チャイナ ボタン 作り方。 【おさいほう】チャイナカラーのブラウスの縫い方

【おさいほう】チャイナカラーのブラウスの縫い方

チャイナ ボタン 作り方

小さい前身頃の下は、見返しを縫い付けるので1㎝縫 わずにあける。 えりをぬう えりの表同士が内側になるようにに 重ねる。 赤い線のところを縫い合わせます。 縫い目を切らないよう0. 2cm程はなれた所で、角を切り落とす。 縫い代を折りたたみ表替えす 表に返して、表から0. 5cmのところを縫う。 えりぐりに襟を重ねる。 えりと襟首を一緒にほつれどめをする。 表が見えるようにした身頃に裏を上にしたを重ねる。 カーブの所は縫い目を切らないように切り込みを入れる。 切込みを入れないと見返しを裏返した時に引きつります。 脇の持ち出しを作る。 見返しの上に多少重ねて持ち出しを1cm幅で縫う。 縫い代が身頃側になるよう持ち出しを表がえす。 縫い目から0. 2cmの所を縫う。 (途中からバイアスがあるので、糸を替える) すそをアイロンで折る。 青い部部は縫い目から2~3mmの所。 赤い線は箸から5~7mmの所を縫う。 お好みでバイアステープで包む。 そで山にはそでを立体にする為に余裕が入いっています。 ココでギャザーを寄せておかなければ、そのままつけるとあまってしまう筈です。 またそで山の高い細身のそではそのままつけると左の写真のように体に添わない形になるので、そでぐりより長くし、ギャザーを入れることによって丸みを出して立体的になるように作られているものもあります こうやって比較を見ると、ギャザーを入れる意味が分かっていただけると思います。 ギャザーの縫い方 そでの底を縫う。 そでを身頃の中に入れて、そで山と脇をピンでとめる。 ギャザー縫いの糸を引っ張って長さを調節しながら均等にピンを刺す。 慣れていない人は端から7mmのところを仕付け糸で手縫いしてください。 縫い目の幅は1~1.5cmくらいの大きな縫い目で縫う。 そでを1cmの幅で縫う。 そでがついたらしつけ糸は抜く。 そでを通して長さを確認する。 ちょうどいい長さでそで口の縫い代を内側に折る。 バイアステープでくるむ場合は縫い代を切り落としてからバイアスでくるんでください。 仕上げに縫い代にしっかりアイロンをかけて完成です。 仕上げのアイロンはしわをのばすよりも、縫い代にしっかり折り目をつけることが重要です。 スナップボタンをつける。 あとはお好みでチャイナボタンを手縫いで縫う。 基本的に色落ちがしやすいです。 色落ちしないものもたまにあるので、洗濯出来ないものもあるので、あまり生地を水につけてどれだけ色落ちするか確認してください。 ツイルは布の織り方の名前なので繊維の太さや加工によって特徴が変わるので、一度サンプル取り寄せするのがオススメです ツイルの一種ですが、薄めでやや張りのある生地です。 軽さを出したいけど張りも欲しいというときに。 光沢の押えられたサテン。 反射の強いサテンだとデザインによってはパーティーグッズのようになりがちなので、それを避けたい時に。 どこの手芸店でも手に入りやすい生地で縫いやすいです。 綿100%なのでどうしてもシワが入りやすいです。 柔らかくドレープ感のあるデザインに向いています。 写真の洋服はアムンゼンで作ってあります 化繊なので軽く、しわが入りにくいです。 ポリエステルツイ ルより軽いです。 ややテロテロしているので裁断のとき少しずれやすいです。 特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするので何十通りの布の量をここに書くわけにも行きませんからね.

次の

【おさいほう】チャイナカラーのブラウスの縫い方

チャイナ ボタン 作り方

材料をそろえる チャイナボタンを用意する 生地の色と柄やサイズやデザインや着用目的など考えて、形や色を選択します。 生地と対照的な色を使ったり、生地の中にある色を使ったり、花嫁用には派手なボタンを使うなど、用途によっていろいろな選択ができます。 日本ではなかなか手に入りませんが、日暮里の繊維問屋街に行くと、種類は少ないですが売っています。 生地を用意する 記念のイベントで着用する場合には、シルクのチャイナドレスをお勧めしますが、普段着のチャイナ服を作るという場合には、日本の生地屋で木綿の生地などを買えば十分だと思います。 ベルベットの生地や薄い生地はとても作りにくいです。 チャイナドレスの生地は日本では新宿のオカダヤや、首都圏各地にあるユザワヤなどで買うことができます。 型紙(パターン)を用意する チャイナドレスの型紙は、市販の本にも載っています。 デザインは限られてしまいますがユザワヤにも置いてあります。 もし自分のサイズのオーダーメイドの型紙が欲しいという場合には、当店でも販売しております。 裏地を用意する 木綿のチャイナドレスは裏地なしでいいと思いますが、シルクのチャイナドレスの場合には通常裏地を付けます。 シルクの裏地の場合、たいていのものが縮んでしまうので、作る前に先に生地を洗います。 チャイナドレス製作時の注意すること• スリットは 最低でも膝上15cmぐらいにすることをお勧めします。 ピッタリした服なので、短くしすぎると歩けなくなってしまったり、着用そのものができなくなってしまうことがあります。 また片側スリットにする際には、太ももから高くスリットを入れることをお勧めします。 後ろファスナーの場合には、ファスナーはミドルヒップ上ぐらいまで下ろせるようにしなければ頭が通らなくなってしまうことがあります。 ヒップをきつくしすぎると座れなくなってしまいます。 ノースリーブや袖が短い場合に、アームホールのところを広くしすぎると、 横から下着が見えてしまうことがあります。 あわせるのが一番難しい部分は肩のラインかもしれません。 肩は個人差があるためちょっとした皺ができることが多いです。 チャイナドレスの縫い方 アオザイの縫い方.

次の

アジアンノットの結び方10種類|中華風の飾り結びストラップの作り方は?

チャイナ ボタン 作り方

小さい前身頃の下は、見返しを縫い付けるので1㎝縫 わずにあける。 えりをぬう えりの表同士が内側になるようにに 重ねる。 赤い線のところを縫い合わせます。 縫い目を切らないよう0. 2cm程はなれた所で、角を切り落とす。 縫い代を折りたたみ表替えす 表に返して、表から0. 5cmのところを縫う。 えりぐりに襟を重ねる。 えりと襟首を一緒にほつれどめをする。 表が見えるようにした身頃に裏を上にしたを重ねる。 カーブの所は縫い目を切らないように切り込みを入れる。 切込みを入れないと見返しを裏返した時に引きつります。 脇の持ち出しを作る。 見返しの上に多少重ねて持ち出しを1cm幅で縫う。 縫い代が身頃側になるよう持ち出しを表がえす。 縫い目から0. 2cmの所を縫う。 (途中からバイアスがあるので、糸を替える) すそをアイロンで折る。 青い部部は縫い目から2~3mmの所。 赤い線は箸から5~7mmの所を縫う。 お好みでバイアステープで包む。 そで山にはそでを立体にする為に余裕が入いっています。 ココでギャザーを寄せておかなければ、そのままつけるとあまってしまう筈です。 またそで山の高い細身のそではそのままつけると左の写真のように体に添わない形になるので、そでぐりより長くし、ギャザーを入れることによって丸みを出して立体的になるように作られているものもあります こうやって比較を見ると、ギャザーを入れる意味が分かっていただけると思います。 ギャザーの縫い方 そでの底を縫う。 そでを身頃の中に入れて、そで山と脇をピンでとめる。 ギャザー縫いの糸を引っ張って長さを調節しながら均等にピンを刺す。 慣れていない人は端から7mmのところを仕付け糸で手縫いしてください。 縫い目の幅は1~1.5cmくらいの大きな縫い目で縫う。 そでを1cmの幅で縫う。 そでがついたらしつけ糸は抜く。 そでを通して長さを確認する。 ちょうどいい長さでそで口の縫い代を内側に折る。 バイアステープでくるむ場合は縫い代を切り落としてからバイアスでくるんでください。 仕上げに縫い代にしっかりアイロンをかけて完成です。 仕上げのアイロンはしわをのばすよりも、縫い代にしっかり折り目をつけることが重要です。 スナップボタンをつける。 あとはお好みでチャイナボタンを手縫いで縫う。 基本的に色落ちがしやすいです。 色落ちしないものもたまにあるので、洗濯出来ないものもあるので、あまり生地を水につけてどれだけ色落ちするか確認してください。 ツイルは布の織り方の名前なので繊維の太さや加工によって特徴が変わるので、一度サンプル取り寄せするのがオススメです ツイルの一種ですが、薄めでやや張りのある生地です。 軽さを出したいけど張りも欲しいというときに。 光沢の押えられたサテン。 反射の強いサテンだとデザインによってはパーティーグッズのようになりがちなので、それを避けたい時に。 どこの手芸店でも手に入りやすい生地で縫いやすいです。 綿100%なのでどうしてもシワが入りやすいです。 柔らかくドレープ感のあるデザインに向いています。 写真の洋服はアムンゼンで作ってあります 化繊なので軽く、しわが入りにくいです。 ポリエステルツイ ルより軽いです。 ややテロテロしているので裁断のとき少しずれやすいです。 特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするので何十通りの布の量をここに書くわけにも行きませんからね.

次の