着信拒否設定。 着信拒否サービス

ドコモスマホの迷惑電話の着信拒否設定と相手への伝わり方など解説

着信拒否設定

iPhone本体で設定する方法• キャリアのサービスを利用する方法 どちらの方法も簡単ですので、必要な方を選んで設定していきましょう。 まずはiPhone本体から設定する方法を見ていきましょう。 電話アプリから設定する手順• 「電話」アプリをタップ• よく使う項目、履歴、連絡先から着信拒否したい番号の右にあるインフォメーションアイコン「i」をタップ• 下部にある「この発信者を着信拒否」をタップ• 「連絡先を着信拒否」をタップ 設定アプリから設定する手順 次は設定アプリから設定する方法についてです。 「設定」アプリをタップ• 「電話」をタップ• 「着信拒否した連絡先」をタップ• 「新規追加…」をタップ• 連絡先から着信拒否したい相手を選択 どちらの方法でも、同じように着信拒否の設定ができます。 次に設定した着信拒否を解除する手順を説明します。 これも電話アプリ・設定アプリ両方からアプローチできます。 iPhoneで着信拒否設定を解除する方法 着信拒否については解説した通りです。 次に着信拒否を解除する方法を見ていきましょう。 電話アプリから着信拒否設定を解除する手順 まずは電話アプリから着信拒否設定を解除する手順を見ていきましょう。 「電話」アプリをタップ• 着信拒否した相手の右にあるインフォメーションアイコン「i」をタップ• 「この発信者の着信拒否設定を解除」をタップ 設定アプリから着信拒否設定を解除する手順 次に設定アプリから着信拒否設定を解除する手順を見ていきましょう。 「設定」アプリをタップ• 「電話」をタップ• 「着信拒否した連絡先」をタップ• 「編集」をタップ• 解除したい相手の赤いボタンをタップ• 「着信拒否設定を解除」をタップ これで、特定の番号の着信拒否を設定したり解除したりすることができます。 とても簡単な操作なので、いざという時のために覚えておいてくださいね。 ドコモ・au・ソフトバンクで違う!着信拒否設定・解除方法 次に、キャリアのサービスを使って着信拒否を設定する方法を見ていきます。 キャリアの着信拒否サービスの利点は、非通知設定や公衆電話からの着信も拒否できるという点です。 これらの番号からの着信に悩んでいる場合は、キャリアのサービスを利用した方がメリットを得られるでしょう。 ドコモの着信拒否設定と解除方法 ドコモの場合は、「迷惑電話ストップサービス」を活用して着信拒否を設定できます。 iPhoneからの設定は、dメニューから設定可能です。 着信拒否設定方法• 「dメニュー」をタップします。 メニューから「My docomo(お客様サポート)」を選びます。 「設定(メール等)」を選び、「迷惑電話ストップサービス」をタップします。 「着信番号拒否登録」を選ぶと、最後にかかってきた番号を着信拒否に設定できます。 「番号指定拒否登録」を選ぶと、連絡先から指定した番号を着信拒否に設定することができます。 登録可能件数は30件で、比較的多くの番号を登録することができます。 着信拒否設定を解除するには 先ほどの「迷惑電話ストップサービス」を選ぶと、「登録番号全件削除」と「最終登録番号削除」が表示されます。 「登録番号全件削除」では、登録されている番号をすべて削除します。 迷惑電話ストップサービスを利用しない場合など、設定を初期状態に戻したいときに利用しましょう。 「最終登録番号削除」は名前の通り、最後に登録された番号を削除する時に設定するものです。 これらの削除方法の他にも、「144」にダイヤルをして削除する方法もあります。 「144」に電話して、登録した番号を選択削除する方法• 「144」にダイヤルをします。 ネットワーク暗証番号を入力します。 アナウンスに従い、「2」をタップします。 アナウンスの番号を確認し、削除する場合には「1」をタップします。 次の番号を確認するには、「2」をタップします。 「144」に電話して、登録した番号を入力して削除する方法• 「144」にダイヤルします。 「ネットワーク暗証番号」をタップして入力します。 アナウンスに従って、「2」をタップした後に、「3」をタップします。 削除したい電話番号を入力します。 「144」に電話して、登録した番号をすべて削除する方法• 「144」にダイヤルします。 「ネットワーク暗証番号」をタップして入力します。 アナウンスに従って「2」、「9」をタップします。 「1」をタップすると、全件削除が可能です。 「144」に電話して、最後に登録した番号を1件削除する方法• 「144」にダイヤルします。 「ネットワーク暗証番号」をタップして入力します。 アナウンスに従って「2」、「1」をタップします。 「1」をタップすると、最後に登録した番号のみを削除可能です。 auの着信拒否設定と解除方法 auの場合は、迷惑電話撃退サービスを利用して、着信拒否を設定することができます。 月額料金は100円です。 このサービスを利用するには、まず初めに「My au」から申し込みをしておく必要があります。 それでは実際の設定方法を見てみましょう。 着信拒否設定方法 迷惑電話がかかってきてから、「1442」をタイプします。 これで着信拒否を設定することができます。 ただし、iPhone6よりも前の機種の場合は、通話をしないと着信拒否設定ができません。 着信のみでは設定できないので、注意が必要です。 iPhone6以降では、着信だけでも番号登録ができるようになっています。 また、着信拒否対象として登録できる件数は、iPhone6以降と以前では異なる点にも注意しておきましょう。 iPhone6より古い機種の場合、登録件数は10件で、10件以上登録すると一番古い番号が削除され、新しい番号が登録されます。 iPhone6以降の機種は登録件数30件で、31件目を登録したい場合は、「1449」で一度すべて削除してから新規で登録することになります。 着信拒否設定を解除するには 設定を解除する方法も簡単です。 「1449」で全件削除すれば、サービスを停止できます。 ソフトバンクの着信拒否設定と解除方法 ソフトバンクの場合は、「ナンバーブロック」というサービスで着信拒否を設定できます。 月額は100円です。 このサービスではサーバー側で着信を拒否してくれるので、相手が電話をかけてきても、着信履歴に残りません。 「ナンバーブロック」では、ダイヤル操作で着信拒否する番号を設定します。 着信拒否設定方法• 「144」をダイヤルします。 「2」を選択します。 着信拒否したい番号を入力します。 「1」を選択します。 お断りガイダンスを選択します。 「 」を選択し、登録を完了します。 迷惑電話が非通知だったり、その場で着信拒否を設定したい場合は、以下の方法で拒否可能です。 「144」をダイヤルします。 「1」をダイヤルします。 「 」を選択します。 お断りガイダンスを選択します。 「 」を選択し、登録作業を完了します。 最大20件の電話番号を登録することができます。 ただし、フリーダイヤルやフリーコールは登録できない場合もあります。 着信拒否設定を解除するには まずは指定した番号を解除する方法をご紹介します。 「144」をダイヤルします。 「4」を選択します。 登録されている拒否番号がアナウンスされます。 解除する番号が流れたら「#」を選択します。 次の番号に進む場合は「0」を選択します。 最後に登録した番号を解除する方法はシンプルです。 「144」をダイヤルします。 「3」を選択しタップします。 「#」を選択すれば、解除完了です。 次は全解除の方法です。 上の「最後に登録した番号を解除する方法」に似ているので注意しましょう。 「144」をダイヤルします。 「5」を選択します。 「#」を選択すれば、手続きが完了します。 上記の方法で、着信拒否を解除することができます。 着信拒否設定をすると、どんなアナウンスが流れるのか 着信拒否設定をした場合、相手にはどのようなアナウンスが流れるのでしょうか。 これもiPhone自体の機能とキャリアのサービスの機能で違います。 iPhone本体で着信拒否設定した場合のアナウンス内容 iPhone本体で着信拒否設定した場合、アナウンスは流れません。 「ツーツー」という通知音が鳴るだけです。 相手にもよりますが、大抵の人は、通知音が聞こえただけで「もしかして着信拒否されてる?」とは思い至らないでしょう。 そのため、遠回しに着信拒否することができます。 もし、相手に着信拒否していることをはっきりと伝えたいのであれば、キャリアのサービスを利用した方が確実でしょう。 ちなみに、電源を切っている時や、機内モードになっている時には、「おかけになった電話は電源が入っていないか、電波の届かない…」というアナウンスが流れます。 キャリアの着信拒否サービスを利用した場合のアナウンス内容 キャリア別にお断りガイダンスの内容を確認していきましょう。 ドコモのアナウンス 「おかけになった電話番号への通話は、おつなぎできません」というアナウンスが流れて通話が終了。 着信履歴は残りません。 auのアナウンス 「おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりおつなぎできません。 」というアナウンスが流れて終わりです。 ソフトバンクのアナウンス ソフトバンクでは、お断りのガイダンスを選ぶことができます。 こちらはソフトバンクです。 おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりお繋ぎできません。 こちらはソフトバンクです。 おかけになった電話番号への通話は、お客さまの申し出により現在お断りしております。 この電話はお受けできません。 この電話はお繋ぎすることができません。 この電話はお客さまのご都合によりお繋ぎできません。 せっかくお電話いただきましたが、この電話をお受けすることができません。 電話番号をお間違えではないですか?この電話はお繋ぎできません。 おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりお繋ぎできません。 This is SoftBank. 場合に合わせてお断りのガイダンスを選んでおきましょう。 着信拒否を設定すると履歴はどうなる? 着信拒否を設定していると、相手の着信が分からないよう画面に表示されない上に、着信履歴にも残りません。 ただし、iPhoneの電源がオフになっている場合は、本体の着信拒否機能が使えないため、「おかけになった電話は電源が入っていないか、電波の届かない…」というアナウンスが流れて履歴に残ります。 電話には出たくない、でも履歴は残したい! 履歴を残したいのであれば、着信拒否以外の方法で対応する必要があります。 ひとつの方法として、無音で通知させるというものがあります。 無音の着信音をダウンロードし、特定の相手への着信音として設定しておきましょう。 これで着信があっても、その番号からの着信では着信音が鳴らなくなります。 お休みモードも着信拒否に利用できる 着信拒否の設定以外に、お休みモードを活用する方法もあります。 この方法を利用すれば、着信履歴をiPhone上に残しつつ、着信も拒否することが可能です。 おやすみモードに設定していると、電話をかけてきた相手には「プープー」という話中の音が流れます。 そのため、相手は自分が着信拒否されていることに気が付きません。 一時的に着信拒否したい場合に有効な手段と言えるでしょう。 また、もあります。 こちらは迷惑電話対策に有効です。 おやすみモードのデメリット 登録していない番号からの着信を拒否してしまうので、仕事などでたくさんの人から電話がかかってくる場合は、思わぬトラブルにつながる恐れがあります。 iPhoneの着信拒否設定を上手に活用しよう 迷惑電話が続くと、どうすればよいのか分からなくなってしまいますよね。 しかし、そんな時はiPhoneやキャリアの着信拒否サービスを利用して乗り切りましょう。 iPhone本体での着信拒否設定とキャリアの着信拒否サービス、そしておやすみモードによる着信拒否では、それぞれできることが異なります。 改めて簡単にまとめると以下の通りです。

次の

LINEで着信拒否の設定をする方法!したら/されたらどうなる?【無料通話/ビデオ通話】

着信拒否設定

Androidスマホでは2パターン存在する「迷惑電話」対策 ドコモの迷惑電話対策には、大きく分けて二つの方法があります。 一つは、留守番電話やキャッチホンと同じ「ネットワークサービス」に分類される、「 迷惑電話ストップサービス」。 もう一つが、通話設定の中にある「 着信拒否設定」です。 どちらも役割としては、「 特定の相手からの電話を拒否する」というものとなりますが、設定方法や、かけた側の相手への拒否の伝わり方が異なるため、自分の状況に照らしてどちらがより今使うのにふさわしいかを判断して使い分けたいところです。 それぞれ解説していきます。 ドコモの迷惑電話ストップサービス ドコモの迷惑電話ストップサービスは、フィーチャーフォン時代からずっと提供され続けているサービスです。 スマホにおける設定では、「通話設定」の中の「ネットワークサービス」と入っていくのですが、最近は「設定」メニューの中に「通話設定」を見つけることはほとんどの機種でできず、通話アプリのメニューから設定、と入っていく形になっています。 通話設定の中に、「ネットワークサービス」という項目を見つけることができるので、これを選択します。 ちなみに、もう一つの迷惑電話対策として後述する「着信拒否設定」もこの画面内で見つけることができます。 ネットワークサービスの中に、「迷惑電話ストップサービス」を見つけることができるので、これを選択します。 さらに、迷惑電話ストップサービスの中の、「着信番号拒否登録」または「番号指定拒否登録」を選びます。 着信番号拒否登録では、最後に着信応答した相手の電話番号を着信拒否登録し、番号指定拒否登録では、 直接電話番号を入力するか、連絡先から検索、または通話履歴から検索して対象の番号を設定することができます。 拒否登録件数は最大30件までで、それ以上追加する場合には、一番古い番号を削除して登録するか、任意の番号をWEBサイトにログイン後、選択して削除してから新しい番号の登録を行います。 ちなみに、この「迷惑電話ストップサービス」を利用した場合の相手への伝わり方としては、「 おかけになった電話番号への通話は、お繋ぎできません」というアナウンスを2回繰り返したのち、自動的に切れます。 着信した側の携帯電話には、 着信履歴は残りませんので、「迷惑電話がかかってきた」、という事実に気づくこともありません。 ドコモの着信拒否設定 通話設定の中のネットワーク設定とは別枠に、「着信拒否設定」という項目を見つけることができます。 着信拒否設定の中には、「電話帳登録外」「非通知」「公衆電話」「通知不可能」という項目が並んでいます。 それぞれの項目をONにすると、該当の番号からの電話着信を拒否する、という設定になります。 つまり、電話帳に登録している人以外からの電話を拒否したい場合は「電話帳登録外」をONにし、公衆電話からの電話を拒否したい場合には「公衆電話」の項目をONにする、という具合です。 絶対に登録外や非通知、公衆電話などから電話がかかることはない、という場合には、すべてONにしておいてもいいと思います。 ただその場合、相手が携帯を紛失したり故障したりしてしまった場合に、緊急で他の番号や公衆電話からかけようと思ってもかかりませんので、その点は注意が必要です。 かけた相手への動作としては、電話をかけたらワンコール後すぐに切断され、「接続できません」、という表示が出ます。 かけられた側への着信履歴の表示はありませんので、こちらも迷惑電話ストップサービス同様、迷惑電話がかかってきたこと自体気づきません。 ただ、上記の4項目の拒否だけだと着信拒否としては少し弱いため、ちゃんと 番号指定での着信拒否もできるようになっています。 電話番号は万一のために電話帳に残しておきたいが、着信拒否はしたい、という場合などに利用しましょう。 迷惑電話ストップサービスと着信拒否設定、どちらがいい、ということは特にありませんので、用途に合わせて使い分けましょう。 以上が、Androidスマートフォンの場合の迷惑電話拒否の設定です。 iPhoneの場合は内容がまた全く異なるので、続けてご案内していきます。 iPhoneの場合の迷惑電話拒否 iPhoneの迷惑電話拒否も、2通りのパターンがありますが、拒否設定をする場所が違うだけで、内容は全く同じです。 一つは、設定の「電話」から実施します。 「着信拒否設定と着信ID」という項目がみつかりますので、これを選びます。 「連絡先を拒否設定」から、拒否設定したい電話番号を選びます。 登録が完了すると、上記画面内に拒否している番号が表示されます。 それで完了です。 もう一つの方法としては、電話帳から該当番号を選び、その中から「この発信者を着信拒否」を選ぶと同じように拒否設定が完了します。 相手側には、常に「電話中」として表示されます。 着信履歴は、残りません。 慣れてしまえば簡単で、すぐに着信拒否をすることができます。 ドコモのスマホ・ケータイでSMS拒否もできる 迷惑だな、と感じる電話に関しては、以上のような設定を活用することで、完全にシャットアウトすることができます。 が、もし相手が知人の場合、電話でダメなら他の手段で、ということで、メールやLINEなどの手段に出てくる可能性もあります。 メールは受信拒否、 LINEはブロックが可能ですが、もう一つ、 SMSという手段があります。 これについても、 ドコモのメール設定サイトにて、「 SMS拒否設定」という項目があり、全拒否、条件指定拒否、電話番号指定拒否のいずれかが可能です。 こちらも有効に活用しましょう。 ただ、もし単なる迷惑行為ではなく、付きまといのような感じになっているのであれば、早めの警察などへの相談なども考えた方がいいのかもしれません。 以上、意外に知っているようで知らない、迷惑電話拒否についてでした。 迷惑電話拒否設定をしなければならないようなケースはないに越したことはないですが、万が一の際には活用されてください。

次の

Androidスマホで「着信拒否」を設定・解除する方法──相手に流れるアナウンスや履歴や通知の有無なども解説

着信拒否設定

着信拒否が必要になる場合は、携帯電話に限ったことと思いがちですが、固定電話にも着信拒否が必要になる場合もあります。 着信拒否を利用する主な目的は、非通知での電話が頻繁にかかってきたり、ワン切りなどの悪戯電話の対応策として使用されています。 携帯電話には、着信拒否設定ができるのが当たり前になっていますが、固定電話でも着信拒否をすることもできます。 しかし、設定の仕方をしらなかったり、固定電話でも着信拒否設定の有無さえ知らないほど、世間には浸透していません。 固定電話にも悪戯電話はかかってくるため、このような着信拒否の設定の仕方を知っておくことが大切です。 着信拒否は、悪戯電話の対策として効果があり、悪戯電話に悩んでいる方のために、固定電話の着信拒否設定の仕方を紹介します。 固定電話の中にも、着信拒否設定ができるモデムも存在します。 しかし、上記に示したように、固定電話に着信拒否の機能の有無を知らない方が多くいるため、固定電話の機能を活かしきれていない場合もあります。 もし、着信拒否設定ができるモデムを使用しているなら、ナンバーディスプレイと併用することで、より確実に迷惑電話への対策方法になります。 なぜなら、ナンバーディスプレイに加入していても、電話番号は表示されますが、電話番号だけで悪戯電話と決めつけ切れないためです。 また、非通知でかかってきた場合には、ディスプレイにも表示されないので対処しきれません。 そのような場合になっても、ナンバーディスプレイと固定電話の着信拒否設定を使う事で、非通知による悪戯にも対応することができるため、幅広い悪戯電話にも対処できます。 悪戯電話が非通知か番号ありか 悪戯電話の対処方法は、非通知でかかってきているか、番号ありかで方法は変わってきます。 番号が分かっているなら、ディスプレイにその番号が表示せれたら取らないこともできますし、その番号を登録して着信拒否設定することもできます。 非通知の場合は、ナンバーディスプレイだけ加入して、固定電話にも着信拒否機能がないときは、ナンバーリクエストというサービスに加入することで、非通知電話でも対応することができます。 ナンバーリクエストのサービス内容は、非通知でかけてきた場合「番号を通知して再度かけ直してください」とガイダンスを流してくれます。 そのため、非通知での悪戯電話を完全にシャットダウンすることができます。 しかし、ナンバーリクエストのサービスは、単体で契約することはできず、ナンバーディスプレイに加入していないと利用することはできません。 また、ナンバーディスプレイ同様に使用料がかかってしまいます。 留守番機能を使う事が、一番お金がかからないため、手軽に設定することができます。 留守番電話で、メッセージが入ってなかったら、急用ではないか悪戯だと決めることができ、メッセージが入っていれば知り合いか急用の場合と理解できます。 しかし、元々、悪戯電話の対策機能でないため効果はあまり期待できません。 また、留守番のメッセージが流れるまでに時間がかかるため、その間は着信音が鳴り続いてしまいます。 夜中の悪戯電話の場合には、ほとんど効果を発揮しません。 そのような場合だと、留守番機能より、ナンバーリクエストに加入することをおすすめします。 サービス内容は上記で示しているとおりなので、夜中での悪戯電話にも対応できます。 着信拒否をする この迷惑電話対策機能は、いままでの着信拒否とは少し違った分野で対応できるようになっています。 機能は固定電話の種類などでさまざま存在しますので、いくつか紹介します。 まず、ナンバーディスプレイに加入している場合、登録していない番号からかかってきた場合「通話内容を録音します」というメッセージを流してくれます。 悪戯電話だと、このメッセージを聞くと切ってしまう場合がほとんどなので、大きな効果が期待できます。 もし、悪戯電話に出てしまった場合でも、指定のボタンを押すことで相手にメッセージを強制的に流すことができ、通話の途中でも切りやすくなっています。 その他にも、女性の声を男性のような低い声に変えるボイスチェンジ機能なども存在します。 固定電話や携帯電話などの呼び出し音は、幾つかの種類があります。 その呼び出し音によって、どような状況なのかを知ることができます。 まず、多くの人も知っている「プープープー」という呼び出し音です。 この呼び出し音が鳴った場合は、相手が通話中であることがわかります。 そのため、少し時間を空けてかけ直すことで通話することができます。 次に「ツーツーツー」という呼び出し音ですが、これは、着信拒否をされている可能性があります。 全ての場合ではありませんが、一度繋がったような「ガチャ」と音がしたのに繋がらなかったら着信拒否をされている可能性が高くなります。 また、固定電話の受話器を取った時に「ツーー」と長く鳴っている場合は、固定電話が壊れているか電話回線が故障している可能性があるので、業者の方に相談してみましょう。

次の