了承 類語。 「ご理解ください」と「ご了承」「ご容赦」の正しい使い分けと例文集

受け入れる(うけいれる)の類語・言い換え

了承 類語

了承の意味は、相手の提案や要望を納得して承知することです。 了承は目上のものから目下のものに使う言葉で、目下のものが「社長の意見、了承しました。 」と言うと失礼になります。 目上の相手や顧客など自分より上の立場の相手に対して、「提案や要望を納得いただけますでしょうか。 」という意味で、「ご了承いただけますでしょうか。 」のように使用します。 ビジネスの中で了承を使用するのは、会話の中よりもメールや手紙などの文章の方が多いです。 相手に頼み事をするときに、なるべく相手の気分を悪くさせないように使うのが了承という言葉です。 了承の意味をしっかりと把握して、ビジネスや生活の中で上手に使うことで、人間関係がスムーズになります。 ぜひ、この記事を読んで了承の使い方をマスターしてください。 Web電話帳を導入しませんか?.

次の

「ご了承」の正しい意味とは?類語との違いや使い方を例文で解説

了承 類語

1 「受け入れる」は、広く用いられ、非言語的行動を含めた広い範囲の要求などに対して、そのようにする意。 もと、「難民を受け入れる」のように、入れてそこの一員とする意。 2 「聞き入れる」は、当事者に向かってなされた発言などに対して、それを聞き、そのようにする意。 3 「聞き届ける」は、相手の発言などを当事者が能動的、積極的に聞く場合に用いられる。 受身の形で使われることも多い。 4 「認める」は、許可したり、価値あるものとして尊重したりする意。 また、「犯行を認める」「失敗を認める」のように、自己の行動について確かにそうだと同意する意もある。 5 「承認」は、主として公的な内容を公の機関や個人が公的な立場で認める場合に用いられる。 また、「国会の承認を得る」のように、正当であると認めることもいう。 6 「承諾」は、相手の申し入れなどを認め、引き受けること。 7 「受諾」は、要求、勧告など、ある種の圧力を伴って求められたことについて用いられる。 8 「受け付ける」は、「他人の忠告を受け付けない」のように、否定の形で用いることも多い。 【ア下一】 引き受ける。 承知する。 「万事心得た」 【ザ上一】 外からの働きかけに対して、それに沿うように行動する。 「応ずる」とも。 「注文に応じる」「取材に応じる」 【ラ五】 「承諾する」の謙譲語。 相手の申し出などに対し、直接答える場合に多く用いられる。 「たしかに承りました」 する 同意して従うこと。 「彼の意見には承服しかねる」「承服し難い条件」 する 黙って認めること。 また、知らないふりをして見逃すこと。 「不正行為を黙認する」 する 国家・社会・政党などが正式に認めること。 「世界記録として公認された」「党の公認候補」 する 自分で、自分自身についてある状態が事実だと認めること。 「力不足を自認している」 する 約束して承諾すること。 文章語。 「援助を約諾する」 する 気持ちよく承諾すること。 「わたしの申し出を快諾してくれた」「転載について原著者の快諾を得た」 する 非公式の形で承諾すること。 「申し出に内諾を与える」「内諾を得る」 する 与えられたものを、不本意ではあるが仕方ないとして受け入れること。 「今の境遇を甘受する」「苦言を甘受する」 する 承諾すること。 比較的重要でない事柄について話し言葉で用いられる。 「オーケーを取る」「頼まれると何でもオーケーする」 する 取り入れて自分のものにすること。 「外来文化を受容する」 精神的に受け入れる の意• 受容れる• 取りこむ• 取りいれる• 採り入れる• 受けいれる 許容するか、順応する の意• 受容れる• まる呑み• 受けいれる 真実として考えるまたはとらえる の意• 受容れる• 聴き入れる• 聴入れる• 受けいれる 真実か有効であるものとして受理する の意• 受容れる• 受けいれる 好感をもって迎える; 正しくて妥当であると考える の意• 受容れる• 受けいれる• 肯定的な返事を与える; 好意的に応じる の意• 受容れる• 受けいれる その人の家または近郊を持ちたいという自発的な意欲 の意• 受容れる• 迎取る• 迎えとる• 受けいれる ある目的に利用する、または、ある目的のために受け入れる の意• 受容れる• 委員会などから、公式に(レポート)を受けとる の意• 与えられた、または勧められたものを喜んで受け取る の意• 受容れる• グループか共同体に入ることを許可する の意• 支払いとして受けいれる の意• 入ることを許す; 入ることを承諾する の意• 受けいれる 保護を提供する の意• 受容れる• 受けいれる 真実として考えるまたはとらえる の意• 受容れる• 聴き入れる• 聴入れる• 受けいれる 好感をもって迎える; 正しくて妥当であると考える の意• 受容れる• 受けいれる• 法的に拘束力があり有効であると認める の意• 同意し、許可する の意• さし許す• 差しゆるす• 書面で連絡する、または表す の意• 書きおろす• 書きつづる• 書きあらわす• 書きおくる• 肯定的な回答を言い表す の意• 諾う 表面の上の目盛りまたは痕跡 の意• 書きおろす• 書きつづる• 書きあらわす• 委員会などから、公式に(レポート)を受けとる の意• 所有してもよい の意• 持たせる の意• 聴き入れる• 聞きとどける• 聴入れる 賛同または賞賛を表す の意• 支持またはその人の賛成を与える の意• 可能性を作るあるいは、機会を提供する; 達成可能にさせるまたは残らせる の意• 正しい、あるいは感心であると判断する; 良いと見なす の意• 真実として考えるまたはとらえる の意• 受容れる• 聴き入れる• 聴入れる• 受けいれる 法的に拘束力があり有効であると認める の意• 同意し、許可する の意• さし許す• 差しゆるす• 認可を与える の意• オーケイ• さし許す• 差しゆるす• 真実であることを宣言するあるいは存在、現実あるいは真実を認める の意• 承認する正式な行為 の意• 承認すること• 持たせる の意• 聴き入れる• 聞きとどける• 聴入れる 同意、責任または義務を認可及び表明する の意• に証明書を与える の意• 支持またはその人の賛成を与える の意• 公式の指令または命令を与える文書 の意• 指し図• 何かまたは誰かに気づいていることを示す言葉 の意• 賛成意見を表明するメッセージ の意• 正式で明白な承認 の意• 承認 の意• 何かをする許可 の意• 同意する言語行為 の意• 協定書• 何かの事実を認めること の意• 語関係に基づいた文法の抑揚の決定 の意• 協定書• 認識されるか、認められる状態または品質 の意• 満足して受け入れること の意•

次の

「了承」の意味と使い方、返し、類語「承諾・了解・合意」との違い

了承 類語

(2)納得し、了承すること。 「ー事項」 (新選国語辞典 より) りょうかい【了解】【諒解】 (1)事情を思いやって納得すること。 理解すること。 のみこむこと。 「事情をーする」「ーできない」 (2)〔ドイツ Verstehen〕ディルタイの用語。 文化を生の表現とみて、その意味を自己移入・追体験などによって共感的にとらえること。 (大辞林 より) 考察:了解について ビジネスでは敬意が含まれない言葉とされる年代もいるのでご用心。 「目上(上司)の人」が「目下(部下)の人」に対して使う。 または、「(気心のしれた)同僚同士」で使う。 感覚値としてですが第二次ベビーブーム年代以前のご年代の方々に多いような。 他動詞:(1)聞きいれること。 「その条件ではーできない」(2)知っていること。 (新選国語辞典 より) しょうち【承知】 (1)知っていること。 わかっていること。 「いきさつはーしております」 (2)聞きいれること。 承諾すること。 「解約の件はーできない」 (3)許すこと。 多くの否定の形で「許さない」「勘弁しない」の意を表す。 「そんなことをしたらーしないぞ」 (大辞林 より) 考察:承知について ビジネスにおいて一般的。 「目下(部下)の人」が「目上(上司)の人」に対して使う。 「 かしこまりました」としてもよい(個人的にはこちらが無難かと)。 謙虚な上司は部下に対して使うこともある。 しかし、部下との上下関係を明確にしバランスが取れないようであればNG。

次の