本好き ディルク。 #本好きの下剋上 #二次創作 最後の一押し

本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

本好き ディルク

アニメ『本好きの下剋上』人物相関図とあらすじ! アニメ『本好きの下剋上』では原作小説第1章のストーリーが主に描かれていきます。 主人公の本須麗乃は文字通り【本の虫】で三度の飯より本を読むのが好き。 大学を卒業したばかりの女の子でした。 しかしある時自宅の書棚が倒れてきたことで死亡してしまいます。 次に目を覚ました時、麗乃はなんと異世界の見知らぬ少女マインとなっていました。 自分の状況に戸惑う麗乃でしたが、 とにかくこの世界でも本が読みたい! しかしこの異世界の文明レベルは現実世界と比べて大きく劣っており、本は羊皮紙制の貴族しか所有していないとても高価のもの。 とても平民の家の子供であるマインの手には届きません。 かくして【見た目は子供、頭脳は大人】のマインが異世界の経済をひっくり返すような知識をひっさげて、本を作る奮闘劇が始まります。 登場人物・キャラクター一覧 マイン(精神年齢:22歳 身体の年齢:5歳) 画像出典 本作の主人公。 元々は麗乃ではなく元のマインとしての人格が宿っていましたが、麗乃が転生して宿ってからは消失。 元人格の行方については不明なまま物語は進んでいきます。 麗乃の年齢は大学卒業したばかりという描写があったので22歳でしょう。 一方マインは5歳なので、5歳児の身体に22歳の女の子が宿っている状態ですね。 とても病弱な体をしており、本を作りたい麗乃の最大の障害となっています。 しかしトゥーリやルッツに手伝ってもらうことで少しずつできることも広がっていきます。 トゥーリ 画像出典 マインの実の姉。 とても活発な活発な少女で、マインとは打って変わって身体も健康そのもの。 そのため、病弱な妹マインの頼みをよく引き受けてあげたりしています。 また、カルラ一家の3男ラルフとは同世代であり、片想いされています。 基本的にマインの頼れるいいお姉ちゃんです。 ギュンター 画像出典 マインとトゥーリの実父。 エーレンフェストの門の兵士で班長を務めており、基本的に親バカで2人の娘たちを溺愛しています。 文字は基本的に読めるが、書く方は人の名前が書ける程度。 作中ではこれを内心マインに馬鹿にされるシーンがありますが、異世界においては実はすごい方なんです。 異世界では字は読めなく、自分の名前も書けない人がほとんどのためですね。 絵に描いたような子煩悩パパなので見ていて微笑ましいキャラです。 エーファ 画像出典 マインとトゥーリの実母。 平民で貧しいため身なりに気を使えていませんが、実は美人という設定なんです。 また、裁縫が得意で、仕事も主に針仕事で稼いで家計を支えています。 ルッツ 画像出典 カルラ一家の4男で末っ子。 マインと同い年の男の子です。 上の3人の兄がおり仲もいいんですが、末っ子で力関係で弱いためいつも我慢を強いられる立場におりそれを不満に思っています。 ただ、病弱なマインといると家庭とは違って自分が役に立つことが実感できるので、面倒を見て感謝されることを嬉しく思っているようです。 実は商人として町の外を旅することが夢なんですが、平民としては大それた夢であり周囲や家族からは反対されてしまいます。 しかしマインだけは夢を応援してくれており、商人になるためのきっかけということもあって マインの紙作りに協力するようになります。 オットー 画像出典 ギュンター(マイン父)の部下で門の兵士を務める青年。 元商人でこの都市(エーレンフェスト)の生まれではないんですが、コリンナに一目惚れし熱烈な求婚をしたことで定住するようになります。 門の兵士としては異色の元商人という経歴から、識字や計算という希少な能力を持っており、主に経理関係の仕事を一人で担当しています。 マインにとっては貴重な異世界での字に精通している人物で、 字を教えてもらう師匠のような存在となります。 また、作中ではマインとルッツに義兄の商人ベンノを紹介するキーキャラクターでもあります。 コリンナ オットーの妻でベンノの妹。 童顔で美人。 オットーの熱烈な求婚により結婚するも、オットーが旅する商人という仕事を諦めてしまったことを気にしています。 マインの発明したシャンプーに多大な興味を寄せており、オットーを通じてなんとかシャンプーなるものを手に入れられないかと考えています。 ベンノ 画像出典 コリンナの兄でベンノの義兄。 ギルベルタ商会の長でやり手の商人です。 オットーの紹介から マインとルッツの商売上の面倒を見るようになります。 マインの頭脳や話術に子供離れしたものを感じており、『子供にしては頭の回転が異常』『只者ではない』と考えています。 また、マインの持っている異世界経済を変えてしまうほどの発明に目をつけており、マインに交換条件を持ちかけて手に入れ利益を得ます。 ただ悪い人ではなく、基本的には善人でマインの商人としての成長を促してくれる人物です。 しかしギルド長などの既得権益には堂々とケンカを売る剛毅な性格も持ち合わせています。 マルク 画像出典 ギルベルタ商会におけるベンノの優秀な右腕。 マイン曰く、素敵執事。 ギルベルタ商会に先代のころから仕えており、かれこれ30年働いています。 しかし修業期間を終える寸前に先代が亡くなったため、ギルベルタ商会とベンノを守り抜くことになったという経緯があります。 ベンノに代わりマインとルッツの世話を焼いたり教育係となることも多いです。 特にマインに振り回されるルッツには自分の境遇を重ねることもあり、同情しています。 グスタフ 画像出典 商業ギルドのギルド長であり、オトマール商会の大旦那。 一見優しそうな風貌をしていますが、金にがめつく、貴族相手に商売をして稼いでいる人物です。 ベンノとは犬猿の仲で、マインが来てからというもの好景気に湧いているギルベルタ商会が目の上のタンコブとなっています。 孫娘のフリーダを溺愛しており、マイン曰く孫娘に対するグスタフはただのおじいちゃんにしか見えないそうです。 フリーダ 画像出典 ギルド長グスタフの孫娘。 お金を数えることや貯めることが趣味で、金にがめついところはグスタフによく似ています。 また、家から出ることが少ない生い立ちのため、長らく友達がいませんでしたが、マインが初めての友達となります。 フェルディナンド 画像出典 貴族として生まれながらも神殿にいるなど謎が多い人物です。 感情を表に出すことが苦手ですが、神官や騎士として仕事をこなし文武両道で楽器も嗜む完璧超人です。 後にマインの庇護者となります。 まとめ 今回はアニメ『本好きの下剋上』、原作小説1章の相関図と登場キャラ一覧をまとめました。 1章の魅力は異世界ではチートとなるマインの現実世界での科学知識と、それに振り回される登場人物達でしょう。 異世界ものとしては珍しいタイプの物語ですが、制限された状況から自分や周囲を豊かにしていく過程は街輿し系のゲーム 牧場物語とか に似た爽快感がありますね。 最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次の

本好きの下剋上

本好き ディルク

『魔力察知と子を為せる対象』についての話は随分前から周知されている事項であるし、今更述べる事もないので省略する。 非常識なのは其方だろうと擦り付け合う非常識カップル。 ヒルシュールも認めた『規格外』の2人。 「三人寄れば文殊の知恵」というが、凡人が何十人集合しても、この天才2人を相手にして、勝ち目などない。 古代魔術の計画にワクワクしているフェルディナンドが微笑ましい。 これからも2人で世間をあっと合わせる研究の発表と実行をしてもらいたい。 「落ちている物は有効利用したほうがいいと思います」 ローゼマインが言った通り、フェルディナンドに切られたエアヴェルミーンの髪が有効に使われる時がやってきた。 橋姫さん。 正解でしょう。 次頁の「魔力散布記念式 後編」でフェルディナンドが「染め直すのに苦痛が少なくなることにも確認が持てたからな」と明言しているので間違いない。 今回、「フリュートレーネの杖」「ライデンシャフトの槍」「シュツェーリアの盾」「ゲドュルリーヒの杯」を祝詞も覚え使用した事で、エーヴィリーベの剣も出現出来る側近が多かったことでもあるし、また新たな神具を出現して使える様になる側近が増えるのではないだろうか? 元々ローゼマインの側近達は各々特殊能力に秀でている優秀な集団である。 アンゲリカは「わたくしには向きませんので、護衛に徹します」とキリッと言いそうだが…… レオノーレがシュツェーリアの盾を張ってくれたら、ローゼマインは戦闘中にやる事が無くなる。 ウカウカしていられない。 どうせ本人が望まなくても戦闘に毎度参戦せざるを得ないのだから、騎士と訓練するなり何らかの対策を練った方が良いだろう。 自分に読解力が足りないせいだと思うんですが どうしてコピペでフェルディナンドがそわそわ疲れることになるんでしょうか。 少し甘い(同調の薬?)を飲んだせいで ローゼマインの好き好き思考に充てられたと思っていいのでしょうか。 フェルディナンドがローゼマインの気持ちを知りたくて それとなく飲ませたんですよね・・・? その後彼が喜んでいるのか苦しんでいるのか 何度読んでも理解できなくて・・・。

次の

ディルク

本好き ディルク

Sponsored Link デリアのセリフの中で 「男だと花を捧げることもできないじゃない」 とあります。 花を捧げるとは一体何なのか? これは色々な内容を含む言葉だと考えられます。 引用元:コミック「本好きの下剋上」より 引用元:コミック「本好きの下剋上」より 花を捧げるの意味として ・その場に女性がいることで華やかさを作る ・男の性欲や女遊びの相手 ・滅私奉公 などが考えられます。 また実際に、 神殿長が二人の灰色巫女をたぶらかしているシーンなどもありますので かなり 一線を超えた所までいっているのでしょう。 またそうして妊娠した女性は孤児院の他の巫女と取り変えると言われています。 本好きの下剋上~マインの側仕えの3人 本好きの下剋上の第2部では神殿がメインの舞台になっています。 この神殿にはフェルディナンドを始めさまざまな新しいキャラクターが登場します。 その中でも物語を進展させてくれるのが、 フラン・ギル・デリアです。 この3人が側仕えとしてマインの神殿のでのお世話をします。 しかし、問題がたくさん起こります。 まずこの三人の特徴について見ていってみましょう! 側仕えのフランについて 引用元:アニメ「本好きの下剋上」2期PV 名前:フラン 年齢:17才 髪の色:藤色 瞳の色:茶色 フランは 三人の側仕えの中では一番年長です。 以前はフェルディナンドの側仕えとして活躍していましたが、急にマインの側仕えに変更されたことで当初はあまりマインをよく思っていはいませんでした。 それ故に冷めた態度もありましたね・・・ しかし、マインからフェルディナンドはフランのことを信頼してとても評価しているということを聞かされてからその態度を改めています。 また マインはフランに自身が神殿での身のこなし方などを知らない事を正直に告白してその手助けをお願いしたあたりから二人の関係は改善されています。 なのでフランは良きマインの側仕えとして活躍しています。 側仕えのフランの性格や特徴 フランは知的で頭の回転もよく、転機がきく性格です。 なのでマインの起こすとんでもない思いつきやアクシデントもどんどん解決していきます。 フランは孤児院長室の隠し部屋が苦手でした。 しかしこれもマインを行動をと共にしているうちに解決しています。 フランの特徴としては言葉使いでしょう。 マインはフラン達を外に連れて行った時にそこでもずっとマインに対して硬い敬語だったので、もっと言葉使いを柔らかくするように言われています。 マインとフランは相性が良い フランは大人しく、目上の意見を絶対視する傾向があります。 なのであまり挑戦的なタイプでもありません。 むしろ フランは実務的なトップ2の人間です。 しかしマインは逆で、どんどん新しい発想を思いついては行動していかないと気が済みません。 そんな 二人は相性が良いのでしょう。 お互いの性格の弱点を上手にカバーしています。 フランにとってはマインとの出会いはとても良いものだったのでしょうね! マインと出会ってからどんどん成長していきます。 側仕えのギルについて 引用元:アニメ「本好きの下剋上」2期PV 名前:ギル 年齢:10才 髪の色:薄い金髪 瞳の色:一見黒の紫の瞳 ギルは灰色神官の見習いです。 しかし 他の見習いとは違って例外扱いされています。 その原因がギルの口の悪さや行いの悪さです。 主のマインに足してもタメ口を聞いてしまうほど口が悪いのが特徴です。 更には マインに一度門前でギルは手をあげてしまいルッツにボコボコにされています。 ギルの性格や特徴 ギルの性格はやんちゃで思ったことをすぐに口に出してしまいます。 ギルは孤児院の生まれではなく途中から孤児院に家の事情で入れられました。 ギルは幼少期の育った環境では、褒められたり、撫でられたりした経験がありませんでした。 なのでマインが孤児院の院長室を綺麗にしてくれたことに対して、 マインが感謝をするとギルは涙ながらに喜んでいました。 しかし、主の裾を引っ張りながら「もっと褒めろ」といってるところはギルらしい特徴だと言えます。 ギルは役割を与えられて変化していった ギルはそれまで異端児でいたので扱いも例外という扱いでした。 おそらく待遇も良くなかったでしょう・・・ しかしマインが孤児院の部屋を綺麗にするように言いつけるとしっかりと綺麗にい仕上げてしまいます。 この事から ギルは役割を与えると燃えるタイプなのでしょう。 またマインが孤児院のために作ったマイン工房を担当していることからも マインはギルが立場や枠割を与えると責任をもってやってくれると見抜いたのでしょうね。 側仕えのデリアについて 引用元:アニメ「本好きの下剋上」2期PV 名前:デリア 年齢:8才 髪の色:紅赤 瞳の色:薄い水色 三人の側仕えの中では一番年下です。 デリアは孤児院から出た時に、周りの人から女子として魅力があるといわれてそこから 髪殿長の愛人になるという夢をもってい日々女を磨いています。 しかしマインには相手にされず、神殿長のスパイとしての仕事もできなかったために居場所を一時なくしてしまいました。 その後マインに対しての態度を改めて、マインの身の回りの世話をするようになります。 しかし ディルクという少年に出会い、彼女の中の人生観が変化します。 その ディルクを守るために神殿長の囁きに耳を課してしまい、マインに不利益をもたらしたとして解任されています。 またディルクを救うために神殿長を頼って養子縁組をするも騙されてディルクを身食いの従属契約させられていまいます。 またその件 刑罰としてデリアは処刑されるところまでいっています。 しかしマインに助けられたとで、もう二度とマインを裏切らないと誓います。 デリアの性格や特徴 デリアの性格はお転婆で更に欲深い一面もしっかり持っています。 常に 自分の利益を考えて行動してしまうタイプです。 特徴としてはマイン相手にもお願いする時などに科を作るところだと考えられます。 出会ったばかりの時デリアはマインの言うことを聞かずにいたので、有益な情報を神殿長に与えられませんでした。 そして神殿長から部屋を追い出された時、マインに科を作ってお願いしています。 目の前の利益にばかり溺れていたデリア デリアはいつも目の前の自分の利益ばかりに目がくらんでいました。 そして結局は何も手に入れれなかったばかりか、神殿長に騙され、殺されかけています 両方に良い顔をしていただけの寂しい人生を前半戦は送っています。 しかしマインの度重なる優しさに触れて、 その価値観を止めて行きていくことを決意します。 マインの生き方は閉鎖的な神殿に大きな光となったのでしょうね! まとめ ・巫女になったマインの側仕えになったのはフラン・ギル・デリア フランは最年長でフェルディナンドから信頼を得ている優秀な神官 ギルは口が悪いですが、役割を与えるとしっかりやってくれるタイプの青年。 デリアは神殿長に取り入って愛人になるのが夢の女の子です。 この3人が「本好きの下剋上」の第2部の舞台神殿においては重要な働きをします! 最後までお読みいただきましてありがとうございました!.

次の