古文 助動詞 覚え 方。 意味を覚えるコツを教えてください|国語|苦手解決Q&A|進研ゼミ高校講座|ベネッセコーポレーション

古文助動詞の活用は、ほとんど覚えることがない!「4つの助動詞」がキーになる! 使える助動詞の理解7 古文文法

古文 助動詞 覚え 方

古文の勉強を始めるにあたり、最初にぶち当たる壁は 「助動詞」だ。 古典は、 単語、文法が分かっていればほぼ完全に読めるようになる。 逆に言えば、 上記の二つの要素のうちどれか一つが欠けていても古文は読み解くことができないのだ。 その中でも特に厄介なのが 文法の助動詞である。 なぜなら、助動詞は現代と全く異なるものであり、漢字も当てられていないため覚えにくい。 では、 どのようにして大量にある助動詞を覚えればいいのだろうか? 助動詞の覚え方については、先生や参考書によって、語呂合わせなど、様々な覚え方をあなたに提供していると思う。 しかし、実は口ずさんでいるだけで自然と助動詞を覚えてしまう魔法の覚え方が存在するのだ。 今回はその 口ずさんでいるだけで、大量の助動詞が覚えられる、究極の助動詞暗記方法を教えよう。 この記事を読み終わったあなたは、単語、文法という古文における最重要な二つの要素のうち文法で、特に苦戦する助動詞が完璧に理解でき、 より古文が読みやすくなるはずだ。 助動詞とはどのようなものなのかを知る ここでは、 実際に助動詞とはどのようなものなのかここで解説する。 まずは、 これからあなたが覚えなければいけない助動詞とはどのようなものなのか見ていこう。 助動詞の接続とは あなたは、助動詞の 接続がいかなるものであるか知っているだろうか。 古典の助動詞は、 それぞれ直前に付く用言 動詞など、活用できるもの の活用形が決まっている。 例えば、完了の助動詞「ぬ」について考える。 このように、 助動詞にはそれぞれ決まった接続があるのだ。 助動詞の活用とは しかし、助動詞の前に接続している動詞だけでなく、 助動詞に続く言葉によって助動詞自体も活用が変化するのだ。 例えば、「走った人」という事柄を古文で言いたいとする。 「人」という単語は体言であるので、上に来る助動詞は連体形ではないといけないというルールがあるのだ。 ここで、「ぬ」の活用を考えると、以下のようになる。 未然 な 連用 に 終始 ぬ 連体 ぬる 已然 ぬれ 命令 ね つまり、「走る」の連用形+「ぬ」の連体形+「人」で、「走りぬる人」となる。 これは、一見「走らない人」という意味に見えるかもしれない。 しかし、「走らない人」は古文では「走らぬ人」というのだ。 これはなぜなのか考えてみよう。 実は、「走ら」はラ行五段活用の動詞「走る」の未然形だ。 つまり、「ぬ」は連用形接続の「ぬ」ではなく、未然形接続の助動詞であることと、その助動詞を活用した時、連体形が「ぬ」になるものだということがわかるのだ。 そこで未然形接続の助動詞を考えると、否定の助動詞「ず」というのがある。 「ず」の活用は、こうである。 未然 ず、ざら 連用 ず、ざり 終始 じ 連体 ぬ、 ざる 已然 ね、ざれ 命令 ざれ つまり、 「走らぬ人」というのは「走る」の未然形+「ず」の連体形+「人」という構造で、意味は「走らない人」ということになるのだ。 一見同じ助動詞を使ったように見える文でも、 実は活用を細かく分析していくと違う助動詞が使用されたことがわかる。 これが古典の文章を読み解いていくことの面白味であり、難しさでもある。 現段階では、細かい決まりは覚える必要は全くないので、 助動詞には、直前に来る用言の接続が決まっていたり、またその下に来る単語によっても活用が変化したりする、ということだけを認識しておこう。 どんな助動詞があるのか知る 前章を読んだあなたは、助動詞がそもそもどんなものなのかということが理解できたはずだ。 ここから、 実際にどのような古典助動詞があるのか、全種類説明しよう。 未然形接続の助動詞 以下の表にあるのが、 未然形接続の助動詞である。 る、らる 受け身、尊敬、自発、可能 す、さす、しむ 使役、尊敬 む、むず 推量、意思、可能、勧誘、婉曲、適当 ず 打ち消し じ 打ち消し推量、打ち消し意思 まし、まほし 反実仮想 連用形接続の助動詞 以下の表にあるのが、 連用形接続の助動詞である。 き、けり 過去、詠嘆 つ、ぬ 完了、強意 たり 断定 たし 希望 けむ 過去推量 終止形接続の助動詞 以下の表にあるのが、 終止形接続の助動詞である。 らむ 現在推量 らし 推定 べし 推量、意志、適当、当然、命令、可能 まじ 打消し推量、打消し意志、不適当、打消し当然、禁止、不可能 めり 推定、婉曲 なり 推定、伝聞 連体形接続の助動詞 以下の表にあるのが、 連体形接続の助動詞である。 なり 断定、存続 たり 存続 ごとし 比況 例外 以上では、接続ごとに助動詞を説明した。 しかし、接続には少々 例外が存在する。 以下が、助動詞の接続についての 例外である。 ・ラ変の動詞につく時、終止形助動詞のあとは、動詞は 連体形になる。 ・ り サ行変革活用の未然形、四段活用の已然形につく。 文法的意味は完了、存続 という助動詞が存在する。 古文の助動詞の簡単な覚え方 第二章は、助動詞を書き連ねただけであるのに非常に長い章となった。 ただ単に暗記するだけでは、 この量の助動詞を頭に入れるには大変な労力と時間を要するのだ。 しかし、今から この助動詞を素早く全て暗記する方法を紹介しよう。 それは、ズバリ 「替え歌」である。 「もしかめ」はあなたはご存知であろうか。 「もしもし亀よ、亀さんよ 世界の中でお前ほど 歩みにのろいものはない どうしてそんなにのろいのか」 という、誰もが知っている童謡。 この曲に合わせて助動詞を口ずさめば、すぐに助動詞が覚えられてしまうのだ。 すると、どうだろう。 いつのまにか助動詞が完璧に全て言えるようになっているはずだ。 また、完璧に覚えられるだけでなく、助動詞の接続ごとに分類してあるため、どこで接続が変わるかさえ覚えておけば、それぞれの助動詞が何接続かも覚えられてしまう。 このように、 この「もしかめ」の方法は大変有効なのだ。 今この場で、何度も唱えてみよう。 絶対に覚えられるはずだ。 まとめ 以上では、 古文における助動詞の役割というところから具体的な種類と意味、そして覚え方を紹介した。 いかがだっただろうか? この方法を用いると、大量にある情報を暗記するのを苦痛から楽しみに変えることができるのだ。 そして、完璧に助動詞を覚えたあなたは、古文読解力のレベルアップということで志望校合格に一歩進むことができる! この記事を最後まで読んだのなら、 是非実践して、古典の助動詞を完璧に暗記しきってしまおう。 celly 東京大学理科二類在学• 【質問大歓迎】勉強法でお困りのあなたへ! 記事をお読み頂きありがとうございます! 当サイトは、2015年から『』の講師が中心となって運営しているサイトです。 ただし、東京などの大都市圏に住んでいる高校生は受験情報に接する機会が豊富にあると思いますが、地方在住の高校生は良い情報に接することがあまりできません。 なぜなら、早慶レベル以上の大学生・卒業生に接することが地方は難しいからです。 実際に、赤門アカデミーの9割は首都圏以外の塾生です。 そこで大学受験. net(赤門アカデミー)では、東京と地方の情報格差少しでも減らすべく、 東大生との無料音声相談や、格安での受験計画作成・指導プランなどを提供しています。 赤門アカデミーの講師が 1営業日以内にお返事いたします。 合わせて読みたい関連記事.

次の

古文がわかる!簡単な助詞と助動詞の見分け方

古文 助動詞 覚え 方

助動詞で覚えること• 接続(どんな形の動詞につながるか)• 活用(形がどう変化するか)• 意味 の3つです。 助動詞の接続 たとえば同じ「読む」であっても• 読みけり• 読まず というように、動詞の後ろに• 助動詞「けり」がつくか、• 助動詞「ず」がつくかによって、 「読む」の形が• 「読み(連用形)」だったり、• 「読ま(未然形)」だったりと 変化しています。 このことを、• 「けり」は動詞の「連用形」に接続する• 「ず」は動詞の「未然形」に接続する といいます。 逆に、• 読みず• 読まけり というような接続はしません。 それぞれの助動詞は、どんな形の動詞に接続するかが決まってます。 まずこの「助動詞の接続」を覚えなければなりません。 助動詞の活用 助動詞の活用とは、• 助動詞自体の形がどのように変化するか ということです。 古文の授業でよく言わされている、• れー、れー、るー、るる、るれ、れよ とか、• あれが「助動詞の活用」です。 助動詞も動詞と同じように、「後ろに来る言葉」によって形が変わります。 助動詞がどんな形(=活用)をしているかによって、後ろの言葉の意味が決まることもあります。 というわけで、 助動詞の活用の仕方も覚える必要があります。 助動詞の意味 最後に• 「ず」は「打ち消し」• 「る」、「らる」は「受身」、「自発」、「可能」、「尊敬」• 「つ」、「ぬ」は「完了」、「強意」 といった、 「助動詞の意味」も覚えなきゃなりません。 助動詞の接続やら活用やらが分かったとしても、意味が分からなきゃ文は読めないのです。 つまり最終的には、古文の教材にある のような活用表を 「まるまる頭に叩き込め」ってことです。 古文助動詞は2ステップに分けて勉強する まずは問答無用で音読を! まず最初に、「助動詞の接続と活用」を覚えます。 活用表でいう下図赤枠の部分ですね。 接続と活用は、考えたり理解する必要はありません。 学校の授業でやってるように、 何度も何度も繰り返し音読して、「口」で覚えてしまうのが一番手っ取り早いです。 接続を「口」で覚える 接続はすぐに覚えられるので、今、このページを見ている時点で覚えてしまいましょう。 10分程度で終わります。 それではいきましょう。 未然形は、 るー、らる、すー、さす、しむ。 ずー、むー、むず、まし、じ、まほし。 これを20回音読してください。 それだけで覚えられます。 連用形は、 きー、けり、つー、ぬー、たり、たし、けむ。 はい、これも20回音読。 終止形は、 らむっ、めりっ、らしっ! べしっ、まじっ、なりっ! です。 それぞれ、ズバッと言い切る感じで言ったら覚えやすいです。 これも20回。 連体形・体言は、 なり、ごとし、たり。 少ないですけど、これも20回音読します。 一覧をまとめて書いておきます。 【未然形】 る、らる、す、さす、しむ ず、む、むず、まし、じ、まほし 【連用形】 き、けり、つ、ぬ、たり、たし、けむ 【終止形】 らむ、めり、らし べし、まじ、なり 【連体形・体言】 なり、ごとし、たり 「連用形に接続する助動詞は?」と聞かれたら、瞬時に「き、けり、つ、ぬ、たり、たし、けむ!」と反応できることが目標です。 活用を「口」で覚える 活用の音読は、学校の授業で教わったモノをそのまま練習すればOKです。 「学校で活用の音読とかしたことないんだけど」って人は、 『吉野式 古典文法スーパー暗記帖』という参考書を使いましょう。 主要な助動詞を、理屈抜きの「音読一本」で暗記するための教材です。 「何も考えずに、これを20回音読しろ!」っていう部分だけ、ひたすら音読してください。 これだけで助動詞の活用はほとんど覚えられます。 この教材がなかったとしても、 淡々と活用表を50回ずつ音読するだけでも十分です。 「教材があった方がやる気が出る」とか個人差があると思うので、どっちを使うかは自分で判断しましょう。 ステップ2:意味を「使い方を理解」しながら覚える 「る」は「受身・自発・可能・尊敬」の助動詞 と、助動詞の形や意味自体は覚えていても、 実際の文章で出てきたときに見抜けなければ、使えなければ意味がありません。 ですから理解のいらない• 助動詞の接続• 助動詞の活用 をサクッと覚えた後は、 じっくりと「助動詞の意味」を理解していく勉強に移ることが大切なのです。 オススメ参考書は『望月光の古文教室 古典文法編』です。 それぞれの助動詞について• どんな意味を持ち• どんなときに使われて• どう見分ければいいのか といった事柄を、短文を使ってじっくりと理解できます。 また全体の7割が助動詞の話ですが、残り3割で「助詞」と「敬語」の解説もしてくれています。 助詞、敬語も古文読解には重要な要素なので、このタイミングで一緒に軽く理解しておきましょう。 最後に.

次の

古文の助動詞接続を「もしもしかめよ」で覚えよう!

古文 助動詞 覚え 方

この記事の目次• 助動詞活用表プリント 助動詞の活用表のプリントです。 印刷するなどしてご活用ください。 (クリックで拡大サイズの画像を見ることができます。 ) 助動詞の活用表の覚え方 古文を読解する上で、助動詞を理解できているか、覚えているかというのはかなり重要なポイントです。 助動詞は種類も多く、暗記はなかなか根気が要りますが、着実に頭に入れていきましょう。 活用パターンは動詞型、形容詞型、特殊型など さて、活用表を見てもわかる通り、助動詞は多様です。 しかし口語 現代の話し言葉)でもそうですが、たとえば「言った」「言わない」など、助動詞というのは動詞に接続して打消しや過去などの意味を付け加える働きをしますから、助動詞が識別できなければ文の意味を正しく理解することなどできません。 ここは腰をすえて、じっくり覚えてくださいね。 とはいえ、助動詞もすべてが独特の活用をするわけではありません。 活用表の下半分に「活用型」という欄がありますね。 この欄には、「動詞 四段 型」とか「形容動詞 ナリ活用 型」といった活用パターンが記されています。 つまり、動詞や形容詞、形容動詞の活用をきちんと暗記できていれば、応用が利くということです。 これらの活用をまず確認したうえで、徐々に「特殊型」の活用を覚えていくことをおすすめします。 また、活用パターンだけでなく、それぞれ上にどのような形を要求するか、接続を覚えることも大切です。 たとえば打消しの「ず」なら上は未然形、完了の「ぬ」は連用形に接続、といったことも、活用とセットで頭に入れておいてください。 まず覚えたい「下二段動詞型」 【る・らる】 手始めに覚えやすい助動詞は、下二段動詞 子音+e・e・u・uru・ure・eyo とぴったり同じ活用をする「る・らる」です。 口語の「れる・られる」に相当する助動詞で、未然形 ない、ず、などをつけた形 で動詞の活用語尾がア段で終わる場合は「る」が、ア段以外の音の場合は「らる」が接続します。 したがって、四段動詞 子音+a・i・u・u・e・e 、ラ変動詞 ら・り・り・る・れ・れ 、ナ変動詞 な・に・ぬ・ぬる・ぬれ・ね には「る」がつきます。 それ以外の動詞が「らる」と覚えるとよいでしょう。 意味は「自発・尊敬・受身・可能」と多様なので、これは徐々に文脈から判断できるようになっていきましょう。 【す・さす・しむ】 これは口語の「せる・させる」にあたる助動詞です。 使役と尊敬、2つの意味をもちますが、これも文脈から判断することになります。 たとえば身分の高い人の行動に「す」が使われていたら、尊敬の意味で使われている可能性が高いと考えてよいでしょう。 活用パターンは下二段動詞型。 活用表を見れば明らかですが、いずれも下二段動詞と同じ活用をしています。 未然形接続の助動詞ですが、「す・さす」のどちらがつくかは上述の「る・らる」と同様、四段・ナ変・ラ変は「す」、それ以外は「さす」となります。 四段動詞型、ラ変動詞型 【む】 推量のほか、意志、婉曲などの意味ももつ助動詞です。 口語では「う・よう」などにあたります。 客観的な物事に関して使われていれば推量、自分の行動に対して使われていれば意志、と判断できます。 とくに強いニュアンスがないような場合は婉曲と解釈されますが、たいていは推量か意志ですから、まずはこの2つの意味を覚えてください。 活用パターンは「四段型」となっています。 【けり】 過去の助動詞です。 これも上述の「む」と同じく、活用のすべてではなく一部がラ変動詞と重なります。 未然形の「けら」は用例が限られており、ほぼないと思ってよいのですが、念のため覚えておくことをおすすめします。 連用形接続の助動詞なので、「けり」の上にくる動詞・助動詞は必ず連用形に活用されます。 頻出の助動詞 特殊型 も必須 ここまでざっと見てきてわかる通り、助動詞の活用は一部または全部が動詞などすでに暗記した活用パターンと一致します。 前に覚えたことの復習と応用を兼ねて、活用表をじっくり眺め、着実に頭に入れていってください。 ただ、独特な活用をする助動詞が多いのも事実です。 頻出の助動詞の中にも、特殊な活用パターンは数多く見られますから、これらの助動詞にも対応する必要があります。 特殊型の助動詞は、新しく暗記するしかありません。 ですが、リズムよく口の中で転がしているうちにだんだんと耳や目が慣れていきますから、根気よく続けてくださいね。 【ず】 この助動詞は「打消しの助動詞」として、たいていの文章で使われているはずです。 見落としがないよう、きちんと理解して覚えておくことが大切です。 さて、活用表を見ると「ず」の活用が二行あることに気づくと思います。 左側の作り方は、形容詞のカリ活用 連用形「く」にラ変の「あり」をつなげて作った活用 と同じですね。 特殊型の名の通り、「ず」は「ぬ」や「ね」など、もはや「ず」の片鱗さえ残らないような大胆な活用をしますので、しっかり覚えていないと文中で「ず」を見抜くのは困難です。 次に挙げる「き」と共に、まずは2つでいいので確実にものにしましょう。 【き】 過去の助動詞「き」は、「ず」と同じく活用の途中で「き」が跡形もなく消えてしまいます。 さしあたっては打消しの「ず」と過去の「き」を頭に入れ、徐々に他の助動詞にも手が伸びるようになるのが理想的です。 確かに時間はかかりますが、基礎をおろそかにしては読解 応用 など不可能ですから、今は地道に努力するしかありません。 しかし、「き」の接続はまた独特です。 基本的には連用形の後につくのですが、サ変動詞「す」、カ変動詞「く」への付き方は特別に暗記する必要があります。 まずカ変につく場合、そもそも「き」という終止形で接続することがありません。 「きし」「こし」「きしか」「こしか」と、連体形や已然形の状態で接続します このとき、カ変動詞「く」は未然形「こ」または連用形「き」の形をとっています。 キ、が助動詞の「き」なのかカ変動詞の連用形なのか、まぎらわしいところですから慎重に理解してくださいね。 次に、サ変につく場合。 終止形「き」はサ変の連用形「し」にのみ接続します。 サ変の未然形「せ」には連体形「し」または已然形「しか」の形でつき、「せし」「せしか」「しき」という組み合わせになります。 たった一音の助動詞なのに、活用も接続も非常にややこしいため、助動詞を途中で投げ出したくなる人は多いようです。 しかし読解はフィーリングでは対応しきれませんから、時間をかけてでもぜひ覚えていきましょう。 もちろん、助動詞は上で述べたもの以外にもたくさんあります。 すべてを覚えるには時間と努力が必要ですが、ある程度覚えられたら実戦 読解 の中で慣れていくというのも手です。 自分に合ったペースで覚えていってください。 大切なのは助動詞の識別 なぜこれほどまでに助動詞の活用を暗記するようにすすめているかというと、古文の文中で助動詞を正しく見抜き、意味をとらえることが読解の最短距離だからです。 上述の「き」のように 過去の助動詞「き」なのか、カ変動詞の連用形で「き」という形になっているのか 、まぎらわしい語はいくらでも出てきます。 そんな際、似たような形でもきちんと区別して意味をとらえられれば、文章の内容を正しく把握することができます。 助動詞を識別するために 識別するカギとなるのは、おもに接続です。 たとえば、百人一首の「君がため惜しからざりし命さへ長くもがなと思ひけるかな」という歌。 特に上の句「君がため惜しからざりし命さへ」に注目すると、命という名詞 体言 の上にあるから「し」は連体形のはずだと判断できます。 連体形が「し」になるのは、過去の助動詞「き」です。 そして、打消しの助動詞「ず」は未然形接続ですから、「惜しから」は形容詞「惜し」の未然形だと芋づる式に解いていけます。 この結果、「あなたのためなら惜しくなかった 打消し「ず」、過去「き」を反映 」と意味をとらえられるようになります。 活用、接続を含め、助動詞の活用表が頭に入ると、古文はぐっと読みやすくなりますから、ここは我慢のしどころと思ってがんばりましょう。

次の