ギガらくwi-fi 解約。 NTT東日本が提供するギガらくWi

ギガらくwi

ギガらくwi-fi 解約

NTTの法人向けサイトでは次のように説明されています。 オフィスや店舗で役立つ機能に加え、プロによる導入から運用までのサポートが付いた、安心・カンタン・すぐに使えるWi-Fiサービスです。 引用: ギガらくWi-Fiについて、詳しくみていきましょう。 NTTのギガらくWi-Fiはオフィス・店舗など法人向けのサービス NTTのギガらくWi-Fiは、家庭向けではなく、企業やお店のWifiとして提供されているサービスです。 情報の管理やセキュリティといったことを考えると、 オフィスや店舗では家庭用と同じ環境での通信はあまり向いていません。 また、利用人数が多いと回線が混雑し、通信速度が落ちるといったことも考えられます。 仕事で使うにしても、お客として店舗のWifiを利用するにしても、速度の遅いWifiはあまり使いたくありませんよね。 そこで法人向けのサービスとしてNTTから提供されているのが、ギガらくWi-Fiです。 NTT東日本や西日本ではなく代理店が電話勧誘をしてくるケースが多い 新たに職場を置いた時や、お店を開いた時に、光回線や光電話の契約と同時にギガらくWi-Fiを案内されて契約するといったパターンが一般的。 ただ、中にはNTT東日本や西日本の担当者ではなく、 固定回線系の代理店が電話勧誘してくるケースが後を絶ちません。 最近は在宅ワークやフリーランスで仕事をしている人を狙った勧誘もあるようで、「とりあえず料金は少し高くなるけど利点が多いのであれば」とよく分からないまま契約してしまう人も。 契約書等に内容や解約金が全て書かれているとはいえ、固定回線関係の書類は、素人目に分かりづらく、後になって慌ててクーリングオフやキャンセル手続きをするパターンが多いです。 実際、NTT東日本の公式サイトには勧誘の電話や訪問による契約による専用の窓口を解説し、対応に当たっています。 NTT東日本におきましては、弊社の提供するサービス(フレッツ光等)に関する勧誘の電話や訪問につきまして、お客さまから停止して欲しい旨のご依頼を頂いた場合、これまでも再勧誘停止登録を行ってきたところですが、この度、新たに再勧誘停止登録を受け付ける専用の窓口を開設することといたしました。 つきましては、弊社及び弊社代理店からのフレッツ光等に関しての勧誘停止をご希望の際は、下記窓口までご連絡ください。 引用: ギガらくWi-Fiを契約するメリットやデメリットをしっかりと把握していれば、契約後に焦る必要はないですよね。 この後の章でしっかりと抑えておきましょう。 ギガらくWi-Fiを契約するメリット ギガらくWi-Fiを契約するメリットは、次の通りです。 4GHz] 150Mbps 11a 5GHz 54Mbps 11g 2. 4GH 54Mbps 11b 2. 無線LAN規格は周波数帯やスピードに応じて分かれており、新しい規格が出るにつれて通信や変調方式が新しくなり、最大通信スピードも上がってきています。 普段はあまり見かけない文字列ですが、無線LANルーターやポケットWifiなどの製品詳細やスぺックを見ると必ず記載されているので、一度探してみてください。 例えば、どんなときもWiFiの端末D1 U2s は「IEEE802. 機器の下り最大速度が150Mbpsであることからも、D1 U2s 端末は11nの5. 0Ghzの周波数帯を使えないことが読み取れますね。 ギガらくWi-Fiを契約するとIEEE802. 1acに対応した機器を設置してもらえるため、速い速度での通信が可能となります。 接続できる端末はMACアドレスで指定できるため情報の漏えいを防げる ネットを使う全ての機器には世界で唯一のアドレスである「 MACアドレス」が割り当てられています。 そのアドレスを指定登録しておけばそれ以外の端末からの接続が拒否されるため、 登録外の怪しい端末からのアクセスや情報漏えいを防ぐことが可能に。 ただ、iPhoneはiOS8以降からMACアドレスが定期的に変更される仕様に変更されており、一度登録したMACアドレスが後日変更されている現象が起きてしまうので注意してください。 iPhoneのMACアドレスは、「設定」>「一般」>「情報」>「Wi-Fiアドレス」から確認できます。 電源とLANケーブルを繋げるだけでネット環境を整備できる 引用: 元から光回線を引いていれば、契約後は設定済みのWi-Fiアクセスポイント装置を設置するだけでギガらくWi-Fi環境を整備することが可能です。 再度大規模な工事をする必要がないため、工事費として多額の費用を支払ったり、店舗の営業を止めたりしなくても良いのは助かりますね。 アクセスポイント1台で50台まで接続できる 引用: 同時接続数はポケットWifiでは5台から15台程度、無線LANでも10台前後までが目安とされていますが、 ギガらくWi-Fiならスマホやタブレット、パソコンなど端末を問わず装置1台あたり約50台まで接続できます。 なお、座席の位置や通信内容等によって、同時接続台数は変動するため、Wi-Fiから遠い席での利用は諦めてもらうか、目的に応じて2台目の設置の検討も必要になるかもしれません。 従業員向けと来訪者向けにWi-Fiを使い分けられる 引用: 来訪者にWiFiを使ってもらう時に気になるのが セキュリティや情報漏えい。 インターネット上の社内システムに接続されるのはちょっと困りますよね。 ギガらくWi-Fiであれば、同じアクセスポイント装置から従業員用と来訪者用でWi-Fiを分けて提供できるため、そういった心配も要りません。 cisco製のルーターでハイエンドプランやハイエンドExプランを使える 引用:「ギガらくWi-Fi「」 「ハイエンドプラン」「ハイエンドプランExプラン」は、基本のギガらくWi-Fiプランよりもできることが多いプランです。 cisco製の薄平なWi-Fiアクセスポイント装置を使って通信します。 ハイエンドプランやハイエンドExプランを利用すると、次のようなことが可能となります。 Facebookのチェックイン機能を使ったWi-Fi接続• ダッシュボード機能• 指定webサイトの表示• 公衆Wi-Fiの接続認証方法を多様にできる とくに「Facebookのチェックイン機能」「ダッシュボード機能」について確認していきましょう。 FacebookのチェックインでWi-Fiを利用できる この機能は、 店舗のFacebookページにある「チェックイン」を選択することで店舗のWi-Fiを利用できるというもの。 利用客がパスワードなどを打ち込む手間なくWi-Fiが使えるため、「使いやすい、便利」といった印象を持ってくれるかもしれません。 」というお知らせが友達のタイムラインに流れることで、そのまま 店舗の宣伝もしてもらえます。 店舗としてもこの機能を使ってWi-Fiを利用した 人数やプロフィール情報を収集することができるため、年齢層などに応じて商品を変更するなど、得た情報を宣伝や戦略に生かすことも可能です。 WiFiの電波をキャッチして店舗の訪問頻度や滞在時間を把握することができる 引用: ダッシュボード機能では、 「通信トラフィック」「Wi-Fiを利用したアプリケーションの種類」「来訪者数」「滞在時間」といった情報を自動的に解析したうえで教えてくれる機能です。 店舗の利用者がWi-Fiに接続しなかったとしても、アクセスポイント装置が周囲のWi-Fi電波を検知して認識し、分析してくれるため、自動的にターゲット層情報を得ることが可能になります。 人の出入りが多い飲食店では、人数や年齢層を後で集計するのも一苦労です。 こういった機能を利用すれば、 利用者の実態を短時間で分析できるので助かりますね。 NTTギガらくWi-Fiの ギガらくWi-Fiを契約するデメリット ギガらくWi-Fiを契約するデメリットは、次の通りです。 月額費用が高額になりやすい• 機器や配線の設置を依頼すると費用が発生• ハイエンドプランは2年契約では割高になる• 5年契約は正直長すぎる• 途中解約時の解約金が高額• 解約金を一括請求される 一つずつ確認していきましょう。 勧められるがままに契約すれば月額費用が高額になり大変なことになる メリットを見る限り、ギガらくWi-Fiを契約した方が従業員側も客側としても助かりそうなことは多いです。 ギガらくWi-Fiには、カメラオプションやリモートアクセスオプションなど、あったら便利そうなオプションがずらりとあるため、おすすめされるままに契約すると月額料金が高額になってしまうかもしれません。 料金 備考 月額利用料 3,050円 [プラン2] フレッツ光ネクスト ギガマンション ・スマートタイプ 【光配線方式のみ】 プロバイダ サービス 500円 プロバイダパック ハイエンド プラン 3,630円 5年 カメラ オプション 2,750円 2年 訪問 オプション 550円 装置1台あたり リモート アクセス 4,950円 5年 LAN給電 オプション 440円 5年 合計 15,870円 合計額は15,870円となり、通常の回線契約よりも月額料金がかなり高くなってしまいますね。 オプション利用は、本当に必要なのかを考えたうえで契約するようにしましょう。 ただNTT側にそれらを依頼すると、各工事内容に応じた費用が掛かります。 導入費用を少しでも抑えたければ、装置の設置などはできるだけ自分で行いましょう。 参考:NTT東日本「」 ハイエンドプランは2年契約では割高になるが、5年契約は正直長すぎる 契約する時に気にしておきたいのが、契約やオプション自体の最低利用期間です。 ハイエンドプランへの変更も可能な 「ベーシックプラン」やシンプルな 「ライトプラン」、使える機能が増える 「ハイエンドプラン」や 「ハイエンドExプラン」です。 「ベーシック」と「ライト」は最低利用期間が24ヶ月で月額料金もそこまで高くありません。 できれば少しでも料金の安い5年契約をしたいですが、 企業や店舗で5年という年数を考えた時に、どうなっているか分からない先のことを考えて契約できるかは悩むところです。 Exプランにもなると、2年と5年では1ヶ月3,300円の差額があり、年間4万円の差額が生まれます。 特に、リモートアクセスオプション 2年 は、残月数に6,050円を乗じた解約金が掛かってくるため、できるだけ解約時のことも考えて契約したいですね。 NTTのギガらくWi-Fiの解約方法 ギガらくWi-Fiの解約方法について確認していきます。 ギガらくWi-Fiの解約はクーリングオフ制度を使える? クーリング・オフ制度は、電話や勧誘を受けて契約してしまった場合や、相手の説明が不十分であった時に利用できる制度です。 残念ながら、インターネットなどの電気通信サービスは、基本的にはクーリング・オフ制度の対象外であるため、たとえ電話や勧誘を受けて契約した場合でも、制度を利用した解約はできないことになっています。 それでも、電気通信サービスでは 8日以内に解約手続きをすることで違約金負担が無くなる「 初期契約解除制度」を利用できる場合もあるので、まずは 契約先に解約の旨を連絡してみてください。 ギガらくWi-Fiの解約は0120-116-116に問い合わせを NTT東日本と契約した場合は「0120-116-166」に、NTT西日本と契約した場合は「0120-765-000」に解約の旨を問い合わせてみましょう。 【ギガらくWi-Fi解約連絡先】 NTT東日本【連絡】0120-116-116 NTT西日本【連絡】0120-765-000 9時~17時、土日祝日も営業 NTTと直接契約せず正規代理店で契約した場合は、代理店を優先して連絡してください。 必要であればNTT本社、消費生活センターに連絡を 「正規代理店から申し込んだつもりで、どうやらNTTを語る怪しい代理店と契約してしまった…。 」という時は、必要に応じてNTT本社や消費生活センターに連絡をしましょう。 NTTでは正式に相談フォームを設置しており、消費生活センターでも対応してもらえます。 NTTにたらい回しにされるなどの対応を取られてしまった時は、総務省の「」へ連絡するのも方法の一つです。 できるだけこういった手段が必要にならないよう、契約時に契約先や契約書の内容をよく確認しておくことが大切だね。 参考:NTT東日本「」 NTTのギガらくWi-Fiの勧誘には気を付けて NTTのギガらくWi-Fiのメリット・デメリットや解約違約金、解約方法について解説してきました。 自宅でもっさりな通信をしている私からすると、仕事中にギガらくWi-Fiでネットを使えるとかなりのサクサク感に感動しますし、PDFや画像のダウンロードも速くて助かっています。 ネットを使った作業の多い企業や、Wi-Fiが使えることをウリにしたい店舗であれば、導入によって快適な通信環境を作れるでしょう。 ただ、途中解約時の違約金は、契約残月数やオプションが多いほど高額になりやすいので、契約時は先々のことまで考えたうえで検討するようにしてください。

次の

ギガWi

ギガらくwi-fi 解約

インターネット加入ですが今ではあまりにも多くの接続会社があり、悩んでいる人も多いことでしょう。 インターネット加入は勧誘も盛んでキャンペーンも大々的に行っています。 また新しい商品が続々出ており、そちらも注目したいところです。 幸い更新月は2年か3年で設定されているのでそのタイミングで乗り換えを検討するといいでしょう。 ちょうどそのころには仕様なども変わっている可能性があります。 ところでみなさんは「ギガらくWi-Fi」というサービスをご存知でしょうか?ギガらくWi-Fiはオフィス向けサービスとなっており、オフィスや店舗経営をしている人から通目されているサービスです。 またMM総研対象2016の受賞でも話題となっています。 話題性もさることながら、性能などのついても気になるところです。 会社でインターネットを利用する場合、社内LANを組んだり複数の回線を入れたり、個人利用とは異なる設定が必要な場合も少なくありません。 これらを自分でやった方がお得なのか、はたまたギガらくWi-Fiを導入した方がメリットがあるのか?その点も気になるところです。 ここではギガらくWi-Fi評判や設定、解約方法などを紹介したいと思います。 ギガらくWi-Fiについて ギガらくWi-Fiに興味がある経営者もいるかと思います。 ギガらくWi-Fiはオフィス・店舗向けサービスであり、オフィスユーザーにとって最適なインターネットサービスです。 ギガらくWi-Fiではルーターを設置すると 50台もの端末をWIFIで利用できます。 また距離についても25m以内で利用できることから1Fや2F、3Fなどオフィス階が異なるスペースでも共有できるのです。 社内LANについてはルーターやLANケーブルを利用して接続するというのが従来のやり方です。 このやり方は有線LANの利用でインターネット利用としても 接続確率がアップしとてもいいやり方となっています。 しかしLANケーブルの配置が面倒だったり、 ケーブル自体が邪魔といった声も少なくありません。 整理整頓も必要ですし、掃除などでもケーブルは邪魔です。 今の時代、光回線が当たり前に利用され有線LANでなくても普通に業務でインターネットを利用するなら無線LANで十分機能がなされるのも事実です。 邪魔なケーブルは使いたくないといった声はよく理解できます。 ギガらくWi-Fiの特徴ですが無線LAN規格 「IEEE802. 11ac」に対応していることから速度が速いといった特徴があります。 WIFIでも複数接続でも速度にストレスを感じることなく利用できるのは大きなメリットです。 セキュリティについてもしっかり確保されており、外部の侵入を防ぐ役割があります。 アクセスについても楽々アクセスできるのが特徴です。 ネットワーク名とパスワードでアクセスできるため外部のユーザーも気軽に利用できます。 このように多くの端末で手軽に利用できるのがギガらくWi-Fiの特徴です。 ギガらくwi-fiの評判は非常に悪い オフィスや店舗の経営者から注目されているギガらくWIFIですが、実は評判があまり良くないといった声が聞かれます。 MM総研対象2016を受賞するなど数々の功績がありながら、どうして良くない評判が立っているのでしょうか?その点も気になるところです。 ギガらくWIFIの評判を落としている理由をリサーチしてみると2つの理由が挙がっています。 1つ目は 「NTTを名乗る電話勧誘で加入したものの話が違う」、2つ目は 「解約しようとしたら10万円を超える違約金がかかると聞き、驚いた」というものです。 まず1つ目ですがこれは残念ながらよくあるパターンです。 今日も盛んにNTTの代理店からインターネット接続の電話勧誘が実施されている状況です。 ここで気を付けてほしいのは 「NTTは一切そうした勧誘はしていない」ということです。 では誰が電話勧誘をするのか?というとNTTの商品を取り扱っているNTTの代理店がそうした行動を起こしています。 NTTの代理店の中にはさもNTTのような口調で電話勧誘することも珍しくなく、またセールス内容も自分たちに都合のいい点しか述べずトラブルになる事例が後を絶ちません。 もうここまでくると詐欺の世界です。 こうした状況は実は珍しくなく、あまりにも被害が多いことから総務省が注意を促すほどの影響力です。 実際に商品元となっているNTTは悪いことをしているわけではないので関係ないといえば関係ないのかもしれませんが、本家としてもなんらかの対策を考えてほしいというのが業界人としても切実に願うところです。 NTTの代理店がNTTと名乗るのはいけない行為ではないか?と思いきや、NTTが正式に代理店に商品委託をしている(契約している)ことからNTTと名乗っても良いといった話も耳にします。 これもちょっと考え物ですね。 2つ目についてはギガらくWIFIの評判を著しく落としている点となるわけですが、 違約金がなんと利用1か月で106,200円、6か月で697,200円という高額な料金です。 個人接続のインターネットの解約金は高くても4万円前後といったところが多いのに対し、10万円前後の違約金はかなり高額と言えます。 これを回避するためには違約金がかからない状態であることがベストです。 それこそよく吟味してから加入しないと大変なことになります。 ギガらくWIFIについて擁護するわけではありませんが商品自体が悪いわけではなく、オフィスや店舗では大活躍できる商品となっています。 評判を落としているのは 電話勧誘の不当なセールスと違約金の高さが要因のようです。 そうなんです。 蓋を開けてみると商品は全く悪くなく、むしろ良いですよね。 それがセールスや解約などになるととたんに評判がガタ落ちで・・・。 これはちょっと考え物ですね。 批判されているのはギガらくwi-fiを営業している代理店の勧誘方法 ギガらくについてインターネットの情報を見てみると評判があまり良くありません。 なぜ評判が悪いのか?そちらも気になるところです。 評判が悪い理由ですがズバリ1番の原因は「営業している代理店」の影響と言えます。 インターネット接続ですが本家と呼ばれる提供元と、提供元の許可を得て販売している業者があります。 後者がいわゆる代理店です。 代理店が商品を販売するのは商品流通でも普通の話ですが、これが数年前から社会問題になっています。 特にインターネット接続は被害も深刻です。 インターネット接続の申し込みですがみなさんはどのように対応されているでしょうか?店舗で加入する人やインターネットから申し込む人、提供元に連絡して申し込む人などさまざまかと思います。 申し込みについては代理店の利用がおすすめです。 なぜなら本家よりも特典が多く、キャッシュバック率などが高いためです。 せっかく加入するならプレゼントをたくさんくれる代理店がいいというのが1つの理由です。 しかしながらこの代理店が全ていい代理店ではなく、 悪質な代理店があるのも事実です。 特にその傾向が高いのが電話勧誘を実施している代理店です。 パターンはいくつもありますが、例えばNTTの代理店ならNTTのような装いで電話したり、セールストークをきちんとしていないケースです。 セールストークについては「〇〇を利用するのに3000円ほどの費用がかかります」といった大事なことを伝えていなかったり、「こちらのサービスはオプションを追加する必要があります。 」など金銭負担での内容も少なくありません。 となるとユーザーとしては「この費用分の負担は聞いていない」ということになるわけです。 さらにNTTを装って電話しているとなると「NTTから電話でこの費用分の負担は聞いていない」という事態になってしまいます。 実際は 「NTTの代理店から電話でこの費用分の負担は聞いていない」というのが正解ですが、消費者はここでNTTのせいだと勘違いしてしまうわけです。 代理店のセールスについては違法な行為ではありませんが、正しくないセールスをしてさらに解約しようとしたらギガらくの場合、違約金が10万円を超える場合もあり、大変高額となっていることから消費者はあまりの負担額に驚くことが少なくありません。 1万円ならともなく、10万円となるとさすがに胃が痛くなるといった声も聞かれます。 お金だけの問題ではなく、こうしたあくどいセールスに対する怒りは収まらないことでしょう。 ギガらくの商品はいい商品なのにこうしたトラブルに巻きこまれた人は「ギガらくでえらい目にあった!」と怨恨を抱えることと思います。 こんなことの繰り返しでは評判も悪くなる一方で実際にインターネット上には悪口ばかり見当たるほどです。 なんとも心が痛みますがこうした営業がなされているのは事実でもあります。 そうなんです。 セールスの仕方をきちんとやっていればこんなトラブルはないのですが、なんとも心が痛むところですね。 電話勧誘についても法的な対策があるといいのですが・・・。 ギガらくの利用を検討されている方へ ギガらくについては評判があまり良くないといった声が聞かれますがその要因は代理店による電話勧誘と解約金が原因となっています。 ハイエンドプランなど違約金についても事前に調べておくといいでしょう。 ベーシックプランについても解約時の料金はリサーチしておくことをおすすめします。 タイプについてもさまざまありますが、こちらについても自分でよく吟味した上で利用を検討することが大事です。 代理店のスポンサーリンクなども含めて調べてみましょう。 ハイエンドプランバリュータイプの勧誘など契約については自己責任です。 自営業者として責任をもって契約することが大事です。 セールスの電話攻勢ですが 「電話勧誘からどんな甘い話が来ても契約しない」ということが大事でもあります。 最低利用期間などについてももしも解約することになったときのために、目を通しておくことが大事です。 残念ながら悪質販売勧誘が後を絶たない状態で相変わらず消費者センターに苦情の電話が入っています。 無料など甘い言葉で集客して利用者は利用した時点で初めて自分の契約内容を知ったなんてことも少なくありません。 NTT代理店のセールスにひっかかっているのは主に年配者です。 自宅にいることが多かったり、固定電話を引いている家庭がメインとなっています。 そうした家庭では固定電話には十分気を付けて生活しましょう。 飲食店やオフィスにはギガらくWIFIはおすすめです。 オプションなどの情報もふくめて調べてみましょう。 内容の変更などももしものために調べておくといいでしょう。 質問はセールスに聞くのではなくサポートサービスに聞くのがベストです。 お客として利用するのですから、自分の大事な情報でもあります。 インターネット回線の乗り換えで検討している残月数など更新月についても確認するといいでしょう。 パスワードなども含めて利用の仕方も覚えておくと便利です。 会社向けにはハイエンドプランなど良いサービスもあります。 ギガらくについてはプラン自体は悪くないので自分で内容を熟知した上で検討してみるといいでしょう。 なんともひどい話ですが、商品はイメージが大事なのでこれもしょうがないのかもしれません・・・。 商品は悪くないので自分で内容を把握して契約を検討するといいでしょう。 ギガらくの便利機能について ギガらくの利用を検討されている方はどういった便利機能があるのか?も気になっているのではないでしょうか。 ギガらくの特徴は何と言っても端末の接続台数の多さです。 ギガらくでは最大50台の端末接続が可能となっています。 50台もの端末を利用するとなるとみなさんもご想像通り企業向けのサービスとなります。 小規模オフィスで利用したいサービスとして今後さらに注目を集めることでしょう。 ギガらくで50台もの端末が利用できるわけですがモバイル端末の同時接続機能がこの機能にあたります。 接続ですがwifiで行います。 Wifiのアクセスポイントを利用しパソコンはもちろんスマートフォンやタブレットで利用できます。 企業であれば従業員向けのパソコンはもちろんタブレットや携帯などでも利用することができます。 休憩時間など気軽にwifiを利用できるのはうれしいものですね。 ゲストが来た際も待合時間の際にwifI提供ができるといったメリットもあります。 ギガらくでは電波干渉防止機能も設置しています。 この機能はwifiの電波干渉が少ない無線のチャンネルを自動で選択するといった機能です。 Wifiの電波はいくつかの周波があります。 その中で電波干渉が少ないものを選ぶと電波も良好の状態となります。 電波干渉については接続トラブルの対象となります。 そのためなるべくなら電波干渉がない状態がベストというわけです。 ダッシュボード機能という機能もあります。 この機能は利用状況表示画面となっておりwifiの電波を検知するシステムでもあります。 このシステムでは来訪者数や滞在時間などの情報収集が可能です。 ページには専用webが表示され従業員の利用履歴や来訪者の履歴を調査できます。 インターネットの閲覧ですが自由に閲覧していいといったケースとそうではないケースがあります。 例えば仕事中に会社のパソコンを利用してプライベートのインターネット閲覧をするのは禁止している企業もあります。 勤務中のインターネット閲覧ですが勤務に関わるものならokという企業が多く、プライベート閲覧は気を付ける必要があります。 プライベート閲覧ですがこのように企業側がチェックする体制も整っています。 セキュリティの観点からもネット閲覧のurlは定期的にチェックした方が良いでしょう。 ウイルス感染や他の問題が発生した場合、企業だと特に責任は重くなります。 顧客情報流出などがあると莫大な損害につながりますし、顧客にも迷惑がかかります。 インターネットと言えばsnsの存在も欠かすことができません。 Snsを利用して友人や家族と連絡を取っている人もいることでしょう。 携帯はもちろんパソコン上でも必須アイテムです。 特に最近は仕事でもsnsの利用が目立ちます。 ギ ガらくにはフェイスブックのwifi機能もついています。 フェイスブックのwifi機能ですが店舗のフェイスブックページにチェックインするなどといったことが可能です。 自社のprにも役立つことでしょう。 日本ではフェイスブックは個人の連絡ツールであることが多いのですが、海外ではホームページとして活用していることも少なくありません。 ホームページとしても上手に利用したいところです。 フェイスブックなどウェブサイトについても日本語だけではなく英語も取り入れてみるといいでしょう。 英語を取り入れることでさらに閲覧を広げるきっかけになるかもしれません。 ギガらくのフェイスブックwifi機能についても上手に取り入れたいところですね。 WEBサイトですが閲覧の指定を行うことも可能です。 ショップなどでよくあるケースですがトップページに自社のサイトが開かれるようになっており、そこからアクセスする仕組みにするものです。 これだと自社のサイトのprにもなりますしうまくいけばネットショップの場合、購入者を引き出すポイントになる可能性もあります。 おすすめ商品の写真を載せておけば「こんな商品もあったんだ」と思うかもしれません。 日本はwifiの整備が遅い国でもあります。 有線が主体でありまた外向けのゲスト対応になっていないことが多いためwifiについてもようやく近年設置がスタートしたところです。 Wifiですがカフェやホテル、公衆wifiなどいくつかのスポットがあります。 海外旅行のゲストなど公衆wifiを利用する人も多いことでしょう。 そうなると認証機能が必王となります。 海外のゲストから人気なのが日本全国で接続可能なフリーwifiの「Japan Connected-free Wi-Fi」です。 こちらはNTTBP社が提供を手掛けておりアプリから利用できます。 メールやsnsの認証なども可能で手軽に利用できるサービスです。 インターネット事情についてもどんどん進化しています。 セキュリティ保護をしっかりしつつ外来のゲストも利用がしやすいよう工夫してみるといいでしょう。 そうですね。 ギガらくなど多数の機器に接続可能なWIFIも活躍が楽しみですね。 インターネットアクセスの変化について インターネット接続は今や欠かせないものです。 いつでもどこでもインターネット接続ができる環境が望ましいと考える人も多いことでしょう。 公衆WIFIについても発展しつつあり今後さらに活用が増えそうです。 WIFIについてもいくつかのタイプがあります。 無料でできる公衆WIFIもありますが、基本的には有料のものがほとんどです。 日本は特にセキュリティが厳重保護されているのでセキュリティ対策でも費用がかかります。 プランですが各社でさまざまなプランを提供しています。 ハイエンドプランバリュータイプなどもその中の1つです。 各社の営業で力を入れているものはおすすめ商品の可能性も高いです。 利用については最低利用期間が設置されておりこの期間がネックになるケースもあることでしょう。 最低利用期間は満了できるようなるべく心掛けたいところです。 乗り換えについては違約金がかかる場合も多いです。 プランですがベーシックプランなどもあります。 同じ会社内での変更は違約金の対象にならないケースもあります。 オプションなども有効利用できないか確認してみましょう。 業務での利用やお客さまへの提供などインターネット利用もさまざまです。 その中でもしっかり対応したいのがセキュリティです。 セキュリティについても今一度確認してみましょう。 インターネット乗り換えを検討している人は残月数についても調べてみるといいでしょう。 乗り換えについては通信速度への不満など理由はさまざまです。 ペナルティをいかに少なくするか?がポイントといえます。 ハイエンドプランなどプランについても進化しているので更新月を狙って乗り換えを検討するのも良いかと思います。 WIFIによって利用できる端末は異なります。 設定についても確認しておくといいでしょう。 費用についてもまちまちとなっています。 多くの端末で利用したい場合はギガらくなど多くの端末数に対応しているものを利用するといいでしょう。 インターネット接続関連の情報についても調べてみるといいでしょう。 無線LAN接続へのサービスなどさらに充実したサービスが増えています。 スポンサーリンクについても見てみるといいでしょう。 オフィスでインターネット接続を利用する場合申し込みの際に利用端末は最大どのくらいまで接続することが可能か?も確認してみましょう。 その上で料金や仕様を確認し利用のシュミレーションをしてみるといいでしょう。 またWIFiアクセスポイント装置についても目を向けてみましょう。 WIFIのアクセスポイントですが電子レンジなど電磁波の影響で損傷が出る場合もあります。 そちらについても確認が必要です。 クラウドについても人気のサービスです。 月額利用料も確認した上でクラウドサービスの利用も検討するといいでしょう。 ハイエンドExプランなどWIFiサービスはさらに充実しています。 NTT東日本でもWIFI関連のサービスを提供しているのでそちらと比較するのも良いでしょう。 料金ついては利用開始日かその開始月か?など会社によってルールが異なります。 事前に確認するといいでしょう。 LAN給電オプションやWIFi環境、LAN給電装置、アクセスポイントなどについてもチェックをお忘れなく。 今後さらに利用の幅は広がりそうですね。 ゲスト向けについても対応したいところですね。 ギガらくのサポートセンター ギガらくの契約ですがセールスマントークに乗せられてつい契約してしまったという人もいることでしょう。 「セールスマンから聞いていた話と違う!」と激怒されている方もいるかもしれません。 インターネット接続の代理店営業は社会的な問題となっており特に電話勧誘でのトラブルが後を絶たず総務省が注意を促す事態となっています。 このように状況はどんどんエスカレートしています。 しかし契約してしまった以上、なんとかしなくてはなりません。 解約するなり利用するなりそれぞれの判断が必要となります。 解約するとなると解約金がかかるケースも多く、負担金もバカにならないのでひとまず利用するという選択をする人もいます。 せっかく利用するならならうまく活用したいところです。 ギガらくですがオフィスに最適な商品であり、機能的に活用できる商品でもあります。 これはうまく利用したいところです。 ギガらくの利用ですがサポート体制が整っているのも魅力の1つです。 365日サポートしているのでトラブル時も安心して利用できます。 プライベートならともかく業務で利用するとなるとトラブルは迅速に対応することが大事であり、それこそ24時間気を抜くことができません。 そうしたことを考えてもトラブル対処についても万全の対応をとる必要があります。 インターネット接続のサポートセンターですがサポートセンターのバックアップ体制が良くないところや貧弱なところがあるのも事実です。 その点ギガらくはしっかりしたサポート体制となっており、利用企業から熱い支持を得ています。 サポート体制についても口コミなどで確認することができます。 評判が悪いインターネット業者は避けるべきですがギガらくであればそうした口コミがあまりないようなので利用継続を検討してみるのも良いかと思います。

次の

「ギガらくWi

ギガらくwi-fi 解約

NTTの法人向けサイトでは次のように説明されています。 オフィスや店舗で役立つ機能に加え、プロによる導入から運用までのサポートが付いた、安心・カンタン・すぐに使えるWi-Fiサービスです。 引用: ギガらくWi-Fiについて、詳しくみていきましょう。 NTTのギガらくWi-Fiはオフィス・店舗など法人向けのサービス NTTのギガらくWi-Fiは、家庭向けではなく、企業やお店のWifiとして提供されているサービスです。 情報の管理やセキュリティといったことを考えると、 オフィスや店舗では家庭用と同じ環境での通信はあまり向いていません。 また、利用人数が多いと回線が混雑し、通信速度が落ちるといったことも考えられます。 仕事で使うにしても、お客として店舗のWifiを利用するにしても、速度の遅いWifiはあまり使いたくありませんよね。 そこで法人向けのサービスとしてNTTから提供されているのが、ギガらくWi-Fiです。 NTT東日本や西日本ではなく代理店が電話勧誘をしてくるケースが多い 新たに職場を置いた時や、お店を開いた時に、光回線や光電話の契約と同時にギガらくWi-Fiを案内されて契約するといったパターンが一般的。 ただ、中にはNTT東日本や西日本の担当者ではなく、 固定回線系の代理店が電話勧誘してくるケースが後を絶ちません。 最近は在宅ワークやフリーランスで仕事をしている人を狙った勧誘もあるようで、「とりあえず料金は少し高くなるけど利点が多いのであれば」とよく分からないまま契約してしまう人も。 契約書等に内容や解約金が全て書かれているとはいえ、固定回線関係の書類は、素人目に分かりづらく、後になって慌ててクーリングオフやキャンセル手続きをするパターンが多いです。 実際、NTT東日本の公式サイトには勧誘の電話や訪問による契約による専用の窓口を解説し、対応に当たっています。 NTT東日本におきましては、弊社の提供するサービス(フレッツ光等)に関する勧誘の電話や訪問につきまして、お客さまから停止して欲しい旨のご依頼を頂いた場合、これまでも再勧誘停止登録を行ってきたところですが、この度、新たに再勧誘停止登録を受け付ける専用の窓口を開設することといたしました。 つきましては、弊社及び弊社代理店からのフレッツ光等に関しての勧誘停止をご希望の際は、下記窓口までご連絡ください。 引用: ギガらくWi-Fiを契約するメリットやデメリットをしっかりと把握していれば、契約後に焦る必要はないですよね。 この後の章でしっかりと抑えておきましょう。 ギガらくWi-Fiを契約するメリット ギガらくWi-Fiを契約するメリットは、次の通りです。 4GHz] 150Mbps 11a 5GHz 54Mbps 11g 2. 4GH 54Mbps 11b 2. 無線LAN規格は周波数帯やスピードに応じて分かれており、新しい規格が出るにつれて通信や変調方式が新しくなり、最大通信スピードも上がってきています。 普段はあまり見かけない文字列ですが、無線LANルーターやポケットWifiなどの製品詳細やスぺックを見ると必ず記載されているので、一度探してみてください。 例えば、どんなときもWiFiの端末D1 U2s は「IEEE802. 機器の下り最大速度が150Mbpsであることからも、D1 U2s 端末は11nの5. 0Ghzの周波数帯を使えないことが読み取れますね。 ギガらくWi-Fiを契約するとIEEE802. 1acに対応した機器を設置してもらえるため、速い速度での通信が可能となります。 接続できる端末はMACアドレスで指定できるため情報の漏えいを防げる ネットを使う全ての機器には世界で唯一のアドレスである「 MACアドレス」が割り当てられています。 そのアドレスを指定登録しておけばそれ以外の端末からの接続が拒否されるため、 登録外の怪しい端末からのアクセスや情報漏えいを防ぐことが可能に。 ただ、iPhoneはiOS8以降からMACアドレスが定期的に変更される仕様に変更されており、一度登録したMACアドレスが後日変更されている現象が起きてしまうので注意してください。 iPhoneのMACアドレスは、「設定」>「一般」>「情報」>「Wi-Fiアドレス」から確認できます。 電源とLANケーブルを繋げるだけでネット環境を整備できる 引用: 元から光回線を引いていれば、契約後は設定済みのWi-Fiアクセスポイント装置を設置するだけでギガらくWi-Fi環境を整備することが可能です。 再度大規模な工事をする必要がないため、工事費として多額の費用を支払ったり、店舗の営業を止めたりしなくても良いのは助かりますね。 アクセスポイント1台で50台まで接続できる 引用: 同時接続数はポケットWifiでは5台から15台程度、無線LANでも10台前後までが目安とされていますが、 ギガらくWi-Fiならスマホやタブレット、パソコンなど端末を問わず装置1台あたり約50台まで接続できます。 なお、座席の位置や通信内容等によって、同時接続台数は変動するため、Wi-Fiから遠い席での利用は諦めてもらうか、目的に応じて2台目の設置の検討も必要になるかもしれません。 従業員向けと来訪者向けにWi-Fiを使い分けられる 引用: 来訪者にWiFiを使ってもらう時に気になるのが セキュリティや情報漏えい。 インターネット上の社内システムに接続されるのはちょっと困りますよね。 ギガらくWi-Fiであれば、同じアクセスポイント装置から従業員用と来訪者用でWi-Fiを分けて提供できるため、そういった心配も要りません。 cisco製のルーターでハイエンドプランやハイエンドExプランを使える 引用:「ギガらくWi-Fi「」 「ハイエンドプラン」「ハイエンドプランExプラン」は、基本のギガらくWi-Fiプランよりもできることが多いプランです。 cisco製の薄平なWi-Fiアクセスポイント装置を使って通信します。 ハイエンドプランやハイエンドExプランを利用すると、次のようなことが可能となります。 Facebookのチェックイン機能を使ったWi-Fi接続• ダッシュボード機能• 指定webサイトの表示• 公衆Wi-Fiの接続認証方法を多様にできる とくに「Facebookのチェックイン機能」「ダッシュボード機能」について確認していきましょう。 FacebookのチェックインでWi-Fiを利用できる この機能は、 店舗のFacebookページにある「チェックイン」を選択することで店舗のWi-Fiを利用できるというもの。 利用客がパスワードなどを打ち込む手間なくWi-Fiが使えるため、「使いやすい、便利」といった印象を持ってくれるかもしれません。 」というお知らせが友達のタイムラインに流れることで、そのまま 店舗の宣伝もしてもらえます。 店舗としてもこの機能を使ってWi-Fiを利用した 人数やプロフィール情報を収集することができるため、年齢層などに応じて商品を変更するなど、得た情報を宣伝や戦略に生かすことも可能です。 WiFiの電波をキャッチして店舗の訪問頻度や滞在時間を把握することができる 引用: ダッシュボード機能では、 「通信トラフィック」「Wi-Fiを利用したアプリケーションの種類」「来訪者数」「滞在時間」といった情報を自動的に解析したうえで教えてくれる機能です。 店舗の利用者がWi-Fiに接続しなかったとしても、アクセスポイント装置が周囲のWi-Fi電波を検知して認識し、分析してくれるため、自動的にターゲット層情報を得ることが可能になります。 人の出入りが多い飲食店では、人数や年齢層を後で集計するのも一苦労です。 こういった機能を利用すれば、 利用者の実態を短時間で分析できるので助かりますね。 NTTギガらくWi-Fiの ギガらくWi-Fiを契約するデメリット ギガらくWi-Fiを契約するデメリットは、次の通りです。 月額費用が高額になりやすい• 機器や配線の設置を依頼すると費用が発生• ハイエンドプランは2年契約では割高になる• 5年契約は正直長すぎる• 途中解約時の解約金が高額• 解約金を一括請求される 一つずつ確認していきましょう。 勧められるがままに契約すれば月額費用が高額になり大変なことになる メリットを見る限り、ギガらくWi-Fiを契約した方が従業員側も客側としても助かりそうなことは多いです。 ギガらくWi-Fiには、カメラオプションやリモートアクセスオプションなど、あったら便利そうなオプションがずらりとあるため、おすすめされるままに契約すると月額料金が高額になってしまうかもしれません。 料金 備考 月額利用料 3,050円 [プラン2] フレッツ光ネクスト ギガマンション ・スマートタイプ 【光配線方式のみ】 プロバイダ サービス 500円 プロバイダパック ハイエンド プラン 3,630円 5年 カメラ オプション 2,750円 2年 訪問 オプション 550円 装置1台あたり リモート アクセス 4,950円 5年 LAN給電 オプション 440円 5年 合計 15,870円 合計額は15,870円となり、通常の回線契約よりも月額料金がかなり高くなってしまいますね。 オプション利用は、本当に必要なのかを考えたうえで契約するようにしましょう。 ただNTT側にそれらを依頼すると、各工事内容に応じた費用が掛かります。 導入費用を少しでも抑えたければ、装置の設置などはできるだけ自分で行いましょう。 参考:NTT東日本「」 ハイエンドプランは2年契約では割高になるが、5年契約は正直長すぎる 契約する時に気にしておきたいのが、契約やオプション自体の最低利用期間です。 ハイエンドプランへの変更も可能な 「ベーシックプラン」やシンプルな 「ライトプラン」、使える機能が増える 「ハイエンドプラン」や 「ハイエンドExプラン」です。 「ベーシック」と「ライト」は最低利用期間が24ヶ月で月額料金もそこまで高くありません。 できれば少しでも料金の安い5年契約をしたいですが、 企業や店舗で5年という年数を考えた時に、どうなっているか分からない先のことを考えて契約できるかは悩むところです。 Exプランにもなると、2年と5年では1ヶ月3,300円の差額があり、年間4万円の差額が生まれます。 特に、リモートアクセスオプション 2年 は、残月数に6,050円を乗じた解約金が掛かってくるため、できるだけ解約時のことも考えて契約したいですね。 NTTのギガらくWi-Fiの解約方法 ギガらくWi-Fiの解約方法について確認していきます。 ギガらくWi-Fiの解約はクーリングオフ制度を使える? クーリング・オフ制度は、電話や勧誘を受けて契約してしまった場合や、相手の説明が不十分であった時に利用できる制度です。 残念ながら、インターネットなどの電気通信サービスは、基本的にはクーリング・オフ制度の対象外であるため、たとえ電話や勧誘を受けて契約した場合でも、制度を利用した解約はできないことになっています。 それでも、電気通信サービスでは 8日以内に解約手続きをすることで違約金負担が無くなる「 初期契約解除制度」を利用できる場合もあるので、まずは 契約先に解約の旨を連絡してみてください。 ギガらくWi-Fiの解約は0120-116-116に問い合わせを NTT東日本と契約した場合は「0120-116-166」に、NTT西日本と契約した場合は「0120-765-000」に解約の旨を問い合わせてみましょう。 【ギガらくWi-Fi解約連絡先】 NTT東日本【連絡】0120-116-116 NTT西日本【連絡】0120-765-000 9時~17時、土日祝日も営業 NTTと直接契約せず正規代理店で契約した場合は、代理店を優先して連絡してください。 必要であればNTT本社、消費生活センターに連絡を 「正規代理店から申し込んだつもりで、どうやらNTTを語る怪しい代理店と契約してしまった…。 」という時は、必要に応じてNTT本社や消費生活センターに連絡をしましょう。 NTTでは正式に相談フォームを設置しており、消費生活センターでも対応してもらえます。 NTTにたらい回しにされるなどの対応を取られてしまった時は、総務省の「」へ連絡するのも方法の一つです。 できるだけこういった手段が必要にならないよう、契約時に契約先や契約書の内容をよく確認しておくことが大切だね。 参考:NTT東日本「」 NTTのギガらくWi-Fiの勧誘には気を付けて NTTのギガらくWi-Fiのメリット・デメリットや解約違約金、解約方法について解説してきました。 自宅でもっさりな通信をしている私からすると、仕事中にギガらくWi-Fiでネットを使えるとかなりのサクサク感に感動しますし、PDFや画像のダウンロードも速くて助かっています。 ネットを使った作業の多い企業や、Wi-Fiが使えることをウリにしたい店舗であれば、導入によって快適な通信環境を作れるでしょう。 ただ、途中解約時の違約金は、契約残月数やオプションが多いほど高額になりやすいので、契約時は先々のことまで考えたうえで検討するようにしてください。

次の