日 韓 関係 わかり やすく。 韓国併合条約とは? わかりやすく解説!

緊張状態がつづく日韓関係|レーダー照射問題をわかりやすく解説

日 韓 関係 わかり やすく

「主人公とヒロインの心が入れ替わってしまう」という主題はアニメやドラマでよくあるテーマだよね。 それでヒロインの身体のなかに心が入ってしまった主人公は「俺は女ではない!俺は俺だーー!!」と、 あるいは主人公の身体に心が入ってしまったヒロインは「私は男ではない!私は私だーー!!」と叫びたくなるだろう。 韓国併合条約もこれと同じ。 三度の日韓協約によって韓国を実質日本の一部にしてしまった。 外交も自由に行えるし、内政にもあーだこーだいえる。 もうほとんど日本じゃないか!! でも名前は韓国。 それじゃあ、叫んでしまえ、 「韓国はこれから日本になる!」 これが韓国併合条約なんだ。 とくに何をしたわけではない。 ただ「韓国はこれから日本だぞ!」と叫ぶ。 これが韓国併合条約なんだ。 それじゃあ、始めるよ! 「韓国」という国がなくなったとき いままでからとみてきたけれど、これらの協約だけで完全に韓国を併合したわけではなかったんだ。 つまり、「韓国」という国がなくなって、いままで韓国の領土だった場所が「日本」という名前になったわけではなかったんだ。 韓国の外交だとか政治にたいしてあーだこーだ言えるようにしても、いちおう「韓国」という国があった。 でも日本は最後の一歩、完全に韓国を併合する条約を結んでしまうんだ。 その条約とは1910年、 韓国併合条約(かんこくへいごうじょうやく)!! これで日本は韓国を併合したんだ。 わかりやすくいえば「韓国」という国が消えて、その場所が「日本」という国になったんだ。 植民地支配の拠点 日本は韓国を併合したあと、韓国の首都の名前(漢城)を変更してそこを植民地支配の拠点としたんだ。 その名前も 京城(けいじょう)!! そして、これまで漢城(京城)にあった統監府()も名前をかえたよ。 その名も 朝鮮総督府(ちょうせんそうとくふ)!!! 韓国ではなく、「朝鮮」だからね。 なぜかっていうと、韓国という国ではなくて、日本という国の「朝鮮」という地方になったから。 日本が日本(韓国)におこなった真実 韓国が日本の朝鮮という地域になったのだから、次にやることは、日本の国土がどうなっているのかを調査すること。 いまの感覚ではわかりにくいかもしれないけれど、土地を買うという感覚は近代化が進んでいない国ではあまりなじんでいなかった。 多少国が決めたルールは守っても自分で開拓した土地は自分の土地なんだ。 だって木を切り倒したり、雑草を刈ったり、そういった労働をしてやっと住めるようにした土地には愛着もわくだろうし、他の人が使う権利なんてないと思うでしょ? でも、それは許されないんだ。 「朝鮮地方にある土地はすべて日本のもの!だからちゃんとした手続きをして前の韓国から土地を手に入れた人しか土地の所有をできないからね!」 というのが日本の主張。 そこで行われたのが、 土地調査事業(とちちょうさじぎょう)!! 1910~1918年に行われたよ。 これによって朝鮮農民の没落が進んだんだ。 一部のひとたちは仕事をもとめて日本にやってくる。 このようにして日本は多くの土地を没収していったわけだけど、その土地を引き継いで、韓国最大の寄生地主となった国策会社は 東洋拓殖会社(とうようたくしょくかいしゃ)!!! これは1908年にできたよ。 手に入れた土地を利用して、農業だとか灌漑だとか金融だとかをどんどん運営していったんだ!.

次の

5分でわかる韓国併合。経緯、日本と韓国の主張などをわかりやすく解説

日 韓 関係 わかり やすく

問題の概要 『レーダー照射問題』とは、日本の哨戒機が韓国軍にレーダーによって突然ロックオンされたというものです。 2018年12月20日の午後3時ごろ、海上自衛隊P-1哨戒機が能登半島沖の日本のEEZ内で、国籍がわからない漁船と韓国海洋警察庁所属の警備艦やゴムボートを発見。 その近くにいた韓国海軍の駆逐艦から、哨戒機が数分間に何度も火器管制レーダーを照射されたのです。 一般的に使用されるレーダーは下記のように2種類あります。 ・火器管制 ・水上捜索 今回問題となっている火器管制レーダーは『攻撃用』で、標的としてミサイルが外れないように、そして追尾するように、PCでロックオンするときに使うもの。 『ロックオン』は、文字通り「あと1つスイッチ押したらミサイルが発射される」という状態であり、とても危険な行為です。 実際にアメリカは、過去にレーダー照射された報復としてイラクを爆撃したことも。 不測の事態を招きかねなかったとして、日本側は韓国の再発防止を強く求めています。 ぶつかる両国の主張 それでは、この問題に対する両国の主張についてみていきましょう。 両国とも動画を公開していますが、韓国が公開した反論動画のサムネイルでは哨戒機が低空飛行にしているようにみえるよう加工され、動画のほとんどは日本が公開したものの引用です。 韓国の主張 まずは、韓国の主張をみていきましょう。 ・日本海で遭難した北朝鮮漁船を探していた ・天気が悪く、捜索に射撃管制用レーダーを含んだ全レーダーを使用 ・レーダーは照射していない ・哨戒機が異常接近した ・無線は微弱で聞き取りづらく、近くの警備艇への通信と勘違い ・哨戒機には映像撮影用の光学カメラを使用、併せてレーダーが稼働しただけ レーダーの使用に対する韓国の主張は、上記のようにコロコロ変わっています。 また、無線の呼びかけについて韓国側は、「コリアコースト(韓国海洋警察)と訊いたので無視した」と主張しています。 日本の主張 日本の主張は以下の通り。 ・火器管制レーダー特有の電波を確認 ・国際法を遵守した高度と距離を飛行 ・緊急周波数も含めて3つの周波数を使って英語で呼びかけ ・天候も悪くなく、遠距離でもないため通信が微弱になることも考えづらい 一般的に、船の捜索なら、敵機をロックオンするレーダーではなく捜索用の水上レーダーを使うのが世界の常識です。 しかし、P-1哨戒機のデータを分析すると、ミサイルで対象を攻撃するときに使う火器管制レーダー特有の電波を確認。 さらには哨戒機に数分間向けられていたというデータも見つかっています。 これらのデータを証拠に、日本側は、日本の哨戒機に対して韓国が意図的にロックオンして追跡していたと主張しているのです。 また、無線について、日本側は「コリアコースト」という単語は使っておらず、「コリアサウスネイバーシップ(韓国海軍艦艇)」と呼びかけたと主張しています。 韓国のCUES違反 今回の韓国の行動は、CUESの国際的合意にあきらかに違反しています。 海上衝突回避規範(CUES)とは、2014年に日本・アメリカ・中国・韓国など海軍21カ国と合意した、『予期せずに他国の船と遭遇したときのルール』です。 CUESの主な内容は、2つ。 ・遭遇した場合は無線によって行動の目的を伝え合う ・射撃管制用レーダーを一方的に照射しない 今回の韓国の行動は、上記の2点ともクリアしていませんでした。 つまり、韓国はCUESに合意したにもかかわらず、国際間の合意を破ったのです。 レーダー照射問題|まとめ 両国の意見は全くと言っていいほど食い違っており、とくに韓国は、自らの正当性を訴えるものの明確な根拠がなく、主張がコロコロと変わっています。 さらには、『レーダー照射』の問題の解決を目指すどころか、韓国は無理に『低空飛行問題』に論点をずらし、強引に日本への謝罪を要求しています。 これほどまで冷え込んだ日韓関係が、今後どのような展開になっていくのか注視していきたいですね。

次の

韓国ってどんな国? 〜何かと日本と揉めている、だけども大事なご近所さん!韓国の特徴をわかりやすく解説!〜

日 韓 関係 わかり やすく

最新の日韓関係、韓国をホワイト国から削除 日本は2004年以降、韓国をホワイト国として扱っていましたが、8月未明より普通の国として扱うようにしました。 ホワイト国については別ページにてまとめました。 詳しく知りたい人は下記をどうぞ。 韓国をホワイト国から除外する経緯や韓国の反応をまとめたものは下記。 日韓関係が悪化した原因は韓国政府の反日活動 韓国大統領による竹島上陸、仏像盗難、天皇謝罪発言、慰安婦問題、レーダー照射。 一般市民の反日活動を加えたらきりがないので割愛。 (後でまとめるかも) その中でも、最も問題となっているのが徴用工訴訟問題。 平たく言うと国際法違反ですね。 日韓基本条約を破棄したと言っても良い判決です。 韓国の反日ニュースは昔からありましたが、ここ最近特に多い。 日本人からすれば、 自分を嫌いな人を好きになれる訳がない。 という意見が大半だと思います。 なぜ韓国は反日国家なのか?その理由とは ではなぜ韓国は昔から反日行為を繰り返すのか?原因は韓国が独立した頃の政権にあります。 日本の植民地支配(併合統治)で栄えた韓国。 「植民地時代の方が良かったよね」と国民に思われる訳にはいきません。 独立後の政権が生み出した苦肉の策が反日教育。 その反日政策は今も続いていて、韓国国民は漏れなく反日教育を受けて育っています。 日本は悪い国であり、悪い国から独立した韓国政府は正しい。 日本は今も反省していない悪い国。 そういう背景もあり、歴史においても日本と韓国は大きな違いがあります。 例えば韓国の歴史では、 「韓国は自力で独立した第二次世界大戦の戦勝国」になっているそうです。 想像以上に闇が深い。 左派政党の文在寅大統領 「日本は絶対悪」がベースにある韓国。 親日派として期待された朴槿恵前大統領が、就任早々「日本を千年恨む」と宣言して日本中がズッコケました。 そんな彼女でさえ、韓国では親日売国奴の烙印を押されてます。 そして、朴槿恵前大統領に親日のレッテルを貼り誕生したのが今の文在寅大統領。 彼は北朝鮮出身の両親を持つ親中親北の左派。 内政そっちのけで北朝鮮に尽くす韓国史上最も親中親北の大統領です。 彼が大統領になって2年経ちますが、日韓関係がここまで悪くなったのは文在寅大統領の功績じゃないでしょうか。 韓国に親日派は存在するのか 韓国人は揃いも揃って全員反日派なのかというと、実はそうでもありません。 有名な人でいえば朴槿恵前大統領の妹、朴槿令氏。 慰安婦の「強制連行」を否定したソウル大学の李栄薫教授。 つい最近ソウルの中心部で「徴用工判決は歴史歪曲」と演説した李宇衍研究員(李栄薫教授の弟子) 事実を知る韓国の年配の方には「日本の植民地統治は、良いことだった」と発言する人もいます。 不幸な事件が起きますけど。 インターネット上にはもっと沢山の親日・知日派韓国人がいます。 親北派と罵りあっていて、どっかの掲示板のようです。 今後の日韓関係はどうなるの? 親日・知日派が存在するとは言え、韓国のベースにあるのは残念ながら反日。 そこに親中親北の左派勢力が政権を取っているものだから、今の韓国は手に負えません。 今回のホワイト国除外の件も韓国にとっては 「日本の癖に生意気」となっていることでしょう。 南北統一しか頭にない文在寅大統領がいる限り、日韓関係は更に悪化すると予想できます。 仮に文在寅大統領が日本に擦り寄る態度を取ったら、国民・マスコミの槍玉に上げられるでしょうし。 かと言って今回ばかりは日本も引く様子がありません。 日本が韓国に対してここまで断固たる態度を取るのも史上初だと思います。 日本政府は対抗措置として100前後の選択肢をリストアップしているので、着々と進めていくでしょう。

次の