ご 丁寧 に ご 連絡 いただき ありがとう ござい ます。 ビジネス英語でありがとうございますを表現!返事やお礼メールの伝え方とは?

「ご対応」のビジネスシーン・メールでの使い方と例文集

ご 丁寧 に ご 連絡 いただき ありがとう ござい ます

冒頭でも述べたように、社会人は敬語や丁寧な言葉遣いでのやり取りが、必須だと言われています。 そのため、「ご丁寧にありがとうございます」というフレーズについても、敬語や丁寧な言葉遣いへの言い換えをする必要があると言えるでしょう。 そこで続いては、「ご丁寧にありがとうございます」の敬語への言い換えについて、考察していきます。 結論から言うと、「ご丁寧にありがとうございます」という表現も、十分丁寧な言い回しだと言えそうです。 しかし、より丁寧に表現したい場合は、「ご丁寧に」と「ありがとうございます」の間に、何に対してのお礼の言葉なのか、相手にしてもらったことなどを入れることをおすすめします。 その際に、「ご連絡をいただきまして」や「お電話をいただきまして」といった言葉を敬語で付け加えることで、「ご丁寧にありがとうございます」を敬語で使用することができると考えられそうです。 続いては、目上の人に対して「ご丁寧にありがとうございます」を使用する場合の、使い方について考察していきます。 目上の人に対して、「ご丁寧にありがとうございます」という言いまわしを使う場合も、上記でご紹介したような、敬語表現や丁寧な言い回しを心掛けることをおすすめします。 一例としては、「大変ご丁寧なご指摘、ありがとうございます」「ご丁寧なアドバイスをいただき、ありがとうございます」といった言い回しが考えられそうです。 「ご丁寧にありがとうございます」の類語.

次の

「ご丁寧にありがとうございます」は嫌味?正しいビジネスメールなら…

ご 丁寧 に ご 連絡 いただき ありがとう ござい ます

「早々のご対応」の意味と敬語 「早々」の読み方は「そうそう」「はやばや」 「早々」は「 そうそう」「 はやばや」という二つの読み方が存在します。 「早々」は「はやばや」と読むのが、古くからの慣用読みで、「はやはや」と読むこともありますが、かなり稀です。 このように、「早々」は漢字の読み方によって、使い方に少々違いがありますが意味は同じです。 「早々ご対応」の場合は「そうそう」と読みます。 「早々」の意味は「すぐ・直後」「できるだけ物事を行おうとする気持ちを表す 「早々(そうそう)」の場合は、名詞と副詞の二つの品詞があります。 「早々のご対応」の場合は、副詞として使用されています。 「ご対応」は「対応」の尊敬語なので社外でも使える 「ご対応」は、「 相手や周囲の状況に応じて物事を行う」という意味の言葉です。 「対応」という言葉に尊敬を表す接頭語の「お」をつけた尊敬語であるため、目上の人や、社外でも使用することができる言葉です、 また、話し言葉としてだけではなく文章でも使用することができる丁寧な言葉なので、ビジネスメールでの返信の際にも使用できます。 「早々のご対応」のメールでの使い方と例文 「早々のご対応ありがとうございます」の形で使うのが基本 「早々」は、「 早々のご対応ありがとうございます」という形で使用することが基本です。 「 素早く対応してくれてありがとう」という意味で、自分が依頼したことに対して、相手がすぐに対応してくれたということに対してお礼を伝える言い回しが「早速のご対応ありがとうございます」です。 例文 「ご多忙の折、早々のご対応ありがとうございます。 大変助かりました」 「早々のご対応ありがとうありがとうございます。 再度検討させていただき今週中にお返事いたします」 「早々のご対応、感謝申し上げます」 「早々にご対応いただき、誠にありがとうございます」だとより丁寧 「早々にご対応ありがとうございます」は、「早々にご対応いただき、誠にありがとうございます」だとより丁寧な言い回しになります。 「〜いただき」は、「 〜してもらう」の謙譲語です。 謙譲語とは、相手に敬意をしめすために自分側の事をへりくだった言い方をする表現のことをいいますので、「ご対応いただき、誠にありがとうございます」は相手に敬意を示した丁寧であるということがわかります。 「早々にご対応を頂き」とも書かれることがありますが、「いただく」を漢字で書く場合は「食べる・飲む」の謙譲語にたいしての場合となるため誤りです。 「物をもらう」「確認をしてもらう」などの 動作に対する場合は、「いただく」とひらがなで書くことが基本となりますので、間違えることのないように使い分けましょう。 例文 「お忙しい中依頼したにも関わらず、早々にご対応いただき誠にありがとうございます」 「先日は、お忙しいところ早々にご対応いただき誠にありがとうございます」 「予期せぬトラブルだったにも関わらず早々のご対応とアドバイスをいただき誠にありがとうございます」 「ありがとうございます」を「感謝いたします」「お礼申し上げます」とするとより堅い印象に 「ありがとうございます」を、 ・感謝いたします ・お礼申し上げます などの表現に置き換えるとよいフォーマルな響きになります。 しかし、「ありがとうございます」も正式な敬語ですので、「ありがとうございます」のままビジネスメールで使用しても全く問題ありません。 例文 ・早々のご対応感謝いたします。 ・突然の依頼にも関わらず早々にご対応いただきお礼申し上げます。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などと文頭に入れるとなおよし 「早速のご対応ありがとうございます」は、 「お忙しい中」「ご多忙の折」など文頭に入れるとなお印象が良いです。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などは、「 お忙しいにも関わらず対応をしていただきありがとうございます」といういった意味で、忙しい中自分のために時間を費やしてくれたことに対しての感謝を表すことができます。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などは単に社交辞令であるため、本来の意味と違い相手が暇そうな場合でも使える言葉です。 この人は今、暇そうだから「お忙しいところ~」は使えない。 あの人は今は忙しそうだから「お忙しいところ~」を絶対に使うべき。 とか、そういった使い分けは必要ありません。 相手が誰であろうと「お忙しいところ~」は使うことができます。 例文 ・お忙しい中早々のご対応ありがとうございます。 ・ご多忙の折早々のご対応いただき感謝申し上げます。 「早々のご返信」もよく使う 「早々のご返事」もよく使う言い回しです。 自分が送信したメールや手紙に対してすぐに返事をくれたことにたいするお礼の言葉です。 「ご返信」は、「返信」という言葉に尊敬を表す接頭語の「ご」がついている言葉なので、目上の人に対して使用することができる言葉です。 社内の上司に連絡をとり、すぐに返信をもらったという場面にも使用することができます。 例文 ・お忙しい中早々のご返信ありがとうございます。 ・突然の連絡だったのにも関わらず早々のご返信感謝申し上げます。 自分が目上に対応するときは「早々にご対応いたします」 自分が目上の人に対応するときは「 早々に対応いたします」という言い回しを使用します。 この場合の「対応」についている「ご」は、「ご〜いたします」で謙譲語で、自分の「対応する」という行為をへりくだった表現をすることで相手に敬意をしめす言い回しとなります。 目上の人に何か依頼をされたというような場面で「すぐに対応します」という誠意をしめすことができる言葉です。 「早々にご対応いたします」と答えた場合にはすぐに対応し、時間をあけることがないようにしましょう。 例文 「恐れ入りますが早々にご対応いたしますので少々お待ちいただけますか」 「何か問題があった場合は早々にご対応いたしますのでご安心ください」 「お客様からのご期待に応えられるよう、早々にご対応いたします」 「早々のご対応」の使用上の注意点 「早々の対応」は目上の人には使えない 目上の人に対して「早々の対応ありがとうございます」と言うのは失礼にあたります。 「早速の対応」は敬語ではないからです。 「対応」に 尊敬を表す接頭語の「ご」を付けて、「早々のご対応」とするのがビジネスメールではマナーです。 「早々のご対応いただき」は誤った日本語 「早々のご対応いただき」は文法的に間違った日本語です。 正しくは「 早々のご対応をいただき」または「 早々ご対応いただき」になります。 「早々[の]ご対応」というふうに[の]を入れる場合は、「ご対応」が名詞扱いになります。 そのため、助詞「を」を使う必要があります。 または、「ご対応いただく」で一つの動詞として扱うことも可能です。 (二重敬語だと主張する人もいますが、慣習的に広く使用されている表現で、正しい敬語として現在では認められています) 「早々のご対応ありがとうございます」は上から目線になる可能性あり 「早々のご対応ありがとうございます」は場合によっては、上から目線になってしまう可能性があるので注意が必要です。 迅速な対応をするのが当たり前だと思っている人や企業に対して「早々のご対応ありがとうございます」と言ってしまうと、「もっと遅くやると思ってたのか?」「このスピード感で仕事するの普通だけど?」と感じる人がいるかもしれません。 (そこまで嫌味っぽく考える人は少数派だと思いますが... ) 相手側が多忙である事がお互いの共通認識で、かつ相手の返信や対応が著しく速かった場合のみに、この言い回しの使用を限定した方が無難と言えるでしょう。 「早々のご対応」の類語・言い換え 早速のご対応 「早速」の読み方は「 さっそく」です。 「早速のご対応」の場合の「早速」は、「対応」という動詞を修飾している副詞として使用されています。 副詞での「早速」の意味は ・すぐに ・直ちに ・すみやかに ・対応が早いさま となります。 つまり、「早速のご対応」は「 対応が素早いこと」を意味する言葉であるといういことがわかります。 例文 「お忙しい中依頼したにも関わらず、早速のご対応ありがとうございます」 「早速のご対応、感謝申し上げます」 「早速のご対応ありがとうございます。 いただきました資料は次回の会議に資料として使用させていただきます」 迅速なご対応 「迅速(じんそく)」は、「 物事の進み具合や行動などが非常に速いこと」を意味していて、「迅速なご対応」は「 非常に早い対応」というようなニュアンスで使用される言い回しです。 対応の尊敬語を使用しているため、目上の人やビジネスメールでも使用することが可能です。 近年では、ネットオークションなどの売買のやりとりで素早いやり取りで取引を終えられたという場面で「迅速な対応ありがとうございました」とお礼を述べることが多いです。 例文 「この度は迅速なご対応をしていただき、誠にありがとうございました」 「お忙しいところ、迅速にご対応していただき、ありがたく存じます」 「お客様からのご期待に応えられるよう、迅速なご対応をいたします」 早急のご対応 「早急」は、「 そうきゅう」と読みます。 また、「 さっきゅう」とも読むことができます。 そうきゅう」と読んでいる人のほうが割合はとてもお多いですが、本来は「さっきゅう」と読む言葉でるということも覚えておきましょう。 「早急」の意味は、「 非常に急ぐこと」で、「 早急のご対応」は「非常に早く対応をする」という意味になります。 丁寧な言い回しであるため、目上の人に素早い対応をしてもらったというお礼を伝える場面で使用することができます。 例文 「早急にご対応いただきありがとうございました。 お陰様でプレゼンは大成功をで収めることができました」 「早急にご対応いただけたお陰で、大惨事に至らず助かりましたありがとうございます」 「早急にご対応いただき誠にありがとうございました」 「早々のご対応」の英語 「早々の」の英語は「prompt」「swift」「speedy」など 「迅速な」を意味する英語には、 ・promt ・swift ・speedy ・quick などがあります。 ちなみに「迅速な対応」という意味で「fast」を使うのは不自然です。 「fast」は「人や物体が継続的に速い」という意味なので、返信などの一時的な行為に対して使うのは誤りとなります。 感謝の表現は「I appreciate... 」がビジネスシーンでは一般的 感謝・お礼の表現で最も一般的なのは「 Thank you for... 」ですよね。 ビジネスシーンでは「 I appreciate... 」という表現がより一般的です。 「早々の対応」の英語の例文.

次の

ビジネス英語でありがとうございますを表現!返事やお礼メールの伝え方とは?

ご 丁寧 に ご 連絡 いただき ありがとう ござい ます

このページのまとめ• 敬語は「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3種類• 丁寧な対応へのお礼は「ご丁寧にありがとうございました」• 「ご丁寧に」は「詳細にわたる」「ご配慮いただき」などに言い換えられる• 連絡に対するお礼は「ご連絡ありがとうございました」 就活では、OB・OGや企業とコミュニケーションをとる機会があります。 敬語表現が分からないとき、メールであればWebサイトなどで調べてから書けますが、電話や対面の場合は焦ってしまうかもしれません。 ここでは、「ご丁寧に」「ご連絡」に着目し、表現の例や注意点を解説。 当コラムを読み、敬語の基礎知識を身につけましょう! 敬語の種類 敬語は、「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3種類に大別できます。 まずは尊敬語と謙譲語の特徴を見ていきましょう。 尊敬語と謙譲語の間違えやすい例として挙げられるのは、「ぜひ拝見してください」という表現。 「拝見」は謙譲語であり、相手の動作に対しては使えません。 この文の場合、正しい表現は「ぜひご覧になってください」です。 上記にもあるとおり、尊敬語は相手の動作、謙譲語は自分の動作に対して使うということを覚えておきましょう。 次に、丁寧語の使い方や表現例をご紹介します。 このような場面で丁寧な対応をしてもらったとき、お礼を言う場合は「ご丁寧にありがとうございました」と表現するのが適切。 「丁寧にありがとうございました」でも意味は通じますが、「敬意が感じられない」と思う人がいるかもしれないので注意してください。 そのほか、「ご丁寧に」は下記のような表現でも使えます。 ・この度はご丁寧にご指導いただき、誠にありがとうございました ・ご丁寧にお知らせいただき、ありがとうございます ・ご丁寧な対応をしていただき、ありがとうございます ・ご丁寧な報告をいただき、感謝しております 上記の言い回しは就職後も使うため、今のうちから覚えておきましょう。 「ご丁寧に」を言い換えると? 前項でご紹介した「ご丁寧に」は、下記のように言い換えることもできます。 ・詳細にわたる ・ご配慮いただき ・十分に ・丁重に ・きめ細やかな ・手厚い 上記から「詳細にわたる」「ご配慮いただき」をピックアップし、例文をご紹介します。 ・詳細にわたるご回答をありがとうございます ・格別のご配慮をいただきまして、誠にありがとうございます 「ご丁寧に」の言い換え例を見ても分かるように、同じ意味を持つ言葉は多くあるため、1つの文中で重複して使わないよう注意が必要です。 たとえば「詳細にわたるご丁寧なご回答をありがとうございます」という表現は、一見丁寧な表現のように見えますが、くどい印象を与える可能性があります。 「より丁寧な文にしたいから、たくさん敬語を使った方が良いのでは?」と思う人がいるかもしれませんが、この文の場合「詳細にわたるご回答を」「ご丁寧な回答を」のどちらか一方にするのが無難です。 「連絡」の敬語表現 就活の際、「連絡」という言葉を使う機会も多いですが、どのような表現にすれば良いか迷う人もいるでしょう。 先述のとおり、「連絡」は「ご連絡」にすると丁寧な表現になります。 自分と相手のどちらが連絡する場合でも、「ご連絡」にして問題ありません。 「ご連絡」を使った表現の例は、下記のとおりです。 自分が連絡する場合 ・確認した後、ご連絡させていただきます ・後ほどご連絡申し上げます ・ご連絡が遅くなってしまい、申し訳ございません 相手が連絡する場合 ・早速のご連絡ありがとうございます ・ご連絡くださいましてありがとうございます ・お手すきの際にご連絡いただけますと幸いです ・ご連絡いただけますよう、お願い申し上げます ・お忙しい中ご連絡くださり、誠にありがとうございました 連絡へのお礼を伝えるタイミングですが、メールや電話の冒頭で氏名を言った後、「ご連絡ありがとうございます」と続けるのが自然な流れです。 お礼を最後に言いたいときは、「ご連絡ありがとうございました」と過去形にすると良いでしょう。 ここまで「ご丁寧に」「ご連絡」の使い方を確認しましたが、いかがでしたでしょうか。 正しい敬語表現を使うことは、相手と良好な関係を築くために大切です。 就活の際も、正しい言葉遣いができていれば「基本的なビジネスマナーが身についている」と企業側に判断してもらえます。 敬語に苦手意識のある人や普段使う機会があまりない人も、少しずつ身につけていきましょう。 「就活のマナーについてアドバイスをもらいたい」「一人で就活を進めるのが不安」という方は、キャリアチケットに相談してみてはいかがでしょうか。 キャリアチケットは、新卒者の方を対象に就活支援を行う就職エージェントです。 就活アドバイザーがカウンセリングで適性を把握し、あなたに合うお仕事をご紹介します。 当サービスは、応募書類の添削や面接対策といったサポートをマンツーマンで実施。 就活アドバイザーとはチャットツールで連絡をとれるので、「電話するのは億劫…」という人も気軽に相談できます。 当サービスのご利用は、すべて無料。 就活に不安がある方は、ぜひご相談ください。

次の