ムーブ 買取 相場。 ムーヴの買取価格・査定相場|ムーヴの中古車の高額買取・高額査定ならグーネット

ムーヴの買取相場

ムーブ 買取 相場

ユーザーコメント 以前車の買い替え時は、売却は新車購入のディーラーに査定してもらい、驚くほど低査定でしたが仕方ないと諦めそのままディーラーに引き取ってもらいました。 今回は買い替えではないので買取業者にお願いしようと思い、カービュー・ズバットを利用しました。 ズバットからカーチス・ラビットを紹介してもらい、秋田中古車買い取りセンターと合わせ、3社から出張見積りに来ていただきました。 いずれの会社も迅速・丁寧な対応でしたが、査定金額が、カービュー1. 5万円、ズバット3. 5万円、秋田中古車買い取りセンター4. 5万円と差がありました。 10年落ちの軽自動車で、査定額0円も覚悟していましたが、秋田中古車買い取りセンター4. 5万円は想像以上で即売却契約をしました。 ちなみに余談ですが、ガリバーも紹介してもらいましたが、初回の連絡が来たのが、契約後1週間後でした。 何ですか?このガリバーの対応の悪さは? 呆れました。 ダイハツ ムーヴ 売却ポイント 「ムーブしよう」というキャッチコピーのもの、1995年に発売された軽トールワゴンの代表車種、ダイハツ「ムーヴ」。 2014年に現行の6代目にモデルチェンジ。 維持費の安さや走行性能・安全性の向上により、軽自動車の需要が高まっているため、軽自動車の代表車種である「ムーブ」は古くても、走行距離が多くても、比較的高値で買い取ってもらえます。 「ムーブ」を探している顧客がいるお店では、条件や装備が一致した場合、相場を超える買取金額が出るかも知れません。 売却先や買取店ごとの販売戦略や在庫需給によっても価格は大きく変動しますので、売却の際は複数の業者から相見積もりをして、比較することからはじめてみることをお勧めします。 まずは、買取カービューの「愛車無料一括査定」サービスで現在の買取価格を調べてみてはいかがでしょうか!? 車コラム:「ビッグキャビン&コンパクトノーズ」が特徴の「ムーヴ」 ムーヴはどんな車? ワゴンRのライバルとして登場した初代ムーヴ ダイハツムーヴのデビューは1995年8月。 さらにリヤゲートは右側ヒンジの横開き式とした。 跳ね上げ式のワゴンRに対して操作力が軽く、狭い場所でもラクに荷物が取り出せるという使い勝手のよさをアピール。 シートアレンジも多彩で後席はスライド&リクライニング可能でヘッドレストを抜いてシートバックを倒せばフルフラットとなり、前方に折りたたむことで広い荷室スペースを確保することができた。 エンジンは最上級グレードのSRに64馬力のターボ、NAエンジンはEFIと電子制御キャブレターを採用。 サスペンションはフロントがストラット、リヤはFFがセミトレーリングアーム、4WDは5リンク式。 新規格を適用した2代目ムーヴ 2代目は新規格の適用となった1998年10月にフルモデルチェンジ。 衝突安全性の向上を目的とした新規格化だが、ホイールベースの延長も含めて居住空間の余裕は増している。 どことなくヨーロッパ調のセンスを感じさせるエクステリアデザインは、巨匠ジウジアーロ率いるイタルデザインの手によるもの。 標準仕様のエンジンはベーシックな45馬力と可変バルブタイミング機構を採用した58馬力仕様の2タイプを設定。 コラムシフトの設定、ベンチシート採用の特別仕様車「ハローキティ」もラインアップされている。 荷室の使い勝手が向上した3代目ムーヴ 3代目は2002年10月にデビュー。 「新スペースフォルム」と名づけられたエクステリアは先代ほどの個性は見られないが、ソリッドな面とエッジの効いたボディラインは硬質で質感の高さを印象づけるもの。 先代に対してホイールベースを30mm延長し、当時としてはクラス最長の2390mmとしたおかげで居住空間はさらに拡大している。 インテリアの質感もハイレベルでコラムATのシートはすべてベンチタイプとなっている。 荷室の使い勝手も向上し、先代までのダブルフォールディング機構に対して、3代目はシートバックを倒すだけでフラットなフロアが得られた。 また横開き式のリヤゲートはオプションで跳ね上げ式も選べるようになった。 エンジンはRタイプに3気筒ターボを設定、メインは58馬力のNAだ。 斬新なワンモーションフォルムを採用した4代目ムーヴ ムーヴのDNAである「ビッグキャビン&コンパクトノーズ」をさらに進化させたのが2006年10月にデビューした4代目ムーヴ。 4代目はスクエアデザインのライバルに対して新しさを印象づけるワンモーションフォルムを採用した。 ホイールベースはさらに延長され、FFベースでは限界レベルの2490mmにまで延長されている。 タイヤを四隅に追いやったことことによりデザイン的にも背の高さを意識させないプロポーションを実現。 室内長も当時のタントを上まわる2110mm(タントは2000mm)となり、軽ではトップの前後カップルディスタンスを確保している。 インテリア全体の質感も向上し、アーチシェイプのインパネにはセンターメーターを装着。 キーフリーシステムに対応したプッシュボタンスタートシステムを軽では初めて導入し、さらにリバース連動ドアミラー(軽初)、リバース連動リヤワイパー、オートライトなど、小型車並みの装備が用意されていた。 5代目ムーヴの鍵は低燃費 5代目は2010年12月に登場した。 今回のフルモデルチェンジでは燃費性能を向上させるためにプラットフォームを一新。 車重の軽量化とともにエンジンの吸気効率を高める目的でホイールベースの35mm短縮化を行った。 搭載されるKF-VE型エンジンはパワー、トルクともダウンしたが、アイドリングシステムの採用も加えてクラストップレベルの経済性(10・15モード燃費27. 2012年12月には劣勢を挽回すべく、ビッグマイナーチェンジが行われている。 フロントマスクを中心に一新し、インテリアでもセンターメーターを廃止して運転席前に移動した。 フロントベンチシートも運転席側が広い6:4分割としたことでドライバーがゆったりできるように改良されている。 装備においてもレーザーレーダーを用いたしたスマートアシストを設定。 誤発進抑制機能や先行車発進お知らせ機能が備わった。 燃費も当時のワゴンRを上まわるJC08モード29. スマアシに誤後進抑制機能もプラス、完成度に磨きが掛かった6代目ムーヴ 「次世代ベストスモール」を目指して開発された6代目は2014年12月に登場。 標準仕様は大型ヘッドライトに前後フェンダーアーチを強調させた、どっしりとしたシルエットを特徴としており、ホワイトルーフのツートーンカラーも選択も可能だ。 インテリアはダークグレー、ホワイト、クレージュの3トーンのコーディネートで明るく上質な仕上がり。 キャビンはクラストップレベルの広さを確保。 ムーヴの個性でもあった横開きのバックドアは跳ね上げ式に変更されている。 スマートアシストは誤後進抑制機能をプラス。 VSC&TRC、ヒルホールドシステムは全車に標準装備されている。 エンジンはNA(自然吸気)とターボを設定し、NAはJC08モード31. 衝突回避支援ブレーキは車両と人に対応。 誤発進抑制機能、先行車発進お知らせ機能、車線逸脱警報機能も装備されており、シリーズ中ではもっとも高額査定が期待できる。 納得の内容でお得感たっぷり「L」 ムーヴシリーズのベーシックグレード。 廉価でありながら買い得感のある仕様となっていて、エクステリアでは電動格納式カラードドアミラー、UVカットガラス(フロントドア)、シルバードアアウターハンドル、スモークドガラス、ピラーブラックアウト、ヘッドランプ自動消灯システムLEDリヤストップランプを装備。 インテリアではベージュのファブリックシート、タコメーター、マニュアルエアコン、クリーンエアフィルターを標準装備しており、必要にして十分な内容をそろえている。

次の

ムーヴの買取価格・査定相場|ムーヴの中古車の高額買取・高額査定ならグーネット

ムーブ 買取 相場

ムーヴ買取価格相場のポイント• 年落ち買取価格を見た結果、ムーヴを売るならば1年落ちか3年落ちが良い• ムーヴは近年人気が落ちているためか継続的に価値下落がある• ムーヴの事故車とそうでない車との差は「5万円から15万円」が目安 ムーヴ:3年落ちから10年落ちの買取価格相場 ムーヴ年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ ムーヴ年落ち別買取相場 ムーヴ 0年落ち 81. 6 ~ 94. 4 1年落ち 65. 56 ~ 86. 72 2年落ち 56. 3 ~ 69. 66 3年落ち 36. 72 ~ 56. 08 4年落ち 31. 04 ~ 48. 4 5年落ち 23. 62 ~ 45. 78 6年落ち 20. 96 ~ 38. 56 7年落ち 14. 72 ~ 30. 8 8年落ち 10. 52 ~ 24. 68 9年落ち 7. 72 ~ 19. 88 10年落ち 6. 4 ~ 14. 08 ムーヴの買取価格相場を年落ち別に見てみると、注目するポイントは1年落ちの買取価格の高さと、2年落ちの買取価格下落です。 また、そのほかの点としては5年落ちや7年落ちで車が売られることが多いのですが、ムーヴの相場自体は大きく下がっていません。 このことから、ムーヴは1年落ち付近を除けばどの年落ちで手放してもそれなりに取引がある車であるといえるので、売り時を悩む必要はない車です。 ムーヴ7年落ち:買取価格比較できるグラフ ムーヴ7年落ち買取価格相場表 平成25年式(2013年式) L 11. 12 ~ 22. 4 L SA 13. 2 ~ 24. 8 X 12. 76 ~ 18. 28 X SA 12. 68 ~ 28. 64 カスタム RS 15. 84 ~ 34. 8 カスタム RS SA 32. 78 ~ 39. 5 カスタム X 20 ~ 32 カスタム X SA 17. 52 ~ 36. 48 カスタム Xリミテッド 14. 06 ~ 30. 46 カスタム Xリミテッド SA 20. 6 ~ 35. 36 ムーヴの買取価格をグレード別に比較した結果、高く売れるグレードは「カスタムRS」です。 反面、安い買取価格になってしまうグレードは「L」「X」であり、上は7年落ちのデータですが中央値は20万円ぐらいの買取価格になってしまう結果となりました。 ボディカラー別の買取価格比較 ムーヴ7年落ち:ボディカラー別買取相場の違いが分かるグラフ ムーヴの高く売れるボディカラーは「グレー」「ワインレッド」「ブルー」でした。 (2019年1月データに基づく) これらの色に共通の要素はなく、消極的判断ですが高いグレードで選ばれる色が有利な車体色として出てきているものと考えています。 型式別の買取価格比較 ムーヴ7年落ち:型式別買取相場の違いが分かるグラフ ムーヴの高く売れる型式を調べようとしたのですが、「LA110S」のデータ数が少ないので、傾向しか把握することはできませんでした。 1年間の買取価格変動 ムーヴの買取価格変動1年間分を見ることが出来るグラフ 2018年初頭においては、ムーヴの買取価格の変動を見ることが出来ますが、2018年末あたりには買取価格が安定しています。 ただし、1月から3月は車が売られる期間になりますので、ムーヴの買取相場が下がることを予想しています。 ムーヴの流通量を1年間分見ることが出来るグラフ ムーヴの流通量を見てみると、確かに1月から3月、また4月においても流通量が増えていることが分かります。 2018年初頭のように2019年においても流通量が増えることで、ムーヴの買取価格相場が下がることを予想しているというのは、この流通量増加に伴うものです。 3年落ち(平成29年式)の買取価格相場 ムーヴ3年落ち買取価格相場表 平成29年式(2017年式) L 23. 56 ~ 26. 8 L SA2 34. 36 ~ 41. 3 L SA3 45. 36 ~ 51. 2 X ~ X SA2 36. 16 ~ 36. 16 X SA3 45. 8 ~ 52. 84 X ターボ SA2 ~ Xターボ SA3 ~ カスタム RS ハイパー SA2 48. 96 ~ 48. 96 カスタム RS ハイパー SA3 64. 24 ~ 67. 92 カスタム X ~ カスタム X SA2 43. 58 ~ 43. 86 カスタム X スペシャル 56. 88 ~ 56. 88 カスタム X ハイパー SA2 46. 88 ~ 63. 24 カスタム X リミテッド SA3 54. 32 ~ 61. 12 カスタム X リミテッド2 SA3 ~ ムーヴ3年落ち:買取価格変動がわかるグラフ ムーヴ3年落ちの買取価格は2018年において、7万円下落となっています。 ムーヴはまだまだ人気がある車なので、下落はそれほど大きくありませんね。 ムーヴ3年落ち:流通量がわかるグラフ 反面、ムーヴ3年落ちの車は年間を通して売られているので、相場下落が小さくも進んでいる理由はここにあるようです。 人気がある車ではあるものの、現在の軽自動車主流はダイハツタントのような車になっていますので、今後もムーヴからの乗り換えなど進んでいくものと考えています。 5年落ち(平成27年式)の買取価格相場 ムーヴ5年落ち買取価格相場表 平成27年式(2015年式) L 21. 56 ~ 34. 4 L SA 13. 28 ~ 33. 92 L SA2 26. 92 ~ 33. 8 X 22. 16 ~ 35. 88 X SA 29. 4 ~ 43. 16 X SA2 18 ~ 37. 36 X ターボ ~ X ターボ SA 18. 14 ~ 33. 6 X ターボ SA2 ~ カスタム RS ~ カスタム RS SA 40 ~ 53. 04 カスタム RS SA2 57. 02 ~ 58. 26 カスタム RS ハイパー 28. 16 ~ 42. 08 カスタム RS ハイパー SA 39. 3 ~ 61. 9 カスタム RS ハイパー SA2 45. 54 ~ 52. 18 カスタム X 40. 6 ~ 48 カスタム X SA 36. 68 ~ 51. 44 カスタム X SA2 34. 74 ~ 46. 6 カスタム X VS スマートセレクション SA ~ カスタム X VS スマートセレクションSA&SN ~ カスタム X ハイパー 46. 96 ~ 50. 6 カスタム X ハイパー SA 38. 8 ~ 52 カスタム X ハイパー SA2 36. 4 ~ 54 ムーヴ5年落ち:買取価格変動がわかるグラフ ムーヴ5年落ちの買取価格は前年において、8万円前後の下落となっています。 2018年10月においては、多少売られすぎて相場が下がってしまった反動で多少買取価格が上昇していますが、相場流通量による要因ですので、それほど気にする必要はありません。 ムーヴ5年落ち:流通量がわかるグラフ 2018年10月付近の流通量をご覧ください。 なぜかかなり売られていて、このことが原因で一時的にかなり相場が下がっていましたが、その後もとに戻っています。 また、1月から3月の相場下落は2019年も起こると予想しています。 7年落ち(平成25年式)の買取価格相場 ムーヴ7年落ち買取価格相場表 平成25年式(2013年式) L 11. 12 ~ 22. 4 L SA 13. 2 ~ 24. 8 X 12. 76 ~ 18. 28 X SA 12. 68 ~ 28. 64 カスタム RS 15. 84 ~ 34. 8 カスタム RS SA 32. 78 ~ 39. 5 カスタム X 20 ~ 32 カスタム X SA 17. 52 ~ 36. 48 カスタム Xリミテッド 14. 06 ~ 30. 46 カスタム Xリミテッド SA 20. 6 ~ 35. 36 ムーヴ7年落ち:買取価格変動がわかるグラフ ムーヴ7年落ちの買取価格は2018年中において、下落し続けている現状があります。 このことはムーヴ7年落ちの流通量を見ることで原因がわかる場合があります。 ムーヴ7年落ち:流通量がわかるグラフ ムーヴ7年落ちの流通量を見てわかったのは、年中売られている状況であり、このことが年間を通して買取価格が下落していた理由のようです。 10年落ち(平成22年式)の買取価格相場 ムーヴ10年落ち買取価格相場表 平成22年式(2010年式) L 3. 26 ~ 9. 64 X 4. 88 ~ 4. 88 X VS 3. 32 ~ 7. 6 X VS 2 4. 92 ~ 14. 04 X VS 3 7. 72 ~ 18. 96 X スペシャル 4. 9 ~ 10. 38 Xリミテッド 2. 72 ~ 2. 72 カスタム G 10. 8 ~ 10. 8 カスタム R ~ カスタム R VS ~ カスタム RS 7. 44 ~ 11. 28 カスタム X 8. 42 ~ 14. 12 カスタム Xリミテッド ~ ムーヴ10年落ち:買取価格変動がわかるグラフ ムーヴ10年落ちの買取価格変動を1年間で見てみると最終的には10万円以下になっています。 このことは査定が付かない車が増えていることを示唆しています。 ムーヴ10年落ち:流通量がわかるグラフ ムーヴ10年落ちの流通量をグラフにしてみると、2018年末にかなり売られていることが分かります。 2019年初頭には車買い替え需要がありますので、さらに売られていくことを考えると、ムーヴを売ってお金にできる最終ラインは10年落ち前後といえますね。 ムーヴのリセールバリュー ムーヴ年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ ムーヴのリセールバリューを見るためには、年落ちと流通量を比較する必要があります。 多く売られるタイミングでムーヴの買取価格が下がっているかどうかを見てみましょう。 ムーヴが何年で売られているかわかるグラフ ムーヴが売られているのは、「1年落ち」と「5年落ち」そして「9年落ち」以降となっています。 このことからムーヴの保有スタイルを考えることができ、すぐに売るか5年まで保有する、また価値がほとんどなくなるまで乗るという3パターンに分かれます。 ここで理想の売り方としては3年落ち付近が、売られていない状況の穴場となっていますので、1年落ちで売るよりは見劣りしますが、次の最適なタイミングは3年落ちということが分かりますね。 事故車のムーヴ買取価格相場差 ムーヴを走行距離・買取価格を事故有り無しで比較出来るグラフ ムーヴの買取価格を事故車とそうでない車とで比較した結果、「5万円から15万円」の差がありました。 ただし、これはそれなりの額で売れるムーヴであって、走行距離5万キロを超えると急速に価値差が縮まっていて、走行距離10万キロを超えたあたりでは、数万円程度とほとんど差がなくなっています。 ムーヴの買取価格相場まとめ ムーヴの買取価格変動を数年間分わかるグラフ ムーヴの数年間買取価格変動を見ると、かなり落ちていることが分かります。 このことはかつて主力軽自動車として人気を博していたムーヴですが、現在ではダイハツタントなどの大きな軽自動車に主力が移っています。 現在はその過渡期といえる状況であり、そのことがこの数年間の買取価格下落に影響を及ばしているものと考えています。 ムーヴの流通量が数年間わかるグラフ ムーヴの流通量を数年間で比較すると、かなり売られていることが分かります。 また、2018年中盤は売りが一度止まっているのは、おそらく人気が他の軽自動車に移った後のムーヴ売買であると考えています。 売れていた車ほど大量に売られますので、買う量が減れば当然流通量も減るというわけですね。 最後に、ムーヴを売るならば1年落ちで売るか3年落ちである最初の車検のタイミングがベストです。 以上、お役立てください。

次の

ムーヴカスタム買取価格・下取り査定額の相場表

ムーブ 買取 相場

モデル概要 レトロなカラーリングが可愛らしい軽トールワゴン。 注目の装備は、2列目シート下にある「置きラクボックス」。 普段は折りたたみ傘や靴をしまっておくことが出来るほか、引き出した状態では、植木のように高さのある荷物を立てたまま運べる優れもの。 ハンドル操作に合わせてカーブの先を照らす「AFS」や、衝突回避支援システム「スマートアシストII」、狭いスペースでの駐車に便利な「パノラマモニター」など安全装備も充実。 派生車種 グレード別の新車・中古車価格 モデル概要 レトロなカラーリングが可愛らしい軽トールワゴン。 注目の装備は、2列目シート下にある「置きラクボックス」。 普段は折りたたみ傘や靴をしまっておくことが出来るほか、引き出した状態では、植木のように高さのある荷物を立てたまま運べる優れもの。 ハンドル操作に合わせてカーブの先を照らす「AFS」や、衝突回避支援システム「スマートアシストII」、狭いスペースでの駐車に便利な「パノラマモニター」など安全装備も充実。 営業電話ラッシュはナシ! 高額査定の買取店と交渉 引越し一括査定や車一括査定などで電話ラッシュにうんざりしたことはありませんか? MOTA車買取なら、高額査定の3社とやりとりするだけ。 概算査定額を確認後、他に気になる買取店があれば、追加でチョイスすることができます。 「査定額は実車を見てから」はナシ! 実車を見ずに概算金額がわかる 一般的な車一括買取査定は「実車を見ないとわかりません」ということもしばしば。 MOTA車買取なら、申し込んだ翌日18時に概算の査定が完了します。 手間のかかる買取業者探しはナシ! 申込み翌日に最大10社以上を一斉比較 最大10社以上の買取店が直接査定してくれるので、高額で買い取ってくれる会社がわかります。 売却される車が普通自動車か、軽自動車かで必要書類は異なります。 万が一必要書類を紛失されている、もしくは見当たらない場合は再発行できますのでご安心ください。 詳しくは、買取店にご相談ください。 住所変更を一度している場合・・・住民票 住所変更を複数回している場合・・・戸籍の附票または住民票の除票 ご結婚などで姓が変わっている場合・・・戸籍謄本• バンパーをこすった程度であれば「修復歴あり」には該当しません。 修復歴があるのに「なし」で査定申込みをされると、現車確認の際、買取キャンセルとなる可能性があります。 修復歴がある場合は必ず「事故歴(修復歴あり)」をお選びください。 Q3 洗車や掃除はした方が良いですか? + 必須ではありませんが、車が綺麗な状態の写真を提供すれば、大切に乗られていることがわかり、より高い査定額を見込めます。 汚れたままの見た目では、買取店の査定スタッフも人ですから、どうしても高額査定はしにくいものです。 また洗車だけではなく、日々メンテナンスの記録簿などもあれば、積極的に提示しましょう。 もし記録簿がなくても、直近でタイヤ交換をしたなどあれば、申告したほうが良いでしょう。 Q4 実際に買取を行ってくれる店舗はどのような会社ですか? + 申込があった車を査定できるのは、MOTA車買取に加盟している全国の優良買取店のみとなります。 Q5 高額買取をしてもらうためのポイントを教えてください。 + お申込みの際、任意項目の装備情報や写真をなるべく入れて、より多くの情報を買取店に提供しましょう。 写真は6枚まで提出可能ですので、明るい場所で、複数の角度から撮影しましょう。 また、現車確認までにスペアキーや、取り外した純正パーツを探しておくことをお勧めします。 Q6 査定したら折り合いがつかなくても売らなくてはいけませんか? + 中古車の買取価格は、自動車の状態だけで決まるわけではありません。 販売店も買い取った車両を販売する必要があり、販売力に応じて買取価格が上下するのが実情です。 各買取業者の特徴は以下の通りです。 新車ディーラー 新車販売の際に、中古車を下取りするのがメインとなります。 買取だけを扱ってくれる新車ディーラーは、あまり多くありません。 次に中古車を購入する、または単に愛車の売却だけを考えているという方には、利用しづらい選択になります。 なお新車ディーラーが買い取った車は、系列の中古車販売店にて直接販売されるか、自動車オークションにて流通させられるようです。 中古車専門販売店 中古車の販売が中心の業者です。 中古車販売がメインながら新車ディーラーと違って、買取だけでもOKという店舗が多いのが特徴です。 買い取った車は自店または系列店で販売されるため、買取額は高めになる傾向があります。 車買取専門店 自動車の買取を専門にしている業者です。 中古車の販売は積極的に行っておらず、買い取った車を中古車オークションに流通させます。 販売をしないため小型店で従業員も少なくでき、小さなコストで運営するため高値買取ができるようになっています。 また買取特化していることにより、自宅まで訪問査定をしてくれたり、契約後スピーディに入金してくれたりといった特徴があります。 業者によるメリットとデメリット こうして見ると、買取専門店が便利なように思いますが、そう単純ではありません。 車を購入する際、ディーラーや中古車店の場合、どうしても売りたい車両であれば、買取額が大きくなる可能性もありメリットと言えます。 ただ購入する車が、販売ランキング上位になるような人気車だったり新型車だったりすると、販売店側も強気になりますから必ずしも高値買取が実現できるとは限りません。 また購入と一緒に売却(下取り)する場合、どこまでが車両の値引きか、どこまでが買取額かが、金額が混ざって分からなくなることが多いのがデメリットと言えます。 以前は各業者の査定額も大きく差があるのが一般的でしたが、現在は新車ディーラーや中古車販売店、買取専門店ともに次に購入する車など条件によって大きく買取額が変動します。 新車ディーラーだけ、中古車販売店だけで売却先を決めてしまうのではなく、買取相場を見るうえでも各社に査定を依頼するのが安心できると言えます。 顧客満足度調査で、「MOTA車買取」は3つのNO. 1を受賞いたしました。 売却額の満足度が高い 買取サービスNO. 1 出典:ゼネラルリサーチ 2018年10月調べ。 ウェブアンケート調査計1084名からの回答による。 対応スピードが早い 買取サービスNO. 1 出典:ゼネラルリサーチ 2018年10月調べ。 ウェブアンケート調査計1084名からの回答による。 安心して利用できる 買取サービスNO. 1 出典:ゼネラルリサーチ 2018年10月調べ。 ウェブアンケート調査計1084名からの回答による。

次の