五大路子 伍代夏子。 伍代夏子の歌詞一覧リスト

索引「ごだ」

五大路子 伍代夏子

Sponsored Link プロフィール! 五大さんは、1952年9月22日生まれ、 神奈川県横浜市港北区のご出身です。 身長160センチ、 体重50キロ、 血液型はO型、 本名は、 大和田美智子(おおわだ みちこ)、 学歴は、 桐朋学園芸術短期大学演劇科卒業、 趣味は、 旅、祭り、民族芸能鑑賞、散歩、 特技は、 日舞 西川流名取 、居合 三段 、三味線、 ご主人は、さん。 1977年には、NHK朝の連続テレビ小説、 「いちばん星」のヒロイン役の高瀬春奈さんが、 病気で途中降板したことで代役に抜擢され、 テレビドラマデビューを果たされています。 「グラフNHK」昭和52年7月号より。 その後、いつ頃かは分かりませんでしたが、 「新国劇」を退団されると、 以降、テレビドラマ、アングラ、 商業演劇、松竹・東宝の舞台など、 様々な作品に出演されています。 横浜の伝説メリーさん そんな五大さんは、1995年、 ひとり芝居 「横浜ローザ」を、 公演されているのですが、 実は、このお芝居のモデルとなっているのは、 今や、伝説となっている横浜の娼婦 「メリーさん」。 というのも、メリーさんは、 舞台化粧のような白塗りと、 全身白いドレス姿が特徴で、 1960年頃、横浜へ来て以来、 なんと、74歳まで、 街頭に立ち続けていたのだそうです! メリーさん。 五大さんは、そんなメリーさんに、 1992年頃、横浜みなと祭で出会われているのですが、 横浜みなと祭で凛とした目を私に向けられた時、 「あなた私の生きてきた今までをどう思うの?答えてちょうだい」 と問いかけられたような衝撃を受けました。 以来、彼女の足跡を追いかけて取材をし、舞台に。 と、強烈なメッセージを感じ、 メリーさんを追いかけ始めたのですが、 いつ、どこに現れるか分からないため、 銀行に行っているらしい、という噂を聞くと、 知人に行ってもらい、連絡してもらえるよう、 連絡先を渡してもらったり、 メリーさんがよくお茶を飲んでいる、 と人から聞くと、 その場所に実際行って待ってみたり、 メリーさんのことをよく知る人に、 取材を重ねられたそうです。 結局、メリーさんご本人と、 会って話をすることはできなかったそうですが、 それでも、五大さんは、 取材を通して知り得た情報を元に、 戦争に翻弄された1人の女性の生き様を、 舞台 「横浜ローザ」として創り上げられたのでした。 「横浜ローザ」NY公演より。 以来、五大さんは、この公演を毎年上演。 五大さんのライフワークとなっているそうです。 (ちなみに、メリーさんは、1995年頃、横浜から姿を消し、 2005年、故郷、岡山の養老院で他界されています) Sponsored Link 夫は大和田伸也! ところで、五大さんの、 気になるプライベートですが、 五大さんは、俳優の大和田伸也さんと、 結婚されています。 五大さんは、1979年、 テレビドラマ 「水戸黄門」の第9部第27話、 「三国一の嫁騒動 -水戸-」に、 ゲスト出演されているのですが、 その時、格さんを演じられていた、 大和田さんと知り合われたそうで、 いろいろ話をするうちに、 仲良くなられ、交際に発展。 結婚に至ったそうです。 これからも、お体には気をつけて、 その魂のこもった演技を見せ続けてほしいですね。 応援しています!!.

次の

索引「ごだ」

五大路子 伍代夏子

TBSテレビの番組「」とは異なります。 いい旅 放送期間 2013年 - 放送時間 20:00 - 20:54 放送分 54分 回数 全44 いい旅スペシャル(レギュラー放送終了後の単発特番) 放送期間 2015年・・ 放送時間 を参照 回数 3 特記事項: 2020年5月30日「いい旅・夢気分~緑まばゆい初夏の絶景SP~」 『 にっぽん! いい旅』(にっぽんいいたび)は、で毎週の20:00 - 20:54()に放送されていた。 前身番組『 いい旅・夢気分』(いいたびゆめきぶん)についてもここで述べる。 全編 で、テレビ東京、他一部の地方局およびBSジャパン ではを行っている。 でも地上波放送の翌週月曜日19時55分から放送され、一部地域とBSジャパンでは再放送も行われている。 また、かつて同時ネットのTXN系列局のではが行われていた。 2007年10月3日放送分で放送開始から1000回目を、2011年4月に放送開始25周年を迎えたである。 そして2012年3月21日放送分で放送1200回を迎え、3時間スペシャルが放送された。 (近年の)視聴率に関する記述には必ず具体的な出典の付記をお願いいたします。 この番組が製作されたのは、メインスポンサーであったの提案が契機であった。 レポーターの出演回数は、の20回が最多。 との19回、の18回、(現在ナレーター)の16回、と奈美悦子の15回、の14回、の13回と続く(2006年4月11日現在)。 最高平均視聴率はらが出演した1988年10月26日放送の「紅葉コスモスの八ケ岳 清里」の17. 本番組のエグゼクティブプロデューサーである不破敏之は「ロケ地を入念に下調べし、景色や料理を美しく撮ることにこだわっている」と話している。 事前取材には毎回3週間かけられ、30分テープで40本分ほど費やすとのこと。 いい旅・夢気分 [ ] 複数の著名芸能人が旅人となり、その季節に併せためぐりを楽しみつつ、()・・・などその観光地に関連する情報を提供する。 また、当初は、必ず男女芸能人2人のカップル または3人(家族の場合は4人の時もあり、特に拡大版では大人数で旅することが多い)であったが、近年は男性同士、女性同士の芸能人2人の場合が多い。 原則として(・等)を使い、を運転することは少ない。 テレビ東京と同時ネットされている放送局及びBSジャパンでは、宿泊券のプレゼントのコーナーがあった(またはで応募)。 に放送が開始され、当初は20時台の放送だった。 1990年10月には20時台にバラエティ番組や連続ドラマを放送する関係で19時開始に変更、2001年10月からは19時台にアニメ枠開設のため再び20時開始になった。 なお、放送20年目に入った2005年4月からは放送時間が6分拡大されて20:00 - 21:00(後に20:00-20:54)に変更されているが、最近では番組改編期である春と秋を中心に1 - 2か月に1度の割合で、21・22時台の『』を休止して2時間あるいは3時間の拡大版を放送することもある。 2011年12月以降は前述の水曜ミステリー9の休止が減ったためほぼ毎週休まずに放送されている。 放送25年目に入った2010年4月7日放送分から番組のタイトルロゴを一新。 2010年10月からは再び番組のタイトルロゴを一新し、これと同時に、「美しき日本の旅」のサブタイトルがつき、同名のシリーズもスタート、これに伴いオープニングタイトルのCGは廃止された。 2013年9月18日までは『いい旅・夢気分』の番組名で放送され、2010年10月からのタイトルロゴ上での表記は『 いい旅夢気分』となっていた。 にっぽん! いい旅 [ ] 2013年10月9日から、番組タイトルを『 にっぽん! いい旅』に改題し、旅情報をガイドブックのように充実させたリニューアルを行い 、ナレーターもからに交代した。 『いい旅・夢気分』としては最後の放送になった2013年9月18日放送分も普段通りの1時間の放送で番組のラストにナレーションの大和田から「次回からはにっぽん! いい旅…(中略)…ご期待下さい」と簡単な挨拶があったくらいであった。 またその2時間SPも、2014年内は19:55の各局別(関東地区は『』)を20:49に繰り下げて、18:57 - 20:49で放送していたが、2015年からはミニ番組を20:10 - 20:14に縮小繰り下げして「内包」し、20:54まで放送する様に変わった。 レギュラー放送の終了へ [ ] サラリーマンやお年寄り層を中心に安定した支持を得ていた番組だったが、2015年3月11日をもって『いい旅・夢気分』から通算で29年の歴史に幕を下ろした。 後継番組はバラエティ番組の『』。 最終回にあたる2015年3月11日放送分では2時間特番の放送で番組のラストでは簡単な挨拶さえもなかった。 スペシャル [ ] しかし、視聴者からは番組終了を惜しむ声が多く寄せられレギュラー放送終了後は不定期特番「いい旅スペシャル」として放送されている。 さらに2017年以降は「いい旅・夢気分」の番組タイトルを復活させている。 2018年12月2日はにて初の特番が放送された。 新緑の絶景 いい旅スペシャル 2015年 05月13日(水) 18:57 - 20:10(1部)と20:14 - 20:54(2部)に放送。 夏の絶景 いい旅スペシャル 2015年 07月26日(日) 18:30 - 20:54に放送。 紅葉の絶景 いい旅スペシャル 2015年11月 02日(月) 18:57 - 21:00に放送。 「いい旅・夢気分スペシャル」 2017年 01月28日(土) 18:30 - 20:54に放送。 2017年 04月 01日(土) 18:30 - 20:54に放送。 2017年11月25日(土) 18:30 - 20:54に放送。 2018年 03月17日(土) 18:30 - 20:54に放送。 2018年11月10日(土) 18:30 - 20:54に放送。 2019年 06月15日(土) 18:30 - 20:54に放送。 2019年11月 02日(土) 18:30 - 20:54に放送。 4K放送スタート記念 いい旅・夢気分~4K映像でめぐる感動の大絶景SP~ 2018年12月 02日(日) 18:00 - 20:54に放送。 土曜スペシャル「いい旅・夢気分 太川蛭子SP」 2019年 06月 08日(土) 18:30 - 19:54に放送。 土曜スペシャル「いい旅・夢気分 美しきニッポンの四季SP」 2020年 05月16日(土) 18:30 - 19:54に放送。 土曜スペシャル「いい旅・夢気分 緑まばゆい初夏の絶景SP」 2020年 05月30日(土) 18:30 - 20:54に放送。 派生番組 [ ] 『いい旅・夢気分』(『にっぽん! いい旅』)のパートを埋める連続番組が、『』として2019年4月より復活した(2020年1月より『』と改題)。 出演者 [ ] ナレーション [ ]• (1996年10月 - 2013年9月18日、2015年11月2日) - 通常はナレーションの担当だが、拡大版放送時はレポーターとして画面に登場することもある。 2007年10月3日放送のスペシャルや2012年2月22日放送分で弟のと共演した。 妻のもゲストで旅する事がある。 (2013年10月9日 - 2015年3月11日)• (テレビ東京アナウンサー、2013年10月9日 - 2015年3月11日)• (2012年3月14日放送分のみ)• (2017年1月28日、4月1日、11月25日、2020年5月30日放送分) 過去の出演者 [ ] 司会者 [ ] 番組が開始された1986年4月から9月までの半年は、番組の最後に旅のまとめをスタジオから行っていた(前半に旅を紹介し、番組内で2度出演の回もあった)。 、の二人がモニターの前にすわり、その回の旅について(時には地図を示しながら)おさらいをする方式であった。 近石は旅の中のナレーションも担当し、刀根はスタジオ出演のみであった。 地元名産の番組プレゼントの紹介も二人が行っていた。 二人は「司会」として番組のテロップに表示されていた。 両者とも、この方式でなくなってから、レポーターとしても出演していた。 1986年10月以降、司会者は置かれず、基本的にナレーションのみで番組が進行している。 (1986年4月 - 9月)• (1986年4月 - 9月) ナレーション [ ]• (ナレーション担当) レポーター [ ] 「いい旅・夢気分」時代を含めて旅人として出演した芸能人・有名人のみを挙げる。 五十音順。 男性 [ ]• (高砂親方)• 市川春猿(現・)• - 普段はナレーション担当だが、旅をすることもある。 桂三枝(現・)• (『玉ちゃん』名義)• (錣山親方)• (玉ノ井親方)• (元・長)• 林家いっ平(現・)• (池畑慎之介)• (現・知事)• 女性 [ ]• (テレビ東京アナウンサー、スペシャル放送時の司会)• (『しずちゃん』名義)• 以前のエンディングテーマ [ ]• 技術協力:、• CAM:【週替】薬袋孝人、益田久仁寿、鈴木浩介、加藤正純、安藤健二、伊奈一樹(VE担当回あり)• LD:【週替】奈良喜晴、上野斉夫、石原竹夫(VE担当回あり)、山内浩二• AUD:【週替】鈴木裕之、倉持友和(LD担当回あり)、田中博、住吉貞基、上村真司• EED:【週替】石井貴子、庄司裕幸、中島大地• MA:上野裕• 音効:【週替】江連隆太郎、中田路子• 番宣:石原裕也(テレビ東京)• 編集:【不定期】江島美保• AP:相野谷智子• デスク:秋場香織• チーフプロデューサー:桜井卓也• 製作:テレビ東京、 以前のスタッフ 2013年9月現在。 編集:江島美保(SP時のみ)• ディレクター:手塚政之、小原孝弥、笹岡亮二(SP時のみ)• プロデューサー:辻康央(テレビ東京)、髙野学 、堤栄一• シニアプロデューサー:前山匡洋• 構成:新野隆司• 技術協力:、• CAM:増田久仁寿• LD:上野斉夫、青木謙二• AUD:倉持友和、上村真司、若林宏美、阿保穀• VE:青木謙介• EED:佐藤良正• オープニング:• 音楽: 、• 番宣:村上晶子、鈴木紀子、田口有希子(テレビ東京)• 制作協力:、、• 演出補:池野由香子、嵯峨圭樹、米山聡、金森咲季、金子新• ディレクター:藤掛匡史、須藤美佳(エーステレビ)、大坂和也、高橋伸幸• 演出:笠井正人、山田郁夫 ネット局と放送時間 [ ] 放送対象地域 放送局 系列 放送時間 放送形態 備考 (TX) 水曜 20:00 - 20:54 制作局 (TVh) 同時ネット (TVA) (TVO) (TSC) (TVQ) (GBS) (MTV) (BBC) (TVN) (WTV) (ATV) 金曜 15:50 - 16:45 遅れネット (TBC) 土曜 10:25 - 11:25 (TUY) 土曜 13:00 - 13:54 (MRO) 月曜 13:55 - 14:50 (RCC) 月曜 10:00 - 11:00 (RKK) 水曜 9:55 - 10:50 (IAT) 土曜 10:50 - 11:45 (AKT) 土曜 10:00 - 10:55 新潟総合テレビ(NST) 木曜 14:00 - 14:55 現・ (FCT) 金曜 9:30 - 10:25 (YBS) 土曜 10:30 - 11:25 (KRY) 水曜 9:30 - 10:25 (RNB) 土曜 16:00 - 16:55 (RKC) 木曜 9:55 - 10:50 (KYT) 火曜 15:53 - 16:53 (BSJ) 月曜 18:00 - 19:00 NGN (Nippon Golden Network) 局 月曜 20:35 - 21:25 (現地時間) 不定期ネット局 [ ]• (FBC):NNS - 主として土曜または日曜の午後に放送。 以前はレギュラー放送されていた。 (SBC):JNN - 2009年4月、(TSB)からネット移行。 土日などに不定期放送。 (KTN):FNS - 以前はレギュラー放送していた。 (BSS):JNN - までレギュラー放送していた。 (MRT):JNN - 以前は金曜 15:00 - 15:55でレギュラー放送されていた。 (SDT):NNS - 以前はレギュラー放送していた。 (JRT):NNS - 以前はレギュラー放送していた。 過去のネット局 [ ]• (TVI)• (YTS)• (SBS)• (KNB)• で打ち切り。 (HTV)• で打ち切り。 (KTS)• (TKU)• (NBC) その他 [ ]• 、、、、、では地上波での放送はなかった。 広島県では広島テレビ放送(HTV)が2007年3月まで、月曜日の15:50 - 16:48に12日遅れで放送されていた。 また、現在ネットしている中国放送(RCC)が最初にネットした時深夜に放送されていた時期もある。 山口放送(KRY)は2009年12月まで、水曜日の15:55 - 16:50に放送されていた。 また、2008年3月ごろまでおよび2009年1月から同年12月までは「マウ印特選バラエティ」として放送されていた。 秋田テレビ(AKT)は一時期、月曜日の10:00 - 10:58に放送されていた。 そのため、火曜日 - 金曜日は『』をフルネットをしていたにもかかわらず、月曜日は10時台に放送してから、11時からの飛び乗りで放送していた。 金曜日は同番組の翌週月曜日放送分の予告が放送されず、月曜日のオープニングも短縮版を放送していた。 その後、本番組が土曜に移動したことにより、月曜も最終回までの1年ほどは完全ネットになった。 2012年3月までは土曜日10:00 - 10:55に放送。 山形県では当時フジテレビ系列だった山形テレビ(YTS)が放送していたが、テレビ朝日系列にネットチェンジした際に一部のフジ系番組と共にテレビユー山形(TUY)に移行した。 なお、TUYはゴルフ等のスポーツ中継やバラエティ番組などのスペシャル放送により、2010年10月より遅れ幅が1か月半に拡大している。 テレビ東京ではかつて火曜日の12:35 - 13:30に再放送を行っていた。 三重テレビ放送(MTV)は2009年10月から、テレビ東京と同じ放送時間ながら別の回を放送していたが、2010年1月13日より同時ネットとなっている。 宮崎放送(MRT)は2008年3月まで、木曜日の14:55 - 15:50に放送され、その後2009年3月までは不定期に放送されていた。 鹿児島テレビ放送(KTS)は2009年9月30日の放送(遅れネット)をもって終了し、鹿児島読売テレビ(KYT)に移行している。 岩手県では、テレビ岩手(TVI)が1989年4月から1995年3月まで放送。 その後1995年4月から不定期放送となり、1997年4月より毎週土曜の朝5時台でレギュラー放送を再開するも後に終了。 2000年4月から岩手朝日テレビ(IAT)に移行してネットを再開した。 また、IATは2009年4月からFCTと同様、同番組の番宣を頻繁に行っている。 なお、3月11日の東日本大震災発生以後、IATの番組編成は特別編成となり「やじうまテレビ! 」土曜版を臨時ネットしたため、IATでは一部の回については4月上旬に12:00から放送したものの、震災関連などの報道特別番組を優先するため、同番組は休止または枠移動となった回もあった。 熊本放送(RKK)はテレビ熊本(TKU)から放映権が移行され、2011年4月2日の2時間スペシャルから放送開始。 翌週からは毎週水曜朝9:55からの放送となり、熊本県での同番組のレギュラー放送が数年ぶりに復活した。 東北放送(TBC)は2011年5月21日放送分まで、土曜9:30 - 10:30の放送だった。 BSジャパンは日曜日の13:00 - 14:00に再放送を行っている(原則としてテレビ東京系列初回放送から11日遅れ。 BSジャパンでの本放送からは6日後)。 また、3時間スペシャルでは5日遅れでなく約1か月遅れて放送される場合がある。 この場合は過去に放送されたレギュラー放送回を再放送扱いとして放送される(テレビ東京系列で本番組自体が休止となった場合も含む)。 山陰放送(BSS)は水曜日14:50 - 15:50に放送されていたが、2011年12月で打ち切り。 その後、金曜日10:30 - 11:30の枠で復活したが、2013年4月で打ち切り。 以降不定期で放送。 新潟総合テレビ(NST)は2014年9月まで、土曜 12:00 - 12:55に放送していた。 変遷 [ ] 期間 放送時間() タイトル 1986. 16 1990. 09 水曜日 20:00 - 20:54(54分) いい旅・夢気分 1990. 10 2001. 09 水曜日 19:00 - 19:54(54分) 2001. 10 2005. 03 水曜日 20:00 - 20:54(54分) 2005. 04 2010. 03 水曜日 20:00 - 21:00(60分) 2010. 07 2013. 18 水曜日 20:00 - 20:54(54分) 2013. 09 2015. 11 にっぽん! いい旅 脚注 [ ] []• 放送分より• 自動車内などの狭い場所では小型カメラを使用する関係からハイビジョン収録開始以降も長らく4:3SDのとなっていたが、現在は小型カメラでの収録もハイビジョン化されている。 2006年10月9日放送より• ただし、同時ネットでもでは番組連動データ放送は実施されていなかった。 2012年3月31日閲覧。 [ ]• 2006年4月11日. 2012年7月20日閲覧。 ただし、観光地の最寄までを鉄道で、駅前からはをその旅人が運転をするという企画は頻繁にある。 テレビドガッチ 2013年9月10日(当日閲覧)• nikkansports. com 2015年2月24日閲覧。 テレビ東京公式サイト、2015年11月3日閲覧。 テレビ大阪公式サイト、2015年11月3日閲覧。 テレビ東京公式サイト、2015年11月3日閲覧。 テレビ東京公式サイト、2015年11月3日閲覧。 テレビ東京公式サイト、2017年1月21日閲覧。 BSテレ東公式サイト、2018年11月25日閲覧。 過去の「いい旅・夢気分スペシャル」内で、太川陽介・蛭子能収の出演部分2回分 (2017年4月1日・2018年3月17日放送回)を再編集した内容。 当初は同枠で別番組を放送予定だったが、番組編成上の都合により休止となったため急遽編成された。 過去の複数回からVTRを抜粋し再編集した内容。 過去複数回から抜粋した旅VTRに、当時の旅人がリモート出演し新撮した部分 (当時のVTRを見ながらのトークや、現地の方とテレビ電話をする模様等)を加えて再編集した内容。 AUD担当回もあった• 過去はディレクター• 日経BPムック『いい旅・夢気分』P1より• 1989年10月の開局から• 1991年4月の開局から• 「…夢気分」時代は1987年9月26日でレギュラー放送終了し、以後は単発扱いで不定期放送。 4月から木曜日10:00 - 11:00に不定期で放送した後4月から放送日時を変更してレギュラー化。 BSJでは、2015年9月28日で最終回だったが、TXでの最終回放送分ではなく、「尻焼〜草津〜四万 秋のプチ湯治旅」だった。 『長野放送二十年の歩み』(1989年5月25日、長野放送発行)175pより。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 水曜20:00枠 前番組 番組名 次番組.

次の

にっぽん!いい旅

五大路子 伍代夏子

有名人名前だけデータベース現在約7500人掲載 LAST UPDATE 2020. 4 since1997. アートガーファンクル• アーネストホースト• アーノルドシュワルツェネッガー• アーノルドパーマー• 愛うえお• アイ・ジョージ• アイ高野• IVAN• I wish• 相内優香• 愛内里菜• 愛華みれ• 愛川欽也• 哀川翔• 相川七瀬• 愛川ゆず季• アイクぬわら• aiko• 愛甲猛• ICONIQ• あいざき進也• 相沢早苗• 相沢紗世• 相澤秀禎• 相澤仁美• 相沢まき• 相島一之• 相席スタート• 愛染恭子• 愛田健二• 相田周二• 相田翔子• 愛田武• 会田誠• 相田みつを• あいだもも• アイドリング!!! 相葉裕樹• 相葉雅紀• 相原コージ• あいはら友子• 相原勇• 相武紗季• あいみょん• 相本久美子• アイルトンセナ• アインシュタイン• アヴリルラヴィーン• アウンサンスーチー• 蒼井翔太• 葵司朗• 蒼井そら• あおい輝彦• 蒼井優• 葵わかな• 青木愛• 青木功• 青木和代• 青木さやか• 青木宣親• 青木崇高• 青木裕子• 青木謙知• 青木隆治• 青江三奈• 青芝フック• 青島健太• 青島達也• 青島広志• 青島美幸• 青島幸男• 青空球児• 青空好児• 青田典子• 青田昇• 青野武• 青山和子• 青山剛昌• 青山繁晴• 青山孝• 青山テルマ• 青山倫子• 青山ミチ• 青山めぐ• 赤井沙希• 赤井英和• 赤江珠緒• 赤尾敏• 赤川次郎• 赤木圭一郎• 赤木春恵• 赤座美代子• 赤坂晃• 赤坂小梅• 赤阪尊子• 赤坂七恵• 赤坂泰彦• 明石康• 明石家さんま• あがた森魚• アガタモレシャン• あかつ• 赤塚不二夫• 赤塚真人• 暁テル子• 赤西仁• 赤プル• 赤星昇一郎• 赤星憲広• 赤松愛• 赤松健• 揚田・あき• 阿川佐和子• 阿川弘之• 阿川泰子• あき竹城• 阿木耀子• 秋岡秀治• 秋川雅史• 秋川リサ• 秋沢淳子• 秋篠美帆• 秋田豊• AKINA• アキナ• 秋野太作• 秋野暢子• 秋庭豊• 秋本治• 秋元梢• 秋元才加• 秋元順子• 秋本奈緒美• 秋元康• 秋山エリカ• 秋山幸二• 秋山準• 秋山庄太郎• 秋山仁• 秋山武史• 秋山ちえ子• 秋山豊寛• 秋山眞人• 秋山祐徳太子• 秋山成勲• 秋山莉奈• 秋山竜次• 秋吉久美子• AKIRA• アキラ100%• 阿久悠• Aqua Timez• 芥川隆行• アグネスチャン• アグネスチョウ• アグネスラム• 曙太郎• アゴ勇• 浅井えり子• 浅井慎平• 浅井信雄• 浅尾美和• 朝岡聡• 朝岡実嶺• 麻丘めぐみ• 朝丘雪路• 浅丘ルリ子• 朝加真由美• 浅香光代• 浅香唯• 阿佐ヶ谷姉妹• 浅川マキ• 麻木久仁子• 浅草キッド• 浅倉大介• 麻倉未稀• 浅越ゴエ• 浅茅陽子• 朝青龍• 浅田次郎• 麻田奈美• 朝田のぼる• 浅田舞• 浅田真央• 浅田美代子• あさなぎりん• 浅野温子• 浅野史郎• 浅野忠信• 浅野八郎• 浅野ゆう子• 朝原宣治• 朝日奈央• 朝比奈彩• 朝比奈マリア• 浅見千代子• 麻美ゆま• 麻実れい• 浅利香津代• 浅利慶太• 浅利純子• 浅利陽介• あさりど• アジアン• 芦川よしみ• 芦田淳• あした順子ひろし• 芦田伸介• 芦田愛菜• 芦名星• 芦屋雁之助• 芦屋小雁• アジャコング• 阿修羅原• ASKA• 明日花キララ• 梓真悠子• 梓みちよ• 東京太・ゆめ子• 東信二• 東貴博• 東ちづる• 東千代之介• 東てる美• 東八郎• 東浩紀• 東幹久• 東関親方• 東野純直• 安住淳• 安住紳一郎• 汗かきジジィ• 麻生久美子• 麻生圭子• 麻生太郎• 麻生真宮子• 麻生祐未• 阿曽山大噴火• アダマウロ• あだち充• 安達祐実• 安達有里• 足立梨花• アダム徳永• アダモ• 新克利• 中孝介• 阿知波悟美• 厚切りジェイソン• ATSUSHI• 渥美清• 渥美二郎• アデル• 阿藤快• 阿刀田高• 穴井夕子• 阿南健治• アニー伊藤• アニータアルバラード• アニカソレンスタム• アニマル浜口• 亜仁丸レスリー• 姉歯秀次• 阿野伸八• あのねのね• あばれる君• アバンティーズ• あびる優• 虻川美穂子• アブドーラザブッチャー• 安倍昭恵• 安倍麻美• あべこうじ• 阿部幸太郎• 阿部サダヲ• あべ静江• 安部譲二• 安倍晋三• 阿部慎之助• 阿部知代• 阿部力• 安倍なつみ• 阿部寛• 阿部美穂子• 阿部祐二• 阿部義晴• 安倍里葎子• 阿部渉• 天木じゅん• 天久聖一• 尼神インター• 天園翔子• 天田俊明• 天知茂• 天地総子• 天地真理• 天津羽衣• 天野ひろゆき• 天野祐吉• 天野喜孝• 天海祐希• 天本英世• 甘利明• 網浜直子• あみん• 安室奈美恵• 雨上がり決死隊• あめくみちこ• AMEMIYA• 雨宮玖二子• 雨宮塔子• アメリカザリガニ• 綾瀬はるか• 綾田俊樹• 綾戸智恵• 綾野剛• 綾小路きみまろ• 綾小路翔• 綾部祐二• あやまんJAPAN• 鮎川いずみ• 鮎川誠• 荒井昭博• 新井恵理那• 新井薫子• 新井和響• 新井距久男• 荒井注• 新井浩文• 荒井広幸• 荒井美恵子• 新井康弘• 新垣仁絵• 新垣結衣• 荒川強啓• 荒川静香• 荒川良々• 荒木一郎• 荒木師匠• 荒木大輔• 荒木とよひさ• 荒木経惟• 荒木飛呂彦• 新木優子• 荒木由美子• 嵐寛寿郎• 嵐山光三郎• 新城幸也• アラジン• 新田真剣佑• 新珠三千代• あらぽん• 荒牧陽子• 荒俣宏• 亜蘭知子• アランドロン• アランプロスト• アリtoキリギリス• アリアナグランデ• 有賀さつき• アリス• 有川博• 有坂来瞳• アリスターオーフレイム• 有田気恵• 有田哲平• 有田芳生• 有野晋哉• 有馬稲子• 有村藍里• 有村架純• 有村昆• 有村智恵• 有森也美• 有森裕子• 有安杏果• 有吉弘行• アル・ゴア• アルパチーノ• アルカリ3世• アルコ&ピース• アルフレドカセーロ• アルベルトザッケローニ• アルベルト城間• アルベルトフジモリ• アレクサンダー• アレクサンダー大塚• アレックスラミレス• 淡口憲治• 淡路恵子• 淡島千景• 粟田麗• 粟津號• 淡谷のり子• アンハサウェイ• アンルイス• アンガールズ• 安西愛子• 安斎肇• 安斎勝洋• 安西ひろこ• 安西マリア• あんじ• アンジェラアキ• アンジェラ佐藤• アンジェリーナジョリー• アンジャッシュ• 安生洋二• 杏さゆり• ANZEN漫才• アンソニーホプキンス• アンタッチャブル• アンディウィリアムス• アンディオロゴン• アンディフグ• 安藤和津• 安藤勝己• 安藤サクラ• 安藤忠雄• 安藤玉恵• 安藤なつ• 安東弘樹• 安藤政信• 安藤美姫• 安藤美冬• 安藤桃子• 安藤百福• 安藤優子• アントキの猪木• アントニー• アントニオ猪木• アントニオ小猪木• アンドレアガシ• アンドレザジャイアント• アントニオ古賀• アントンウィッキー• 安奈淳• 庵野秀明• 安野モヨコ• アンラッキー後藤• アンリ菅野 い• イスンヨプ• イビョンホン• イアンソープ• JUMP• EHエリック• E-girls• 飯尾和樹• 飯島愛• 飯島直子• 飯島真理• 飯田圭織• 飯田覚士• 飯田蝶子• 飯田久彦• 飯塚悟志• イーデスハンソン• 飯豊まりえ• 飯沼誠司• イヴモンタン• 井浦新• 家入一真• 家入レオ• イエス玉川• 家田荘子• 井岡一翔• 井岡弘樹• 猪谷千春• 五十嵐いづみ• 五十嵐淳子• 五十嵐隼士• 五十嵐浩晃• いがらしゆみこ• 猪狩元秀• 猪狩ともか• いかりや長介• 井川慶• 井川遥• 井川比佐志• いきものがかり• 生稲晃子• EXIT• 生島ヒロシ• 生田悦子• 生田斗真• 生田竜聖• 生田智子• 井口成人• イクラちゃん• 池内淳子• 池内博之• 池内万作• 池江璃花子• 池上彰• 池上季美子• 池澤夏樹• 池澤春菜• 池添謙一• 池谷直樹• 池谷亨• 池谷幸雄• 池田貴族• 池田清彦• 池田秀一• 池田大作• 池田鉄洋• 池田信夫• 池田昌子• 池田政典• 池田まさる• 池田満寿夫• 池田勇太• 池田理代子• 池津祥子• 池永正明• 池波志乃• 池乃めだか• 池部良• 池山隆寛• 池脇千鶴• 生駒里奈• 伊坂幸太郎• 井崎脩五郎• 伊崎充則• 勇直子• 伊佐山ひろ子• 井沢八郎• 井沢満• IZAM• 伊沢拓司• 伊沢利光• 伊沢弘• 井沢元彦• 石井明美• 石井一久• 石井和義• 石井久吾• 石井愃一• 石井慧• 石井琢郎• 石井竜也• 石井トミコ• いしいひさいち• 石井浩郎• 石井正則• 石井めぐみ• 石井苗子• 石井光三• 石井好子• 石井亮次• 石垣佑磨• 石神秀幸• 石川亜沙美• 石川佳純• 石川浩司• 石川さゆり• いしかわじゅん• 石川次郎• 石川セリ• 石川敏男• 石川ひとみ• 石川牧子• 石川優子• 石川梨華• 石川遼• 石倉三郎• 石黒彩• 石坂浩二• 石黒賢• 石黒浩• 石田明• いしだあゆみ• いしだ壱成• 石田衣良• 石田純一• 石田太郎• 石田千尋• 石田ひかり• 石田弘• 石田靖• 石田ゆり子• 石立鉄男• 石塚英彦• 石塚義之• 石野卓球• 石野真子• いしのようこ• 石ノ森章太郎• 石鍋裕• 石破茂• 石橋杏奈• 石橋エータロー• 石橋正次• 石橋貴明• 石橋保• 石橋凌• 石橋蓮司• 石原さとみ• 石原詢子• 石原慎太郎• 石原伸晃• 石原まき子• 石原真理子• 石原裕次郎• 石原良純• 石原里紗• 石丸幹二• 石丸謙二郎• 石嶺聡子• 石渡のり子• 伊集院静• 伊集院光• イジリー岡田• 維新力• 泉麻人• 泉アキ• 泉アツノ• 泉重千代• 和泉修• 和泉節子• いずみたく• 泉ピン子• 和泉雅子• 和泉元彌• 泉和助• 泉川ピート• 泉谷しげる• 伊勢浩二• 伊勢志摩• 伊勢正三• 伊勢谷友介• 磯田道史• 磯野貴理子• 磯山さやか• 井田由美• 板井典夫• 板尾創路• 板垣恵介• 板倉俊之• 板倉宏• 板野友美• 伊丹幸雄• 伊丹十三• 板谷由夏• 市井紗耶香• 市井由理• 市川勇• 市川右太衛門• 市川海老蔵• 市川猿之助• 市川亀治郎• 市川崑• 市川左団次• 市川紗椰• 市川準• 市川春猿• 市川昭介• 市川森一• 市川染五郎• 市川団十郎• 市川実日子• 市川実和子• 市川由衣• 市來玲奈• 市毛良枝• 135• 市田ひろみ• 一谷伸江• 伊秩弘将• 逸ノ城• 一戸奈未• 市原悦子• 市原隼人• 市原利夏• 市村正親• 伊調馨• 伊調千春• イチロー• 一龍斎貞水• 一龍斎貞友• 一路真輝• 五木ひろし• 五木寛之• IKKO• いっこく堂• ISSA• 一色紗英• イッセー尾形• 井筒和幸• 伊津野亮• 逸見太郎• 逸見政孝• いつもここから• 五輪真弓• 井出洋介• 井手らっきょ• 出光ケイ• 射手矢侑大• 糸井重里• 糸山英太郎• いとうあさこ• 伊藤淳史• 伊藤一朗• 伊藤かずえ• 伊藤克信• 伊藤国光• 伊東浩司• 伊藤沙莉• 伊藤さおり• 伊藤咲子• 伊藤修子• 伊東四朗• いとうせいこう• 伊藤高史• 伊藤隆行• 伊藤多喜雄• 伊藤つかさ• 伊東勤• 伊藤俊人• 伊藤利尋• 伊藤敏博• 伊藤英明• いとうまい子• 伊東美咲• 伊藤みどり• 伊藤美誠• 伊藤裕子• 伊東ゆかり• 伊藤由奈• 伊藤芳朗• 伊藤蘭• 井戸田潤• 因幡晃• 伊奈かっぺい• 稲垣啓太• 稲垣吾郎• 稲垣潤一• 稲垣美穂子• 稲川淳二• 稲川素子• 175R• 稲田朋美• 稲葉浩志• 稲葉義雄• 稲増龍夫• 稲村亜美• 稲本潤一• 稲森いずみ• 稲盛和夫• 猪苗代湖ズ• 乾貴美子• 犬塚弘• 犬山イヌコ• 井上あずみ• 井上和彦• 井上康生• 井上公造• 井上咲楽• 井上聡• 井上茂徳• 井上順• 井上純一• 井上大輔• 井上貴子• 井上堯之• 井上雄彦• 井上竜夫• 井上トシユキ• 井上尚弥• 井上晴美• 井上マー• 井上真央• 井上真樹夫• 井上裕介• 井上陽水• 井上芳雄• 井上和香• 伊野尾慧• 猪口邦子• 猪瀬直樹• 井ノ原快彦• 猪俣公章• 伊原剛志• 伊原春樹• 井原正巳• 伊原六花• イビチャオシム• 依布サラサ• 伊武雅刀• 伊吹吾郎• イベンダーホリフィールド• 今いくよ• いま寛大• 今喜多代• 今くるよ• 今井恵理• 今井絵理子• 今井翼• 今井華• 今井正人• 今井雅之• 今井美樹• 今井通子• 今井メロ• 今井ゆうぞう• 今市隆二• 今泉清保• 今岡誠• 今田耕司• 今田美桜• 今田竜二• 今出東二• 今福将雄• 今宮純• 今村昌平• 今村ねずみ• 今村雅美• 今村豊• 今村良樹• IMALU• 忌野清志郎• イメルダ夫人• 芋洗坂係長• イモトアヤコ• 井森美幸• 井山裕太• 伊良部秀輝• 入江慎也• 入江雅人• 入江陵介• 入江若葉• 入川保則• イルカ• イルハンマンスズ• 岩井小百合• 岩井志麻子• 岩井俊二• 岩井ジョニ男• 岩井半四郎• 岩井勇気• 岩井由紀子• 岩井友見• イワイガワ• 岩男潤子• 岩尾望• 岩上安身• 岩城徳栄• 岩隈久志• 岩合光昭• 岩佐真悠子• 岩崎加根子• 岩崎夏海• 岩崎紘昌• 岩崎ひろみ• 岩崎宏美• 岩崎良美• 岩城滉一• 井脇ノブ子• 岩沢厚治• 岩下志麻• 岩下尚史• 岩田暁美• 岩田さゆり• 岩田剛典• 岩田ミユキ• 岩田康誠• 岩谷テンホー• 岩見隆夫• 岩永徹也• 岩本恭生• インスタントジョンソン• いんちき番長• インパルス• インリンオブジョイトイ う• ヴァンゲリス• with T• ヴィダルサスーン• ウィラポンナコンルアンプロモーション• ウイリー沖山• ウイリエムルスカ• w-inds. UVERworld• ウーマンラッシュアワー• 植木等• 植木通彦• 植草一秀• 植草克秀• 宇江佐りえ• 上坂すみれ• 上島竜兵• 上杉香緒里• 上杉隆• ウエストランド• 上田昭夫• 上田馬之助• 上田吉二郎• 上田耕一郎• 上田慎一郎• 上田晋也• 上田竜也• 上田哲• 上田正樹• 植田まさし• 上田まりえ• 上田桃子• 上戸彩• 上西小百合• 上野健一• 上野樹里• 上野雅恵• 植野行雄• 上野由岐子• 上原亜衣• 上原謙• 上原浩治• 上原さくら• 上原多香子• 上原ひろみ• 上原美優• 植松晃士• 上村愛子• 植村花菜• 植村直己• 上柳昌彦• ウエンツ瑛士• ウォーレンクロマティ• 魚住りえ• ウォンビン• 宇梶剛士• 宇垣美里• ウガンダ• ウサインボルト• 宇崎慧• 宇崎竜童• 潮哲也• 氏神一番• うじきつよし• 牛島和彦• 宇治原史規• 後川清• うしろシティ• 臼井儀人• 臼田あさ美• ウタピピヒ• 宇多田照實• 宇多田ヒカル• 歌広場淳• 宇多丸• 内博貴• 内海光司• 打首獄門同好会• 内柴正人• 内田明里• 内田篤人• 内田恭子• 内田春菊• 内田樹• 内田博幸• 内田真礼• 内田眞由美• 内田康夫• 内田裕也• 内田有紀• 内田理央• 内館牧子• 内野聖陽• 内間政成• 内村航平• 内村光良• 内山信二• 内山理名• 内山田洋• 宇津井健• 宇都木員夫• ウッチャンナンチャン• 宇都宮隆• 宇都宮まき• 宇都宮雅代• 内海桂子• 内海賢二• うつみ宮土理• 内海好江• ウディアレン• ウド鈴木• 有働由美子• 宇徳敬子• 海原小浜• 海原はるかかなた• 海原やすよともこ• 宇仁菅真• 宇野重吉• 宇野昌磨• 宇野宗佑• 宇野なおみ• 宇野勝• 宇野ゆう子• 宇能鴻一郎•

次の