ジャパンネット銀行 略称。 ジャパンネット銀行ってなんですか?

ジャパンネット銀行カードローンの在籍確認は怖くない!その3つの理由

ジャパンネット銀行 略称

実店舗のないネット銀行の先駆けとして、そのサービスの幅を広げているジャパンネット銀行。 ネットオークションなどが活発になってくるにつれ、利用者も増えています。 自分の口座を持っている方も少なくないのではないでしょうか。 ジャパンネット銀行のカードローンなら、ネットからの入力で簡単に申し込みできます。 また限度額が最高1000万円と、他の銀行カードローンに比べてかなり高額です。 スマホアプリなどから気軽にキャッシングでき、ATMからいつでも下ろすことができるのも便利ですよね。 そんなジャパンネット銀行ですが、やはり審査は厳しくなっているのでしょうか。 ここではジャパンネット銀行カードローンに審査を申し込む前に確認しておきたいポイントをご紹介。 また、審査に落ちてしまった時にできる対処法をまとめました。 保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)で、SMBCコンシューマーファイナンスの信用保証を受けられなければ融資を受けることはできません。 大前提として信用情報に傷がついていないことが条件ですが、 長い勤続年数と 安定した収入が認められれば、お金を借り入れることができます。 詳細は本文を参考にしてください。 ジャパンネット銀行カードローンってどんなローン? まずはジャパンネット銀行のカードローンについて簡単にまとめていきます。 申込方法 WEB申し込みのみ 金利(年率) 1. 1,000万円もの借入ができるカードローンは少ないので大変ありがたいですね。 申し込み方法はWEBからのみとなっていますが、ネット銀行をよく使う方にとっては当たり前。 また大手消費者金融ではおなじみの、 初回のみ30日間の無利息期間までついています。 ネット銀行を使ったことがない、カードローンがはじめてな方にもオススメできるカードローンです。 ジャパンネット銀行ではその日のうちに借りられる? ジャパンネット銀行では、即日融資は対応していません。 ジャパンネット銀行の口座がない場合には、口座開設からはじめる必要があります。 その場合、申し込みから融資まで1日以上かかると思っておくといいでしょう。 どうしてもその日のうちに借りたい!という方は、消費者金融や他の銀行カードローンの利用を検討しましょう。 ジャパンネット銀行の在籍確認はどんな感じで行われるの? 審査の段階では他のカードローン同様、在籍確認は職場に電話連絡が行われます。 ジャパンネット銀行の保証会社はSMBCコンシューマーファイナンスですが、もちろん社名を名乗ることはありません。 また 「JNBですが…」と、ジャパンネット銀行の略称を名乗ることもあるようです。 大半のカードローンでは在籍確認の担当者は個人名を名乗るので、バレてしまうことはありません。 例え本人が電話に出られなくても、その会社に勤務していることがわかればOKです。 ただ 職場が休みの場合、追って在籍確認をすることはないようです。 この場合審査に落ちてしまうことになるので、他のカードローンや消費者金融の利用を考えましょう。 インターネットからWEB完結申し込み時の大まかな流れ ジャパンネット銀行ではインターネットからWEB完結申込みが可能です。 公式HPの「口座がある方お申し込み」「口座がない方お申し込み」からスタート• 口座がある方は店番号とログインパスワードを入力してログイン。 口座がない方は本人情報を入力し、本人確認資料の提出。 在籍確認のあと、審査結果がメールで届く。 口座のある方は手続完了メールが来たら、そのまま利用可能。 口座のない方は初期設定を行ったあと利用開始。 後日ATM引き出し用のカードが郵送されてくるので注意。 絶対ジャパンネットカードローンの審査に落ちたくない!チェックするべき項目って? ネット銀行からのはじめての借入。 カードローンもそうだけど、カードローンもはじめて…。 そんな方には不安がつきものです。 ジャパンネットカードローンに審査を申し込むとき、チェックしてほしいポイントをご紹介します。 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の信用保証を受けられるかどうか ジャパンネット銀行のカードローンを利用するには、 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の信用保証を受ける必要があります。 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社とは消費者金融プロミスのこと。 プロミスはジャパンネット銀行の他にも様々な銀行カードローンの審査を請け負っています。 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が保証会社となる主な銀行カードローン• 三井住友銀行カードローン• 横浜銀行カードローン• 住信SBIネット銀行カードローン• 東北銀行カードローン• 北日本銀行カードローン• 仙台銀行カードローン• 東日本銀行カードローン このほかにも多くの地方銀行カードローンの信用保証を行っているのがSMBCコンシューマーファイナンス株式会社です。 消費者金融としての優れたノウハウを持つプロミス。 ジャパンネット銀行をはじめとする銀行系カードローンの信用保証業務を行っています。 これで、顧客は別途で保証人や担保を用意しなくても、銀行から融資を受けられるようになりました。 ただし、これらの銀行カードローンへの返済を怠っていると要注意。 特に返済を延滞していた場合には信用保証が受けられず、審査落ちしてしまう可能性があります。 留意すべきは「年収」「勤続年数」、「信用情報」と「他社からの借入」 ネットからの申し込みの際、入力すべき項目はたくさんあります。 銀行系カードローン審査で主に重視されるのは「 年収と勤続年数」と「 他社からの借入」、そして「 個人信用情報」だと言われています。 ジャパンネット銀行及びSMBCコンシューマーファイナンスは審査基準を一切公開しておらず、問い合わせても明確な回答は得られません。 ただ貸付対象条件や、一般的に審査基準とされている項目を踏まえると…。 「 安定した返済能力がある」• 「 過去に滞納など金融事故がない」• 「 現在他社からの借入がある場合、それがどれくらいなのか」 上記三点が審査の可否を大きく左右する項目となります。 他社借入でも返済遅れナシを徹底! では、ここからは実際にジャパンネットカードローンの借入審査に申し込み、通過したという方10名にアンケートにお答え頂きました。 プロフィールとあわせてご紹介していきます。 51歳保険営業の男性 借り入れ目的 他社からの借入による生活費圧迫のため、その補填に 融資額 150万円 雇用形態 正社員 年収 600万円 勤続年数 28年 他社借入 4社から200万円 A. 借入金が多いことと、過去に携帯料金を滞納してしまった事。 あとは借り入れ先が多かったことが原因なのかと思いました。 契約社員で勤続年数が3年というところも、収入安定には繋がらないのかなと考えます。 結論:ジャパンネットカードローンの審査に通った人・通らなかった人から見る6つの条件とは? アンケートに答えて頂いた方々からの調査結果をまとめると、ジャパンネットカードローンの審査には次のようなポイントがあることがわかりました。 審査に通った人に見る要チェックポイント• ジャパンネット銀行カードローンでは、他社借入がある場合でも返済をきちんと続けていれば融資可能の可能性あり• 勤続年数が10年以上であれば、安定かつ変動しなお収入として返済能力を認められる• 携帯料金をはじめ、支払い延滞などの金融事故を起こしていなければ融資可能の可能性大 審査に通らなかった人に見る要チェックポイント• 他社借入が複数ある場合には審査落ちする可能性が高い• ローンは滞納していなくても、延滞を繰り返していると信用情報に傷がつくおそれがある• 携帯料金を滞納すると、ローンを滞納したとき同様信用情報に金融事故として残る ジャパンネット銀行をはじめ、 すべての銀行系カードローンでは、「 原則安定した収入」を求められることになります。 安定した収入=安定した返済能力となります。 これを証明するのは 年収や勤続年数となりますので、審査時に強く意識するべき項目となるわけです。 しかし正社員で勤続年数が長くても、他社借入が多いとき、過去に滞納や延滞の繰り返しがあるときなどには、審査落ちしてしまう可能性が高くなるでしょう。 ジャパンネットカードローンの審査に落ちた人が今すぐできる5つの対処法 それでは、ジャパンネットカードローンの審査に落ちてしまった人は、その後どのような対処法を講じるべきなのでしょうか。 スーパーホワイトではありませんか?現金主義の方は要注意! 「過去に滞納や延滞なんてしたことないのに落ちた!」 クレジットカードやローンを利用したことが全くないという人は、もしかしたら スーパーホワイトが原因かもしれません。 スーパーホワイトとは、クレジットヒストリー(クレヒス)という、金融における信用情報が全くない方のことを指します。 過去に一度も金融機関を通じた支払いを行ったことがない場合は要注意。 「 本当に返済できるのだろうか」と疑われ、審査落ちしてしまうことがあります。 できるだけ若いうちからクレヒスを積み立てることが重要です。 まずはクレジットカードなどを用いて商品を購入、きちんと支払いを済ませるところからスタートしてください。 「すぐにまた申し込む」はNG!最低でも半年は間を置いて 「落ちたけど何度も申し込めば通るのでは?」という考えは、実はNG。 借入を申し込んだ、という情報は、個人信用情報機関に最低でも6か月は保存されることになります。 この6か月の間に何度申し込んだとしても、貸金業者はその情報を照会して審査を行います。 短期間に何度も申し込んでいる、ということはバレバレなんです。 即金が必要だ!という人ほど焦って短期間に何度も申し込んでしまいがちです。 2か月の間に3社以上に申し込むと、「申し込みブラック」として扱われることになります。 そうなればどこの金融機関に申し込んでも審査に通らなくなりますので注意してください。 希望上限額はどのくらい?申告のときはできるだけ控えめに ジャパンネット銀行の融資上限額はなんと 1,000万円。 他の銀行に比べてもかなり高額になっています。 だからといって申し込みのとき利用上限額を高くしてしまうと、審査を厳しくすることになってしまいます。 一般的に銀行から借り入れられるお金の上限は、年収の半分程度と言われています。 自分の収入に見合うような、返済するにもムリのない上限額で申し込むようにしましょう。 あなたのクレヒスは大丈夫?信用情報を確認してみる 「そういえば過去に支払いを延滞したことがあったかも…」 このページを読んで不安になった方は、大手の個人信用情報機関に情報開示請求を行ってみましょう。 JICC:主に消費者金融や信販会社への支払いを延滞していた場合• CIC:主にクレジットカードやローンなどの支払いを延滞していた場合• 全国銀行個人信用情報センター:銀行や銀行系カードローンへの支払いを延滞していた場合 過去に利用していた金融機関によって開示請求を行うべき機関が異なります。 よく調べたうえで自分の信用情報を確認しましょう。 年収、勤続年数をコツコツ積み立てるのが、審査突破の第一歩! 信用情報に傷がついていると、その後 5年~10年は新規融資を受けることができません。 その間に 収入や 勤続年数を積み重ね、いざという時審査通過できるよう備えておくことも重要です。 一般的に年収は400万円以上、勤続年数は10年以上あれば、審査ラインを潜り抜ける上で一番よいとされています。 しかしこれ以上でなくても、ジャパンネット銀行の審査に通ることは十分に可能です。 まずはこの審査ラインの最上位に近づくことを意識して取り組んでみてください。 まとめ:料金支払い延滞は絶対NG!信用情報を守り、審査突破に繋げましょう 今月はちょっと厳しいから支払わなくてもいいや、という安易な気持ちから、 返済期日を過ぎても支払いをしない方は要注意です。 アンケート結果にもありましたが、ローンや携帯料金などの支払いの遅れが、いざというときの融資を妨げる壁となることが多くなっています。 自分のクレヒスを傷つけ信用を失ってしまわないよう、 日頃から月々の支払い管理を徹底し、融資を受けられるよう整理整頓を心掛けていきたいですね。

次の

ジャパンネット銀行カードローンの在籍確認は怖くない!その3つの理由

ジャパンネット銀行 略称

ジャパンネット銀行のカードローン(ネットキャッシング)は、ジャパンネット銀行の普通預金口座とキャッシュカードを利用して、ネット上から借入れ、返済できる金融商品です。 あらかじめジャパンネット銀行の口座を持っているならば、申し込みから最短60分で口座への振込融資をしてもらえますので、急きょお金が必要になった時にもジャパンネット銀行のネットキャッシングは活用できます。 また、土日や祝日でも24時間借入可能、支払いを自動補填してくれる機能ありと、ジャパンネット銀行のネットキャッシングは契約後の急な出費に対応しやすい金融商品になっています。 ジャパンネット銀行ネットキャッシングの特徴• 申し込み、契約、借入れ、返済、全てWEB上で済ませられる• ジャパンネット銀行の口座を持っていれば、申し込みから最短即日融資可能• 土日祝日も24時間振込融資可能• 初回30日間の無利息期間あり• 口座引き落としを自動補填してくれる機能あり• 限度額最大1,000万円 申し込みから返済まで全ての手続きをネットで行える ジャパンネット銀行は店頭窓口も自動契約機もないネットバンクであるため、当行ネットキャッシングは申し込み、契約、借入れ、返済のキャッシングに関わる全ての手続きをネット上で行います。 借り入れる時には当行の口座へ振り込んでもらい、返済する時には当行の口座から振り替えられるため、ジャパンネット銀行ネットキャッシングには当行の普通預金口座が必須になるのです。 申し込みから借入までの流れと掛かる時間 ジャパンネット銀行ネットキャッシングで、借入するまでには次のような流れが必要になります。 WEBで申し込み• 本人確認書類の提出• ジャパンネット銀行のネットキャッシングは、審査結果が出るのは最短翌営業日です。 そのため、借入までの最短時間は申し込みの翌日になります。 また、土日祝日は審査結果が来ないため、早めに借り入れしたい場合は平日に申し込むようにしましょう。 口座開設から始める場合でも、ジャパンネット銀行ネットキャッシングなら初回に限りお持ちの口座への振り込み融資に対応してくれますので、最短翌日の借入が可能です。 なお、ジャパンネット銀行を利用するためのトークン(一回きりのパスワード「ワンタイムパスワード」が表示されるデジタル機器)が届くのが一週間から十日間ほどかかるので、ネットキャッシングのサービスを本格的に利用できるのはその後からになります。 本人確認書類の提出は必須 ジャパンネット銀行ネットキャッシングを利用するには、本人確認書類の提出が必要です。 すでにジャパンネット銀行で口座を開設している人でも、ネットキャッシングに申込する際には再度の本人確認書類提出が求められます。 ジャパンネット銀行ネットキャッシングに申し込みするのに必要な書類は、次のいずれか2点です。 運転免許証のコピー• マイナンバーカードのコピー• パスポートのコピー• 各種健康保険証のコピー• 住民基本台帳カードのコピー• 印鑑証明書(原本)• 住民票の写し(原本)• 各種年金手帳のコピー+公共料金の領収書• 各種福祉手帳のコピー+公共料金の領収書 本人確認書類は、スマホアプリか公式サイトの画像アップロードページから提出可能なので、FAXや郵送などの手間は必要ありません。 収入証明書類の提出について ジャパンネット銀行ネットキャッシングに申し込んだ際、収入証明書類の提出を求められるケースがあります。 収入証明書類の提出は審査次第なので明確な提出基準はありません。 しかし、50万円以上の借入を希望する、またはすでに他社から借り入れがある際に収入証明書類の提出が求められるケースが多いです。 ジャパンネット銀行ネットキャッシングで収入証明書類として認められる書類は、給与所得者と個人事業主で異なります。 まず、給与所得者の人は、次のような書類が必要になります。 源泉徴収票• 住民税課税決定通知書• 住民税課税証明書• 給与明細 個人事業主の人は、次のような書類が必要になります。 確定申告書(税務署の受付印もしくは受信通知、電子申請等証明データシートがあるもの)• 納税証明書(その1、その2)• 住民税納税通知書• 住民税課税証明書 とくに個人事業主の人は、事業の安定性を審査するため、10万円程度の少額融資希望でも収入証明書類の提出を求められることが多いです。 そのため、申込前に書類の準備をしておくのをおすすめします。 借入れは24時間、土日祝日も可能 ジャパンネット銀行のネットキャッシングは会員ページかアプリの使用で 24時間、土日祝日でもジャパンネット銀行口座に契約時に決定した限度額内で融資してもらえます。 銀行口座に振り込んでもらえるカードローン商品は数多くありますが、夜や土日祝日は振込融資不可能なことが多いです。 そのため、休みの日や夜間でも振込融資をしてもらえる点は、ジャパンネット銀行ネットキャッシング独自のメリットになります。 ジャパンネット銀行ネットキャッシングの審査について ジャパンネット銀行カードローンの審査について説明します。 審査を受けるための申込資格 ジャパンネット銀行ネットキャッシングの審査を受けるには以下の申込資格を満たす必要があります。 年齢が20歳以上70歳未満の方• お仕事をされていて、安定した収入のある方• ジャパンネット銀行の普通預金口座をお持ちの方• 一定の審査基準を満たし、当社の指定する保証会社の保証を受けられる方 上記条件に当てはまらない人は、ジャパンネット銀行ネットキャッシングを利用できません。 ただし、普通預金口座に関しては、ネットキャッシングの申込と同時に行えます。 専業主婦の申し込みは可能だが、専業主夫と学生は不可能 ジャパンネット銀行ネットキャッシングは、 配偶者の同意が得られる場合にのみ、専業主婦への貸付を認めています。 しかし、配偶者からの同意が必要になるため、 専業主婦の方の借り入れはお勧めできません。 学生の利用に関しては公式サイトに記載がないので電話で問い合わせをしてみたところ、「学生の方はアルバイトをしていても本業が学業であるため、ネットキャッシングの利用は遠慮いただいている」との回答をいただきました。 つまり、 大学生や大学院生、専門学生のネットキャッシングの利用はできません。 ただし本業が会社勤めで、夜学に通っている分には申し込みOKとのことでした。 審査通過の鍵はプロミスの保証を受けられるかどうか ジャパンネット銀行ネットキャッシングの保証会社はプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)です。 保証会社とは、銀行のキャッシング利用者が銀行に返済できなくなった際に、借金を銀行に肩代わり(代位弁済)する会社です。 融資の際にリスクを取るのが役目なので、審査に通るかは保証会社が決めています。 そのため、ジャパンネット銀行ネットキャッシングの審査に通過できるかは、保証会社のプロミスの審査に通れるかがポイントになります。 プロミスが審査で重要視するのは信用情報 プロミスが審査において最も重要視するのが申込者の信用情報です。 個人信用情報機関に申込者の信用取引履歴を照会したとき、多重債務が発覚して返済能力に問題があると判断されれば審査通過は難しいですし、返済遅延(3ヶ月位以上の延滞)や自己破産などの異動情報が見つかったときは、その時点で審査落ちになります。 逆に今までクレジットカードや他社の借り入れに対する返済に遅延がなく、借入件数も1,2社でとどめている場合は、返済能力が高いと判断され、審査に有利に働きます。 在籍確認は必須 ジャパンネット銀行ネットキャッシングの審査では、在籍確認が確実に行われます。 在籍確認とは、申込者が申請した職場に電話をかけて、本当に会社に在籍しているのかを確認する審査の重要なプロセスです。 ジャパンネット銀行の在籍確認は「JNB(ジャパンネットバンクの略称)+担当者名」で職場に電話がかけられてきます。 ジャパンネット銀行ネットキャッシングの在籍確認は申込者が電話に出る必要はなく、「〇〇(申込者名)はただいま席を外しております」など電話受付の人に言ってもらえば完了します。 ただし申込内容に不審な点があった場合、 申込者本人が電話に出ないと在籍確認が完了しない場合もあるので、なるべく自分で電話を応対できる日の午前中に申し込むと良いでしょう。 なお、専業主婦の方がジャパンネット銀行ネットキャッシングに申込んだ場合は、在籍確認は夫の勤務先に電話がかかってきます。 そのため、旦那様に内緒でジャパンネット銀行ネットキャッシングに申し込むのは難しいです。 ジャパンネット銀行ネットキャッシングのその他特徴 ここからは、上記で紹介しきれなかったジャパンネット銀行ネットキャッシングの特徴について説明していきます。 初回借入時には30日間の無利息期間が活用できる ジャパンネット銀行のネットキャッシングは初回借入時に限り30日間の無利息期間が利用できます。 銀行からの借入を少しでもお得に返済したい人には無利息期間があるのはメリットです。 ジャパンネット銀行内の他ローンからネットキャッシングに変更可能 ジャパンネット銀行では、同行で元々借入れていた目的別ローンをネットキャッシングで借り換えることが可能です。 多くの場合、目的別ローンをネットキャッシングに借り換えると金利が上がるので利息支払いでは損をします。 一方、ネットキャッシングは資金の使用目的が自由なため、ジャパンネット銀行から追加融資を受けたい場合はネットキャッシングに借り換えるのも良いでしょう。 口座残高不足を補填してくれる自動融資機能あり ジャパンネット銀行ネットキャッシングに契約しておくと、当行口座からの振り込み、引き落としともに、残高不足分を自動で補填してくれる自動融資機能を利用できます。 例えばクレジットカードや公共料金の支払口座にジャパンネット銀行の口座を指定しておけば、残高が足りなくても自動で残高が補填されるため、クレジットカードの支払い延滞を防ぐことができます。 ただし、自動繰り越し機能でもネットキャッシングの限度額内までしか補填されません。 また、ジャパンネット銀行のネットキャッシングの返済日には自動補填機能が使われないため、ジャパンネット銀行に対する返済は、自分で口座にお金を入れておく必要があります。 特にネットキャットは無言でふてぶてしいけれど良いキャラをしており、しかも漫画を読んで楽しみながらキャッシングの勉強ができます。 ジャパンネット銀行のネットキャッシングの限度額 ジャパンネット銀行ネットキャッシングの限度額は10万円から1,000万円で、利用限度額の範囲なら何度でも繰り返し追加で借入可能です。 他社のカードローン商品の多くが最高限度額800万円で頭打ちになることを考えると、ジャパンネット銀行ネットキャッシングは最高限度額が高い商品と言えます。 ジャパンネット銀行のネットキャッシングの金利 ジャパンネット銀行ネットキャッシングの金利は2. 以下、限度額ごとのジャパンネット銀行ネットキャッシングの金利を表にまとめたものです。 利用金額 金利 100万円未満 18. 金利を下げるには限度額の増額をする ジャパンネット銀行ネットキャッシングの金利は限度額ごとに設定されていますので、金利を下げるには利用限度額の増額が必要になります。 会員ページの「増額審査申し込み」から増額申請ができます。 ただし、利用限度額の増額はジャパンネット銀行ネットキャッシングの返済実績が必要になります。 ジャパンネット銀行はキャッシング利用者の返済実績を見て、延滞のない優良顧客に対して増額をしたいと考えています。 そのため、少なくとも半年間ネットキャッシングを利用し、遅延なく返済を積み重ねておく必要があります。 限度額が200万円以上に設定されれば金利が10. ジャパンネット銀行のネットキャッシングの返済について ジャパンネット銀行ネットキャッシングの返済について、返済方式、返済日、返済シミュレーションを説明します。 返済方式は2つから選べる ジャパンネット銀行のネットキャッシングの返済方法は借入残高によって毎月の返済額が変動する「残高スライド元利定額返済方式」で、A型とB型のそれぞれ二種類用意されています。 2つの返済方式のうち、好きなほうを利用者が選べます。 A型は月々の返済額が最低3,000円からとなっており、50万円借入れても月々の返済額は10,000円なので、無理のない返済がしやすいのが特徴です。 B型は50万円以下の借入れに対する返済額が最低10,000円からとなっており、返済負担は大きいものの、借入れ残金が早く減っていくので、早く借金を返済したい人におすすめです。 A型とB型は、利用者が随意のタイミングで変更可能です。 そのため、返済が厳しい時はA型にしておき、返済資金に余裕が出てきたらB形に切り替えるというのも可能です。 返済日は自分で選べる ジャパンネット銀行ネットキャッシングは、約定返済日を利用者側で指定できます。 指定日は給料日の翌日など、余裕をもって返済できる日付を選ぶと良いでしょう。 返済は土日祝日でも約定日に行われる 通常のローン返済は、約定返済日が土日祝日の場合平日の翌営業日が返済日にずれるのが一般的ですが、 ジャパンネット銀行のネットキャッシングの返済は休みに関係なく、指定した約定返済日に自動で口座引落しがかかります。 返済日がずれないので管理しやすいという利点があるものの、他のカードローン商品で慣れ親しんでいる方には、少々使いにくいと感じられる点かもしれません。 追加返済もネット上から行える 月々の約定返済額以上の追加返済がしたい時は、先にジャパンネット銀行の口座に入金をしておくことで、会員ページかアプリの使用でネット上から振り替え手続きができます。 返済シミュレーション ここで、ジャパンネット銀行カードローンから金利18%で借り入れした場合と、金利14%で借り入れした場合とで返済シミュレーションをしてみます。 ジャパンネット銀行カードローンは高金利の部類に入りますので、返済期間が長いほど利息負担が増え、返済総額も増えてしまいます。 生活費に無理のない程度で返済しつつも、できるだけ早い返済を心がけてください。 ジャパンネット銀行の基本情報 申し込み資格 年齢満20歳~69歳までの安定した収入がある人、または配偶者に安定した収入がある人 利用限度額 10万円~1,000万円 借入利率 実質年率:18. 0%~2. 5% 借入方法 提携先ATMより引き出し(利用額3万円未満は手数料負担有) インターネット、スマートフォンより振込貸付依頼 返済方法 口座振替(自分の設定した日付) 提携先ATM インターネット、スマートフォンより一部返済依頼 返済期日 自分の設定した日付、月に1度 担保・保証人 不要 保証会社 SMBCコンシューマーファイナンス(株)(プロミス).

次の

ジャパンネット銀行カードローンの在籍確認は怖くない!その3つの理由

ジャパンネット銀行 略称

いつも使っている 『ジャパンネット銀行』で生活に必要なお金を借りたい。 けれど自分の収入でも審査に通れるかどうか… これまでに寄せられている「ジャパンネット銀行」審査結果を見るに、同行の審査では• 正規雇用者かそうでないか• 安定収入のある配偶者がいるか が重視される模様。 収入面に不安があっても正規雇用者であるなら、もしくは安定収入のある配偶者がいらっしゃるのなら、審査結果にも期待を抱けることでしょう。 ……とは言えそもそも「ジャパンネット銀行ネットキャッシング カードローン 」の 貸付条件は決して良いとは言えません。 そのためこの銀行へ申し込むべき方というのはかなり限られるのが事実です。 今回は「ジャパンネット銀行ネットキャッシング カードローン 」への申込みを検討しているあなたのため、その審査通過状況や借入の流れ、そして申込みを検討する上での問題点についてまとめました。 ジャパンネット銀行口座がないのなら… ジャパンネット銀行のネットキャッシング カードローン は、• 前提として一般銀行より高金利• ジャパンネット銀行の口座開設と、それを使った毎月の返済が必須• 高限度額を得やすいのは確かだが、同じメリットを持つカードローンは他にも存在する といった点から、「ジャパンネット銀行口座を持っていない人が、口座を新しく作ってまで申し込む」… ほどの内容ではありません。 これは「PayPay」から申し込みを行う場合であっても同様です。 そのためこのページでは、あなたが「普段からジャパンネット銀行口座を使っていること」を前提に解説を進めさせていただきます。 CHECK 目次• ジャパンネット銀行ネットキャッシング カードローン の審査に通るのはどんな人? それでは早速、ジャパンネット銀行ネットキャッシング カードローン の審査傾向についてお話しさせて頂きます。 参考ジャパンネット銀行基本情報 金利 限度額 1. お申込時の年齢が20歳以上70歳未満の方• 当社に普通預金口座をお持ちの個人の方• ジャパンネット銀行の口座開設必須• 初回30日間無利息• 正規雇用者なら高限度額を得やすい• かなり高金利と言える ローン商品の名称について 現在取り扱われているジャパンネット銀行のローン商品は 「ネットキャッシング」というもの。 とは言えその名に反し、インターネットを介した銀行振込の他、セブン銀行ATMを使った借り入れにも対応しています。 またこれまでのアンケート調査結果を見ても、実際のユーザーには 「カードローン」名の方が浸透している模様。 そのためこのページでは「カードローン」「ネットキャッシング」を併記して解説しております。 指しているローンは同じものですのでご安心ください。 これまでに寄せられたアンケート調査では、計8名の「ジャパンネット銀行ネットキャッシング カードローン 」審査結果を確認することが出来ました。 ジャパンネット銀行申込者のアンケート回答 属性 契約内容• 年収180万円• 会社員 4年• 金利18. 年収200万円• 40代、派遣社員 5年• 安定収入ある配偶者あり• 組合保険• 金利18. 年収220万円• アルバイト 2年• 年収365万円• 会社員 6年• 金利不明• 限度額160万円• 年収380万円• 会社員 5年• 金利15. 年収400万円• 20代、会社員 4年• 安定収入ある配偶者あり• 組合保険• 金利14. 限度額50万円• 年収400万円• 自営業 5年• 他社債務2社計100万円• 信用情報問題など無し 審査落ち• 年収750万円• 会社員 8年• 他社債務2社計150万円• 2年以内にクレジットカードを1ヶ月程度、複数回延滞 審査落ち 結果は 8名中3名が否決とあまり芳しくありません。 そして実際に審査に落ちてしまった方の属性は、• アルバイター 特に審査上の問題点なし• 自営業者 他社債務はあるが、年収の4分の1程度• 信用情報問題あり といったもの。 信用情報に問題がある方はまだしも、気になるのはアルバイター、自営業者の方の審査落ちですね。 安定収入ある配偶者がいる、年収200万円の派遣社員の方が通過• 単身、年収220万円アルバイターの方が審査落ち といった点を見るに、ジャパンネット銀行では年収よりも• 正規雇用者かどうか• 安定収入ある配偶者がいるかどうか が重視されると見て間違いなさそう。 要は「安定収入ある配偶者のいない、非正規雇用者」にとって「ジャパンネット銀行」での審査は 不利と言わざるを得ないわけですね。 …そもそも「ジャパンネット銀行」の貸付条件が決して良くないことも相まって、審査が不利に進みそうであれば、 はじめから他社を選んだ方が良いかと思います。 CHECK 参考他行での非正規雇用者通過状況 10万円、14. 年収100万円• アルバイト• 親の扶養下• みずほ銀行は世帯収入を重視する傾向あり 100万円、14. 所得180万円• 自営業 20年• その後じぶん銀行でも通過 30万円 10万円、14. 年収200万円• アルバイト 1年 10万円、14. 年収220万円• アルバイト 10年• 他社債務2社計60万円• 所得260万円• 自営業 2年• 高金利なカードローンほど審査が甘いとは言われますが、ジャパンネット銀行はその 例外と言って差し支えないでしょう。 身も蓋も無い言い方をすれば、 「金利も審査難易度も高い」ということですね。 単身の非正規雇用者にとっては分が悪い一方、 正規雇用者であれば高限度額を得やすいのも「ジャパンネット銀行」 というよりネット銀行カードローン全般 の特徴です。 これをよく示しているのが、以下の2名の回答ですね。 ジャパンネット銀行で高限度額を得られた例 属性 契約内容• 年収180万円• 会社員 4年• 金利18. 年収365万円• 会社員 6年• 金利不明• 限度額160万円 いずれも適用限度額は年収の3分の1を超えています。 あなたが「高限度額を狙う正規雇用者」 おまとめ・借り換え目的含む であれば、高限度額への期待を理由に申込みを決めても良いでしょう。 ……が、高限度額を狙えるだけの属性があるなら、 他行を使うことで、より良い条件での借入を狙えるのも事実ではあります。 新生銀行 任意の口座で返済可 との比較 ジャパンネット銀行 限度額50万円の際の適用金利 18. そのため「銀行」であるジャパンネット銀行は総量規制に縛られません。 銀行側が認めさえすれば、 年収の3分の1を超える借入も可能です。 ポイントは「高限度額の狙いやすさ」「すでに口座があれば郵送物なし」の二点• 高金利• 正規雇用者であれば高限度額を得やすい という特徴を持つ「ジャパンネット銀行ネットキャッシング カードローン 」。 これに加えこのローンには、 「すでに口座を持っていれば郵送物なし」というメリットが存在します。 以上の点と、より低金利な他社ローンの存在を考えると…。 上のいずれかに該当するのであれば、申込み先はそのまま「ジャパンネット銀行」に決めてしまって差し支えありません。 その一方で、• 郵送物は避けたいが、年収の3分の1を超える限度額は不要• 極力よい条件で借りたい 高限度額希望含む という場合には、他社ローンへの申込みが推奨されます。 CHECK ジャパンネット銀行に聞いた! ネットキャッシング カードローン 契約の流れ ジャパンネット銀行ネットキャッシング カードローン のメリット・デメリットを把握した上で、この銀行への申込みを検討しているあなたのため、ここからはその審査・契約の流れについてお話しさせて頂きます。 まずは公式HPに載っていなかった、「借入までの必要日数」について問い合わせを行った結果をご覧ください。 1週間~10日程度でご案内いたしておりますが、現在新型コロナウィルスの影響により普段より少ない人数でご案内いたしておりますので、少し平常よりお時間いただくかもしれません。 2020年5月問い合わせ分 公式HP上では「最短60分で仮審査結果をご案内」という点が強調されていますが……。 実際の借入までとなると、 最低でも1週間程度の日数を要することは確認しておきましょう。 契約の流れにおいて、これと言って変わった点はありません。 ネット銀行らしく、各種手続きをインターネット上で済ませられるのは嬉しいところです。 またすでに口座を開設済みであれば、自宅に郵送物が届かないというのも「ジャパンネット銀行」の特色の一つですね。 ジャパンネット銀行カードローン必要書類 本人確認書類 全利用者必須 以下のいずれか一点• 運転免許証• 健康保険証• マイナンバーカード 収入証明書類 審査上必要となった場合のみ 以下のいずれか一点• 源泉徴収票• 確定申告書• 納税証明書• 住民税課税決定通知書• 住民税納税通知書• 住民税課税証明書• 健康保険証を本人確認書類として利用できるため、「本人確認書類」を用意できずに困ることはほぼ無いでしょう。 限度額にかかわらず収入証明書の提示を求められる可能性がありますのでご承知おきください。 ジャパンネット銀行はこれに関してかなり厳格な対応を取っており、 「勤務先へ電話をかけ、申込み者の在籍を確認」することが 必須となっています。 ……とは言え申込み者本人が電話を受ける必要はありませんのでご安心ください。 専業主婦が申し込む場合、配偶者の勤務先へ連絡あり 専業主婦の方がジャパンネット銀行のネットキャッシング カードローン へ申し込む場合、 配偶者の勤務先に連絡が入る可能性があります ジャパンネット銀行への問い合わせによる。 当然、 配偶者から申込み許可を得ていることは大前提となりますね。 ネット銀行のカードローン 新生銀行除く は電話での在籍確認を重視する傾向が強いのですが…。 今まで確認できている限り、配偶者の勤務先にまで電話を掛けるのは 「ジャパンネット銀行」だけですね。 正直なところ、専業主婦であれば「ジャパンネット銀行」より良い条件で借りられるローンも多いです。 任意の口座を使い返済ができるところで言えば、やなど 在籍確認の面においても、貸付条件の面においても、専業主婦が「ジャパンネット銀行」へ申し込むことは おすすめしかねます。 ジャパンネット銀行借入方法 銀行振込 振替 アプリまたはHPから振込 振替 手続き 限度額の範囲内で、あなたのジャパンネット銀行口座に 即時入金 セブン銀行ATM キャッシュカードを挿入し、限度額の範囲内で出金 自動振込 自動借入 「普通預金」から自動引き落とし、出金、振込等を行うも金額が不足していた場合、その差額を自動補填• 口座にお金が必要なら銀行振込• 現金が必要ならセブン銀行ATM出金 を使うと良いでしょう。 また、毎月の返済額は以下の2パターンから選択可能です。 毎月の引き落とし日は申込み者の都合で選択可• 引き落としの他、振込やATMを使った追加返済も可• 借入額200万円超の場合の返済額、その他詳細については以下の公式HPをご覧ください。 とは言えこれ以上の情報については、契約後に確認する形でも構わないかと思います。 CHECK CHECK 参考 ジャパンネット銀行ネットキャッシング カードローン 実際の利用者の声 ここではこれまでに実施したアンケート調査の中から、抜粋して4名の方の「ジャパンネット銀行ネットキャッシング カードローン 」利用体験談を紹介させて頂きます。 申込みを迷っているのなら、ぜひチェックしてみてくださいね。 金利18. 限度額90万円 借入理由、申込み先を決めた理由 他のよく利用するローンなども考えていましたが、こちらの銀行口座を所持していたことと、 返済するのに他の支払いと一緒にならないようにするために、選びました。 後、急ぎだったため、夜中に先に申請が出来、電話が会社にかかってくることも想定して、周りにもかかってくる理由を伝えやすかったのがポイントです。 感想など 会社への在籍確認完了後、すぐに貸していただけたことや、コンビニで引き出しが出来ることが大変便利だと思いました。 返済の仕方などや30日手数料無料もありがたかったです。 追加で借りたいときもアプリで出来ることもありがたかったし、使いやすいです。 Aさんはジャパンネット銀行のローンについて、かなり好印象を持っているようですね。 実際、あなたが同行の口座を普段から使っているのであれば、借入・返済手段に困ることもほぼ無いかと思います。 ちなみにAさんのように、年収200万円未満の方が90万円 というより50万円超 の限度額を獲得された例は、 他に確認されていません。 「年収は低めだけれど、極力大きな限度額が欲しい正規雇用者」にとって、ジャパンネット銀行は重要な選択肢となってくれることでしょう。 金利18. 限度額50万円 感想など 年収がそんなに無かったので審査に通るか不安でした。 元々、ジャパンネットバンクの普通預金口座は開設していましたので、審査自体は簡単でした。 思ったよりあっさりと審査も通過した印象です。 借入や返済もすべてネットで完結出来ますので、使い勝手はいいです。 こちらも使い勝手については高評価ですね。 「年収がそんなに無かったので審査に通るか不安でした」とのことですが……。 より高い収入で審査に落ちてしまったアルバイターDさん の存在• Dさんより低い年収ながら、50万円というそれなりに大きな限度額を獲得されている …ということを考えると、 「安定収入ある配偶者がいること」は審査の上で、かなりのプラス点になると推測されます。 金利15. 限度額50万円 借入理由、申込み先を決めた理由 体調を崩して入院して働けない期間がありその間収入が無くなったので借り入れを考えました。 この銀行を選んだのは元々口座を持っていたので借りやすいと思ったから選びました。 感想など 審査はすぐに通りました。 借り入れもどの時間でも出来て便利に利用できました。 また、増額のお知らせも来ていましたが、100万円までは融資できる可能性があるとは言われました。 安定収入ある正規雇用者のCさんが高い限度額を得られなかったのは、やはり「入院して働けない期間」があったためでしょうか。 とは言え正規雇用者であれば、やはり増額なども成功させやすいようですね。 年収220万円• 30代、アルバイト 2年• 国民健康保険 契約内容• 審査落ち 希望限度額30万円 借入理由、申込み先を決めた理由 日頃から利用していたジャパンネット銀行で、お金の融資を受けたいと思っていたのですがアルバイトとして仕事をしていたので、かなり不安でした。 また年収も決して高くなく、ちょっとでもいいので融資を受けることができればという気持ちが強かったです。 個人信用情報は全くのホワイトで、全然問題なかったです。 感想など ネットで申込を実施して、審査結果はメールで返信されました。 もし融資を受けることができた場合、日頃から使用しているネット銀行なので、とても便利だったと思います。 またジャパンネット銀行の申込に落ちた後、アコムに申し込みすることで30万円借りることができました。 審査に通過できたAさん、Bさんと比較した上で審査落ちの条件を推測するなら、• 独身のアルバイターであること• 国民健康保険加入者であること しばしば審査の上で不利とされます の2点でしょうか。 の通り、Dさんと同じ、あるいはより低い属性の方の「銀行カードローン」審査通過情報は多く確認されています。 もしもあなたがDさんに近い属性にあるのなら、わざわざリスキーな「ジャパンネット銀行」を申込み先に選ぶ必要はないでしょう。 ジャパンネット銀行より好条件で借りやすい他社カードローンについて 正規雇用者であれば 高限度額を狙いやすい一方で、金利面では優れているとは言い難い「ジャパンネット銀行ネットキャッシング カードローン 」。 ここではより良い条件での借入を希望するあなたのため、新しい申込み先候補を紹介させて頂きます。 普段使っているジャパンネット銀行口座を使い、毎月の返済を行いたい• 年収の3分の1を超える契約を結びたい とお考えなら、まず申込み先候補となるのは以下の2社です。 任意の口座で返済のできるネット銀行ローン 楽天銀行• 金利 限度額~290万円 …上限14. 金利 限度額50万円 …14. 金利 限度額100万円 …12. 金利 限度額200万円 …9. ちなみにこの2社の審査難易度は「ジャパンネット銀行」と大差ない むしろジャパンネット銀行の方がやや高い と推測されています。 Score」等に注目 あなたが正規雇用者で、ある程度審査に自信があるのなら、以下の2社のローン情報もチェックしてみてください。 こちらはいずれも「貸金業者」の取り扱いですので、法律の制限上、年収の3分の1を超えるお金を借りることはできませんが……。 上限金利 9. 30日間無利息• 郵送物なしで契約可• 最短即日融資• Score• 上限金利 15. 詳しくは以下のページをご覧ください。 CHECK まとめ ポイント• ジャパンネット銀行のネットキャッシング カードローン は高金利なわりに難易度も低くはない。 審査では 「正規雇用者か否か」「安定収入ある配偶者がいるか」がかなり重視される模様• 一方で正規雇用者であれば、年収の3分の1を超える限度額も狙いやすい。 が、金利面を気にするならより良い申込み先がありそう• 借入までに必要な日数は1週間~。 審査中、電話を使った在籍確認は専業主婦含め必須 金利の高さから「誰にでもおすすめ」とは言い難いジャパンネット銀行のネットキャッシング。 とは言えあなたが「高限度額狙い、かつ正規雇用者のジャパンネット銀行ユーザー」であるなら、申込みを検討する価値はあるでしょう。 ジャパンネット銀行基本情報 金利 限度額 1. お申込時の年齢が20歳以上70歳未満の方• 要承諾• 当社に普通預金口座をお持ちの個人の方• ジャパンネット銀行の口座開設必須• 初回30日間無利息• 正規雇用者なら高限度額を得やすい• ローンカード発行なし、既存のキャッシュカードに借入機能が付く 銀行振込も可 参考 参考 参考  .

次の