ドライバー プッシュ アウト。 ゴルフ ドライバーでプッシュアウトとチーピン、両方出るのはなんで?

《2019年》スライスしないドライバーはコレ! スライスの種類で合うクラブは違う

ドライバー プッシュ アウト

ドライバーのプッシュアウトはどうやって直してゆけばいいのでしょうか・・? 今回ご紹介するのはドライバーでのプッシュアウトになります。 プッシュアウト・スライスに関してはまた別の記事でご紹介したいと思います。 プッシュアウトとは、ターゲットよりも右へと飛んでゆくショットです。 (右利きの場合) 今回ご紹介するドライバーのプッシュアウトは普段はストレートボール又はドローボール(フック)を打っている方が対象になります。 さて、前置きが長くなりましたが、ドローボールが持ち球の方によくあるミスの1つがプッシュアウトです。 これには心理的な原因もあります。 左に行き過ぎると危ないと思った結果、ドロー回転を抑えようとして右へと打ち出してしまうことはよくあると思うんです。 ただ、このプッシュアウトが癖のようになってしまうと・・問題です。 そんな時のために良い練習方法があります。 この練習方法は全米オープンに優勝したジェフ・オギルビーも行っている練習です。 彼はドロー打ちで、ミスをする時は右へのミス(プッシュアウト)が多いのだといいます。 そんな時、彼が行う練習は: 1.まずいつも通りドライバーでアドレスをとります 2.前傾姿勢をやめて、真っ直ぐに立ちます(背骨を地面と垂直に) 3.ドライバーヘッドが体の前にくるように構えます 4.そのまま、野球のバットを振るようにドライバーを振ります ドライバーを地面と殆ど水平にして振ります。 バックスイングからフィニッシュまできちんと振ってゆきます。 真っ直ぐに立った場合でも右肩が左よりも少し下がっているようにして構えることもポイントだと思います。 ジェフ・オギルビーはこの練習を繰り返すことでドライバーのプッシュアウトを直し、力強いドライバーショットを取り戻すのだといいます。 ドライバーのプッシュアウトについてはにて原因や直し方についてまとめてありますので、よろしければ、そちらも参考になさってください。 その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。 一度ご覧になってみてください。

次の

プッシュスライスの原因と直し方

ドライバー プッシュ アウト

彼のスイングの特徴は両肩やスタンス向きをやや左を向いて、真っすぐヘッドを出して打っているという点。 要は右プッシュアウトを打っている感覚ですね。 アマチュアも経験があると思いますが、右プッシュのほうが当たりが強く非常に飛距離が出ると思います。 それを彼は常に実践しているのです。 最近のPGAツアープロはシャットフェース気味にヘッドを下ろしてくる傾向にあります。 そのまま振ってしまうと左へ引っかけてしまうため、少し体をオープンにしたほうが引っかけるリスクが減ります。 さらに左サイドの懐が広くなり左サイドの突っかかりがなくなるので、体の回転スピードを限りなく上げることとなります。 ヘッドスピードが上がるために強い弾道が打てるのです。 最近のヘッドは重心深度が深くて低スピン化傾向にあります。 フェースを早くボールに向けてしまいそのままスクエアな状態のままフォローを出していけば、長く球を押していけて飛距離アップにつながります。 フェースターンさせて飛ばすよりはフェースターンは控えめな方が、効率良く飛ばせるのです。 また、深い重心設計なので、インパクトロフトが増えて低スピン・高弾道の飛距離の出る球が打てますよね。 右プッシュ打法は今どきクラブ的にも非常に効率よく飛ばせる打ち方だと思います。 もちろん彼も他のプロ同様にインパクトで左ヒザを伸ばすジャンプアップの動きを取り入れることで、ヘッドスピードを上げているのも飛距離アップの要因となっていますが、彼の場合はやはり左を向いて真っすぐ打ち出す点は、他のプロとスイングにおいて一番異なる点ですね。

次の

プッシュスライスの原因と直し方

ドライバー プッシュ アウト

本日のゴルフレッスンは「プッシュアウトが飛ぶ理由」です。 プッシュアウトは飛ぶということを聞いたことがあると思います。 普段では飛ばないところまで飛んでしまうことも多く、プッシュしたときにカギってOBになってしまうこともあります。 プッシュしたときのOBはボールが果てしなく落ちてこない気がして初心者ゴルファーにとっては、OBはOBでも気持ちいいOBの部類に入ります(笑)。 少し長くなりますが、プッシュアウトの話の前にボールの飛び方の原理についてお話します。 もっと詳しく読みたい人はこちら ゴ ルフばかりではないのですが、1つのことに集中していると簡単なことでも見えなくなってくることがあります。 スライスを直すためにアウトサイドインに取り 組んだり、フェースが開いているので早い段階でフェースをスクエアに戻すことに注意を払ったりします。 確かにテークバックで開いたフェースは元に戻さなけ ればなりません。 開いたままではスライスしますし、閉じすぎるとヒッカケることになるはずです。 インサイドアウトに振れるようになり、フェースがスクエアに戻ることになれば、今度はフックします。 2つのことを同時に行なうとミスが消えてしまいますが、根本的に何が原因だったのかぼやけてしまいます。 2 つ同時に行なうのであれば、球筋と飛び出す方向に分けて考えるべきです。 球筋とは、大きく分けてフック・ストレート・スライスのこの3つです。 ボールがよ く飛ぶのはフック系で、練習場で必死になって取り組んでいるのがストレートボール、ボールが飛ばない悲しい球筋がスライスボールです。 フェー スの向きだけでボールの球筋が決まるわけではありませんが、最も影響を与えるのは確かです。 ストレートボールは、当然インパクトでフェースがスクエアに 戻って当たっていると考えられます。 フックボールはフェースが閉じてインパクト。 スライスボールはフェースが開いたままでインパクトと考えてください。 ボールの飛び出す方向は、スタンスの向きに大きく左右されるわけですが、これはあくまでスクエアに構えることができたときのことです。 スクエアに構えることが出来たと仮定した場合、ボール位置で考えてみましょう。 ボールが右側にある場合、ダウンスイングでは、まだインサイドからアウトサイドへの軌道上でインパクトを迎えることになりますから、ボールはインからアウトで右サイドへプッシュすることになります。 スイング軌道上の接線に対してフェースがスクエアに動いているのであればプッシュとなるわけです。 しかし、最初にアドレスしたときの「ターゲットに対してスクエア」と比較するとフェースは開いていることになりボールはスライスすることなくプッシュアウトで球筋はストレートに飛ぶことになります。 プッシュアウトが飛ぶのは、インパクトを迎えた後もクラブヘッドがスイング軌道上をしっかりと加速してボールを押すだけの軌道が確保できているからです。 これを上手に飛距離アップにつなげることができれば飛距離は圧倒的に伸びるはずです。 だからと言ってボールを右側に置きすぎるのも問題です。 右にボールを置くと体重移動がほとんど使えなくなり手打ちになりやすいのです。 体重移動ができないことで体の回転だけで飛ばすことになってしまいます。 みなさんは上記のことを頭に入れて飛距離アップにつなげてみてください。 あくまでも個人的な考えです。 やっぱりボールを叩くよりも体全体でボールを押すイメージを持ちたいものですね。 ではまた.

次の