夢はつまり 思い出のあとさき。 思い出のあとさき: 未来の普通

井上陽水が『少年時代』の歌詞に込めた意味とは?風あざみや夢花火って何?

夢はつまり 思い出のあとさき

1.「宵かがり」 「宵」は、日が暮れてから間もない頃、1~2時間くらいの間のこと。 通常、少年には許されない時間帯ですが、夏は、ほたる狩り、花火、夏祭り、盆などの夜のイベントが多いため、夜の思い出が多く残ります。 また、少年時代の夏の思い出とは「夏休み」の思い出に等しいといえます。 「かがり」は「篝」です。 この詩のように通常は鉄製のかごに薪(まき)などを入れてたく火のことをいいます。 上からつったり、足をつけて顔の高さくらいまで高くしてあります。 警備、照明、漁のために使われたものです。 現在では伝統的な催しや商業的な装飾などでしか見かけません。 また、俳句では「能篝(のうかがり)」は夏の季語とされています。 篝の灯かりの中で上演される能のことです。 (どことなくですが、唐詩選にある「江風漁火対愁眠」に感じが似ている気がします。 季節は逆ですけど…) 日本人の多くの成年男子にとって、少年時代の夏は特別なものだといいます。 夏の闇の中で、ユラユラと燃えるかがり火のような感傷に、きっと心がゆさぶられることでしょう。 2.長い冬が 窓を閉じて 呼びかけたままで 夢はつまり 思い出のあとさき 正直いってさっぱりわかりません。 「閉じて」と「呼びかけて」の主語は「長い冬」で、それなりに意味はわかるものですが、この句と後の「夢はつまり~」とのつながりが見えません。 この詩は意味より叙情の詩だと思われます。 日本の叙情詩は、時折、雰囲気優先です。 3.恋とはいえないと思います。 しかし恋かもしれません。 私は少年時代の夏全般に対する「淡い感傷」だと思います。 1970年くらいの設定のものです。 井上陽水の少年時代より少しあとですが、雰囲気は共通していると思います。 参考URL: 1.「風あざみ」が陽水さんのつくった造語だという事は有名です。 そんな日本語はないのです。 日本人の想像力をかき立てる韻を踏んでいるのだと思います。 「宵かがり」も同じく造語らしいです。 陽水さんご本人に聞いても「意味などないよ」と答えるでしょう。 2.これも明確な意味があるとは思えません。 聞いた人それぞれのイメージをかき立てる手法です。 陽水さん独特の手法ですね。 つまり聞いた人が勝手に解釈していいのです。 正解はないのです。 3.これは映画「少年時代」のためにつくられた曲です。 どんな解釈をしても間違いではありませんが、恋というよりは友情を扱う意向が強いかも知れません。 日本人でも難しい題材です。 日本語の意味を学ぶのでなく日本人の感性を学ぶ曲だと思います。 A ベストアンサー 1 「ず」と「づ」は歴史的には発音が違っていましたが、現代では発音上の区別がありません。 したがって、『現代仮名遣い』 昭和61年7月1日 内閣告示第1号 では、いくつかの例外を除いて、「づ」を用いないように定めています。 ご質問のお答えは、「ずつ」が正解です。 2 「分かる」「解る」「判る」は、それぞれ意味が少し違います。 【解る】理解する。 ことの筋道がはっきりする。 【判る】判明する。 明らかになる。 【分かる】上二つの意味を併せたいい方。 『常用漢字音訓表』 昭和56年10月1日内閣告示 に、「分かる」はあるのですが、「解る」と「判る」は載っていません。 「解」も「判」も常用漢字表には含まれていますが、「わかる」という読み方が載っていないのです。 新聞やテレビなどのマスコミが「分かる」を優先的に使う理由はそこにあります。 質問者さんが公務員で、公文書を作成されるなら、「分かる」に統一する必要があります。 民間の文書や私信なら、「分かる」「解る」「判る」を使い分けて、日本語の奥ゆかしさを味わいたいものです。 A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? 映画「ハナミズキ」を見てきました。 もともと「ハナミズキ」好きでいい歌だなぁと思っていました。 恋人同士の歌だと思っていました。 映画を見てまた聞きたくなって聞いていたら、何だか恋人同士の歌ではないよな?なんて思ってきて…。 「君と好きな人が百年続きますように」というところだけを見れば「いつまでも2人幸せに」なんて歌に聞こえますけど、それ以外の歌詞を見ると、「果てない夢がちゃんと終わりますように」…夢が終わる??叶いますように、ではなくて? と、疑問がいっぱいあります。 なので色々調べて見ました。 そうしたら、この歌は9. 11を受けて作られたそう。 そして平和を願う歌。 平和の象徴がハナミズキなんですね。 一青さんの友人が9. 11で亡くなっていて、その亡くなった友人に子供がいて、そのことを歌っているとか、色々なことがわかりました。 歌から映画ができたはずなのに、映画は恋愛ものだったよな、と思ったことはおいといて。。。 平和を願う歌だとすると、だいぶ歌詞の意味がわかったのですが、やっぱりわからないところがあります。 映画「ハナミズキ」を見てきました。 もともと「ハナミズキ」好きでいい歌だなぁと思っていました。 恋人同士の歌だと思っていました。 映画を見てまた聞きたくなって聞いていたら、何だか恋人同士の歌ではないよな?なんて思ってきて…。 「君と好きな人が百年続きますように」というところだけを見れば「いつまでも2人幸せに」なんて歌に聞こえますけど、それ以外の歌詞を見ると、「果てない夢がちゃんと終わりますように」…夢が終わる??叶います... A ベストアンサー 本人に聞かなければ、本当のところは分かりませんが、、、、 ここに、様々な意見があります。 多分、参考になりそうです。 yomiuri. htm 水際は「生と死の境目を意味している」と思います。 蛇足ながら、、、 日本からアメリカへ送った「桜」の苗木のお返しとして、 アメリカから「ハナミズキ」が送られました。 アメリカは、なぜ?「ハナミズキ」を、選んで日本へ送ったのか? ハナミズキの英名は「American dogwood」、 犬が、体調を壊した際に、ハナミズキの葉を飲ませると調子を取り戻す木です。 そして、日本など「犬」扱いで十分だ、と言う意味が隠されている。 当時の米国人がアジアの小国日本を、本音では、どう思っていたのかが分かったりします。 一青窈さんは若い方なので、ご存じなかったと思いますが、、、、.

次の

質問!ITmedia

夢はつまり 思い出のあとさき

「少年時代」という歌は、タイトルがこうでなければなかなか少年時代を連想できない雅で詩的な表現が多い。 このタイトルを付けることである一定の方向性に情景を誘導しているようにもみえる。 タイトルを忘れてただ歌詞だけを吟味してみると、例えばヒカルの歌でいえば『』なんかに近い風合いがある。 情緒の置き所に二人近いものがあるのだ。 もともと「少年時代」の歌詞はの世界観と齟齬がない。 カバーが成功するのは目に見えている。 もっともそれはの卵でしかなく、最初にそこに気づいた奴はやっぱり偉い。 なので、ヒカルが今回カバーするにあたってその親和性とどういう距離のとり方をするのかがひとつの焦点になるだろう。 より近付くか敢えて距離をとってみるか。 ひとつ思い当たるのはここでも『Passion』だ。 老人が少年の(或いは少女の)頃に描いていた夢や未来を見る目線と目を合わせる時それは陽水の描く「夢はつまり思い出のあとさき」や「誰のあこがれにさまよう」と呼応するだろう。 また「青空に残された私の心は夏模様」や「永い冬が窓を閉じて」なども『Passion』と同種の空気を運んでくる。 となると『after the battle』のようにピアノ一本の編曲を思い描いてしまうが果てさてヒカルはそこをどのように捉えたのか、捉え直したのかな。 冬を迎えようとする今聴けるのは、それはそれで嬉しいことなのかもしれないな。 (……今朝の続きはどうした、って? いやぁ、わからないよ(笑)) uh19830119.

次の

大将のバンコクがらくた人生 : 夢はつまり、思い出のあとさき夏まつり

夢はつまり 思い出のあとさき

人は『生まれた季節を好きになる』っていうのは本当でしょうか? 夏が好きです。 緑が異様に元気でモリモリとして、セミが鳴いて、暑くて汗が出て、「生きてる!」って感じがします。 Tシャツ一枚で出かけられるところや、夜まで明るいところも好き。 ) ってことで、みなみの元気が出る・爽やかな気分になる 夏に聴きたい歌13選をまとめてみました。 何とも言えない、わかるようなわからないような、夢心地なリリックと、爽やかで少し哀愁あるリズム。 井上陽水は、『 コーヒー・ルンバ』と『 夢の中へ』も好きです。 もうこれは、「絶対に盛り上がる曲」第1位かもしれません(私の中で)。 聴けば気分爽快。 歌詞がまた良い! ザ・ブームの 宮沢和史さんが作詞作曲ですが、息子さんは 宮沢氷魚(ひお)さん! 水曜10時の『偽装不倫』に出演しているイケメン俳優さんです。 よく見ると、めちゃくちゃ似てる!親子そろってイケメンって、先祖はどんな徳を積んできたのでしょうか。 歌詞も男女の駆け引きが面白くて、物語みたいでいいですね! 出てくる女子は、色黒で、へそ出してそう。 男子は、茶髪ですね、絶対。 悪くすればドレッドです。 『 上海ハニー』や『 ロコローション』も 捨てがたいけど、 ラブ微炭酸!のゴロの良さが好き。 ドライブで、みんなでイエイイエイ言いたいですねぇ…。 スーパーセルの曲は、曲調もとても綺麗です。 高校生や大学生のころを思い出します。 そんな新鮮さが、この曲の魅力。 アンサンブルが胸に響いて、感動しました。 高校生なのに、アンニュイな感じがしました。 って、身近にありそうながらも、最高の夏ですか?! ジュディアンドマリーは、夏っぽさがあります。 「 OVERDRIVE」や、「 くじら12号」も夏のイメージです。 ちなみに、ジュディマリは 「クラシック」が好きです。 作詞作曲をしているのは、 ヒャダインこと、 前山田健一さん。 すごいな~。 ポップな曲がたくさんあります。 「さよならクロール」や「ポニーテールとシュシュ」「真夏のsoundsgood!」などたくさん夏曲がありますね。 PVも夏らしくて、みんなかわいくて、目が釘づけです。 聴いてると、ウキウキします。 別に何もないんだけど。 おわりに 最初、5曲くらいにしようと思ってたのに、削れなくて結局13曲も載せてしまいました…。 ルビーの指輪とか、夏祭りとかもありましたね、際限ないのでやめましょう。 夏の歌は、アップテンポなものも多く、体でリズムをとりたくなるような力を持っていますね! 音楽を聴くことによって、人の気分はかなり変わるそうです。 minami-saya.

次の