お腹 に ガス が たまる。 お腹にガスが溜まると腹痛が!根本的な対処法とガスの抜き方

玉ねぎでお腹が張る・腹痛になる原因と対策・対処法 | 食べ物の栄養・効能を中心に紹介

お腹 に ガス が たまる

もっと見る 腸内から出るガスが、何らかの理由によってお腹にたまってしまい、腹痛を引き起こすことがあります。 炭酸飲料の飲みすぎなども腹痛の原因になることがあります。 この記事では、お腹にガスがたまることで起きる腹痛について詳しく説明します。 ガスだまりによる腹痛について 1. お腹にガスがたまると、腹痛や頭痛、腰痛の原因にも お腹が痛くて、下腹部を触ってみるとパンパンに膨らんでいることがあります。 この状態をお腹にガスがたまっている状態といいます。 お腹にガスがたまることで、 腹痛だけでなく頭痛や腰痛も引き起こしてしまいます。 2.ガスがたまるとなぜ腹痛が起こる? 通常、お腹にないガスがたまってしまうと、お腹が張り、周りの臓器が圧迫されます。 それに身体も反応して不調として捉えてしまい、腹痛を感じやすくなります。 お腹にガスがたまる原因 ガスを排出する機能が衰えている 食事をとると、必ず腸内でガスが発生します。 これは、呼吸やおならによって定期的に排出されているので、健康であればお腹が張ることはありません。 しかし、胃腸の動きが悪くなり、ガスを排出する機能が衰えている場合、ガスがお腹にたまってしまいます。 炭酸飲料を飲む 体内に入るガスが多いと、その分お腹にたまってしまうとも考えられます。 例えば炭酸飲料などは、水にガスが含まれているため、飲みすぎると身体にガスがたまる原因になります。 普段より多くのガスを身体に入れてしまうと、排出の機能の衰えがなくても、身体にガスがたまる原因になります。 便秘による腸内環境の悪化 体外から取り込むガスの量は変わらなくても、体内でのガスの発生が増えることもあります。 例えば便秘になることで、腸内環境が悪くなると、特に腸内でガスが発生することで、悪玉菌が増え、ガスの発生を増やします。 刺激物の多い食事や強いストレス 刺激物の多い食事や、強いストレスなども腸内環境が変化します。 先に解説したビールや炭酸飲料など、炭酸が多いもの以外に、便通に良いイメージのある食物繊維などもガスがたまる原因となります。 食物線維は摂りすぎてしまうと消化しづらいため、ガスが発生しやすくなり、お腹にガスがたまってしまうのです。 4.ガスによる腹痛から考えられる病気 過敏性腸症候群 ガスだまりによる腹痛の中でも、もっとも多いといわれています。 ガスたまりや下痢、便秘など症状はそれぞれですが、ストレスが原因だと考えられます。 胃潰瘍・十二指腸潰瘍 ・胃潰瘍 胃潰瘍になると、胃の粘膜にダメージを受けて穴が開いてしまうこともあります。 刺すような痛みを感じます。 食べ物の消化がうまく行われないので、ガスが発生しやすくなります。 ・十二指腸潰瘍 腹痛はそれほどなく、みぞおちが少し痛む程度で発見が遅れることがあります。 重症化すると吐血するため、その時点で気付く人も少なくありません。 大腸がん 食欲がなく、それほど食べてないのにお腹がパンパンに張ることがあったら、注意が必要です。 初期状態は、ガス溜まりの症状が特徴的なので、病気に気づきにくいといえます。 血便が出たら、まずは大腸がんを疑って下さい。 ガスがたまって腹痛が生じた時の対処法 1.腸にやさしい食事をとり、腸に負担がかかる食事は控える まずは、腸内環境を整えることが必要です。 2,3日で劇的に変化することはないので、日ごろから腸内に良い食事をとりましょう。 腸にやさしい食事とは? 腸内環境に良い食べものや飲み物は積極的にとるようにしましょう。 ・乳酸菌が含まれるヨーグルト• ・発酵食品(納豆・キムチなど)• ・常温、または温かい飲み物 腸に負担がかかる食事とは? 腸内環境を悪化させる食べものや飲み物は、なるべく避けるようにしましょう。 ・揚げ物など油分の多い食事• ・ジャンクフード• ・冷たい飲み物 2.睡眠時間や日々の運動、生活習慣を見直す 睡眠不足は体に負担がかかる 休息がしっかり取れていない場合や、不規則な時間に寝て起きることは、それだけで身体に負担がかかってしまいます。 運動不足は腸の働きを低下させる 腸の働きが落ちる原因として、運動不足も考えられます。 内蔵の筋力が衰えると、ガスが溜まりやすくなります。 ウォーキングや軽めのジョギングなど有酸素運動を取り入れることもガス溜まりの解消に役立ちます。 時間が取れない場合は、仕事の合間や、電車一駅分を歩くだけでも効果があります。 睡眠前の食事も控えて 睡眠前の食事も、睡眠中の身体の負担になり、睡眠の質を低下させるため避けましょう。 病院で受ける検査や治療 1.何科にかかればいい? ガス溜まりが軽減されない場合や、お腹がパンパンに張った状態で腹痛が続く時は、病院の受診も考えましょう。 診療科目としては、 消化器内科が当てはまります。 消化器内科が生活範囲になければ、ひとまず近くの内科でも問題ありません。 腹痛が続く場合は消化器内科で相談 解消されないガス溜まりや続く腹痛を相談できるクリニック・病院をお探しの方は、こちらの情報をご覧ください。 2.ガス溜まりによる腹痛の治療法 病気が見つかれば、それに合った治療を行います。 特に病気ではなく、お腹のガス溜まりだけであれば、生活習慣の見直しが一番です。 また、お腹にたまったガスを排出させるための薬が市販薬にも処方薬にもあるので、必要に応じて薬剤師や医師に相談してみてください。 まとめ ガスが溜まってしまうと、腹痛を引き起こすだけでなく、それだけで身体の調子が整いません。 生活習慣を改善しても良くならないなど、原因が分からない時は迷わず病院を受診し、医師に相談しましょう。

次の

お腹にガスが溜まると腹痛が!根本的な対処法とガスの抜き方

お腹 に ガス が たまる

お腹にガスが溜まる原因や理由 お腹にガスが溜まると、人によっては食事もできなくなるほどパンパンに膨らんで苦しくなってしまいます。 このようなガス溜まりはどうして起こるのでしょうか。 空気を飲みこみ過ぎている 食事の際、食べ物や飲み物と一緒に空気を飲んでしまうことは誰にでもあることですが、 早食いの人やよく噛んで食べない人は飲む込む空気の量が多いと言われています。 また、ストレスが過剰に掛かると、無意識のうちに空気を飲んでしまう「 呑気症」という症状を発症し、空気を多く飲みこんでしまうため、ガス溜まりが起こります。 炭酸飲料やアルコールの摂り過ぎ 炭酸飲料やアルコールを好んでよく飲む方は、必然的にガス溜まりが起こりやすくなります。 暴飲暴食によるもの 食べ物や飲み物を大量に摂取すると、消化器官の稼働が追い付かなくなり、きちんと消化されていないものが腸に留まってしまいます。 そうすると、やがて発酵が進んで腸内にガスが充満してしまいます。 お腹にガスが溜まりやすい人の特徴 お腹に溜まるガスでつらい思いをしている方がいる一方で、そのような思いをしたことがないという方も数多くいらっしゃいます。 では、この両者にはどのような違いがあるのでしょうか。 ここでは、お腹にガスが溜まりやすい人の特徴をご紹介したいと思います。 外出先ではおならを我慢している おならは、誰にでもある生理現象ですが、自宅以外ではおならをしないという方も多くいます。 おならを極端に我慢してしまうと、腸に大きな負担が掛かり、今度は自宅に帰ってもおならが出にくくなるケースもあります。 それを繰り返しているうちに、お腹にガスが溜まってしまいます。 デスクワークをしている時間が長い 椅子に長時間座っていると、腸を圧迫するためにガスの流れが悪くなり、溜まりやすくなってしまいます。 また、ストッキングや締め付けの強い下着なども腸に強い力が掛かるため、ガスが溜まりやすくなります。 便秘の方 便秘は、便が腸に長く留まっているため、発酵が進みガスを発生しやすくします。 また、女性の場合は生理前になると、女性ホルモンのバランスが崩れて腸のぜん動運動が鈍くなり、便秘やガス溜まりが起こりやすくなると言われています。 お腹のガス溜まりによる症状 自分では「よくある症状」としてあまり気に留めていなかったものが、実はお腹のガス溜まりが原因だったということはよくあります。 では、お腹にガスが溜まるとどのような症状が起こるのでしょうか。 おならが出やすい 健康な人でも、一日に平均14回ほどおならをしているそうですが、ガス溜まりを起こしている人の場合は、この回数がぐんと増えます。 腸にガスが溜まっている状態のため、お腹に力が入ると本人の意思とは無関係に出てしまうことも多いようです。 お腹が痛い・圧迫感がある ガスは目には見えないものですが、逃げ場のない腸で増え続ければ腸壁を圧迫して、腹痛となって現れます。 お腹に張りがある 痛みや圧迫感こそはないものの、ガスが溜まると多くの方がお腹の張りを感じるようです。 女性の場合、下腹部が膨らみすぎてスカートなどを穿いた時に、締め付けがきついと感じて気付くケースもあるようです。 お腹にガスが溜まりやすい食べ物とその特徴 普段、何気なく摂取している食べ物には、ガス溜まりを起こしやすいものが隠れています。 では、お腹にガスが溜まりやすい食べ物やその特徴は何なのでしょうか。 特徴 ガス溜まりを起こしやすい食べ物の特徴は、ガスを発生させやすいものとなっています。 また、腸内環境を悪化させる悪玉菌のエサとなるものも、同様にガス溜まりを引き起こしやすくなります。 食べ物 炭酸ガスを含む炭酸飲料やアルコール、腐敗ガスが発生しやすい肉や豆などのたんぱく質が豊富な食べ物は、ガス溜まりを起こしやすい食べ物と言われています。 また、便秘を解消するため女性は積極的に摂った方がよいと言われている食物繊維ですが、摂り過ぎると消化されずに腸に届くため、腸内環境を悪化させる悪玉菌のエサとなってしまいます。 お腹のガス溜まりを解消する7つの解消法 お腹が張って苦しいガス溜まりは、一刻も早く解消したもの。 ここでは、その解消方法をご紹介します。 カイロを貼る お腹を温めることで腸の動きを促進し、ガスが抜けやすくなります。 お風呂に入る カイロと同様、体を温めることで腸の動きがよくなり、溜まったガスが抜けやすくなります。 ストレスを溜めない 自律神経と腸は深い関わりがあり、ストレスによって自律神経が乱れるとその影響は腸にまで及びます。 そのため、日頃からストレスを解消し、溜めすぎないようにすることが大切です。 ゆっくりと噛んで食べる 早食いや大食いはガス溜まりの大きな原因です。 そのため、食事はゆっくりとよく噛んで食べるように心掛けましょう。 腸を叩く 椅子に座った状態で、お尻から徐々に腰の上をゆっくりと叩いてみましょう。 この時、強く叩いたり揉んではいけません。 心地良いと思う程度でポンポンと叩くことで、腸のある腰回りの筋肉がやわらぎ、ガスが抜けやすくなります。 ガスを抜くマッサージを行う 仰向けに寝た状態で、おへそを中心にその周りを両手で時計回りに10回、反対周りを10回行います。 腸活を行う 日頃から腸内の善玉菌を増やすような食生活をしたり、適度な運動を行い、腸を元気に活性化してあげましょう。 ガスが溜まって「おなら」が頻繁に出るのは病気なの? ガスが溜まり、頻繁におならが出る病気には 「IBS(過敏性腸症候群)」があります。 IBSは、下痢と便秘を繰り返す症状がよく知られていますが、その他にガス型といっておならがよく出る症状もあります。 まとめ 「いつもお腹が張っている気がする」「おならがよく出てつらい」 このような症状がある時は、そのうちよくなると放置せず、毎日の生活習慣を改めてみましょう。

次の

お腹にガスがたまる原因と解消方法

お腹 に ガス が たまる

もくじ• 玉ねぎでお腹が張る・腹痛になる原因は? 玉ねぎによる、お腹の張りや腹痛は、玉ねぎに含まれている、以下の成分が原因の可能性があります。 玉ねぎのオリゴ糖がお腹の張り・腹痛の原因かも 玉ねぎを食べたあとにお腹が張る場合、原因として考えられるのは オリゴ糖です。 オリゴ糖といえば、腸に良いイメージがあるかと思います。 実際、オリゴ糖は、腸内の善玉菌のエサとなり、腸内環境を整えるはたらきがあります。 ところが、善玉菌のエサとなる際に、腸内で ガスを発生させてしまうそうです。 その人の体質によっては、このガスが、 お腹の張りや腹痛の原因となってしまいます。 玉ねぎの硫化アリルがお腹の張り・腹痛の原因かも オリゴ糖のほかに、原因として考えられるのが、玉ねぎに含まれる 硫化アリルです。 硫化アリルは、にんにくや玉ねぎなどの、ユリ科の植物に含まれる成分です。 生の玉ねぎを切っていると、涙が出てきますよね? あの辛味成分が、硫化アリルです。 硫化アリルは、疲労回復効果など、さまざまな効果が期待できる成分です。 スポンサーリンク 【玉ねぎによるお腹の張り対策】食べるのを控えてみる 玉ねぎに含まれるオリゴ糖が、お腹の張りの原因となることは、上で書いたとおりです。 なので、お腹の張りやガスが気になる方は、「玉ねぎを食べるのを控える」、というのが、簡単にできる対策のひとつです。 玉ねぎを控えたことで、お腹の張りやガスが軽減したなら、玉ねぎが原因だったということが分かります。 その場合は、玉ねぎを食べる量や、タイミングに気をつけることで、うまく玉ねぎと付き合っていけるかと思います。 もし、玉ねぎを控えても、お腹の張りが改善されなかった場合は、他の食べ物が原因の可能性があります。 最近ですと、お腹の張りを改善する方法として、「FODMAP」の多い食品を避ける、という方法があるそうです。 FODMAPとは、「発酵性オリゴ糖類」、「二糖類」、「単糖類」、「ポリオール」という糖類の頭文字です。 これらの糖類を含む食べ物を控えることで、お腹の張りや腹痛が抑えられることがあるそうです。 研究チームは、いわゆるFODMAP食を避けることが、IBSの症状を抑えるというエビデンスを多く発見したという。 FODMAPとはFO(醗酵性オリゴ糖類)、D(二糖類)、M(単糖類)、A(および)、P(ポリオール)の頭文字を並べたもの。 FODMAPを多く含む食品として、小麦、タマネギ、リンゴ、トウモロコシなどがある。 引用元: なお、FODMAPを多く含む食べ物は、以下のとおりです。 玉ねぎも、入っていますね・・・。 玉ねぎ• りんご• とうもろこし• キムチ• ヨーグルト 納豆やキムチ、ヨーグルトなどは、お腹の調子を整えてくれる食べ物として有名です。 ですが、その人の体質や体調によっては、ガスが溜まる原因になるのですね。 お腹の張りやガスが気になる方は、これらの食べ物には注意です。 【玉ねぎによる腹痛への対策】加熱して食べる 玉ねぎを食べて、腹痛を起こした時のことを、思い出してみてください。 もしかして、生の玉ねぎを食べていませんでしたか? だとすると、玉ねぎに火を通して食べることで、改善するかもしれません。 というのも、玉ねぎに含まれている硫化アリルは、 熱に弱いからです。 硫化アリルは、加熱することで、成分が変化します。 このため、玉ねぎで腹痛が起きる場合は、 火を通して食べるようにしましょう。 いわゆる「アメ色」になるまで炒めれば大丈夫です。 外食するときは、注意が必要です。 マリネにオニオンスライスが使われていたり、ポテトサラダに生の玉ねぎが含まれたりしていることがあります。 なので、念のため、お店に「生の玉ねぎは食べられない」ことを伝えたほうがいいです。 玉ねぎでお腹が痛くなってしまった場合は? もし、玉ねぎを食べてお腹が痛くなってしまった場合は、まず、 水分をとりましょう。 ぬるめの水、もしくはお湯で、食道を洗い流して下さい。 安静にして、症状がおさまるのを待ちましょう。 もし、症状がひどかったり、なかなか治らないときは、早めに医師の診察を受けることをおすすめします。 まとめ 今回は、玉ねぎを食べたときにお腹が張ったり、腹痛がおきる場合の原因と対策について紹介しました。 玉ねぎは、栄養満点で美味しいですが、場合によっては、お腹の張りや腹痛の原因にもなり得ます。 玉ねぎを食べた際に、このような症状を経験した場合は、加熱処理をしたりなど、対策を試みてみましょう。

次の