます。 マンサクの花はマンサク属特有の黄色(オレンジ色、赤色、白色等)の花で、花弁4、がく片4、雄蕊4、です。 マンサクの花は、生け花などとしても人気があります。 薔薇 バラ科バラ属バラ(薔薇Rose Rosa)はヨーロッパ、アジアの温帯が原産の双子葉、低木、潅木です。 バラの花色は基本は紅色ですが黄色、紫色、白色、オレンジ色など多くの色のバラがあります。 バラの花は香りが良く香水として使われる他、食用、薬用、蜂蜜採取などにも使われ世界中で親しまれています。 日本ではバラ属の中でハマナス、ノイバラ、サンショウバラなどが原産となっています。 バラをバラ花写真、バラ花観察地図、バラ花情報でお楽しみ下さい。 蘆薈 ユリ科アロエ属アロエ(蘆薈Aloe Aloe arborescens他)はアフリカ南部原産の単子葉、多年生、草本です。 アロエの仲間は世界中に500種ほど知られていますが、日本ではキダチアロエ Aloe arborescensが一般的です。 アロエの葉は肉厚で、葉の縁に棘があります。 アロエの花期は冬から春で総状花序の赤色、オレンジ色の花を咲かせます。 アロエの花はユリ科特有の管状花で花被片6(外花被片3+内花被片3)で雌蕊1、雄蕊6、柱頭3裂(子房3室)です。 嘉徳麗雅蘭 ラン科カトレア属カトレア(嘉徳麗雅蘭 Cattleya Cattleya labiata 他)は南米が原産の単子葉、常緑、多年草です。 カトレアは、主に種子、バルブ(偽鱗茎)で増えます。 ラン科の女王と言われるカトレアの美しい花は窓辺や室内を明るく飾ります。 カトレアは着生蘭なので、暖かい部屋や温室での鉢植えが適しています。 カトレアの葉は、基部の匍匐茎から数枚と発達したバルブから1〜2枚の葉を付けます。 カトレアの花はラン科特有の花で、花弁6(外花被片3、内花被片3)です。 カトレアの花は内花被片3が発達し、特に唇弁が大きく前方に突きだしているのが特徴です。 福寿草新 キンポウゲ科フクジュソウ属フクジュソウ(福寿草Amur adonis Adonis amurensis 他)は日本など東アジア原産の双子葉、多年生、草本です。 早春の山麓や里の草地を黄色く飾るフクジュソウの花は、春の花散歩の楽しみです。 フクジュソウは、主に種子、株分けで増えます。 フクジュソウは、早春に葉が出る前に茎先に黄色(オレンジ色)い花を咲かせます。 フクジュソウの花色は黄色で、稀に紅色、白色のものもあります。 フクジュソウの花はキンポウゲ科特有の花構造で、花被片多数(がく片5〜8、花弁5〜24)、雄蕊多数、雌蕊複数個の花を咲かせます。 フクジュソウは花期が終わる頃、枝に互生二回羽状複葉の葉を付けます。 草王 ケシ科クサノオウ属クサノオウ(草王Greater celandine Chelidonium majus)は日本などユーラシア大陸が原産の双子葉、多年生、草本です。 クサノオウは主に種子で増えます。 クサノオウは高さ30〜60cm程で、初夏に咲く黄色く明るい花は世界中で人気があります。 またクサノオウは世界中で、薬草として利用されています。 クサノオウは秋に発芽し、ロゼット状の根出葉で冬を過ごし、春に細毛のある中空の茎を伸ばします。 クサノオウの葉は互生の羽状複葉で、葉裏は白く細毛があります。 初夏に茎先に傘形花序の黄色い花(オレンジ色)を次々に付けます。 クサノオウの花はケシ科特有の4弁花で、がく片2、花弁4で、雄蕊多数、雌蕊1、子房は円柱形で1室2心皮です。 ホソバヒャクニチソウ(ジニア・リネアリス)はヒャクニチソウ属の中では小さな種類で成長しても20cm〜30cmです。 ホソバヒャクニチソウは種子叉は挿し木で増えます。 ホソバヒャクニチソウの葉は互生で細く直線的に見えます。 ホソバヒャクニチソウの花はキク科特有の頭状花序の花で、舌状花と筒状花からできています。 車百合 ユリ科ユリ属クルマユリ(車百合Wheel Lily Lilium medeoloides)は日本など東アジア寒冷地が原産の単子葉、多年生、草本です。 クルマユリは冬を鱗茎で過ごし、初夏に輪生の葉を付け、夏に高さ30cm〜100cm程の花茎を伸ばし花茎の上部に数個の花被片が反り返った紅色、オレンジ色の花を咲かせます。 クルマユリの花はユリ科特有の筒状花で、花被片6、雌蕊1、雄蕊6です。 夏山の草原を明るく飾るクルマユリの花は、高山植物の女王的存在です。 高山の草原に咲く可愛らしいクルマユリは、夏山散歩の楽しみです。 日光黄萱 ユリ科ワスレグサ属ニッコウキスゲ(日光黄萱Nikkokisuge Hemerocallis esculenta)は日本など東アジアが原産の単子葉、多年生、草本です。 夏に葉心から1本の花茎(高さ60〜80cm)を直立し、上部は2分岐し各先端に3〜4個の黄色(黄橙色、オレンジ色)の花を総状に付けます。 ニッコウキスゲの花はユリ科特有の花で、ラッパ状(筒状で先端は開き6裂)です。 ニッコウキスゲの花は花被片6、雄蕊6、雌蕊1、子房3室です。 ニッコウキスゲは花期後、さく果を付けます。 黄帝菊 キク科メランポジウム属メランポジウム(黄帝菊Butter Daisy Melampodium divaricatum)は中南米の熱帯地方が原産の高さ30cm程の双子葉、多年生(1年生)、草本です。 メランポジウムの花はキク科特有の花で、管状花と舌状花からできています。 メランポジウムの花は外側に黄色い舌状花が取り巻き、中心部に黄色い管状花が密集しています。 メランポジウムは暑さにも強く、グランドカバーとしても適しています。 メランポジウムをメランポジウム花写真、メランポジウム花観察地図、メランポジウム花情報でお楽しみ下さい。 金蓮花 ノウゼンハレン科キンレンカ属キンレンカ(金蓮花Garde Nastuatium Tropaeolum majus)はナスタチウムとも呼ばれ、中南米の高原地帯が原産の高さ30cm〜100cm程の双子葉、多年生(1年生)、草本です。 キンレンカは主に種子で増え、春から初夏に互生円形の葉を付け、夏に葉脇から単生の花(黄色、オレンジ色)を咲かせます。 キンレンカの花はキンレンカ属特有の花で、花弁5枚が基部で合着し、そのうち1枚は距と呼ばれる長い蜜壺になっています。 キンレンカの花はがく片5、花弁5、雌蕊1(柱頭3裂)、雄蕊8です。 キンレンカは食用、薬草、漢方薬としても利用されています。 天竺牡丹 キク科ダリア属(天竺牡丹dahlia Dahlia)は中央アメリカ高原地帯原産の双子葉、多年生、草本です。 ダイアには約36種ほどあり園芸品種は世界中で多数作出されています。 ダリアは球根で冬を過ごし、初夏から秋に中空の茎を伸ばします。 ダリアの葉は対生、羽状複葉です。 ダリアは夏から秋に美しい散房状の頭状花を咲かせます。 ダリアの花はキク科特有の花で、周辺部の様々な色の舌状花と中心部の黄色い管状花(多数)から成ります。 ダリアは晩秋に種子を付けます。 ダリアの花色は美しく、夏から秋の庭園を華やかに飾ります。 ダリアをダリア花写真、ダリア花観察地図、ダリア花情報でお楽しみ下さい。 衣笠菊 キク科ルドベキア属キヌガサギク(衣笠菊Black-Eyed-Susan Rudbeckia hirta 他)はアラゲハンゴンソウとも呼ばれ北アメリカ中東部が原産の双子葉、一年生(多年生)、草本です。 キヌガサギクは、春に発芽し、披針形、倒卵形の互生で表面がざらつく葉を茂らせ、夏から秋に毛に覆われた花茎を伸ばし、頭状花序の花を咲かせます。 キヌガサギクの花はキク科特有の舌状花(黄色)と管状花(黒色、紫黒色)からできています。 キヌガサギクは花期後実(痩果)を付けます。 キヌガサギクは夏から秋の花で黄色く明るい花が人気です。 金糸梅 キンシバイ花散歩地図 日本で栽培されるキンシバイの原産は中国です。 キンシバイは江戸時代に渡来してきたといわれています。 キンシバイ( Hypericum patulum)はオトギリソウ属の半落葉小低木で、初夏から夏に黄色(オレンジ色)く大きな5弁の花を咲かせます。 キンシバイは各地の公園や寺社で栽培されていています。 キンシバイの花は初夏から夏の花散歩には欠かせない花です。 それでは各地のキンシバイの花を楽しむ花散歩に出かけましょう。 オトギリソウ属キンシバイの花写真、キンシバイの花散歩地図、キンシバイ花情報でお楽しみ下さい。 美容柳 オトギリソウ科オトギリソウ属ビョウヤナギ(美容柳Chinese St. John's Wort Hypericum chinense)は中国が原産の双子葉、半常緑、灌木です。 ビョウヤナギは日当たりの良い水辺に近い環境を好みます。 ビョウヤナギの樹高は0. 7m〜1mで、主に種子、挿し木で増えます。 ビョウヤナギは春に対生の葉を付け初夏に枝先に単生の黄色い花を付けます。 ビョウヤナギの花は、オトギリソウ科特有の花で、花色は黄色(オレンジ色)です。 ビョウヤナギの花はがく片5、花弁5、雌蕊1(柱頭5裂)、雄蕊多数(5束)です。 ビョウヤナギの黄色く華やかな花は、世界中で親しまれています。 石榴 ミソハギ科ザクロ属ザクロ(石榴Pomegranate Punica granatum)は双子葉、落葉、小高木です。 ザクロの原産はイランなど西アジアの温暖地域です。 ザクロは成長すると約5mで、冬に葉を落とし、春に2〜8cmの倒卵形の鮮やかな緑色の葉を茂らせます。 ザクロは初夏から夏に、長さ2〜3cmの先が丸みを帯びた赤色の筒鐘状の蕾をつけます。 ザクロの花は直径3cm程の鐘状で鮮やかな赤色が印象的です。 ザクロの花はがく片6、花弁6、雌蕊1、雄蕊多数、子房下位で上部6室、下部3室です。 ザクロは秋に直径6cm程の表面がゴツゴツした実を実らせます。 ザクロの紅色の蕾や花、実は世界中で親しまれています。 木犀 モクセイ(木犀)はモクセイ科モクセイ属の常緑小高木、双子葉植物です。 モクセイ Osmanthus fragransの原産は中国(中国名桂花)で、古い時代に日本にもたらされました。 モクセイは成長すると3〜5mになる常緑小高木で、秋に黄色又は白色、橙色の香りの良い花を咲かせます。 モクセイの変種には日本で一般的な黄色い花を咲かせるキンモクセイ、白い花を咲かせるギンモクセイなどがあります。 モクセイ(キンモクセイ)をモクセイ花写真、モクセイの花散歩地図、モクセイの花情報でお楽しみ下さい。 イソギクは静岡県から千葉県の太平洋沿岸地方に自生する海浜植物です。 イソギクの葉は楕円形で葉の裏側に白い毛が密生しています。 イソギクの葉は表側から見ると白い縁取りのように見えて、とてもおしゃれです。 イソギクは秋から冬にかけて、多数の黄色い頭状花を散房状に咲かせます。 イソギクはキク科特有の舌状花がないので、黄色い筒状花が密集して見えます。 イソギク花写真、イソギクの花散歩地図、イソギクの花情報でお楽しみ下さい。 阿蘭陀壇特 カンナの花は夏の花として人気の花です。 カンナ Cannaの原産は熱帯アメリカで、東インドを経由してヨーロッパに紹介された花です。 カンナは熱帯原産のために高温と強い日射を好みます。 カンナは日本には江戸時代にヨーロッパからもたらされ、多くの品種も造られています。 カンナの花は赤色、黄色、オレンジ色のものが多く夏の元気を運ぶ花です。 カンナは葉も美しく、観葉植物や食用としても使われます。 カンナの花を写真、カンナの花散歩地図、カンナの花情報でお楽しみ下さい。 黄花秋桜 キク科コスモス属キバナコスモス(黄花秋桜 Cosmos sulphurenus)はメキシコ原産で双子葉、越年生草本(1年生草本)です。 キバナコスモスは(オオハルシャギク)と同じコスモス属ですが、繁殖力も強く育てやすい植物です。 キバナコスモスは高さ60cm〜100cmほどで、夏から秋にかけて長い期間黄色(オレンジ色)い花を咲かせます。 青い夏空や秋空に映える、キバナコスモスの黄色く明るい花は雑草のようにたくましい植物です。 長い期間楽しめる、キバナコスモスの花は夏秋の花散歩の楽しみです。 嵯峨菊 キク科キク属サガギク(嵯峨菊 Chrysanthemum grandiflorum cv. Saga)は嵯峨天皇の時代に大覚寺大沢の池に自生していた野菊を品種改良してできたと言われている双子葉、多年生草本の品種です。 サガギクは長さ10cmほどの管状の繊細な花弁(舌状花)をたくさん付けます。 サガギクは宮殿から見やすいように、2mほどの高さに仕立てられます。 サガギクの優雅で繊細な花は秋の嵯峨野花散歩の楽しみです。 サガギク花写真、サガギクの花散歩地図、サガギクの花情報でお楽しみ下さい。 嵯峨菊の花色は黄色、オレンジ色、赤色などです。 大浜朴 アオイ科フヨウ属オオハマボウ(大浜朴Beach Hibiscus Hibiscus tilliaceus)は熱帯の沿岸部が原産の双子葉、常緑、小高木です。 オオハマボウは沖縄ではユウナとも呼ばれ海岸に夏を告げる花として親しまれています。 オオハマボウは、主に種子、挿し木で増えます。 オオハマボウは、成長すると10m以上になることもあります。 オオハマボウの葉は長さ7〜15cm程で大きな卵円形で、先が尖っています。 オオハマボウの花はフヨウ属特有の花で、黄色(オレンジ色)のハイビスカスに似た大きな花が印象的です。 オオハマボウの花はがく片5、花弁5、雄蕊多数雌蕊に合着、花柱5、子房5室です。 オオハマボウは花期後、実を付けます。 吸葛 スイカズラ科スイカズラ属スイカズラ(吸葛Japanese honeysuckle Lonicera japonica)は日本など東アジアが原産の双子葉、常緑、つる性、木本です。 スイカズラは主に種子で増えます。 スイカズラはつる性の植物で初夏に咲く金銀の美しく香りの良い花は世界中で人気があります。 またスイカズラは世界中で、薬草、漢方薬として利用されています。 スイカズラはつる性で、高さ9m程に成長し他の植物などに絡みつき伸びます。 スイカズラの葉は対生で、葉は卵状被針形です。 初夏に枝脇から短枝を伸ばし2個の香りの良い筒状花を咲かせます。 スイカズラの花はスイカズラ科特有の筒状花で、苞片2、花弁は筒状唇状花5裂(上弁4浅裂、下弁1線状)で、雄蕊5、雌蕊1、子房下位です。 スイカズラの花は始め白色(銀花)で後に黄金色(金花、オレンジ色)に色が変化します。 ゲットウは主に、種子で増えます。 ゲットウは花や葉が美しく、香りが良いので世界中で人気です。 ゲットウは成長する1. 5〜2mになり、常緑の美しい葉と美しい花が人気です。 ゲットウの花はショウガ科特有の円錐花序の筒状花で、がく片筒状3裂、花弁筒状3裂で、雄蕊(唇状)6、雌蕊1は合着し唇状になっています。 ゲットウの花は、同じショウガ科のショウガの花とよく似た花構造をしています。 ゲットウは花期後、赤色、オレンジ色の美しい実を付けます。 ゲットウは庭園、鉢植え、観賞用の他、薬草(漢方薬)として利用されています。 ゲットウの葉には芳香成分が含まれ、月桃餅や化粧品など多方面に利用されています。 玉珊瑚 ナス科ナス属タマサンゴ(玉珊瑚Jerusalem Cherry Solanum pseudocapsicum)は南米ペルー、エクアドル付近が原産の双子葉、常緑、小低木(灌木)です。 タマサンゴは主に、種子で増えます。 タマサンゴは冬に稔る赤色、オレンジ色の実が人気ですが食用にはなりません。 タマサンゴは成長する0. 5〜2mになり、常緑の美しい葉と丸く美しい実が人気です。 タマサンゴの花はナス科特有の白色の花で、がく片5裂、花冠5裂、雄蕊5、雌蕊1、子房2室です。 タマサンゴの花は、同じナス科のトウガラシやナスの花とよく似た花構造をしています。 タマサンゴは花期後、赤色、オレンジ色の美しい実を付けます。 タマサンゴは鉢植え、観賞用の他、薬草(漢方薬)として利用されています。 タマサンゴはソラニンなどを含んでいるので有毒です。 食わず芋 サトイモ科クワズイモ属クワズイモ(食わず芋Night scented-Lily Alocasia odora)は熱帯・亜熱帯アジアが原産の双子葉、常緑、多年生、草本です。 クワズイモは主に、種子、根茎で増えます。 クワズイモの根茎は海老芋などに似ていますが、食用にはなりません。 クワズイモは成長する0. 5〜2mになり、葉が大きく美しいので観葉植物として人気があります。 クワズイモの花はサトイモ科特有の花で黄色を帯び花軸に密集した肉穂花序の小さな花と、花を取り囲む仏炎苞が特徴です。 クワズイモの花は、同じサトイモ科のミズバショウの花とよく似た花構造をしています。 クワズイモは花期後、赤色(オレンジ色)の美しい実を付けます。 クワズイモは鉢植え、観賞用の他、薬草として利用されています。 日本では、毒草と言われています。 銀杏 イチョウ科イチョウ属イチョウ(銀杏Maidenhair tree Ginkgo biloba)は中国が原産の裸子植物、落葉、高木です。 イチョウは主に種子、挿し木で増えます。 イチョウの祖先は2億7000万年前から、地球に存在していたことが化石で確認されている植物です。 イチョウは成長すると高さ40m程になります。 イチョウは落葉樹で、春に枝先に芽を出し葉は螺旋状互生で、形は扇形です。 イチョウの花は雌雄異株で、原始的な花を咲かせます。 イチョウには花弁は無く、雄花は下垂れた房状で葯が多数ついています。 またイチョウの雌花は短枝上に2〜3個長い柄の先に付きます。 イチョウは受粉、受精すると胚珠が膨らみ実ができます。 秋に熟すイチョウの実は銀杏(ぎんなん)と呼ばれ食用になります。 イチョウの葉は秋に黄金色(オレンジ色)に黄葉します。 イチョウは建材、食用、薬用など利用価値が高い植物です。 喇叭水仙 ヒガンバナ科スイセン属ラッパスイセン(喇叭水仙Wild Daffodil Narcissus pseudonarcissus)は西ヨーロッパ原産の単子葉、多年生草本の植物です。 ラッパスイセンは主に鱗茎(球根)で増え、早春に厚みのある扁平な葉を20〜50cmほど延ばします。 ラッパスイセンは春に花茎を伸ばし、花茎の先端に1個の黄色(オレンジ色)の花を咲かせます。 ラッパスイセンの花は直径3cm〜5cmほどで、花弁3、がく片3を付けます。 ラッパスイセンの花は中心に大きく黄色い筒状の副花冠があるのが特徴で、雌しべ1、雄しべ6です。 ラッパスイセンの花は黄色く可愛らしい花です。 早春に咲く黄色いラッパスイセンの可愛らしい花は、春の花散歩の楽しみです。 連翹 モクセイ科レンギョウ属レンギョウ連翹Golden Bells Forsythia suspensaは中国原産の双子葉、落葉広葉樹、低木です。 中国原産のレンギョウは春に黄色く明るい花が咲き、世界中で親しまれています。 またレンギョウは漢方薬としても知られています。 今日は中国に咲くレンギョウの花を廻る花散歩を皆様に紹介いたします。 中国の街角や公園に咲くレンギョウの黄色く明るい花をお楽しみ下さい。 舞女蘭 ラン科オンシジウム属オンシジウム(Dancing Lady Orchid Oncidium)は中南米原産の単子葉、多年生草本、着生植物です。 オンシジウム属は、約330種ほどが知られていて主に株分けで増えます。 オンシジウムは英語名Dancing Lady Orchidの様に、長くしなやかな花茎に小さな花が舞うように咲くのが特徴です。 オンシジウムの葉は楕円形、長楕円形で平行脈。 オンシジウムはバルブ状の茎の基部から長い花茎を伸ばし多数の小さな花を総状に付けます。 オンシジウムの花色は黄色(オレンジ色)のものが多いですが、ピンク色のものもあります。 オンシジウムの花はラン科特有の花被片6(外花被片3+内花被片3)で、唇弁が大きく広がっています。 オンシジウムの花の唇弁の基部に突起があります。 反魂草 キク科キオン属ハンゴンソウ(反魂草 Senecio cannabifolius)は日本や東アジアが原産の双子葉、多年生、草本です。 ハンゴンソウは日本では北海道、本州の高原に分布します。 ハンゴンソウは高原の水辺や湿地で高さ2m程に成長し、春から初夏に3〜7の切れ込みのある葉を茂らせます。 ハンゴンソウは夏に花茎を伸ばし、直径2cm程の黄色(オレンジ色)い頭状花を散房状に多数咲かせます。 ハンゴンソウの花はキク科特有の頭状花で、舌状花は5〜7です。 ハンゴンソウの花は周辺部の黄色い雌性の舌状花(5〜7)と中心部の黄色い両性の筒状花からなります。 印度素馨 キョウチクトウ科プルメリア属(印度素馨Frangepani Plumeria rubra他)は中米熱帯地方が原産の双子葉、常緑(落葉)、小高木です。 プルメリア属には約50種あります。 プルメリアはキョウチクトウに似た植物で、同じキョウチクトウ科に属します。 熱帯原産のプルメリアは夏に枝先に花茎を伸ばし多数の花を次々に咲かせます。 プルメリアの花は5〜7. 5cmで、キョウチクトウ科特有の筒状の合弁花で、回旋状で花弁は5裂しています。 プルメリアの花色は赤色、白色、薄黄色、オレンジ色、他ですが中心部が黄色、紅色、オレンジ色などに彩られています。 プルメリアの花は雌蕊1、雄蕊は5です。 プルメリアの白い樹液は有毒ですが、香水、花飾り、医薬品としても多方面で利用されています。 烏瓜 ウリ科カラスウリ属カラスウリ(烏瓜 Trichosanthes cucumeroides)はアジア原産の双子葉、多年生、つる性、草本です。 カラスウリは塊根で冬を越し、春から初夏につる性の茎を伸ばし他の草木に絡み付き生育します。 初夏から夏に雌雄異株のレース状に縁取られた白い花をつけます。 カラスウリの花はウリ科特有の、筒状の合弁花で5裂しています。 カラスウリの夕方から咲く上品な花は、初夏を告げる花として人気があります。 秋に稔る黄色、赤色の実(果実)は秋らしい飾りとして人気があります。 林檎 バラ科リンゴ属リンゴ(林檎 Apple Malus domestica)は中央アジア原産の双子葉、落葉、耐寒性、低木です。 リンゴは成長すると高さ5m〜12m程になり、春から初夏に長卵形の葉をつけ、枝いっぱいに白色(薄紅色、赤色)の花を咲かせます。 リンゴの花は直径2cm〜3cm程で花開くと白色(赤色、薄紅色)になります。 リンゴの花はバラ科特有の花で外花被片5、内花被片5(一重咲き)です。 リンゴの白色の上品な花は、初夏を告げる花として人気があります。 秋に稔るリンゴの実は生食、ジュース、ジャムなどに人気があります。 チューリップは球根(鱗茎)で冬を越し、春に長楕円状の葉を球根(鱗茎)から延ばします。 チューリップは春に高さ35cm〜55cmほどの花茎を伸ばし花茎の先に長さ5cm〜7. 5cm程の大きな花を咲かせます。 チューリップの花は、ユリ科特有の6枚の花被片、雌蕊1(花柱基部まで3裂)、雄蕊6です。 チューリップの赤色で明るく元気な花は、春を告げる花として世界中で人気があります。 山吹 バラ科ヤマブキ属ヤマブキ(山吹Golden guinea Kerria japonica)は日本原産の双子葉、落葉低木です。 ヤマブキの高さは1m〜2mで枝はしなやかで垂れ下がります。 春に葉を茂らせ、晩春に枝いっぱいに3cm〜5cm程の黄色い花を咲かせます。 ヤマブキの花は黄色(山吹色、オレンジ色)で、八重咲きのものもあります。 ヤマブキはバラ科特有の5枚の花弁で、離弁花です。 ヤマブキは心皮5〜8が合わさり、雄しべ多数です。 ヤマブキの黄色で元気な花は、山麓に春を告げる花として人気があります。 雛芥子 ケシ科ケシ属ヒナゲシ(雛芥子Corn poppy Papaver rhoeas他)はヨーロッパ原産の双子葉、一、二年生、草本です。 日本では秋に種を蒔き、春からに根生葉で羽状の切れ込みのある葉を茂らせ、初夏に40cm〜60cm程の花茎を延ばします。 ヒナゲシは初夏に花茎の先に単生花を次々に付けます。 ヒナゲシの花は赤色、紫色、白色、他で直径5cm〜6cm程の大きさでケシ科特有の花でがく片2、花弁4(八重もある)です。 ヒナゲシの花の蕾は毛で覆われ垂れ下がっています。 ヒナゲシの雌蕊は太く、多数の雄蕊が取り囲んでいます。 ヒナゲシの華やかな花は、初夏を告げる花として世界中で人気があります。 連翹 モクセイ科レンギョウ属レンギョウ(連翹Golden Bells Forsythia suspensa)は中国原産の双子葉、低木、落葉広葉樹です。 連翹は成長すると高さ1m〜3m程で、春先に葉が芽吹く前に黄色い花を枝いっぱいに付けます。 レンギョウの花は大きさ2cm〜3cm程で花弁は黄金色で4枚、柱頭は先が2裂、雄しべ2です。 レンギョウの黄色(オレンジ色)く明るい花は、春を告げる花として世界中で人気があります。 筏葛 オシロイバナ科ブーゲンビリア属ブーゲンビリア(筏葛Bougainvillea Bougainvillea glabra)は南米熱帯雨林地方のブラジルからペルー原産の双子葉、常緑性低木の植物です。 ブーゲンビリアは主に挿し木で増やし、つる性で熱帯地域では1m〜6mほどに成長します。 ブーゲンビリアはオシロイバナ科の花で花そのものは小さく、花を取り囲む包葉が赤色、黄色、紫色、白色などに変化します。 ブーゲンビリアは観葉植物で、花そのものより赤色、黄色、紫色、白色などの包葉を楽しみます。 ブーゲンビリアの花は0. 5cmほどの白色(黄色)の花を付けます。 ポインセチアの美しい花葉はPaper Flower とも呼ばれ世界中の人から親しまれ、観葉植物として人気があります。 七竈 バラ科ナナカマド属ナナカマド(七竈Japanese Rowan Sorbus commixta)は日本サハリンなど東アジアの寒冷地原産の双子葉、落葉、高木です。 ナナカマドは寒冷な環境を好み、秋に赤色の美しい実を付け葉が赤く紅葉するのが特徴です。 ナナカマドは成長すると樹高10m近くなります。 ナナカマドは初夏に、奇数羽状複葉を枝先に付け、枝先に散房状の白い花を多数咲かせます。 ナナカマドの花はバラ科特有の花でガク片5枚、花弁5枚、雌蕊は複数が融合、柱頭は3〜5裂、雄蕊20です。 ナナカマドは秋に赤い実を稔らせ葉は赤く紅葉します。 ナナカマドの実と紅葉は美しく、世界中から愛されています。 七変化 シチヘンゲとも呼ばれるランタナ Lantana camaraの原産は、中南米の熱帯地方です。 ランタナの花は「七変化」の名が示すように咲きはじめてから、時間とともに花の色が変化する植物です。 ランタナの花は熱帯原産らしく、夏空を様々な色で彩る花として人気があります。 またランタナには様々な昆虫も、集まります。 ランタナの花を写真、ランタナの花散歩地図、ランタナの花情報でお楽しみ下さい。 ランタナの花色は黄色、オレンジ色、赤色、白色などです。 《様々なオレンジ色を楽しんでください》 オレンジ色の実は有用なものが多く、飾りつけにすると室内を明るく元気にしてくれます。 オレンジ色の実は、見ているだけで元気になりそうです。 日本各地に稔るオレンジ色の実を、写真図鑑で案内いたします。 オレンジ色の実を写真図鑑とオレンジ色の実観察地図、オレンジ色の実見頃時期でご覧ください。 橙色 誰もが感じる心と体の疲れ・・・そんな時に元気にさせる色がオレンジ色や橙色です。 自然界のオレンジ色橙色は、すごいパワーを持った色です。 今日は皆さんの心と身体を元気にするオレンジ色と橙色の写真をお届けします。 オレンジ色橙色の写真と軽いお話、撮影場所の地図を眺めていってください。 オレンジ色花図鑑を楽しんでもらえたでしょうか?オレンジ色の花図鑑は、見ているだけで元気になりそうです。 オレンジ色の花図鑑の地図を片手に皆様もオレンジ色の花散歩を楽しんでください。 よろしかったら、、、、、も眺めていってください。

次の

朝摘みオレンジ&サントリー天然水 商品情報(カロリー・原材料) サントリー

オレンジ

オレンジ精油 目次• 中国では新年に、一年お幸福と繁栄を願い、オレンジを飾る習慣もあります。 ヨーロッパにも紹介され、ギリシャ神話の中にある黄金のりんごは、オレンジのことと言われています。 植物の特徴 オレンジといっても沢山の種類ありますが、Citrus sinensisはスイートオレンジとも言われ、オレンジの中でも広く栽培されている種類のひとつです。 オレンジの効果効能 心への効能 リラックスし、エネルギーの循環を促す作用があります。 特に完璧主義の人は、ストレスや欲求不満をためてしまいがちです。 そんなときエネルギーが滞ってしまっています。 オレンジは、考え方に柔軟性を与え、楽観性と楽しむ感情を与えてくれます。 もっと気楽に毎日を楽しむことを思い出させてくれます。 体への効能 消化器系の不調に働きかける最もいい精油のひとつです。 基本的に消化器系のエネルギーの滞りがあるときに、循環を促す作用があります。 そのため、消化促進、食欲増進、腹痛、悪心嘔吐などにいいと言われています。 便秘や過敏性腸症候群にもいいと言われています。 また、エネルギーの滞りに伴う、頭痛や緊張を和らげます。 皮膚への効能 スキンケアにもとても有効で、炎症を抑えます。 また、乾燥肌の保湿や、タコにもいいと言われています。 体への効能• 抗感染作用• 鎮經作用• 鎮静作用• 駆風作用• 胆汁分泌促進作用• 消化促進作用• 強肝作用• 健胃作用• 食欲増進作用• 解熱作用• 抗菌作用• 発汗作用• 去痰作用• 抗炎症作用• 強心作用 肌への効能• 保湿作用• コラーゲン形成促進作用• タコの改善• 抗炎症作用• 老化防止作用 髪への効能• フケの防止• 解毒作用• 発汗作用 その他• 空気清浄作用 おススメ使い方 芳香浴、沐浴、ボディー・ハンドケア、ヘアケア、スキンケア、クリーム、フレグランス、ホームケア、ハウスキーピング 精油のブレンド 香りの相性がいいブレンド 柑橘系の香りなので、ハーブ系とフローラル系のエッセンシャルオイルとは基本的によく合います。 スパイス系とも合わせやすい香りです。 ハーブ系・・・、、• 柑橘系・・・• フローラル系・・・、、、• スパイス系・・・、、• オリエンタル系・・・、• 樹木系・・・、• 樹脂系・・・、 機能性ブレンド• フケの防止・・・オレンジ、、、、• ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。 事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。 持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。

次の