ファミリーマート 女性。 【応募者必見】「ファミリーマート」バイトの面接に関する評判・口コミまとめ

ファミリーマート

ファミリーマート 女性

常に新しい価値の創造• クオリティの高い、安全・安心な商品・サービスの提供• 全てのステークホルダーに対する責任の追及• 地域・社会の発展への貢献• 地球環境保全・社会貢献• 自らが「感じ」「気づき」「行動する」闊達な風土の育み ファミリーマートでは、上記のような基本理念をもとに、消費者に安全・安心な商品やサービスを提供しながら、新しい価値の創造や社会貢献に取り組んでいる企業です。 2019年2月期の段階においては、国内外に23,814店の店舗を構え、多くの人々に利用されるフランチャイズチェーン店を展開しています。 海外にも多くの店舗があることからも、国際協調を重視している企業であることがわかるでしょう。 ファミリーマートは「あなたと、コンビに、ファミリーマート」というコーポレートメッセージを掲げています。 お客様にとって身近な存在であり続けることができるように、地域展開をおこない、地域や社会の発展に貢献をしているのです。 常に新鮮さのあるコンビニエンスストアになれるように、企業内でも闊達な風土を目指して日々業務にあたっている点が特徴ともいえるでしょう。 フランチャイズシステムというのは、フランチャイザーといわれる本部が、フランチャイジーといわれる加盟店に対してさまざまな指示を出し、加盟店はその指示に基づいて営業をおこなうビジネスの方法をいいます。 具体的には、お店で販売する商品やサービスの仕入先や仕入れ方法、商品管理のシステムだけでなく、どのように販売促進をおこなっていけば良いかなど、お店の利益を上げるためにあらゆるノウハウを提供します。 これらのノウハウをもらう代わりに、加盟店は加盟金や、あらかじめ決められている売り上げの一部を本部に支払うことで、このようなビジネスが成り立っているのです。 フランチャイズ経営をおこなうことは、加盟店にとって、一からお店を始めるよりもリスクが少ないことや、開業の経験がなくても挑戦することができるなど、メリットが多くあります。 一方の本部としても、あらゆる地域にお店を展開することができるので、企業の経営でも多くの利益が見込めるという点がメリットとなっています。 売上 ファミリーマートでは、2019年2月期に、チェーン全店の売上高が2,982,852百万円を突破しています。 給料も、全国的レベルの企業にふさわしい金額が支払われているようです。 また、賞与やボーナスも支払われていて、今後、さらなる発展が見込まれるので、安定した収入を得ることができるでしょう。 さらに、昇給に関係する査定制度もきちんと設けられているため、やるべきことをしっかりこなすことで、正当な評価をしてもらえ、その頑張りが給料にも反映されるようです。 また、店舗勤務の場合は、店舗の売上によって業績賞与を期待することができるので、自分の努力が実になれば、結果として給料も多くもらえるのも魅力でしょう。 従業員数 ファミリーマートの従業員数は、2019年2月末の時点で6,045名となっています。 中途採用もおこなっているので、コンビニエンスストアで働いたことがある方にとっては、転職の間口は広いといえるでしょう。 しかし、未経験の方の採用も積極的におこなっているので、コンビニ業界は初めてという方でも安心して応募してみて下さい。 店舗での接客だけでなく、営業や、本部で管理をする部署もあります。 また、募集条件に関しても、中途採用だけでなく派遣社員やパート採用も実施されているので、まずはそのような雇用形態で働きたいという方でも問題ありません。 ファミリーマートの転職難易度 ファミリーマートへ転職する際には、特に持っていないといけない資格はありません。 しかし、接客経験や営業経験があると採用されやすくなる可能性はあります。 また、原則的には、募集中の雇用形態または職種以外の応募は受け付けていないので、自分が希望する雇用形態や職種が募集されているかどうかを確認してから応募するようにして下さい。 なお、管理事務などの職種に関しては、必要な資格がある場合もあるので、気を付けましょう。 このように、応募する時点で一定のハードルが引かれている職種もあります。 また、フランチャイズ展開をしていることからも分かるように、ファミリーマート直営店での店長を募集していることもあります。 直営店長として働く場合は、店舗経営に関する事柄や、パートナーの育成など、お店を経営していく上で必要になるノウハウを事前に教えてもらうことができます。 そのため、未経験でも挑戦できるでしょう。 ファミリーマートの年収は平均680万円程度 ファミリーマートで働く社員の平均年収は、平成29年度で680万円程度の実績があります。 一般職と総合職によってももらうことができる年収には差があるので、転職する際は、どちらの職種にしたいのか考えてから応募するようにしましょう。 なお、残業手当も支給されているほか、業績に応じて、賞与の金額も変動します。 伊藤忠グループの参加でもあり、日本独自にシステム開発がおこなわれたコンビニとして、国内外に数多くの店舗があり、業界の中でもいち早く海外進出をしたコンビニエンスストア企業としても知られています。 すでに、海外にも店舗進出しているものの、今後、更なる事業展開をおこなう可能性もあるので、年収も高くなるかもしれません。 転職後の昇給はしやすい? ファミリーマートでは、従業員数も多く、管理職のポストもたくさんあります。 実力に応じて役職をもらうことができる環境なので、頑張り次第で役職がつくかもしれません。 なお、中途採用の場合は、即戦力となる人材が求められているので、ある程度、接客や営業経験がある人であれば、すぐに年収を増やすことができるでしょう。 また、査定制度もしっかりしているので、実力に応じた年収をもらえます。 店舗で働いた場合は、その店舗の売り上げ実績に応じて評価も変わるので、多く売ることができれば、その分の給料を受け取ることができます。 国内外への展開など、業績も伸びていて、賞与や昇給もおこなわれているので、安心できるでしょう。 ボーナス・賞与は貰える? ファミリーマートでは、毎年、業績に応じたボーナスと賞与が支給されています。 昇給は年1回、賞与は年2回支給されるようです。 業績が良いようであれば、高い金額をもらうこともできます。 フランチャイズ店舗の店長として勤務した場合は、お店の売上によってもらえる金額が異なるので、成果を出せる方はやりがいを感じやすい環境になっているといえます。 頑張りに応じた金額が支給されるので、モチベーションの向上にもつながる評価体制となっています。 職種によって賞与額も変わりますが、4ヶ月分程度の金額が支給されるのが一般的なようです。 保険としては、労災・雇用・健康・厚生年金が完備されているほか、社員持株制度や財形貯蓄制度、ライフプラン支援金制度が用意されています。 また、育児や介護をしている社員も務めやすいように、育児勤務制度や介護勤務制度が設けられています。 そのため、子育てや介護をしている社員でも働き続けることができるでしょう。 さらに、レジャー施設割引やホテル宿泊割引といった福利厚生もあるので、これらを利用して休暇を楽しむのも良いかもしれません。 なお、転勤の場合も、転勤転居に伴う社宅制度など、住宅サービスがあるので、安心できます。 このように、ファミリーマートでは、あらゆる福利厚生があるので、働きやすい企業であるということが分かります。 ファミリーマートの休日・休暇制度は整っている? 基本的には、完全週休2日制で祝日を中心とした指定休日という制度をとっています。 年間休日120日あり、有給も初年度は10日あります。 有給休暇の平均取得日数は、2017年度実績で9. 4日と、高い取得率となっています。 これらの休日以外にも、忌引休暇やリフレッシュ休暇をはじめ、出産休暇や結婚休暇も用意されています。 福利厚生として、育児勤務制度があるなど、子供を産んでも働きやすい環境が整えられていますが、出産や結婚の際にも休むことができるので安心です。 また、つわり休暇や妊娠中および出産後の通院休暇・産前、産後休暇もあります。 子供が生まれてからは、看病が必要な際に取ることができる看護休暇もあるので、女性に優しい企業であるともいえるでしょう。 さらに、生理休暇もあるため、辛い生理に悩む女性社員も安心できます。 ファミリーマートの残業時間は多い? 職種によっても異なるものの、月平均所定外労働時間は2017年度実績で19. 9時間となっています。 繁忙期などでは、これよりも多くなってしまうものの、プライベートと仕事が両立できる働き方が可能です。 なお、残業手当もきちんと支払われるので、働いた分の評価をしてもらえます。 ファミリーマートへ転職するまでの流れ• 公式サイト・転職サイト・人材紹介会社からエントリー• 書類選考• 適性検査• 一次面談• 二次面談• 応募方法としては、公式サイト・転職サイト・人材紹介会社からエントリーなど、いくつかの方法がありますが、どれを選択しても選考に影響することはありません。 そのため、転職サイト・サービスから応募をしても不利になることはないので、心配しなくて大丈夫です。 なお、募集されている職種や雇用形態に関しては、ファミリーマートの公式ホームページに記載されているので、応募の前に確認して下さい。 選考は、書類選考と適性検査がおこなわれたあと、複数回面談が予定されています。 ファミリーマートへ転職した人たちの口コミ・評判 年齢 28歳 性別 女性 前職 アパレル販売 転職理由 結婚や出産をしても働き続けられる職場へ転職したい 成果を出したら、きちんと評価してもらえる企業に転職したいと考え、ファミリーマートに応募しました。 ファミリーマートでは、評価制度もしっかりしているので、やればやった分だけ評価してもらうことができ、モチベーションの維持にもつながっています。 結果的に年収も希望の金額をもらうことができて良かったです。 ファミリーマートへの転職におすすめ転職サイト ファミリーマートへ転職するなら、転職サイト・エージェントの活用がオススメです。 転職サイトやエージェント経由でも、選考への影響はないので、せっかくならば、転職のプロであるコンサルタントと相談しつつ、ファミリーマートへ応募してみましょう。 コンサルタントは、企業からどのような人物が欲しいかを聞いているので、転職できるかどうかや、選考に受かるためにはどうしたら良いのかなどのアドバイスをしてもらえます。 エン転職 エン転職は、総合型転職サイトとして、第二新卒や未経験でも応募できる求人を多数紹介しています。 求人ページには、企業の社風や実際に働いている人の意見が載っているので、入社してからの雰囲気をイメージすることができるのです。 また、書類選考免除のスカウトメールが届くこともあるので、より自分に合った企業で働くことができる可能性が高いのが特徴です。 20代~30代前半の方が多数登録をおこなっていて、学歴不問や、社会人未経験歓迎の求人も扱っているので、新しいキャリアを築きたい方にもオススメです。 はたらいく はたらいくは、リクルートの転職サイト「はたらいく」の転職アプリとして知られています。 転職が初めてという方でも、サポートがあるので、安心して転職活動をすることができます。 また、はたらいくでは、自分に合った企業の求人を紹介してもらうこともできるので、自分ではどのような企業に応募したら良いか分からないという方でも、幅広い選択肢から選ぶことも可能です。 地元で働きたいという希望や、自分らしい働き方がしたいと考えている方は、ぜひ利用してみて下さい。

次の

ファミリーマートが実践する女性インサイトの捉え方とマーケティング戦略

ファミリーマート 女性

ファミリーマート(東京都/澤田貴司社長)の商品の訴求方法が大きく変わりつつある。 同社は19年2月期にマーケティング専門の部署を設置して以降、商品を戦略的に消費者にアピールすることで、総菜シリーズ「お母さん食堂」のヒットなどを実現している。 次は夏の看板商品の認知度を向上させるべく動き出している。 香取慎吾さんが出演するテレビCM「ファミマのフラッペつくりかたダンス篇」 「何を売りたいかが伝わる売場」をめざす フラッペ パピ ポピ ぺ 自分でモミモミ フラッペ ポピ ポピ ぺ ミルクだ ジョー。 この独特の歌詞とリズムに合わせてタレントの香取慎吾さんがダンスを踊るテレビCMを目にした人はいないだろうか。 4月22日から1週間全国放映されたもので、ファミリーマートがカウンターで提供するファストフードドリンク「フラッペ」の宣伝だ。 このテレビCM にも見られるように、ファミリーマートの商品の訴求方法が大きく変わりつつある。 18年3月、同社は新たに「マーケティング本部」(19年3月には経営企画本部内の『マーケティング部』に組織変更)を設立。 それまで別々に行っていた、商品のマーケティング、ブランディング、販売促進、広告業務を一元化し、全過程が一貫した専門性の高いマーケティングができるようにした。 マーケティング本部を設置したきっかけは、16年9月に澤田貴司社長がトップに就任後「ファミリーマートではPDCA(計画・実行・評価・改善)を回すという習慣が根づいていないところに課題を感じたから」だという。 「PDCAを基本としたマーケティングを実行し、われわれが何を売りたいのか消費者にしっかり伝わる売場を実現していく」(澤田社長)。 18年9月、同シリーズのイメージキャラクターに、メーンターゲット層である30~40代女性から支持を得ている香取慎吾さんを起用。 その結果、「お母さん食堂」シリーズが牽引し19年2月期の総菜の売上高は対前期比20%増と大きく伸長。 なかでも30~50代の女性の購入客数が同20%増と拡大したという。 ファミリーマート商品・物流・品質管理本部ファストフーズ部の木内智朗部長は「マーケティング本部ができたことで、店頭、接客、テレビCM、SNSなど、全体を通じてどのように消費者に商品をアピールしていくかを戦略的に考えるようになっている」と話す。 次のページは.

次の

ダイバーシティ&インクルージョン|サステナビリティ|ファミリーマート

ファミリーマート 女性

常に新しい価値の創造• クオリティの高い、安全・安心な商品・サービスの提供• 全てのステークホルダーに対する責任の追及• 地域・社会の発展への貢献• 地球環境保全・社会貢献• 自らが「感じ」「気づき」「行動する」闊達な風土の育み ファミリーマートでは、上記のような基本理念をもとに、消費者に安全・安心な商品やサービスを提供しながら、新しい価値の創造や社会貢献に取り組んでいる企業です。 2019年2月期の段階においては、国内外に23,814店の店舗を構え、多くの人々に利用されるフランチャイズチェーン店を展開しています。 海外にも多くの店舗があることからも、国際協調を重視している企業であることがわかるでしょう。 ファミリーマートは「あなたと、コンビに、ファミリーマート」というコーポレートメッセージを掲げています。 お客様にとって身近な存在であり続けることができるように、地域展開をおこない、地域や社会の発展に貢献をしているのです。 常に新鮮さのあるコンビニエンスストアになれるように、企業内でも闊達な風土を目指して日々業務にあたっている点が特徴ともいえるでしょう。 フランチャイズシステムというのは、フランチャイザーといわれる本部が、フランチャイジーといわれる加盟店に対してさまざまな指示を出し、加盟店はその指示に基づいて営業をおこなうビジネスの方法をいいます。 具体的には、お店で販売する商品やサービスの仕入先や仕入れ方法、商品管理のシステムだけでなく、どのように販売促進をおこなっていけば良いかなど、お店の利益を上げるためにあらゆるノウハウを提供します。 これらのノウハウをもらう代わりに、加盟店は加盟金や、あらかじめ決められている売り上げの一部を本部に支払うことで、このようなビジネスが成り立っているのです。 フランチャイズ経営をおこなうことは、加盟店にとって、一からお店を始めるよりもリスクが少ないことや、開業の経験がなくても挑戦することができるなど、メリットが多くあります。 一方の本部としても、あらゆる地域にお店を展開することができるので、企業の経営でも多くの利益が見込めるという点がメリットとなっています。 売上 ファミリーマートでは、2019年2月期に、チェーン全店の売上高が2,982,852百万円を突破しています。 給料も、全国的レベルの企業にふさわしい金額が支払われているようです。 また、賞与やボーナスも支払われていて、今後、さらなる発展が見込まれるので、安定した収入を得ることができるでしょう。 さらに、昇給に関係する査定制度もきちんと設けられているため、やるべきことをしっかりこなすことで、正当な評価をしてもらえ、その頑張りが給料にも反映されるようです。 また、店舗勤務の場合は、店舗の売上によって業績賞与を期待することができるので、自分の努力が実になれば、結果として給料も多くもらえるのも魅力でしょう。 従業員数 ファミリーマートの従業員数は、2019年2月末の時点で6,045名となっています。 中途採用もおこなっているので、コンビニエンスストアで働いたことがある方にとっては、転職の間口は広いといえるでしょう。 しかし、未経験の方の採用も積極的におこなっているので、コンビニ業界は初めてという方でも安心して応募してみて下さい。 店舗での接客だけでなく、営業や、本部で管理をする部署もあります。 また、募集条件に関しても、中途採用だけでなく派遣社員やパート採用も実施されているので、まずはそのような雇用形態で働きたいという方でも問題ありません。 ファミリーマートの転職難易度 ファミリーマートへ転職する際には、特に持っていないといけない資格はありません。 しかし、接客経験や営業経験があると採用されやすくなる可能性はあります。 また、原則的には、募集中の雇用形態または職種以外の応募は受け付けていないので、自分が希望する雇用形態や職種が募集されているかどうかを確認してから応募するようにして下さい。 なお、管理事務などの職種に関しては、必要な資格がある場合もあるので、気を付けましょう。 このように、応募する時点で一定のハードルが引かれている職種もあります。 また、フランチャイズ展開をしていることからも分かるように、ファミリーマート直営店での店長を募集していることもあります。 直営店長として働く場合は、店舗経営に関する事柄や、パートナーの育成など、お店を経営していく上で必要になるノウハウを事前に教えてもらうことができます。 そのため、未経験でも挑戦できるでしょう。 ファミリーマートの年収は平均680万円程度 ファミリーマートで働く社員の平均年収は、平成29年度で680万円程度の実績があります。 一般職と総合職によってももらうことができる年収には差があるので、転職する際は、どちらの職種にしたいのか考えてから応募するようにしましょう。 なお、残業手当も支給されているほか、業績に応じて、賞与の金額も変動します。 伊藤忠グループの参加でもあり、日本独自にシステム開発がおこなわれたコンビニとして、国内外に数多くの店舗があり、業界の中でもいち早く海外進出をしたコンビニエンスストア企業としても知られています。 すでに、海外にも店舗進出しているものの、今後、更なる事業展開をおこなう可能性もあるので、年収も高くなるかもしれません。 転職後の昇給はしやすい? ファミリーマートでは、従業員数も多く、管理職のポストもたくさんあります。 実力に応じて役職をもらうことができる環境なので、頑張り次第で役職がつくかもしれません。 なお、中途採用の場合は、即戦力となる人材が求められているので、ある程度、接客や営業経験がある人であれば、すぐに年収を増やすことができるでしょう。 また、査定制度もしっかりしているので、実力に応じた年収をもらえます。 店舗で働いた場合は、その店舗の売り上げ実績に応じて評価も変わるので、多く売ることができれば、その分の給料を受け取ることができます。 国内外への展開など、業績も伸びていて、賞与や昇給もおこなわれているので、安心できるでしょう。 ボーナス・賞与は貰える? ファミリーマートでは、毎年、業績に応じたボーナスと賞与が支給されています。 昇給は年1回、賞与は年2回支給されるようです。 業績が良いようであれば、高い金額をもらうこともできます。 フランチャイズ店舗の店長として勤務した場合は、お店の売上によってもらえる金額が異なるので、成果を出せる方はやりがいを感じやすい環境になっているといえます。 頑張りに応じた金額が支給されるので、モチベーションの向上にもつながる評価体制となっています。 職種によって賞与額も変わりますが、4ヶ月分程度の金額が支給されるのが一般的なようです。 保険としては、労災・雇用・健康・厚生年金が完備されているほか、社員持株制度や財形貯蓄制度、ライフプラン支援金制度が用意されています。 また、育児や介護をしている社員も務めやすいように、育児勤務制度や介護勤務制度が設けられています。 そのため、子育てや介護をしている社員でも働き続けることができるでしょう。 さらに、レジャー施設割引やホテル宿泊割引といった福利厚生もあるので、これらを利用して休暇を楽しむのも良いかもしれません。 なお、転勤の場合も、転勤転居に伴う社宅制度など、住宅サービスがあるので、安心できます。 このように、ファミリーマートでは、あらゆる福利厚生があるので、働きやすい企業であるということが分かります。 ファミリーマートの休日・休暇制度は整っている? 基本的には、完全週休2日制で祝日を中心とした指定休日という制度をとっています。 年間休日120日あり、有給も初年度は10日あります。 有給休暇の平均取得日数は、2017年度実績で9. 4日と、高い取得率となっています。 これらの休日以外にも、忌引休暇やリフレッシュ休暇をはじめ、出産休暇や結婚休暇も用意されています。 福利厚生として、育児勤務制度があるなど、子供を産んでも働きやすい環境が整えられていますが、出産や結婚の際にも休むことができるので安心です。 また、つわり休暇や妊娠中および出産後の通院休暇・産前、産後休暇もあります。 子供が生まれてからは、看病が必要な際に取ることができる看護休暇もあるので、女性に優しい企業であるともいえるでしょう。 さらに、生理休暇もあるため、辛い生理に悩む女性社員も安心できます。 ファミリーマートの残業時間は多い? 職種によっても異なるものの、月平均所定外労働時間は2017年度実績で19. 9時間となっています。 繁忙期などでは、これよりも多くなってしまうものの、プライベートと仕事が両立できる働き方が可能です。 なお、残業手当もきちんと支払われるので、働いた分の評価をしてもらえます。 ファミリーマートへ転職するまでの流れ• 公式サイト・転職サイト・人材紹介会社からエントリー• 書類選考• 適性検査• 一次面談• 二次面談• 応募方法としては、公式サイト・転職サイト・人材紹介会社からエントリーなど、いくつかの方法がありますが、どれを選択しても選考に影響することはありません。 そのため、転職サイト・サービスから応募をしても不利になることはないので、心配しなくて大丈夫です。 なお、募集されている職種や雇用形態に関しては、ファミリーマートの公式ホームページに記載されているので、応募の前に確認して下さい。 選考は、書類選考と適性検査がおこなわれたあと、複数回面談が予定されています。 ファミリーマートへ転職した人たちの口コミ・評判 年齢 28歳 性別 女性 前職 アパレル販売 転職理由 結婚や出産をしても働き続けられる職場へ転職したい 成果を出したら、きちんと評価してもらえる企業に転職したいと考え、ファミリーマートに応募しました。 ファミリーマートでは、評価制度もしっかりしているので、やればやった分だけ評価してもらうことができ、モチベーションの維持にもつながっています。 結果的に年収も希望の金額をもらうことができて良かったです。 ファミリーマートへの転職におすすめ転職サイト ファミリーマートへ転職するなら、転職サイト・エージェントの活用がオススメです。 転職サイトやエージェント経由でも、選考への影響はないので、せっかくならば、転職のプロであるコンサルタントと相談しつつ、ファミリーマートへ応募してみましょう。 コンサルタントは、企業からどのような人物が欲しいかを聞いているので、転職できるかどうかや、選考に受かるためにはどうしたら良いのかなどのアドバイスをしてもらえます。 エン転職 エン転職は、総合型転職サイトとして、第二新卒や未経験でも応募できる求人を多数紹介しています。 求人ページには、企業の社風や実際に働いている人の意見が載っているので、入社してからの雰囲気をイメージすることができるのです。 また、書類選考免除のスカウトメールが届くこともあるので、より自分に合った企業で働くことができる可能性が高いのが特徴です。 20代~30代前半の方が多数登録をおこなっていて、学歴不問や、社会人未経験歓迎の求人も扱っているので、新しいキャリアを築きたい方にもオススメです。 はたらいく はたらいくは、リクルートの転職サイト「はたらいく」の転職アプリとして知られています。 転職が初めてという方でも、サポートがあるので、安心して転職活動をすることができます。 また、はたらいくでは、自分に合った企業の求人を紹介してもらうこともできるので、自分ではどのような企業に応募したら良いか分からないという方でも、幅広い選択肢から選ぶことも可能です。 地元で働きたいという希望や、自分らしい働き方がしたいと考えている方は、ぜひ利用してみて下さい。

次の