リゼロ 有利区間ランプ。 【リゼロ】AT中に鬼ランプ点灯!モードA天井の恩恵受けた結果ww

わかりやすく解説!パチスロ(スロット)の有利区間の仕組みとは?

リゼロ 有利区間ランプ

リゼロのリセ据え判別 0Gでリセットを見極めるのは簡単で、画像ののランプを見るだけです。 上下に二つ並んである内の下の方ですね。 これは「有利区間ランプ」と言い、有利区間内であれば点灯する仕様になっています。 朝一 点灯していれば据え置き濃厚・消灯していればリセット濃厚となります。 リセット後は必ず非有利区間から始まるので、リセットされていれば消えているわけです。 【例外】コンビニやめの場合は分からない 回さずに簡単にリセット判別が出来てすばらしいのですが、弱点もあります。 前日にコンビニステージでやめられていた場合は据え置きでもランプが消灯しています。 コンビニステージ中は非有利区間であるためランプがつかないのです。 つまり、 前日1,2Gでやめられていた場合は有利区間ランプによる0Gリセット判別ができない!と覚えておきましょう。 多くの6号機も同様に判別できる 他にも多くの台が有利区間ランプを見るだけでリセット判別が出来ます。 これはリゼロに限ったことではないですが、店員が対策を施してた場合はリセットでも据え置きっぽく見えてしまうことがあります。 とは言え、リセットをかけた後わざわざ回さなくちゃいけないので、そんな面倒なことをやるホールに出会ったことはありません。 ということで0Gリセット判別方法の紹介でした。 僕も実際にこれで据え置き台を打つのを回避できたので皆さんも実践してみてください。 6号機だけの未来はいかに.

次の

スロットの有利区間とは何?【意味・特徴・狙い目】を徹底的に解説!

リゼロ 有利区間ランプ

本記事の内容• パチスロの有利区間(6号機で考える) パチスロの有利区間とは? 有利区間というのは一言でいうと AT・ARTの当選に係る抽選を出来る区間 の事を言います(出玉が増える区間といっても良い) パチスロの非有利区間(通常区間)とは? 非有利区間というのは 有利区間と対になっている関係性で基本的に AT・ARTの抽選をしない区間 の事を言います。 ですので上の画像のように 有利区間か非有利区間のどちらかには滞在しているという事になります。 有利区間の上限(リミッター) 有利区間には上限があります。 それが• 連続1,500ゲーム• 2,400枚払出 というものです。 もう少し詳しく説明すると• 有利区間が1500ゲーム続いたらその後は一度、非有利区間に戻さなくてはいけない• 2,400枚払出をしたら非有利区間に戻さなくてはいけない という決まりです。 これは同時ではなくてどちらか 片方の条件を満たしたら非有利区間(通常区間)に戻さなくてはいけません。 有利区間の移行や有利区間ランプなど 非有利区間から有利区間への移行のタイミング 非有利区間から有利区間へのタイミングは機種によって様々です。 レア小役を引いたら移行• 回したゲーム数で移行• 1ゲーム回して即移行• 小役の何分の1かで移行 有利区間から非有利区間への移行のタイミング 基本的にはATが終わるタイミングの機種が多いですがこちらも機種によって様々です。 有利区間継続・非継続(リセット)という概念 有利区間が1500ゲームまでという上限の特性から機種によっては 継続・非継続(リセット)という概念があります。 機種によってタイミングや条件が異なります。 リゼロという機種が良い例ですのでこちらの動画を見てみてください(1回で理解出来ない方もいると思いますが問題ありません。 この記事を見たあとにでも繰り返し見てみてください).

次の

リゼロ 朝一リセット挙動まとめ|高設定でもコンビニステージ後はモードAに移行しやすい?

リゼロ 有利区間ランプ

<有利区間リセット> [235G]白鯨攻略戦/勝利/AT327枚獲得 <有利区間継続>[129G]直撃AT453枚獲得 <有利区間継続>[494G]白鯨攻略戦/勝利/AT471枚獲得 <有利区間リセット> このように、白鯨戦やATを挟んでも有利区間がリセットされず(液晶演出的にはコンビニステージに移行しない)、AT後であれば温泉ステージ、白鯨攻略戦敗北後であれば膝枕ステージへ直行する挙動が高設定(特に設定6)だと数多く見られます。 設定6を打っていると、一度の白鯨戦やATで有利区間がリセットされる方が稀で、多くの場合で数回の白鯨戦やATを同一有利区間内でループします。 ただし、設定6でもモードAの深い所(600G以降)を食らったようなケースに関しては基本的に有利区間はリセットされますが(自分自身は未だに600G以上当選からの有利区間継続パターンを体感した事がない)。 リゼロの設定判別をする上で重要な要素である事は間違いないのですが、この有利区間連チャンが終わる要因に関して、個人的にある程度自信をもって言える所まで考えが纏まりました。 有利区間連チャンが終わる要因 設定6の実戦データから、現状自分が認識している有利区間連チャンの終了契機は以下の通りです。 白鯨攻略戦敗北orAT終了時点で残りの有利区間ゲーム数が一定のゲーム数(500Gぐらい?)を下回った場合• 一度のATで一定以上の枚数 1200枚以上? を獲得した場合(ちょっと自信なし)• 有利区間連チャン中の当選ゲームは全て最初から決まっている(シナリオタイプ)可能性も? 一度有利区間連チャン状態に入った台がその状態を抜ける要因として、個人的に想定しているのはこの3つです。 枚数に関する条件は少々自信がありませんが、ゲーム数に関する条件は結構的を得ているはずです。 というのも、有利区間連チャンに入った時に「有利区間残り500G」という事を意識して最近は実戦していますが、多くの場合で自分が想定した所で有利区間が終了しています。 逆に言えば、残りの有利区間ゲーム数的に言ってここは続くな…と思った所では多くの場合で続いているという事になります。 恐らくは残り500Gほどがボーダーラインとなっていると思いますが、一部でその法則に当てはまらないような挙動も見られるので、ひょっとしたら「有利区間残り〇〇〇Gで終了」という振り分けがあるのかも?なんて思ったりもしています。 あとはこれがある意味一番ありそう(台を作る側としては作りやすそう)なのが、有利区間リセット時にその後の挙動がシナリオとして全て決められてるのではないかという説。 例えば前の項目で例示した有利区間連チャン挙動を再び例にするなら <有利区間リセット> [235G]白鯨攻略戦/勝利/AT327枚獲得 <有利区間継続>[129G]直撃AT453枚獲得 <有利区間継続>[494G]白鯨攻略戦/勝利/AT471枚獲得 <有利区間リセット> 最初の有利区間リセット時に、「235G白鯨攻略戦」「129G直撃AT」「494G白鯨攻略戦」といった挙動がすべて決められているのではないかという話です。 この説を採用すると、「残り有利区間G数が500G以下で終了」という挙動も予め大体そのような事になるようにセットされているという事で納得できますし、更には数件存在する例外(自分の計算だと残り500G以下になってると思うのに何故か有利区間が継続したように見えたパターンなど)に対する説明としても非常にシンプルです。 もちろん例外として、途中のATで有利区間を枚数的に完走してしまったようなケースでは強制終了という事になるんでしょうけどね。 有利区間連チャンに関する個人的な見解と実戦上の認識まとめ 現状としては、自分はシナリオ説がシックリくる感じですが、残り有利区間ゲーム数を参照してその都度抽選している可能性も十分にあるとは思います。 というか、両者は実際に打っている人間からすると然程問題にはならないというか、大体同じような考え方で接する事になります。 自分の実戦上では、一度「有利区間連チャン」に突入した場合、トータルの有利区間消化数が1000G以内の時は大体有利区間がさらに継続する挙動をみせているので、仮にシナリオ式だったとしても、大凡そのような挙動をするようにあらかじめ作られているのでしょうから、結果的に目指すべき挙動(期待する挙動)は同じとも言えます。 ただもし、残り有利区間ゲーム数を参照してその都度有利区間継続or終了を判断しているのだとしたら、際どいゲーム数の時なんかは、「早く当たれ!そうすれば有利区間内でもう一周できる!」とか、「このATを上乗せなしで駆け抜ければ有利区間内でもう一周できる…」といったような力の入れ所はあるのかもしれませんけど。 とりあえずザックリとまとめると… 設定6の有利区間連チャン挙動は大体、残り有利区間ゲーム数が500G以下の状態で白鯨攻略戦orATの終了を迎えた時に終わっている(枚数が沢山出た時も終わるかも) という感じでしょうか。 あくまでもこういった挙動が多かったというだけで、例外も存在する点は強調しておきます。 解析が出ていない事での楽しみ それにしても、リゼロぐらい盛り上がった機種であれば解析情報は出てこない方が良いんじゃないかと言うぐらい、個人的には中身を想像するのもリゼロを打っている上での楽しみの一つとなっています。 そう言える理由の一つが、リゼロは高設定が特徴的なスランプグラフを形成する=設定6が分かりやすいという認識があるからなんでしょうけどね。 ただ実はそこには罠もあって、設定6は丸わかりと言われているこの『有利区間連チャン挙動』は、実は設定6だけのものではないという点に関しては注意が必要なんですが。 特に設定5は恐らく設定6にかなり近い挙動を示すはずですから(ちょっとA天に行きやすい設定6ぐらいの感じ)、今後設定5が猛威を振るいそうな気がしてならない(店によってはすでにそうなっていると思いますが)のが悩ましい所でもあります。 そんな事を想像しながら楽しめるのも、リゼロ人気を下支えしている要因の一つかも?なんて思ったりする今日この頃なのでした。

次の