ときとうむいちろうイラスト。 【悲報】時透無一郎が死亡!理由とシーンについて解説!【鬼化はしていません。】

時透有一郎 (ときとうゆういちろう)とは【ピクシブ百科事典】

ときとうむいちろうイラスト

名前:時透無一郎(ときとう むいちろう)• 性別:男性• 誕生日:8月8日• 年齢:14歳• 身長:160cm• 体重:56kg• 出身地:景信山(現代の「東京都八王子市」と「神奈川県相模原市」の境にある山)• 趣味:紙切り、折り紙(死ぬほど飛ぶ紙飛行機を作れる)• 好きなもの:ふろふき大根 現鬼殺隊最年少の柱称号持ちである「霞柱」・時透無一郎の人物像 「 時透無一郎」とは、「吾峠呼世晴」さんが執筆する漫画作品「 鬼滅の刃」に登場するキャラクターです。 鬼殺隊所属の剣士であり、鬼殺隊でも最強の剣士である印「柱」の称号を持つ男性となっています。 無一郎は「霞の呼吸」を扱う「 霞柱」であり、 弱冠14歳にして最強の剣士である「柱」の称号を持つ一人に名を連ねる天才剣士でもあります。 外見は14歳相応なのか、そう身長も高くなく華奢な印象を受ける中性的な少年といった雰囲気です。 腰まで伸ばした青いグラデーションのかかった黒髪や、ウサギの垂れ耳及びツーサイドアップにも似た妙な癖がついた髪型もその華奢で女性的な印象を強める記号となっています。 性格もどこかぼんやりとしており、マイペースな人物であることがわかります。 ですが、その反面他人への配慮が大きく欠如しており、ほぼ全ての物事に対して無気力かつ無関心、冷淡でドライな態度を取ります。 行動も自らの中にある基準に則っており、それに関しては強いこだわりを見せる時があります。 また、一を捨てて十を助けるといった感情の伴わない合理的な判断を下すことに対して全く躊躇いを見せず、また、合理的であれば自分の身を犠牲にすることも躊躇いません。 更に年齢のためか、それとも後述の障害が要因となっているのか、どこか精神的に不安定な部分も見せています。 実は 過去の経験から酷い記憶喪失を患っており、刀を持って鬼殺隊の隊員となるまでの記憶を全て失っています。 また、同じく過去の経験から 記憶障害を患っており、 あらゆる物事をすぐに忘れてしまいます。 前述した「ぼんやりとした性格」や「無気力で無関心な態度」はこの記憶障害に由来するものであると考えられています。 実際、柱合会議時も「竈門炭治郎」とその妹であり鬼になっている「禰豆子」への処遇を「 すぐに忘れるからどちらでもいい」と判断を放り投げる様が描写されています。 ですが、 十二鬼月・上弦の伍「玉壺」との決戦において記憶を取り戻し、本来の穏やかで優しい性格を取り戻しました。 記憶障害についてもこの際に改善されたと考えられます。 更に、無一郎は「はじまりの呼吸の剣士」、つまり 「日の呼吸を扱う剣士」の末裔であることが判明しています。 そのせいか非常に類まれなる剣士としての才能を持ち、無一郎は剣を握ってから僅か2ヶ月で柱の称号を手に入れたことがわかっています。 ですが、後に「 鬼舞辻無惨」らとの最終決戦の地「無限城」にて、十二鬼月・上弦の壱である「 黒死牟」と対峙した際にはじまりの呼吸の剣士「 継国縁壱」の直系の末裔ではないことがわかってしまいます。 無一郎はその双子の兄である「継国巌勝」こと「黒死牟」の子孫であることが語られます。 それでも縁壱と直接ではないにしろ血は繋がっていることが確定しているため、結局は日の呼吸を扱う剣士の末裔であることは確かなことです。 尚、無一郎の出身は景信山となっていますが、一度同じ山育ちである「嘴平伊之助」と同じ大岳山であると初版のファンブック内で紹介されていたことがあります。 ですが実はこれは誤植であると作者が公式Twitter内で発言しています。 その際に「無一郎と伊之助が同じ山で育っていたらこうなっている」というifの未来のイラストが掲載されていますが、本編のノリとはかけ離れたキャラクター性となった無一郎と伊之助が絡むものであったため、ファンの間では多大な衝撃を受けた人が多くなっています。 二人のコンビ名はイラストに添えられた謎の擬音から「 ズンビッパ組」と言われているそうです。 ちなみに現在の状況の二人が出会うと、別段互いに何も思っていないらしく、話すことも無いと作者描きおろしイラストにて語られています。 時透無一郎の家族 時透無一郎には 父・母・双子の兄という家族がいましたが、 全員既に故人となっています。 父は無一郎が10歳前後の頃に、母の肺炎を治すために薬草を取りに行って、そのまま崖に落ちて死亡してしまいます。 母は父が死んでしばらくした後、病状の悪化で後を追うように死んでしまいます。 無一郎は、残った兄である「 有一郎」と共に暮らしていくことになります。 有一郎は無一郎に比べて非常に冷静であり、リアリストでキツイ性格をした人物でした。 リアリストで冷静な有一郎は、人のためを思って行動し、結局死んでしまった父や母を批判し、「 誰かのために何かをしてもろくなことにならない」「 人を助けるのは選ばれた人間にしか出来ない」と諦めたような厳しい言葉を吐き続けていました。 そのため、「はじまりの呼吸の剣士」の末裔である有一郎と無一郎を鬼殺隊にスカウトしに来た「 産屋敷あまね」に対してもきつく当たり、人のために戦う鬼殺隊への入隊を拒否し続けていたのです。 しかし、はじまりの呼吸の剣士の末裔であることに憧れを抱いた無一郎は有一郎の言動に反発、次第に口も利かないようになります。 そんなことがありながらも季節は巡り、夏となります。 夏の暑さをしのぐために家の戸を開けて寝ていた時任兄弟を鬼が襲撃します。 鬼の攻撃で致命傷を負ってしまった兄は、無一郎を残して息絶えていきます。 有一郎は今際の時に「 どうか弟だけは助けてください、弟は俺と違う心の優しい子です」と神仏に願い、「 人の役に立ちたいというのを俺が邪魔した」と彼の想いを砕いたことを後悔していました。 また、無一郎に対して「 無一郎の無は無限の無」であると伝えます。 無一郎はそのように願って言い残し、死に絶えた兄の傍らで、死の淵にありました。 しかし彼は生き残り、その後諦めずに彼らの元を繰り返し訪れていたあまねに発見されます。 あまねに保護された無一郎は凄惨な経験により前述した記憶障害を患い、鬼殺隊に入隊して刀を握るまでの記憶を全て忘れてしまいました。 時透無一郎の声優は? アニメ「鬼滅の刃」で時透無一郎を演じたのは、男性声優「 河西健吾」さんです。 プロフィールは以下の通りです。 名前:河西健吾(かわにし けんご)• 性別:男性• 生年月日:1985年2月18日• 年齢:35歳(2020年6月11日現在)• 出身地:大阪府• デビュー:2006年(作品名不明) 2006年に声優として活動を開始した人物です。 初主演は2010年で、「ディズニーチャンネル」のオリジナルムービー「スターにアイ・ラブ・ユー(クリストファー)」で経験しています。 アニメでの主演は2015年に放送された「 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(三日月・オーガス)」で、河西健吾さんを一躍有名にした役であると思われます。 その後は様々なキャラクターを演じ、アニメやゲームの主要キャラクターを演じることも多くなっています。 代表作は前述の「鉄血のオルフェンズ」以外に「転生したらスライムだった件(ゲルミュッド)」「アイドルマスターSide Mシリーズ(山村賢)」「3月のライオン(桐山零)」などが挙げられます。 時透無一郎の最期 時透無一郎は、鬼の頭領である鬼舞辻無惨との最終決戦の地、無限城にて十二鬼月・上弦の壱である黒死牟と対峙します。 自分が「はじまりの呼吸の剣士」の直系ではなく、双子の兄である黒死牟の末裔だったことに少なからずの衝撃を受けつつ、戦闘に臨みます。 ですが、相手は弟には劣るにしても凄腕の剣士であり、人間よりもフィジカル面で優れた鬼、更には「月の呼吸」という呼吸法と血鬼術を組み合わせた独自の呼吸を使いこなす存在でした。 いくら天才剣士と言えど、フィジカル面で劣り、まだまだ少年であった無一郎は歯が立たず、左手首を切断されて磔にされてしまいます。 その後駆け付けた「 不死川玄弥」「 不死川実弥」「 悲鳴嶼行冥」に助けられますが、左手首の欠損による失血死は免れない状態でした。 ですが、無一郎は諦めずに捨て身の突撃を仕掛け、とうとう黒死牟の身体を無一郎の刀が貫きました。 玄弥の力もあり、黒死牟の動きを封じたかのように見えましたが、 黒死牟が抵抗として全身から生やした刃に両断されて体を真っ二つにされてしまいました。 既にこと切れてもおかしくない無一郎でしたが、その執念で日の呼吸を扱う人間に扱えると言われる、鬼の再生能力を遅らせる効果を持つ「 赫刀」を発現、黒死牟に致命傷を負わせます。 黒死牟討伐時には無一郎は既に息絶えていました。 その際、無一郎は死んだ兄である有一郎と再会、「 こっち側に来るな」「 何のためにお前が生まれたのかわからない」と言う有一郎に対して「 僕は幸せになるために生まれてきたんだ」「 僕は楽しかった」と返します。 有一郎はその言葉に対して「 俺は無一郎に死んでほしくなかった」と本音を吐露し、再度互いの絆を深めます。 泣きじゃくる兄を弟が抱きしめ、二人は作中での役割を終えていきます。 時透無一郎の使用する技は?刀はどんなもの? 時透無一郎は鬼殺隊隊員として、日光を蓄えた刀「 日輪刀」と、全集中の呼吸「霞の呼吸」を使用して戦闘に臨みます。 前述の通りはじまりの呼吸こと「日の呼吸」を扱う人物の末裔であることが判明していますが、日の呼吸を扱ってはいません。 ですが、日の呼吸を扱う剣士の末裔らしく、類まれなる剣技の才能や、「痣」をいち早く発現させたりなどしています。 全集中の呼吸「霞の呼吸」 時透無一郎が用いる全集中の呼吸です。 作中では陸ノ型までが披露されています。 「風の呼吸」の派生であり、呼吸音は「フウウウ」と表現されます。 つかみどころがない霞のように、動きに緩急をつけた変幻自在の太刀筋が特徴的な呼吸法となっています。 無一郎はこの特性を尚活かすため、基本的に自らの体格より大きめの衣服を身に着け、手の長さや位置、関節の動きを見せないようにしています。 痣と赫刀 時透無一郎が発現させた力です。 痣はかつて「はじまりの呼吸の剣士」も持っていたものであり、上弦の鬼にも匹敵する力を持つ剣士の証ともなっています。 かつては日の呼吸を扱える人間にしか出せないと思われていましたが、その後条件を満たすことで発動できるということが判明、後に無一郎以外の柱のメンバーも発現させています。 その痣を持つ剣士が万力の握力をこめて柄を握りしめ、自らの体温を直接刀に伝えることで「赫刀」が発動します。 赫刀が発動した刀はどのような色に変わった日輪刀でも赤く色が変わり、鬼の回復能力を大きく阻害する力を持つようになります。 赫刀で斬られた鬼は、たとえ鬼舞辻無惨のような者でも再生がかなり遅れ、斬られた傷の苦痛にあえぐようになります。 発動条件は前述のように痣を持った剣士が思い切り刀の柄を握りしめることですが、その他痣持ちの剣士たちが刃をぶつけ合うことでも発動すると言われています。 また、発動のためには「 死の淵に追い込まれる」といったような条件も必要であるとされています。 尚、痣を発現された剣士は、痣の使用で体に多大な負荷がかかり、ほぼ例外なく短命であると言われています。 日輪刀 時透無一郎を含めた鬼殺隊隊員が使用する、鬼を狩るための刀です。 鬼が苦手とする日光を蓄えており、鬼殺隊はこの刀で鬼の頚を削ぎ落し、討滅します。 無一郎の刀は霞の呼吸への適性を持つことを知らせる白色の刃を持ち、刃の根元に柱の日輪等に共通した「惡鬼滅殺」の文字が刻まれている以外は、スタンダードな見た目の刀となっています。 ですが、刀は102話で一度絡繰り人形「縁壱零式」との訓練で破壊、それからしばらくは縁壱零式から奪い取った刀を扱っていました。 後に「鉄穴森鋼蔵」が打ち直した刀を扱うようになります。 時透無一郎についての考察 鬼滅の刃本編は既に終了しているのですが、ファンの間では未だ盛んに考察が行われています。 今回はそんな考察の中から、時透無一郎に関するものをいくつかピックアップして紹介します。 「紅蓮華」に無一郎のことが入っている? 鬼滅の刃のOP「紅蓮華」ですが、この歌は「炭治郎」や「善逸」らのことであると考察されることもあります。 そんな中、 時透無一郎を表すフレーズも存在するのではないかと言われています。 確かに無限城での戦いで• 黒死牟にありとあらゆる呼吸法が通じずに完全敗北• もしも勝利しても失血死は免れない状態• 刀を突きたてるも反撃されて切断 という状況に陥っているため、「 無常に敗れた」という部分に無一郎を感じると言われても納得する部分があります。 時透無一郎と不死川玄弥に共通項が多い? 鬼殺隊隊員であり、柱のメンバーを兄に持つ「 不死川玄弥」と時透無一郎には共通点が多いのではないかと言われています。 玄弥と無一郎くんってなんだかんだ共通点多いし。 無一郎に関しては特に、炭治郎ほどじゃ無いけど玄弥にはそれなりに親近感高いイメージあるし。 黒死牟戦の2人の会話が好き過ぎるのでそこから考察妄想したシリアス漫画描いてる — 水菜👺🎤 mizunadangomi 言われてみれば共通している部分が多いように思えます。 一例として• 兄弟においては弟• 兄に拒絶された経験がある• 兄とのすれ違いを経験している• 鬼に襲撃されて兄弟を失っている というものが挙げられます。 そのため、無一郎は玄弥に対しても多少親近感を持っていたのではないかとも考えられています。 尚、二人が直接会話するシーンはほぼありませんが、最終決戦の地である無限城では共闘を行っている他、会話も交わしています。 時透無一郎の一人称が混在するワケ 時透無一郎ガチ勢に「僕」と「俺」の使い分け考察をお問い合わせしたいレベルに法則性がわかんねぇ — Dr. この理由は、 無一郎が無意識に自分と有一郎を同一視していたからではないかと考えられています。 作中でも記憶の無いときの自身の性格を、無一郎自身が「 有一郎に似ていた」と分析していたことがあります。 ですが、その同一視の度合いも、「 有一郎が無一郎の目の前で死に絶えたことで、有一郎の意識のようなものを無一郎が継いでしまった」説や、「 有一郎が死んだショックで精神分裂を起こし、二重人格のようなものになった」説などが存在します。 無一郎君の一人称が俺の時有一郎君が入ってる説有能だわ。 二重人格みたいな……しんどっ。 — ねむり🌸. まとめ 「鬼滅の刃」の登場キャラクター「時透無一郎」は• 鬼殺隊の隊員であり、若干14歳にして鬼殺隊剣士最強の一角である「柱」の称号を持った天才剣士であり、現柱最年少の「霞柱」• 「日の呼吸」を扱っていた人物の末裔と言われていたが、実際は日の呼吸を使っていた「継国縁壱」の子孫ではなく、その双子の兄である「継国厳勝」の子孫• 重度の記憶障害と記憶喪失を患っていたが、作中にて克服、記憶も本来の性格も取り戻している• 無限城の戦いにおいて、自らの直系の祖先である「黒死牟」と対決、死の直前に「赫刀」を発動させて黒死牟に致命傷を負わせて勝利に貢献した とのことです。 漫画連載は終了したものの、スピンオフなどは継続して制作されている鬼滅の刃。 今後、時透無一郎に関しても更なる掘り下げがあるかどうか、注目が集まります。 漫画・アニメが無料で見れる合法サイト3選 近年、違法サイトの取り締まりが厳しくなり、安全性100%で利用できる代替サイトが注目を集めています。 合法サイトは通常利用するのに料金がかかってきますが、ここでは裏技を利用することで漫画やアニメが無料で楽しむことができてしまう貴重なサービスを厳選して紹介します。 サービス名 月額料金 税抜き 888円 1780円 1990円 無料期間 2週間 30日間 31日間 無料登録でもらえるポイント 1300ポイント 961ポイント 600ポイント ポイント付与のタイミング 登録時、8日、18日、28日 登録直後 登録直後 公式サイト 無料期間内の解約 全て可能。 解約すれば料金は一切かからず0円で利用可能 どのサービスも無料お試し期間があり、無料期間内に解約すれば一切の料金が発生することがありません。 そのことから無料お試し期間を利用して、無料で楽しんだ後に期間内に解約すれば、無料で漫画やアニメが楽しめるという裏技が使用できます。 ただし無料期間のキャンペーンは終了している可能性もあるため、最新の情報は各公式サイトにてご確認下さい。

次の

時透無一郎(ときとうむいちろう)のプロフィール!若干14才にして最速で柱になった逸材!記憶が霞みがかったように忘れてしまう霞柱の少年【鬼滅の刃ネタバレ】

ときとうむいちろうイラスト

スポンサーリンク 【鬼滅の刃】当主は産屋敷耀哉 うぶやしきかがや 現在の鬼殺隊のリーダーは、 産屋敷耀哉という青年です。 若くしてその地位にいるのは、 代々鬼を追う「産屋敷家」の当主がその任についているため。 同時に、産屋敷家の人間は代々同じ病気に蝕まれており30歳までに死んでしまうことが多いためです。 たしかに産屋敷耀哉も、そんな猛者たちのトップとは到底思えない風貌… 彼の武器は腕っぷしではなく、 その声なのです。 が、現在は敵との相打ちを狙った 自爆により死亡しています…。 享年23歳でした。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】蟲柱 胡蝶しのぶ こちょうしのぶ) それではここから、「柱」のメンバーをひとりひとり紹介していきましょう! 「それ(容貌)だけでも食べていけそう」な美人であり、優し気な笑顔をいつもたたえています。 女性であるがゆえ非力で、「柱」メンバーであるにも関わらず、 彼女は鬼の頸を切ることができません。 では、鬼を倒せないかというと…? 胡蝶しのぶは医学に精通した「 毒使い」なんですね。 自ら精製した毒を刀に塗り、ほんのわずかな傷から鬼を毒で侵し殺します。 ある意味、一撃必殺の使い手ですね。 優しさと怒りの間に揺れる不思議かつ魅力的なキャラクターでしたが、姉の仇と狙っていた 「上弦の弐・童磨(どうま)」と交戦し、命を落とします。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】水柱 冨岡義勇 とみおかぎゆう) 水柱、水の呼吸の使い手。 水の呼吸(と炎の呼吸)はどの時代にも存在した、基本中の基本かつ最強の呼吸の柱です。 冨岡義勇の実力も非常に高く、冨岡義勇の間合いの中では、すべての術が無力化されます。 竈門兄妹とも深いかかわりがあり、 まだ明かされない部分も含めストーリー中の重要人物でしょう。 まだ若い10代で柱入りしたこともあり、今後も活躍が期待されるところです! …が、本人は鬼殺隊入隊のいきさつがどうも今でも引っかかっており、「 自分は鬼殺隊の柱である資格がない」と思い詰めているようで… 冷静沈着であまり感情を顔に出しませんが、次第にお茶目なところも見せてきているキャラクターです。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】炎柱 煉獄杏寿郎 れんごくきょうじゅろう) 炎柱・炎の呼吸の使い手です。 煉獄杏寿郎は 炎の呼吸を代々受け継いできた名門、煉獄家の子息です。 引き継がれた天賦の才に加え、誰にも言わず驕らずたゆまぬ修行を続ける努力家。 言うまでもありませんが、 剣の腕は超一流です。 その凄さは 「上弦の参・猗窩座(あかざ)」にも認められ驚かれたほど。 ひとことで言うと前向きで明るい性格なのですが、実は彼も重たい家族の問題に負けずに生きてきました。 生い立ちによって歪んでしまうキャラクターが多い中、本当に「強い」人間なんです。 よく配下の面倒を見る、アニキ的な性格でした。 残念なことに 猗窩座との戦いの後、死亡しています。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】音柱 宇髄天元 うずいてんげん) 音柱・音の呼吸の使い手です。 元は忍び(忍者)…というと、地味な隠密行動をとっているのでは?なんてことはなく、 じゃらじゃらとアクセサリーを付けた見た目はハデハデ、技も爆発音を伴う剣技で、忍びのイメージからはほど遠いのでした。 人間は長く「上弦」の鬼たちを倒せない時代が続いていましたが、宇髄天元が100年ぶりに「上弦の陸・妓夫太郎、堕妃兄妹」を倒す快挙を成し遂げました。 ここからいよいよ、人対鬼の死闘が本格化していくのです。 ただし、 宇髄天元自身も深手を負い、この傷が元で「柱」を引退しています。 そのため現在音柱は空位です。 「俺様」気質の男で、女好き、嫁が複数います(笑)。 それもうなずける、男気のあるいい男です。 柱を引退した現在は、 「くノ一」の嫁と後進の戦士を育て、鬼殺隊に貢献しています。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】恋柱 甘露寺蜜璃 かんろじみつり) 恋柱・恋の呼吸の使い手です。 恋の呼吸…?ってところなのですが、甘露寺蜜璃を見ているとなんだか理解できる気がします。 彼女の必殺技を見るとわかりやすいかもしれませんね、たとえば「 壱ノ型 初恋のわななき」。 初恋のわななきを全身に走らせるような…、「切り裂き技」です。 決して魔法的ではない超肉体派な戦い方をする彼女の得物は、鞭のようにしなる細身の剣。 その使用を可能にするのは、 常人の8倍もの筋密度を誇る彼女の「特異体質」です。 零れんばかりの巨乳、ファニーなピンク髪、バトルでは実力者。 そんな彼女のキャラクターは、とても明るくて素直、いつも泣いたり怒ったり非常に感情が豊かで見ていて飽きません。 実は意外にクールで物事の本質を見ているところも。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】岩柱 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめい) 「岩柱」と呼ばれています。 岩の名に恥じない巨漢、どっしりとした構えの剣士が悲鳴嶼行冥です。 武器は両刃の斧のようなもので、恐らく日輪刀に類するものなのでしょうが、刀の形をしていません。 ただでさえ重い斧の柄からは鎖が伸び、棘付きの鉄球が付属しています。 これを取り扱えるだけでただものではありませんが、なんと悲鳴嶼行冥は 盲目の剣士でもあります。 失明していることは戦闘でも大きなハンデだと思いますが、それでも「鬼殺隊最強」がささやかれる強さを誇ります。 彼の光を失った双眸は何を見てどのような戦いをしているのでしょうか…。 大きな体を羽織りに包み、いつも念珠をたずさえ合掌し念仏を唱えています。 瞳孔のない白眼からは涙を流していることもあります。 その心は過去の悲劇により深い諦観に覆われており、いつも彼なりの「慈悲」の心で行動をしているようです。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】霞柱 時透無一郎 ときとうむいちろう) 霞柱・風の呼吸から派生した 「霞の呼吸」の使い手です。 同時に時透無一郎は「日の呼吸」の使い手の末裔であるようで、 額に「痣」を発現することがあります。 まだその実力のすべては明かされていませんが、 どうやら同じく「痣」を発現する炭治郎となんらかの関係が疑われます。 刀を握ってたった2か月で「柱」入りしたという天才、同時に努力家でもあります。 外見はいたってふつうの少年で、長く伸ばした髪やぼんやりした瞳からは、そのような凄みは感じられません。 記憶を失っていたことがあり、性格的にも非常に忘れっぽく、突発的に関係ないことを話し出してしまうような不思議な少年でした。 鬼を滅するということに関しては非常に真摯で、直接的な物言いをするために誤解を受けることも。 記憶を取り戻し「痣」を発現したことにより、茫洋とした部分は影をひそめ、剣士として急成長をした感があります。 「上弦」の鬼との戦いで見せた無敵ぶりは、今後の鬼との戦いで無一郎が大きな役割を果たすことを期待させます。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】蛇柱 伊黒小芭内 いぐろおばない) 「蛇柱」の二つ名を持つ剣士です。 「蛇の呼吸」の使い手ですがまだ戦闘時の実力が明かされておらず、謎の多い剣士です。 蛇の名の通りなんとなく陰湿でネチネチした雰囲気があるキャラクターです。 …がその実態はいまのところコミカルに描かれています。 口元を隠すように巻かれた包帯、片目を隠す長い前髪、もっさりしたおかっぱ頭… のくせに(失礼!) 「恋柱」甘露寺蜜璃(かんろじみつり)に惚れているらしく、ネチネチした行動・言動の中に嫉妬や恋心が描かれています。 なんだか相手にされていない感に、申し訳ありませんがニヤニヤしてしまいますよね。 性格的には非常にまっすぐで、強く鬼を憎悪している剣士です。 強くカッコイイ伊黒小芭内の活躍が、待ち遠しいですね。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】風柱 不死川実弥 しなずがわさねみ) 風柱・風の呼吸の剣士です。 風の呼吸は目にも止まらない素早さが身上で、「 全集中の呼吸」の基本の五呼吸のうちのひとつ。 不死川玄弥の実兄にあたり、 弟・玄弥と同じく鬼に家族を襲撃された事件がきっかけで、鬼殺隊を目指すことになります。 身体中傷だらけ、大きく開いた三白眼に逆立った髪、全身から殺気を漂わせる凶相です。 加えて、鬼に対して非常に容赦のない性格で、初登場時は鬼である禰豆子を殺そうとし、かばう炭治郎と悶着をおこしました。 というのも、 過去に鬼にされてしまった実母に襲われており、鬼というものはすべからく殺すものという考えを捨てきることができないのです。 下の兄弟たちを守るためやむなく母と戦い、その姿を玄弥に見られ「 人殺し」とののしられた過去を持ちます。 その後も兄弟の和解は無いようで、「 弟はいない」とまで発言しています。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】継子 つぐこ とは? 「継子」とは、 「柱」が直々に育成する後続の剣士のことです。 柱が自ら選び「継子」とすることを決め、育てます。 胡蝶しのぶ-栗花落カナヲは継子の関係であり、カナヲの鬼殺隊入隊の以前から、育成がはじまっていたことがわかっています。 そして 継子には「継」の字が入っていますが、「呼吸の能力を継ぐ」わけではないようです。 たとえば胡蝶しのぶは水の呼吸から遠く派生した「蟲」の呼吸の使い手ですが、継子の栗花落カナヲは「蟲」の呼吸を使っているのを見せていません。 また、悲鳴嶼行冥-不死川玄弥との関係のように、直接に修行を付けていても継子として育てているわけではない、という状態もあります。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】柱の中で一番強いのは誰? ここまで九人の柱をご紹介させていただきましたが、一番の実力者と言えるのは誰でしょうか? それぞれのキャラクターの性格や戦い方に一長一短があるので一概に言えるものではありませんが、現状であれば 岩柱・悲鳴嶼行冥は確実に強いと言えるのではないでしょうか。 事実、単行本に収録されている「腕相撲ランキング」では、1位は悲鳴嶼行冥、2位は宇髄天元、3位は煉獄杏寿郎とされています。 が、強さというのはもちろん腕っぷしだけでは決まりませんし、成長により変動するもの。 死亡・引退したキャラクターは除くとして、 今後の伸びしろで「買い」なのは、やはり痣が発現したキャラクター、特に時透無一郎というのはどうでしょう。 物語上非常に重要な地位を占めるであろう 「日の呼吸」の使い手の末裔ですし、主人公炭治郎とのゆかりも深い。 今後ますますの活躍を期待できるのは!?と思います。

次の

【鬼滅の刃】時透無一郎のイラストがかわいい!死亡シーンが泣ける【鬼滅の刃】

ときとうむいちろうイラスト

こんにちは! 今日は鬼殺隊の柱の中で最年少、剣を握ってたった2年で柱となった天才、無一郎について書いていくよ。 天才の天才たる所以はその血筋にあるようだが、 その血筋とは…?! また可愛らしい少年とは思えない辛辣な言葉が次々に飛び出すその性格。 炭治郎とのふれあいでどう変化していくのか…? ではどうぞ! 目次• 無一郎の人物像• 無一郎の強さの秘密• 無一郎の過去と痣の出現• 無一郎の変化• まとめ 無一郎の人物像 無一郎は一見感情の起伏がないように見える少年だ。 瞳には輝きがなく表情も乏しい。 その無表情に似合わず口から出る言葉は辛辣で、 他人を慮ることはしない。 無駄・回り道もしない。 しかしこの極端に起伏の少ない性格は 実は記憶喪失などに起因しているのであった。 無一郎は鬼殺隊に入る前に家族を亡くしており、 それ以来記憶をなくし、また日々のこともあまり記憶しておけない様子。 常にぼんやりと物事を見ているようである。 そんな口の悪さだけの目立つぼんやり少年だった無一郎だが、 炭治郎と関わり合い、また上弦とのギリギリの戦いの中で ハッキリと記憶を取り戻す。 本来の無一郎はとても優しく、 自分ではない誰かのために無限の力を出せる選ばれた人間だ。 (と、亡くなった双子の兄が回想で言ってた) 無一郎の強さの秘密 無一郎は柱の中で最年少であり、 恐らく炭治郎より年下である。 宇瑞によると 剣士になって2カ月で柱になったというから驚きである。 しかしその若さで柱になるには相当な努力と鍛錬を要したはずだが、 そもそもその血筋が特別なものであったようだ。 無一郎が連れている鎹鴉(かすがいガラス・まつ毛の長いメス・ 嫌味)が言うには、 『日の呼吸の使い手の子孫』らしいのだ。 しかしながら使うのは 『霞の呼吸』だが、 戦闘センスは受け継いだものも大きいようである。 無一郎は高速移動を得意とし、動きに緩急をつけることで残像を見せたり霞のように消えたりと敵を翻弄する。 作中で出てくる技としては、 壱(いち)の型 垂天遠霞(すいてんとおがすみ) 弐(に)の型 八重霞(やえかすみ) 参(さん)の型 霞散の飛沫(かさんのしぶき) 肆(し)の型 移流斬り(いりゅうぎり) 伍(ご)の型 霞雲の海(かうんのうみ) 陸(ろく)の型 月の霞消(つきのかしょう) 漆(しち)の型 朧(おぼろ) 他の柱に比べ無一郎はたくさんの技が作中に出てくる。 また見た目も美しく迫力がある。 しかしながら柱最年少にして『上弦の伍』をたった1人で倒してしまう戦闘力。 ヤバすぎる。 無一郎の過去と痣の出現 無一郎は鬼殺隊に入る前の記憶が無く、後遺症で現在の記憶もあまり止めておけない。 しかし、炭治郎と関わる中で、上弦とのギリギリの戦いの中で、 徐々にその記憶を取り戻していく。 『人のためにすることは、巡り巡って自分のためにもなっているもの』 この言葉を炭治郎から聞いた時、 いつも霞がかった無一郎の瞳にかすかに輝きが戻る。 実はこの言葉は鬼殺隊に入る前、 まだ穏やかな性格だった無一郎が双子の兄・有一郎に自らかけた言葉だった。 上弦の伍との戦いの最中、水獄鉢(すいごくばち)という技で水の中に閉じ込められた無一郎。 薄れゆく意識の中、誰かにかけられた言葉が蘇る。 それをきっかけにだんだんと記憶が戻っていく。 無一郎は鬼殺隊に入隊する前は杣人(そまびと・きこり)の父を手伝い生活していた。 しかし父は病気の母に薬草を持ち帰るため嵐の日に出かけ崖から落ち死亡。 母も肺炎で亡くなった。 遺されたのは双子の兄弟だけだったが、有一郎は言葉がきつく無一郎にもきつく当たっていた。 そんな息が詰まるような二人だけの生活。 ある日の夜、余りの暑さに戸を開けて寝ていたところ鬼が侵入してきた。 兄の腕を切り落とされ、「いてもいなくても変わらないつまんねえ命」と言われたことに激昂した無一郎。 気付くと鬼をメッタメタに倒しており、顔を潰され身体中を木と刃物で刺され動けない鬼は朝日で塵となった。 鉛のような身体を引きずり家に戻ると、兄はまだ意識があったが朦朧としていた。 「神様仏様どうか弟だけは助けてください。 弟は俺と違う心の優しい子です。 バチを当てるなら俺だけに。 わかっていたんだ。 無一郎の無は無限の無なんだ。 」 『お前は自分ではない誰かのために無限の力を出せる選ばれた人間なんだ』 (実際は息も絶え絶え言ってます) 兄は本当は弟を想い、守りたくてついきつい言葉で危険から遠ざけていたのだった。 兄の本当の想いを知り涙した無一郎。 しかし無情にも兄は生き絶え、無一郎も兄の手を握ったまま動くことさえ出来なくなった。 兄に蛆が湧き、腐っていくのを見た。 自分にも蛆が湧き始め、死の淵を見た。 日の呼吸の使い手の子孫と知り、何度も鬼殺隊へ勧誘しに訪れていたあまね(鬼殺隊のボス・産屋敷の妻)が来なければそのまま死んでいた。 全ての過去を思い出した無一郎。 あの時の煮えたぎるような怒りを思い出し、鬼を根絶やしにするための血の滲むような努力を思い出したとき、 無一郎の頰に、手に、足に、雲のような痣が出現したのだった。 痣の出現により形成逆転し見事上弦の伍をたった一人で倒した無一郎。 限界を超え倒れた無一郎の目には、父と母、そして兄の姿が見えた。 「頑張ったなあ」微笑む兄。 無一郎の目に涙が溢れた。 (筆者の目はすでに涙で滝だった) 無一郎の変化 無一郎は炭治郎と出会い、関わるうちにどんどんと変化を遂げる。 初めの頃はとにかく冷たく、感情の起伏も無く、 無駄を省くためなら他人を慮ることも全くしない。 炭治郎曰く、 『正しいかもしれないが配慮がなく残酷』。 刀鍛冶の里が襲われた際にも とにかく効率と助ける者の優先順位のみに着目していたが、 炭治郎と関わりその優しさに触れ、また上弦との緊迫した戦いの中で 欠けていた記憶が蘇り、 如実にその感情と思考に変化が生じた。 瞳には輝きが戻り、表情も変化に富むようになってきた。 刀を打ってくれた刀鍛冶の鉄穴森(かなもり)さんに対しお礼を述べたり (今までは刀鍛冶の方が価値が低いと思っていたしそう扱っていた。 鉄穴森さんホロリ。 それ見て筆者もホロリ。 ) 今までは見捨てていた子どもを助けに戻るよう指示したり。 口の悪さは変わらないが、そこには冷たさでは無くユーモアが加わり軽快になった。 何より炭治郎に対しめっちゃくちゃ優しくなった。 (懐いた) 上弦との戦い後、炭治郎が遅れて参加した柱稽古では、 もちろん炭治郎が素直で優秀なのもあるが、ニッコニコで指導。 (他の隊士には冷ややか、出来てないからってのがあるけど) 今後は鬼滅のキャラの中で新たな分野の笑いを運ぶキャラとして活躍が期待出来そうだ。 まとめ 最初こそ扱い辛そうなキャラであったが、 記憶を取り戻した今、確固たる強さと意志を持ち、笑いを誘う毒舌へと進化した無一郎。 筆者も登場当初はイラッとさせられることが多かったが(マンガに振り回されがちな人生)、 今では可愛いわ〜ヨシヨシ!という気持ちで見守っている(単純)。 また柱最年少にしてめちゃくちゃ強いし冷静なので、 連載中の本編がクライマックスを迎える中、 大きな活躍を期待している!頑張れ無一郎!! ではまた別記事で。

次の