ポケモン go リーダー アルロ。 【ポケモンGO】ロケット団のリーダー・アルロ対策!

【ポケモンGO】ロケットリーダー「アルロ」対策

ポケモン go リーダー アルロ

かくとう・みず・じめんタイプを連れていくのがおすすめです。 ペルシアンのわざ1を軽減できる グロウパンチ持ちルカリオやズルズキンが強力でオススメです。 2体目以降には、ドサイドン、ハガネール、エンテイと相性がいい ラグラージなどが便利です。 2体目がキングラーの場合はでんきタイプのライコウなどで別途対応が必要になりそうです。 サカキのバトル報酬 サカキを倒すとスペシャルリサーチのリワードとは別に、以下の報酬がもらえます。 回復アイテムの個数だけが変動する ロケットリーダーの対策ポケモン リーダーは強力な最終進化ポケモンを多用する上シールドも使うので、対策が重要になります。 vs クリフ かくとうやむし、じめんに耐性のあるポケモンが有効です。 じめんタイプに強いフリーザーなども有効です。 vs シエラ 「あく」タイプに効果抜群をとれる「かくとう」「むし」「フェアリー」タイプがおすすめです。 「くさ」や「かくとう」複合が目立つので、「ひこう」も有効になります。 vs アルロ 「ドラゴン」対策のマンムーや、リザードンやハガネールに強いラグラージ、「ひこう」に弱点がつきやすいバンギラスなどがおすすめです。 ロケットリーダーのバトル報酬 ロケットリーダーとのバトルに勝利すると以下の報酬がもらえます。 その中でも2種類の活動時間があることが推定され、「 早番」「 残業」リーダーに分けられます。 もし6時に自宅周辺にリーダーがいなくても、7時まで待てば出てくる可能性があります。 GOロケット団使用ポケモン ロケットリーダー対策.

次の

【ポケモンGO】ロケットリーダー「アルロ」対策

ポケモン go リーダー アルロ

バトルに勝利するための基本方針 GOロケット団リーダーはかなりの強敵です。 少しでも勝利に近づくためにどのようにポケモンを選出してバトルをすれば良いか、基本的な方針を紹介します。 とにかくシールドを早く使わせる 「GOロケット団リーダー」の使ってくる「シールド」がやっかいです。 これを早めに、 できれば自分よりも早く「シールド」を全部使わせます。 「シールド」は自分も敵もバトルを通じて2回使うことができます。 敵にこれを早く消費させる(ゼロにする)ために、こちらから繰り出す1体目は素早くスペシャルアタックを撃つことができるポケモンを用意します。 そのためには、 ノーマルアタック(わざ1/通常技)はエネルギーが早くたまる技を持ち、スペシャルアタック(わざ2/特別技)は少ないエネルギーで放つことができる技を持つポケモンを選択します。 タイプ耐性と耐久力を優先に選ぶ これは「GOロケット団したっぱ」とのバトルにも通じることですが、 「相手の弱点を突く」よりも「 相手からのダメージをどれだけ抑えることができるか」でポケモンを選出します。 ポケモンは3体までしか出せず、全て倒されると負けです。 負けないバトルをするためには、倒されないことが重要です。 ジムバトルやレイドバトルのように攻撃性能優先の選び方ではなく、 防御・HP種族値も高く、相手の攻撃技のタイプに耐性があるポケモンを選びましょう。 相手パーティを確認する 「GOロケット団リーダー」は2体目と3体目はパターンがあるとはいえ、 どのポケモンを出してくるかわかりません。 場合によってはその出してくるポケモンによってこちらの出す対策ポケモンも変わります。 最初は全滅しても良いと割り切って、相手の出すポケモンを確認することも有効です!。 負けても同じ場所に出現しているリーダーと再戦すれば出してくるポケモンは同じです。 相性の悪いリーダー・ポケモンバトルは避ける 例えば、手持ちポケモンが揃っていなかったり強化できていなかったりなどで「ラプラスを出されたら負ける」「クロバットには勝てる気がしない」という場合もあります。 そんなときは、 そのリーダーと遭遇したり相性の悪いポケモンを出してくると確認できた時点で別のリーダーとのバトルへ移りましょう。 同じリーダーでも別の場所へ行くと2体目・3体目は異なるポケモンを出してきます。 (偶然同じとなる場合もあります) まずは自分が勝てるリーダー/パターンを見つけて勝利し、ポケモンを育成して少しずつ勝てるパターンを増やしながら楽しんでいきましょうー• カイロス対策• オムスター・ラグラージ・ガラガラ・バンギラス対策• エレキブル対策• ドダイトス対策 最初の「カイロス」がシールドを使ってくることもありやっかいですが、 撃ってくるノーマルアタック(通常技)の「かくとう」「むし」タイプに2重耐性があり、「ひこう」タイプ技で弱点を突くことができる 「クロバット」「トゲキッス」がおすすめです。 2体目以降に出てくる「オムスター・ガラガラ・バンギラス・ラグラージ」は「くさ」タイプが共通の弱点です。 「くさ」タイプポケモンを1〜2体揃えて挑みましょう。 「くさ」タイプポケモンは 耐久面を考えると 「モジャンボ」が優秀ですが、「リーフブレード」や「ハードプラント」を覚えたポケモンでも活躍できます。 2体目に「エレキブル」が出てきたときは、 「でんき」タイプにめっぽう強く覚える技が優秀な 「フライゴン」あるいは「 」「 」(技構成はマッドショット/じしん)でも OK です。 そして 「ドダイトス」は2重弱点となる「こおり」タイプの 「マンムー」や「 」でやられる前に気に攻めましょう。 勝てるパターン・ポケモンを見つける GOロケット団リーダーは2体目・3体目はどのポケモンを出してくるかバトルを開始するまでわかりません。 もし「このポケモンには勝てない」というような場合は、 別の場所のリーダーを探して別ポケモン・パターンでバトルをするのもアリです。 (偶然同じポケモンとなることもあり) 「クリフ」に対して 手持ちポケモンや強化できるポケモンから、勝てるパターンを見つける対策を以下ページにまとめています。 入手できるシャドウポケモン• ナッシー・サメハダー・ダーテング・フーディン対策• ラプラス(・サメハダー)対策• ヘルガー対策 1体目の「ダンバル」は弱いです。 攻撃力もありません。 敵の2体目の対策として出す予定のポケモンを「ダンバル」から出して「シールド」を消費させながら、最後はスペシャルアタックのゲージをためた状態で倒す展開が理想です。 「ナッシー・サメハダー・ダーテング・フーディン」は「むし」タイプポケモンで攻めます。 「ハッサム」がタイプ耐性があり覚える技構成も非常に優秀なためおすすめです。 同じ技構成となる 「カイロス」も活躍できます。 後続のポケモンによっては連戦で倒すことができます。 「ラプラス」が非常に強いです。 素早く撃つことができ威力も高い「ワイルドボルト」を覚え、耐久力もある 「ジバコイル」または 「ライコウ」で一気に攻めることがおすすめです。 「サメハダー」は「むし」あるいは「でんき」タイプポケモンで攻めることが有効です。 ただし、 「サメハダー」のノーマルアタックは非常に強力なため、スペシャルアタックのゲージをためた状態でバトルを開始するようにするなど相手に攻撃するタイミングをできるだけ与えず一気に攻めましょう。 「ヘルガー」はノーマルアタックが 強力な「ほのおのキバ」だったことを考えて「みず」タイプポケモンを出します。 「ラグラージ」あるいは 「カイオーガ」がおすすめです。 勝てるパターン・ポケモンを見つける 「シエラ」も「ラプラスには勝てない」というような場合は、 別の場所のリーダーを探して別ポケモン・パターンでバトルをするのもアリです。 (偶然同じポケモンとなることもあり) 「シエラ」に対して 手持ちポケモンや強化できるポケモンから、勝てるパターンを見つける対策を以下ページにまとめています。 入手できるシャドウポケモン• クチート対策• リザードン対策• カメックス対策• ハガネール・ハッサム対策• カイリュー・ボーマンダ対策 「クチート」は使ってくるノーマルアタックによっては非常に強敵になります。 強力なキバ系と「かみつく」に タイプ耐性があり弱点を突くことができる 「バシャーモ」「ゴウカザル」がおすすめです。 「クチート」に1体で勝利することが難しい場合は後ろに優秀技を持つ「ラグラージ」あたりを入れて2体の体制で勝利し次のバトルへつなげていきましょう。 「リザードン」には 「ラグラージ」、「カメックス」には 「モジャンボ」または 「ジュカイン」と弱点を突くことがで素早くスペシャルアタックを撃つことができるポケモンで攻めます。 「カメックス」も技が「かみつく」の場合はなかなか手強いです。 「ハガネール」と「ハッサム」には 「バシャーモ」など弱点となる「ほのお」タイプで攻めます。 「ハガネール」は耐久力ありですが攻撃性能がそれほど高くないため落ち着いて攻めましょう。 「カイリュー」と「ボーマンダ」は2重弱点となる「こおり」タイプポケモンで一気に攻めます。 技構成が優秀であ る 「マンムー」がおすすめです。 勝てるパターン・ポケモンを見つける 「アルロ」についても 手持ちポケモンや強化できるポケモンから、勝てるパターンを見つける対策を以下ページにまとめています。 入手できるシャドウポケモン.

次の

【ポケモンGO】ロケット団のリーダー・アルロ対策!

ポケモン go リーダー アルロ

1匹目(固定) 2匹目(ランダム) 3匹目(ランダム) ストライク ジバコイル クロバット ギャラドス ハッサム リザードン カイリュー ジバコイルとハッサムに注意! アルロ戦でに挑む場合、初手の「 ストライク」からの、「 クロバット」や「 ギャラドス」に合わせて、いわタイプのポケモンを1〜2匹編成するトレーナーさんが多いのではないでしょうか。 しかし、2匹目で「 ジバコイル」が出てきた場合、いわタイプでは思うようにダメージを与えられません。 ジバコイルが出てきた瞬間に、でんきタイプに耐性を持つポケモンに入れ替えるのが定石ですが、ジバコイルが使用してくるゲージ技には注意が必要。 1匹目(固定) 2匹目(ランダム) 3匹目(ランダム) ニャース サンドパン カビゴン フライゴン バンギラス ドダイトス ゴウカザル カビゴンに注意! クリフとバトルする際、 初手の「ニャース」を意識してかくとうタイプのポケモンを編成するトレーナーさんが多いと思いますが、 ニャースの火力が意外と高いので、2匹目に「 カビゴン」が出てきて、1戦目でHPの減ったかくとうポケモンを倒され、そのままジリ貧になって負けてしまうというパターンに陥ったトレーナーさんも多いのではないでしょうか。 なので、かくとうタイプは2匹編成しておくと安心かも。 2戦目がカビゴン以外だった場合でも3戦目で「 バンギラス」が出てくるパターンで活躍可能です。 かくとうタイプを2匹編成していれば、「 ニャース」「 カビゴン」「 バンギラス」の突破が容易になるので、残り1枠に「 マンムー」あたりの強力なこおりタイプポケモンを編成すれば、「 ゴウカザル」以外は対処可能。 そのゴウカザルも、マンムーを技解放して「 じならし」を覚えさせておけば対処可能です。 各リーダーに勝利するとランダムでアイテムが入手可能 各リーダーに勝利後は、 ほしのすなx1,000と「 イッシュのいし」「 シンオウのいし」「 げんきのかたまり」「 げんきのかけら」「 まんたんのくすり」の中からランダムで2つのアイテムが入手可能。 まだ検証数が少ないのでもう少し試行回数を増やして調査してみます。 シールドをどう剥がすかがミソ ロケット団幹部(リーダー)は、 こちらが使用する最初の2回のゲージ技を必ずシールドで防ぐという性質があります。 ゲージを溜めるのに時間がかかる高威力の技を防がれてしまうと非常にロスが大きいので、 最初の2回は軽めのゲージ技を使用して、早めに2回分のシールドを剥がすということを意識すると、攻略がかなり楽になるはずです。 初見で勝てなくてもOK。 勝つまでレーダーは消費しない ロケット団幹部(リーダー)は非常に強く、初見では負けてしまうことがほとんどだと思います。 実は 負けた場合はロケットレーダーを消費せず、何度でも再挑戦が可能。 さらに言うと、その日の 22時までは、 同じポケモンを使用する同じリーダーが出現し続けるので、回復アイテムの補充や、ゆっくりと対策ポケモンを考えてからの再戦も可能です。

次の