外出 自粛 福岡。 新型コロナ 福岡県知事が不要不急の外出自粛呼びかけ→遅すぎます

福岡県知事、週末の外出自粛を要請 県内で新たに6人感染確認|【西日本新聞ニュース】

外出 自粛 福岡

小川知事は6日の記者会見で、県内が感染拡大警戒地域に入ったとの認識を示した上で「今の勢い、トレンド(傾向)を変える必要がある」と強調。 週末や夜間の繁華街への外出自粛要請など、従来の取り組みの効果を検証し、法的根拠に基づいたより強力な要請を県民に呼び掛ける考えだ。 対象地域の知事は、学校や娯楽施設の使用停止なども要請、指示できる。 小川知事は「日常生活に著しい支障が出ないよう経済とのバランスも含めて考えたい」と言及。 学校の休校期間は「基本的に変えようとは思っていない。 市町村と十分調整したい」と述べた。 福岡県内の感染者数(6日時点)は176人で、うち経路不明が4割超に上る。 加えて、4月1日に北九州市の病院でクラスター(感染者集団)が確認されて以降、福岡市でも3日連続で介護老人保健施設や病院の計3カ所で集団感染が判明。 3月30日までの40日間で29人だった感染者は、31日以降の7日間だけで5倍の147人に膨らんだ。 患者の急増に伴って、県内の12指定医療機関に66床ある感染症病床は3分の2が埋まり、重症者に医療を提供できなくなる医療崩壊への懸念も高まっている。 市内の感染者が6日に100人を突破した福岡市の高島宗一郎市長は「市も宣言の実効性が高まるように協力していく」とコメントを発表。 北九州市の北橋健治市長は「まさに正念場。 難局を乗り切っていくために全力で取り組む」と談話を出した。 (豊福幸子、前田倫之、大坪拓也).

次の

外出自粛の福岡、日曜の商店街閑散 天神コア閉店セールには行列も|【西日本新聞ニュース】

外出 自粛 福岡

LINE Fukuoka株式会社 本社:福岡県福岡市博多区、代表取締役社長:落合 紀貴 は、新型コロナウイルス感染症対策における市民のくらし・飲食業界の課題解決を目的に、福岡市による外出自粛の促進に向けた飲食宅配代行事業者の公募に、代表企画者として参画しました。 株式会社出前館 運営:株式会社出前館、本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:中村 利江、以下 出前館 が運営する日本最大級の出前サービス「出前館」、LINE株式会社 本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛 が運営する「LINEデリマ」、株式会社NTTドコモ 本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤 和弘、以下 ドコモ が運営するデリバリーサービス「dデリバリー」と共働し提案を行い、出前館・LINEデリマ・dデリバリーが飲食宅配代行事業者として採択されたのでお知らせいたします。 【募集対象】 1 飲食宅配を実施している飲食店 2 飲食宅配代行事業者 【提案内容】 対事業者:採択日から5月6日までの飲食店の初期登録手数料無償化 通常2万円 対利用者:4月7日~5月6日に1,000円以上の飲食宅配サービスを 電子決済にて利用した人を対象に500円分のポイント付与または クーポンを発行 電子決済の場合のみ。 本件にあたって当社は、飲食宅配代行事業者公募の代表企画者となって福岡市に提案。 出前館・LINEデリマ・dデリバリーが飲食宅配代行事業者に採択されました。 これに伴い、利用者は、緊急事態宣言が発出されている期間 4月7日~5月6日 に出前館・LINEデリマ・dデリバリーを通じて1,000円以上の飲食宅配サービスを電子決済にて利用すると、500円分のポイントの付与またはクーポンが発行されます。 ポイント・クーポンは6月30日まで利用いただけます さらに福岡市内飲食店の宅配事業の新規参入を支援するため、採択日 4月18日 ~5月6日までの新規登録料を無償化しています。 LINE Fukuokaはこれからも、新型コロナウイルス感染症に伴う市民の課題を解決するために、LINEの技術・ノウハウを活用し、暮らしのサポートに積極的に取り組んでまいります。 採択事業に未加入の飲食店は採択日 4月18日 ~5月6日までの初期登録手数料が無料になります。 ・参画飲食宅配代行事業者 出前館 特設ページ: LINEデリマ dデリバリー ・利用者向け 問い合わせフォーム ・飲食店向け 出店に関するお問い合わせ先 <ご参考 福岡市における新型コロナウイルス感染症に関するLINE Fukuokaの取り組み> 福岡市LINE公式アカウント ID: fukuokacity において、新型コロナウイルス感染症に関する情報を取得できる機能を追加。 さらに、休校に伴い在宅を余儀なくされている学生向けにオンライン授業 無料 を開催予定。 そのほかにも、現在の状況下における市民の暮らしや街の課題を解決するために様々な取組を随時企画しております。 本社所在地である福岡では、2018年、福岡市と「地域共働事業に関する包括連携協定」を締結。 行政・民間事業者・市民の皆様との共創によるスマートシティ化に取り組んでいます。 福岡市LINE公式アカウント では、「避難勧告等の緊急情報」「居住地ごとのごみ収集日の通知」「子どもの年齢に応じた子育て情報」などを市民一人一人のニーズに合わせて受け取ることができるほか、LINE上で粗大ごみ収集の申込みと支払いができる「福岡市粗大ごみ受付LINE公式アカウント 」も市内全域で利用可能です。 また、モバイル送金・決済サービスLINE Payが、民間事業はもちろん公共機関にも導入され、福岡市のキャッシュレス化に寄与しています。 直近の例では、福岡市内で一例目となる新型コロナウイルス感染症の患者が確認された翌日の2月21日より福岡市LINE公式アカウント上で新型コロナウイルス感染症に関する情報を取得できる機能を追加。 新型コロナウイルス感染症に関する緊急情報の受け取りツールとして、活用いただいています。

次の

福岡市 外出自粛に向けた飲食宅配の促進(新型コロナウイルス感染症対策)

外出 自粛 福岡

バカばっかり・・・こんなヤツ名前公表すればいい・・ そう思ってしまうよ・・。 正直ムカつくわ。 管理人の率直な感想 この北九州市の女性に関しては、スペインとポルトガルに旅行で行ったのか仕事で行ったのか分かっていません。 調べても出てこないので報道されていないんでしょう。 空港で検疫は受けなかったのか。 それも分かりません。 八戸市の感染者も沖縄の10代の感染者も、はっきりと「旅行」と報道されていて、同行した人物も分かっています。 この女性だけは北九州市の50代女性というだけで、その他は何も分からない。 何故でしょう。 守られるべき人物なのか。 それとも世間の反発を避けるべくして報道しないのか。 旅行で行ったのなら論外ですが、もし仕事で会社の命で行ったのなら仕方がない部分はある。 しかし、帰って来るべきではない。 それ以前に、仮に仕事で行かされたとしても、行かせる会社自体がおかしい。 超絶ブラックです。 福岡の人達はもちろん、下関の人達も大変だろうなと関門橋の画像を使いました。

次の