ノクターン ノベルズ。 サイト案内

サイト案内

ノクターン ノベルズ

年齢確認 このページには18歳未満(高校生以下)の方に好ましくない内容が含まれる 可能性があります。 18歳未満(高校生以下)の方の閲覧を固くお断りいたします。 ご利用のブラウザはJavaScriptが無効になっている可能性があります。 ブラウザの設定を確認し、JavaScriptを有効にしてください。 ご利用のブラウザはjQueryが利用できない可能性があります。 ブラウザやセキュリティ対策ソフトの設定を見直してください。 ご利用のブラウザはCookieが無効になっている可能性があります。 ブラウザの設定を確認し、Cookieを有効にしてください。 現在表示中のページは小説家になろうグループの管轄ではない可能性があります。 アドレスバーを確認し、URLのドメイン部分が nl. syosetu. comである事を確認してください。

次の

年齢確認

ノクターン ノベルズ

年齢確認 このページには18歳未満(高校生以下)の方に好ましくない内容が含まれる 可能性があります。 18歳未満(高校生以下)の方の閲覧を固くお断りいたします。 ご利用のブラウザはJavaScriptが無効になっている可能性があります。 ブラウザの設定を確認し、JavaScriptを有効にしてください。 ご利用のブラウザはjQueryが利用できない可能性があります。 ブラウザやセキュリティ対策ソフトの設定を見直してください。 ご利用のブラウザはCookieが無効になっている可能性があります。 ブラウザの設定を確認し、Cookieを有効にしてください。 現在表示中のページは小説家になろうグループの管轄ではない可能性があります。 アドレスバーを確認し、URLのドメイン部分が nl. syosetu. comである事を確認してください。

次の

夜のおかずに〜ノクターンノベルズ十選〜

ノクターン ノベルズ

禍により家ごもりのを過ごしている候、ならびに淑女のに夜のおかずとしての十篇を紹介したいと思う。 あを読み慣れていないを想定して、完結済みかつ出来るだけ短めのを選んでみた。 各種には入ってこないようなもあるので、嗜好が似ている人は参考にしてほしい(あと教えてほしい)。 言うまでも無いがとは向け版家になろう。 向けのは今回紹介しない。 紹介するは、「兄に惚れる妹などこの世にしないしオレも妹を愛しちゃいない 」、「茜色のに思いを馳せる」、「術のいけない使い方 」、「注文の多い城され記 」、「ある日突然男がになっているなんてよくある話で 」、「雪待 」、「 」、「行きのの旅 」、「ウチのの話を聞いてくれ 」、「の妹しちゃだめですか? 」。 syosetu. まずはの中で最高で満点でであり毎週続編待機中のをご紹介。 (初っ端完結済みというを疑われるチョイスだが、した三篇で緩いを成しているのでセーフ)。 内容としてはのまま。 つ兄()は妹を愛していないし妹()も兄に惚れていない。 ただお互いにどうしようもなく求め合っているだけ。 は三篇とも同じ。 いろんな(主にベッド)で互いに貶し合い合いながらするだけ。 お互いに年季の入った(ツン9:デレ1)なのでに交わすは甘いを含まずトゲトゲ一辺倒。 その分、一瞬だが素直になる二人が本当ほんとうに… どれもなのでとりあえずのイチャラブにないイチャラブがは騙されたと思って読んでみてくれ。 好きで無い人も騙されて読んでくれ。 そして一緒にと続編を待とう。 私は以上待ってる。 syosetu. 36話 して兄妹を紹介。 これは上のと異なり、にかけて兄妹二人のが変化するを丁寧にしたになる。 うん…でごめん。 でも百話とかざらにある中だと短ら。 (的とは…)にこういったは初め互いに(もしくは片方が)思いを向けているが多いのだが、このはまず肉親の肉体への始まるところが。 を迎えた妹の肉体にを感じる兄というが始まることで、魅力的な肉体を目の前にした肉欲と的な近親に挟るという序盤の展開に重みがあり、への助走として実に。 もになるがという妙。 と書いたの、露悪的なではなく中盤以降はなのでごを。 (の方は感あるけど一応多分)。 がになるのではなく、がになる。 それが近親のと思う。 これはだが本番は「」以降。 syosetu. 69話 次はこのをご紹介。 これはできないほんとうに。 すまぬ。 のに転生したが身につけた術でをしていたをしてにいぢめ…なんだけどのはごく序盤だけ。 ヴィロ(名は)はとして元に対して強く出ているけど、なんだかんだ本性はなので、の幼馴染テフィーが出てきたあたりは完全に陣の尻にひかれる。 このをするは二つ。 一つはのやの手順などが丁寧で感に溢れるをされており、きっちりとに厚みを持たせる筆力があること。 そしてもう一つが先述したのテフィーが純情一途でも「ですわ」口調でうぶのというのツボを完全に射抜くをしていること。 つ、専門のがいたせいでで服を脱げず、人ら身請けされ隷属するなのに幼馴染のでどっちが主人なのかわない間柄ので、それでいてヴィロに長年に渡る秘めたるをしているというにピンたら読んで。 恋心がバレるシーンが最高にいいんだよ… あと作中に出てくるのが好き。 テフィーがフィンガーボウルを用いて手づかみでするところが。 syosetu. syosetu. 78話 ; 長く見えるけど一話が短めなのでそれほど長くは無い で言うならばがに完敗する話。 よくあるとをとして用いるの話(ではがらしく無いのがむ主流な気がするが)。 本作でつごとく復活した(復活した時点での法により負確定している)が、毎度毎度のやられ役に飽き飽きして、ばらしとして今世ののみでされたへののためだけに城を城に改造する。 まあそれはそれはイヤーなを仕掛けるさまなのが、はそれらをともせず正面してくる。 流石はの。 だがそんな中、唯一、皆のの星には汚れて欲しく無いと、の仲間たちに守られていた。 その心にせず触れてう。 で縛られたと。 覗き込んだの深く黒いに彼は何を見いだすのか。 あにも綺麗なほんとうに敗北を見せるに、願わくは永いが訪れんことを。 一応書いておくけど、薄めっぽく紹介しているがいところはしっかりいのでごを。 ちなみに同作者のイン・(超長い)もがしっかりしており。 syosetu. 中編 7話 ここらで ()を一つ。 誰よりもが異性になってったらどうすか。 ? いつも通りで合う? いやいや、が一緒にいるなら合体、という頭の悪い内容。 がの間柄を上書きするとは前者、より親愛のの方が方はを想定して読めばよろしと。 syosetu. 再びをご紹介。 このは、の頭だけで商いをする謎のお店「雪待」を訪れた男がのと()する話。 が切り盛りするこのお店は、 にをするとになる、が客のをする、客の持っていたやいなりが気がついたら消えてう、などな噂がある。 腹に一物秘めた男は超高級品のをエサに二人にを持ちかけ… 以下の展開は予想できるでしょう。 だが以外のがしっかりしているので、おかずには派にも。 なシーンが欲しいんだと言う人は、同作者のを読むべし。 「」、「徒花」、「」合わせて二百話以上あるのでのが見つかるでしょう。 syosetu. 64話 らのをで表すと、くてがしっかりしていても。 に濡れ場を置き換えたら向けの題材にしてもいいような気がするほど。 そうしたらのを散らしていた。 読み進めればすぐに分かることだが実際にのは少し歪んでいるのだ。 このはそんな「陽奈」を、要領の良いの男「」が結んだを通して少しずつな道へ、なへ導いていく。 だけ付け加えると、はでもなんでもなく、陽奈の日をより把握するほど並々ならぬへのも持っている年頃の男。 syosetu. 68話 今回紹介するなかでは一番っぽい。 家のに行ったらにされた。 者(の。 とても可愛らしい)にに伴侶にされ、世直しにで出発するのであった。 は旅、そして。 そう、このはほぼ冒頭純情爆裂の全開イチャなの! いやぁイチャラブい。 読むだけでになる。 もう二人がくていじらしくてたないの。 のは思いやりのあるいい子だし、のは「〜のだ」口調で大好きなやっぱりいい子だし、ラブ()ない。 はやくだし実際する。 初々しくも求め合うイチャラブを欲している人に。 syosetu. 悪役令嬢がっているようなので、向けのをご紹介。 転生のに則り、「転生したらの や長の息子だけでも大変なのにに隠しの(悪役令嬢)のまで私を? キャァ(はーと)」 …というのがでのに転生した嬢の。 この話のはをる悪役令嬢()のクくん。 がにもかかわらずを侍らす嬢をるだが、補整+で毎回しっぺ返しをうけ、でもある本人にも遠ざけられる。 そんなのの吐け口とされ酷い目に遭わされ続けるク。 ある堪忍袋の尾が切れていついににを企て、を飲ませたをに嬲る。 だが、そのことがけでの秘めたる恋心に気がついてう。 叶わぬ恋心だったが… というよう。 するけど、の面もあるが。 実は作者がを基にとして連載しているので、ッと来た人は連載版も追けよう。 syosetu. 中編 15話 あらすじを「持ちの癖にその妹と隠れてに耽る二人の」。 うん…んどこの通り。 ただ、だと が、もうは複雑で、中盤に加えては現とのを重ねるようになる。 わないと思う。 図示するとこう の妹 -- -- -- 妹の「」と --。 つが兼妹の(ただし互いに別人設定)というを持。 で織られたか? とりあえずはまで。 なんでいけないことに興奮してうのだろうか、ふう。 していないの妹の純情さに対して、したうえも裏切るがまじで過ぎる。 終わりに。 っちなや絵、音声と比べて器官を直接刺激しない分、それらと比べて見劣りを感じるかもしれない。 しながらにより興奮する、つエーションや会話といったを直接する分、好みのが見つかりくまた飽きにくい気がしている。 にのが少ないためながすることも前者を助けるし、にはだけがゆえに他よりな拒絶が小さい気がしている。 syosetu. 入れようかと迷ったのだけどなもあるこのも紹介。 後なぜかしていのの体を乗っ取ってった妹。 せっかくだしと抜け殻のの体で遊んでいるとの兄の部分が反応してったので、でを慰めるのはとに流されるままを抱く話。 のを同時に受ける妹ののいことよ。 ってなぜこんなにもなのか。 このはにしていくも実にいのが、にはまったくの無いのが、そより遥いと思う。 この後めちゃくちゃセ構文に繋がるなの一つ。 実はこのを初読したのはではなく、何年も昔にページのたどり着いた今は無き作者のだった。 なのででこのをして驚いたとともに懐かしさを感じただった。 他にも同作者の「prismatic inane」も多少、人を選ぶが。 のがのようにの体を売るという実に痛いが、大きな腕に抱きしめられるが待っているので気力がある人はぜひ読んでくれ。 そして読後感を噛み締めてくれ。

次の