コロナ 閉店 大阪。 郷ひろみ“オーナー”の「ファンと地元が23年愛したイタリアン」がコロナ自粛で閉店

【老舗】「づぼらや」閉店へ コロナで営業自粛 大阪

コロナ 閉店 大阪

関西圏の友人に拡散しておきます! 頑張ってほしいです😭 — nikodrago nyandies 東京でどうしても美味しいおうどん食べたいときは新橋の美々卯行ってたけど、新橋の美々卯もすでに閉店してたんだな。 — 神戸にゃんた kobenyanta それは大問題。 関西出身の私は美々卯のうどんが大好きで、大阪に帰ったときには必ず食べに行きますし、東京に支店があるとわかって狂喜乱舞しました。 お取り寄せ、チェックします。 — n. 東京は閉店でも大阪に行けばあの味が食べられると思えるなら、まだ希望はある。 それから東京や千葉の店にも行ったよ。 せめて通販でも、と思ってサイトに行ったら混んでて入れんかったw後で再チャレンジします。 皆様も是非。 外食は美々卯があれば美々卯と決めています。 そろそろ鱧のうどんの時期ですよね。 えらいこっちゃ、ちょっとオンラインショップで買う。

次の

【コロナ閉店】うどんすきの『東京美々卯』全店閉店! 本家の大阪『美々卯』は大丈夫らしい・・・情報がtwitterで拡散される

コロナ 閉店 大阪

将棋の名勝負の対局場としても知られた大阪市北区の老舗料亭「芝苑(しえん)」がこのほど閉店した。 もともと経営の厳しいところに新型コロナウイルスの影響を受け、客が減少。 接遇する従業員の安全への懸念もあり、5月25日に店を閉じた。 長年、若女将を務めた久島眞知子さんによると芝苑は1953年創業という。 谷川浩司九段(58)や羽生善治九段(49)ら多くのトップ棋士が対局してきた。 かつては朝日新聞社主催の将棋の公式戦で、決勝の大阪対局の舞台に何度も起用された。 控室には検討用にたくさんの将棋盤が並べられ、日本将棋連盟関西本部(大阪市)に所属する棋士が数十人集まることも。 1年に一度ほど出現する関西将棋界の社交場のような、にぎわいの場だった。 久島さんらが重要な対局の設営を献身的に支えてきた。 その功績から日本将棋連盟は2006年、将棋の普及や文化振興に貢献した個人や団体に贈られる「大山康晴賞」に、料亭の芝苑を選んだほどだ。 藤井聡太七段(17)の師匠、….

次の

大阪・本町 営業自粛のバー 閉店中に腐るビールを26杯無料ふるまい

コロナ 閉店 大阪

著名なプロから売り出し中の若手まで、幅広い層の音楽家が演奏会を行ってきた大阪・北新地のクラシックライブサロン「サロン・ドゥ・アヴェンヌ」(大阪市北区)が、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、今月末での閉店を決めた。 世界3大ピアノ・ブランドの一つ、ベーゼンドルファー社の高級ピアノを備えた音楽を愛する大人の社交場は15年の歴史に幕を下ろす。 (織田淳嗣) 同店は平成17年、当時ピアニストとして活動していた豊中市議の沢村美香さん(56)が開業し、19年に現在地に移転した。 「コンサートホールより気軽に音楽に触れられて、特に若手が活躍できる場を都心に作りたい」との思いからの開業だった。 出資を募り1千万円近い価格で購入した、ベーゼンドルファー社製のピアノ「Model200」を備えた店内は、定員50人程度。 小原孝さん、赤松林太郎さんら著名な音楽家だけでなく、ホールでの集客の難しい若手の演奏会も開かれ、気軽に会食など交流が進められていた。 看板のピアノはごく弱く弾く「ピアニシモ」など繊細な表現に定評があり、その分扱いが難しいとされる。 開業以来コンサートなどで伴奏を務めてきたピアニストの橋本尚さん(52)は「うまく弾けず心で泣いたことも。 やっと思いに応えてくれるようになったところだった」と話す。 コロナ禍を受け、同店では入場客を絞るなどしてコンサートを企画したが、4、5月はほぼ営業を休止。 一等地の家賃負担は重くのしかかった。 また入居するビルは再開発を進めている最中で、賃貸契約期限はもともと6月まで。 保有会社は便宜を図り、12月までの入居延長の提案をしてくれたが「これまで通りの営業が続けられる保証はなく、先が見通せない」(沢村さん)として期限を機に決断した。 現在、閉店に向けてさまざまなイベントを開催。 13日に開いたピアノ伴奏の歌会には声楽経験者や、同店で知り合い結婚したという夫婦が家族連れで来訪するなど、和やかな集いとなった。 沢村さんは「とても残念ですが、交流を深めるサロンの役割は一定程度は果たせたのかな、とも思います」と話した。 ピアノは当面、楽器専用の倉庫に預けられるという。

次の