ガルドドン サポ。 ガルドドン!サポ&パラ構成で挑戦したぞ!

最強ガルドドンをデスマス構成でリベンジします!

ガルドドン サポ

ドラクエ10ブログくうちゃ冒険譚へようこそ! 剛獣鬼ガルドドン強さ1をサポ攻略してきた賢者の装備を紹介します。 全ての属性攻撃ダメージが3%アップするのでダメージが底上げされますね。 それから味方死亡時に5%でテンションが上がります。 剛獣鬼ガルドドンとの戦いでは味方がすぐに倒されるので、テンションが上がりやすいです。 雷ダメージを100%軽減するために、アビスセーラーのセット効果を活用しました。 セット効果で20%軽減できるので、100%を目指しやすいです。 扇の呪文発動速度は、パルプンテ錬金でしか付かないので貴重ですね。 白宝箱やアストルティア防衛軍で、呪文発動速度が付いたプロセルピナを狙いたいです。 埋め尽くしが欲しいですが、簡単には入手できませんね。 アビスハットの錬金効果 アビスハットの錬金効果で、さいだいHPを増やしました。 雷耐性100%にしているとマヒにならないですし、サポ攻略で「おぞましいおたけび」はほとんど発動しません。 耐性はなくても大丈夫ですね。 アビスセーラー上の錬金効果 アビスセーラー上の錬金効果は、雷ダメージ14%減が付いています。 いにしえのゼルメアで入手したものがありました。 属性耐性が付いている防具は残しておきたいですね。 セット効果のおかげで、からだ上と盾の錬金効果14%ずつで雷耐性100%を目指せます。 アビスセーラー下 アビスセーラー下の錬金効果は、こうげき魔力にしました。 こうげき魔力を上げて、賢者のダメージを上げておきたいですね。 カテドラルグローブの錬金効果 アビスセーラーにはウデ装備がないので、カテドラルグローブを装備しました。 新しく買わなくていいので助かりますね。 錬金効果は、呪文発動速度が付いています。 アビスブーツの錬金効果 アビスブーツの錬金効果は、身かわし率にしました。 通常攻撃で倒されるので、回避できると嬉しいですね。 アクセサリー 機神の眼甲 智謀の首かざり 魔導将軍のゆびわ セルケトのアンク 輝石のベルト 不思議のカード 風雷のいんろう アガレスの紋章 ガナン帝国の勲章 顔アクセサリーは機神の眼甲で、味方死亡時にためるの効果が付いています。 宝珠で復讐のテンションアップも付けておきたいですね。 賢者のドルモーアとドルマドンを強化できますね。 腰アクセサリーは良い戦神のベルトがなかったので、輝石のベルトで闇呪文のダメージを10%アップしています。 不思議のカードは、さいだいHP・こうげき魔力・きようさを上げました。 風雷のいんろうを装備することで、雷ダメージを29%軽減します。 あとは宝珠と料理 ストームタルト星3 で雷耐性100%にできますね。 ガナン帝国の勲章で、さいだいHPを増やしました。 まとめ 剛獣鬼ガルドドン強さ1をサポ攻略した賢者の装備とアクセサリーを紹介しました。 パラメータは、さいだいHP632、こうげき魔力1041となっています。 宝珠と料理の効果を合わせて、雷耐性100%で戦いましたよ。

次の

ガルドドン1 サポ攻略 まとめ

ガルドドン サポ

この構成の良い所は、雷耐性100などの高価な装備が不要なため、誰でも強さ3を倒せる点です! 蘇生はピンチ時以外はデスマスターに任せて、回復はしないようにしましょう。 デスマスターの方は、相撲が始まるまではザオ待機を徹底し、最速で蘇生できるようにしましょう! 分散する災禍・岩石ストライクは一人で受けて、すぐにデスマスターに蘇生してもらいましょう。 剛獣鬼ガルドドンの立ち回り方 剛獣鬼ガルドドン3を魔法戦士・賢者・デスマスターの3職で討伐してきました! 各職業の注意点などを解説します! 魔法戦士の立ち回り 開幕はデスマスター・賢者の補助壁がないとエンドまで引っ張り切ることができません。 その為、 補助壁に来てくれることを信じて何もせずに待機しておきましょう! 技を出していいのは、壁更新が終わった後です。 1発くらい技を出せる余裕があると思うので、ピオリムにしておきましょう。 バイキルトは、エンドのおぞましいおたけびで死んだ場合無くなる危険性が高いです。 戦闘開始前の注意点 戦闘開始前に、一度自分のHPを減らして おぞましいおたけびで確実にHP0になるようにしましょう。 おぞましいおたけびで吹っ飛んで生き残ってしまうと、しばらくの間動けません。 ザオで生き残って復帰した方が早いです。 次の相撲までに壁が間に合わなくなる恐れがあるため、HPは減らしておきましょう! また、全滅した際も邪神の宮殿に戻らずにザオを待つか、葉っぱで生き返りましょう。 「ちょっと死んできまーす」 って言ったら野良の方に引かれてしまったのは内緒ですw 戦闘時の注意点 フォースブレイク・クロックチャージを最速で回していきましょう。 強さ1~2ではマダンテをガンガン打つ必要はないですが、強さ3では積極的に打たないと討伐の難易度はかなり上がります。 剛獣鬼ガルドドンが 行動する少し前にガルドドンを押しましょう。 相撲の成功率UP・補助壁なしでエンド攻撃まで引っ張ることができます。 エンド攻撃の後は、ガルドドンが動くまでに少し間があるので早く押さないように注意です! エンドのおぞましいおたけびは全て当たって大丈夫です。 ただし、当たる時は確実に 次の相撲を行う方向 時計回り に向かって吹っ飛びましょう! コツとしては、時計回りの方向に背中を向けることです。 これができないと、蘇生後に壁が間に合わなくなるので絶対に習得しましょう。 しかし、エンドに備えられなくても 最速でフォースブレイクを打つことは重要です。 変な方向に吹っ飛んでしまっても、デスマスターの方が代わりに壁になってくれるはずです。 バイキルトがない時などは、中々フォースブレイクを打てない状況が続くこともあります。 打てる時に確実に打っておきましょう。 廻風ローリングが出たら、後衛さんの指示に従うか、後衛さんが逃げている方向や竜巻を見て壁の位置を変えてあげましょう。 相撲中、 フォースブレイクやクロックチャージが溜まってない時はピオリムがおすすめです。 賢者やデスマスターも何度もやられることになると思うので、何度もかけ直してあげることで火力の向上に繋がるでしょう。 賢者の立ち回り 基本的に補助壁はせずに、ガンガンドルモーア・ドルマドンで攻撃していきましょう! 補助壁が必要な場面は数少ないですが、以下の通り。 ・開幕デスマスターがタゲの時 ・廻風ローリングが出て、フィールドの中央や壁際に近い位置で相撲が始まった場合 かつデスマスターがタゲの場合 基本的には補助が必要な場合でも、デスマスターが入ってくれると思っていていいでしょう。 デスマスターがタゲの場合のみ手伝ってあげましょう! もし補助をしない場合は、相撲が引っ張りきれずにやられるデスマスターをすぐに蘇生させてあげましょう。 そして3未討伐の方に実践して欲しいことは、 相撲発生時以外は相手の技を見るまで行動しないことです。 「様子見していたら時間が足りないんじゃない?」 と感じるかもしれませんが、安定させることが火力を出す最も簡単な手段になります。 ザオラルでは、轟雷バーストに魔戦が当たったと判断した際にはやめにザオラルにいくと自分も当たってしまうといったことが発生します。 おぞましいおたけびも、素早く蘇生にいくあまりうっかり当たってしまうことも・・・。 しかし、 賢者の蘇生の場合はザオラルに切り替えるのが重要です。 復習の聖女の守りの宝珠をつけている賢者さんは多いです。 発動すれば岩石ストライクやジゴデインなどを耐えることができるので、手数が増えます。 ザオだと聖女が発動するHPで蘇生させることができない為、岩石ストライク、分散する災禍が見えたら、素早く対象にザオラルを行いましょう。 岩石ストライク中、 賢者の方に聖女があるかどうかを確認するのも非常に重要です。 もし聖女がついていた場合、大呪詛やマヒャデドス等の攻撃で火力貢献に繋がります。 相撲中や豪快インパクトなどの蘇生が不要な状況ができたら、死霊召喚でゴーストを呼びましょう。 死霊召喚までできたら、大呪詛・呪詛で攻撃し、デスパワーを解放することで火力に貢献できます! ただ、 最も重要なのは素早い蘇生であることだけはお忘れなく。

次の

剛獣鬼ガルドドンを見学してソロサポの居場所を考える

ガルドドン サポ

ご訪問ありがとうございます。 ちょっとだけ時間ができたので、今週の木曜日に新実装された聖守護者第4弾のボス 剛獣鬼ガルドドンのところに行ってきました。 まだ攻略情報が固まっていない状況ですが、巷の様子を見ると上級者の人たちでも結構苦戦している模様。 僕なんかが首を突っ込んでいい領域とも思えませんが、サポを連れて見学に行ってきました。 ちなみにこの日はレベル2の日です。 はい、強い 強い。 おわり 蘇生を繰り返す4人をもぐらたたきしてるゴリラの雄姿を1分間くらい拝むことができました。 レベル500くらいになったらまたきます。 さようなら。 今までも聖守護者の初見は瞬殺されてきましたが、今回は絶望しかないですね。 ガルドドンに必要とされる職業はパラや賢者のようですが、僕の場合は2つともレベル100ちょっとなので、スタート地点にも立てない状況です。 もっともこれらの職業のレベル上げをしてもガルドドンに挑む気がおきません。 従来ソロサポが強敵を倒してきた方法を完全否定されましたからね。 真やいばゲーはおろか聖女ゲーもつかえない。 現時点で通用するとされているのは、パラ+補助役の壁をつかった魔法職構成のみ。 僕のように強敵には専ら僧侶で臨む人間には居場所がありません。 あるいはレグが実装されたときも、当時のソロサポ勢はこれと似たような絶望を抱いたのでしょうか。 今回のガルドドンのテーマは、ハイエンドバトルの原点回帰といわれてます。 原点とはなにかについては様々な考えがありますが、概ね「パラを中心とした押し相撲が帰ってきた点」と解釈している人が多い印象です。 でも、より根源的な原点は、おそらく 「ハイエンドバトルにはサポで来るな」ってことですよね。 今回のボスをみてると、露骨なソロサポ殺しをしてますもん。 まあ、ソロサポ万能主義に反感を持つ人の気持ちは分かります。 しかし以前にも書きましたけど、レベル1くらいはソロサポにも討伐の夢を見させて欲しかったです。 僕みたいに上級者に出荷してもらおうとする考えがない奴は、キャラの強化や緩和策をを期待して、サポでゴリラと戦える日を気長に待つしかないのですが、それまでDX10の寿命が持つか極めて怪しい。 残念ながら、AIとしか戯れることができない奴にとっての立入禁止区域がまた一つ増えた印象です。 まあ、仕方ないんだけどね。 それともこれから先は、お金の力で解決しましょうか。 志の低い僕は、しばらく型落ちのハイエンドバトルをやって遊ぶつもりですけどね。 それでは、また。 westernfield1101.

次の